人気の樹木葬って?イギリスの樹木葬をご紹介します!

イギリスでは法整備が進められるほどポピュアーな存在となりつつある樹木葬ですが、樹木葬とはいったいどのようなものなのでしょうか?日本でも注目を集めつつありますが、イギリスの特徴を交えながらご紹介いたします。

目次

  1. イギリスの樹木葬について
  2. イギリスの樹木葬の特徴
  3. イギリスで樹木葬が浸透した理由
  4. イギリスの樹木葬以外の埋葬方法
  5. イギリスの樹木葬まとめ

イギリスの樹木葬について

お墓

近年、樹木葬が「より自然に近い形で行われる自然葬のひとつ」であるとして注目を集めています。
その背景には核家族化が進み、従来のようにお墓を子や孫へ代々受け継いで管理していくことが難しくなったことが一因と言えます。

また、人生の最後を自分で準備と総括することのできる「終活」が広く認知されてきたことも影響していると思われます。

では樹木葬とはいったいどのようなものなのでしょうか?

日本で樹木葬がスタートしたのは岩手県一関市であると言われてます。
1999年に里山を墓地にして、土へ遺骨を直接埋葬し始めたことがきっかけだそうです。
しかし実は、ほぼ同じ時期に世界中でも樹木葬を行う方が見られたようで、このことから樹木葬が世界各地で自然に発生したことがわかります。

樹木葬は従来の墓石を建立するお墓とは違って、自然な環境に寄り添う形で埋葬することのできるものです。
墓石の代わりに、シンボルツリーと呼ばれる樹木や草花を植えます。
お墓の管理やメンテナンスが負担にならないのが特徴で、宗教や宗派にもとらわれません。

今回はこの樹木葬が、一般的な葬送方法としての広がりを見せるイギリスに注目をしてみます。

イギリスの樹木葬とはどのようなものなのでしょうか?
終活ねっとでは今回、以下のテーマを軸にご紹介していきます。

  • イギリスでは樹木葬が大人気?
  • ただの流行ではない!法整備まで進む樹木葬

イギリス以外でも樹木葬を行う国はあります。
海外での樹木葬を希望して最後のときを海外で過ごす方もおられるようです。
自然派なあなたにぴったりの樹木葬について是非チェックしておきましょう!

イギリスの樹木葬の特徴

人々

イギリスの樹木葬は緑の埋葬(green burinal)と呼ばれています。
1993年にカーライル森林墓地に樹木葬墓地が開設されたのが最初であるとされています。
これ以降にイギリスの樹木葬墓地は公営のものと、民営のものを含めてイギリス国内だけで約270箇所にまでのぼります。

イギリスの樹木葬では樹木葬の定義を以下のように確立しています。

「埋葬および埋骨と、植林或いは既存する樹林や草地の生態学的価値の保全や向上という2つの目的を併せ持つ用地で墓石の代わりに樹木などの自然素材を利用して、棺や棺に代わる容器と墓碑を利用する場合には極力自然で分解可能なものに限る」

と少しややこしい表現ですが、要約するとこうなります。

「埋葬や埋骨をすることと、自然環境を守りつつ向上させていくという両方の目的が可能な場所で、墓石の代わりに木や花、棺は自然分解しやすいものを利用するのが樹木葬です。」

このように明確な定義が確立されていることは、利用する側や樹木葬を取り巻く環境で人々が生活する上で、とても重要なことだと言えます。

では、この定義を踏まえた上で具体的にどのような特徴、ルールがあるのでしょうか?
イギリスで樹木葬を促進する団体が推奨する項目を挙げて説明します。

森林を伐採しない

これまで培われてきた森林を伐採するようなことはなく、自然そのままの状態で墓地として使用します。
この様な内容が定義に加えられていることはもちろんですが、イギリスの自然葬に対する姿勢からもイギリスの人々が自然を大切にしているということが見て取れます。

土葬推奨でダイオキシン対策

約70パーセント以上と欧米の中でも火葬率の高いイギリスでは埋葬墓地の多くが人工的に整備されています。
樹木葬では土葬が推奨されていますが、これは火葬によって発生する可能性のあるダイオキシンなどが及ぼす環境汚染を考慮しています。

エンバーミング作業を行わない

エンバーミングとは、遺体を消毒するなどの処置を施して遺体の長期保存を可能することです。
イギリスの樹木葬の場合は遺体が土の中で自然に分解される工程に配慮して、長期保存を目的としたエンバーミングは行いません

土で分解できる素材で棺を作る

通常の棺では、金具や接着剤などが使用されていたり、棺の材質によっては土の中で分解されにくいものがあります。
このことから、イギリスの土葬では紙で作られた棺や短期間で分解可能な素材を利用することで環境に配慮しています。

お墓に墓標を建てない

お墓の場合は墓石を建立しますが、イギリスの樹木葬では石碑の代わりに樹木や草花などの自然の素材を利用します。
もし、墓碑を立てたい場合には自然で分解可能なものを利用します。

イギリスで樹木葬が浸透した理由

お墓

では、イギリスで樹木葬が浸透した背景にはどのようなものがあるのでしょうか?

イギリスは環境保護団体の運動がさかんな国で、古くからガーデニングの本場とされています。
ガーデニングを通して自然を慈しむお国柄であることも樹木葬の発展に影響しているのかもしれませんが、具体的には以下のようなことから浸透したと考えられています。

樹木葬を促進している団体がある

イギリスには自然な形でやさしい死を考える「Natural Death Centre」という団体があります。
この団体は1991年に設立され、団体が推奨する遺体処理方法の周知や樹木葬を促進する活動を行っています。
このような団体が樹木葬の定義を発信することで、樹木葬に迷いのある遺族や不安感をもつ周囲の人々にも理解が求められます。

樹木葬の法の整備が進んでいる

イギリスでは自然葬に関する倫理規定が策定されています。
これは環境を守るために、墓地作成に伴う人工物から自然の里山を保護しようという理念から生まれたとされています。
また、樹木葬をはじめとする自然葬の参拝者が自然の生態系に影響を及ぼさないように厳しい規制を設けています。
樹木葬そのものの目的がはっきりとしていると、参拝者が配慮すべき点もわかりやすいです。

カーライル森林墓地がはじまり

イギリスで最初に開設された墓地はカーライル森林墓地です。
カーライル森林墓地では、まずシンボルツリーの植樹会が行われます。
植樹会で広大な敷地にまとめて木が植えられた後に埋葬が行われます。

遺族はお墓参りに訪れることはできますが、樹木が植えてある埋葬場所に入ることはできません。
参拝者にはレンガで囲まれた瞑想空間が用意されており、そこでは灯されたロウソクに想いをはせながら故人を偲ぶことができます。

これ以降に開設された樹木葬墓地は270箇所以上とされています。
それだけの数が用意されていれば、きっと自分の希望する場所が見つかりますよね。

観光名所になっている墓地もある

イギリスでは観光名所になっている墓地もあります。
ハイゲートセメタリーと呼ばれる共同墓地です。

この共同墓地にはマルクス経済学で知られるカール・マルクスのお墓があることで有名です。
入場料が設定されていますが、広い敷地と雰囲気のある空間は観光客に人気の場所です。

日本では墓地の観光名所といえば、有名人など限られた人のお墓が印象的ですが、イギリスの樹木葬墓地の場合は景色がよかったり、壮大な自然であったりと、墓地としての機能以外にも魅力がたくさんあるようです。

イギリスの樹木葬以外の埋葬方法

お墓

イギリスは移民の多い移民国家として有名な国です。
それゆえに様々な宗教の人が暮らしています。
宗教が違えば、埋葬方法も当然さまざまなものになりますが、近年では多くの方が市の管理する火葬場を利用しています。
ほとんどの火葬場に共同墓地が併設されていて、この墓地を利用する方もいらっしゃいます。
そこで、ここでは樹木葬以外のイギリスの埋葬方法を2つご紹介したいと思います。

墓地埋葬

イギリスには、樹木葬以外の埋葬方法の1つ目に墓地埋葬があります。

墓地に使用する土地が欲しい場合は、住民票のある市から市営墓地の区画をリース契約で借りることができます。
このリース契約は期間を50年もしくは100年から選択することができますが、リース契約が終了した時点でお墓を管理する親族が不明な場合もあるそうです。
そうなることで、荒れた状態で放置されるお墓も存在します。

もうひとつの墓地を利用する方法として、教会の管理する墓地の区画を買うことが可能です。
教会が管理している墓地の場合は墓地の管理人が手入れをしてくれているので市営墓地の放置状態と比較すると荒れ放題になることは滅多にありません。
墓石は日本同様に石材店で購入しますが、一族で墓石を持っている人は少数でほとんどの場合が個人で墓石を購入します。

散骨

樹木葬以外の埋葬方法の2つ目は散骨です。
イギリスでは散骨が法律で認められているため、許可をとることで誰でも自由に行うことができます。
そういったことから海外からも散骨希望の方が多く訪れており、海外からの散骨に人気のある国です。
特に散骨をするのに人気の場所は、素晴らしい眺望の山や丘、海や川などが挙げられます。

イギリスの樹木葬まとめ

人々

今回はイギリスでの樹木葬についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

最後にイギリスの樹木葬のポイントを振り返ってみましょう。

  • 環境保全を前提とした樹木葬の指針がある
  • 倫理規定を定めるなど法整備が進んでいる
  • 樹木葬以外の選択肢もある
  • 海外からも人気

日本でも樹木葬は着々と浸透してきていますが、まだあまり一般的な埋葬方法ではない印象です。
しかし、日本やイギリス以外の世界各国でも樹木葬は発展しつつあります。

国連のデータから推計された世界人口は平成29年現在で74億人を超えているとされています。
70億を超える人々がお墓を構えることになれば自然環境に与える影響は小さくないでしょう。

イギリス好きが高じて海外で余生を過ごすのも素敵ですよね。
樹木葬以外に散骨もありますので、自然が好きな方にもおすすめです。

日々、新しい時代を迎えることで、伝統的な葬送の慣習から自然環境を意識した方法に視野を広げることが求められています。
子や孫の世代にあらゆる選択肢を用意しておく必要があるのかもしれません。

終活ねっとでは、日本だけでなく、世界の終活についても発信していきます。

樹木葬について詳しく知りたいあなたへ...

樹木葬をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、樹木葬の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「樹木葬・イギリス」に関連する記事

  • 樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットものサムネイル画像

    樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットも

    多様化する現代の中で、最近よく耳にする樹木葬。樹木葬っていったいどこでできるの? 費用は一般的な墓地よりも安い?高い? 従来の埋葬方法とどう違うの? メリット・デメリットは? 樹木葬について気になる疑問を一つ一つ解決します。実際に樹木葬ができる墓地もご紹介します!

  • 外国の樹木葬事情とは?それぞれの国で異なる特徴や展開のサムネイル画像

    外国の樹木葬事情とは?それぞれの国で異なる特徴や展開

    樹木葬といえば近年、日本でも導入する人が増えてきているお墓の形式の1つです。実は樹木葬は外国でも広く採用されていますが、その事情はそれぞれの国々によっていろいろと違っています。今回は国ごとに事情や特徴の異なる外国の樹木葬について見ていきます。

  • 樹木葬の選び方についてその注意点やメリットを徹底解説!のサムネイル画像

    樹木葬の選び方についてその注意点やメリットを徹底解説!

    樹木葬というと「新しいお墓の形」として注目されている埋葬方法ですが、墓地や霊園の選び方がよくわからないという人もいるでしょう。そこで樹木葬を希望する人に、樹木葬ができる墓地や霊園の選び方のポイントを説明していきますね。

  • 樹木葬にも問題点がある?メリット・デメリットを詳しく解説のサムネイル画像

    樹木葬にも問題点がある?メリット・デメリットを詳しく解説

    終活中に一度は「樹木葬」という言葉を聞いたことがあるかと思います。樹木葬にも問題やメリット、デメリットがあります。今回は、樹木葬について終活中に知っておいて欲しい問題点や注意点を中心にお話し致しております。

  • お墓がいらない樹木葬って何?メリットや費用相場を解説!のサムネイル画像

    お墓がいらない樹木葬って何?メリットや費用相場を解説!

    時代の変化に伴い、お墓はいらないと考える人が増えています。そのような中、墓石を建てない埋葬方法として樹木葬に注目が集まっています。そこで今回はお墓がいらない樹木葬についてさまざまな面から解説していきます。樹木葬のメリットや費用の全国的な相場などもご紹介します。

  • 樹木葬のトラブルって一体何?樹木葬の注意点について解説します!のサムネイル画像

    樹木葬のトラブルって一体何?樹木葬の注意点について解説します!

    「自然に還る」ということで人気を集め、少しずつ全国に広がりつつある樹木葬ですが、その一方で様々なトラブルもあるようです。そこで、樹木葬におけるトラブルとはどのようなものなのか説明します。樹木葬についての理解が深まりますので是非お読みください。

  • 今日本で注目されている樹木葬とは?日本初の樹木葬も紹介しますのサムネイル画像

    今日本で注目されている樹木葬とは?日本初の樹木葬も紹介します

    樹木葬をご存知でしょうか?今日本で注目されている供養方法の一つです。なぜそこまで樹木葬が注目されているのか、樹木葬とはどのようなものなのかをご紹介させていただきます。日本で初めて樹木葬が行われた場所についても触れたいと思います。

  • 樹木葬って一体何?葬儀の一種ではない?メリットや特徴などを解説!のサムネイル画像

    樹木葬って一体何?葬儀の一種ではない?メリットや特徴などを解説!

    注目度が増している樹木葬ですが、一体どういったものなのかご存じでしょうか?葬儀の一種なのかどうか、樹木葬の種類はどのようなものなのかなど、樹木葬について詳しく解説します。葬儀という点からも樹木葬を解説します。

  • 樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!のサムネイル画像

    樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!

    最近人気のある樹木葬ですが、実際にはどんな埋葬方法なのか、分らない方もいらっしゃると思います。 樹木葬を選択しても本当に問題ないのか、後で困らないかと不安もありますね。 「樹木葬のメリット」について、樹木葬の種類や使用される木、デメリットとあわせて解説します。

  • 永代供養で樹木葬を選ぶ理由は?お墓のイメージを覆す!のサムネイル画像

    永代供養で樹木葬を選ぶ理由は?お墓のイメージを覆す!

    自分が死んだ時の供養方法について考えたことはありますか?現在、後継ぎがいない、金銭的負担が大きいなどの理由で、永代供養を望む人が増えてきています。なかでも注目を集め始めているのが樹木葬という永代供養の方法。“自然に還る”樹木葬について、ご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「樹木葬・イギリス」についてさらに知りたい方へ

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットものサムネイル画像

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットも

外国の樹木葬事情とは?それぞれの国で異なる特徴や展開のサムネイル画像

外国の樹木葬事情とは?それぞれの国で異なる特徴や展開

樹木葬の選び方についてその注意点やメリットを徹底解説!のサムネイル画像

樹木葬の選び方についてその注意点やメリットを徹底解説!

樹木葬にも問題点がある?メリット・デメリットを詳しく解説のサムネイル画像

樹木葬にも問題点がある?メリット・デメリットを詳しく解説

お墓がいらない樹木葬って何?メリットや費用相場を解説!のサムネイル画像

お墓がいらない樹木葬って何?メリットや費用相場を解説!

樹木葬のトラブルって一体何?樹木葬の注意点について解説します!のサムネイル画像

樹木葬のトラブルって一体何?樹木葬の注意点について解説します!

今日本で注目されている樹木葬とは?日本初の樹木葬も紹介しますのサムネイル画像

今日本で注目されている樹木葬とは?日本初の樹木葬も紹介します

樹木葬って一体何?葬儀の一種ではない?メリットや特徴などを解説!のサムネイル画像

樹木葬って一体何?葬儀の一種ではない?メリットや特徴などを解説!

樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!のサムネイル画像

樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!

永代供養で樹木葬を選ぶ理由は?お墓のイメージを覆す!のサムネイル画像

永代供養で樹木葬を選ぶ理由は?お墓のイメージを覆す!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「樹木葬・イギリス」についてさらに知りたい方へ

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットものサムネイル画像

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットも

外国の樹木葬事情とは?それぞれの国で異なる特徴や展開のサムネイル画像

外国の樹木葬事情とは?それぞれの国で異なる特徴や展開

樹木葬の選び方についてその注意点やメリットを徹底解説!のサムネイル画像

樹木葬の選び方についてその注意点やメリットを徹底解説!

樹木葬にも問題点がある?メリット・デメリットを詳しく解説のサムネイル画像

樹木葬にも問題点がある?メリット・デメリットを詳しく解説

お墓がいらない樹木葬って何?メリットや費用相場を解説!のサムネイル画像

お墓がいらない樹木葬って何?メリットや費用相場を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと