手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説します

最愛の人のご遺骨は、毎日身近に感じられるように、手元供養したいと思いますよね。でも、そのためには費用がどれぐらいかかるのか、相場や内訳をしっかり把握しておきませんか?今回は、手元供養の費用についての内訳や相場を開設したいと思います。ぜひ、最後までご覧ください。

目次

  1. 手元供養の費用について
  2. そもそも手元供養とは
  3. 手元供養品にかかる費用・相場
  4. 手元供養をするまでにかかる費用・内訳
  5. 手元供養のメリット・デメリット
  6. 手元供養の費用まとめ

手元供養の費用について

お金

金銭的な事情でお墓や納骨堂を持つことができない場合や、どうしてもご遺骨を自分の手元に置いておきたいというときはどうすればいいのでしょうか。
そのような場合には、ご遺骨を自宅に保管したり、自分の身に着けたりする手元供養という選択があります。

ですが、手元供養が一体どんなものかをよく知らない人は、どうしても費用が気になりますよね?
実は手元供養とはひとつの種類だけではなく、複数の種類があり、ご自分のお好きな方法を選ぶことができます。
この種類によっても、かかる費用が異なることを知っておかなくてはなりません。

終活ねっとでは今回手元供養にかかる費用について以下のことを解説させていただきます。

  • ご遺骨を手元供養用に粉砕する場合の費用
  • 手元供養品を購入する費用
  • ご遺骨を加工するための費用
  • ご遺骨を分骨するための費用
  • 手元供養のメリット・デメリット

手元供養の費用を、わかりやすく解説してまいりますので、ぜひ最後までお読みください。

そもそも手元供養とは

仏壇

手元供養とは、最愛の人のご遺骨を、お墓の中に入れずに自分で持っていたいとご希望する方のためにあるご供養方法です。

また、年齢や身体的な事情などがあり、遠方にあるお墓まで頻繁にご供養に行けないので、近場でどうにかしたいという方や、転勤族の方にも手元供養は自分の手元でご供養ができるので人気があります。

近年は、正直お墓を持つことを面倒くさいと感じられる方も増えており、手元供養はお墓がなくても手軽にご供養ができるので、精神的な満足感や安心感が得られるという人も増えています。

もともとは、お寺や墓地へご遺骨が納められてから、ご位牌に故人の御霊を入れて自宅へ戻り、御仏壇や枕元などに祀られていたもののことを手元供養と言っていたのですが、近年はご遺骨を手元に置いて供養することを手元供養と呼ぶようになりました。

手元供養品にかかる費用・相場

お金

それでは、実際に手元供養にかかる費用をご説明してまいりましょう。

近年、かなりの葬儀会社が手元供養品に関するの取り扱いをしています。
また、インターネットサイトなどで、独自に手元供養品を注文販売している会社や、通信販売をしているサイトもあります。
手元供養品は、種類によって費用がかなり異なります

デザイン重視で選ぶ場合や、自宅に安置するタイプのもので見た目の雰囲気やコンパクトさを重視する場合など、選び方は様々だと思います。

ミニ骨壺

手元供養のミニ骨壺は、実際の骨壺が小さくなっただけのものから、インテリアとしても飾ることに抵抗のないデザインのものなど、種類がたくさんあります。

ミニ骨壺の費用は、白無地で誰が見てもひと目で骨壺だとわかるものは、一般的に500円から1000円ほどが相場となっています。

素敵な色付きのものや、ちょっと趣向を凝らしたデザインで一見骨壺とは思えないようなものであれば、1万円から7万円前後が相場となっています。

ミニ骨壺の素材として、

  • 陶器製
  • 金属製
  • 木製
  • ガラス製

などがあり、金属とガラスが一緒になったデザインの骨壺とは思えない、工芸品のようなものもあります。
漆器を使った、日本の伝統工芸レベルのミニ骨壺では、30万円ほどのものも販売されています。

ミニ骨壺は、しっかりと密閉状態になっていなくてはカビが生えてしまうので、選ぶ際には値段だけにとらわれずにじっくりと考えるようにしましょう。

ペンダント

手元供養のペンダント加工は、愛する人を常に身に着けて、身近に故人の方を感じたいという人に人気があり、男女を問わず選ぶ人が多いのが特徴です。

ご遺族にとって、遺骨や遺髪、遺灰などが入ったペンダントは、最高のお守りでもあり、海外でも遺髪入りのペンダントを身に着けている方がたくさんいらっしゃいます。

日常的に身に着けて過ごすことの多いペンダントは、貴金属に対してアレルギーのある方でも着けることができるように、素材を考慮したものも販売されています。

どの様な素材のものが、手元供養のペンダントに使われているかというと、

  • シルバー素材
  • ゴールド素材
  • プラチナ素材
  • チタン加工素材
  • ステンレス素材
  • ガラス素材

のものがあり、それぞれに費用が異なります。

手元供養品としてのペンダントの費用は、一般的な相場として数千円から5万円前後のものが一般的です。

素材について以下でもう少し詳しく見ていきましょう。

シルバー素材

シルバー素材は、どこの通信販売でも簡単に入手することができるうえに、費用もあまりかかりません。

費用の相場は、数百円程度から3000円前後になります。
シルバー925と呼ばれる純度の高い素材のものの方が、費用は高くなりますが、数百円で購入できるメッキのものと違って、身に着けているうちにメッキが剥げてしまうことがないので長持ちします

また、シルバー製品は身に着けているうちに黒く変色してしまいますが、それも銀製品の特徴になります。
もし変色が気になるようでしたら、シルバー専用のクリーナーが市販されていますので、自分で磨くだけで元の輝きを取り戻すことができます。

シルバー専用クリーナーの費用は、数百円から千円前後で入手することが可能で、お手入れ方法も専用の液体に一定の時間だけ浸すというお手軽なものばかりです。

ゴールド素材

ゴールド素材は、一般的に10万円から40万円前後が相場となっています。
ゴールドの素材は、14金素材・18金素材のものが多く、通常のゴールドだけでなくホワイトゴールドやピンクゴールドで作られているものもあります。

金メッキ製品でなければ、色が剥げたり変色することがありませんので、長期間アクセサリーとして、使用することができます

プラチナ素材

プラチナ素材は、一般的に10万円から60万円前後が相場となっています。

手元供養ペンダントの販売会社では、プラチナ素材での注文があれば、その都度作成するという会社もあり、他の素材よりもかなり高額になっていますが、素材は純度の高いプラチナ900で作られていることが多いです。

チタン加工素材

チタン加工素材は、一般的に2万円台が相場になっています。

金属アレルギーを持っている方で、ペンダントにしての手元供養をお望みの方に人気です。

ステンレス素材

同じく金属アレルギーをお持ちで、貴金属関係を敬遠しがちな方には、ステンレス素材のペンダントがあり、費用は8000円ほどから5万円前後が相場となっています。

ガラス素材

ガラス素材のものは、中に遺灰を入れて加工するものが多く、その華やかでかわいらしい見た目が女性にも人気です。
費用は1万円台が相場になっています。

ダイヤモンド加工

手元供養として、ご遺骨をダイヤモンドに加工するという方法もあります。

ご遺骨をダイヤモンドにするための費用は、希望される大きさやダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すカッティング方法によっても異なります。
費用の相場は、30万円前後から400万円ほどと、ダイヤモンドのカラット数(グラム数)によって異なります。

人工ダイヤモンドに色を付ける場合と、無色透明の通常のダイヤモンドと変わらない色合いを選ぶ場合でも、費用が異なってきます。

手元供養をするまでにかかる費用・内訳

お金

ご遺骨を手元供養するためには、分骨をしたり手元供養品を購入したりと費用がいろいろかかります。
手元供養品にかかる費用は、先にご紹介した通りですが、手元供養をするまでにかかる費用やその内訳をご紹介します。

ご遺骨を分骨するためにかかる費用

手元供養をするために、ご遺骨を分骨される場合には必ずしも必要ではないのですが、分骨証明書と呼ばれるものを発行することが一般的です。
これは、手元供養をした後に、やっぱりお墓などに埋葬したいと思ったときに分骨証明書が必要になるためです。

火葬場で発行してもらえるもので、一通数百円ほどですが、分骨する分だけの枚数が必要になります。
各自治体によって異なりますが、高額ではありませんし、火葬後に分骨をされる場合の費用は、分骨証明書代金の数百円と、分骨用の骨壺代金程度です。

しかしながら、すでに納骨されているご遺骨を分骨する場合には、墓石を動かすための費用や、閉眼供養・開眼供養のためのお布施代などがかかります。

墓石を動かすのにかかる費用の相場は2~3万円ほどで、お布施の相場は3万円ほどになります。

ご遺骨を粉骨するためにかかる費用

手元供養をするためにご遺骨を粉骨される方が多いと思われますが、粉骨にかかる費用とはいったいどのようなものでしょうか。
ご遺骨を粉骨するということはなかなか経験のないことなので、なんとなくものすごく高額な費用がかかるのではないかと思ってしまいませんか?

粉骨とは文字通りご遺骨を粉にすることですが、3つの方法がございます。

  • ご遺族様ご自身で、粉骨する
  • 専門業者に粉骨してもらう
  • 粉骨機械をレンタルする

ご遺骨の粉骨は、実は誰がやっても法的に問題がありません

ご遺族様ご自身が、愛する故人様のご遺骨を粉骨することも可能で、費用は0円です。
個人で粉骨をするには、ご自身で金槌や木槌を使って、ご遺骨を細かくなるまで叩き崩していく必要があります。
意外に労力が必要になりますが、無料で済ませたい方にはおすすめです。
ただし、労力だけでなく精神的に来るものもあると思いますので、費用だけで方法は選ばないようにしましょう。

専門業者・事業主に粉骨してもらう場合には、ご遺族様が立ち合い可能であったり、郵送で手軽に済ませることができたりします。
ご遺骨の収骨量は、地方や地域によって異なりますので、粉骨の費用も多少異なりますが、一般的な相場として関西地方は9千円ほど関東地方は1万2千円と言われています。

ご遺骨を粉骨する際に、粉骨器をレンタルするという方法もあります。
粉骨器は自分でできる組み立て式で、困難なく組み立てられる上に、レンタル期間は1週間ほどなので、急いで粉骨をする必要はありません。
費用は大体1万円程度で済みます。

手元供養のメリット・デメリット

困った人々

手元供養をするにあたって、精神的や肉体的、金銭面においてもメリットもあれば、手元供養だからこその独特なデメリットもあるということを理解しておきましょう。

以下で詳しく解説します。

メリット

では、手元供養で感じられるメリットとは、いったいどのようなものでしょうか。

  • 厄介な親戚付き合いをしなくてすむ
  • お墓参りや、お墓の掃除を義務的にしなくて良い
  • 法事に関する出費が抑えられる
  • 自分だけの形見として生涯持っていられる
  • 故人が行きたかった場所や、旅行に連れて行ってあげることができる

などのメリットもあります。

以下で、上記以外の重要なメリットを紹介します。

故人を身近に感じられる

ご遺骨を手元に置いている手元供養では、自分の最愛の家族と毎日一緒に居られるということが一番のメリットだと思います。

自宅に故人がいるという感覚は、言葉では言い表せないぐらいの大きな安心感をもたらしてくれ、精神的な充実感が得られます。

アクセサリーに加工することによって、ご遺骨を自分だけのお守り代わりとして身に着けることができるのも、手元供養のメリットです。

費用があまりかからない

手元供養は、一般的なお墓を維持するのと違って、お墓を建てるのにかかる費用や、年間の管理費や法事などに関する費用がかからないメリットがあります。

手元供養品自体はそれほど費用がかからないので、お墓を建てるよりも費用を抑えることができます。
また、お墓参りへ行くための交通費もかからなくてすむので、経済的です。

アクセサリー型であれば、特に供花やお供え物なども必要ありませんし、加工代金だけで他にかかる費用は一切ありません。

デメリット

手元供養には、自宅で手軽に好きな時にご供養できるというメリットがある反面、手元供養だからこそのデメリットというものも存在します。

紛失してしまう可能性がある

ご遺骨の一部を手元供養グッズに収納している場合には、紛失をするということはなかなかありませんが、アクセサリー型の携帯できるものやダイヤモンドなどに加工したものは、注意しないと紛失してしまうこともあります。

実際にあった例として、

  • 旅行先でお風呂に入る時に外して、脱衣籠の中に入れておいて紛失した
  • ピアスに加工してもらった人骨のダイヤモンドを、気付かないうちに紛失した
  • 手を洗っている時に指輪に加工した人骨ダイヤモンドが外れて紛失した
  • 外出中に空き巣に入られ、宝石と間違われて盗まれた
  • 自宅に複数のママ友が遊びに来た時に紛失した
  • 大地震の時に棚の上に置いていた手元供養品が、落下して紛失した

などという、後悔してもしきれない紛失をされた方がいます。

紛失しても、見つかれば問題はありませんが、実際にはなかなか見つかるということはないのが世の常なので、十分な注意が必要です。

アクセサリーでネックレスに加工した場合に多いのが、留め具がきちんと止まっていなくて知らぬうちに外れてしまったり、自宅で外して適当な場所に置いてしまって紛失してしまったという場合もあるので、御注意ください。

親族の理解が得られないことも

手元供養は、昔からの納骨やお墓参りなどに関する固定観念の強い親族には、正直反感を買いやすいといっても過言ではありません。

ご遺骨を分骨することに抵抗を感じる人もいれば、年代によっては神聖なるご遺骨を粉砕するなど有り得ないと考える人もいます。

さらには、そのご遺骨を加工してアクセサリーにすることに対しては、気味悪く思ったり、もはや罰当たりだと考えをする親族がいることも理解しておきましょう。

手元供養の費用まとめ

お墓

いかがでしたか?

終活ねっとでは今回、手元供養にかかる費用についてご説明しましたが、その結果、

  • 手元供養とは
  • 一般的な費用の相場について
  • 手元供養をするまでにかかる費用と内訳について
  • 手元供養のメリットとデメリットについて

などのことがわかりました。

手元供養は、従来の納骨にかかる費用よりもかなり経済的にご供養をしてあげられることがわかりましたね。

お墓参りに行くことができずにそれが精神的負担になっている方や、経済的な事情でお墓を持つことが困難な方、自分の身に着けながら毎日御供養されたい方などは、手元供養をお考えになってみてはいかがでしょうか?

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

終活ねっとでは「手元供養の費用」以外にも、手元供養に関する様々な記事を掲載しているのでぜひそちらもご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「手元供養・費用」に関連する記事

「手元供養・費用」についてさらに知りたい方へ

  • 遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理についてのサムネイル画像

    遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理について

    遺骨の供養方法で悩む方はたくさんいらっしゃいます。最近では、永代供養が注目される一方で、愛する故人を身近に感じることができる手元供養の人気が高まっています。今回は、永代供養と手元供養について解説します。役立つ情報ですので最後までご覧ください。

  • 遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

    遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

    大切な人を、亡くなった後もずっと身近に感じられたなら…そう思ったことはありませんか? 遺骨を手元供養すればそれが可能になります。 終活ねっとでは遺骨の手元供養について具体的な種類や方法を紹介します。 ぜひあなたに合った形を見つけてくださいね。

  • 遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

    遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

    遺骨の「手元供養」はお墓のいらない新しい感覚の供養方法です。お墓離れという言葉もある現在、遺骨の「手元供養」が注目を集めています。今回は遺骨の「手元供養」についてご案内します。アクセサリーやプレートなど、手元供養にぜひおすすめのアイテムも紹介していきます。

  • 遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

    遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

    遺骨供養に手元供養という選択肢があるのをご存知ですか?今回は手元供養についてメリット・デメリットから、手元供養を行う際の書類、金額別の遺骨供養方法まで、手元供養に関する情報をまとめてみました。あなたにぴったりの手元供養の方法が見つかるかもしれません。

  • 遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。のサムネイル画像

    遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。

    忘れられない故人がいる。姿は見えなくても、そばにいて欲しい存在との永遠の別れ。そんな時、遺骨を手元供養するという方法はいかがでしょうか?自宅で遺骨を手元供養をする方法をご紹介いたします。

  • お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!のサムネイル画像

    お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!

    都市化と生活スタイルの変化によるお墓離れが進んでいます。宗教観の変化、お墓のある田舎が遠い、経済的にお墓を建てることが難しいなどの理由があります。そこで従来の供養に代わる方法として手元供養が注目されています。今回はお墓に代わる手元供養についてご紹介いたします。

  • 手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

    手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

    跡継ぎやお墓参りが難しくなり、墓離れが進む現代。手元供養という新しい方法があるのをご存知ですか?今回は手元供養の方法や手順について詳しく解説していきます。お墓の継承に悩んでいる方、新しい供養の方法を検討してみてはいかがでしょうか?

  • 手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介のサムネイル画像

    手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介

    新しい供養のひとつ、手元供養をご存知でしょうか?故人を身近に感じられる手元供養は、現代のライフスタイルに合った方法として人気が高まっており、種類も豊富になってきています。今回は手元供養用の種類や費用について具体的にご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

  • 墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

    墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

    最近では墓じまいをして手元供養を考える人もいるようです。 手元供養なら身近に遺骨を置くことができるのでいつも一緒にいることができますし、お墓の承継者や経済的な負担の問題から手元供養を選ぶ人もいます。 ここでは、墓じまいをした後の手元供養の方法について紹介します。

  • 手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?のサムネイル画像

    手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?

    亡くなった方が生前身に着けていたものを形見として身に着けるのが今までの一般的な形見でしたが、近年亡くなられた方の遺骨を加工して手元供養をしたり、形見にすることが出来るようになりました。この記事ではその手元供養に必要な遺骨加工について掘り下げていこうと思います。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「手元供養・費用」についてさらに知りたい方へ

遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理についてのサムネイル画像

遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理について

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。のサムネイル画像

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。

お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介のサムネイル画像

手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?のサムネイル画像

手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと