分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介

家族が離れている・お墓参りに行けない、などの理由から、近年は「分骨」が広まっています。しかし、方法や手順に不安がある人も少なくありません。そこで、分骨の仕方・分骨後の供養の仕方を詳しく紹介します。葬儀前の知識としても役立ちますので、是非お読みください。

目次

  1. 分骨の仕方について
  2. 納骨前に遺骨を分骨する仕方・手順
  3. 納骨済みの遺骨を分骨する仕方・手順
  4. 分骨後の主な供養の仕方
  5. 分骨はよくないものなのか
  6. 分骨の仕方まとめ

分骨の仕方について

お墓

「分骨」と聞いて、経験からすぐに何か分かる人もいれば、全く聞いたことも無い人もいるでしょう。

中には「手続きが煩雑だろう」あるいは「分骨すると故人が成仏できない」などと考えて、初めから選択肢に無い人もいます。

では、実際に分骨をするにはどのような手続き(仕方や手順、書類申請等)が必要なのでしょうか。
また、分骨によくないイメージがあるのはなぜでしょうか?

分骨とは遺骨を別々の場所に分けて納骨することです。

言葉にすれば簡単ですが、具体的に以下の項目に沿って分骨の仕方について説明します。

  • 納骨前に遺骨を分骨する仕方・手順
  • 納骨済みの遺骨を分骨する仕方・手順
  • 分骨後の主な供養の仕方
  • 分骨はよくないものなのか

遺骨の分骨は、親族間でそれぞれが構えるお墓に埋葬する場合と、遺骨を身近に置いて供養する手元供養の場合が多いです。
また、納骨前の分骨と納骨後の分骨では手続きが違います。

最後までお付き合いいただき、お持ちの疑問点やこれまでのイメージを払拭してください。

お墓を建てるにあたって、全国の霊園を比較したい方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

納骨前に遺骨を分骨する仕方・手順

葬儀

通常、一か所の墓地などへ遺骨を納骨する際は、納骨する先へ埋葬許可証の提出が必要です。
納骨前に遺骨を分骨する仕方・手順を説明する前に、まずは埋葬許可証を取得するまでの流れを説明しましょう。

初めに、管轄の役所へ死亡診断書と死亡届を提出することで「火葬許可証」をもらいます。
火葬許可証は火葬場へ提出する書類で、これが無いと火葬場は火葬をしてくれません。
火葬許可証を提出し火葬が行われた後に、火葬場から遺骨と一緒に埋葬許可証を受け取ることが出来ます。

では火葬場で納骨前に遺骨を分骨する際ですが、火葬前に火葬場や葬儀社へ分骨の意思を伝えておきましょう。
それは「分骨証明書」(後述)を発行してもらうためです。

納骨前に遺骨を分骨するまでの一連の流れは以下のとおりです。

  • 死亡届、死亡診断書、火葬許可申請書の提出(市区町村の役所へ)
  • 火葬許可証の発行(市区町村の役所から)
  • 火葬許可証の提出、分骨の依頼(火葬場へ)
  • 埋葬許可証、分骨証明書の発行(火葬場から)
  • 二つの墓に納骨する時(埋葬許可証+分骨証明書)
  • 二つ以上の墓に納骨する時(追加で分骨証明書)

ただでさえ慌ただしい中、個人で各種申請を行い火葬場の手配まで行うのは非常に大変です。
しかし葬儀社へお願いしておけば、これらを代行してくれるので、相談や依頼をしておくと安心でしょう。

分骨証明書を依頼

分骨した遺骨を納骨する際ですが、この場合は納骨先へ提出する書類として、埋葬許可証に加えて分骨証明書が必要になります。

分骨証明書は火葬した火葬場がある市区町村で発行してもらえますが、こちらも葬儀社が代行してくれます。
分骨を希望する場合は、あらかじめ葬儀社に相談し、火葬場で手配をしてもらいましょう。

近年増加している手元供養(後述)の場合、分骨証明書は必要ありません。
しかし、後日に納骨をするとなった時は必ず必要になりますので、念のために取得しておいたほうがいいでしょう。

火葬場で骨壷に移してもらう

火葬が終了したら骨上げを行いますが、既に分骨が決まっている場合は、あらかじめ葬儀社や火葬場へ分骨の意思や必要数を伝えておき、骨上げの際に分骨用の骨壺を用意してもらいましょう。

納骨前に遺骨を分骨する仕方・手順の詳細は以上ですが、ここで、分骨に際しての注意点をいくつか説明します。

遺骨には所有者が決められている

遺骨には所有者が決められており、その所有者とは「祭祀を主催する生存者」で、墓地の管理者としてその名前が提出される(されている)人を指します。
「所有者」ですので、所有者の承諾無しに、勝手に分骨をすることはできません。

所有者の承諾が無く、分骨証明書が無いまま分骨を行った場合は犯罪行為です。
必ず必要な手続きを取りましょう。

親族の了解を得る

分骨を行う前には、事後のトラブルを避けるために、親族の了解を得る必要もあります。

例えば、所有者とその他の親族間の信教の違いや、「来世で五体満足にならない」など、よくないイメージを持っている親族と分骨を行おうとする親族間、といった感覚の違いによって、時には裁判へ発展するケースもあります。

いかに所有者といえども独断で決めることなく、事前に親族間で話し合いの場を持ち、故人と親族の希望を互いに把握した上で、最終的な結論を出す方が望ましいでしょう。

本山分骨を行うと遺骨を返してもらえない

遺骨の一部を宗派の総本山などに埋葬し、残りを家の墓に埋葬することを本山分骨といいます。
本山分骨のほとんどが、遺骨を一か所にまとめて納骨し供養する「合祀」の方法を取っているので、遺骨を個別に取り出すことが出来なくなります。

本山分骨は、信仰が深い人や昔からの風習がある人が行うことが多いですが、検討する際は、一部を手元に残してくことも視野に入れておきましょう。

納骨済みの遺骨を分骨する仕方・手順

お墓

次に、納骨済みの遺骨を分骨する仕方・手順について説明します。

納骨前に比べて仕方・手順は煩雑になりますが、納骨後に分骨を希望する人の方が、傾向として多いです。
どうしても葬儀全般に手が掛かり、そこまで頭と時間が回らないことが多いからです。

納骨済みの遺骨を分骨する一連の流れは以下のとおりです。

  • 分骨元(墓地の管理者)に分骨証明書の発行を依頼する
  • 石材店に依頼して遺骨を取り出す
  • 分骨用の骨壺に遺骨を分ける
  • 新たな納骨先に、分骨証明書と共に分骨した遺骨を納骨する

箇条書きにすると簡素に見えますが、既に納骨されている墓に手を加えるので、分骨元・石材店・お寺への連絡や、時には閉眼供養などの儀式も行う場合もあります。以下では詳細を説明します。

分骨元に分骨証明書の発行を依頼

分骨元とは墓地の管理者のことですが、寺院の境内墓地のケースで考えると、住職や檀信徒、管理会社が担っています。
墓地の管理者の主な業務として、埋葬や改葬・墓地管理業務に必要な書類の作成と備え置き・行政への埋葬状況報告、などがあります。

納骨後の分骨は、墓の所有者の承諾を得た後、分骨用の骨壺を用意し、墓地の管理者へ分骨証明書の発行を依頼するところから始まります。

後々のトラブルを避けるために、墓の所有者へ同意書を作成してもらった方が安心です。
また、分骨証明書を発行する際に、分骨後の墓は用意されているか・受け入れ先の承諾は得ているか、などの書類を求められることもありますので、事前に確認しましょう。

納骨前と同じように、手元供養の場合は分骨証明書は必要ありませんが、後日の納骨を考慮し、発行してもらった方がよいでしょう。

石材店に依頼して遺骨を取り出す

納骨済みの遺骨を取り出して分骨するためには、墓石の納骨室を開け、骨壺を取り出す作業が必要になります。

石は大変重いので、最寄りの石材店へ依頼する方が望ましいでしょう。
寺院墓地の場合はお寺が、霊園墓地の場合は管理事務所が石材店を手配してくれる場合もありますので、費用や手続き書類なども含めて、分骨することが決まった段階で確認しましょう。

また改葬時のように閉眼供養を行う場合もありますので、こちらも確認が必要です。

分骨用の骨壺に遺骨を分ける

骨壺を取り出した後、事前に準備した分骨用の骨壺に遺骨を分け、残りの遺骨を納骨し墓を元通りにして分骨は終了です。

その後は分骨後の墓へ、分骨証明書と分骨した遺骨を持参し納骨します。
新しい墓の時には開眼供養を行いますので、分骨先へ確認しましょう。

分骨後の主な供養の仕方

お墓

ここからは、分骨後の主な供養の仕方、について説明します。

分骨後の主な供養の仕方はいくつかありますが、代表的なものとして以下を取り上げます。

  • 従来からのお墓
  • 永代供養
  • 手元供養
  • 散骨

それぞれの供養方法の特徴・費用相場・種類などの詳細を、以下で説明します。

従来からのお墓

従来からのお墓の供養方法の特徴は、故人に会いに来たという、特別な感覚が大きいことです。

人のお世話をするのと同じように、お墓を洗い花やお供え物を置いて整えることで、故人と同じ時間を過ごしている充実感を得られます。

近年は遺族の仕事や住居が都市に集中し、お墓参りに行けない人が増えたので、供養方法として敬遠されがちですが、立地や交通の便で優れている墓所は根強い人気があります。

費用相場ですが、主に土地代・石の品質・工事内容で大きく変わります。
土地の面積や石材の種類などによって価格が左右されることや、工事内容が場所によって違うので、検討している場所や墓石があれば、詳細を確認しましょう。

全国平均としては、墓石が約60万円、墓地代が約80万円です。

墓石を立てて故人を供養する、従来からのお墓ですが、和風・洋風に加えて故人にまつわるデザインを施したものまで種類は様々です。

各種特徴としては以下のとおりです。

  • 和風:日本のお墓として多くの人のイメージが合い、親族がお墓参りしやすい
  • 洋風:和風に比べて背が低いので、掃除がしやすく、地震に強い
  • デザイン:故人の生前の特徴を施したものが多いので、故人を思い出しやすい

永代供養

永代供養とは、親族に代わって寺院や霊園が供養・管理をしてくれる供養方法です。
お墓参りい行く人がいない、親族が仕事や場所の関係でお墓参りに行けない、などの理由から永代供養を選ぶ人も多いです。

特徴としては、管理だけでなく供養も任せられることです。
無理に予定を開けることなく故人を供養できることから、お墓を放置してしまい状態が気になったり、故人に対しうしろめたい気持ちになることがありません。

費用相場としては、納骨の方法や供養の内容によって、数万円~数百万円までと、かなり差がありますが、一般のお墓と比べて安いことが特徴です。
永代供養を予定している人は、希望の場所や予算などを事前に家族間で話し合いましょう。

永代供養の施設には「屋内型」と「屋外型」があり、各特徴は以下のとおりです。

  • 屋内型:「納骨堂」と呼ばれ、ロッカー型や稼働収納型等、様々なタイプがある
  • 屋外型:主に「納骨壇型」「納骨塔型」「合祀型」の3タイプに分かれている

注意点としては、永代供養といっても未来永劫という意味ではなく、一定の安置期間が設けられていることです。
一般的には33回忌を期限としている所が多いですが、各寺院や霊園によって分かれているので、確認が必要でしょう。

手元供養

手元供養とは、墓地や寺院で管理する遺骨を自宅などで管理する供養方法です。
全骨安置と分骨安置の二種類に分かれており、全骨安置は自宅で供養したい人の手元供養です。

特徴としては、故人を身近に感じながら生活を送れること、お墓に行く必要が無いこと、などが挙げられます。

費用相場としては、種類にもよりますが、数千円~数十万円までと、従来のお墓や永代供養に比べ低い価格に抑えられます。

ライフスタイルの変化から様々な供養の仕方が生まれていますが、特に分骨安置は多くの種類があります。

  • ミニ骨壺タイプ
  • 置物タイプ
  • アクセサリータイプ
  • 加工タイプ

加工タイプ以外は、中に少量の遺骨を納めることができます。
加工タイプは、粉状にした遺骨を加工し家具風にしたり、最近では遺骨を用いた人工ダイヤモンドまで誕生しています。

散骨

散骨とは、遺骨を粉末状(第三者が見て遺骨と分からない状態まで)にして、海洋などに骨を撒く供養方法です。
自力で行うことも可能ですが、散骨を希望する人は業者へ委託することが多いです。

特徴としては、「お墓などに入らず自然に帰りたい」という故人の遺志を、最大限に尊重した形であること、海洋散骨を業者委託した場合で、約3万~6万円(東京都の例)と費用を低く抑えられること、お墓の管理が発生しないこと、などが挙げられます。

分骨はよくないものなのか

困った人々

ここまで分骨について色々と説明しましたが、分骨に対して否定的な意見が少なからずあることも事実です。
理由としては「分骨すると成仏できない」「来世で五体満足にならない」という意見や、単に先祖代々行っていないから、という理由まで様々です。

しかし、ライフスタイルが多様化し、お墓参りに行くことができない人が増え、特に若い人たちの間ではお墓参りの慣習自体が廃れてきている中で、「それでも故人を供養したい」という、純粋に故人を敬う気持ちを持った人たちが選択している方法が「分骨」です。

分骨を反対された人たちは、仏教的な考えからも問題ないことや、自身のライフスタイルに起因する諸事情を粘り強く説明すると同時に、故人の供養に対する想いを語ることで、遺族を説得しています。

これまでの慣習を破ることは、時には精神的苦痛を伴うものです。
しかし、例えば「告別式を行うスタイルが根付いたのは明治期」と言われているように、慣習によっては比較的歴史が浅いものがあることから考えても、時代は変遷し続けています。

分骨のように、その時々に合った供養の仕方が広まるのは、「よくないこと」ではなく「自然なこと」と言えるでしょう。

分骨の仕方まとめ

人々

いかがでしたか。

今回は分骨の仕方について説明しました。
その結果、

  • 分骨は、納骨前と納骨後で、方法や手順が違うこと
  • 納骨後の分骨は、納骨前の分骨以上に、親族対応や手続きのトラブルに注意すること
  • 分骨後の供養は、大きく分けて4種類あること
  • 分骨は、現代の社会情勢に合った自然な供養方法であること

といったことがが分かりました。

分骨は、手続きに入る前に親族の理解を得るところからスタートするので、状況によっては、なかなか分骨に踏み切れない人もいるでしょう。

しかし、従来のお墓参りのスタンスに囚われて、「故人を供養したい」という想いと、現在のライフスタイルのバランスが取れずに悩んでいる人は、その想いを大切にして分骨を取り入れることで、道が拓けるはずです。
それによって供養された故人も、きっと喜んでくれるのではないでしょうか。

終活ねっとのこの記事が皆様のお役に立てましたら光栄です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「分骨・仕方」に関連する記事

  • お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!のサムネイル画像

    お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!

    様々な事情によってお墓からご遺骨を分骨する際、どのような手順を踏めばよいのでしょうか?お墓から分骨をする方法や費用について詳しく見ていきましょう。近年増加している分骨。手続きも様々なものが必要となりますので、しっかりと知識を身に着けておきたいですね。

  • 永代供養してからの分骨では遅い?!分骨の事例と証明書を解説のサムネイル画像

    永代供養してからの分骨では遅い?!分骨の事例と証明書を解説

    永代供養をする前に、分骨について考えたことはありますか?永代供養後にいざ自分で供養したいと思っても手続きが難しく、遺骨を取り出せなくなることもあります。お墓がなくても供養できる、永代供養の際に考えるべき分骨の事例と各種証明書について解説いたします。

  • 分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!のサムネイル画像

    分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!

    永代供養や散骨、樹木葬など、従来のお墓にとらわれない多様な供養方法に注目が集まる今、分骨についても関心が高まってきています。これまで通りのお墓制度にも、新しい供養方法にも対応できる分骨。その具体的な手続きの仕方や注意点などをご紹介します。

  • 分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説のサムネイル画像

    分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説

    分骨とは、遺骨を分けてそれぞれ違う場所にあるいくつかのお墓へ納骨して供養する事を指しています。お墓や分骨に関して、あまりよく知らないという方の為、分骨にまつわる疑問について様々な角度からご説明していこうと思います。

  • 分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介のサムネイル画像

    分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介

    複数の親族間でそれぞれに遺骨の供養を希望する場合には、分骨が必要です。分骨をする時に重要な手順や費用について詳しくご紹介します。ご自身の希望する本山への分骨を検討されている方についても宗派・お寺別に費用をご紹介いたします。

  • 分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!のサムネイル画像

    分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!

    「分骨をするのはよくない」と、聞いたことはありませんか?聞いたことがあっても、よくないという根拠は何でしょうか。分骨の必要性やメリットを考察しつつ、よくないとされる理由を探っていきます。

  • 故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨についてのサムネイル画像

    故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨について

    人は亡くなると火葬され、お墓に入れるのが一般的ですよね?しかし近年、お墓に入るだけではない様々な供養方法が選ばれるようになってきました。今回はその一つである手元供養、および分骨についてご紹介。遺骨を分骨し、手元供養する際の流れや注意点などについても解説します。

  • 骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説のサムネイル画像

    骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説

    昨今の宗教観の変化から遺骨を分骨して手元で供養される方が増えています。 さて、火葬場で分骨してもらう場合は良いのですが、お墓に埋葬した骨壷から改めて分骨して手元供養をすることは出来るでしょうか? 今回は骨壷から分骨する際の注意点についてお話します。

  • 分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説しますのサムネイル画像

    分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説します

    ご遺骨を何らかの理由で分骨したいという場合は所定の手続きを経ることが不可欠です。それでは、分骨に必要な手続きとはどのようなもので、どのような書類が必要となってくるのでしょうか?今回は、分骨という行為を行ううえで必要な手続きについて見ていきましょう。

  • お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!のサムネイル画像

    お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!

    亡くなった方のご遺骨は多くの場合、お墓に1つの骨壷にまとめて納骨されます。しかし、人によってはさまざまな理由で分骨しようと考える方も少なくありません。このような場合費用はどのくらい必要となるのでしょうか。今回は、お墓の分骨に必要な費用を見ていきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「分骨・仕方」についてさらに知りたい方へ

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!のサムネイル画像

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!

永代供養してからの分骨では遅い?!分骨の事例と証明書を解説のサムネイル画像

永代供養してからの分骨では遅い?!分骨の事例と証明書を解説

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!のサムネイル画像

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!

分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説のサムネイル画像

分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説

分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介のサムネイル画像

分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介

分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!のサムネイル画像

分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!

故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨についてのサムネイル画像

故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨について

骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説のサムネイル画像

骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説

分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説しますのサムネイル画像

分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説します

お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!のサムネイル画像

お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「分骨・仕方」についてさらに知りたい方へ

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!のサムネイル画像

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!

永代供養してからの分骨では遅い?!分骨の事例と証明書を解説のサムネイル画像

永代供養してからの分骨では遅い?!分骨の事例と証明書を解説

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!のサムネイル画像

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!

分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説のサムネイル画像

分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説

分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介のサムネイル画像

分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと