お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!

日本人にとって、お盆にお墓参りをするのは当たり前のように思われています。しかし、お盆にお墓参りをする理由にはどのようなものがあるのでしょうか?どの時期に行くものなのでしょうか?お盆のお墓参りについて、その時期やマナーを解説していきます。

目次

  1. お盆のお墓参りについて
  2. なぜお盆にお墓参り?
  3. お盆っていつからいつまで?
  4. お盆のお墓参りにはいつ行けばいいの?
  5. お盆のお墓参りのマナーや持ち物について
  6. お盆にお布施のためのお金は必要?
  7. お盆のお墓参りについてまとめ

お盆のお墓参りについて

お墓

昔から日本ではお盆にお墓参りをするのは当たり前のように思われてきました。

しかし、お盆って具体的にいつからいつまでなのかを知っていますか?
お墓参りに適した時期は正確にはいつなのでしょうか?
そもそもなぜ私たちはお盆にお墓参りをすることが当たり前になっているのでしょうか?
お墓参りのマナーとは?

今回終活ねっとでは、お盆のお墓参りについて

  • なぜお盆にお墓参り?
  • お盆っていつからいつまで?
  • お盆のお墓参りにはいつ行けばいいの?
  • お盆のお墓参りのマナーや持ち物について
  • お盆にお布施のためのお金は必要?

以上の5項目を中心にお盆のお墓参りについて解説していきたいと思います。

当たり前のように思われているお盆のお墓参り。
終活の取り組みの1つとして、再度しっかりと理由やマナーについて考えてみてはいかがでしょうか?
最後まで読んでいただけると幸いです。

なぜお盆にお墓参り?

困った人々

そもそもなぜお盆にお墓参りをするのでしょうか?

それは仏教の考え方に由来するのです。
仏教の考え方では、人間は亡くなると肉体は滅びますが、魂は残るとされています。
お盆は亡くなった方の魂があの世から現世の自宅に戻ってくる期間です。

魂はあの世から直接自宅に帰ってくるわけではなく、一度お墓に戻ってくるのです。
つまり、お墓がこの世とあの世の境目ということです。
そのため、家族がお墓まで出向き、先祖の魂を家に連れ帰るために迎えに行くのです。
お墓を掃除し、綺麗にすることで気持ちよく先祖の魂を迎えられるというわけです。

ここで疑問に思うのが、迎えに行った後、送るときはどうするの?ということです。
実は本来、お墓参りは送り迎えの2回行うものなのです。
しかし、日々の忙しい生活の中で、お盆に2回お墓参りをするのは大変ですよね。
そのため今では2回お墓参りをする習慣は消えつつあります。

お盆っていつからいつまで?

お墓

お盆の時期は旧暦で言うと7月15日頃のことを言います。
現在は新暦ですので、8月15日前後ということになります。

お盆の期間は8月13日が盆の入り(迎え盆)と呼ばれ、16日を盆の明け(送り盆)と呼んでいることからこの4日間とされています。
企業などもこれに合わせて休日にしていることが多いと思います。
この期間に送り火や迎え火、灯篭流しなどの行事を行ったり、お墓参りに行ったりします。

しかし、地域によっては旧暦に従って7月にお盆の行事を行うところもあるのです。
関東圏や静岡などでは、お盆は7月13日~15日頃とされています。
沖縄県や南西諸島では8月20日前後をお盆としています。
その他にも地域によってお盆の期間や風習は異なります。

お盆のお墓参りにはいつ行けばいいの?

お墓

7月の場合も8月の場合も、お盆の期間は一般的に13日~15日とされています。
お盆のお墓参りも、この期間に行くことが多いです。
お墓参りについて、「いつ行かなければならない」という決まりはありません。

先述したように、お盆のお墓参りは先祖の魂をお迎えに行き、またお墓まで送るという意味がありましたね。
そのことを考えると、13日にお墓参りをして、16日にまたお墓参りをするというのがよいのかもしれません。
中にはお盆の期間は毎日お墓に行くという人もいます。

しかし、最近ではお墓に通うのが困難な家庭や、遠方に住んでいる家庭も少なくありません。
お盆のどこか1日、可能な日にお墓参りをして、墓掃除とお線香をあげるという人も増えてきています。
お盆に近い休日に出かけるという人もいます。

そんな状況の中、お墓参りの代行サービスというものも存在します。
忙しくて誰も訪れないお墓よりも、代行であっても誰かが代わりに掃除し、お参りするほうがよいという考え方もあるのですね。

お盆のお墓参りのスケジュール

では、ここからは一般的に行われているお盆のお墓参りのスケジュールについて説明していきます。
地域によって差はありますが、だいたいが以下のようなな流れで行われています。

12日~13日

12日か13日の午前中のうちに、精霊棚(しょうりょうだな)の飾りつけを行います。
精霊棚とは、先祖の魂を自宅に迎えるために用意する飾りのことです。
お墓に位牌やお供え物を置きます。
またそれに加えて、ほおずきやなす、きゅうりの飾り物を置くこともあります。

マンションなどに住んでいて、大きな飾りを作れない場合は小さなテーブルに飾っても大丈夫です。
最近では、スーパーでもお盆の精霊棚セットを購入できますよ。

13日

日の出ているうちにお墓参りに行きます。
午前中がよいとされている地域もあります。
まず、お墓をきれいに掃除し、ご先祖様に日頃の感謝の思いを伝えながらお線香をあげます。
お墓から帰ってきたら、自宅で迎え火を焚きます。

先祖の魂が自宅に帰ってきているのですから、仏壇の灯りは消さないようにしましょう。
そして、水やお供え物を絶えず交換します。

14日、15日

8月14日、15日あたりは普段仕事をしている人も休みの場合が多い日です。
もし13日に家族揃ってお墓参りに行けなかった場合は、どちらかの日に揃って行くとよいと思います。

初盆の場合は、14日か15日に法要を行うことが多いです。

16日

お盆の最終日は再度お墓に出かけます。
今度はお迎えした先祖の魂をお墓まで送るのです。

「来年もお迎えに来ます」という気持ちを込めて、手を合わせましょう。
帰宅したら送り火を焚きます。
有名な京都五山の送り火も、毎年8月16日に行われている行事です。

上記に一般的な例を並べましたが、基本的にはお墓参りの日について決まりはありません。
この日にこうしなければならない、とこだわるよりも、家族揃って行ける日に心を込めて掃除とお参りをするのがよいのかもしれませんね。

お盆のお墓参りのマナーや持ち物について

お墓

お盆のお墓参りは、昔から日本で行われてきた、いつも見守ってくれているご先祖様に感謝の気持ちを伝える大切な行事です。
ここで、お墓参りを円滑に進めるために、マナーや持ち物について詳しく見てみましょう。

お供え物

お墓参りの際のお供え物に、五供(ごく)というものがあります。
五供とは、お香、花、灯燭、水、飲食(おんじき)のことを言い、仏教における大切なお供え物とされている五品目です。

1つ目は線香です。
線香の香りは仏教において、死者の食べ物であるとされています。
また、その場所を清めるという意味もあります。

2つ目の花の香りも同様に、死者の食べ物という考え方があります。
お墓の前にある花には死者が宿るとも考えられています。

3つ目の灯燭はローソクのことと考えてもよいでしょう。
お墓参りでローソクをともすのは珍しいと思うかもしれませんが、これもお供え物として使用できます。
お墓にロウが垂れたり、燃えた後に墓石が汚れるのを防ぐためにも、耐熱性のキャンドルホルダーなどを使用するのがおススメです。
近くの草木などに引火すると困りますので、お参りが済んだら消しましょう。

4つ目のは、人間にとって必要不可欠なものですね。
仏様にとっても水は必要不可欠です。
お供えする場合は、水筒やペットボトルにきれいな水を入れていきましょう。

最後の飲食は、亡くなった人が生前好きだったもので構わないと思います。
お墓のお供え物としてよくあるのは、果物やお菓子などですね。
お酒などを墓石にかけるのは、石を痛める原因になりますのであまりよい方法とは言えません。

お花の種類

お供えするお花の種類は特に指定はありません。
故人が生前好きだった花などを選ぶ人が多いです。

もし年配の方などが訪れるお墓で、しきたりを重要視するのであれば、仏花が無難でしょう。
お盆に供える仏花として一般的なのはホオズキ、ミソハギ、ヒャクニチソウ、キンギョソウなどです。
お花屋さんで「お盆にお墓に供えるお花」と言えば用意してもらえますよ。

たくさんの人が訪れるお墓ですから、棘のあるものなどあまり非常識なものは避けたほうがよいでしょう。

また、仏花は対でお供えするのが基本です。
人目に触れた時に、「非常識だなあ」「世間知らずだなあ」と思われないように、よく考えてお供えしましょう。

お焼香

お供えする線香の数は宗派によって異なります。
しかし、墓石は火に弱いので、お焼香する時は1本にするのがよいと思います。
たくさんのお線香を一度に焚いてしまうと、石に火割れができてしまうことがあるのです。

墓地や寺院によっては、火事の危険性があることから火をつけるのを禁止している所もあります。
そのような場合は墓地や寺院の決まりに従いましょう。

服装

お盆のお墓参りは普段着で構いません。
しかし、あまり派手なものは選ばないほうがよいですね。
掃除をしたり、足元の悪い中を歩いたりすることもありますので、靴はスニーカーを履いていくのが無難だと思います。

家によってはしきたりもありますので、結婚して初めて新しい家族とお墓参りに行く場合などは、予め服装について確認を取っておきましょう。
アクセサリーも付けてもよいですが、あまり華美にならないようにしましょう。

お掃除用具

お墓参りの際は、墓掃除も大切な仕事です。
まずはお墓の掃除の際に用いる、基本的なお掃除用具から見ていきましょう。

必需品

まずはスポンジたわしです。
これは墓石を磨くのに役立ちます。
金属製のたわしは墓石に傷がつくので、避けたほうがよいです。
柄のついたブラシも役に立つかもしれません。

雑巾とバケツもあるとよいです。
墓石を磨いた後、きれいに拭いておきましょう。
濡れたままにしておくと、墓石にコケが発生する恐れもあります。

ゴミ袋も必需品です。
掃除で出たゴミやお供え物をして出たゴミなどは必ず持ち帰りましょう。
軍手などの手袋もあるとよいと思います。

お墓の周囲のゴミを集めるのに、ほうきとちりとりも必要です。
お墓に置いてあって、自由に使ってもよい場合もありますが、念のため用意して行きましょう。

必需品ではないが、あると便利なもの

墓石用の洗剤というものがあります。
これはあると結構便利です。
墓石は基本的に水洗いで大丈夫ですが、コケなどがしつこい場合は洗剤があるとよいです。

枝や花を切るためのハサミもあるとよいです。
お供えする花を整えたり、お墓の敷地内に木があったりする場合は剪定することができます。

お盆にお布施のためのお金は必要?

仏壇

お通夜やお葬式の際にはお布施をお渡ししますよね。
本来お布施は法要を行って頂いた際に住職さんにお渡しするものです。

お墓参りで法要を行わないのであれば、基本的にお布施は必要ありません。
もし法要を行う場合は、お渡しするのが一般的です。

お布施の相場

お通夜や葬儀、告別式などの場合お布施は故人の戒名や地域などによって異なります。
だいたいの場合20万円~35万円程度だとされています。

しかし、それ以降の法要の場合は3万円~5万円がほとんどです。
もしお墓がお寺の敷地以外にある場合は、別途交通費やお車代をお渡しすることもあります。

お布施の渡し方

お布施を渡すタイミングは、もし時間があれば法要の前がよいでしょう。
忙しくて時間がなければ、法要後の挨拶時でも構いません。

お布施は袱紗に包み、お盆に乗せて渡すのがマナーとされていますが、袱紗だけでもよいと思います。
袱紗の色は地味なものが好ましいです。
紺や深緑、グレーなどがよいですね。

お盆のお墓参りについてまとめ

お墓

さて、これまでお盆のお墓参りについて見てきました。
ここでこの記事の内容をまとめてみると、

  • お盆のお墓参りは先祖の魂をお墓まで迎えに行き、自宅まで来ていただくためのもの。
  • 送る際にもお墓参りを行うので、本来は2回行う。
  • お盆の時期は一般的に8月13日~16日とされているが、地域によっては7月13日~16日であったりそれ以外の日であったりする。
  • お盆の間、どの日にお参りに行かなければならないという決まりは特にない。
  • 最も多いのは8月13日にお参りに行くパターンである。
  • 家族が揃うことが難しい場合は、お盆に近い土日に出かける場合もある。
  • お供え物やお花、掃除に必要な道具などを用意する必要がある。
  • お布施は法要を行うときのみお渡しし、個人的なお墓参りの際には必要ない。

ということが分かりましたね。

お盆のお墓参りは昔から伝統的に行われてきた行事です。
このように見てみると、地域や習慣によって様々なやり方がありますね。
嫁ぎ先などで決まりがわからなくて不安な場合は、年配の方に尋ねてみるのもよいと思います。

家族揃ってお墓参りをすることがなかなか難しくなっている現代。
1年に1度くらいはみんなで先祖のお墓に手を合わせるのもよいのではないでしょうか?
終活の意味も込めて、今一度家族でお墓参りの大切さについて考えてみるのもよいですね。

今回終活ねっとでは、「お盆のお墓参り」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お盆・お墓参り」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お盆・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

お墓参りはお盆前でもOK?お盆に忙しくてお参りに行けない人必見!のサムネイル画像

お墓参りはお盆前でもOK?お盆に忙しくてお参りに行けない人必見!

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

地域によって時期が違うお盆のお墓参りについてのサムネイル画像

地域によって時期が違うお盆のお墓参りについて

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?のサムネイル画像

お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒にのサムネイル画像

お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒に

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!のサムネイル画像

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お盆・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

お墓参りはお盆前でもOK?お盆に忙しくてお参りに行けない人必見!のサムネイル画像

お墓参りはお盆前でもOK?お盆に忙しくてお参りに行けない人必見!

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

地域によって時期が違うお盆のお墓参りについてのサムネイル画像

地域によって時期が違うお盆のお墓参りについて

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと