遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理について

遺骨の供養方法で悩む方はたくさんいらっしゃいます。最近では、永代供養が注目される一方で、愛する故人を身近に感じることができる手元供養の人気が高まっています。今回は、永代供養と手元供養について解説します。役立つ情報ですので最後までご覧ください。

目次

  1. 永代供養するなら、手元供養も考えよう
  2. そもそも永代供養とは
  3. 近年人気の手元供養とは
  4. 分骨したご遺骨の手元供養の方法
  5. 全骨手元供養する場合
  6. 手元供養のためには粉骨が必要
  7. ペットの永代供養と手元供養
  8. 永代供養と手元供養まとめ

永代供養するなら、手元供養も考えよう

お墓

終活をする上で必ず考えることは供養の方法です。
最近では核家族化や少子高齢化などの理由によって、永代供養を利用する人は増えています。
永代供養は現代のニーズに合うものです。
しかし、永代供養だけでは「故人を身近に感じていたい」という気持ちを満たすことはなかなか難しいものがあるのも事実です。
そこで、永代供養と合わせて考えたいのが手元供養です。

今回終活ねっとでは、

  • 永代供養とはどんなものなのか
  • 手元供養の意味・特徴について
  • 分骨したご遺骨はどのように手元供養するのか
  • 永代供養をせず、ご遺骨を全部手元供養する場合はどうするのか
  • 手元供養をする際に必要な粉骨という作業について
  • ペットの永代供養・手元供養について

を中心に永代供養と一緒に考えてほしい手元供養について紹介します。
ぜひ最後までお読みください。

そもそも永代供養とは

お墓

永代供養とは、供養する人がいない場合に霊園や寺院に供養の代行をしてもらうことです。
永代供養を利用する理由は様々です。

  • お墓を継承してくれる人がいない
  • 高齢でお墓参りにいけない
  • お墓が遠くにあって供養にいけない
  • お墓のことで子供に迷惑かけたくない

などの理由から永代供養をお願いするケースが増えています。

近年人気の手元供養とは

お墓

遺骨はお寺やお墓で供養するのが一般的でした。
しかし、最近では自宅で供養する手元供養が人気です。

手元供養とは、遺骨を全部、あるいは遺骨の一部を自宅に置いて供養する方法です。
自宅で供養するので「自宅供養」とも呼ばれています。

遺骨を自宅に置いていても大丈夫なのか?

遺骨を自宅に置いても法律的に問題はないのでしょうか?
身内の遺骨であれば全く問題はありません
墓地の埋葬法に関する法律はありますが、遺骨の自宅保存に関する法律はありません。

ただし、問題となる場合は他人のご遺骨を預かって保管することは法律で禁止されています。

なぜ永代供養と一緒に行われるのか

一般的なお墓の場合には骨壺に入れるなどすれば、故人の遺骨の特定はできます。
しかし、最近注目されている永代供養の場合は、その多くが年数が経つと他の遺骨と一緒にされてしまいます
骨壺などには入れずに合祀されてしまうので、故人の遺骨を特定することが難しくなります

永代供養の場合は、後から個別の供養をしたいと思ってもできない場合が多いのです。
そのような事態を避けるためにも、遺骨の一部を分骨して手元に置くのです。

このような背景のもと手元供養は永代供養と一緒に行われることが近年多くなっています

分骨したご遺骨の手元供養の方法

お墓

手元供養のためには「手元供養品」が必要です。

手元供養品の中に遺骨を納めます。
手元供養品を使った供養の方法は大きく分けて2つあります。
1つは手元供養品を自宅などに置く方法、もう1つは手元供養品を身につける方法です。

では、分骨したご遺骨の手元供養の方法についてみていきましょう。

骨壺(骨壷)

手元供養の定番は骨壺です。
「骨壺を自宅に置くのは抵抗がある」という人もいるでしょう。
しかし、最近の骨壺は様々なサイズやデザインのものが沢山あります。
抵抗感なくお部屋に置くことができる商品が増えています。

手のひらサイズのミニ骨壺に人気があります。
お部屋の雰囲気に合った骨壺を選ぶことができます。

ミニ骨壷・パステル(金属製・納骨袋付き)
ミニ骨壷・パステル(金属製・納骨袋付き)

商品価格11923円

【商品詳細】
・素材:金属(真鍮)
・サイズ:最大幅 約4.7×高さ約7.5cm
・口径:約2.5cm
・内容量:約40cc
(お米約40g入ります)
・重さ:約308g
・付属品:納骨袋、持ち運び用小袋

この商品を購入

骨壺を置く場合の供養の方法を以下で詳しく見ていきましょう。

安置場所

まずは、どこに置くのかを決めましょう。
骨壺を安置する場合は、普段から家族が目にするような場所がおすすめです。
リビングや寝室など、普段の生活でよく利用する場に置く人が多いです。

骨壺の周辺に飾るもの

次に骨壺の周りに飾るものを考えましょう。
骨壺を置くだけでも良いのですが、周りに写真を飾ったり、骨壺専用のステージなどを設置すると良い雰囲気が生まれます。

骨壺に合わせたステージも多数販売されていますので調べてみると良いでしょう。
その他、思い出のものを一緒に置くことで故人を偲ぶことができます。

携帯できる骨壺

小さい骨壺には小袋が付いている場合があります。
その小袋は持ち運び用のもので、外出時も肌身離さず持ち運べるようになっています。
また、落としても壊れにくい材質で作られているものもありますので、お部屋に置いても持ち運んでも安心です。

自宅でも外出先でも「故人と一緒」という思いで過ごせます。
故人を忘れない心が供養に繋がります。

骨壺の相場

骨壺の相場は2千円〜10万円です。

位牌・仏壇

日本には仏壇を所有している家が沢山あります。
仏壇には必ず位牌を置きます。

位牌は故人の戒名、没年月日、俗名、享年の記された札のことです。
位牌は故人の霊が下りてくるために必要なものです。

そもそも仏壇とは御本尊(お釈迦様)を祀るためにあるものです。

仏壇に手を合わせるということは、先祖と一緒にお釈迦様をお祀りするということが本来の意味になります。
しかし、多くの人たちが仏壇に手を合わせるということは、故人に対する供養という意味が強いと思います。
「御本尊に対するお祀り」「故人の供養」この二つの意味が仏壇の役割となります。

近年、手元供養品としてもこの位牌や仏壇が用いられるようになってきました

新感覚モダン蒔絵位牌【かたみ箱付面粉唐木位牌:銀水-偲び桜 紫檀】送料無料【smtb-td】【RCP】
新感覚モダン蒔絵位牌【かたみ箱付面粉唐木位牌:銀水-偲び桜 紫檀】送料無料【smtb-td】【RCP】

商品価格16100円

■サイズ:
4.0寸 台幅70mm×総高174mm×奥43mm 札幅50mm×札高123mm
小型仏壇18号~23号、130cmまでの重ね大型仏壇に最適です
かたみ箱内寸 深18mm×幅40mm×奥22mm

この商品を購入

安置場所

位牌は仏壇に安置することが基本となります。
仏壇がない家も増えてきています。
できるだけ、位牌をそのまま置くようなことはしないで、仏壇の代わりになるようなものを準備することをお勧めします。

手元供養に最適な小さな仏壇が販売されていますし、比較的安く手に入りますのでご検討して見てください。
位牌は故人の霊が宿る場所ですから大切に扱いましょう。

仏壇の拝み方

仏壇の拝み方の基本は以下の通りです。

  • 朝晩2回
  • 供え物を置く
  • ろうそく、線香、カネを鳴らす
  • お経を唱える(宗派ごとに)
  • 合掌する

基本的な拝み方ですが、それぞれの宗派によって違います。
信仰する宗派のやり方で行ってください。

ミニ仏壇セット

ミニ仏壇セットとは小さな仏壇本体、ろうそく立て、線香立て、写真立てなどがセットになったものです。
相場は3千円から20万円です。
メリットは供養に必要な仏壇のセットをまとめて購入することができると言うことです。
またミニ仏壇ですので場所を取らずお部屋の雰囲気に合わせたものを選ぶことができます。

ペンダント

新しい手元供養の方法として身につけられる遺骨ペンダントが人気です。
遺骨ペンダントには、ダイヤモンド加工したものや粉骨した遺骨を中に入れられるペンダントなどがあります。

遺骨ペンダント・スウィングティア(シルバー925・刻印できます)
遺骨ペンダント・スウィングティア(シルバー925・刻印できます)

商品価格23436円

【商品詳細】
・素材:シルバー925
・サイズ:幅約13×高約25×厚約6.5mm
・チェーン:シルバー925・50cm
チェーンはロジウムメッキ加工
・重さ:約9g(チェーン含みます)
・付属品:ネジを開けるドライバー、カロート専用ネジ止め、お骨をペンダントに入れるロート、お骨を押し込む木棒、
 取扱説明書、お手入れ専用布
・ジュエリーケースに入れてお届けします。

この商品を購入

遺骨で作るダイヤモンドは、遺骨に残る炭素で作成されます。
費用は40万円から250万円です。

ダイヤモンドペンダントは高価になりますが、粉骨を入れるタイプのペンダントは手に入りやすい価格で購入できます。
シルバー、ゴールド、チタン、ステンレス、プラチナ、天然素材など様々な材質から選ぶことができます。
材質によっては傷がつきやすいものもありますので、アフターケアを行っているお店で買ったほうが安心です。

また、長く使うものですから、ご自身の肌に合うものを選びましょう。
金属アレルギーなど持っている方はアレルギー反応が出ないものを選びましょう。

そして、アクセサリーですので紛失には気をつけましょう。

費用の相場は千円から20万円と種類によってばらつきがあります。

故人が美しい形で残っている遺骨ペンダンを普段から身につけることで平安な気持ちを得ることができると思います。
故人を忘れず、いつも身につけることが供養につながります。

仏具

手元供養品の中には、手元供養墓という仏具もあります。
簡単に言うと、小さなお墓です。
サイズがコンパクトですので、自宅にも置けるタイプになります。

掲載した手元供養墓は御影石でできているため価格は高めです。
手元供養墓の相場は10万円から20万円です。

メリットしては、石で出来ているので頑丈で、紛失の心配がありません。
デメリットとしては、骨壺と同じように抵抗感を感じる人があるかもしれません。

全骨手元供養する場合

人々

手元供養する場合の選択肢として、ご遺骨を全骨手元供養する方法があります。
これは、永代供養を依頼せずに自宅で手元供養する方法です。
全骨安置の場合であっても法律に触れることはありませんのでご安心ください。

手元で保管することで気をつけたい点はカビです。
寒暖の差が少ない風通して良いところに保管しましょう。
また、地震などが起きても安全な場所に安置きましょう。

全骨手元供養のメリットを挙げると、

  • 永代供養などの納骨にかかる費用がない
  • 故人を身近に感じられる
  • 自宅で供養することができる

などが挙げられます。

逆にデメリットとして、

  • 大きい骨壺の雰囲気に抵抗がある
  • 紛失したり破損する場合がある
  • 度々、親類が自宅に手を合わせに来る場合も

などが考えられます。

手元供養のためには粉骨が必要

お墓

様々な手元供養の方法がありますが、粉骨を必要とするものが多くを占めています。
粉骨方法は、自分で行うか、業者に任せるかのどちらかになります。

自宅での粉骨方法

用意するものは「すり鉢」と「すりこぎ」です。
少々時間はかかりますが、自身で粉骨することを供養だと思って自宅で行う方もいます。

業者・事業主に依頼する方法

粉骨を行ってくれる業者・事業主があります。

粉骨業者・事業主は専用の機械を使って粉骨しますので、綺麗なパウダーになります。
そして、防腐処理や真空パックにしてくれるサービスもあります。
また、手元供養品と粉骨サービスをセットでやってもらえる場合もあります。

粉骨された遺骨をガラス密封して、手元供養ができる作品に仕上げてくれます。

ペットの永代供養と手元供養

お墓

最近ではペットの供養の要望が多く、永代供養手元供養を行う人が増えています。
ペットの永代供養も手元供養も、基本的には人の供養とほとんど同じ形式になります。

火葬にかかる費用は、個別火葬か共同火葬かによって金額が変わります。
またペットの体重によっても金額が違ってきます。
火葬の費用は約4千円から5万円となります。

供養の方法としては、永代供養が人気があります。
費用の相場は、1万円から10万円です。

永代供養を行う場合、やはり合祀されてしまうと寂しいという方も多数いらっしゃいます。
そのため、手元供養を永代供養と同時に行う人が増えてきています

手元供養に関しては人と同じような供養の方法となります。
ペットの遺骨や体毛を使ったペンダントや人工的な宝石を作ることもできます。

ペットも大切な家族の一員ですので、亡くなった後でも大切に供養しましょう。

永代供養と手元供養まとめ

花

遺骨の供養として永代供養手元供養についてみてきました。
今回の記事をまとめてみると、

  • 永代供養だけでは寂しいと感じる方がいますので、合わせて手元供養も考えましょう
  • 手元供養で自宅に遺骨を置くことに法的な問題はありません
  • 最近の手元供養品はおしゃれでお部屋の雰囲気を壊しません
  • 位牌の中に粉骨を入れる商品もあります
  • 遺骨ペンダントは故人といつも一緒の感覚を得られます
  • ミニ仏壇など、お部屋の雰囲気や広さに合った選択ができます
  • 全骨手元供養もできますが、骨壺の雰囲気や部屋の広さを考慮する必要があります
  • 手元供養は粉骨が必須です
  • ペットも永代供養や手元供養が人気です

手元供養の需要が増えています。
それに伴い、様々な形の手元供養品が生まれています。
きっと、それぞれのニーズに合う手元供養品が見つかるはずです。

終活を考える際に永代供養は外せません。
永代供養を考えている方は、手元供養も考えてみてはいかがでしょうか。

終活ねっとでは他にも「永代供養をする際に考えてほしい手元供養について」以外にも、終活に関する様々な記事を紹介しています。
ぜひそちらもご覧ください。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「永代供養・手元供養」に関連する記事

「永代供養・手元供養」についてさらに知りたい方へ

  • 遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

    遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

    遺骨供養に手元供養という選択肢があるのをご存知ですか?今回は手元供養についてメリット・デメリットから、手元供養を行う際の書類、金額別の遺骨供養方法まで、手元供養に関する情報をまとめてみました。あなたにぴったりの手元供養の方法が見つかるかもしれません。

  • 遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

    遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

    遺骨の「手元供養」はお墓のいらない新しい感覚の供養方法です。お墓離れという言葉もある現在、遺骨の「手元供養」が注目を集めています。今回は遺骨の「手元供養」についてご案内します。アクセサリーやプレートなど、手元供養にぜひおすすめのアイテムも紹介していきます。

  • 遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。のサムネイル画像

    遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。

    忘れられない故人がいる。姿は見えなくても、そばにいて欲しい存在との永遠の別れ。そんな時、遺骨を手元供養するという方法はいかがでしょうか?自宅で遺骨を手元供養をする方法をご紹介いたします。

  • 手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

    手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

    跡継ぎやお墓参りが難しくなり、墓離れが進む現代。手元供養という新しい方法があるのをご存知ですか?今回は手元供養の方法や手順について詳しく解説していきます。お墓の継承に悩んでいる方、新しい供養の方法を検討してみてはいかがでしょうか?

  • 手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説しますのサムネイル画像

    手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説します

    最愛の人のご遺骨は、毎日身近に感じられるように、手元供養したいと思いますよね。でも、そのためには費用がどれぐらいかかるのか、相場や内訳をしっかり把握しておきませんか?今回は、手元供養の費用についての内訳や相場を開設したいと思います。ぜひ、最後までご覧ください。

  • 永代供養と手元供養はどちらがいいのかそれぞれ解説します!のサムネイル画像

    永代供養と手元供養はどちらがいいのかそれぞれ解説します!

    永代供養と手元供養について聞いた事はありますか。供養方法を考えた時、頭にパッとこの2つの選択肢が浮かんだとしても、両方詳しく知らなければ選ぶ事も難しいでしょう。この記事では、永代供養と手元供養ではどちらが良いのか解説いたします。

  • お墓離れが進む中増えている、骨壺を自宅に安置する「手元供養」のサムネイル画像

    お墓離れが進む中増えている、骨壺を自宅に安置する「手元供養」

    人は亡くなれば、荼毘(だび)に付され骨壺に入り、お墓や納骨堂に納骨されるのが一般的な流れですが、最近増えているのが、骨壺を自宅に置いて供養する「手元供養」。そこで、”お墓”という形にとらわれない、新たな供養スタイルの「手元供養」についてお伝えしていきます。

  • 遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

    遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

    大切な人を、亡くなった後もずっと身近に感じられたなら…そう思ったことはありませんか? 遺骨を手元供養すればそれが可能になります。 終活ねっとでは遺骨の手元供養について具体的な種類や方法を紹介します。 ぜひあなたに合った形を見つけてくださいね。

  • 墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

    墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

    最近では墓じまいをして手元供養を考える人もいるようです。 手元供養なら身近に遺骨を置くことができるのでいつも一緒にいることができますし、お墓の承継者や経済的な負担の問題から手元供養を選ぶ人もいます。 ここでは、墓じまいをした後の手元供養の方法について紹介します。

  • お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像

    お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

    遺骨や遺灰をお墓とは別に自宅などで供養する手元供養が増えています。常に遺骨を身近に置き、故人を偲ぶことができる手元供養について解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「永代供養・手元供養」についてさらに知りたい方へ

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。のサムネイル画像

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説しますのサムネイル画像

手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説します

永代供養と手元供養はどちらがいいのかそれぞれ解説します!のサムネイル画像

永代供養と手元供養はどちらがいいのかそれぞれ解説します!

お墓離れが進む中増えている、骨壺を自宅に安置する「手元供養」のサムネイル画像

お墓離れが進む中増えている、骨壺を自宅に安置する「手元供養」

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと