信頼できる散骨の専門家の選び方と、散骨方法の選び方を解説!

散骨は新しい葬送方法として注目を集めています。お墓の購入や管理の必要もないので、散骨を選ぶ人が増えているのです。散骨にも様々な種類があります。今回はその種類や選び方を詳しくご紹介していきます。場所や費用、専門家の選び方を含め、様々な視点から見ていきましょう。

目次

  1. 散骨の選び方について
  2. 散骨方法の選び方
  3. 散骨の専門家の見分け方
  4. 散骨を選ぶ際の注意点
  5. 散骨の選び方まとめ

散骨の選び方について

お墓

日本では古来から人が亡くなったら火葬し、お墓に埋葬されるのが一般的とされてきました。
しかし、近年散骨が新しい葬送方法として注目されてきているのをご存知ですか?
散骨とは、火葬した後の遺体を粉末状にし、空や海、山に撒くという葬送方法です。

お墓を購入する費用がかからない、管理をしていく必要もないという理由から、最近散骨を選ぶ人が増えてきているのです。
また、死後は何も残さず自然に還りたいと考えている人もいるようです。
生前から終活として家族に伝えておく人も増えてきています。

今回はそんな散骨について

  • 散骨方法の選び方
  • 散骨の専門家の選び方
  • 散骨を選ぶ際の注意点

などを中心にその選び方についてご紹介していきます。

自分が散骨を考えている、家族の中に散骨を考えている人がいるという方は必見です。
散骨の選び方を知って、自分に合う方法を探してみてくださいね。

散骨方法の選び方

困った人々

一言で散骨といっても、その種類はたくさんあります
何を選んだらよいか分からないという方のために、様々な視点での選び方をご紹介しましょう。

散骨する場所で選ぶ

まずは、散骨する場所で選ぶ方法です。
選び方は自由ですが、故人が希望していた場所があれば、それに従うのもよいと思います。
ただ、マナーとして散骨を避けるべき場所もありますので、注意が必要です。

海洋散骨・海洋葬

海洋散骨海洋葬は、文字通り故人の遺骨を海へ還すという葬送方法です。
芸能人や著名人もこの海洋散骨の方法を取り、話題になったことがありますね。

海岸など人々の生活圏に散骨するのはマナー違反とされていますので、基本的には船で沖合まで行き、散骨する形になります。
海洋散骨には、

  • 個別散骨
  • 合同散骨
  • 代行散骨

の3種類があります。

個別散骨

個別散骨家族で船を貸し切り、沖合まで行きます。
他の家族に気を使う必要がないので、気兼ねなく出航できるところがメリットと言えます。

費用は15万円~40万円くらいと、サービス内容によって幅があります。
詳しいサービス内容や費用については、依頼する散骨の専門家に確認することをおススメします。

合同散骨

合同散骨数組の家族が乗り合いで船を借ります。

費用は10万円~20万円と個別散骨よりは安くなりますが、日程を合わせたりする面で自由が利かないこともあります。

代行散骨

代行散骨には家族は同乗しません。

全て専門家にお任せするという形式の海洋散骨です。
費用は3万円~5万円と最も安価であると言えます。
専門家によっては、散骨時の写真や散骨証明書、散骨した場所の座標などを後日送付してくれる所もあります。

宇宙散骨・宇宙葬

宇宙散骨宇宙葬は故人の遺骨を粉末化し、宇宙空間に散骨する葬送方法です。
こちらも新しい葬送方法として注目を集めています。
宇宙散骨・宇宙葬には主に

  • ロケット散骨
  • 衛星散骨
  • バルーン葬
  • 月での散骨

の4種類があります。
それぞれどのような散骨方法なのか見ていきましょう。

ロケット散骨

ロケット散骨は、遺骨を粉末状にした遺灰をカプセルに詰め、ロケットに乗せて宇宙空間へ送る方法です。

価格は20万円ほどからが相場になっています。
地上から100㎞離れていないと宇宙空間と認められないので、ロケットに乗せてその距離まで打ち上げることになります。

衛星散骨

衛星散骨はロケット散骨と似ていますが、遺灰を人工衛星に乗せて打ち上げます

打ち上げ専用の施設で行われ、その後何年にも渡って軌道上を周るものもあります。
世界各国の著名人も、この衛星散骨を選択したという記録があります。

バルーン葬

バルーン葬は巨大なバルーンに遺灰を詰め、空へ飛ばす方法です。

周囲に電線や障害物、高層ビルのない場所であれば、基本的に法的な制約はありません
遺族自ら葬送する場合と、専門家に任せる場合があります。
バルーンは自然に分解される性質のものを使用していることが多く、環境にも優しい工夫がされています。

月での散骨

宇宙葬の中でも、遺灰を月まで運んでくれるプランもあります。
その他の宇宙散骨と比べるとかなり価格は高騰するのですが、夢のある葬送方法と言えますね。
現地に同行するかしないかでも、価格は大きく変わってきます。
生前の予約も可能な場合が多いので、自分で宇宙葬と決めていくことも可能です。

山岳散骨・山岳葬

山岳散骨山岳葬とは、故人の遺灰を山へ還す葬送方法です。
山岳散骨・山岳葬には、海

  • 個別散骨
  • 合同散骨
  • 代行散骨

の3種類があります。

個別散骨

個別散骨は、散骨の際遺族に専門家が同行する形で行われます。

個別ですので、基本的には1家族で行うことになります。
家族だけでゆったりと別れの時間を過ごしたい人は、この方法がよいかもしれません。
費用に関しては散骨の際に行われる行事等によっても異なりますが、だいたい5万円前後だと考えて大丈夫です。
海洋散骨に比べると安価なことが多いです。

合同散骨

合同散骨の場合は、いくつかの家族が合同で散骨に向かう形になります。

そこに散骨の事業主も同行します。
個別散骨よりも費用は抑えられる傾向にありますが、海洋散骨と同じように日程調整などの面で不便なこともあります。

代行散骨

高齢の方や遠方に住んでいる方のために、散骨全般を専門家が代行する方法です。
専門家によっては遺灰を引き取りに来てくれるところもあります。

預かった遺灰をまとめて散骨しに行く場合が多いので、この方法が最も安価です。
アフターサービスも色々ありますので、よく調べて専門家を選ぶとよいですね。

費用で選ぶ

近年核家族化が進み、若い人は地元を離れどんどん独立していきます。
子どもを持たない世帯も増えています。
お墓の維持管理を任せる人がいなかったり、遠方に住んでいてお墓に通えないという事態もたくさん起こってきています。
そんな時に、自分の死後どうするかを自分で決めていくのです。

しかも散骨は、お墓に埋葬するのに比べて費用が安く済みます
その後の維持管理も考えなくてよいのです。
この点では、遺族に迷惑をかけなくてよいとも言えます。
また、節度を守れば専門家を通さず自分で散骨することも可能です。
このように、跡継ぎや費用の問題から、散骨を選択する人が増えてきています

専門家の信頼性で選ぶ

専門家に依頼する場合は、どの専門家が信頼できるかをしっかりと見分けることが大切です。
あまりにも安価だったり、サービス内容に怪しい点がある専門家は避けたほうがよいでしょう。
のちのトラブルを防ぐためにも、専門家選びはしっかりと行わなければなりません。
次の項では、散骨専門家の見選び方について詳しく解説していきます。

散骨の専門家の見分け方

人々

最近では散骨を専門に行う専門家が増えてきています。
散骨についての法律はまだ整っておらず、散骨の専門家も専門の教育を受けたり免許を持っていたりするわけではありません。
だからこそ、安易に任せてしまうと危険な場合もあるのです。
どのような視点で専門家を選べばよいのか、選び方について見ていきましょう。

実績や会社の規模で選ぶ

その専門家にどのような実績があるのか、どのような規模なのかを調べることはとても大切です。
複数の専門家を見比べ、口コミも見てみましょう
口コミが多ければ、経験の多い専門家ということになりますよね。
内容もよく読み、分からないことがあれば電話で確認してもよいと思います。
忙しくて時間がない、という時にはインターネットで専門家を比較をし、実績や口コミで決めるのもありだと思います。

口コミの他にも、インターネットからは様々な情報を得ることが可能です。
例えば会社の所在地や連絡先がきちんと記載されているかどうか、実際にその場所に会社があるかどうかなどです。

また、サイトに「特定商取引法に基づく表記」が記載されているかどうかも確認しましょう。
特定商取引法に基づく表記は、簡単に言えば消費者を守るための表記です。
事業主名や所在地、連絡先の他に代金に関することや支払いに関すること、トラブルがあった場合どのような対応をするのかなどが記載されています。
この表記に矛盾やおかしな点がないか、よく読むのも信頼できる専門家を選ぶ方法です。

散骨サービスの詳しい内容を確認

散骨サービスの内容は、事前にきちんと確認しておきましょう。
提示された代金の中に何が含まれているのかを見ておくのです。

例えば海洋散骨の場合で考えてみましょう。
まず散骨をするには遺骨を粉骨しなければなりません。
その費用は含まれているのかいないのか。
もし含まれていない場合は別途料金がかかる可能性が多いです。

その他にも船のチャーター料や船内での食事代、写真や散骨儀式の料金、散骨証明書発行料金などです。
何が含まれていて、何に追加料金がかかるのかがはっきりと分かる状態にしておきましょう。

また、ご遺骨を道徳的にきちんと取り扱っているか法に触れるようなことはしていないかも調べておくとよいですね。

費用の明細を確認する

散骨のためにはどうしても必要なことなのに、それがオプションになっている専門家もあります。
この場合、オプション料として予想外の金額を提示されることも。
もしもオプションで料金がかかる場合は、その料金がいくらなのかもしっかりと確認しておきましょう。

散骨に必要なことはだいたいの専門家がサービス内容に含んでいるはずですから、オプションとなっている時点で信用できるとは言い難いかもしれません。
事前に料金についてしっかり把握しておくことは、後のトラブルを防ぐことにもなる専門家の選び方の基本なのです。

実際に直接見てみる

もし時間に余裕があれば、実際に会社を訪れるのがよいと思います。
インターネットも便利になってきていて、たくさんの情報を入手できますが、実際に訪れるとまた違った印象になるかもしれません。
専門家の人の対応や、社内のイメージなどから、任せられると思うところを選ぶのもよいと思います。

また、実際に見てきたことがインターネットに記載されている情報と合っているかどうかもポイントです。
従業員数や会社の規模を偽っていたり、ということもまれですがあるようです。

気になったことは問い合わせる

何か気になることがあれば、電話で直接問い合わせましょう
「散骨を考えている」と話すだけでもよいし、何か質問をしてもよいでしょう。

それに対する専門家側の反応で、信頼できるかできないかを見分けるのです。
大切な個人の遺骨を託すのですから、適当な返答の専門家には任せられませんね。
実際に会社に足を運ぶ時間がない人でも、電話対応である程度は会社の雰囲気を知ることが可能なのです。

複数の専門家を比較する

専門家は1つではなく複数調べて比較してみましょう

複数の専門家からいろいろな知識を得て、まず散骨に詳しくなることが大切です。
そうすれば価格や散骨方法、サービス内容などを見比べることもできます
選び方のポイントも見えてくると思います。
明らかに他の専門家よりも高価であったり、逆に安価であった場合は怪しいと判断できるわけです。

できるだけ複数の専門家を比較することが、失敗しない専門家の選び方なのです。

散骨を選ぶ際の注意点

困った人々

次に、散骨を選ぶ際の注意点について説明します。
家族間や周囲とのトラブルを防ぐためにも、気をつけなければならないことがたくさんあるのです。

遺骨を取り戻すことはできない

散骨は遺骨を粉末化し、自然に還します。
一度散骨してしまえば二度と取り戻すことはできません
「他の方法で供養したかった」と親族に言われても、それは不可能なのです。
このようなトラブルがないように、事前にきちんと話し合い、納得のいく方法を考える必要があります。

分骨して手元供養という選択肢も

どうしても意見が合わない、という時には分骨という選択肢もあります。

遺骨を分骨し、一部を散骨、一部を手元に残しておくのです。
残した遺骨は小さな骨壷などに入れ、自宅に保管します。

そうすれば親族間のトラブルも避けることができますね。
また、全て散骨するのではなく一部を手元に残すことによって、いつまでも故人を悼む気持ちを持つことができます。

風評被害などのトラブルを避ける

今の時点で散骨については法律で定められていません。

粉骨さえすれば、専門家を通さず自分で散骨することも可能です。
しかし、どこにでも散骨してよいわけではないのです。
中には散骨を禁止している自治体もあります。
私有地や人の生活圏に近いところは避けたほうがよいでしょう。

自分の土地だからと言って自宅の庭に散骨しても、近所の人などからの風評被害に苦しむこともあります。
散骨する場所には十分注意したいですね。

散骨の生前予約におけるリスク

終活として専門家に散骨の生前予約をする人も増えています。

生前予約のメリットとして、自分が思った通りのものにすることができる、遺族への負担が減る、などがあります。
しかし、先払いをしてしまった後で専門家がつぶれたり、詐欺にあったりという被害は実際にいくつかあります。
また、ご遺族に散骨を生前予約していたことが伝わっていなかった場合、散骨が実際に行われない場合もあります。

生前予約の際は、デメリットも十分に考慮する必要があります

散骨の選び方まとめ

お墓

いかがでしたか?
散骨の選び方について、様々な視点から見てきましたね。
今回分かったことは、

  • 散骨には主に海洋散骨、宇宙散骨、山岳散骨があること。
  • その中にも様々な方法があり、内容や価格が異なること。
  • お墓の維持管理が難しくなった家族が、費用かかからないという面で散骨を考えるという選び方もあること。
  • 信頼できる専門家を選ぶために、実績や口コミ、サービス内容、会社の雰囲気、電話対応など様々な点から複数の専門家を比較しておくこと。
  • 親族の反対や、風評被害を防ぐための対策をしておくこと。

でしたね。

近年、「死後はお墓に埋葬する」という従来の考え方にプラスして、死後どうするかの選択肢が増えてきています

自分や家族には何が必要で、どのような葬送方法の選び方をするのかしっかりと意思を持つ必要がありそうですね。

散骨を選ぶ際には、ぜひここに記載されていることを参考にしてみてくださいね。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「散骨・選び方」に関連する記事

「散骨・選び方」についてさらに知りたい方へ

  • 散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

    散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

    散骨は、いろいろな種類がある供養方法のうちのひとつです。新しくお墓を建てなくていいことと、お墓を維持していかなくていいことが理由で、現代では散骨を選ばれる方が増えています。そこで、散骨について気になる疑問や方法についてご紹介させていただきます。

  • 散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

    散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

    故人の生前の遺志を汲み散骨を望む遺族が増えています。 でも散骨はまだまだなじみが薄く、散骨の仕方や場所、費用の見当もつかず、散骨して大丈夫なのかと戸惑っている方も多いと思います。 そんな散骨の種類や方法と費用の相場などについて、分かりやすく説明します。

  • お墓は建てずに海に散骨するときのプランから準備までまとめましたのサムネイル画像

    お墓は建てずに海に散骨するときのプランから準備までまとめました

    お墓を建てようとすると、金銭面でも労力の面でも様々な苦労が強いられます。そこで、最近ではお墓を建てないという方法もいろいろとあり、その中の1つに海への散骨というものがあります。海に散骨する場合はどのようなプランや準備が必要なのでしょうか?

  • お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

    お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

    昔は埋葬と言うと、お墓に納めるだけでしたが、最近では永代供養墓、納骨堂、樹木葬をはじめとする自然葬など数多くの埋葬方法があります。中でも注目を集めているのが散骨などの自然葬です。お墓を持たない散骨は、どのようなシステムなのか気になります。

  • 終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

    終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

    終活を考える時、ご遺骨を散骨してご供養する方法をお探しになられる方が増えています。近頃様々なメディアで紹介されている散骨というご供養。より充実した終活となりますよう、散骨の種類やその費用についてご紹介したいと思います。

  • 海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

    海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

    日本では火葬した遺骨をお墓に納めるのが一般的ですが、散骨という方法もあります。今回は散骨の中でも海洋散骨について、その準備方法や費用、法律、海外散骨などすべてを詳しく解説!海洋散骨に興味がある方も、そうでない方も、ぜひ一度目を通してみてください。

  • 散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

    散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

    現代社会で価値観が多様化する中で自由な葬儀のやり方も増えてきていますが、その方法の1つが散骨です。海や山など好きなところに遺骨をまくイメージがありますが、許可がなくて大丈夫なのかと疑問に思う方も多いでしょう。今回は散骨の許可にまつわる疑問に迫っていきます。

  • 散骨供養はどのように行われるの?散骨の種類をご紹介します!のサムネイル画像

    散骨供養はどのように行われるの?散骨の種類をご紹介します!

    新しい御供養方法として、散骨という形で故人をお送りする方々が増えてきています。なんとなくイメージは出来るけれども、具体的な種類や実際に散骨される様子を知る機会はなかなかありませんよね。散骨供養の方法とその種類について、一緒に学んでみましょう。

  • 故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とはのサムネイル画像

    故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とは

    遺言によって骨を大好きだった場所、思い出の場所に散骨してほしい、と希望をされるケースも増えてきています。散骨をする際には、どのような許可が必要なのでしょうか。許可や方法などについてご紹介いたします。

  • 山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?のサムネイル画像

    山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

    散骨という葬儀方法を御存じでしょうか。これは山や海で行う自然葬の一つで、遺骨をお墓に納めず、自然に還すという葬儀方法です。なじみがない方が少なくないと思いますが、山に散骨する方法をとられる方が増えています。ここでは山への散骨について紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「散骨・選び方」についてさらに知りたい方へ

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

お墓は建てずに海に散骨するときのプランから準備までまとめましたのサムネイル画像

お墓は建てずに海に散骨するときのプランから準備までまとめました

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

散骨供養はどのように行われるの?散骨の種類をご紹介します!のサムネイル画像

散骨供養はどのように行われるの?散骨の種類をご紹介します!

故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とはのサムネイル画像

故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とは

山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?のサムネイル画像

山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと