お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説

お墓参りの時にはお花を持って行かれる方も多いですよね?ではお花はどのようにして選んでいますか?季節によって種類も変わってきますが、お墓にお供えするお花に決まりやマナーがあるのでしょうか?そこでお墓に持って行くお花の選び方や相場などを解説します。

目次

  1. お墓参りの花について
  2. お墓参りでお花を供える意味
  3. お墓参りに持っていく花の種類・選び方
  4. お墓参りのとき避けるべき花の種類・名前
  5. お墓参りの花の値段・相場は?
  6. お墓でお花を飾るときのマナー・注意点
  7. お墓参りでお花以外に飾る植物もある
  8. お墓参りの花まとめ

お墓参りの花について

お墓

お墓参りにはお花を持って行くのが定番ですよね。
もちろん手ぶらで行ってはいけないわけではありませんが、あまり頻繁にお墓参りができないという方は掃除道具やお供え物、線香やお花はなるべく持って行くようにしましょう。
お墓をきれいに掃除して美しいお花を飾れば、故人やご先祖様もきっと喜んでくれます。

ところでお墓に持って行くお花って何を基準に選べばよいのでしょう?
お墓参りに持って行ってはいけないお花の種類ってあるのでしょうか?
そこでこの記事ではお墓参りに持っていくお花について以下のようなことを解説します。

  • お墓にお花をお供えする意味
  • お花を選ぶ時のポイント
  • 避けた方が良いお花の種類
  • お墓参りの時に持って行くお花の相場
  • お花を飾る時の注意点

お墓参りに行く方のほとんどがお花を持って行かれることでしょう。

地域や風習、宗教によって持って行くお花の種類に違いがありますが、基本的なマナーやタブーなどは知っておいても損はありません
今回終活ねっとでは、お墓参りの時に持って行くお花について詳しく解説しますので、悩んだ時の参考にしてくださいね。

お墓参りでお花を供える意味

お墓

お墓参りに行く時には何を持って行きますか?
お墓参りは故人やご先祖様を供養するために行くもので、手を合わせて安らかな眠りをお祈りすることが一番大事です。
ですので手ぶらでお参りに行っても良いということになります。

しかしお供え物というのも供養の一つになりますので、なるべくお墓参りの時には持って行きたいものです。
お供え物の代表的なものは、お線香や飲み物、季節の果物や野菜、お菓子や故人の好物など食べるもの、そしてお花です。

お花をお供えする意味とは一体何なのでしょうか?

お花の香りはあの世の人の食べ物という考え方もありますが、故人が宿る依代とも言われています。

主に仏教では命の短いお花をお供えすることで、命あるものの尊さと今自分が生きていることに感謝することを学ぶためとも言われています。

美しいお花を供えることで故人やご先祖様も心安らかになり、同時に供養に来た人も心を静めることができるという意味だと言われています。
それほどお花というものは重要なものと言えるでしょう。

お花をお供えすることに意味がありますので、お花の種類や量、まして値段がいくらぐらいだったかなどには全く関係がないとも言えますよね。
美しいお花を見ながら故人のことを思い出すのが一番だと考えるのもいいかもしれません。

お墓参りに持っていく花の種類・選び方

お墓

お墓参りの時に持って行くお花というものは特に決まりはありません
故人が好きだったお花でもいいですし、自分の好きなお花でも構いません。

しかし何でも良いと言われると逆に迷ってしまいますよね。
ここはお墓にお供えするお花を選ぶ時のポイントを解説します。

仏花

仏花とは仏壇やお墓にお供えするお花のことを指します。
仏花には特に決まりはありませんが、菊が使われることが多いです。

お花屋さんやスーパーでは最初からバランスよく束ねられた仏花を置いてあるところもあります。
自分で好きな花をバラバラに選んで組み合わせて仏花を作ることもできます。
自分で作るのが難しい方はお花屋さんに相談すれば、バランスの取れた仏花を作ってくれる場合もあります。

一対、あるいは宗派によっては左側一つの花立にお供えするのが一般的です。

長持ちする花

切り花はやはり長持ちするとは言えません
それでも少しでも長くきれいに咲いていて欲しいですね。
様々な種類のお花の中でもできるだけ長持ちするお花を選んだ方が良いでしょう。

代表的なのがで一年中安定した生産が行われていますし、最近では西洋菊など種類も豊富です。
水の吸い上げもよく、茎を下の傷んだ部分を切り落とせばかなり長持ちします。
色のバリエーションも豊富で仏花として最適です。
その他、カーネーションやストックなども人気です。

茎がしっかりとしている花

やはりお花を選ぶ時は茎がしっかりしているものの方が、水の吸い上げがよく長持ちします。
茎が太目で茎や葉っぱがみずみずしい色をしているものを選ぶようにしましょう。
大輪菊やストック、キンギョソウ、グラジオラスなどは茎がしっかりしたものが多いです。

明るくてきれいなお花

明るくてきれいなお花とはいったいどのようなものでしょうか?

お花の色は5色の場合は、白色・赤色・黄色・紫色・ピンク色
3色の場合は、白色・黄色・紫色を使うとバランスがよくなります。

この色を基本にして後ろにヒバや椿、ヒサカキやバランなどグリーンを入れれば色が際立ちます。
カーネーションやアイリス、キンセンカ、ユリ、ナデシコ、トルコキキョウなどがおすすめです。

ひまわりは持っていってもいいのか

仏花にひまわりは使ってもいいものなのでしょうか?

ひまわりのイメージは明るくお日様の方を向いていて仏さまとは縁遠いようなイメージですよね。
しかしお墓に持って行くお花は基本的に自由ですので、孫が庭で咲かせたひまわりをお供えすれば故人も喜んでくれます。

あまり大輪のひまわりは頭が重たくて花瓶が倒れてしまう可能性がありますが、小さめのひまわりなら可愛らしく明るい黄色なので仏花に使ってみましょう。

お墓参りのとき避けるべき花の種類・名前

花

基本的にはお墓にお供えする花の種類は自由なのですが、避けた方が良いとされている花もあります。
絶対にダメというわけではありませんが、あまりお墓参りのお花としては適していないとされています。
お墓参りに来ているほかの人や親族などにマナーがなっていないと思われてしまう可能性もありますので、避けるべきお花を一応覚えておきましょう。

棘(とげ)のある花

棘のある花は良くないとされています。
これはお供えする時にけがをしてしまったり、霊園や墓所などで管理者がお花の始末をする時に危険であるからという理由もあります。

棘がある花として有名なのはバラやアザミなどです。
棘のある花が絶対ダメと言うわけではなく、例えば故人がバラが好きだったのなら棘をとってお供えしても大丈夫です。

香りの強い花

生花は大なり小なり香りがするものです。
人工的な香りと違い自然の香りはかぐわしく、すがすがしい気持ちになりますよね。

しかしお墓に供えるお花はあまり香りの強いものはタブーとされています。
これは香りが強いと虫が寄ってきやすいからなんです。

ユリや水仙などが香りが強い花にあげられます。

毒を持つ花

日本では毒性の強いお花もお墓にお供えするのはNGとされています。
片付ける人に危険が及ばないように、あるいはお供えする側にも悪影響が出ないようにという配慮から来ています。

ユリやスズラン、水仙、彼岸花、トリカブトなどが代表的なものです。
トリカブトは有毒植物として有名ですが、その花は意外にも美しくにガーデニングで栽培される方も多いです。

根や花、花粉など草全体に毒がありますので、トリカブトを触った手をうっかり口に近づけたり目を触ると大変危険ですので、不特定多数の人が訪れるお墓のお花には使わないようにしましょう。

ツル状のもの

アサガオやノウゼンカズラのようなツル状のものはお墓のお花には向いていません。

ツル状のものは地面を這ってしまい汚れますし、花立にうまくまとまりにくいです。
さらにツル状の植物を途中で切っても水の上りは悪く、花はすぐに枯れてしまいます。
鉢植えでお墓の横に置いたり、根ごと植え付けますと成長すると墓石に巻き付いたり隣のお墓まで伸びてしまったりします。

周りに迷惑もかかりますのでツル状のものは使用しないようにしましょう。

花粉が飛びやすいもの

花粉が飛びやすいものもお墓のお花としてはタブーとされています。

花粉が飛ぶとほかのお花が傷んだり、墓石に付くと花粉の汚れが取れなくなる場合もあります。
ユリや彼岸花などが花粉を飛ばしやすいです。

花粉が飛ぶ前に片づけるのも一つの方法です。

お墓参りの花の値段・相場は?

仏壇

お墓参りのお花の費用相場はどれくらいでしょうか?

もちろん高級なお花をたくさん使えばそれなりの値段になってしまいます。
季節によってはストレリチア(極楽鳥花)などは1本で700円以上ということもあります。
仏花としてバランスよく数本が束ねられてすでに作られているお花の場合は、500円~700円ぐらいのところが多いです。

お花屋さんに作ってもらう場合は1000円前後が相場でしょう。
希望する値段を言えばお花屋さんがそれに合わせてお花を選んでくれます。

お墓でお花を飾るときのマナー・注意点

お墓

お墓参りでお花を飾る時はただ花立にお花を入れるだけにせず、見栄えが良くなるように入れましょう

せっかくお墓を掃除してきれいにしているのですから、お花もきれいに見えるように気を使いましょう。
ここではお花を見栄えよく飾るポイントを解説します。

見栄えをよくするための飾り方

お墓のお花は、白色・赤色・黄色・紫色・ピンク色、あるいは白色・黄色・紫色を使うようにすると見栄えがよくなります。
ですが色にこだわる必要はなく、季節での一番美しいお花を選んでも大丈夫です。

お花の形は1本を中心にひし形になるようにするのが基本です。

1対の場合は左右対称になるようにするのが望ましいです。

墓石の大きさに合わせて飾るようにするとバランスがよくなります。
仏壇よりも屋外にあるお墓のお花は少し大きめにした方が遠くからでもきれいに見えます。

以下でこれら以外の見栄えをよくするための飾り方のポイントをご紹介します。

お花の長さは花立の倍が目安

お花の長さは花立のおおよそ倍を目安にすればバランスが取れてよいでしょう。

あまり大きな墓石に対して小さなお花を使うと、寂しくなってしまいます。
逆に花立に入らないほどたくさんの花をギューギュー押し込むようなことをすると、花立の水だけでは足りなくなってしまいます。

お花の向きはお供えしている人の向き

お墓や仏壇にお供えするお花は、故人やご先祖様のためにお供えしているのではなく、命短い花を見ながらこの世の儚さや今を大事に生きることを故人やご先祖様が私たちに教えてくれているとも言われています。

ですのでお花の向きは参拝者側ということになります。
お供えをしている人の方にお花を向けることでお供えしている人の悲しみを慰めてくれているという説もあります。

お墓参りに飾る花は造花でもいい?

お墓参りの時に飾るお花はできるだけ生花が望ましいですが、生花でなくても大丈夫です。

あまりお墓参りが行けず枯れたままで放置するぐらいなら造花を使った方が良い時もあります。
あるいは全部造花にせず、1~2本だけ造花を交えるとお花代の節約にもなります。

暑い時期は生花だと日持ちがしませんから、造花と水をあまり必要としないカスミソウやスターチスをうまく組み合わせても良いでしょう

ただし、生花にこだわる人もいますので各家庭で話し合ってみましょう。

お花を長持ちさせるには

せっかくお供えしたお花ですので、できるだけ長くきれいに咲いていて欲しいですよね。
頻繁にお墓参りに行ける方なら、ダメになってしまったお花だけを抜いて新しいお花を入れ替えることもできます。

しかしあまりお墓参りに行けない方は、できるだけ長くきれいな状態を維持したいですよね。
そこで、お花を長持ちさせる裏技をご紹介しますので、ぜひ、参考にしてください。

花立を綺麗にする

花立が汚れていたりぬめりが残っていると水が早く腐ってしまい花に悪影響が出ます。
新しいお花に変える時はまず花立をきれいにしましょう。

漂白剤が入った水の中に花立をしばらくつけるか、柄の長いブラシで花立の中まで綺麗に洗いましょう。
洗剤を付けて洗ったら薬剤が残らぬようにきれいに洗い流してください。

きれいに洗い終わったら新鮮で冷たい水を入れるようにしてからお花を生けるようにしましょう。

10円玉を入れる

花立の中に10円玉を入れるとお花が長持ちします。

10円玉は銅ですから、銅イオンが水の中の雑菌の繁殖を押さえ水を腐りにくくしてくれますし、茎の切り口の腐敗を遅らせてくれる効果もあります。
ただし10円玉を入れたから永久に水が綺麗というわけではありませんので10円玉に頼りすぎないようにしましょうね。

他に雑菌の繁殖押さえる効果として、漂白剤を水の中に数滴入れたり、市販されているお花を長持ちさせるアンプルを使うという方法もあります。

茎を斜めに切る

なるべくたくさんの水を吸い上げるようにすればお花も長持ちします。

茎の部分を斜めに切れば、吸い上げる部分が広くなるのでかなり長持ちさせることができます。

バケツの水の中に茎を付けて斜めに切って、5秒ほどそのまま水につけたままにしてから花立に入れるようにしましょう。

この方法は水きりと言ってお花を生ける時の基本となります。
菊など花はまだ大丈夫だけど葉っぱや下の方の茎がダメと言う場合は、葉はすべて落とし茎の痛んだ部分の上側を、水きりで斜めに切ればもうしばらくは持ちます。

氷を入れる

花立の水が暖かいと雑菌が繁殖しやすくお花もすぐに枯れてしまいます
新鮮できれいな水を使い、氷を一つ二ついれておくと虫や雑菌が繁殖しにくいです。

こまめにお墓参りに行ける人は毎回水を入れ替えるようにしたいものですが、時間がない方は氷を入れておくだけでも花の持ちが違います。

夏の暑い時期は水道の水自体が暖まっている場合もありますので、なるべく冷たい水になるように工夫しましょう。

お墓参りの花の片付けはどうする?

お墓参りの時にお花を飾ったはいいけれど片付けはどうすればいいのでしょう?
このままお花を持って帰らず放置してもいいのかなと迷いますよね。

一般的にはほかのお供え物はお参りが済んだら持ち帰りますが、お花はそのままにしていくことが多いです。

できるならこまめにお墓に来て、お花を新しいものに変えるかせめて水だけでも替えるということが望ましいのですが、お墓が遠い方はそれもできません。
水とお花の入った花立をそのまま放置すると虫が湧いたり花が腐って花立の中でドロドロになってしまう可能性もあります。

あまりお参りに来れない方は、帰る時にお花は持ち帰り、花立は伏せておけば良いでしょう。
花立に雨水が溜まるとボウフラなどが湧きますので伏せておくことをおすすめします。

ちなみに一度お墓にお供えしたお花は、持ち帰って家の仏壇にあげるのはダメです。
一度お墓のためにお供えしていますので、残り物のような扱いのお花をもったいないからと仏壇にあげることはやめましょう。

持ち帰った花はばらして一輪挿しや花瓶に入れてお部屋のインテリアとして飾ったりする方がよいでしょう。

霊園によっては管理者がお墓を見回って枯れてしまったお花を処分してくれるところもあります。
自分の霊園や墓地ではどのようになっているか、周りの人はどうしているかなどを調べてみましょう。

お墓のお花を枯れた状態で放置するぐらいなら何もない方が良いでしょう。
あまりお参りに来ることができない方は、お参りに来た時に生花を持ってきて帰る時は持ち帰り、普段お墓には造花を入れておくという方法もあります。

自分の家に合った最適な方法を選びましょう。

お墓参りでお花以外に飾る植物もある

榊

お墓にお供えするお花は基本的には華やかな色のお花を使う方が良いです。
色とりどりのお花の後ろ側などに緑色を使うと全体が引き締まってさらに美しさを際立たせてくれます。

お花以外の植物でお墓に飾るものといえば以下のようなものがおすすめです。

といえば神事の時の定番ですが、仏教でのお花に使っても何も問題ありません

ツバキ科の常緑樹である榊は、冬でも美しい緑色をしており生垣にもよく使われています。
1年中手に入りやすいので色花と組み合わせればボリュームもアップします。
榊によく似たヒサカキや椿も同様の効果が期待できます。

しきび

(しきび・しきみ)は榊によく似た形をしていますが榊より葉っぱが細く尖っています。

モクレン科の常緑樹で、榊は神事に使いますがしきびは仏事に使うものとされています。
大阪方面ではお葬式の際に花輪ではなくしきびを立てることがあります。

榊同様に緑の葉が美しく、色花と合わせて使うとお花の色を際立たせてくれます。

お墓参りの花まとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?

この記事ではお墓参りに持って行くお花について、選び方や注意点、ワンポイントアドバイスなどをご紹介させていただきました。

  • お墓参りの時に持って行くお花は基本的には何でも良い。
  • 香りの強いものや棘のある花などタブーとされているものはあるが、絶対使ってはいけないわけではない。
  • お花を長持ちさせる貯めに大事なのは花立の中の水。花立をきれいに洗って新鮮で冷たい水を使い雑菌が繁殖しないように気を付ければ花も長持ちする。
  • 榊やしきびなどのグリーンの物を混ぜればお花の美しさが際立つのでおすすめ。

お墓参りの時のお花は重要な意味もありますので、なるべくきれいな状態を保つようにしたいものです。
お花の種類に決まりはありませんので、お店で購入したものでもいいですし、自分の庭で咲いた花でも構いません。
一応タブーとされていることもありますが、絶対ダメと言うことではなく周りの人や周辺のお墓に迷惑にならないようにすれば問題ないでしょう。

マナーを気にするあまりお墓参りから足が遠のくよりは、こまめにお参りに行った方が良いです。
この記事ではお墓参りで迷ったり悩んだときに参考になることを解説してきましたので、ぜひお参りの際にお役立てください。

終活ねっとではお墓に関するマナーなどを解説していますので、ぜひ見てみてくださいね。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お墓・花」に関連する記事

「お墓・花」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

    人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

    都立霊園で人気の墓地霊園を8つランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、都立霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。都立霊園への申込の方法・流れ・手続きはもちろん、霊園の特徴やお墓の区分一覧まで全て解説しています。ぜひご覧ください。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・花」についてさらに知りたい方へ

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介のサムネイル画像

お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介

墓地・霊園とお供えの花に関するマナーについて解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園とお供えの花に関するマナーについて解説します!

実は知らないお墓参りのお花にまつわるルールについて解説!のサムネイル画像

実は知らないお墓参りのお花にまつわるルールについて解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介のサムネイル画像

人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと