お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。 それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。 お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。

目次

  1. お寺の納骨堂について
  2. 納骨堂の運営主体別3種類
  3. お寺の納骨堂の利用にかかる費用内訳
  4. お寺の納骨堂の利用にかかる費用相場
  5. お寺の納骨堂についての疑問
  6. お寺の納骨堂の費用まとめ

お寺の納骨堂について

お墓

納骨堂と言いましても、ご遺骨を個別に納骨出来る形態のものと、他の方のご遺骨と一緒に納骨する形態のものとがあります。
お寺が管理・運営している納骨堂にも両者の形態があり、費用面にも差異があります。
また、注意すべき点にも違いが出てきます。

他の方のご遺骨と一緒に納骨する形態の納骨堂は、永代供養墓(えいたいくようぼ)や合祀墓(ごうしぼ)などの名称で呼ばれることもあります。

もともとは墓地の準備が出来ていないご遺族から、一時的にご遺骨をお預かりすることを目的として、お寺の敷地内に設けられた設備が納骨堂です。

昨今、特に都心部においての墓地不足の影響や、将来的に墓地を承継していく方の問題、そして費用などの理由から、納骨堂を利用される方が増えています

利用される方が増えてきていると言いましても、まだ納骨堂について知らない方も多いのではないでしょうか。

様々な種類の納骨堂がある中で、お寺の納骨堂は、寺院の管理・運営であることから、日頃より手厚い供養を受けられる施設でもあります。

ここではお寺の納骨堂の費用について、次のようなことを中心に説明してまいります。

  • 納骨堂の運営主体にはどんなものがあるのか
  • お寺の納骨堂にはどんな費用がかかるのか
  • お寺の納骨堂にかかる費用相場
  • お寺の納骨堂を利用するために檀家になる必要があるのか

これらのことは、終活を行っていく上でお墓のことを考えたり、調べている皆様にとってもぜひ知っておいて頂きたいところだと思いますので、ぜひ最後までお読みください。

納骨堂の料金について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

こちらも読まれています

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

実際に、全国の納骨堂の費用を比較してみたいという方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは納骨堂を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

納骨堂の運営主体別3種類

お墓

今回はお寺の納骨堂についてお伝えいたしますが、ここでは他の組織が運営する納骨堂についても紹介します。
納骨堂を選ぶ際には、それぞれの特徴を知っておくと良いでしょう。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

納骨堂の運営主体は、お寺や神社を含め主に3つあります。
以下で詳しくみていきましょう。

寺社納骨堂

寺院や神社などの宗教法人が管理・運営する納骨堂です。
寺院の場合、寺院の敷地内に設けられていることが多く、原則的に法要はその寺院によって執り行われます。

また、のちほど説明いたしますが、寺院の場合は檀家(だんか)でないと利用出来ないところもあれば、檀家でなくても利用出来るところもあります。

そして、檀家である必要がある場合には、納骨堂にかかる費用のほか、法要のお布施や護持会費(ごじかいひ)など、毎年お寺に納める費用も発生することになります。

公営納骨堂

市町村などの地方自治体や、近隣の自治体が集まった「組合」によって管理・運営される納骨堂です。

基本的に宗教・宗派問わず利用可能で、ほかの運営主体による納骨堂に比べて、安い費用で設定されています。
利用については、それぞれの市町村に居住していることなど、諸条件を満たしている必要があります。

民営納骨堂

公益法人や宗教法人が運営主体となっている納骨堂です。

宗教法人である寺院が運営主体となっている場合、寺社納骨堂と重なると思われるかもしれません。しかし、この場合は宗教法人としての寺院経営や布教活動ではなく、別の事業として営まれています。
多くの場合、運営主体は宗教法人であっても、広告や販売は別の民間業者が行っています。

民営納骨堂は、公営納骨堂に比べて負担する費用は高くなる傾向がありますが、その分バリアフリーなどの設備や、サービス面で充実している傾向にあります。

お寺の納骨堂の利用にかかる費用内訳

仏壇

お寺の納骨堂を利用する際には、永代使用料や管理費などの費用が発生いたします。

お寺の納骨堂を利用する際にかかる主な費用について、その内訳とともに知っておきましょう。

永代使用料

永代使用料とは、納骨堂を将来に渡って(永代的に)使用するための料金のことです。
納骨堂の使用権を取得するための料金という意味ですね。

納骨堂ではなく墓地に墓石を立てる場合にも、墓地を将来に渡って使用するために永代使用料がかかってきます。
一般的に言う「お墓を買う」というのは、「墓地を利用する権利と墓石を買う」という意味になります。

永代使用料に似た言葉で、永代供養料というものがあります。これは将来に渡って供養をして頂くための料金のことです。

永代使用料も永代供養料も支払いは、契約時に一括払いという納骨堂が一般的です。

管理費

管理費は、納骨堂という設備やシステムを維持、整備するための費用となります。
この管理費は、毎年納めなければならない費用となります。

ただし、納骨堂でロッカー式や仏壇式などご遺骨を個別または家族ごとに安置するタイプを選んだ場合には管理費が必要になりますが、納骨堂でも最初から他のご遺骨と一緒に(合祀)した場合には管理費が必要ないこともあります。

お布施

お布施は、納骨時の法要や、一周忌などの法要を寺院に行っていただいた場合に用意することになります。

納骨堂の契約時には、お布施が特に必要とされないことが多いのですが、寺院によってルールが異なりますので、申込みの際に直接寺院にお尋ねされるのが間違いないでしょう。

もちろんお布施の本来の意味としては、商品やサービスの対価として納めるものではありませんので、各自のお気持ちで寺院へ納めることについては問題ありません。

戒名、彫刻代等

永代使用料や管理費などのほか、お寺の納骨堂に入る際に戒名をつけていただくこともあり、この場合は戒名をいただくことに対するお布施(いわゆる戒名料)が必要となります。

また、納骨堂によっては施設内にある墓碑(ぼひ)などに戒名を彫刻することがありますが、この彫刻代が必要となることもあります。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

ここまで見てきたように、納骨堂の利用には様々な費用がかかります。
これらの費用は、各納骨堂によって異なるので事前に調べておきましょう。

実際に墓地・霊園を探したい方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

お寺の納骨堂の利用にかかる費用相場

お金

それでは、お寺の納骨堂を利用する際に必要な各々の費用について、相場を知っておきましょう。

一時的にご遺骨の保管をする場合の費用

納骨先が決まっていない場合など、一時的にご遺骨を保管してくださる納骨堂もあります。

納骨堂によって1ヶ月単位での契約を行うところ、1年単位で契約を行うところと様々ですが、1ヶ月単位で契約を行うところですと月額1万円前後、年単位で契約を行うところですと年間10万円前後が使用料の相場となっています。

その他、保証料として月単位の場合3万円~5万円、年単位の場合10万円程度を契約時に寺院へ納めることになる場合が多くあります。

親族で代々利用する場合の費用

納骨堂によって異なりますが、親族で代々利用する場合には、基本的に契約時に支払う永代使用料と、毎年支払う管理費が発生いたします。

その他、檀家になる場合には檀家になる際に入檀料、そして毎年必要となる護寺会費(ごじかいひ)の負担があります。
それ以外に、寺院の改修工事などに伴って、お布施を求められることもあります。

また、法要を依頼した際には、御布施の負担も必要です。

なお、納骨堂とひとことで言いましても、ロッカー式や、仏壇式や、自動倉庫のような機械式など色々な種類があります。

各種類ごとに永代使用料の相場は次のとおりです。

  • ロッカー式(基本的に1名分のご遺骨収納)…30~50万円前後
  • 仏壇式(複数名分のご遺骨収納が可能) …70~100万円前後
  • 機械式(基本的に1名分のご遺骨収納)  …100~120万円前後

機械式は、自動搬送式と呼ばれることもあり、受付パネルにカードを通すと、参拝スペースにご遺骨が自動で搬送されてくる形態の納骨堂です。
最新システムを使用した納骨堂となりますが、限られた狭いスペースに多数のご遺骨をお預かりすることが可能なことから、料金的にも比較的低価格な設定となっている状況です。

管理費は、1万円程度が相場です。
管理費ではなく、年会費という名称を使用している納骨堂もあります。

入檀料は、寺院によっては不要ですが、相場としては10~30万円といったところです。

護寺会費は、寺院に納めるのではなく、寺院を維持するために主に檀家によって組織された護寺会に納める費用で、相場としては年間5千円~2万円です。

法要のお布施の費用は、3~7万円が相場となります。

以上のように親族で代々利用する場合には、初期費用として30~150万円(入檀料含め)、その後毎年かかる費用として3~10万円が必要ということになってきます。

永代供養してもらう場合の費用

子供がいない方など、お墓の承継者がいない方が希望されることの多い永代供養という利用方法ですが、この場合には永代供養料を納骨堂へ支払うことになります。

納骨堂では、最初は個別にご遺骨を納めることになりますが、一定期間を過ぎますと、他のご遺骨と一緒に収骨、埋葬をされるという契約が多いパターンです。
もう少し詳細に言いますと、17回忌や33回忌などを過ぎると、各骨壺からご遺骨が取り出され、他の方のご遺骨と一緒にひとまとめにして埋葬されるということです。
このことを合祀(ごうし)と言います。
中には最初から合祀を行なう納骨堂もあります。

費用とは別の話になりますが、一旦合祀された後は、特定の故人のご遺骨を取り出して、他のお墓へ引っ越すということは出来なくなるので注意が必要ですね。

永代供養と言っても「一定の期間ご遺骨を預かり合祀する場合」と「最初から合祀する場合」があるということですね。

上記の中で、「一定期間」とは、納骨堂によって17回忌・33回忌・50回忌などが区切りと定められています。
期間の短いところですと1年とか3年という設定がされていることもあります。
一般的には、33回忌を過ぎたら合祀するという納骨堂が平均的な位置づけとなります。

永代供養料は、この「一定期間」の長さ、つまり個別にご遺骨が保管される期間の長さが料金設定に大きく影響します。

合祀までの日数・期間別に永代供養料の相場を見ますと次のようになっています。

  • 最初から合祀する場合  5万円~10万円
  • 3回忌を過ぎたら合祀   20万円前後
  • 7回忌を過ぎたら合祀   25万円前後
  • 13回忌を過ぎたら合祀  30万円前後
  • 33回忌を過ぎたら合祀  40万円~50万円前後
終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

なお、納骨堂によって、合祀されるまでの期間(個別に保管される期間)は、別途で毎年管理費が必要となるところもあるので注意しましょう。
管理費の相場は、1万円~2万円となっています。

実際にお墓・霊園を探そう!

実際に自分の住んでいる地域にある霊園・墓地・納骨堂を調べたい方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

資料請求や電話対応も可能です。(無料)

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

お寺の納骨堂についての疑問

お墓

お寺の納骨堂について、寄せられることの多い質問・疑問です。
お寺の納骨堂の利用を考える際にはぜひ参考にしてみると良いでしょう。

納骨する人の宗派は関係あるのか?

檀家になることが求められない納骨堂であれば、納骨する人の宗派は特に関係ありません
例えば、曹洞宗の寺院が管理・運営する納骨堂に、浄土宗のご家族が御遺骨を納めても問題ないということです。

ただし、宗派問わず対応可としている納骨堂でも、納骨の際に行われる法要や毎日のご供養などは、納骨堂を管理・運営している寺院の宗派に方針にしたがって執り行われることにはなります。

納骨堂を利用するために檀家になる必要はある?

納骨堂の利用に檀家になる必要があるところと、そうでないところと両方存在します。

一般的には檀家になる必要のないお寺の納骨堂の方が多いですが、申込みをされる際に、寺院へ確認を行った方が良いでしょう。

供養の仕方は?

供養の仕方も納骨堂を管理・運営している寺院によって異なります

1ヶ月に1度、供養の時間を設けている寺院もあれば、毎朝供養の時間を設けている寺院もあるなど様々です。
その他、ご家族も参加するような一周忌などの法要については、寺院と打ち合わせをして別途行うこととなります。

お寺の納骨堂の費用まとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。

今回は、お寺の納骨堂の費用についてお伝えいたしました。

主に下記の点についてお解りいただけたのではないでしょうか。

  • 納骨堂は、寺社、公営、民営と3つの運営主体に分かれる
  • お寺の納骨堂を利用する際に必要な費用のこと
  • 永代使用料と永代供養料の違い
  • お寺の納骨堂を利用する際の費用相場
  • 宗派の関係性や檀家になる必要性有無

ただし、今回の記事の中では一般的なところをお伝えしておりますが、仏事ごとについては、地域の慣習や各寺院のお考えによる違いがあることが多く、費用や利用に関するお約束事も納骨堂によって異なる場合があります。

もし終活において実際にお寺の納骨堂を訪問されたり、申込みをする際には、各納骨堂にて費用や利用に関するお約束事もしっかりと確認をすることが大切です。

今回終活ねっとでは、「お寺の納骨堂の費用」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでもし良ければ参考にしてみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは納骨堂を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お寺・納骨堂・費用」に関連する記事

「お寺・納骨堂・費用」についてさらに知りたい方へ

  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

  • 納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

  • 納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

    納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

    皆さんは、納骨堂を利用する場合の費用相場についてご存知でしょうか。納骨堂は、利用方法によってかかる費用も相場もかわります。今回は、納骨堂の様々な利用方法を具体的に挙げながら、必要な費用とその相場について解説します。

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?のサムネイル画像

    納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?

    費用が掛からず、永代供養をしてくれる納骨堂の人気が高まっています。しかし納骨堂を使用したいと考えていても、具体的な特徴についてご存じない方が多いのではないでしょうか。そこで今回は納骨堂を使用し、永代供養をしてもらう際の費用や注意点などを中心に解説をいたします。

  • 納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

    昨今のお墓を確保したり、先祖のお墓を継ぐことが困難な方が増えています。 そこで注目されているのが納骨堂での供養です。 しかし普通のお墓とは異なり費用や供養の方法などわからないことが多いのも確かです。 ここでは納骨堂の費用や施設、供養の方法を説明します。

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!のサムネイル画像

    終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!

    終活では、お墓のことも多くの方が関心を持つテーマです。お墓にも色々な形態があり、納骨堂はそのうちのひとつ。終活でお墓のことを調べている方、実際にお墓を探している方など、納骨堂を選ぶ時には、いくつかの大切なポイントがありますのでぜひ知っておいてください!

  • 納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!のサムネイル画像

    納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!

    残された方への負担が少ないと言われている永代供養。 中でも納骨堂は、雨風にさらされないことで注目を集めています。 では納骨堂での永代供養は、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか? 費用の相場を詳しく見ていきたいと思います。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お寺・納骨堂・費用」についてさらに知りたい方へ

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?のサムネイル画像

納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!のサムネイル画像

終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!

納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!のサムネイル画像

納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お寺・納骨堂・費用」についてさらに知りたい方へ

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと