納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめました

近年は色々な事情で、現在のお墓供養から納骨堂へ改葬する人が増えてきました。では、改葬にはどのくらいの費用が掛かるのでしょうか。今回は改葬する際の費用について、納骨堂を中心にまとめました。費用の把握は改葬先を考える上で重要ですので、是非最後までお読みください。

目次

  1. 納骨堂と改葬の費用について
  2. 納骨堂への改葬について
  3. 納骨堂へ改葬する際の費用
  4. 納骨堂から改葬する際の費用
  5. 納骨堂と改葬の費用についてまとめ

納骨堂と改葬の費用について

お金

ライフスタイルが多様化しお墓参りに行くことができない人が増えたので、近年は従来のお墓供養を見直し、別の供養方法へ改葬する人が並行して増えています。
また、現在改葬を考えている人も多いでしょう。

しかし、葬儀やお通夜に比べて改葬をする機会は一生に一度あるかないかなので、費用については分からないことが多いです。
納骨堂によっても費用が変わるので、ためらっている人や諦めている人もいます。
しっかりと改葬を進めるためには、事前に費用を把握することが重要事項の一つでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、主要な供養方法である納骨堂を中心に、改葬に掛かる費用についてまとめました。

  • 納骨堂への改葬とは?メリット・デメリット・必要書類とは?
  • 納骨堂へ改葬する際の費用はどのくらい?
  • 納骨堂から別の供養方法へ改葬する際の費用はどのくらい?

以上の内容について解説します。
納骨堂にかかわる改葬についての内容や費用の疑問が解消しますので、終活を進める上で参考にしてください。

また、改葬・墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

納骨堂への改葬について

お墓

納骨堂とは、骨壺に入れた遺骨を一定期間安置できる、各都道府県知事の許可を受けた建物のことです。

納骨堂はお墓以外の供養方法を望んでいる人に人気がありますが、納骨堂に改葬する際のメリットやデメリット・必要な書類は何でしょうか。

お墓から納骨堂に改葬するメリット

お墓から納骨堂に改葬するメリットは以下のとおりです。

  • 建物内なのでお墓参りがしやすい
  • 掃除や草抜きなどの管理が要らない
  • 交通の便が良い所にあることが多い
  • スペースを代々引き継ぐことができる

納骨堂は屋内にあり、比較的都心にありアクセスが良く、高齢者や遠くにお住まいの方でも気軽に行けるようになっています。
そして、納骨堂の方が管理してくれるので、お墓が汚れる心配などもありません。

お墓から納骨堂に改葬するデメリット

お墓から納骨堂に改葬するデメリットは以下のとおりです。

  • 遺骨の収蔵期限があり、一定期間の安置後は合祀にされる
  • 合祀された後は遺骨を取り出すことができない
  • 遺骨を前にしてお墓参りできないところがある
  • 防災や衛生上の理由で、線香や生花が禁止されているところがある

お墓供養にこだわりがある人も多いので、継承者は親族間の合意を得る必要があります。
しかし、色々な事情でお墓参りが定期的にできない人には、納骨堂の供養はメリットが大きいでしょう。

必要な書類

納骨堂への改葬の際、必要な書類は何があるでしょうか。
以下にまとめました。

改葬許可証

改葬の際は改葬許可証を改葬先の管理者の提出しましょう。

改葬許可証の交付を受けるには記入した状態の「改葬許可申請書」「埋葬証明書(改葬許可申請書で証明できる場合もある)」「受入証明書」と印鑑を用意し、現在のお墓がある地域の市区町村に提出する必要があります。

改葬許可申請書

改葬許可申請書とは、現在のお墓がある地域の市区町村で申請する書類です。
故人の本籍や住所・火葬した場所や年月日・改葬の理由や改葬先などを記入する必要があります。
地域ごとに書類の書式が違うので、詳しくはお墓がある市区町村で確認しましょう。

埋葬証明書

埋葬証明書(納骨証明書)とは、故人の遺骨を納骨していた墓地の管理者に発行してもらう書類です。

受入証明書

受入証明書(永代使用許可書)とは、引っ越し先の納骨堂の管理者に発行してもらう書類です。

納骨堂へ改葬する際の費用

葬儀

すでにあるお墓から納骨堂へご遺骨を改葬する際の費用はどのくらいかかるのでしょうか。
一口に改葬費用といっても色々な内訳があり、内訳ごとに費用がかかるので、それぞれの意味と費用について知る必要があります。

以下では「閉眼供養」「離檀料」「墓石の撤去費用」「納骨堂の永代使用料」「納骨堂の管理費」「戒名や彫刻代など」について、意味と具体的な金額を解説します。

閉眼供養にかかる費用

閉眼供養とは、故人の遺骨が入っている現在のお墓から改葬する際に、墓石に宿る仏の魂を抜くための儀式です。
お墓を清掃し線香を焚き、花と供え物をして、お経を上げて供養は終了です。
閉眼供養にかかる費用は、お布施代で約1万~10万円・お膳代に約1万円が相場でしょう。

閉眼供養のお布施は読経に対する謝礼のことです。
お布施なので決まった金額がなく、地域やお寺との関係の深さによって大きく変わりますが、5万円を超えてくるとやや高額と言えるでしょう。

お膳代は法要後の宴席に相当するお食事代のことですが、閉眼供養の場合、法要後に宴席はおこなわないことが多いので、不要のところが多いでしょう。

具体的な金額を決定する一番いい方法は、事前にお坊さんへ直接どれくらいの金額を支払えばいいのか聞くことです。
この際に、お布施代の金額を聞いてしまうと、「お気持ちで結構です」と返されてしまうことが多いです。
「他の皆さんは、お布施をどのくらいされていますか?」と遠回しの表現をすると、お坊さんも答えやすいでしょう。

離檀料

お墓が寺院墓地にある場合は、お墓がその寺院の檀家になっている場合がほとんどです。
しかし、現代はライフスタイルの変化で寺院との関係が薄まってきており、檀家の意識がない人も増えています。
とは言え、改葬をすることは檀家から離れること(離檀)なので、これまで長くお墓を守ってもらったお礼として離檀料が必要でしょう。

離檀料もお布施に該当するので、決まった金額はありません。
ですが、離檀料の費用は法要1回分を目安として、約3万~15万円程度が相場でしょう。

時にはお寺側から高額な離檀料を請求されるケースも散見されます。
離檀はお寺側にとって死活問題です。
お寺に対する敬意として、いきなり離檀を申請せず徐々に離檀の意思を伝えて穏便に事を済ませることが、離檀料を巡るトラブルの回避には必要でしょう。

墓石の撤去費用

お墓の敷地はお寺から借りているものなので、改葬における墓じまいの際は、更地にしてお寺へ返す必要があります。
撤去作業は石材店にお願いすることになりますが、お寺が提携している石材店があれば、まずはそちらで事前の見積もりを貰い、費用を確認しましょう。

墓石の撤去費用は1平米あたり約10~15万円が相場でしょう。
しかし、「墓石の大きさ」「お墓の広さ」「場所」「作業内容」などによって変動するので注意が必要です。

納骨堂の永代使用料

ここからは納骨堂にかかわる費用ですが、納骨堂の費用は「永代使用料」と「管理費」(後述)の二つが大きく占めています。
一見すると低価格の納骨堂でも、永代使用料だけを最初に払い管理費を毎年払い続ける場合は、最終的に高額になることもあるので注意しましょう。

永代使用料とはそのスペースを代々使用する権利を得るための費用です。
費用は場所や納骨堂の形式・合祀までの個別安置年数によって大きく変動します。
約50万~300万円が相場で、高いものは500万円を超える場合もあるでしょう。

納骨堂の管理費

納骨堂の管理費とは、マンションで言う共益費のようなものです。
施設の清掃をはじめとする維持費に充てられる場合が多く、年間で運営元に支払うケースが多いでしょう。
しかし、個別安置をせずに初めから合祀する場合は、管理費がかからないこともあります。
場所や利用形態によって変動するので、事前の確認が必要でしょう。

納骨堂の管理費の費用は約1万~1万5千円が相場です。
1年に1度請求される場合がほとんどですが、先にまとめて一括で支払うと割引を受けられる制度があるところもあります。
一括支払いの金額を利用年数で割ると最終的に相場より安く抑えられる場合もありますので、経済的事情に合わせて検討してみましょう。

戒名、彫刻代等

戒名とは、人が亡くなったあとに仏教の教えに従って住職が付ける名前のことです。
また彫刻代とは、戒名を付けたあと、銘板や墓誌などに名前を刻むために必要な料金のことです。

戒名料もお布施に当たるので明確な金額は設定されていません。
また、信仰の深さや社会・寺院への貢献度、年齢や性別によって称号が変わり、それによって大きく金額が変動します。

費用は、戒名料が数万円~100万円と幅広く、彫刻代は約2万~5万円が相場でしょう。
こちらも場所や故人・利用形態によって金額が大きく変動するので、事前に確認が必要でしょう。

納骨堂の料金について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

こちらも読まれています

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

改葬・墓じまいには、面倒な行政手続きなどの様々な行程があります。
自分だけでは難しいと思われる方は、無理せず代行業者に依頼しましょう。
改葬・墓じまいを検討している方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

納骨堂から改葬する際の費用

お墓

ここからは反対に、納骨堂から他の供養方法へ改葬する場合の費用相場について解説します。
納骨堂以外の供養方法として「お墓供養」「手元供養」「散骨」を例に挙げましょう。

手元供養とは、遺骨を自宅に置いたり分骨した遺骨をアクセサリーなどにして身に着ける供養方法です。
散骨とは、第三者が一目では遺骨と分からないぐらいの細かさにした遺骨を、決められた場所に撒いて自然に還す供養方法です。

専門の事業主が関係する場合が多く、費用は同じ供養方法でも大きく変動するでしょう。

お墓に移す場合

納骨堂は一定期間遺骨を個別に安置できるので、お墓ができるまでの間は納骨堂にご遺骨を安置し、お墓ができた後に遺骨を移すことが可能です。

お墓から納骨堂へ改葬する場合の理由とは意味が違いますが、理由はともかくこの場合も改葬と言えるでしょう。
ではお墓に移す場合にかかる費用の内訳金額の相場はどのようなものがあるでしょうか。

墓地の準備費用

お墓を建てる際には、まず墓地を準備する必要があるでしょう。
お墓の土地は買うものではなく寺院や霊園から借りるものなので、墓地を得る費用は永代使用料と呼びます。

したがって永代使用料は、代々に渡ってお墓がある土地を使用できる権利を得るための費用です。
ちなみに、不動産のように所有権を買い取るわけではないので課税対象には当たらず、税金の心配はありません。

永代使用料を支払うタイミングは、契約時に一括で支払うことが多いでしょう。
費用を支払うと永代使用許可証を発行されるので、そこで初めて墓石を建てることができます。

墓地の費用は場所や広さによって大きく金額が変わってきます。
予算と相談しながら、できるだけ親族が集まりやすい場所を選びましょう。

一例として関東地方のお墓の永代使用料を以下に紹介します。
東京23区内では約150万~200万円、それ以外では約20万~60万円がおおよその相場でしょう。

お墓の管理料

管理料とは、親族がお墓参りに来た時に気持ちよく墓地を利用できるように維持するための費用です。

お墓の水回りを綺麗にしたり、清掃用具や桶などを使用できるようにしたり、ごみ処分や歩道を整備したりなどが主な作業内容です。

お墓の管理料は一般的に、年間で5千円前後が相場でしょう。

墓石の準備費用

お墓の費用は「墓地の広さ」「地盤」「石の大きさ」「使う石材」などによって大きく変わります。

「墓地の広さ」「地盤」が関係するのは、お墓は家と同じく基礎工事が必要になるからです。
「石の大きさ」は、凝ったデザインにしようと思うと削る部分も多くなるので、加工する前の石の大きさと考えましょう。
「使う石材」は、国産か外国産かによって変化するほか、経年劣化に強い石ほど高くなる傾向です。
給水しづらく硬いものが良い石と言えるでしょう。

費用は一般的に約70万~200万円が相場と言えるでしょう。

開眼供養にかかる費用

開眼供養とは、納骨の際にお墓に魂を入れてもらうために、僧侶を招いてお経を上げてもらう供養のことです。
閉眼供養と同様に、花や供え物をしてお経を上げて終了です。

閉眼供養にかかる費用はお布施なので決まった金額が無く地域や寺院によって変動しますが、約3万~10万円が相場です。
お車代やお膳代が掛かる場合もありますので、事前に確認を行いましょう。

散骨、手元供養などする場合

散骨をする場合、遺骨を粉末状(2㎜以下)にする必要がありますが、この作業を含めて個人で行い費用を抑えることは可能です。
しかし一般的には、故人の遺骨をすりつぶすのが忍びないことや場所選びに迷うので、専門家へ委託する場合が多いでしょう。

そのための費用は、遺骨の粉末化のみだと約3万円、専門家へ作業を委託する場合は、親族の立ち合いの有無や方法などによって数万円~40万円が相場と言えるでしょう。

手元供養をする場合は、自宅での遺骨の保管方法やアクセサリーなどのタイプによって大きく費用が分かれます。

ミニ骨壺のような置物タイプで数千円~数十万円まで大きく分かれ、ペンダントやリングなどのアクセサリータイプで数千円~数万円(高額なものは数十万円)、人骨ダイヤモンドなどの加工品で約30万円~数百万円が相場です

新しい納骨先がまだ決まっていないという方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

納骨堂と改葬の費用についてまとめ

人々

今回の記事では、納骨堂と改葬の費用について解説しましたが、いかがでしたか?

  • 生活上お墓参りに不便を感じている人に、納骨堂はメリットが大きいこと
  • 改葬の際は改葬許可証が必要であること
  • 納骨堂へ改葬する費用は、数十万円~数百万円の相場があること
  • 納骨堂から改葬する費用は、数十万円~数百万円の相場があること

というようなことが分かりました。

地域・施設・供養方法や供養内容によって、費用は大きく変動します。
お布施という、金額が決まっていないものをやり取りする必要があることも、費用相場を不安定にしている要因でしょう。

終活を進める上で費用の問題は大きいですが、費用をかけた供養が良い供養とは一概に言えません。
その人や親族に合った最善の供養方法を探すことが大切でしょう。

今回終活ねっとでは、「納骨堂と改葬の費用」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「納骨堂・改葬・費用」に関連する記事

「納骨堂・改葬・費用」についてさらに知りたい方へ

  • 納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!のサムネイル画像

    納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!

    最近では、お墓の選択肢の一つとして納骨堂が選ばれています。 では、納骨堂を選ぶとどんなメリット・デメリットがあり、購入手続き、改葬手続きは具体的にどうするのかご存知でしょうか。 今回は納骨堂の具体的な手続きの方法についてまとめてみましたのでご覧ください。

  • 納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!のサムネイル画像

    納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!

    納骨堂、またはそれ以外から別の場所へ改葬したい時、具体的にどのような手続きを踏めばよいかご存知ですか?初めてだと勝手が分からず、戸惑う方も多いかと思います。この記事では、納骨堂への改葬、納骨堂からの改葬について解説いたします。

  • 納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!のサムネイル画像

    納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!

    様々な事情で、契約済みの納骨堂を解約したと思われている方は多いと思います。納骨堂は返却できるのか、納めた契約金は返金されるのかという疑問にお答えします。また、ご遺骨を納骨する前と後で返却の手続きや条件は変わるのか、といった疑問についても解説します。

  • 改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説のサムネイル画像

    改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説

    後継ぎがいないなどの理由から、改葬して永代供養ができる霊園にお墓を移そうと希望される方が増えています。永代供養はメリットのある埋葬方法ですが、改葬の仕方などが分からず、お困りの方も多いと思います。永代供養への改葬はどのように行うのか、手続きも含め解説します。

  • お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

    お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

    先祖代々受け継いで来たお墓でも、引き継ぐ人が無ければお墓を整理して墓じまいをしなければなりません。 お墓を整理する際には様々な費用が生じますが、いったいどのような費用が必要になるのでしょうか。 今回は墓じまいにかかる費用にいてお話しします。

  • お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説しますのサムネイル画像

    お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説します

    お墓の改葬って聞いたことはありませんか?既にあるお墓から別のお墓に移ることを指しますが、個人の都合で勝手にできるものではありません。ここではお墓の改葬に必要な申請やかかる費用などについてまとめいきたいと思います。

  • 納骨にかかる費用について相場や内訳など丁寧に説明いたします!のサムネイル画像

    納骨にかかる費用について相場や内訳など丁寧に説明いたします!

    葬儀と火葬が終わったら次は納骨です。 でも納骨っていったいどんな費用が必要で、いったいいくらかかるの? 納骨の方法もお墓や納めるだけではありません。納骨堂や最近よく聞く永代供養ってお墓とどう違うの?費用の差は?その他にも、低費用の埋葬方法についてご紹介いたします!

  • 納骨堂での永代供養に費用はいくらかかる?相場・内訳を全て解説のサムネイル画像

    納骨堂での永代供養に費用はいくらかかる?相場・内訳を全て解説

    残された方への負担が少ないと言われている永代供養。 中でも納骨堂は、雨風にさらされないことで注目を集めています。 では納骨堂での永代供養は、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか? 費用の相場を詳しく見ていきたいと思います。

  • 納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

  • 永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!のサムネイル画像

    永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!

    故人を供養する方法の一つである永代供養をご存知ですか? 高齢化や核家族化の加速に伴い、より注目を集めつつあります。 しかし、「墓じまい」と聞くと馴染みのない言葉で手順も大変そうですよね? ここで複雑な手順や手続き方法、永代供養のポイントを押さえておくと安心です。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「納骨堂・改葬・費用」についてさらに知りたい方へ

納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!のサムネイル画像

納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!

納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!のサムネイル画像

納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!

納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!のサムネイル画像

納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!

改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説のサムネイル画像

改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説しますのサムネイル画像

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説します

納骨にかかる費用について相場や内訳など丁寧に説明いたします!のサムネイル画像

納骨にかかる費用について相場や内訳など丁寧に説明いたします!

納骨堂での永代供養に費用はいくらかかる?相場・内訳を全て解説のサムネイル画像

納骨堂での永代供養に費用はいくらかかる?相場・内訳を全て解説

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!のサムネイル画像

永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「納骨堂・改葬・費用」についてさらに知りたい方へ

納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!のサムネイル画像

納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!

納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!のサムネイル画像

納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!

納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!のサムネイル画像

納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!

改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説のサムネイル画像

改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと