霊園と墓地の費用面の違いについて解説します!

新しくお墓を建てようとすればその土地を確保しなければなりません。 法律上お墓は霊園や墓地に建て無ければならないのですが、実はそれぞれ意味が異なり、掛かる費用も違うのです。 ここでは霊園と墓地のそれぞれの特徴や費用面での違いを説明します。

目次

  1. 霊園と墓地の費用面の違いについて
  2. 霊園と墓地はそもそも何が違うのか
  3. 霊園と墓地の費用面の違い
  4. 霊園と墓地の費用相場
  5. 霊園と墓地の費用面の違いまとめ

霊園と墓地の費用面の違いについて

お墓

私たちがご先祖様のお墓参りに行くときには、霊園や墓地に建っているお墓に参拝します。

普段何気なく使っている霊園や墓地という名称は、実は厳密な違いがあることを知っていますか?
「え、経営者が名前の最後にお墓のある場所って分かるように名付けてるだけで同じじゃないの?」と、思われるかもしれませんが、そもそも霊園と墓地では運営主体が異なりますし、それぞれ掛かる費用の項目も違うのです。

終活で新しくお墓を建てなければならない方にとって、掛かる費用が違うとなれば霊園・墓地の違いについて検討の余地がありそうです。

今回、終活ねっとでは霊園と墓地の違いについて費用面を中心にお話ししたいと思います。

  • 霊園と墓地はどこが違うの?
  • 霊園と墓地の費用の違いは?
  • 霊園と墓地の費用の相場は?

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続、費用の内訳などお墓のあらゆる内容について解説しています。
お墓の購入費用を抑えるためのポイントを知りたい方は、ぜひ以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

霊園と墓地はそもそも何が違うのか

お墓

霊園と墓地ではいったい何が違うのでしょうか?

まずは霊園と墓地の違いについて順を追って説明していきます。

経営主体

まず霊園と墓地では運営主体が違います。

日本にはお墓に関する法律として「墓埋法(墓地、埋葬等に関する法律)」があり、この法律が施行される前は私有地である庭や畑の際などにお墓を建てていた方もいましたが、現在は法律で定められているところ以外でお墓をむやみやたらに建ててはいけないことになっています。

この法律でお墓を建てて良いことになっているのは都道府県知事の許可をうけた「墓地」だけであり、現在墓地を運営できるのは地方公共団体、宗教法人、社団・財団法人のみとなっています。
それぞれ公営墓地、寺院墓地、民営墓地といます。

しかし法律上では「墓地」の名称は出てきますが、「霊園」の名称が出てきません
実は霊園という名称が初めて使われたのが昭和10年に開園した都営八柱霊園からで、それまで市営の墓地であった「多磨墓地」なども「多磨霊園」と名称が変更されました。

霊園は文字通り公園の様に広い土地に整理区画された墓地のことで、以後はこのようなスタイルの墓地を「霊園」と呼ぶようになったのです。

現在、慣例的に霊園と墓地の使い分けがされているのが運営主体によるもので、公営墓地や民営墓地など地方公共団体や社団・財団法人が運営しているものを「霊園」、一方宗教法人が運営しているものを「墓地」と呼んで区別しています。

檀家制度の有無

「霊園」と「墓地」の最大の特徴が、檀家制度の有無です。

檀家制度とは江戸時代に生まれた地域の寺社と住民を結びつける制度のことで、現在は菩提寺と信徒の関係を意味しています。

檀家制度上では信徒は菩提寺であるお寺を金銭と人的な面で支える代わりに、葬儀や法要などを行ってもらえるのです。
墓地の場合はその寺社の境内にお墓が建っているので、お墓の管理や供養などをその寺院が行ってくれるのです。

一方霊園は基本的に宗教とは無縁の地方公共団体や民間が運営母体です。
当然のことながら霊園も檀家制度とは一切関係がありません。

法事の手続き

墓地の場合、檀家制度により葬儀や命日の法要などの法事はその菩提寺の住職によって執り行われます

しかし霊園の場合は寺院との結びつきがほとんど無いので、法事が必要な場合は自分で菩提寺の住職に依頼しなければなりません

宗教などの制限

墓地の場合は運営が宗教法人であるため、最近では宗派を問わず受け入れてくれる墓地も出てきてはいるものの、基本的には墓地を運営する寺院の宗派に属していなければお墓を建てることが出来ません

もし、自分が無宗教で自分がその墓地にお墓を建てることを希望する場合には、その寺院の檀家になる必要があることもあります。

一方、地方公共団体が運営する霊園は憲法で「信教の自由」が認められているためどのような宗教の方でも受け入れなければなりません

また社団・財団法人が運営する霊園は営利目的ですので、やはり宗派を問わず受け入れてくれます
つまり霊園では宗教によってお墓が建てられないといったことは無いのです。

この様に墓地と霊園では宗教などに制限が有るか無いかも違いがあります。

墓石の形状などの制限

墓地の場合は各宗派によって良いとされるお墓の形状が異なりますので、墓石はその範囲内で選ばなければならない場合があります。

一方、霊園の場合はほとんどの場合、宗教上の理由による墓石の形状に制限が設けられていないため、自分好みの色合いや形状のものを選んで建てても問題はありません。

ただし、一部の霊園では全体の景観を保持することを理由に形状や大きさなどを制限している場合があります。

交通の便

寺院が運営する墓地の場合はたいてい寺院の境内に墓地がある場合が多いです。

日本の古いしきたりではこの世界は「ハレ」「ケ」「ケガレ」に分かれているという概念がありました。
私たちが一般に住んでいる場所は「ハレ」や「ケ」の世界ですが、死者が眠る墓地がある寺院は「ケガレ」の場所だと考えられていたので、古い寺院は人里離れた場所に建てられることが多かったのです。

寺院はその「ケガレ」が「ハレ」や「ケ」の世界に影響が及ばないように結界を張ってくれる存在だったのです。

あくまで墓地は寺院の存在があって成り立っているため、多くの都市部の寺院墓地は立地条件がいいことが多いのですが、中には上記の理由で交通の便が悪い場所にあることも多く、駐車場が完備されていないこともあります。

また境内いっても墓地は裏山にあって足場が悪く、足腰が不自由な方にとってお墓参りに行くのが一苦労といった場合もあります。

一方霊園は都市計画に基づき作られたものは割と交通の便が良い場所に作られることが多く、民営霊園でも都市部から離れていたとしても大型駐車場が完備されていたり、バスの停留所の近くであったりとお墓参りの際の交通の面で問題になることは基本的にはありません。

また霊園内も区画整理がされていますので、足腰が悪い方でも不自由なくお墓参りが出来ます。

霊園と墓地の費用面の違い

お金

霊園と墓地では様々な面で違いがあることがご理解いただけたかと思います。
違いがあればやはり費用面でも違いが出てきそうです。

では、墓地と霊園で費用面にどのような違いがあるか見てみましょう。

お墓を建てるのに必要な費用

墓地や霊園で新しくお墓を建てる場合には最低限以下の費用が必要となります。

永代使用料

永代使用料お墓を建てる際に必要な墓地や霊園の区画を使用するのにかかる権利料です。

永代使用料という名前が付いていますが永遠に使用できるわけではなく、お墓を継ぐ人がいる限りという限定付きです。
また民営や寺院の墓地であった場合、営業母体が倒産したり廃寺になった場合には永代使用の権利が消失してしまいます。

またお墓を移転したり、そのお墓が無縁仏になってしまった場合などはその区画は墓地の管理者の手に戻り、他にその区画を規模する方に権利が移ります。

永代使用料は営業母体や立地、大きさなどによって決まります。
公営の霊園はは自治体が運営していますので費用が安いですが、民営は多くの場合営利目的ですので費用が少し高くなります。

寺院の墓地の場合はこの中間といった感じですが、これに寺院の格が加わりますので格が高い寺院だと永代使用料もそれに従い高くなります。

墓石代

新たにお墓を建てる場合は、墓石代墓石の設置工事費が必要になります。
墓石代と設置工事費はセットになっている場合が多いです。

墓石代は墓石の材質、大きさ、デザインによって値段が決まり、安いものでは40万円前後から、高いものでは500万円を超えるものまで値段に大きな差があります。

霊園では一部景観保持を定めているところ以外は基本的にはどんな墓石でも建てることが出来るので、自分の予算に合わせてや好みのデザインや石材のお墓を建てて問題ありません

一方墓地の場合はその寺院の宗派が規定する墓石のデザインにしなければならない場合があり、また寺院指定の石材店で購入しなければならない場合もあり、その際はどうしても費用が高くついてしまいます。

管理料

管理料はお墓にある施設や備品を維持管理するために毎年一括で払わなければならない費用です。
この管理料がお墓の後継者が存在していることの証明にもなります。

もし何らかの理由で管理料が墓地の管理者が定める一定期間支払えなかった場合は、墓地の管理者は所定の手続きをしてお墓を撤去する権利がありますので、支払いは毎年きちんと行ってください。

墓地の場合、管理料(護持会費)のほかに年間行事などにかかる行事参加費がかかることもあります。

お布施

お墓を建てた場合は納骨する前に必ず開眼法要を行う必要があります。
また命日などの法要の際には菩提寺の住職にお経をあげてもらわなければなりません。
その際にお礼として渡すのがお布施で、宗派や宗教あるいは地域によって相場が違います。

開眼供養での相場はだいたい3万円くらいから高くて10万円程度です。
また寺院墓地の場合、寺院の建物や墓地の改修工事を行う時にお布施ではなく志納金という形で寄付が求められる場合があります。

なぜ費用の違いが生まれるのか

墓地と霊園で費用の違いが生じるのはその運営母体の方針が異なることと、立地などの条件によるところが大きいのです。

同じ霊園でも公営の場合は地域住民への行政サービスなので費用が安いのですが、その分地域住民しか利用できなかったり、募集数と応募人数に開きがあって当選する確率も少なくなっているのが現状です。
民営の場合は多くの場合営利目的なので空きがあればすぐに購入することが出来ますが、その分費用も高くなります。

寺院墓地の場合は檀家に対する故人の供養の目的が主眼にありますので、相場はその寺院の格や地域性に拠るところが大きいのです。

どちらを選べばいいのか

霊園を選ぶ場合は費用面であれば公営を、確実に入れるお墓を選べば民営霊園を選ぶことなります。
また寺院の墓地であれば祖先の供養やお墓の維持を主眼として選ぶことなります。

霊園を選ぶか、墓地を選ぶかは最終的にはお墓を建てる人の判断になるので、自分の目的に合わせて総合的に判断して下さい。

霊園と墓地の費用相場

お墓

さて、公営や民営の霊園を使用する場合と、寺院の墓地を使用する場合でどれだけ費用の違いが出てくるのでしょうか。

霊園を使用する際の費用相場

まず公営の霊園の永代使用料ですが東京都の多摩市にある多磨霊園の場合2㎡で180万円で、隣の県の千葉県の千葉市の平和公園墓地で4㎡で60万円になります。

民営の霊園を使用する場合は上記に挙げた多摩市内にある霊園で1.5㎡で300万円、千葉市にある民営霊園で4㎡40万円になります。

霊園では公営と民営で値段の相場は異なり公営では安いと千円台から高くとも1万円くらいまで、民営では安いと5千円位から高くとも1万5千円くらいです。

墓地を使用する際の費用相場

今度は寺院の墓地を見てみましょう。
上記に挙げた同じ多摩市内にある寺院墓地の場合、多磨霊園とほぼ同じ規模の墓地で400万円~、千葉にある同じ地区内の寺院墓地であれば5㎡で100万円です。

寺院の墓地でも管理料が必要となります。
寺院側が墓地の維持管理をしてくれるため、こちらの相場は5千円から1万円程度になっています。

また寺院の墓地を利用する場合には寺院の檀家になる必要があることがあります。
その際には入壇料は別途必要になり、その相場は20万円ほどになります。
また年間1万円前後の行事参加費が取られます。

利用費はいくらくらい違うのか

基本的には公営が安く民営や寺院が高いと言われていますが、費用に関しては結局のところ条件によってまちまちで必ずしも霊園が安くて寺院が高いというわけではなく、またその逆もありません。

日本は資本主義の社会なので競争原理が働き、民営も自分の所を選んでもらいたいために価格を下げますし、寺院も人を救済する目的でありますが檀家制度が保てなくなってきていて、墓地の経営で凌がなければならないところも出てきています。

また寺院の場合はその寺院の格によっても値段が違うので、自分がその宗派の信者であればお金を払っても角の高い寺院の墓地に埋葬してもらおうとするので値段が高くなることもあるのです。

霊園と墓地の費用面の違いまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。

霊園墓地運営や費用面での違いがご理解いただけましたでしょうか。
最後にここまでの内容を

  • 霊園と墓地では管理者が違い、霊園は地方公共団体や社団財団法人が運営母体で多くの場合宗教とは関係がありません。墓地は寺院が運営母体で宗派が関係し、それぞれ項目によって費用の算定基準が異なります。
  • お墓をたてる際には霊園・墓地のどちらも永代使用料、管理料、墓石代が必要になりますが、墓地を利用する場合にはその寺院の檀家に入る必要があり、入壇料や護持会費が必要となります。
  • 霊園と墓地のどちらが費用面で割安かといった話は、様々な要素が絡むので数字で明確に示すことはできません。自分の予算を考えた上で費用面であれば公営を、霊園の環境のことを考えると民営、祖先の供養やお墓の維持が目的であれば寺院の墓地を選ぶのもよいでしょう。

以上、最後までご拝読頂きありがとうございました。

終活ねっとでは「墓地・霊園の違い」以外にも終活に関する記事を多数紹介しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「霊園・墓地・費用」に関連する記事

「霊園・墓地・費用」についてさらに知りたい方へ

  • 墓地と霊園は何が違うのか?費用や管理の面から解説します!のサムネイル画像

    墓地と霊園は何が違うのか?費用や管理の面から解説します!

    お墓がたくさん建っている敷地のことを私たちは墓地と呼んでいます。一方で似たような言葉として霊園というものもあります。この2つの言葉はどこに違いがあるのでしょうか?今回は、墓地と霊園というに通った言葉の違いについて見ていきましょう。

  • 墓地・霊園の選び方についておさえるべきポイントをご紹介します!のサムネイル画像

    墓地・霊園の選び方についておさえるべきポイントをご紹介します!

    皆さんは、どのような点で墓地・霊園を選びますか? 近年では墓地・霊園が多数あって迷ってしまいますよね。 墓地・霊園の選び方には、参考にすると良い幾つかのポイントがあります。 人によって重点におくポイントは異なりますが、今回は墓地・霊園の選び方について解説を行います。

  • 墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!のサムネイル画像

    墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!

    墓地や霊園と一口に言っても、墓地・霊園には様々な種類があります。では、墓地・霊園の種類を知りたい時はいったいどのように墓地・霊園を見分ければ良いのでしょうか?今回は墓地・霊園の種類ごとの特徴について解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!のサムネイル画像

    霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

    終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

  • 寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!のサムネイル画像

    寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!

    終活をすすめるに当たりどのくらいの費用がかかるのかは大きな問題です。墓地の値段は霊園なのか寺院墓地なのか、どんな墓石にするかなどによって異なってきます。今回は寺院墓地の値段の相場について、内訳などについても詳しく解説していきます。

  • 墓地・霊園選びで最も重要なポイントについて!注意点なども紹介!のサムネイル画像

    墓地・霊園選びで最も重要なポイントについて!注意点なども紹介!

    墓地・霊園選びは終活のなかでも大きな位置を占めています。今回は墓地・霊園を具体的に検討するうえでとても役立つポイントをご説明いたします。理想のお墓選びがスムーズに進めやすくなる墓地・霊園選びのポイントと注意点についてです。

  • 墓地と墓所に違いがあるって知ってた?詳しく紹介します!のサムネイル画像

    墓地と墓所に違いがあるって知ってた?詳しく紹介します!

    墓地と墓所を区別することなく、普段よく使っている方もいるでしょう。 同じ意味として使っても大きな問題ではありませんが、この言葉には明確な違いがあります。 墓地と墓所の違いが気になっていた方、そうでない人も違いを知っておきましょう。

  • 霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!のサムネイル画像

    霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!

    霊園・墓地の管理と聞いて何を想像しますか? 私たちの代わりに管理してくれていることを思いつくのではないでしょうか。 しかし、霊園・墓地の管理とはそれだけではありません。 誰が、どのように管理しているのか? 今回の終活ねっとでは、霊園・墓地の管理についてまとめてみました。

  • 墓地・霊園の選び方を7ポイント・6ステップでわかりやすく解説!のサムネイル画像

    墓地・霊園の選び方を7ポイント・6ステップでわかりやすく解説!

    墓地・霊園の選び方は大きな買い物です。考えることが多く手続きも複雑で難しく思えてしまいます。しかし7つのポイントと6つのステップを押さえるだけでお墓の選び方が格段と進めやすくなります。今回は墓地・霊園を選ぶ際に役立つポイントをわかりやすく解説いたします。

  • 墓地・霊園に関する様々な名称や墓石の名称についてまとめました!のサムネイル画像

    墓地・霊園に関する様々な名称や墓石の名称についてまとめました!

    墓地・霊園と聞いて、正確にその違いが何だか分かるでしょうか? お墓を建てる時には、どこに建てるか、墓石のタイプをどうするか、頭を悩ませる人も多いと思います。 今回は墓地・霊園の名称の違いと、墓石の名称について解説していきますので、どうか最後までお付き合いください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「霊園・墓地・費用」についてさらに知りたい方へ

墓地と霊園は何が違うのか?費用や管理の面から解説します!のサムネイル画像

墓地と霊園は何が違うのか?費用や管理の面から解説します!

墓地・霊園の選び方についておさえるべきポイントをご紹介します!のサムネイル画像

墓地・霊園の選び方についておさえるべきポイントをご紹介します!

墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!のサムネイル画像

墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!のサムネイル画像

寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!

墓地・霊園選びで最も重要なポイントについて!注意点なども紹介!のサムネイル画像

墓地・霊園選びで最も重要なポイントについて!注意点なども紹介!

墓地と墓所に違いがあるって知ってた?詳しく紹介します!のサムネイル画像

墓地と墓所に違いがあるって知ってた?詳しく紹介します!

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!のサムネイル画像

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!

墓地・霊園の選び方を7ポイント・6ステップでわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓地・霊園の選び方を7ポイント・6ステップでわかりやすく解説!

墓地・霊園に関する様々な名称や墓石の名称についてまとめました!のサムネイル画像

墓地・霊園に関する様々な名称や墓石の名称についてまとめました!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと