墓石のデザインの種類・特徴を解説!デザイン墓石とは?

墓石のデザインが多様になった背景としましては主に、墓石は「自分らしさや故人らしさを表現するもの」と考えられ始めているためです。その他にも宗教関係なども幅広くなったことも理由のひとつです。それでは、墓石のデザインについて、ご紹介したいと思います。

目次

  1. 現代における墓石のデザインの多様性
  2. 墓石にはどういったデザインがあるのか
  3. 宗教宗派による墓石のデザインの違い
  4. デザインを自由に決められるデザイン墓とは
  5. 墓石のデザインまとめ

現代における墓石のデザインの多様性

お墓

昨今、墓石のデザインは本当に様々なものがあります。
墓石は「自分を表現するためのもの」という考えを持つ方が増えています。

お墓は故人を弔うものだけでなく、残された家族、次世代へと受け継がれていくものです。
ですので、家族の考えや想いなどを考え、墓石を選ばれる方も増えています。

墓石を造ることは、人生で一度きりです。
そして、大切な家族のために造るものです。

自分らしさや、自分を表現するという視点から、墓石のデザインについて考えてみましょう。
終活ねっとは今回、以下の内容について紹介していきたいと思います。

  • 墓石の種類
  • 宗派によって異なる墓石のデザイン
  • デザイン墓の詳細

墓石にはどういったデザインがあるのか

お墓

近年、墓石のデザインにはとてもいろいろな種類があります。
昔ながらの見慣れた墓石から、洋画で見られるような墓石のようなものもあります。
そして最近では、オリジナルデザインの墓石なども登場してきて、購入する側の選択肢が増えています。
選択肢が増える分、迷ってしまうのも困りものです。

では墓石にはどのような種類があるのかを確認しましょう。

和型・和風墓石

和型の墓石は、日本国内でよく見られる墓石です。
私たちにとっては、とても見慣れたは墓石ではないでしょうか。
実際、墓地へお参りに行き周りを見回してみると、ほとんどのお墓の墓石が、この和型のものだと思われます。

主に三段型、四段型があり、一番上にある棹石は縦長の角柱になります。
和型の墓石は、伝統的な威厳や格式などを感じることが出来ますし、やはり見慣れた墓石だけに安心感もあります。

以下のサイトでは、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高品質の国産墓石を提供しています。
国産墓石の購入を考えている方は、ぜひご覧ください。

洋型・洋風墓石

背の高い和型の墓石とは違って、大人のひざぐらいの高さしかないのが洋型の墓石の特徴のひとつです。
おしゃれで芝生の墓地によく合うという点や、文字や花といった模様の彫刻にも合うので、近年この洋型の墓石を選ぶ方が増えています。
背が低いということもあり、墓石の量が少なく抑えられることや、敷地面積もそれほど大きくなくて済むという点も、洋型を選択される決め手となっているのかもしれません。

しかし、墓地によっては、洋型の墓地を建てれないというところもあるので注意が必要です。
逆に、敷地面積をあまり取らないという利点から、洋型を推奨している墓地もあるので、洋型を検討される際には、墓地にあらかじめ確認をすることをおすすめします。

デザイン墓石

故人の好きだったものや、故人を象徴するようなものをモチーフにしてデザインされた墓石です。
まさしく墓石を自分を表現するためのものとして考え造られている墓石です。
そして、和型と洋型を合わせて、それぞれのいいところを取り入れたオリジナルデザインの墓石もあります。
デザイン墓石のなかには、文字を刻む、イラストや模様を刻むといった方法があります。
見た目も、楽しげで華やかです。

宗教宗派による墓石のデザインの違い

お墓

墓石には各宗教宗派の違いがあることをご存じでしょうか?
ぱっと見ただけではわからない違いもありますが、その宗教独特の墓石のデザインもあります。

ご自身の宗教宗派はどんなデザインがあるのか?
または、各宗宗派によるデザインの違いはどういったものがあるのか?

そのデザインの違いをご紹介していきたいと思います。

浄土真宗

浄土真宗では、棹石(お墓の一番上にくる墓石)の正面に彫る文字が決まっています。
南無阿弥陀仏(南旡阿弥陀仏)と刻むのが浄土真宗です。
「倶会一処」や「◯◯家総廟」と刻む場合もあります。
「◯◯家先祖代々」といった文字は、正面ではなく右側面に刻み、法名はその下に刻みます。

浄土宗

浄土宗では、墓石の一番上の部分に阿弥陀如来を表す梵字と呼ばれる文字を刻みます。
そして、戒名を刻む際には、戒名の前に「誉」や「南無阿弥陀仏」「倶会一処」などといった文字を刻みます。
五輪塔になりますと、上から「南無・阿・弥・陀・仏」を刻みます。

神道

神道と仏教の墓石にはぱっと見ただけではそれほどの違いはないかもしれません。
ですが、よく見ると大きな違いがあることに気づきます。
まず、棹石の上部を、4面とも斜めに切り、三角形に仕上げているのが特徴です。
そして、神道ではお線香はあげないので香炉がありません。

その代わり、お供え物を置くための「八足台」と呼ばれるものがあります。
墓石に刻まれる文字も違っていて、神道では一般的に「◯◯家奥津城」や「◯◯家奥郡城」と刻まれます。

キリスト教

キリスト教は、カトリックとプロテスタントと呼ばれる二派が存在します。
カトリックの場合は、納骨堂と呼ばれる場所に遺骨を納めることもあるそうです。
そうでない場合は、協会が所有している墓地にお墓を建てます。
プロテスタントの場合ですと、各地区に墓地があり、協会に所属しているればそこにお墓を建てることになります。

基本キリスト教のお墓というのは芝生の上に建てられます。
墓石の形については決まりはなく、刻まれる文字についても特に決まりはありません。
よく見かけられるのは、低めで白い墓石で造られていたり、十字架を模して造れれているものです。
中には、聖書の一説を刻んであったり、大理石などの墓石を使用する場合もあるようです。
特にこれといった決まりはないようですが、十字架を刻むことは必須のようです。

デザインを自由に決められるデザイン墓とは

お墓

最近では、定番の墓石だけではなく、とてもユニークなものやデザイン性にとんだもの、いい意味でお墓らしくないようなお墓を造られる方が増えています。

やはり、お墓を「自分を表現するためのもの」と捉える方が増えたことが、このようなデザイン性にとんだお墓が造られる背景にあるのかもしれません。

そういった、デザイン性にとんだお墓をデザイン墓と呼びます。
このデザイン墓は、故人のイメージにあったものや、故人が生前愛用していたもの、好きだったものなどをモチーフにして造られます。
他には、完全なオリジナルとしてデザインされるお墓もあります。

自由度の高さと、故人を表現するもの、家族の想いなど、デザイン墓に求められる想いや可能性はとても幅広いものがあります。
では、そんなデザイン墓についてどんなものがあるのか、いくつかご紹介していきたいと思います。

どういった文字を彫刻するか

デザイン墓は、文字を彫刻することによって、故人への想いや家族から故人への想いなどを表現することができます。
故人が好きだった言葉を彫刻したり、故人への感謝の気持ちを彫刻するのもいいかもしれません。
家族から故人へむけた言葉で言うと「ありがとう」や「やすらかに」などがよく使用される言葉です。

その他にも、漢字一字を刻むこともあるようです。
「心」や「夢」「絆」などの文字がよく使用されるそうです。

和型の墓石ですと、ある程度決まった文字にしないと少しおかしくなってしまいますが、洋型の墓石になると、そこまで決まった文字でなくても合います。

漢字一文字や、「ありがとう」などの言葉もいいですが、四字熟語といった文字を使用される方もいらっしゃいます。

イラストを彫刻することもある

デザイン墓の最も優れた点といっても過言ではないかもしれませんが、デザイン墓では、墓石にイラストや模様などを彫刻することができます。

故人のイメージ合うような模様や、故人のイラストなどを墓石に刻む方もいらっしゃいます。
ピアノやヴァイオリンといった音楽関係のイラストを刻んだり、花を刻んだりと、その種類も最近では増えてきました。

梅や百合といった花が、墓石に刻まれる例としては多いです。
バラや菊、蓮華、スイセンなどといった花も使用されています。

百合ですと、高級感が生まれ存在感が増します。
白い百合ですと、清潔感もあります。
そして、洋型の墓石でも和型の墓石でも、どちらにでも似合う花です。

スイセンや菊といった花は、お釈迦様のそばで咲いている花として有名です。
そのため墓石に用いる方も多く、蓮華といった花は、お釈迦様が蓮華台の上で瞑想なさっている姿から墓石に用いられる場合もあります。

このように、花を墓石に刻むと、やわらかい印象になったり、清潔感が増す作用があります。

それとプラスして、文字の彫刻を花と共にあしらってデザインにしてみるのもいいですね。
故人が好きだった花、故人が大事に育てていた花など、思い入れのある花がある方は是非検討して見てはいかがでしょうか。

日本人が大好きな桜の花をデザインしたものは、やはり人気が高いです。
桜をあしらった墓石は、どこかやわらかくあたたかい雰囲気になります。
墓石をピンク色にして桜の花を刻むと、とても女性的で優しい雰囲気のお墓になります。

桜をモチーフにしたデザインというのは、デザイン墓石を扱っているお店では必ずと言っていいほどあります。
種類の多さやデザイン性の豊かさで桜の花を刻む方も多いのではないでしょうか。

価格はどれくらいかかるのか

墓地取得費を除いて考えますと、墓石を購入される方の過半数は70万~200万円といった額での購入をされているそうです。

ですが、石の材質や重さ、加工の仕方、文字やイラストや模様といった彫刻などによっても大きく変わってくるのがポイントになります。

一戸建ての住宅を購入することと同じだと思ってください。
一戸建ての住宅も、土地の広さや地盤、家の広さや内装などといったもので価格は変わってきます。
お墓もそれと同じなのです。

石の材質だけでいうと、白御影石と呼ばれる石は、硬度が低く重量も軽いため、加工がしやすいので一般的に価格は低めに設定されています。
逆に、黒御影石と呼ばれる石は、硬度が高く重量も重いため、加工がしにくいので白御影石よりも価格は高めに設定されています。

ですが、価格が高いお墓だからよくて、低価格だから悪いといったことではありません。
もちろん、価格で供養ができるできないといったことでもありません。
お墓を造ることは、誰かのためです。
生涯を共にしたかけがえのないパートナーであったり、唯一無二の大切な家族のためです。

デザイン墓が建てられる霊園・墓地

霊園や墓地によっては、景観上決められた墓石でないとだめなところもあります。
洋型やデザイン墓はお断りと言われたという意見もあるので、もし洋型やデザイン墓を希望される方は、事前に霊園・墓地に詳細を伺うことをおすすめします。

洋型やデザイン墓だけに限らず、霊園や墓地には決められたルールがございますので、それに従っていただけたらと思います。
検索サイトも充実してきていますので、そちらを参考にして探して頂くのもいいかと思います。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

墓石のデザインまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。
知っているようでいて、知らないことが実は多いのがお墓についてです。
終活ねっとでは、墓石のデザインについて、以下の内容についてご紹介してきました。

  • 墓石の種類
  • 宗派によって異なる墓石のデザイン
  • デザイン墓の詳細

昔からのデザインである和型の墓石に慣れ親しんでいる方は大勢いらっしゃると思います。
私もお墓と言えば和型の墓石を想像していました。

しかし現代では本当にたくさんのデザインがあり、墓石の種類もたくさんあります。
その他にも、宗教の幅も広がりつつあるので、それに対応したお墓もあります。
これまでのお墓のイメージは、先ほども記述したとおり和型が中心でした。

欧米などでよく見られる背の低い洋型の墓石も最近では数多く見られるようになりました。
古来からのお墓のイメージにとらわれず、かといってお墓に対する威厳や尊厳といった格式を忘れない、そんな墓石が本当にたくさんあります。

そんなデザイン豊富な墓石が増え、とても明るいイメージになりつつあるように感じます。
お墓に眠る故人にとっては、やすらかな場所として、お参りに来た者にとっては、あたたかく優しく迎え入れ故人を偲ぶ場所として、そんな集える場所になっていけたらいいですね。
その可能性を、デザインの豊富さで広げていって欲しいと思いました。

もちろん、お墓に対する想いや、ご先祖様への想いなど、故人を偲ぶ日本人らしい想いや、日本人らしく尊ぶ気持ちを忘れないで、お墓と向き合っていけたらいいと思います。

この記事を読んで、少しでもお墓について明るく考え、終活のお手伝いとなれれば幸いです。
拙い文章ではありましたが、ここまでご拝読いただけて誠にありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓石・デザイン」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓石・デザイン」についてさらに知りたい方へ

デザイン型墓石や彫刻は、どう選んだらいい?のサムネイル画像

デザイン型墓石や彫刻は、どう選んだらいい?

お墓を建てる時、デザインを選べるって本当?デザイン墓とは?のサムネイル画像

お墓を建てる時、デザインを選べるって本当?デザイン墓とは?

墓石のデザインって自分で決められるの?費用はどれくらい?のサムネイル画像

墓石のデザインって自分で決められるの?費用はどれくらい?

墓石を彩るお花デザインの彫刻について解説しますのサムネイル画像

墓石を彩るお花デザインの彫刻について解説します

おしゃれなお墓を建てるにはどこで個性を出せばいいのかご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれなお墓を建てるにはどこで個性を出せばいいのかご紹介します

彫刻の自由度が高い、洋型墓石のデザインを紹介しますのサムネイル画像

彫刻の自由度が高い、洋型墓石のデザインを紹介します

和型墓石はどんな構造をしているの?種類や費用相場を詳しく解説!のサムネイル画像

和型墓石はどんな構造をしているの?種類や費用相場を詳しく解説!

墓石の形にも意味がある?墓石の種類や歴史を紹介!のサムネイル画像

墓石の形にも意味がある?墓石の種類や歴史を紹介!

墓石に刻む言葉について。宗派別・文字数別、好まれる例文集まとめのサムネイル画像

墓石に刻む言葉について。宗派別・文字数別、好まれる例文集まとめ

デザインにこだわりたい、メモリアルアートと呼ばれるお墓のサムネイル画像

デザインにこだわりたい、メモリアルアートと呼ばれるお墓

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓石・デザイン」についてさらに知りたい方へ

デザイン型墓石や彫刻は、どう選んだらいい?のサムネイル画像

デザイン型墓石や彫刻は、どう選んだらいい?

お墓を建てる時、デザインを選べるって本当?デザイン墓とは?のサムネイル画像

お墓を建てる時、デザインを選べるって本当?デザイン墓とは?

墓石のデザインって自分で決められるの?費用はどれくらい?のサムネイル画像

墓石のデザインって自分で決められるの?費用はどれくらい?

墓石を彩るお花デザインの彫刻について解説しますのサムネイル画像

墓石を彩るお花デザインの彫刻について解説します

おしゃれなお墓を建てるにはどこで個性を出せばいいのかご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれなお墓を建てるにはどこで個性を出せばいいのかご紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと