分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!

永代供養や散骨、樹木葬など、従来のお墓にとらわれない多様な供養方法に注目が集まる今、分骨についても関心が高まってきています。これまで通りのお墓制度にも、新しい供養方法にも対応できる分骨。その具体的な手続きの仕方や注意点などをご紹介します。

目次

  1. 分骨の方法について
  2. どのような人が分骨を選択するか
  3. 火葬後のご遺骨を分骨する手続き
  4. 埋葬済みのご遺骨を分骨する手続き
  5. 分骨後の供養方法
  6. 分骨を行う際の注意点
  7. ペットの分骨について
  8. 分骨の方法まとめ

分骨の方法について

葬儀

散骨や手元供養、墓じまいなど、近年話題になっているキーワードと共によく聞かれる「分骨」という言葉ですが、どういったものか具体的にご存知でしょうか?

分骨とは文字通り、亡くなった方のご遺骨を分けることです。
ご遺骨を2ケ所以上に分けて納骨したり、ご遺骨の一部を取り分けることを指します。

ご遺骨を分けてもいいの?何のために分けるの?方法は?などと疑問に思う方に向けて、今回終活ねっとでは

  • 分骨を選ぶ理由
  • 分骨をするための手続き
  • 分骨後の供養方法
  • 分骨をする際の注意点
  • ペットの分骨

以上のことを中心に分骨の方法について、ご紹介していきたいと思います。
自身や家族の終活について考える際に、こういう方法もあるんだと参考にしてもらえれば幸いです。

どのような人が分骨を選択するか

人々

社会やライフスタイルの変化にともなって、近年、分骨を選ぶ人は増えているそうです。
どのような人が分骨を選ぶのでしょうか?
ここでは粉骨を選ぶ人はどういった人が多いのかについて解説していきます。

故人を身近に感じたい方

長年連れ添った伴侶や家族が亡くなった時、残された人は悲しみに暮れます。
そんな中、ご遺骨までもお墓に入れてしまうと、故人のすべてを失ってしまうような気持ちになってしまうかもしれません。

寂しさを紛らわせたり、残された方の気持ちの拠りどころとして、分骨は一つの選択肢となります。
ご遺骨の一部を手元に置いておくことで、故人をいつもそばに感じられる、見守ってくれているような安心感につながるので、故人を身近に感じたい方には分骨はオススメです。

お墓が無縁仏になる可能性が高い方

未婚だったり、結婚していても子供がいない、また近親者もいない場合、今あるお墓を継いで管理する人が途絶えてしまうことになります。
そうして訪れる人もおらず管理されなくなったお墓を無縁仏といい、近年の社会問題となっています。
すでに全国で約4割ものお墓が無縁仏になっており、今後も増加の一途をたどるといわれています。
そのため、お墓が無縁仏になる可能性が高い方には粉骨はオススメです。

先祖代々のお墓を無縁仏にしないためにも、継ぐのが難しいと分かっている場合は、墓じまいなどを考えておかなければなりません。
その際には、ご遺骨を合葬にしたり、本山に納めたり、散骨したりと方法はいろいろあり、一部を分骨しておくケースがよく見られます。

お墓が自宅から遠くお墓参りが困難な方

生まれた場所で育ち、働き、暮らし続けて最期を迎えるというのが珍しくなった現代では、先祖代々のお墓のある場所から、遠く離れた地で暮らしている方が大多数かと思われます。
お墓が遠方にある場合、行くのに時間も費用もかかります

また、元気なうちは問題なくても、体が不自由になったり、年を取ってくると体力的にも大きな負担となってしまいます。

分骨すれば、自宅の近くに新たにお墓を建てて分骨したご遺骨を納骨することもできますし、手元供養にすることもでき、いつでもお墓にお参りに行ったり、供養することができます。
したがって、分骨はお墓が自宅から遠くお墓参りが困難な方にもオススメです。

お墓を建てる費用を高いと感じる方

お墓を建てるのに必要な費用は、永代使用料・墓石代・管理費です。
公営の霊園に建てるのか、民営なのか、寺院なのか、また地域によってもその価格は大きく異なりますが、お墓の購入には平均して150~200万円かかるといわれています。

家のお墓があってそこに入れるなら良いのですが、新たにお墓を建てなければならないとなった時に、お墓を建てる費用を高いと感じる方は少なくありません。

また近年では、宗教観の薄れにともなって、お墓自体に必要性を感じないという方々もいます。
お墓にお金を使うよりも配偶者や子供にお金を残したい、残された者にお墓の負担を背負わせたくないと考える方もいらっしゃるでしょう。

そういったお墓を建てる費用を高いと感じる方が希望するのが、樹木葬や散骨、永代供養など、お墓を必要としない供養方法です。
これらの供養方法では継承者を必要とせず、お墓を建てるよりも費用がかかりません。

ただし一度合祀してしまうと、後から遺ご骨を取り出したいと思っても取り出すことはできません。
後々のことを考えた時に、一部を分骨しておくと安心です

散骨・樹木葬をするが一部ご遺骨を残したい方

散骨や樹木葬という供養方法が浸透してきた現在ですが、それと同時にデメリットも聞かれるようになってきました。
ご遺骨をすべて散骨したあとに、お墓のような手を合わせる対象がなくて寂しさを感じる、心の拠りどころがなくなってしまったというものです。

樹木葬の場合も、合葬されることが多いため、故人一人に対して手を合わせる感じがしないという声を聞きます。
また、こういった従来とは異なった供養方法を受け入れられない方もおり、親族間でトラブルになるケースも多々見られます。

故人の希望で散骨や樹木葬を行いたい場合でも、ご遺骨の一部を分骨しておけば、手元供養にして手を合わせる対象として残しておくことが可能ですし、分骨したご遺骨を従来通りお墓に納骨して、故人や親族双方が納得のいく形に収めることができます。

火葬後のご遺骨を分骨する手続き

葬儀

故人が生前に分骨することを希望していたり、家族や親族間で分骨について話がされているなど、分骨することが葬儀の時点で決まっている場合は、火葬の際に分骨する方法が最も手間がかかりません。
ここでは火葬後のご遺骨を分骨する手続きについて解説していきます。

分骨証明書を依頼

火葬場を管理している人に分骨希望の旨を伝え、分骨証明書を発行してもらいます。
分骨証明書は、分骨を希望する人数分必要となります。

例えば、兄弟3人がそれぞれのお墓に納骨したい、といった場合には分骨証明書を3枚発行してもらう必要があります。
発行費用は火葬場によって異なりますが、市町村などの地方自治体が運営している公営の火葬場ですと、だいたい1通数百円ほどとなっています。

ちなみにこの「分骨証明書」ですが、分骨のために必要なものではなく、分骨したご遺骨を次にどこかに納骨する時に必要な証明書です。
したがって散骨したり、手元供養にする場合には必要ありません。

ただし、手元供養していた人が亡くなったりしてご遺骨をどこかに納めたいなど、将来的に何らかの事情によって納骨しなければならなくなった際に必要となりますので、万が一のことを考えて必ず発行してもらい、大切に保管しておきましょう

火葬場で骨壷に移してもらう

分骨用の骨壺が事前に用意できている場合は、火葬後で骨壷に移してもらうことができます。
また、自宅にご遺骨を持ち帰ってから、家族で分骨することも可能です。
ゆっくりと骨壺を選んだり、葬儀が終わって落ち着いてから分骨するケースが多くなっています。

あらかじめ分骨すると決まっている場合は、葬儀を執り行う葬儀社の担当者に分骨を希望する旨を伝えておきましょう
葬儀社の方で火災証明書の手続きを依頼してくれたり、分骨用の骨壺を用意してくれたりと、スムーズに執り行ってもらえるでしょう。

埋葬済みのご遺骨を分骨する手続き

お墓

すでに埋葬しているご遺骨であっても、分骨することは可能です。
しかし、火葬場での分骨よりも多少手続きが多くなります。
ここでは、埋葬済みのご遺骨分骨する手続きについて解説していきます。

分骨元に分骨証明書の発行を依頼

現在ご遺骨を納骨している墓地や霊園の管理者に分骨を希望する旨を伝え、粉骨元に分骨証明書を発行してもらいます。
場合によっては、分骨後のご遺骨の受け入れ先が用意されているか、受け入れ許可書などの提出を求められることもありますので、管理先に確認してください。

管理者によっても異なりますが、分骨証明書は一通数百円ほどが相場となっています。

ご遺骨を取り出す

ご遺骨を取り出すため、お墓を動かして納骨室を開きます。
自分でできない場合は、石材店へ作業の依頼が必要となります。
重い石を動かさなければなりませんので、安全面を考えるなら石材店へお願いする方がよいと思われます。

また、墓石には故人の魂が宿っているとされており、寺院によっては墓石を動かす際に「閉眼供養」や「御魂抜き」といった供養をしなければならないところもあります。
ご遺骨を取り出したら用意しておいた骨壺などに分骨し、残りのご遺骨は元通り納骨してお墓を元に戻します

石材店の作業費用として2~3万円、供養してもらった場合にはお布施の用意が必要となります。
墓地や霊園によっては提携している石材店などがありますので、こちらも確認しておきましょう。

分骨後の供養方法

お墓

分骨したご遺骨をどうするかには、さまざまな方法があります。
ここでは分骨後のご遺骨の供養方法について解説します。
故人やご遺族の希望に沿った形で供養しましょう。

お墓に納骨し残ったご遺骨を手元供養

故人を身近に感じたい、いつまでもそばで見守ってもらいたいと望む方が行うのが手元供養です。
ここで紹介するのは、お墓に納骨するご遺骨とは別に、お墓に納骨し残ったご遺骨を手元供養する方法です。

手元供養をする人が増えると共に、手元供養用の用品もたくさん販売されるようになってきました。
一番多いのが、手のひらサイズのミニ骨壺にご遺骨を入れて自宅で供養するやり方です。

ミニ骨壺は、陶器製や金属製、ガラス製、木製など実にさまざまな素材のものがあり、デザインも豊富で、リビングなどに置いても違和感のないものなど、幅広いラインナップからお好みのものを探すことができます。

いつも故人と共にいたい、常に身につけておきたいという方には、ペンダントや指輪、ブレスレット、数珠といったアクセサリータイプの手元供養品がおすすめです。
中に入れられるご遺骨は少しですが、故人をより身近に感じながら日常生活がおくれます。

また、ご遺骨をそのまま自宅に置いておくことに抵抗がある方には、ご遺骨を加工してメモリアルプレートにしたり、ダイヤモンドや麗石に生まれ変わらせるという方法もあります。

お墓に納骨し残ったご遺骨を散骨

次に紹介するのは、お墓に納骨し残ったご遺骨を散骨する方法についてです。

海や山など自然の中にご遺骨をまく「散骨」と呼ばれる供養方法は、著名人や芸能人が行ったことから注目を集め始めました。
故人の好きだった場所や思い出の地に眠りたい、死後は自然に還りたいと望む方はたくさんおり、散骨は年々増加しています。

散骨には現在法律はなく、“節度をもって行われる限り”違法ではありません。
したがって特別な手続きや届け出といったものは不要です。
ただし、ご遺骨をそのまま撒くと死体遺棄罪に問われることがありますので、ご遺骨は粉末状にしなければなりません

海に撒く海洋散骨が最も人気がありますが、他にも、山に撒いたり、ヘリコプターから空へ撒いたり、バルーンで宇宙に飛ばす散骨などもあります。

分骨を行う際の注意点

困った人々

「分骨ってやってもいいの?」という疑問が多く聞かれますが、正しく手続きにのっとって行えば法的には何の問題もありません。

また「故人をバラバラにすると成仏できない」「縁起が悪い」という声もありますが、これは迷信の類といえます。
なぜなら、分骨は尊いこととしてさまざまな宗教で古くから行われてきたものだからです。
仏教においては、お釈迦様のご遺骨を分け、各地に仏舎利として祀っています。

これらを考えると分骨は法的にも問題なく、また縁起の悪いものでもありません
しかし、トラブルにならないためにいくつか注意しなければならないことはあります。
ここでは分骨を行う際の注意点について解説します。
分骨を考えている方はぜひ参考にしてください。

親族とよく話し合ってから分骨を行う

分骨は誰か一人が勝手に決めて行ってはいけません。
ご遺骨には所有者が決められています。

所有者は「祭祀を主宰する者」とされており、お墓を継承する管理者として名前が記されている人です。
一般的には配偶者や子供であると考えられます。

かといって、ご遺骨の所有者の一存で決めるのも無用なトラブルを招くかもしれません。
親族の中には分骨に反対する方もいらっしゃるかもしれませんので、故人の希望であっても事前に十分に親族間でご遺骨について話し合っておきましょう。

本山納骨だとご遺骨が返還されないことがある

本山納骨というのは、自分の宗教の本山に納骨するという古くから行われている供養方法です。
浄土真宗でよく行われており、特に浄土真宗本願寺派では分骨したご遺骨を本山や別院に納めるのが一般的となっているそうです。

自分の宗派の開祖のもとで供養してもらえるため、信仰心の厚い方にはぴったりです。
宗派の本山なので、将来的な運営においても信頼がおけ、安心感があります。

しかし本山ではほとんどの場合、他の方のご遺骨と共同で供養する合祀という形がとられています。
したがって後になって個別にご遺骨を取り出すことはできず、本山納骨ではご遺骨は返還されないと考えておく方がよいでしょう。

分骨の保管方法

分骨されたご遺骨の保管方法で最も注意しなければならないのはカビです。

800度以上の高温で焼かれるご遺骨は乾燥しており、ほぼ無菌状態となっています。
また、陶器などの骨壺、さらに骨壺を桐箱に入れている状態ならば、桐箱が湿気を吸ったり吐いたりするので、よほどのことがない限りカビは生えません。

しかし悪条件が重なった場合、カビが生えてしまうケースもあります。
カビは繁殖力がとても高く、一度生えてしまうとどんどん広がってしまいます。

そんなカビを防ぐためには、いくつかの注意点があります。

  • 寒暖差がなく、直射日光の当たらない風通しのいい場所に置く
  • 密封性の高い骨壺を選ぶ
  • ご遺骨を素手で触らない

まず置き場所についてですが、伝統的な日本の住宅であれば仏間に置くのがベストです。
しかし、現代の住宅事情ではなかなか仏間のある家も少なくなってきています。

その場合は、寝室やリビングでもかまいませんが、直射日光の当たらない風通しのいい場所に保管しましょう。
寒暖差によって骨壺内に結露がおこりカビが増えることがあるので、窓のそばや水回りなどは避けましょう。

デザイン性の高いさまざまな骨壺が販売されていますが、できるだけしっかりと密封できる骨壷を選びましょう。
空気の出入りを遮断すれば、カビの胞子の侵入を防げますし、湿気も防ぐことができます。
また、骨壺の中に吸湿剤や乾燥剤を入れておくのもおすすめです。

火葬後のご遺骨にはカビの栄養分となるものがほぼないため、カビが繁殖しにくい状態です。
ところが、分骨の際に素手で直にご遺骨を触ってしまった場合など、手指のタンパク質や脂が栄養分となって、そこからカビが発生してしまうことがあります。

ご遺骨を触る時は必ず新しい手袋をするなどして、直接触らないようにしましょう。

埋葬されていたご遺骨は特に注意

埋葬されていたご遺骨を取り出して分骨した場合は、特に注意が必要です。
納骨してから長い時間が経過したものは、骨壺が割れていたり、土砂が流れ込んでいたり、水が溜まっていたりと、状態が悪くなっているケースが多く見られるからです。
また一見きれいに見えても、土の中のバクテリアやカビを含んでいる可能性があります。

こういった場合、ご遺骨の洗浄や殺菌をしてくれる専門の業者がありますので依頼し、ご遺骨を清潔な状態にしてもらうと安心です。

ペットの分骨について

猫

以前よりペットが死んでしまった場合は、敷地内にそのまま埋葬することが多く行われていました。

しかし、スペースの問題や衛生上の観点に加え、15歳以下の子供の数よりも買われているペットの頭数の方が多いといわれている現代は、ペットも家族の一員であると、人間と同じように火葬するケースが一般的になりつつあります。

ミニ骨壷が人気

火葬したペットのご遺骨はペット専用霊園に埋葬したり、自宅の庭に埋葬、散骨したり、飼い主と一緒に入れる樹木葬霊園などに納骨したりと、さまざまな供養方法がとられています。

その中でも今、手元供養の人気が高まっています。
ペット専用の骨壺もありますが、人間用のミニ骨壺の方がデザインも豊富にそろっているのでそちらを選ぶ方も多いです。

どの部分のお骨を分骨するべき?

犬は約320本、猫は約240本あるといわれている骨ですが、では分骨の際にはどこの骨を粉骨すればいいのでしょうか?

人の場合、仏様の姿のような形をしていることから、のど仏の骨を分骨に選ぶことが一般的です。
ペットの場合も同様にのど仏にあたるご遺骨を選ぶこともありますが、頭蓋骨の一部やしっぽの骨、犬歯など、ご家族が思い思いの部分を分骨されることも多いです。

このお骨は分骨してはいけないなどという決まりはありませんので、骨壺の大きさに合わせて選びましょう。

ペット用骨壷の密封度に注意

ペット用の骨壺は、人間用のと比べると密封性などに欠ける場合があります。
カビの繁殖を防ぐためにも密封度の高い骨壺を選びましょう。

蓋と本体の間から湿気が入らないように、中に吸湿剤などを入れ、蓋との隙間をテープで巻いて密封しておくと安心です。

分骨の方法まとめ

flowers

今回終活ねっとでは、分骨の方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

  • 故人をいつも身近に感じていたいと考えている方や、跡取りがおらずお墓が無縁仏になってしまう方、お墓を建てるのが困難な方、散骨や樹木葬をするが一部を残しておきたい方などが、分骨を行う
  • 火葬時の分骨と、すでに埋葬しているご遺骨の分骨とでは、手続きや費用が若干異なる
  • 分骨後は手元供養や散骨などの供養方法がとられている
  • 分骨を行う際には、親族間での話し合いや保管方法に注意が必要である

というようなことが分かりました。
分骨自体は法的な問題もなく、手続き等もさほど難しいものではないとご理解いただけたと思います。

多様な供養方法が選択できるようになってきた今、ご自分やご家族の終活のひとつとして、分骨という方法も検討してみてはいかがでしょうか?

今回終活ねっとでは、「粉骨の方法」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますので参考にして見てください。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「分骨・方法」に関連する記事

  • お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!のサムネイル画像

    お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!

    様々な事情によってお墓からご遺骨を分骨する際、どのような手順を踏めばよいのでしょうか?お墓から分骨をする方法や費用について詳しく見ていきましょう。近年増加している分骨。手続きも様々なものが必要となりますので、しっかりと知識を身に着けておきたいですね。

  • 分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介のサムネイル画像

    分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介

    家族が離れている・お墓参りに行けない、などの理由から、近年は「分骨」が広まっています。しかし、方法や手順に不安がある人も少なくありません。そこで、分骨の仕方・分骨後の供養の仕方を詳しく紹介します。葬儀前の知識としても役立ちますので、是非お読みください。

  • 故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨についてのサムネイル画像

    故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨について

    人は亡くなると火葬され、お墓に入れるのが一般的ですよね?しかし近年、お墓に入るだけではない様々な供養方法が選ばれるようになってきました。今回はその一つである手元供養、および分骨についてご紹介。遺骨を分骨し、手元供養する際の流れや注意点などについても解説します。

  • 骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説のサムネイル画像

    骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説

    昨今の宗教観の変化から遺骨を分骨して手元で供養される方が増えています。 さて、火葬場で分骨してもらう場合は良いのですが、お墓に埋葬した骨壷から改めて分骨して手元供養をすることは出来るでしょうか? 今回は骨壷から分骨する際の注意点についてお話します。

  • 分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介のサムネイル画像

    分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介

    複数の親族間でそれぞれに遺骨の供養を希望する場合には、分骨が必要です。分骨をする時に重要な手順や費用について詳しくご紹介します。ご自身の希望する本山への分骨を検討されている方についても宗派・お寺別に費用をご紹介いたします。

  • 意外と簡単な分骨のタイミング別手続き方法のサムネイル画像

    意外と簡単な分骨のタイミング別手続き方法

    亡くなった方の遺骨は一か所に納めるのが基本ですが、手続きさえすれば遺骨を分けることも可能です。これを分骨といい、手元に置いて供養したり、近場の墓所に納めたりということができます。また分骨は納骨前と納骨後で手続きが違いますので確認しておきましょう。

  • 分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!のサムネイル画像

    分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!

    「分骨をするのはよくない」と、聞いたことはありませんか?聞いたことがあっても、よくないという根拠は何でしょうか。分骨の必要性やメリットを考察しつつ、よくないとされる理由を探っていきます。

  • お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!のサムネイル画像

    お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!

    亡くなった方のご遺骨は多くの場合、お墓に1つの骨壷にまとめて納骨されます。しかし、人によってはさまざまな理由で分骨しようと考える方も少なくありません。このような場合費用はどのくらい必要となるのでしょうか。今回は、お墓の分骨に必要な費用を見ていきましょう。

  • 分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説しますのサムネイル画像

    分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説します

    ご遺骨を何らかの理由で分骨したいという場合は所定の手続きを経ることが不可欠です。それでは、分骨に必要な手続きとはどのようなもので、どのような書類が必要となってくるのでしょうか?今回は、分骨という行為を行ううえで必要な手続きについて見ていきましょう。

  • 分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説のサムネイル画像

    分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説

    分骨とは、遺骨を分けてそれぞれ違う場所にあるいくつかのお墓へ納骨して供養する事を指しています。お墓や分骨に関して、あまりよく知らないという方の為、分骨にまつわる疑問について様々な角度からご説明していこうと思います。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「分骨・方法」についてさらに知りたい方へ

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!のサムネイル画像

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介のサムネイル画像

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介

故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨についてのサムネイル画像

故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨について

骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説のサムネイル画像

骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説

分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介のサムネイル画像

分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介

意外と簡単な分骨のタイミング別手続き方法のサムネイル画像

意外と簡単な分骨のタイミング別手続き方法

分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!のサムネイル画像

分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!

お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!のサムネイル画像

お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!

分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説しますのサムネイル画像

分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説します

分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説のサムネイル画像

分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「分骨・方法」についてさらに知りたい方へ

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!のサムネイル画像

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介のサムネイル画像

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介

故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨についてのサムネイル画像

故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨について

骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説のサムネイル画像

骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説

分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介のサムネイル画像

分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと