お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?

お墓参りはいつ行けばいいの? そう聞かれると、お盆・年末年始・お彼岸・命日が思い浮かびます。 では、それぞれの時期の中でいつ行けば良いのでしょうか? お墓参りに関する色々な情報を交えて、いつお墓参りに行くべきかを解説したいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. お墓参りっていつ行けばいいの?
  2. お墓参りの時期
  3. お墓参りって何時までに行けばいいの?
  4. お墓参りの持ち物・服装
  5. キリスト教のお墓参りはいつ?
  6. お墓参りはいつ行くのかまとめ

お墓参りっていつ行けばいいの?

お墓

お墓参りと言えば、お盆・年末年始・お彼岸・命日を思い浮かべる方が多いですよね。
それでは、実際にいつお墓参りをすれば良いのでしょうか?

なかなか時間がとれない場合、いつお墓参りに行けば良いのか?と悩まれる方は多いのではないでしょうか?
遠方の方にとっては、帰省をする為の計画を早くから立てなければなりませんよね。
実はお盆・年末年始・お彼岸・命日には、それぞれお墓参りをする理由があります。

  • お墓参りの時期はいつ?
  • 何時までにお墓参りに行けば良いの?
  • お墓参りに適した服装や持ち物は?
  • キリスト教のお墓参りはいつ?

ここでは、以上の項目から、お墓参りにいつ行けば良いのか?の参考になるよう、わかりやすく解説していきます。

お墓参りの時期だけではなく、お墓参りに役立つ情報もまとめていますので、ぜひ最後までお読みください。

お墓参りの時期

お墓

一般的に、お盆・年末年始・お彼岸・命日は、お墓参りに行きます。
それでは、その時期にお墓参りに行くのは何故でしょう?

それぞれの時期にお墓参りをする意味がきちんとあります。

お盆やお彼岸って実際にはいつの時期をさすのか?
それぞれの時期の中でも、お墓参りに行くと良い日はあるのか?
など、お盆・年末年始・お彼岸・命日のお墓参りに関する情報を1つずつ解説していきます。

新盆・お盆のお墓参り

お盆の時期は、7月13日~16日の7月盆と、8月13日~16日の8月盆(月遅れの盆)があります。
多くは、夏休みやお盆休みに合わせた8月盆をお盆の時期とするところが多くなってきています。
お盆の時期、お墓参りはいつ行けば良いのでしょうか?

一般的にお墓へは、13日(お盆の入り)中にご先祖様をお迎えに行き、16日に送りに行くとされています。
また、自宅での迎え火と送り火のみで、お墓へ出向かない場合には、中日(14日・15日)にお墓参りに行きます。

13日~16日の間は、ご先祖様の霊を自宅へお迎えしているので、お墓ではなく自宅の仏壇に手を合わせる事ができると良いのですが、それが出できない場合には、お盆の時期(13日~16日)にお墓参りに行くと良いでしょう。

大切なのはご先祖様を供養する気持ちです。
また、新盆(にいぼん・はつぼん)とは、故人が亡くなり四十九日の法要も終えてから迎える初めてのお盆のことを言います。
ただし、お盆前に亡くなった場合など四十九日法要がお盆の後になる場合には、翌年が新盆になります。

お正月・年末年始のお墓参り

お正月にお墓参り?縁起が悪くない?と思われる方もいらっしゃると思いますが、年末年始の時期にお墓参りに行かれる方は意外に多いのです。

一般的に年末年始もお盆の時期同様、冬休みなどで親戚が集まりやすく、お墓参りには良い機会です。
年末年始にお墓参りに行く場合、お墓参りの時期は一般的には決まっていません。

いつ行くのかは、地域や家庭の風習などによって違いがあるようですが、年末にお墓をきれいにしておきたい、ご先祖様に新年の挨拶をしたいとお墓参りをされる方が多数おられます。
ただし「ついで参り」は良くありませんので、先にお墓参りを済ませてから、他の用事を行うようにすると良いでしょう。

また、年末にお墓参りに行かれる場合、大晦日は、お墓を管理しているお寺なども忙しい日となります。
お墓の掃除は30日までに済ませておくと良いでしょう。

春・秋のお彼岸

お彼岸とは、3月の「春分の日」と9月「秋分の日」をそれぞれ中日(ちゅうにち)として、それぞれ前後3日ずつ1週間の時期を言います。

ちなみに、お彼岸に入る日を「彼岸入り」、お彼岸の最終日を「彼岸明け」と言います。

彼岸の間でしたらいつお墓参りに行っても大丈夫です。

帰省された日に合わせてお墓参りに行かれる方も多いと思うので、お彼岸の間、都合のつく日にお墓参りに行かれると良いでしょう。
一般的には「春分の日」「秋分の日」と言った中日に行かれる方が多いようです。

命日

命日とは、個人が亡くなった月日の事を言います。
最近では、祥月命日(しょうつきめいにち)と同じ意味として認識されているケースが多く、毎年1回訪れる、個人の亡くなった月日(命日)の事をさします。

毎年1回訪れる祥月命日には、親戚でそろってお墓参りに行くという方が多くおられます。

月命日

月命日とは、祥月命日(命日)を除いて毎年訪れる(年11回)、故人の亡くなった日の事を言います。
地域や家庭によって違いはありますが、毎月訪れる月命日には、お墓参りには行かずに自宅のお仏壇で供養をされるという方が多いようです。
普段きちんと掃除をされて清潔に保たれている仏壇も、月命日にはきちんとお仏壇を掃除する事が大切です。

お墓参りって何時までに行けばいいの?

お墓

お墓参りに行く際、決まった時間帯はあるのでしょうか?
以前は、他の用事を済ませる前に、ご先祖様を敬い優先的にお墓参りの時間を作るという考え方から、午前中が良いとされてきました。
「午後にお墓参りに行くと霊がつく」と言う地域もあるようですが、この話に根拠はなく、ご先祖様を敬い、他の用事よりもお墓参りを優先に考えなさいという戒めの意味も込められているのでしょう。

しかし近年は、遠方に住んでいたり、忙しくてなかなかお墓参りができない方も多く、午前中にお墓参りに行けないケースが増えてきました。
なので、午前中のお墓参りにこだわらず、行ける時にいつでもお墓参りに行く方が良いという考え方が浸透してきています。

こういった事から、お墓参りに行くのに決まった時間と言うのはありません。
しかしながら、日中のお墓参りの方が掃除もしやすく、ご先祖様に手を合わせゆっくりとした時間を過ごす事ができます。

夕方や暗くなってからのお墓参りも悪くはないのですが、場所的に足場も悪く転倒する危険があったり、特に1人で行く場合には、防犯面でも気をつけないといけないので、そういった面からも日中の明るい時間帯に行く事をお勧めします。
また、場所によっては霊園が閉まって入れない場合もあるので、開門や閉門の時間をきちんと調べて、開いている時間帯に行くよう注意しましょう。

お墓参りの持ち物・服装

お墓

お墓参りに行く際に持っていく物と、服装に関しての解説をします。

持ち物

「お参りに必要な物」と「掃除に必要な物」があります。

お参りに必要な物は、数珠・お供え物・お花(お供え用)・お線香・ろうそく・ライターやマッチなど火をつける道具を持参します。

お線香は、バラではなく束で持参する事をおすすめします。
お供え物は、場所により禁止のところもあるので注意します。

故人の好物だった食べ物をお供えする場合が多いですが、カラスや動物などに汚される可能性があるので、お参りの間だけお供えをして、そのまま置いて帰らないようにしましょう。

掃除に必要な物として、スポンジ・タワシ・雑巾・歯ブラシ・ほうき・軍手・ゴミ袋・バケツ・草を刈る為の鎌などがあると便利です。

服装

新盆や一周忌法要などでは喪服を着用しますが、それ以外のお墓参りでは決まった服装はありません。
いつも通りの普段着で構いません。

しかしながら、場所を考慮すると、過度の軽装やアクセサリー、強い香水などは避けた方が無難です。
また、掃除のしやすさや転倒防止の為に、ハイヒールではなくかかとの低い靴を選ぶ方が良いでしょう。

キリスト教のお墓参りはいつ?

お墓

キリスト教のお墓参りの時期はいつなのでしょう?
キリスト教にもお墓はありますが、仏教のようにお墓の前で手を合わせ故人に対して祈る事はしません。

宗教の違いから、決まった日や時期にお墓参りをするといった習慣はないようです。
キリスト教は、大きく分けると「カトリック」と「プロテスタント」があります。

「カトリック」は、故人の死後3日目・7日目・30日目に、教会で追悼ミサが行われます。
また、毎年11月2日の「死者の日」に、すべての死者の為に教会で特別なミサが行われます。

「プロテスタント」は、故人の死後1ヶ月後に「記念集会」として、自宅や教会に集まります。
それ以降、特別な決まりはありませんが、1年目・3年目・7年目には「記念集会」が行われます。

お墓参りはいつ行くのかまとめ

お墓

お墓参りはいついくのかについて、文章を要約すると以下のようになります。

  • 新盆・お盆の時期は、地域などによって異なりますが、7月13日~16日(7月盆)又は8月13日~16日(8月盆)のどちらかで、お墓参りには13日にご先祖様の霊をお迎えに行き、16日に送りに行くと良いとされています。
  • 年末年始の時期は、お墓参りに行くのに決まった日は特にありませんが、年末は30日までにお墓の掃除を済ませておくと良いでしょう。
  • お彼岸とは、3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」をそれぞれ中日として、それぞれ前後3日ずつ1週間の時期をいいます。お墓参りに行くのに決まった日は特にありませんが、中日の春分の日や秋分の日に行かれる方が多いようです。
  • 命日(祥月命日)は故人が亡くなった月日の事で、毎年1回訪れます。その日にお墓参りに行くという方が多くおられます。
  • 月命日は、命日(祥月命日)を除く年11回訪れる個人の亡くなった月日です。自宅のご仏壇で供養をされる方が多いようです。
  • お墓参りには決まった時間はありません。掃除のしやすさや防犯面を考慮すると、日中に行かれる事をおすすめします。

このように、お墓参りに行く時期は1年に数回訪れますが、実際には「この日に必ず行かないといけない」という日はありません。

普段忙しくてなかなかお墓参りに行く事ができない方も、行ける時に行かれると良いと思います。
お墓参りに行き、故人を偲びながら、自分自身の終活に関してもゆっくり考てみても良いでしょう。

終活を通して、これからの人生をより前向きに自分らしく歩んで行ければ、とても素敵な事だと思います。
このように、お墓参りはとても大切なことですが、一番大切なのは、常に個人を偲び敬う気持ちを持ち続ける事ではないでしょうか。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
終活ねっとはお墓に関する情報を多数発信しております。
その他の記事も合わせてお読みください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓参り・いつ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓参り・いつ」についてさらに知りたい方へ

お墓参りの頻度はどのくらい?回数や時期について解説しますのサムネイル画像

お墓参りの頻度はどのくらい?回数や時期について解説します

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒にのサムネイル画像

お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒に

お墓参りは毎月した方がいいの?一般的な頻度の平均もあわせて紹介のサムネイル画像

お墓参りは毎月した方がいいの?一般的な頻度の平均もあわせて紹介

お墓参りの時期について!お彼岸・お盆や沖縄のお墓参りを紹介!のサムネイル画像

お墓参りの時期について!お彼岸・お盆や沖縄のお墓参りを紹介!

墓参りにはいつ行くの?参る時期と事前に確認すべきポイント!のサムネイル画像

墓参りにはいつ行くの?参る時期と事前に確認すべきポイント!

年末にお墓参りに行っても大丈夫?避けるべき日はあるの?のサムネイル画像

年末にお墓参りに行っても大丈夫?避けるべき日はあるの?

お墓参りはいつ行けばいい?行くべき時期と時間について解説します!のサムネイル画像

お墓参りはいつ行けばいい?行くべき時期と時間について解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓参り・いつ」についてさらに知りたい方へ

お墓参りの頻度はどのくらい?回数や時期について解説しますのサムネイル画像

お墓参りの頻度はどのくらい?回数や時期について解説します

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒にのサムネイル画像

お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒に

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと