散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

現代社会で価値観が多様化する中で自由な葬儀のやり方も増えてきていますが、その方法の1つが散骨です。海や山など好きなところに遺骨をまくイメージがありますが、許可がなくて大丈夫なのかと疑問に思う方も多いでしょう。今回は散骨の許可にまつわる疑問に迫っていきます。

目次

  1. 散骨の許可について
  2. そもそも散骨とは
  3. 散骨の許可についての法律はない?
  4. 散骨する時のマナーや準備とは?
  5. 主な散骨場所とは?
  6. 散骨する場合の費用はどれくらい?
  7. 散骨でのお墓参りってどうするの?
  8. 散骨の許可についてのまとめ

散骨の許可について

葬儀

現代社会ではかつてと比べるとさまざまな面で価値観が多様化してきており、それは私たちそれぞれの生き方にも大きく影響してきています。

そして、同時にそのような変化は葬儀のやり方の多様化も招いており、現代人の中にはそれまでの伝統的なやり方にとらわれない自由な形の葬儀を行うという人も増えてきています。

散骨もその1つといえますが、散骨の一般的なイメージとして「故人を好きなところに眠らせることができる」といったものや、あるいは「骨をどこでも自由にまくことができる」といったものが挙げられます。

そういうイメージがある一方で、散骨について許可がいるのかいらないのかについて疑問に思う方も少なくはありません。
そこで今回は、散骨にまつわる許可について見ていきます。

今回終活ねっとでは主なポイントとして、

  • そもそも散骨とはどのようなものか?
  • 散骨の許可について明記した法律が存在するのかどうか?
  • 散骨するときのマナーや準備とはどのようなものか?
  • 散骨する場所として多いのはどういうところか?
  • 散骨をするのに必要な費用はどのくらいか?
  • 散骨をした場合、お墓参りはどうするのか?

という点について見ていきます。
最後までお読み頂けると幸いです。

そもそも散骨とは

自然

そもそも散骨とはいったいどのようなものなのでしょうか?

散骨とは、簡単にいえば自然の中に故人の遺骨をまく行為のことであるとともに、自然の中に故人を還す葬儀のやり方です。
葬儀の分類としては自然葬ということでもあり、同時に故人のお墓の管理やそこでの日常的な供養などを必要としないという意味では永代供養の1つとみなされます。

特に永代供養であるという点についてですが、普通の永代供養とは違って墓標すら存在しないため、お墓の管理や供養に対して発生する費用がほとんどかからないというメリットもあります。
そういう点から、終活の一環として自分の死後に家族に手間をとらせたくないという場合や、自身が自然の中で眠りたいと考える人を中心に散骨というやり方が採用されています。

散骨の許可についての法律はない?

困った人々

散骨についての基礎的な部分を見てきたところで、ここでは散骨を行う上で許可が必要かどうかについて見ていきましょう。

わが国ではお墓を建てたり、埋葬を行ったりすることに関する法律として墓地、埋葬等に関する法律(墓埋法、墓地埋葬法)というものがあります。
その内容としては、故人が亡くなった後の葬儀や埋葬、お墓の建立に必要な手続きなどが明記されています。

さて、この法律の中で散骨関係についての規定はといえば、結論から先に言えば明記しているものはありません。

墓埋法の中で葬儀について定義している条文は第2条ですが、この条文の中でさえも火葬した後の骨(焼骨)の埋葬や納骨堂への納骨、さらには土葬について触れられているだけで、散骨にまつわる規制も一切書かれていません。

このことについて国(厚生労働省)は1998年に、散骨について社会的な理解が進んでいる事実を踏まえたうえで、「その実施を希望する者が適切な方法によって行うことは認められようが、その方法については公認された社会的取り決めが設けられることが望ましい」という見解を示しています。

簡単に言えば、一定の社会的なルールに基づいた適切な方法で散骨が行われるべきということです。

散骨と国の法律との関係については、刑法190条の死体(遺骨)遺棄罪との関連もしばしば取りざたされます。
というのは、散骨そのものが自然の中に骨をまく=捨てるということであるため、散骨について理解のない人からすれば死体を放棄しているように見えるためです。

こちらについても国(法務省)の見解として、「節度をもって行われる限りは違法性はない」というものが示されています。

以上のことから国の法律では散骨は一定のルールの範囲内で適切な方法で行われる限りは特に違法性のない行為とみなされています。
そして、散骨についての許可は法律の範囲内では特に何の明記もされていないため、事前に散骨の許可を得ておく必要はないともいえるのです。

散骨する前の手続きは必要

ここまで散骨を行うのは特に違法性がなく、国の法律に基づいた許可は必要ないということを見てきました。

しかし、散骨を行うための許可が特に必要ないとしても、一定の手続きは必要とされています。
ここでは散骨を行ううえで必要な手続きの流れについて見ていきましょう。

最初に、故人の死亡が確認されたら、医師が発行する死亡診断書を元に死亡届を作成し、役所に提出します。
死亡届を提出すると役所から火葬埋葬許可証が発行されます。

告別式を経て故人を火葬した後、いわゆるお骨上げで故人の遺骨を骨壷に納めます。

実はこの後の流れが大事になってきます。
一度骨壷に納めた故人の遺骨を粉骨してもらうという段階があるためです。

というのは、粉骨して一片あたり2㎜以下の大きさにしておく必要があるからです。
粉骨はほとんどの場合、専門の業者に依頼してやってもらうことになりますが、もし粉骨しないまま散骨すれば死体遺棄罪がそのまま適用されて警察沙汰になってしまいます。

粉骨が終われば、後は散骨したい場所に運んで、遺骨をまくだけです。

自治体によっては規定があるところも

国の法律レベルでは特に許可の必要がない散骨ですが、自治体レベルでは規定のあるところもあります。

中には散骨を行う際に自治体の許可を得るように条例で明記しているところや、個人で行う散骨を禁止している自治体もあります。
これは、利益を過剰に追及する散骨業者のやり方があまりにもひどいものであったケースがあるためです。

その他の大多数の自治体については、散骨について特に何も規定はしていません。

散骨する時のマナーや準備とは?

困った人々

ここまで国の法律や自治体の条例と散骨との関係について見てきました。
これらの点から考えると一部例外を除いて、きちんとした手続きを踏んで、かつ適切な方法さえとっていれば、散骨を行ううえでの許可は特に必要ないということがお分かりいただけるかと思います。

ここでは、散骨を行う際に必要なマナーや準備について見ていきます。
特にマナーに関しては、散骨を行う場所について近隣住民とのトラブルを避ける意味でも大切になってきますので、よく見ておきましょう。

散骨する場所で気をつけること

散骨のイメージとして、「故人が望むところであればどこででも骨をまくことができる」というものがあります。

しかし、遺骨をまかれる故人やそれをまく家族の方はよくても、まかれる場所を利用したりそこで生計を立てたりしている人には十分に配慮する必要があります。
その点が行き届いていないと、民事的なトラブルになり、最悪の場合裁判で争う羽目になるためです。

それを防ぐためにも散骨を避けるのが望ましいとされる場所については事前に知っておく必要があります。

散骨してはいけない場所とは

まずは、散骨をしてはいけない場所について見ていきましょう。

散骨のための場所としてよく選ばれるのが海や山ですが、海に関していえば漁港や漁場、海水浴場付近、そして船の航路になるところで行うのは原則避けるべきです。
というのは、漁港や漁場であれば漁業関係者がそこで魚を取って生計を立てていますし、海水浴場であれば夏場に多くの人が海水浴を楽しむ場所だからです。

そのような場所に遺骨をまかれたら当然ながらほとんどの人にとっては気味が悪くなって、そこを使いたいとは思わなくなるでしょう。
そのためにも、海であればこれらの場所での散骨を避ける必要があります。

次に山ですが、こちらは林業従事者のほか土地所有者に配慮する必要があります。
特に山によっては山そのものをご神体にしている神社が管理している場所もあるので、そういった場所には散骨はしないようにしましょう。

川への散骨は大丈夫なの?

ここまで散骨を避けるべき場所について見てきましたが、それでは川ではどうなのかという疑問を持つ方もいるかと思います。

川での散骨についても残念ながら非合法とされています。
国土が狭い分川の幅も狭くなりがちなわが国の川の水は生活用水としてだけでなく、農業や工業のための用水として使われる場合も多く、いわば水源とみなされているためです。

このため、川で散骨することは多くの人の利益を損なう可能性すらあります。

遺骨を粉末状にする

散骨に先立って故人の遺骨は必ず粉骨処理をしておきましょう。
具体的には2㎜以下の大きさに粉末状にすることで、この作業を行わないで骨をまくと死体遺棄罪がそのまま適用されます。

なお、粉骨は主に専門業者が機械でやってくれます。
業者の手を借りずに個人的にやるということもできなくはありませんが、割と手間がかかるのであまりおすすめできません。

散骨する時の服装

散骨そのものが1つの埋葬のようなもので、大切な儀式であることからも服を着用しようと考える方も多いですが、実はそれはあまり適切ではありません。

散骨を行う場所は基本的に海や山といった自然の中であるためです。
特に海の上であれば、潮の流れによっては誤って水中に転落するということも考えられます。

そのため、普段着での参加が適切です。

供物の準備

故人を自然の中に還す以上、供物の準備も必要です。
基本的には故人が愛用していた嗜好品や花ということになりますが、なるべく自然に還るものを選ぶようにしましょう。

散骨の際の供物選びで大切なのは、なるべく自然汚染や不法投棄につながらないような配慮ということです。

主な散骨場所とは?

葬儀

ここでは散骨でよく選ばれる場所について見ていきます。

山への散骨

山は散骨の場所としてよく選ばれるところの1つです。
故人が山好きだった場合は主に選ばれる場所といえます。

有名な山や故人の地元の山などと一体になって眠ることができるというメリットがあります。
他方、山のある地域の自治体によっては禁止されているところがあったり、その山を神社や個人などが管理している場合は散骨できなったり、さらに国有林などは許可が必要であったりというデメリットがあります。

海への散骨

海もまた散骨場所としてよく選ばれます。
こちらも海が好きな人にとっては格好の散骨場所といえるでしょう。

海全体を墓場として考えることができるうえ、散骨した場所付近に行けば手軽に供養できるメリットがある反面、散骨する場所に向かうために船をチャーターしたり、天候によっては希望の日時に散骨できないといったデメリットがあります。

空への散骨

文字通り空中で散骨するやり方です。
具体的には故人の自宅の上空を旋回したのち、空から海へと骨をまくということになります。

故人へのお別れとしては比較的スケールが大きく、思い出にも残るやり方になりますが、骨をまく場所が公海である場合は確認が必要であることと、セスナ機やヘリコプターを借りる手間がかかるという難点があります。

宇宙への散骨

宇宙開発に伴って宇宙に進出するための技術が加速度的に増していることもあって、宇宙への散骨を希望する人も増えてきています。

メリットとしては話題性があることやスケールの大きい散骨になるというものが挙げられますが、国内で取り扱っている業者の少なさや他の場所への散骨に比べて費用が高くつくというデメリットもあります。

自宅での散骨

自宅で散骨するというケースもあります。
故人が死後も家族のそばにいたいと願う人が主に自宅での散骨を選ぶ傾向にあります。

メリットとしては比較的安い費用(数百円程度)でできること、自宅で行うので業者の手を借りる手間がかからないこと、ずっと故人を身近に感じることができることが挙げられます。
しかし、近隣住民とのトラブルになりやすいというデメリットもあります。

海外への散骨

国内ではなく海外で散骨するという人もいます。
最も人気があるハワイのような場所で、日本以上にきれいな海で散骨してもらえれば、遺族にとっても一生残る思い出になるとともに、故人にとっても理想的なところに眠ることができます。

ただし、散骨する国によって法規制が異なるため、現地での散骨がどの程度許容されているかは事前に調べておく必要があります。

散骨する場合の費用はどれくらい?

お金

散骨をするにもやはりお金の問題は付きまとってきます。
ここでは、散骨に必要なお金について海洋散骨を例に見てみましょう。

個別散骨

個別での散骨の場合は、粉骨のための費用や散骨のための海域に出るための船のチャーター料金、さらに供物などのための費用が必要となります。

これらを合計すれば20万円から30万円が相場となります。

合同散骨

複数の家族で合同で散骨を行う場合です。
船のチャーター料金は参加する家族で出し合えばよいため、一家族当たりの負担が軽くなります。
もちろん、粉骨や供物のための費用は各家族持ちです。

ここから考えると、10万円前後がだいたいの相場になります。

委託散骨

散骨専門の業者にすべて委託する方法です。
遺族の方が付き添うということができませんが、船のチャーターから散骨の一切までを業者がすべて行ってくれるうえ、業者の方が散骨証明書を発行してくれます。

ひっくるめると5万円前後と非常に安い相場になります。

自分で散骨

粉骨の費用と供物の費用だけを用意すれば大丈夫です。
粉骨の料金は骨壺のサイズにもよりますが、一般的なサイズといえる7寸のもので35000円前後となります。

供物の費用が最大でも5000円ほどと考えたとすれば、4万円から5万円ほどで可能です。
が、散骨そのものは個人で行えないケースもあるため、きちんと場所選びを行ってからやるようにしましょう。

散骨でのお墓参りってどうするの?

お墓

散骨した後、お墓参りはどのようにすればよいのでしょうか?
基本的には散骨した海域や山間部付近に出かけて、そこに供物やお花を供えるというやり方がとられます。

また、特に散骨場所が海である場合は、近くの海岸でも別の海岸でも供養することができます。
これは、海に散骨する人にとっては、海であればどこでもお墓であると考えているためです。

このため普通に比べると、あまりお墓参りの場所はこだわりを持たなくて済むともいえます。

散骨の許可についてのまとめ

葬儀

散骨と許可についていろいろと見ていきました。
今回の記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 散骨とは故人の遺骨を自然に還すやり方をとる葬儀の一形式で、葬儀への価値観の多様化や終活の流行とともに利用者がさらに増えている。
  • 散骨の許可にまつわる法律の規定は特にない。ただし、自治体によっては条例で規定や規制がある場合もある。
  • 散骨をする時のマナーや準備としては、まず散骨の場所について配慮する必要があることやあらかじめ遺骨を粉骨しておくことが不可欠である。散骨の際の服装は普段着で、供物も自然に還りやすいものを用意する。
  • 主な散骨場所としては山や海、空、宇宙などが挙げられるが、それぞれの場所での散骨には長短いずれもある。
  • 散骨の際の費用は個人でやる場合や合同でやる場合、業者委託でやる場合のそれぞれによって大きく異なってくる。
  • 散骨の後のお墓参りは、散骨した場所付近で行えばよいが、海のような場所では海岸など海に面しているところならばどこでもよいというように場所にこだわる必要もないともいえる。

散骨は、近年の終活の流行によってもさらに広がりを見せている葬儀のやり方の1つです。
これまでの伝統的な葬儀のやり方に比べれば、まだまだマイナーな存在ですが、自由かつこだわりのない葬儀の方法ですし、原則として許可が必要ないという点も魅力的といえます。

今回終活ねっとでは。「散骨の許可」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますので、そちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「散骨・許可」に関連する記事

  • 散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

    散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

    故人の生前の遺志を汲み散骨を望む遺族が増えています。 でも散骨はまだまだなじみが薄く、散骨の仕方や場所、費用の見当もつかず、散骨して大丈夫なのかと戸惑っている方も多いと思います。 そんな散骨の種類や方法と費用の相場などについて、分かりやすく説明します。

  • 散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

    散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

    散骨は、いろいろな種類がある供養方法のうちのひとつです。新しくお墓を建てなくていいことと、お墓を維持していかなくていいことが理由で、現代では散骨を選ばれる方が増えています。そこで、散骨について気になる疑問や方法についてご紹介させていただきます。

  • 海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

    海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

    日本では火葬した遺骨をお墓に納めるのが一般的ですが、散骨という方法もあります。今回は散骨の中でも海洋散骨について、その準備方法や費用、法律、海外散骨などすべてを詳しく解説!海洋散骨に興味がある方も、そうでない方も、ぜひ一度目を通してみてください。

  • 故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とはのサムネイル画像

    故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とは

    遺言によって骨を大好きだった場所、思い出の場所に散骨してほしい、と希望をされるケースも増えてきています。散骨をする際には、どのような許可が必要なのでしょうか。許可や方法などについてご紹介いたします。

  • お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

    お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

    昔は埋葬と言うと、お墓に納めるだけでしたが、最近では永代供養墓、納骨堂、樹木葬をはじめとする自然葬など数多くの埋葬方法があります。中でも注目を集めているのが散骨などの自然葬です。お墓を持たない散骨は、どのようなシステムなのか気になります。

  • 山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?のサムネイル画像

    山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

    散骨という葬儀方法を御存じでしょうか。これは山や海で行う自然葬の一つで、遺骨をお墓に納めず、自然に還すという葬儀方法です。なじみがない方が少なくないと思いますが、山に散骨する方法をとられる方が増えています。ここでは山への散骨について紹介します。

  • 散骨は違法になる可能性がある?散骨にまつわる法律を解説!のサムネイル画像

    散骨は違法になる可能性がある?散骨にまつわる法律を解説!

    少子高齢化の後継問題や墓地事情から散骨を選ばられる方が増えています。 一方日本には墓埋法があり遺骨はしかるべき所に収めなければ違法となってしまいます。 はたして散骨は違法になるるのでしょうか? ここでは散骨を法的な側面からご説明します。

  • お墓は建てずに海に散骨するときのプランから準備までまとめましたのサムネイル画像

    お墓は建てずに海に散骨するときのプランから準備までまとめました

    お墓を建てようとすると、金銭面でも労力の面でも様々な苦労が強いられます。そこで、最近ではお墓を建てないという方法もいろいろとあり、その中の1つに海への散骨というものがあります。海に散骨する場合はどのようなプランや準備が必要なのでしょうか?

  • 散骨と樹木葬を知っていますか?違いや特徴について解説!のサムネイル画像

    散骨と樹木葬を知っていますか?違いや特徴について解説!

    散骨や樹木葬は最近注目されてきています。それぞれ多くの種類や特徴があり、実際はどのようなものなのか分からない方も多いでしょう。今回はそんな散骨と樹木葬について詳しく解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

  • 終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

    終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

    終活を考える時、ご遺骨を散骨してご供養する方法をお探しになられる方が増えています。近頃様々なメディアで紹介されている散骨というご供養。より充実した終活となりますよう、散骨の種類やその費用についてご紹介したいと思います。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「散骨・許可」についてさらに知りたい方へ

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とはのサムネイル画像

故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とは

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?のサムネイル画像

山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

散骨は違法になる可能性がある?散骨にまつわる法律を解説!のサムネイル画像

散骨は違法になる可能性がある?散骨にまつわる法律を解説!

お墓は建てずに海に散骨するときのプランから準備までまとめましたのサムネイル画像

お墓は建てずに海に散骨するときのプランから準備までまとめました

散骨と樹木葬を知っていますか?違いや特徴について解説!のサムネイル画像

散骨と樹木葬を知っていますか?違いや特徴について解説!

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「散骨・許可」についてさらに知りたい方へ

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とはのサムネイル画像

故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とは

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと