墓地の設置許可にはどのような基準があるのか? 事柄・判例もご紹介

私たちが普段何気なくお参りしている墓地は、許可がないと設置できません。 誰でも好きなところにお墓を作れるわけではないのです。 この記事では、墓地の設置はどのように許可されているのか、どのような基準で許可が降りるのか解説していきます。

目次

  1. 墓地の設置許可について
  2. 墓地の設置に関する事柄
  3. 墓地の設置許可に関する判例
  4. 墓地を個人の庭に作ることはできるのか
  5. 墓地の設置許可についてまとめ

墓地の設置許可について

お墓

私たちの先祖代々が埋葬されている墓地ですが、どのように設置されているかご存知ですか?
実は、新しく墓地を設置するには、許可が必要になります。
しかし、誰でも許可を求めることができるのでしょうか?

この記事では、墓地の設置許可について紹介します。

  • 墓地の設置は誰が許可をするのか?
  • 墓地の設置許可にはどのような条件があるのか?
  • 墓地の設置許可を巡るトラブルはあるのか?
  • 個人の庭に墓地を設置することは出来るのか?

以上の流れで解説します。
墓地の設置許可について詳しく解説していきますので、どうぞ最後までお付き合いください。

墓地の設置に関する事柄

お墓

そもそも、墓地とはいったい何なのでしょうか?

墓地に関することは、墓地・埋葬等に関する法律(墓埋法)に明記されています。
墓埋法によると、墓地とはお墓を作ることを都道府県知事が許可をした土地のことです。
お墓を作るためには、都道府県知事から墓地として使用する許可を得た土地が必要なのです。

では、どのような基準で許可をされているのか、具体的な流れを見ていきましょう。

保健所が墓地の設置を許可する

墓地を設置する許可は都道府県知事から得ることがわかりましたが、最初から都道府県知事あてに許可願いを提出すればよいのでしょうか?

墓地を設置しようとする団体が墓地を設置する許可を願い出るのは、保健所になります。
書類を揃えて提出すれば良いわけではなく、事前相談をしてから許可申請を行います。
そして、保健所が現地の調査や設置許可の審査を行い、許可を出します。
その後都道府県知事に許可を受けて初めて、墓地の設置が可能になります。

現在は都道府県知事ではなく、市町村長が許可を出す自治体もあります。

墓地の設置許可はどんな基準で下りるのか

墓地の設置許可の基準は、墓埋法のもと、各自治体によって条例で定められています。

そのため、墓地の設置許可の基準には、自治体によって多少の違いがあります。
どのような基準があるのか、様々な自治体の条例を調べてみました。
主に、以下のような基準で判断されています。

経営団体

多くの自治体で、地方公共団体もしくは公益法人、宗教法人であることが条件に明記されています。
個人、もしくは営利団体ではまず許可はおりないでしょう。

地方公共団体が運営すれば公営の墓地となり、法人が運営すれば民営の墓地となります。
民営の場合、課される基準が付け加えられることが多く見られます。
例をあげると、多くの自治体で、墓地を設置する自治体に法人の事務所があることが条件に明記されています。
需要の見込みがある範囲のものに限ることや、使用料金が適正なものであることを明記している自治体も見られます。

墓地と言う特性上、経営は永続性が見込めることを求められます。
営利経営であれば、経営団体の経営破綻等で墓地の運営が見込めなくなる可能性があります。
そうなれば、困るのは墓地の利用者です。

そのような事態を防ぐため、墓地の経営が営利目的ではないことや、墓地の経営の永続性を見込めることを条件に明記している自治体もあります。

墓地の立地条件

墓地の立地にも一定の条件があります。

墓地の周囲には、学校・病院・民家などの施設がないことが求められることが多いです。
もしくは、墓地の周囲に上記のような施設がある場合、それらの施設に墓地を設置する同意を得ることを求める自治体も多く見受けられます。

飲料水等、公衆衛生に影響がないことも広く求められています。
自治体によっては、河川、湖沼、海などから一定の距離があることを求めることもあります。
これらは、周辺施設や住民、公衆衛生への配慮として条件付けられていると考えられます。

その他にも、乾燥している場所であることや、周囲の景観と調和していることを条件に上げる自治体もあります。
新しい墓地を建てる際に、既にある墓地と一定の距離が開いていることを求められることもあります。

墓地の設備条件

墓地の設備条件は、自治体によって違いが大きく見られます

枯れたお花や、お供えのお花を包んでくる新聞紙などを捨てられるゴミ捨て場があること。
お墓を洗った際の水や雨水が適切に排水される設備があること。
通路の幅員などを細かく規定する自治体もあります。
これらは墓地が適切に運営・管理されるために特に求められることが多いです。

他にも、塀や木々などで墓地の境界線を明確にしてお墓が見通せないようにすること、墓地の面積に応じた緑地帯を用意することが多くの自治体で求められます。
給水施設や便所、駐車場、管理事務所、公道からの進入経路など、墓地を経営するために必要な施設の設置を細かく求める自治体もあります。

お墓を経営するための十分な資金・運営計画

墓地を経営するのは営利目的でないことが求められるため、墓地を設置、管理するために十分な資金が必要になります。

収支予算書や需要見込調書の提出などで、充分な資金計画を求める自治体がほとんどです。
墓地の維持管理の計画を書類で求める自治体も多いです。

墓地が適切に管理されないと、荒れ放題になってしまいます。
ひいては使用者のお参りに支障が出てしまうことになりかねませんので、十分な資金・運営計画の準備があることは大事なポイントになってきます。

他にも、こんな条件を求める自治体も

その他にも、自治体によっては以下のような条件が求められることがあります。

  • 墓地を設置する土地に標識を掲げ、説明会を実施するなど、付近の住民への周知をすること
  • 特に公益法人、宗教法人の場合、墓地を設置する土地に抵当権がないこと

墓地の設置許可にどのような基準があるのか見てきました。
ご先祖が眠り、ご自身が入ることになるお墓が、きちんと許可を得て運営されていることがわかりました。

これら墓地の設置許可にかかる条件は、墓地が永続性を保ち健全に経営されるために求められていると考えられます。
きちんと法律・条例でお墓の永続性が保たれていると分かれば、安心ですよね。

墓地の設置許可が取消された例はあるの?

一度出された墓地の設置許可は、取り消されることもあるのでしょうか?

墓埋法にて、都道府県知事が墓地が適切に管理・運営されていないと判断した場合、都道府県知事は改善要求を出し、それでも改善されない時には墓地設置の許可を取り消すことができると定められています。
墓地の設置許可は、必要があれば取り消されることもあるということですね。

今のところ、墓地の設置許可が取り消されたことはないです。
お墓を購入する場合には、上記の許可条件を満たしている墓地かどうかを参考にすれば、問題ないと思われます。

墓地の設置に住民の同意書が必要な場合

新しく設置しようとする墓地の付近に住民がいる場合、自治体によっては付近の住民の同意書が必要になる場合があります。

どこまでの範囲かは自治体によって違いますが、概ね、墓地を設置する予定地の100m前後の範囲の住民が対象になることが多いです。
広いと、範囲を300mと定める自治体もあります。
法律上の義務はありませんが、付近の住民に墓地を作ることを周知し、理解を得ることが自治体によって求められています。

お墓の永続性を保つため、付近の住民に同意を得ることは、必要不可欠なことになってきます。

墓地の設置許可に関する判例

お墓

墓地の設置許可において、トラブルはないのでしょうか?

墓地の付近の住民が、設置許可の取り消しを求める裁判を起こした判例があります。
この判例で焦点になったのは、「墓地の付近の住民が設置許可の取り消しを求める原告たりえるかどうか」でした。

判例では、原告の訴えは棄却されています。
墓地が適切に管理・運営されていれば、設置許可の取り消しを付近の住民が求めることはあまりないと考えられます。

他にも今のところ、墓地の設置許可が取り消された判例はありません

こんな判例もあります

過去には、墓地の設置許可を特定非営利活動法人が申し出て不許可とされ、それを不服申し立てをして不許可を取り消されている判例もあります。

墓地が適切に管理・運営できる非営利の団体であれば、公益法人・宗教法人でなくとも許可が下りる自治体もあります。

墓地を個人の庭に作ることはできるのか

困った人々

墓地は、終活において重要なものです。

自分の家の庭に、自分のお墓を作って埋葬してほしい。
自分の家の庭に、先祖代々のお墓を移していつでもお参りがしたい。

このように希望される方もいらっしゃるかもしれません。
これは不可能なのでしょうか?

前の項で見てきた通り、墓地は、原則として個人で運営することはできません。
個人での墓地の新設は認めないと明記している自治体も見られます。
結論を言えば、自分の家の庭に墓地を設置することは難しいです。
これは、個人墓地はその性質上、永続性を見込めないこと、公益性を見込めない事が理由だと考えられます。

ただし、許可を取得することで個人が墓地を設置することができる自治体もあります。
しかしそれも、近所に墓地がない、お墓がお参りするのが難しい場所にあるなど、やむを得ない事情がある場合のみと言う場合がほとんどです。

個人墓地の設置を希望される方は、お住まいの自治体に確認して下さい。

墓地の設置許可についてまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか? 
墓地の設置許可について、ここまで見てきたことをまとめてみましょう。

  • 墓地の設置には都道府県知事の許可が必要
  • 墓地の設置許可には基準があり、自治体によって異なる
  • 墓地の設置許可を巡った裁判の判例もあるが、設置許可取り消しをされた判例はない
  • 個人の庭に墓地を持つことは難しいが、自治体によっては条件付きで認めている

墓地の永続性が法律で守られ、適切に運営されていることがわかりました。
終活にも安心して取り組んでいただけるかと思います。

個人墓地に興味のある方は、自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓地・許可」に関連する記事

  • 墓地設置の条件は?許可の基準など解説しますのサムネイル画像

    墓地設置の条件は?許可の基準など解説します

    近年増える墓地や霊園はどのようにして設置されているかご存知ですか?墓地や霊園を経営するには許可が必要となっています。自分たちの使用したい墓地や霊園がどのようにして許可を得て運営されているのか見ていきましょう。

  • 墓地管理者の仕事内容から不明な時の問い合わせ先まで徹底解説しますのサムネイル画像

    墓地管理者の仕事内容から不明な時の問い合わせ先まで徹底解説します

    墓地の管理を行なっている墓地管理者という人をご存知でしょうか?お墓を利用する人から提出される届出は、この墓地管理者によって処理されます。墓地管理者は、お墓を利用している人にとって、とても重要な役割があるのです。この墓地管理者について詳しく解説していきます。

  • 墓地埋葬法での納骨堂の扱いを解説します。納骨堂には許可が必要?のサムネイル画像

    墓地埋葬法での納骨堂の扱いを解説します。納骨堂には許可が必要?

    最近は納骨堂に遺骨を納める人が増えているようです。 でも、きちんと遺骨の管理・供養をしてもらえるのか、心配ですね。 納骨堂のことは墓地埋葬法に決まりがありますので、よく理解しておく必要があります。 墓地埋葬法でどんなことが決められているのか、分かりやすく解説します。

  • お墓の台帳ってどんなもの?墓地台帳の基本についてご紹介しますのサムネイル画像

    お墓の台帳ってどんなもの?墓地台帳の基本についてご紹介します

    皆さんは「墓地台帳」というものをご存知ですか? 名前だけ聞くと、墓地にあるお墓を管理するための台帳かな?と思われる方もいらっしゃるでしょう。 今回は、この墓地台帳について、一体どのようなものなのかをご紹介していきます。 ぜひ最後までご覧ください。

  • 墓地の移転とその手続きについて解説しますのサムネイル画像

    墓地の移転とその手続きについて解説します

    引越しなどで、墓地を移転しなければならない場合があります。この場合、もとの墓石を移す、新しい墓地に墓石を建てる、または納骨堂に納めて永代供養をお願いする方法があります。また、分骨することもできます。この記事では墓地の移転についてその基本を解説します。

  • 墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!のサムネイル画像

    墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!

    墓地や霊園と一口に言っても、墓地・霊園には様々な種類があります。では、墓地・霊園の種類を知りたい時はいったいどのように墓地・霊園を見分ければ良いのでしょうか?今回は墓地・霊園の種類ごとの特徴について解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 墓地と墓所に違いがあるって知ってた?詳しく紹介します!のサムネイル画像

    墓地と墓所に違いがあるって知ってた?詳しく紹介します!

    墓地と墓所を区別することなく、普段よく使っている方もいるでしょう。 同じ意味として使っても大きな問題ではありませんが、この言葉には明確な違いがあります。 墓地と墓所の違いが気になっていた方、そうでない人も違いを知っておきましょう。

  • 墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!のサムネイル画像

    墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!

    墓地の管理人は誰がしているのかご存知でしょうか?また、終活でお墓の継承者や管理についてどうしようかと考えている方もいらっしゃると思います。そこで、今回終活ねっとでは墓地の管理人や、墓守の仕事について説明したいと思います。どうぞ最後までご覧ください。

  • 墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?のサムネイル画像

    墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?

    全国各地に存在するたくさんの墓地。墓地にもさまざまな種類があり、管理者も管理方法も異なります。その管理はどのように行われているのでしょうか?

  • 墓地の名称について解説します!各墓地のメリットデメリットも紹介のサムネイル画像

    墓地の名称について解説します!各墓地のメリットデメリットも紹介

    墓地に墓園に墓苑に霊園。霊苑もあれば、メモリアルパークというのもあり、墓地の名称はいろいろですが、これらに違いはあるのでしょうか?墓地の名称と種類、さらにメリットデメリットまで、墓地にまつわる素朴な疑問にお答えします!

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓地・許可」についてさらに知りたい方へ

墓地設置の条件は?許可の基準など解説しますのサムネイル画像

墓地設置の条件は?許可の基準など解説します

墓地管理者の仕事内容から不明な時の問い合わせ先まで徹底解説しますのサムネイル画像

墓地管理者の仕事内容から不明な時の問い合わせ先まで徹底解説します

墓地埋葬法での納骨堂の扱いを解説します。納骨堂には許可が必要?のサムネイル画像

墓地埋葬法での納骨堂の扱いを解説します。納骨堂には許可が必要?

お墓の台帳ってどんなもの?墓地台帳の基本についてご紹介しますのサムネイル画像

お墓の台帳ってどんなもの?墓地台帳の基本についてご紹介します

墓地の移転とその手続きについて解説しますのサムネイル画像

墓地の移転とその手続きについて解説します

墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!のサムネイル画像

墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!

墓地と墓所に違いがあるって知ってた?詳しく紹介します!のサムネイル画像

墓地と墓所に違いがあるって知ってた?詳しく紹介します!

墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!のサムネイル画像

墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!

墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?のサムネイル画像

墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?

墓地の名称について解説します!各墓地のメリットデメリットも紹介のサムネイル画像

墓地の名称について解説します!各墓地のメリットデメリットも紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓地・許可」についてさらに知りたい方へ

墓地設置の条件は?許可の基準など解説しますのサムネイル画像

墓地設置の条件は?許可の基準など解説します

墓地管理者の仕事内容から不明な時の問い合わせ先まで徹底解説しますのサムネイル画像

墓地管理者の仕事内容から不明な時の問い合わせ先まで徹底解説します

墓地埋葬法での納骨堂の扱いを解説します。納骨堂には許可が必要?のサムネイル画像

墓地埋葬法での納骨堂の扱いを解説します。納骨堂には許可が必要?

お墓の台帳ってどんなもの?墓地台帳の基本についてご紹介しますのサムネイル画像

お墓の台帳ってどんなもの?墓地台帳の基本についてご紹介します

墓地の移転とその手続きについて解説しますのサムネイル画像

墓地の移転とその手続きについて解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと