お墓参りの服装はどうしたらいい?マナーや注意点などを解説!

お墓参りに行く時の服装って何か決まりごとやマナーというものがあるのでしょうか?普段の普通のお墓参りの時と法事などの節目の時では服装にも違いがあるのでしょうか?そこで時期によっての服装の違いやマナー、注意点などをご紹介します。

目次

  1. お墓参りの服装について
  2. お墓参りに行く時の服装マナー
  3. 節目にお墓参りに行く時の服装
  4. 掃除中心のお墓参りに行く時の服装
  5. お盆や夏にお墓参りに行く時の服装
  6. 友人としてお墓参りに参加する時の服装
  7. お墓参りの服装に関する注意点
  8. 服装以外のお墓参りに関するマナー
  9. お墓参りの服装まとめ

お墓参りの服装について

お墓

お墓参りに行く時の服装って決まりやマナーがあるものなのでしょうか?
普段のお墓参りと節目の時とは服装は違うものなのでしょうか?
そんな疑問を感じて家で何を着ていこうか迷ってしまう方もおられることでしょう。
そこでこの記事では、お墓参りの時の服装に関する疑問やマナーをご紹介します。

終活ねっとでは今回お墓参りの服装について、以下のようなことを説明していますので、ぜひお墓参りに行く時の参考にしてくださいね。

  • お墓参りの時の基本的な服装のマナー
  • 節目の時の服装は?
  • 掃除中心の時の服装は?
  • お盆や夏の服装は?
  • 友人として参加する時の服装は?
  • お墓参りの服装の注意点

お墓参りというものは、故人やご先祖様がいるお墓にお参りすることです。

今自分が存在しているのはご先祖様がいたからであり、お墓参りをすることで日々平穏に過ごせていることに感謝し、故人やご先祖様が安らかに眠っていただけるように供養します。

供養することが一番大切なことではありますが、ご先祖様や故人に会いに行くと意味合いも含まれていますので服装もきちんとしたもので行った方が良いでしょう。

お墓参りに行く時の服装マナー

お墓

お墓参りはいつ行かなければいけないという決まりはなく、いつでも好きな時にお参りに行っても良いものです。

従って服装は普段着で構わないということになります。
しかしお墓は厳粛な場所ですので一応マナーというものがありますが、外出する時に恥ずかしくない格好であればどんな服装でも大丈夫です。

この章では男性女性のお墓参りに行く時の服装について解説します。

男性

お墓参りはいつ行ってもいいのですから、仕事帰りにお参りしようと思ったのでスーツを着ていた、作業着を着ていたというのでもOKです。

普段外出する時に着ていく服で、清潔なものであればどんな格好でも大丈夫です。
あまりにド派手な色でなければ黒にこだわる必要もありません。
ですがお坊さんや他の人と顔を合わせる可能性もありますので、落ち着いた雰囲気の服装や色を選んだ方が無難です。

よそのお家を訪問する時の服装というイメージが良いのではないでしょうか?

女性

女性も普段のお墓参りの服装は、普段着でもOKです。
お墓参りは故人やご先祖様の供養のために行くものですから、服装よりもお参りする気持ちの方が大事です。

しかし他にお参りに来ている方に会うかもしれませんので、全身が真っ赤であるとかコスプレしたような遊び心満載の服装は避けた方が良いでしょう。
わざわざ礼服に着替える必要はなく、近くのスーパーに買い物に行く時の服装ぐらいでも大丈夫です。

結婚や入学の報告にお参りするのなら、少し改まった服装で行くのも良いでしょう。

節目にお墓参りに行く時の服装

お墓

お墓参りの服装は基本的には普段着でも良いとされています。

しかし節目の時には服装にもマナーというものがあります。
法事と初盆の時にふさわしい服装について解説しますね。

法事

法事の時は、基本的には正喪服か準喪服を着用するのが望ましいとされています。
一般的には七回忌までは準喪服以上、それ以降は平服でも大丈夫とされています。

親族や地域によって喪服を着用するか変わってきます
男性はダークカラーかブラックのスーツ、ワイシャツは白でワイシャツ以外は黒にしましょう。
女性はブラックか紺、グレーなどのスーツかワンピースを着用するのが望ましいです。
パンツスーツでも大丈夫な場合もあります。

初盆

初盆でも服装はいつものお墓参り同様に普段着で大丈夫です。
法要がある時は夏用の礼服を着用しましょう。

お盆は夏ですのであまり堅苦しい格好ですと、汗だくになり熱中症の危険性もあります。
悩んだら「落ち着いた雰囲気のデザインと色」「清潔さ」「露出の少ないもの」この三点に注意しながら服を選ぶようにしましょう。

掃除中心のお墓参りに行く時の服装

お墓

お墓参りにあまりいけない方は、掃除がメインになる場合もあるでしょう。

掃除メインの場合は、礼服を着ていくと動きにくく汚れることを気にして十分の掃除できないことがあります。
動きやすく汚れてもいいような服を着ていく方が良いでしょう。
草むしりや水を使うことも多いので、長靴や作業着を持って行って掃除を始める前に着替えてもよいかもしれません。

お墓が遠く、電車で行かなければいけない時はあまり大荷物だと大変です。

そんな時はエプロンや小さく折り畳める雨合羽を持って行って掃除の時につけるのもいいでしょう。
足元は水がかかる可能性がありますので、革靴やハイヒールよりもスニーカーの方が良いでしょう。

お盆や夏にお墓参りに行く時の服装

お墓

お盆にお墓参りをする時は、あまりきっちりとした服装で行くと暑くて大変です。

男女ともに半袖のブラウスでも大丈夫ですが、霊園や墓地は郊外にあることが多く蚊がたくさんいる場合がありますので注意してください。

また屋外にあるお墓は日差しを遮るものがあまりありませんので、薄手の長袖を着た方が良いかもしれません。
お墓参りは黒色というイメージですが、夏に黒色は熱がこもりやすいですので特に黒に執着する必要はありません
ストッキングも黒ではなく肌色でもOKです。

帽子もかぶって行っても大丈夫ですが、墓前でお参りをする時は帽子を脱ぐようにしましょう。
カジュアルすぎなければ普通の夏のお出かけスタイルでお参りしてもOKです。

友人としてお墓参りに参加する時の服装

お墓

友人としてお墓参りに参加する時は、法要がある時は礼装で行くのがマナーですが普段のお墓参りの場合は普段着でも問題ありません

しかしお墓で遺族や親族と会う可能性もありますので、常識範囲内の落ち着いた服装で行かれる方が良いでしょう。
お墓は厳粛な場ですので礼装で行くのが最もふさわしいとも言えます。

ちなみに礼装とは冠婚葬祭の時に着用する正式な服装のことです。
正礼装・準礼装・略礼装など格式の違いがあります。
儀式に礼装を着用すると「正装した」ということになります。
平服とは準礼装か略礼装のことで、平服と普段着とは別物です。

お墓参りの服装に関する注意点

お墓

普段のお墓参りでは、服装にそれほどの決まりはなく普段着でも大丈夫ですが、やはりお墓は故人やご先祖様の供養を祈るためにお参りする場所です。
普段着と言ってもマナー注意点があります。
親族や他の方からひんしゅくを買わないように良識のある服装を心掛けましょう。

住んでいる地域やそれぞれに家庭によっては決まりごとが違う場合もありますが、一般的なマナーとして覚えておきましょう。

派手すぎる色の服装は避ける

お墓参りは普段着でもいいのですが、故人やご先祖様の供養のためにお参りするのですからあまり派手すぎる色の服装は避けるようにしましょう。
海に遊びに行くような恰好や派手な色合いの服装はやめましょう。
清潔なものであればTシャツでも構いませんが、あまりキラキラしたものや個性的すぎるファッションはお墓参りの時は控えるようにしましょう。

子供はそれほど服装に厳しくする必要はありません。
法事などの節目の時は制服か落ち着いた色合いの清潔な服装にしましょう。

露出が多い恰好は避ける

お墓参りの時は露出が多い服装は避けるようにしましょう。
ノースリーブやミニスカート、短パンなどはお墓にはふさわしくありません。
暑い時期ならせめて袖のあるものを着用するか、ジャケットを羽織るようにしましょう。
胸元が極端に開いた格好もNGです。

葬儀やお墓参りの時は、肌をあまり見せないようにするのが一般的なマナーとなっています。

女性のアクセサリーはパールの小物のみ可

女性のアクセサリーは基本的には何もつけないかパールの物にしましょう。
キラキラ光るものは極力避けるのがマナーです。
あまりジャラジャラと長いネックレスやブレスレットを付けていくと墓石にぶつかって傷つける場合もあります。

腕時計もシンプルなもの以外はお参りの間は外すようにすれば無難です。
ピアスやイヤリングもお参りの間だけでも外すようにしましょう。

匂いのきつい香水も付けない方が良いでしょう。
というのも、香水の匂いでアブや蜂などの虫が寄ってくる場合もあります。
基本的に葬儀や法事、お墓参りの時は香水は付けないのがマナーとされています。

サンダルなどは避ける

靴はサンダルなど足先やかかとが見えるものはマナー違反とされています。

墓地や霊園は足元に石などがあり怪我をする可能性もあります。
ヒールの低いパンプスや地域によってはスニーカーでもOKというところもあります。
オシャレ度よりも歩きやすさを優先したほうが良いでしょう。

服装以外のお墓参りに関するマナー

お墓

服装以外にもお墓参りに関するマナーはいくつかあります。
ここでは、お墓参りの時の持ち物・挨拶・掃除方法や、お墓参りの時期についてみていきます。

持ち物

お墓参りの時に必要となる持ち物には、以下のものが挙げられます。

  • お花
  • 線香
  • ろうそく
  • ライター(マッチ)
  • 数珠
  • お供え物

以上のものの他に、必要な掃除道具をあわせて持っていくと良いでしょう。
掃除道具は墓地・霊園で貸し出してもらえる場合もあります。

管理者への挨拶

お墓を訪れたら、まずはその墓地・霊園を管理している管理者の元へ足を運び挨拶をしましょう
寺院墓地の場合は、最初に寺院のご住職にご挨拶をし、ご本尊を参拝しましょう。

掃除の流れ

掃除の流れは以下のようになります。

  • 墓所内の掃除
  • 香炉などの装飾品を掃除
  • 目地などの掃除
  • 墓石本体の掃除

終活ねっとでは、お墓参りに関する記事が多数あります。
お墓参りの流れ・お墓の掃除方法についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お墓参りには行くけれど、正しいお墓参りの仕方や手順は分からないということはありませんか?今回はお墓参りの仕方について詳しく解説します。持ち物や服装などの基本的なお墓参りのマナーについても説明しますので一般的な知識としてご参考にしてみてください。

こちらも読まれています

お墓の掃除方法や、墓石の掃除グッズを一挙紹介します!

墓石掃除にはいつも時間がかかると感じる人もいるのではないでしょうか。便利なグッズを利用すればこの墓石掃除も楽にすることができます。ここでは、墓石の掃除の仕方、100均で手に入る便利グッズを紹介します。

お墓参りの時期

お墓参りの時期として一般的なのは、命日・お彼岸・お盆です。
もちろん、これらの時期以外だけでなく、ゴールデンウィークやお正月なども人気です。

命日

故人が亡くなった命日は、一回忌・三回忌などの法要にあわせてお墓参りをすることが多いです。
法要がなくても、命日にはお墓参りをすることが多いです。

お彼岸

お彼岸は春と秋、あわせて年に2回あります。
春の彼岸は春分の日を中日として前後3日の7日間、秋の彼岸は秋分の日を中日として前後3日の7日間です。
ぼたもちやおはぎを作って、故人を迎えることも多いです。

お墓参りにいついくべきなのか、もっと詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

こちらも読まれています

お墓参りはいつ行けばいい?行くべき時期と時間について解説します!

お盆やお彼岸にはお墓参りに行っているけど、その他はいつ行けばいいんだろう?とわからない人は多いのではないでしょうか?お盆・お彼岸を含めたお墓参りに行くべき時期や、いつどんな時間帯に行けばいいのかについてご紹介します。

お墓参りの服装まとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
お墓参りに行く時の服装について注意点マナーなどをご紹介させていただきました。

終活ねっとのこの記事では以下のようなことを解説してきました。

  • 普段のお墓参りでは服装に特に決まりはない。落ち着いた雰囲気の色とデザインの服装なら普段着でもOK!
  • 法事や初盆など節目のお墓参りは礼装で行くのが望ましい。
  • 掃除中心のお墓参りの時は汚れても良い服装で行きましょう。
  • 夏のお墓参りは半袖でも構わないが、なるべく露出の少ない服装にしましょう。

お墓参りというものはいつ行かなければいけない、この服装で行かなければいけないというきっちりとした決まりはありません。

故人に会いたい時や報告がある時など思い立った時にお参りするのが一番です。
お墓は故人やご先祖様が私たちを見守ってくださる厳粛な場所でもあります。
お墓参りの服装にもマナーというものがありますが、服装も故人やご先祖様に失礼のない格好であれば礼装でなくとも普段着でも大丈夫です。

むしろ服装よりも、手を合わせ故人を偲んで供養するということがお墓参りで一番大切なことです。
お墓参りにはそれほど厳しい決まりごとはありませんので、気軽に訪れるようにしましょうね。
服装を気にしてお参りに行かないよりこまめに訪れる方がきっと故人やご先祖様も喜んでくれます。

終活ねっとでは「お墓参りの時の服装」以外にも、供養に関する記事を多数紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お墓参り・服装」に関連する記事

「お墓参り・服装」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    近年樹木葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬の一種である樹木葬はその名の通り自然に還ることのできる埋葬方法ですが、費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用がどれくらいなのか、おすすめの樹木葬ができる墓地・霊園とともに解説していきます。

    1
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    2
  • お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回終活ねっとでは、お墓の値段について費用の内訳から購入のコツまでお墓の費用に関する全てを解説します。ぜひ最後までご覧になってください。

    3
  • お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際に気を付けるべき注意点というのはあるのでしょうか?もし、あるとすればどのような点に気を配ればよいのでしょうか?今回は、お墓を購入する際の注意点について見ていきます。

    4
  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓参り・服装」についてさらに知りたい方へ

お墓参りの時の格好は?格好の注意点やマナーについて解説します!のサムネイル画像

お墓参りの時の格好は?格好の注意点やマナーについて解説します!

お墓参りってスーツで行くべき?適した服装、マナーまとめ!!のサムネイル画像

お墓参りってスーツで行くべき?適した服装、マナーまとめ!!

お墓参りに行くときの服装は?気をつけることは?のサムネイル画像

お墓参りに行くときの服装は?気をつけることは?

お盆のお墓参りの服装はどうする?目立つ格好などは大丈夫?のサムネイル画像

お盆のお墓参りの服装はどうする?目立つ格好などは大丈夫?

お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうするのサムネイル画像

お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうする

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!のサムネイル画像

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

1
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

2
お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介のサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

3
お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

4
永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと