霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

目次

  1. 霊園と墓地の種類について
  2. お墓の種類はどれだけあるのか
  3. 霊園と墓地それぞれの違い
  4. 霊園と墓地の費用面の違い
  5. お墓の申し込み方法
  6. 霊園と墓地の種類まとめ

霊園と墓地の種類について

お墓

みなさん、自分たちが入るお墓って用意されていますか?

先祖代々のお墓に入る方もあれば、「新たに自分たちで建てなければお墓がない」という方もいると思います。

終活をはじめる上で、お墓を考えることは欠かせないことですよね。

自分でお墓を建てることを考えた場合、

  • 家の近くにあるお寺の隣のお墓に入りたいが、どうすれば入れてもらえるのか
  • お墓は建てたいが、安いところを探したい
  • 駐車場が広くて設備が整っているところがいい

など、いろいろと疑問や要望が出てくると思います。

ここでは、霊園墓地の種類について

  • お墓にはどのような種類があるのか
  • それぞれに違いはあるのか
  • 費用はどの程度かかるのか
  • お墓はどのように申し込むのか

を中心に説明していきたいと思います。

ぜひ最後までお読みください。

お墓の種類はどれだけあるのか

お墓

ひとくちに「お墓」といっても、管理運営をしている主体によって、寺院墓地・公営霊園・民営霊園の3種類に大きく分かれます。

寺院墓地・公営霊園・民営霊園それぞれの種類別に説明していきます。

寺院墓地

寺院墓地とは、寺院が管理・運営しているお墓のことです。

寺院の境内にある場合が多く、檀家にならなければ入れないところがほとんどです。

メリットとしては、

  • 寺院にあるため、手厚い供養が受けられる
  • 法要のことなど、事前に相談にのってもらいやすい
  • 管理がしっかりしている
  • 生前申込みができる

などがあげられます。

寺院はどの地域にも数多くありますので、環境のよいところや交通の便のよいところなど、さまざまあります。
ですから、お参りのしやすさや墓地の雰囲気などから選ぶ、といった方法もあります。

また、空いている区画があれば、すぐに申し込みもできます。

霊園の種類

一般的に「霊園」は2種類あり、公営霊園と民営霊園のことを指します。

公営霊園

公営霊園とは、都道府県や市区町村などの自治体が経営主体となっている霊園のことです。

メリットとしては、

  • 比較的費用が安い場合が多い
  • 自治体が運営しているので、経営に安心感がある
  • 石材店を自由に選ぶことができる

などがあげられます。

しかし、デメリットもあります。

公営霊園の特徴として、いくつかの利用制限が設けられていることがあげられます。

例えば、

  • 霊園のある自治体に一定期間以上住んでいること
  • 納骨する遺骨があること(生前申込みは不可)
  • 葬儀の喪主や法事の施主など、祭祀の主宰者であること

などです。

居住制限に関しては、短ければ3か月、長ければ5年以上というところもあります。

しかし、居住制限を設けていない自治体もあれば、生前申込みが可能な霊園もあります。

霊園によって利用条件はさまざまですので、あらかじめ確認しておくとよいと思います。

また、公営霊園は空いている区画があっても、募集期間が決まっている場合が多いです。

公営霊園に申し込みたい場合は、事前に募集期間を調べておきましょう。

民営霊園

民営霊園とは、公益法人や寺院から委託された民間企業によって管理・運営されているお墓のことです。

メリットとしては、

  • 利用条件がほとんどない
  • 生前申込みができる
  • 駐車場やトイレ、法要施設、売店など、設備やサービスが整っている場合が多い
  • 区画の広さもいろいろあり、希望に合わせて選べる
  • 墓石の大きさや形状などについて制限がなく、デザイン性の高い墓石も建てられる

などがあげられます。

空いている区画があれば、すぐに申し込むこともできます。
また、公園のように整備されている霊園も多くあります。
最近では、バリアフリーになっているところもあり、お参りのしやすさで選ぶ方もいます。

しかし、民間企業が管理・運営しているため、寺院墓地や公営霊園に比べて経営の安定性に不安を感じる場合があります。
さらに、管理の行き届いているところもあれば、管理があまり良くない霊園もあり、管理面に差があるところもデメリットの1つです。

民営霊園の申し込みを考えている場合は、検討している霊園の設備やサービス、管理の仕方などについてあらかじめ確認しておきましょう。

霊園と墓地それぞれの違い

仏壇

霊園・墓地のそれぞれの違いはどういったものなのでしょうか。

霊園・墓地の種類によって、それぞれに良い面と悪い面があります。

ここでは、霊園・墓地の特徴について説明していきます。

檀家制度の有無

寺院墓地の大きな特徴として、檀家制度があります。

寺院墓地に入ろうと思った時、その寺院の檀家にならなければならない場合がほとんどです。

公営霊園・民営霊園には檀家制度はありません。

檀家になった場合、その寺院で法要や供養もすべて任せることになります。
ですから、手厚い供養を受けられるというメリットもあります。

ただし、檀家になると、

  • 入壇料(檀家になった時に支払うお金)
  • 護持会費(寺院の管理・運営費)
  • 寺院の改修・修繕費
  • 行事や法要の時などのお布施

といったお金が発生します。

さらに、お墓を移転したい(檀家を辞めたい)時には、離壇料も発生します。
また、檀家になると、寺院の行事などにも参加しなければなりません。

寺院墓地を検討されるときは、檀家制度についても理解しておく必要があります。

法事の手続き

法事を行うときですが、墓地や霊園の種類によって手続きが変わります。

寺院墓地の場合

寺院墓地の場合、すでに檀家となっている場合がほとんどですので、その寺院に事前に申し込みをします。

だいたい2か月くらい前までには予約をしておくとよいと思います。
ただし、土日祝日の法事を予定している場合は予約が混み合いますから、できるだけ早めに連絡をしておきましょう。

寺院でしたら、法要・会食・供物など法事全般のことについて相談でき、場所によっては会食・供物も寺院側が手配してくれたりします。

公営霊園の場合

公営霊園の場合、基本的にすべての手配は自分たちで行わなければなりません。
つまり、法要を行ってくれる僧侶の手配、会食の手配、供物などの準備を自分たちで行うということです。

その場合、葬儀社や石材店などに申し込むのが一般的です。
法事の日時を決めたら、霊園の管理事務所にも事前に連絡をしておきましょう。

民営霊園の場合

民営霊園の場合、公営霊園よりサービスが良いため、法事全般の手配を行ってくれるところもあります。

しかし、すべての民営霊園にあてはまるわけではありません。

法要室や会食室など、その霊園にある設備を利用することしかできないところもあります。
そのため、僧侶の手配や会食の料理の手配などは自分たちで行わなければならない場合もあるのです。

その霊園でしてもらえることをあらかじめ確認し、自分たちで手配が必要なことは早めに行うようにするとよいと思います。

宗教などの制限

公営霊園・民営霊園では宗旨・宗派は基本的に不問です。

ただし、民営霊園の中には、「在来仏教であれば」という条件があることがあります。

在来仏教とは、浄土宗、浄土真宗、曹洞宗、黄檗宗、臨済宗、真言宗、日蓮宗、法曹宗、華厳宗、律宗、天台宗、融通念仏宗、時宗といった伝統的な仏教の宗派のことを指します。

つまり、「在来からある仏教徒でないと入れない」ということになります。
このこともよく確認しておく必要があります。

寺院墓地では、先に述べたとおり、多くの場合檀家にならなければなりません。
つまり、その寺院の宗旨・宗派に属さなければならないということです。

寺院墓地の中には、「宗旨・宗派不問」のところもありますが、その場合でも「法要などはその寺院でその宗派の形式で行う」という条件が付いている場合が多いです。

墓地や霊園を選ぶときには、場所の宗旨・宗派だけでなく、供養をする際の宗旨・宗派についても考えてから選びましょう。

墓石の形状などの制限

寺院墓地の場合、その宗派の規定やご住職の考えなどで墓石の形状が制限されているところも多いです。
しかし、なかには好きな形状でつくることができるところもありますので、事前に寺院に相談されるとよいと思います。

公営霊園の場合、形状の制限はあまりありませんが、高さや幅といった大きさの制限があるところが多いです。

民営霊園の場合、大きさや形状にほとんど制限はなく、好きなデザインで自由に建てられるところが多いです。

「自分のお墓は他とは違ったデザインで建てたい」という方には、民営霊園がおすすめです。

交通の便

お墓を建てる上で、「お墓参りのしやすさ」はかなり重要なポイントになります。

寺院墓地や民営霊園は駅やバス停などから近く、交通の便がよいところが多いです。

民営霊園は、環境のよさや土地の確保といったことから、郊外につくられる場合もありますが、その分駐車場が大きかったり、最寄駅から送迎バスを出してくれるところもあります。

公営霊園は自治体が運営しているため、必ずしも交通の便がよいところにあるとは限りません。

そして公営霊園の場合、サービス面はあまり充実してはいないため、駐車場も狭かったりすることがあります

お墓を建てる際は、

  • 公共交通機関で行く場合・・・駅やバス停から徒歩何分で着くのか
  • 車で行く場合・・・高速道路のインターから近いか、駐車場は大きいか

などを確認したうえで、お墓を選びましょう。

霊園と墓地の費用面の違い

お金

お墓を建てる場合、

  • お墓の永代使用料
  • お墓の管理料
  • 墓石の購入・設置費用

がかかります。

ここからは、霊園・墓地の種類別にかかる費用の相場について説明していきます。

ただし、これは全国的な平均としてあげています。

永代使用料に関しては、立地条件によってかなり金額に差があります

特に、他より安いと言われている公営霊園であっても、数百万円かかる場合もあります。
例えば、都立青山霊園では、安くても430万円以上、高い区画だと1千万円を超えるところもあります。

ですので、霊園・墓地の種類に関わらず、永代使用料の金額によって、お墓の総額にかなり差ができることも頭に入れておくとよいと思います。

寺院墓地の費用相場

寺院墓地にお墓を建てる場合、

  • 永代使用料・・・平均60万円~80万円ほど
  • 管理料・・・年間5千円~2万円ほど(護寺会費に含まれる場合もある)
  • 墓石の購入・設置費用・・・100万円~150万円ほど
  • 入壇料・・・10万円~30万円ほど
  • 護持会費・・・年間5千円~2万円ほど
  • 行事や合同法要などの時のお布施・・・1回5千円~1万円ほど

がかかります。

したがって、費用の総額は200万円~250万円ほどになります。

次年度以後は、管理料や護持会費・お布施などで、年間3万円~10万円ほどかかります。
この他、回忌法要を行う場合は、5万円~10万円ほどのお布施を包むのが一般的です。

公営霊園の費用相場

公営霊園にお墓を建てる場合、

  • 永代使用料・・・平均60万円~80万円ほど
  • 管理料・・・年間5千円~1万円ほど
  • 墓石の購入・設置費用・・・100万円~150万円ほど

がかかります。

したがって、費用の総額は200万円前後になります。

民営霊園の費用相場

民営霊園にお墓を建てる場合、

  • 永代使用料・・・平均60万円~80万円ほど
  • 管理料・・・年間5千円~1万5千円ほど
  • 墓石の購入・設置費用・・・100万円~150万円ほど

がかかります。

したがって、費用の総額は200万円前後になります。

公営霊園と同じと思われるかもしれませんが、一般的に民営霊園は、

  • 公営霊園に比べて管理料が少し高い
  • 公営霊園より立地がよいところが比較的多く、その分永代使用料が高い

ということがあげられます。

したがって、同じ地域でも公営霊園より民営霊園の方が費用は高くなる場合が多いです。

お墓の申し込み方法

困った人々

お墓を建てようと考えた時、どのようにして申し込めばいいのでしょうか。

ここでは、霊園・墓地の種類別に申し込み方法を説明していきます。

寺院墓地の申し込み方法

寺院墓地の場合、空いている区画があればすぐに申し込むことができます

申し込みの流れは、以下のようになります。

  • 墓地のある寺院に連絡をする
  • 墓地や寺院を見学して、住職などから説明を受ける
  • 墓地の購入(契約)
  • 永代使用料・管理料・入壇料・護持会費などを支払う
  • 石材店と打ち合わせをし、墓石を購入して設置してもらう

墓地の購入を決めて、契約を交わした時に永代使用料などは支払う場合が多いです。
墓地購入に必要なお金はあらかじめ準備しておきましょう。

また、石材店を指定される寺院墓地も多くあります。

墓地を見学した時に、石材店のことも聞いてみましょう。

寺院墓地に申し込む場合は、その寺院と長くお付き合いすることになるわけです。

墓地の場所や雰囲気だけではなく、住職のお話を聞いて、考え方や人柄などを知ったうえで申し込むとよいと思います。

公営霊園の申し込み方法

公営霊園は、決まった時期に募集・抽選を行うところが多いです。

ですので、申し込みの流れとしては、以下のようになります。

  • 自分の住んでいる自治体の募集情報を広報やホームページなどで確認する
  • 申込書をもらい、申し込みをする(ホームページからダウンロードできる場合もある)
  • 抽選(公開抽選の場合が多い)
  • 当選したら、住民票、戸籍謄本、火葬許可証などの必要書類を提出し、資格審査を受ける(必要書類は申し込み時に申込書とともに提出する場合もある)
  • 永代使用料・管理料を支払う
  • 使用許可証を発行してもらう

募集の期間ですが、1年に1回、それもかなり短いところもあり、1週間前後のところも多くあります。
ですので、公営霊園を希望するときには、募集期間をチェックして申し込みを忘れないようにしましょう。

先にも述べましたが、公営霊園の場合、資格条件があることがほとんどです。
この資格条件を満たしていないと、せっかく当選しても無効になってしまいます。

申し込みをされる場合は、申し込み資格をよく確認してから行うようにしましょう。
当選した場合、当たった区画は自分たちの希望ではなく、勝手に振り分けられてしまいます。
そのことも念頭に入れておきましょう。

また、抽選をした結果、外れてしまうこともあります。
抽選で外れた時のことも考え、他の墓地・霊園への申し込みも考えておくとよいと思います。

そして、自治体に支払うお金は永代使用料・管理料のみです。
これとは別に墓石の購入・設置費用がかかります。

使用許可証を発行してもらったら、石材店で墓石を購入して設置してもらいましょう。

永代使用料と管理料は、指定された期日までに納入しないと、当選を辞退したものとみなされてしまいます。
どこの区画に当選してもよいようなお金を事前に準備しておきましょう。

民営霊園の申し込み方法

民営霊園の場合も寺院墓地と同じく、区画が空いていればすぐに申し込むことができます

また、民営霊園は運営会社に連絡をすると、墓地の購入から墓石の設置まですべてを手配してくれるところも多いです。

以下、申し込みの流れとなります。

  • 運営会社に連絡をする
  • 墓地を見学して、担当者から説明を受ける
  • 墓地の購入(契約)
  • 永代使用料・管理料を支払う
  • 石材店と打ち合わせをし、墓石を購入して設置してもらう

民営霊園の申し込みは、寺院墓地に申し込む場合とほぼ同じ流れになります。

民営霊園の場合も石材店を指定されている場合がほとんどです。

ただし、民営霊園では運営会社に連絡をすると、複数入っている指定石材店の中から運営会社によって振り分けられ、その石材店を利用しなければならないことになります。

つまり、好みの石材店がその民営霊園の指定石材店だとしても、そこを選べないケースがあるのです。

ですので、民営霊園に申し込みたい場合は、事前に指定石材店を調べ、どこの石材店を利用したいかを絞っておき、その石材店に申し込みの相談をするとよいと思います。

霊園と墓地の種類まとめ

お墓

いかがでしたか。

ここでは、霊園と墓地の種類と違いなどについて説明してきました。

その結果、

  • お墓は、経営主体によって寺院墓地、公営霊園、民営霊園の3つに分類される
  • 寺院墓地に入る場合には、その寺院の檀家にならなければならない場合が多い
  • 公営霊園・民営霊園では、宗旨・宗派を問わず入ることができる
  • お墓の費用は、寺院墓地で200万円~250万円ほど、公営霊園や民営霊園では200万円前後かかる。ただし、お墓の立地によって、永代使用料にかなりの差が出る
  • 公営霊園は決まった時期に募集・抽選を行う場合が多い。したがって、その時期に申し込みを行わなければならない
  • 寺院墓地や民営霊園は寺院や管理会社・石材店に連絡をし、見学・説明の後、申し込みを行う

などのことが分かりました。

終活をするとき、新たにお墓を考えるというのはかなりエネルギーを使います。

ですが、子孫の方々が末永くお参りしてくれるように、よいお墓を建てたいものです。

せっかくお墓を建てても、遠方などの理由で子孫の方がなかなかお参りできず、やむなく改葬するケースも少なくありません。

最近では、民営霊園が増えたこともあり、設備やサービス面の充実している霊園や、交通の便がよい霊園も増えてきています。

お墓参りを考えた時、

  • 駅やバス停などから近いか
  • 駐車場は大きいのか
  • 身体が多少不自由になってもお参りがしやすい場所か
  • 家から近いところか
  • 環境のよいところか
  • 墓石をどの程度自由に建てられるのか

など、自分たちや子供・孫たちなどのライフスタイルや希望を考え、予算なども含めてさまざまな面から比較・検討されるとよいと思います。

墓地・霊園のありかたにもさまざまな種類があります。

新たにお墓を建てる場合は、時間にゆとりを持って、納得するまで考えてから購入するようにしましょう。

終活ねっとでは「墓地・霊園の種類」のほかにも墓地・霊園に関する記事を多数紹介しています。
ぜひそちらもご覧ください。

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「霊園・墓地・種類」に関連する記事

「霊園・墓地・種類」についてさらに知りたい方へ

墓地・霊園の選び方についておさえるべきポイントをご紹介します!のサムネイル画像

墓地・霊園の選び方についておさえるべきポイントをご紹介します!

皆さんは、どのような点で墓地・霊園を選びますか? 近年では墓地・霊園が多数あって迷ってしまいます

霊園と墓地の費用面の違いについて解説します!のサムネイル画像

霊園と墓地の費用面の違いについて解説します!

新しくお墓を建てようとすればその土地を確保しなければなりません。 法律上お墓は霊園や墓地に建て無

墓地と霊園は何が違うのか?費用や管理の面から解説します!のサムネイル画像

墓地と霊園は何が違うのか?費用や管理の面から解説します!

お墓がたくさん建っている敷地のことを私たちは墓地と呼んでいます。一方で似たような言葉として霊園と

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!のサムネイル画像

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!

霊園・墓地の管理と聞いて何を想像しますか? 私たちの代わりに管理してくれていることを思いつくので

墓地・霊園の選び方を7ポイント・6ステップでわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓地・霊園の選び方を7ポイント・6ステップでわかりやすく解説!

墓地・霊園の選び方は大きな買い物です。考えることが多く手続きも複雑で難しく思えてしまいます。しか

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!のサムネイル画像

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

近年樹木葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬の一種である樹木葬はその名の通り自然に還ることのでき

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参り

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介のサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多

シェアする

関連する記事

「霊園・墓地・種類」についてさらに知りたい方へ

墓地・霊園の選び方についておさえるべきポイントをご紹介します!のサムネイル画像

墓地・霊園の選び方についておさえるべきポイントをご紹介します!

霊園と墓地の費用面の違いについて解説します!のサムネイル画像

霊園と墓地の費用面の違いについて解説します!

墓地と霊園は何が違うのか?費用や管理の面から解説します!のサムネイル画像

墓地と霊園は何が違うのか?費用や管理の面から解説します!

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!のサムネイル画像

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!

墓地・霊園の選び方を7ポイント・6ステップでわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓地・霊園の選び方を7ポイント・6ステップでわかりやすく解説!

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!のサムネイル画像

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

1
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

2
お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介のサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

3
お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

4
永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと