墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

ご先祖様のお墓を継ぐ人がいなくなってしまった場合は墓じまいをしなければなりません。 墓じまいをしないと、そのお墓は無縁仏になってしまうのです。 では、墓じまいにはどれ程の料金が必要で、内訳はどうなっているのでしょうか? 今回は墓じまいの料金をテーマに説明します。

目次

  1. 墓じまいに必要な料金について
  2. 墓じまいの流れ
  3. 墓じまいにかかる平均的な料金相場
  4. 墓じまいに必要な料金の内訳
  5. 墓じまいして遺骨を改葬する場合の料金
  6. 墓じまいに必要な料金まとめ

墓じまいに必要な料金について

お墓

核家族化と少子高齢化で跡継ぎが無く、先祖代々のお墓を継ぐことが困難になっている方や、たとえお墓があったとしても年を取り体力的にお墓参りが困難になっている方が増えています。

また、会社の都合で引き継いだお墓から遠く離れた場所に引っ越さねばならず、引っ越し先を安住の地に定めてしまった方もいるでしょう。

引き継いだご先祖様のお墓が何基もあり、古くなったのでお墓をまとめて埋葬し直したいという方も少なからずいらっしゃいます。

そこで問題になるのがこれらのお墓をどのように処分して、残った故人の遺骨をどのように供養すればいいのかということです。

世間ではこれらを「墓じまい」といい、終活において重要なテーマの一つとされています。

普段の生活ではなかなか直面しない問題なので、いざ自分が墓じまいをしなければならない事態に面した時、それに関する事例や手順、また費用など分からないことがとても多いのが実情です。

終活ねっとでは今回、墓じまいの手順と、その後の遺骨の供養の方法にテーマを絞り、それぞれに掛かる料金注意点を交えながら詳しく説明していきたいと思います。

  • 墓じまいはどんな手順・流れで行うの?
  • 墓じまいはどれくらいの料金が掛かるの?
  • 墓じまいをしたあとはその遺骨はどんな供養があって、それぞれどれくらいの料金がかかるの?

墓じまいの流れ

お墓

さて、いざ自分が墓じまいをしなければならなくなった時、どのよう流れで墓じまいを行わなければならないのでしょうか?

時系列で手順を簡単に説明していきます。

お寺・霊園に話をする

まず墓じまいを決めた場合には、墓じまいをするお墓がある寺院や霊園に墓じまいをしたいという旨を伝えます

ただし、単にお墓を建て替えて再びその場所を使う場合と、お墓を他の場所に引っ越したり完全に閉じてまったりする場合では対応が異なります。

同じ墓地を再び使うのであれば既に永代使用料を払っているので、再度永代使用料がかかることはありません

しかし完全に閉じてしまったり、他の墓地に引っ越しをするのであれば永代使用の権利は失われ、墓地は更地にされて他にその墓地を使いたい方に権利が引き渡されます。

石材店に見積もりをとる

次に墓石を撤去してもらうために石材店に見積もりを取ってもらいます
民営の霊園や寺院では提携している石材店があり、その石材店なら墓地の施設を熟知していますので見積もりの際に細かな説明をしてくれるでしょう。

しかし、墓石の撤去に関しては石材店によって料金・サービスの内容がかなり違うので数社から見積もりを取ることをお薦めします。

受入証明書・埋葬証明書を発行してもらう

墓じまいをした際に取り出した遺骨をどう供養するかを決めなければなりません。

新しいお墓や遺骨を納める施設が決まっているのであれば、その施設の管理者から遺骨の受入証明書を発行してもらいます。

また、この後に説明する改葬許可証の申請書を持って、現在のお墓の管理者のもとへ行き、申請書に著名・捺印してもらう必要があります。
その際、その遺骨が間違いなく該当するお墓に埋葬されていたことを証明する埋葬証明書を発行してもらいます。

改葬許可書を発行してもらう

墓じまいでお墓を移転したり、お墓を閉じたりする場合には各自治体が交付する改葬許可書を発行してもらう必要があります。
この改葬許可書がなければお墓にある遺骨をどこかに移動させることはできません。

以上の手続きは墓地埋葬法の第2章で定められており、法的な手続きとして必ず行わなければならないことなのです。

閉眼供養をする

お墓を建てるときに「開眼供養」で墓石に魂を入れてもらっているので、墓石を撤去する場合には住職にお願いして、墓石に宿っていた魂を抜いてもらう閉眼供養を行ってもらう必要があります。

基本的にこの閉眼供養をしてもらわないと墓石を処分することができません

墓石を撤去する

閉眼供養が終わったら遺骨を納骨室から取り出し、石材店に墓石を撤去してもらい、更地にしてもらいます。

お墓の解体には墓地の管理者の立会が必要になる場合があるので、事前に管理者に確認を取っておきましょう。

以上で、墓じまいは完了になります。

墓じまいにかかる平均的な料金相場

お金

ここまでで墓じまいには大変な手間と労力が必要なのがご理解いただけたかと思います。

墓じまいそのものにかかる料金相場はお墓の規模にもよりますが、だいたい50~100万円くらいになります。

墓じまいにかかる費用相場についてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

墓じまいに必要な料金の内訳

お墓

では墓じまいにかかる料金にはどのようなものがあるのでしょうか?

それぞれの内訳を項目を挙げて詳しく見ていきましょう。

書類の発行費用

墓じまいをするにはさまざまな法的な手続きが必要です。

墓じまいに必要な書類の発行には、公的に発行する許可証ですのでどれも数百円程度しかかかりません。
改葬許可書であれば無料の自治体もあります。

しかしこれらの手続きは非常に煩雑なので行政書士に代行してもらう場合は、3万円程度の手数料が必要となります。

また改葬で継承するお墓の名義変更をする場合には、霊園側に名義変更の手数料として2~5千円程度の費用を払う必要があります。

離檀料

墓じまいをする際に、どこか遠くへ引っ越すために、菩提寺の信徒を辞めなければならない場合は、菩提寺から離壇することになります。
その時に菩提寺に習慣として支払うのが離檀料です。

しかし、この離檀料に関しては少ないながらも現在様々なトラブルが発生しています

江戸時代、徳川幕府による政策により、地域ごとに住民が檀家となる寺院(菩提寺)が決められ、住民が菩提寺を支えるという檀家制度が作られました。
そしてこの習慣が現代まで続いて来たのです。

しかし昨今の少子化や過疎化、それに若者の宗教観の希薄さなどからこの檀家制度が崩壊の危機に瀕し、特に過疎化が進む地域の寺院ではその経営そのものが成り立たなくなっているのです。

宗教は人助けとはいえ、寺院の住職も日々の生活をしていかなければなりません。
しかし檀家に離壇されてしまうと、寺院の大事な収入源であるお墓の管理費や法要の際のお布施代も減ってしまうので、それを防ぐために中には法外な離檀料を言ってくる住職も少数ながらいるのです。

憲法では「信教の自由」が認められているため、離檀に対して寺院側が檀家に強制的に離檀料を支払わせる権利は本来所有していませんし、たとえ裁判をしたとしても寺院の住職に勝ち目はありません。

しかし先祖代々お世話になっているのならば、やはりその気持ちの表れとして離壇料をお支払いするのは最低限の礼儀と言えるでしょう。

離檀料はその地域性や寺院によって料金は大きく違いますが、離檀料・お布施とは本来は気持ちですので、法要1回分のお布施代で問題ありません。
なので離檀料は安くてだいたい3万円くらいからで、高くても20万円が相場だと言えます。

閉眼供養のお布施

菩提寺の住職に閉眼供養を執り行ってもらった際には、その謝礼としてお布施代が必要となります。
お墓を建てた際の開眼供養と同じくらいの金額が妥当だとされています。

一般的な開眼供養のお布施代の相場は3~10万円ですが、地域や宗派によって異なりますのでその点を考慮した上で決めてください。

また閉眼供養をしてもらったお墓が菩提寺の境内にある場合は、長い間お世話になった感謝の気持ちの現れてとして多少上乗せしてお布施代をお渡しします。

墓石の撤去・処分費用

墓石の撤去は重機などを使用することになるので専門の石材店に依頼することになります。
撤去費用はお墓の大きさと立地条件によって決められますが、だいたい1㎡あたり10~15万円程度が相場です。

また墓石は産業廃棄物として処分しなければならないので、別途墓石の処分代が請求されれる場合があり、およそ3万円程度の費用が掛かります。

墓石の撤去や処分費用に関しては石材店によって大きく異なります。
数カ所から見積もりを取り、詳細を確認してから慎重に選んでください。

墓じまいして遺骨を改葬する場合の料金

お墓

さて、いままでお世話になった墓地で墓じまいをした後、そこに納められていた遺骨はどのように供養してあげればよいのでしょうか?

ここでは改葬先としてどういった供養が選ばれるのか、そしてそれぞれに掛かる料金を一緒に説明していきます。

遺骨を新しい墓に移す場合

仕事に伴う引っ越しなどで親から引き継いだお墓が遠く離れてしまい、やむを得ずお墓を引っ越すことになった場合、どのような費用がかかるのでしょうか。

当然新しい墓地の確保が必要となり、その場合は墓地の管理者に永代使用料と毎年の管理料を支払うことになります。

自分が住んでいる自治体が運営する公営墓地を確保できた場合は、都心では平均で100~200万円、地方では50万円ほどの永代使用料が発生します。

また施設の維持管理に使われる管理料を毎年支払う必要があり、公営で1000~1万円ほど、民営で7千~1万5千円ほどの料金が発生します。

寺院墓地を利用する場合には、立地以外にも寺院に関する様々なものが反映されるので一概に言えないのですが、全国平均で100万円近い永代使用料が発生します。

また寺院墓地を利用する際には、改めて新たに寺院の檀家になる必要がある場合があり、その場合は別に入壇料が発生します。
宗派によって料金が異なりますが、だいたい10~30万円くらいが相場となります。

また公営や民営の管理料に相当する護持会費維持費があり、毎年5千~2万円ほど支払うことになります。

以前の墓石をそのまま利用する場合

お墓の引っ越しをした場合には、普通新しく確保した墓地に墓石を建て直さなければなりません。

ですが以前の墓石をそのまま利用することは一応可能で、その場合には墓石を運ぶトラックのチャーター料とガソリン代、移転に伴う人件費などが必要となます。
移動だけで平均で30万円ほどの費用が掛かります。

また改めてお墓を組み直すために設置工事費として10~15万円ほどの費用がかかります。

最後に一度魂を抜いてもらった墓石に再び魂を入れてもらう必要があるので、開眼供養のお布施代として3~10万円の費用がかかります。

新しく墓石を購入する場合

新しく墓石を購入する場合は、新たにお墓を建てる必要があるので墓石の購入代と設置工事費が必要になります。

墓石は現在様々なものが出回っていますが、従来型の和式にするかモダンな洋式にするか、また国産の石を使うか海外の石を使うかによって値段がかなり違ってきます。
そして同じ日本産の御影石でも最高級と呼ばれるものと、そうでないものでは値段にかなりの開きがあります。

永代供養してもらう場合

墓じまいした遺骨は納骨堂を運営する施設や寺院で永代供養をしてもらうことで、新たにお墓を建てずに遺骨を供養することができます。
永代供養の場合、たとえ寺院であっても宗派を問わず利用できるところが多いです。

納骨堂が定める契約期間が過ぎると、その施設にある合祀墓に他の遺骨とともに埋葬されることになります。
なのでお墓の承継者に関する不安はなくなります。

納骨堂ではお墓と違い1体ごとに料金設定がなされます。
その代わりにはじめに永代供養料を納めてしまえば、その後管理料などの追加料金が一切掛からない場合が多いです。
納骨堂は公営、民営、寺院の3種類があり、立地や施設の規模によっても値段がかなり違います。

公営の納骨堂であれば地方では1万円くらいから利用できる場所もありますが、自治体が定める規約を満たした方でしか利用できません。

募集員数も少なく人気が高いため抽選になることが多く、
仮に抽選で当たったとしても保管してくれる期間は民営や寺院に比べてかなり短めです。

民営の納骨堂は施設が豪華で立地や交通の便も良鋳物が多いです
そのため都心では平均100万円前後、地方では50万円程度の料金が相場になっていますが、探せば20万円くらいから利用できる納骨堂もあります。

寺院における納骨堂は、もともと寺院が信徒のために一時的に霊廟で遺骨を預かっていたところを指していました。
ですが現在は民営の納骨堂と同じように運営している所もあり、一時的に遺骨を預かる場所という意味で納骨堂という言葉が用いられることも減ってきました。

寺院の宗派の信徒でなくとも利用できる納骨堂も増えています。

料金は寺院の格や立地によって様々ですが、相場は大体10~30万円くらいです。
ごくまれに入壇料が必要な場合があります。

また年忌供養が過ぎている遺骨であれば既に成仏しているので、墓じまいをした寺院や民間の霊園が持っている合祀墓に埋葬しもらっても良いでしょう。

およそ10~30万円くらいの料金で埋葬してくれます。

手元供養する場合

墓じまいをした遺骨をそのまま骨壷に入れ、自宅で保管する手元供養をするという手もあります。
骨壷をそのまま自宅に置く場合は基本的に料金は一切発生しません

墓地埋葬法で遺骨は墓地に埋葬しなければならないことになっていますが、埋葬時期に関しては一切触れていないので、埋葬をしていないことは違法にはなりません

なので自宅の仏壇やきちんとした棚に保管してあるのであれば、特に法に触れることはありません。

しかし、墓地埋葬法ではいつかは墓地に埋葬しなければならないと定められているので、最終的には永代供養やこれから挙げる散骨など、いずれかの処分方法を検討しなければなりません。

樹木葬する場合

お墓を持たない葬送として近年増えているのが樹木葬です。

墓石の代わりに樹木を墓碑とするもので、墓石を買うよりも割安で、しかも墓石のように管理することも引き継ぐ必要もないことから樹木葬を選ぶ方も多くいるのです。

樹木葬といっても自分の好き場所に木を植えてそこに遺骨を埋葬していいというものではありません。

墓埋法第4条では「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない」とあるので、遺骨を埋葬する行為である樹木葬は墓地の運営の許可を得た霊園の敷地内で行わなければなりません。
樹木葬を行うには埋葬許可証が必要で、料金は20~70万円が相場となっています。

遺骨を散骨する場合

自分に子供がおらず、お墓を継ぐ親族もいない方の中には散骨を選ぶ方も近年増えています。

散骨は遺骨を海や陸などに撒いてもらう葬送のことで、非常に安価な葬送としても注目を浴びています。

自宅の庭など他人の迷惑にならない私有地で散骨をすれば、料金はほとんど一切かかからずに故人を埋葬できます。

しかし、散骨をする際には刑法の死体遺棄罪に抵触しないように、遺骨の全てを2㎜以下の粉状に粉砕しなければなりません。
これを個人で行うには大変な労力が必要で、専門業者・事業主に粉骨を依頼すると1~3万円程度の料金が掛かります。

また海などに散骨したい場合には多くの場合海洋葬などを専門に行う業者・事業主に申し込むことになり、だいたい20万円からが相場となっています。

墓じまいに必要な料金まとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。

墓じまいには料金費用がかかり、一大事業ともいうべき大変な仕事であることがご理解いただけたかと思います。

非常に長い内容でしたので、最後にリスト化してまとめておきます。

  • 墓じまいとは古いお墓を閉じてしまうことです。墓じまいをする際には法的な各種手続きや石材店への墓石の撤去依頼、菩提寺の住職に閉眼供養をしてもらう必要があるなど、大変手間がかかるものです。
  • 墓じまいをする際に掛かる費用の内訳は各種書類の発行手数料、檀家を辞める際の離檀料、閉眼供養のお布施代、墓石の撤去・処分代になります。平均して50~100万円ほどの費用が掛かります。
  • お墓の引っ越しの場合、元の墓石を使うのであれば運搬車のチャーター代と墓石の設置工事費が掛かります。新たに墓石を買い直す場合には新たにお墓を建てるのと同じ費用が掛かります。またどちらの場合も開眼供養が必要なのでお布施代が必要です。
  • 墓じまいをしてお墓を新しく建てない場合、新しい遺骨の供養先が必要となり、納骨堂や合祀墓への永代供養、手元供養、樹木葬、散骨などの葬送を、自分の予算を加味して検討しなければなりません。

ひとこと墓じまいと言っても、その理由は様々で、それに伴う費用や遺骨の供養方法は多岐に渡ります。

自分やその次の世代のことを考えた場合には、墓じまいは決して他人事ではないのです。

ここまで長い間ご拝読頂き、ありがとうございました。

終活ねっとでは「墓じまいの料金」以外にも終活に関する記事を多数掲載しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓じまい・料金」に関連する記事

「墓じまい・料金」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓じまい・料金」についてさらに知りたい方へ

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説しますのサムネイル画像

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説します

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめましたのサムネイル画像

墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめました

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!のサムネイル画像

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!のサムネイル画像

複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓じまい・料金」についてさらに知りたい方へ

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説しますのサムネイル画像

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説します

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと