不要な遺骨はどうやって処分すればいいのか?遺骨の供養方法のお話

代々お墓を継いでいるとお墓の室の中は遺骨の入った骨壺にでいっぱいになってしまいます。 こうした場合、どのように処分したらよいのでしょうか? またお墓を継ぐ者が絶えてしまった場合も、今ある遺骨はどのように処分するのでしょう? ここでは遺骨の処分について説明します。

目次

  1. 遺骨の処分について
  2. 遺骨はどうやって処分すればいいのか
  3. 遺骨が不要な場合の処分方法
  4. 無縁仏と遺骨について
  5. 亡くなった動物の遺骨を処分する
  6. 遺骨の処分についてまとめ

遺骨の処分について

葬儀

遺骨の処分と聞くとみなさんはどんな場面を思い出すでしょうか?

あまりいい話ではないですが、継いだお墓の納骨室がいっぱいになってしまった場合や、お墓を継ぐ者がいなくなってしまった場合、また昨今の墓地事情で新たにお墓を確保できないなど、実は様々な場面でやむを得ず遺骨を処分しなければならないことが生じるのです。

しかし、遺骨をお墓に埋葬するなら親戚や知人、ご近所の方に聞けば分かる人がいるかもしれませんが、遺骨を処分するとなると実際に行ったことのある人は少ないのではないでしょうか?

処分といういい方は適切ではないかもしれませんが、終活ねっとでは今回遺骨をどうやって処分するのかについて、順を追って説明していきたいと思います。

  • 遺骨はどんな場面で処分しなければならなくなった時に、処分するにはどうすればいいのか。
  • お墓もなく遺骨を引き継ぐ人もいないことがわかっている場合は、どのように処分すればいいのか。
  • 引き取り手が分からなくなって無縁仏となっている遺骨の場合は、どのように処分すればいいのか。
  • ペットの遺骨はどのように処分すればいいのか。

遺骨の納骨先や永代供養先を探している方は終活ねっとをご利用ください。

全国の霊園を費用やアクセスなどで比較することができます。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

遺骨はどうやって処分すればいいのか

困った人々

まずは遺骨をどうやって処分・取り扱いすればいいのかについて見ていきたいと思います。

遺骨の処分・取り扱いに困る事態

遺骨の処分・取り扱いに困る事態として、第一に挙げられるのが先祖代々引き継いでいるお墓で、納骨室(カロート)に納められている骨壺がもはや入りきれなくなってしまった場合です。
遺骨の入った骨壺などを処理しなければ、新たに遺骨を入れることはできません。

第ニに挙げられるのが自分に子供や親類がおらず、先祖代々のお墓を引き継ぐ人がいなくなってしまった場合です。
承継者が居なければ、自分がもし最期を迎えた場合に、その後誰も先祖代々のお墓の管理料を支払ってくれる人がいなくなります。

管理料が支払われないまま一定期間を過ぎれば墓地の管理者によってお墓は処分して良いことになっているので、承継者がいない場合はやむを得ないのですが墓じまいをしなければなりません
当然墓じまいをすれば、お墓の下には先祖代々の遺骨が奉納されており、これらの遺骨を処分しなければなりません。

第三に挙げられるのが自らが死んだ後、経済的や距離的な理由で墓地など埋葬してもらう場所が確保できない場合です。
この場合も何らかの方法で遺骨を処分しなければなりません。

第四に自らの意思でお墓や寺院に自分の遺骨を奉納してもらうことを拒否する場合です。
死ねば必ず遺骸が残るのですから、遺骨は何らかの方法で処分してもらわなければなりません。

以上のように、自分の意思の有無に関わらず遺骨を処分しなければならない事態は往々にして発生するのです。
さて、これらの事態が生じた際には、遺骨はどのように処分すればいいのでしょうか?

遺骨の処分に関する法律

遺骨が不要になったからといって、むやみやたらに捨てていいというものではありません
もちろん不謹慎だとか罰が当たるとか習慣や宗教的な観点からも問題はありますが、日本には遺骨の処分に関しても法律が存在しています。

遺骨は遺体と違って火葬したものだから、罰が当たるとはいえ普通にどこかに捨てててもいいのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし刑法190条の死体損壊等の条文には「死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、3年以下の懲役に処する。」とあり、たとえそれが火葬された後の遺骨であったとしても遺骨遺棄罪が成立し法律違反となってしまうのです。

また墓埋法第4条「墓地以外への遺骨埋蔵禁止」の条文があり、墓地以外に勝手に埋めたり捨てたりした場合には、やはり法律違反になってしまうのです。

法律だけを見てしまうと、不要な遺骨は処分できないように見えてしまいます。
しかし遺骨が不要になる事態は往々にいて数多く存在します。
法律に触れないで遺骨を処分するにはどうすればいいのでしょうか?

すでにお墓に埋葬している場合

さて、ここからが本題です。

「お墓はどうやって処理すればいいのか」の第一番目の事例で挙げた、先祖代々受け継いできたお墓の納骨室(カロート)が遺骨を納めた骨壺でいっぱいになり、新しい骨壷を納めることが出来なくなった際の遺骨の処分の仕方から説明していきたいと思います。

お墓の中で土に還す

先祖代々受け継いでいるようなお墓の場合、納骨室の底は土になっている場合があります。
また最近建てたお墓で納骨室がコンクリートで覆われていたとしても、あえて一箇所だけ底が土になっている部分がある場合があります。

納骨室の底に土があるお墓では、納骨室がいっぱいになった時古い順に骨壷から遺骨を取り出し、細かく砕いてこの土の部分に埋めてあげるという方法が一番取られます。
古い骨は風化が進んでいるため簡単に砕けます。
土に埋めた骨はやがて土に還るものですし、本来の姿に戻るわけですから問題などありません。

また納骨室が全てコンクリートに覆われていて遺骨を処分するための土の部分がない場合には、古い順に骨壷から遺骨を取り出し、細かく砕いて一つの一つの骨壷にまとめてしまって問題ありません。

こうすることで新たに骨壷を置くスペースが確保でき、納骨室を再び広く使うことができるようになりますし、最近は葬儀で使う骨壷よりも小さな骨壷が販売されていますのでそれに移し替えても良いでしょう。
この時に不要となった骨壷は廃棄物として扱われるので、各自治体のゴミの分別に従って処分してください。

お墓ごと撤去する場合

お墓を持っていたとしても、そのお墓を継ぐ人がいない場合には墓じまいをしなければなりません。
墓じまいをすれば当然、以前納められていた故人の遺骨を処分する必要があります

たいていの寺院や霊園には無縁仏などを合祀するお墓が併設されています。
もし、あなたが故人の遺骨を無縁仏などを合祀するお墓に納骨することを希望するのであれば、霊園の管理者や寺院の住職にその旨を伝えれば所定の手続き等を教えてくれますので、それに従ってください。

もし、遺骨をこれから挙げる納骨堂などで永代供養してもらう場合には、所定の手続きが必要です。

まず自分がこれから遺骨を納める予定の納骨堂から永代使用許可書(受入証明書)を発行してもらいます。
次に自分のお墓がある市町村の役場に行き改葬許可申請書をもらいます。

そしてその改葬許可申請書を霊園や寺院の管理者に持っていき署名捺印をもらいます。
この時、現在の霊園・寺院の管理者に埋葬証明書を発行してもらいましょう。

最後にその改葬許可申請書と埋葬証明書・永代使用許可書を持って再び自分のお墓がある市町村の役場に行けば、改葬許可証を交付してもらうことができます。

これでやっと遺骨の移動ができるようになり、自分の菩提寺の住職に墓前で魂抜きをしてもらい遺骨を取り出します。

そして永代使用許可書、改葬許可証を持って納骨堂に行き、遺骨を納めてもらいます。
大変手間がかかりますが、この改葬許可証がなければ今度は納骨堂で遺骨を受け入れてもらえません。

墓じまいした際には墓石は石材業者に処分してもらう必要もあり、墓じまいはお布施代なども併せて全体で10~50万程度の費用がかかります。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

個人的に墓じまいをするには、面倒な行政手続きを全て自分たちでしなければなりません。
終活ねっとの墓じまい代行サービスでは、皆さんのお墓の改葬・墓じまいを全てサポートします。
墓じまいを検討されている方は、ぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

遺骨が不要な場合の処分方法

お墓

はじめからお墓を持つ予定がない場合遺骨を処分しなければならない際には、どのように処分すれば良いのでしょうか?

火葬場で処分する

一番はじめに考えられれるのは、火葬場で処理してもらうことができないかということです。

火葬場で引き取ってもらえる場合も

火葬場では原則遺骨は遺族が引き取らなければならないことになっていますが、実は火葬場で供養塔を併設しているような場合には、不要となった遺骨を引き取って処分してもらえる場合があります。

墓埋法では遺骨は墓地以外の場所に埋葬してはいけないことになっていますので、身元不明者や身寄りのない方が亡くなって行政側で遺骨を処理しなければならない時のために、火葬場で供養塔を併設していることがあるのです。

また関西の方では火葬した際に遺骨の一部だけを引き取る部分収骨が普通となっており、残った遺骨や遺灰は火葬場が契約している寺院や境内にある墓地に埋葬されます。
そのため火葬場に申請書さえ出せば火葬場ですべての遺骨を処分してくれる場合もあるのです。

あくまでも火葬場の判断のもとで行われることなので、遺骨を処分してもらえるかどうかは火葬場によって違うので事前に確認、相談する必要があります。

遺骨を焼き切る

もし火葬場で遺骨を処分してもらう際には、遺骨は焼き切りという焼却方法で焼かれます。

通常よりも高い温度で長時間焼くことによって焼け残った遺骨は普通の遺骨よりも脆くなって、簡単に粉砕できるようになり、小さくまとめることができます。
そして併設の供養塔や提携先の寺院に埋葬されるのです。

ただし、高温で長い時間を掛けて炉を焚くと、炉自体を痛めてしまうのでその分費用が加算されてしまう場合もあります。

遺骨を散骨する

次に処分の方法として考えられるのは海や陸地に遺骨を撒く散骨です。

現代の法的な解釈では、憲法の定めるところの信仰・思想の自由の下、散骨は節度を持って行う限り合法であるとされていますが、遺骨をそのまま好きな場所に撒いて良いわけではありません
刑法190条の規定にあるように遺骨と分かる状態で撒くと遺骨遺棄罪で罪に問われてしまいますので、遺骨は骨と分からなくなるくらい粉骨する必要があります。
粉骨は個人ですると大変なので、専門の業者・事業主に委託したほうが良いでしょう。

また散骨をする際には公序良俗を持って行わなければならず、自分の私有地なら費用もかからず問題はありません。
しかし、河川や浄水のある場所に撒くと破棄物処理法違反、漁業権がある場所や観光施設など人びとの生活に深く関わる場所などに撒くと損害賠償請求や慰謝料を請求される場合があるので注意が必要です。
心配ならば専門の業者・事業主に頼めば適切な形で散骨を手配してくれ、費用はだいたい20万円くらいからあります。

納骨堂などで永代供養してもらう

現在のお墓事情で利用が増えているのが納骨堂に遺骨を奉納し永代供養してもらう葬送です。

お墓が一基あたりの金額であるのに対し、納骨堂の永代供養料は1人あたりの金額になり、この永代供養料さえ最初に払ってしまえば、以後の供養に関しては納骨堂と提携する寺院が代行しておこなってくれるため無縁仏にならずに済むのです。
公営の納骨堂であれば永代供養料は10万円くらいからあります。

もちろん墓じまいで処理しなければならなくなった遺骨も、1人あたりの永代供養料さえ払えば受け入れてくれます。
この場合は納骨堂で引き取った遺骨は、納骨堂の定める期間の間保管され、期間が終わったら納骨堂が併設している合祀墓に他の故人の遺骨と共に埋葬され処分されます

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

少子化・晩婚化が進む昨今、永代供養をされる方は増えてきています。
永代供養ができる霊園をお探しの方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは永代供養を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

遺骨を処分してくれる業者・事業主に頼む

法的に勝手に遺骨を処分できないため、最近では遺骨の処分を代理で行ってくれる業者・事業主もあります。

相続の際にはお墓や遺骨の管理を引き継ぐために必ず遺族の中から祭祀主催者が決められます。
祭祀主催者はお墓や遺骨を管理する義務を負うと同時に処分する権利も与えられるのです。

祭祀主催者が自筆捺印した依頼書を業者・事業主に渡すことで、業者・事業主は法に触れることが無くなります。
そして、法的に問題がない方法で遺骨を処分してくれます。

ただし業者・事業主がその遺骨をどうするかは、その業者・事業主によって様々です。
業者・事業主が提携する寺院や納骨堂に持って行き合祀墓に埋葬してもらう場合もありますし、粉々に砕いて散骨する場合もあります。
最近では郵送で遺骨を送ってもらい、粉骨した後に海などに散骨する「散骨代理サービス」なるものもあり、値段も3万円程度です。

無縁仏と遺骨について

お墓

代が途絶えてしまったり、身元が分からなくなってしまったお墓は墓埋法の規定により一定期間が過ぎるとお墓の管理者によって所定の手続きを踏んだ上で無縁仏と判断され、勝手に処分することを許されています。

当然、それらのお墓の下には故人の遺骨が納められています。
無縁仏となった遺骨はどのように処分されてしまうのでしょうか?

無縁仏となった遺骨のゆくえ

多くの霊園や寺院の墓地では様々な人の遺骨が合祀された慰霊碑があります。

これ無縁仏となってしまった方の遺骨を最終的に処理するためのもので、他の方の遺骨と共にまとめて埋葬されます。

他の方の遺骨と混じってしまうため、後で引き取り手や身元が判明したとしても再び合祀墓から特定の人の遺骨を取り出すことはできなくなってしまいます

無縁仏として遺骨を処分できるのか

世の中には不慮の事故により身元が判明しないまま亡くなられてしまい無縁仏になってしまう方もいます。
このような方の遺骸は警察により検視が行われ事件性の有無を調べられた上で、事件性が無いようならば行旅病人及行旅死亡人取扱法に基づき埋葬・火葬許可を行政の長が出し、指定の火葬場で焼却され、行政が管轄する合祀墓に埋葬されます。

また最近では孤独死が話題になっていますが、身元が判明していたとしても借金や縁故の問題で親族が遺骸の引き取りを拒否する場合もあり、この場合も遺骸は無縁仏になってしまいます。

この場合は各自治体が代理として遺骸を火葬し、その遺骨もやはりその自治体が管理する合祀墓に埋葬されます。

墓埋法の規定により、散骨などといった場合を除き遺骨は最終的にどこかに埋葬しなければならないので、無縁仏の遺骨はこれらの合祀墓に埋葬され処分されることとなるのです。

ですが、無縁仏にすることを遺骨の処分の手段として用いることは本当にいいことなのでしょうか?

もちろん、考えは人それぞれなので一概には言えません。
しかし、故人を供養をしてあげるべきという考えに基づくのであれば、永代供養の合祀墓に入れてあげるなど、いくらでも選択肢はあるので他の選択を取った方がいいかもしれません。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

無縁墓になることを避けたい方は、永代供養にするのがおすすめです。
永代供養ができる霊園・墓地をお探しの方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは永代供養を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

亡くなった動物の遺骨を処分する

葬儀

最近はペットも家族同然かそれ以上に愛情を注ぎ、亡くなった場合は火葬や葬儀を行い、遺骨を仏壇を供える方もいます。

実際にペットを火葬した方の8割はその遺骨を持って帰ります。
当然犬や猫の場合は人間に比べ寿命が短く、また複数のペットを飼っていればその分回数も多くなっていきます。

また転居などでどうしてもペットの遺骨を処分しなければならない場合、人間の遺骨と同様に何か法的な決まりごとやマナーなどはあるのでしょうか?

勝手に処分してもいいのか

まず法的な観点から見てみますと、ペットは人ではないので墓埋法の対象外となり火葬などで許可が必要ということはありません

廃棄物の処理及び清掃に関する法律第2条でペットの遺骸は廃棄物として扱われ、分可燃物として分類されます。
だからといってむやみやたらにどこかに捨てて良いかというとそう訳にはいきません

動物の遺骸は腐敗するため、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で鳥獣の遺骸を河川や公園などといった公有地、あるいは他人の私有地に埋めたり捨てたりした場合には、公衆衛生の観点から廃棄物の処理及び清掃に関する法律5条に抵触し、廃棄物処理法違反で軽犯罪に問われることとなります。

遺骨を処分したい場合はどうすればいいか

ペットの遺骨を所持しているということは火葬したということですので、法律上は焼却灰と同等の扱いとなり、自治体によって対応は異なりますが基本的には自治体指定の可燃物のごみ袋に入れて廃棄物として処理してもらうことになります

ただそれでは不憫で仕方がないというのであれば、自宅など自分が所有する私有地ならば穴を掘って埋めても問題はありません
ただし、埋める場所が地下水など生活用水に使われる場所に近い場合は土壌汚染をさせてしまう場合があるので注意が必要です。

私有地とはいえ、そこに死体が埋まっているというのは周りの人から見ればやはり気分が良いものではありませんので節度をもって埋葬しなければなりません

遺骨の処分についてまとめ

葬儀

以上のように、遺骨を処分しなければならなくなる場面も、それによってその遺骨を処分する方法も様々です。
遺骨を処分する場面と、それに伴う処分の仕方を最後にリスト化してまとめておきます。

  • 刑法190条と墓埋法第4条の規定があるため遺骨を勝手に処分すると遺骨遺棄罪などに問われ違法となり、処罰の対象となります。遺骨を処分するには法的な手続きを踏む必要があります。
  • お墓に埋葬されている遺骨を処分する際には納骨室の底が土になっていれば古い遺骨順に土に戻します。お墓自体を処分する場合には法的な手続きを踏む必要があり、役場等で許可証を発行してもらった後にしかるべき処置で処分します。
  • お墓が無く新たに生じた遺骨を処分するには火葬場で処理してもらえる場合もありますが、永代供養や散骨、業者に委託して処分してもらうなどいくつか選択肢があります。
  • 無縁仏となってしまった遺骨の場合、墓地にある無縁仏は一定期間が過ぎると墓地の管理者によって合祀墓に埋葬されます。身寄りのない無縁仏は行政が法律に則り火葬され、その自治体が管理する合祀墓に埋葬されます。
  • ペットの遺骨は人間の遺骨と違い廃棄物扱いとなり可燃物に分類され、処分に法的な許可は必要ありません。しかし勝手に処分してしまうと廃棄物処理法違反となってしまうので自分が所属する自治体の廃棄物処理の手順に従って処分します。

いかがだったでしょうか。

昨今のお墓事情や後継者問題で遺骨を自分の代で処分しなければならない人たちはだんだんと増えており、決して他人事ではなくなってきています

遺骨の処分というのはやはり寂しい気がしますが、遺骨も最後は土に還っていくと考えれば、いざ自分が遺骨を処分しなければならない立場になった時に少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

以上、大変長い文章になってしまいましたが、ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。

終活ねっとでは「遺骨の処分」以外にも墓じまいや改葬、そして現代の墓問題などについての記事を多数掲載していますので、ぜひそちらもご覧ください。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは永代供養を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「遺骨・処分」に関連する記事

「遺骨・処分」についてさらに知りたい方へ

  • 遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!のサムネイル画像

    遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!

    誰のか分からない遺骨が出てきた時、処分に困りますよね。遺骨は正しい処分方法で処分しなければ違法になってしまいます。ごみとして捨てるなんて絶対にしてはいけません!そこで今回は遺骨を処分する方法を、価格順に紹介していきます。

  • お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!のサムネイル画像

    お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!

    お墓や遺骨に関する疑問は、家族間の大きな問題でもあります。今回は納骨や遺骨の移動など、お墓の遺骨に関する問題について幅広く解説していきます。ぜひこれを読んでお墓と遺骨の問題について、詳しい知識を身に着けてくださいね。

  • 墓じまい後のご遺骨はどうすればいいの?改葬の手続きを詳しく解説!のサムネイル画像

    墓じまい後のご遺骨はどうすればいいの?改葬の手続きを詳しく解説!

    墓じまいを考えている方としては、お墓の中にある遺骨をどのようにしようかと悩む方も少なくないかと思います。そこで今回は墓じまいの後に遺骨をどのようにすればよいのかについていろいろと見ていきたいと思います。いくつか方法がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • お墓を処分してしまう!?「墓じまい」・「改葬」とはなんなのかのサムネイル画像

    お墓を処分してしまう!?「墓じまい」・「改葬」とはなんなのか

    先祖代々のお墓を守っていくために、と子孫繁栄を願ったのは昔の話。ライフスタイルの変化や少子化でお墓を守っていくのが難しくなり処分を考えている人も増えてきました。今回は、お墓を処分する、「墓じまい」とはどんなことをするのか、について紹介します。

  • お墓からご遺骨を出すことはできるの?手続きや費用なども解説!のサムネイル画像

    お墓からご遺骨を出すことはできるの?手続きや費用なども解説!

    お墓からご遺骨を取り出すことは、法律的に認められているのでしょうか? 近年では、様々な理由から改葬や墓じまいなどをお考えの方も多くいらっしゃいます。 今回は、お墓からご遺骨を取り出す際に必要な手続きや費用について、詳しく解説を行います。 ぜひ最後までご覧ください。

  • 新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説のサムネイル画像

    新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説

    昨今の墓地事情や宗教観の変化により遺骨を身近な処で供養する手元供養を選ばれる方々が年々増えています。 新しい供養の在り方として注目を浴びていますが、注意点も存在します。 ここでは手元供養の概念と方法、そして注意点を解説いたします。

  • お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

    お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

    お墓をお守りするご家族にとって、次の世代にお墓を引き継ぐことが難しい時代となってきました。継承者不足や費用の面から泣く泣くお墓を処分するケースも少なくありません。もしお墓を処分する場合にはどの位の費用がかかるのか、墓じまいにかかる費用の相場について解説します。

  • 永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説のサムネイル画像

    永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説

    お墓の継承者がいないため、永代供養を選択して墓じまいをする人が増えてきました。しかし墓じまいするためには、墓石を処分したり遺骨を取り出す必要があります。そこでこの記事では、遺骨を永代供養する際の墓石の処分法と必要な手続きについて説明していきます。

  • お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

    お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

    先祖代々受け継いで来たお墓でも、引き継ぐ人が無ければお墓を整理して墓じまいをしなければなりません。 お墓を整理する際には様々な費用が生じますが、いったいどのような費用が必要になるのでしょうか。 今回は墓じまいにかかる費用にいてお話しします。

  • 墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

    墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

    ご先祖様のお墓を継ぐ人がいなくなってしまった場合は墓じまいをしなければなりません。 墓じまいをしないと、そのお墓は無縁仏になってしまうのです。 では、墓じまいにはどれ程の料金が必要で、内訳はどうなっているのでしょうか? 今回は墓じまいの料金をテーマに説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「遺骨・処分」についてさらに知りたい方へ

遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!のサムネイル画像

遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!のサムネイル画像

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!

墓じまい後のご遺骨はどうすればいいの?改葬の手続きを詳しく解説!のサムネイル画像

墓じまい後のご遺骨はどうすればいいの?改葬の手続きを詳しく解説!

お墓を処分してしまう!?「墓じまい」・「改葬」とはなんなのかのサムネイル画像

お墓を処分してしまう!?「墓じまい」・「改葬」とはなんなのか

お墓からご遺骨を出すことはできるの?手続きや費用なども解説!のサムネイル画像

お墓からご遺骨を出すことはできるの?手続きや費用なども解説!

新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説のサムネイル画像

新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説のサムネイル画像

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「遺骨・処分」についてさらに知りたい方へ

遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!のサムネイル画像

遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!のサムネイル画像

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!

墓じまい後のご遺骨はどうすればいいの?改葬の手続きを詳しく解説!のサムネイル画像

墓じまい後のご遺骨はどうすればいいの?改葬の手続きを詳しく解説!

お墓を処分してしまう!?「墓じまい」・「改葬」とはなんなのかのサムネイル画像

お墓を処分してしまう!?「墓じまい」・「改葬」とはなんなのか

お墓からご遺骨を出すことはできるの?手続きや費用なども解説!のサムネイル画像

お墓からご遺骨を出すことはできるの?手続きや費用なども解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと