墓じまいの方法は?これを読めば墓じまいのやり方が全てわかります!

終活をはじめる時、お墓の行く末も不安の種だと思います。最近では墓じまいをする家も増えてきました。ここでは、墓じまいの方法や手順、墓じまい後の遺骨の供養方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

目次

  1. 墓じまいの方法について
  2. 墓じまいをする際の方法・手順
  3. 墓じまいに必要な料金
  4. 墓じまいの代行業者・事業主について
  5. 墓じまいの方法まとめ

墓じまいの方法について

困った人々

みなさん、自分の家のお墓の行く末って気にかけたことありますか?

終活をはじめる上で、お墓を今後どうするのかということは、だれでも考えることなのではないでしょうか。

お墓について考えてみると、

  • 自分たち夫婦には子どもがいないから墓守をしていってくれる人がいない
  • 家の近くにお墓があるが、子どもたちが地元を離れて生活しているので、自分たちが亡くなった後、お墓参りしてくれるか心配

といった不安なことって多々あると思います。

最近では墓じまいをする家も増えてきました。

ですが、実際に墓じまいをするとなると、具体的にどうすればいいのか、どういった業者・事業主に頼めばいいのか、などいろいろな疑問が湧いてくると思います。

ここでは、墓じまいの方法を中心に

  • 墓じまいはどういった手順をふめばいいのか
  • 墓じまい後の遺骨はどのように供養するのか
  • 墓じまいのときにかかるお金はいくらぐらいなのか
  • 墓じまいの代行業者はどの程度のことまでやってくれるのか

などについて説明していきたいと思います。

ぜひ最後までお付き合いください。

墓じまいした後の納骨先の霊園を比較してみたいという方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

墓じまいをする際の方法・手順

お墓

墓じまいをするとき、何から始めればよいのか迷う方も多いと思います。

ここでは、墓じまいをするときの方法手順について説明します。

親族に墓じまいをしていいか確認する

いざ墓じまいをしようとする時、自分たちだけで決めていいものではありません。

先祖代々のお墓にお参りしている人は、両親や子供・孫など自分の直系だけではなく、伯父・伯母、従兄弟など、他の多くの親族の方もお参りされていると思います。

墓じまいをしたいと考えたときには、まず親族の方々の了承を得る必要があります。
いつ墓じまいを行いたいのか、遺骨をどうしたいのか、今後のお参りをどうするのか、など具体的な話をすると、相手もイメージしやすいでしょう。

後からトラブルにならないためにも、親族の方々の了承を得てから墓じまいを行いましょう。

遺骨の供養方法を決める

まず、墓じまいを行うときに考えることは遺骨を今後どのように供養するかです。
ここでは墓じまい後の供養の方法についていくつか紹介します。

改葬する

改葬とは、遺骨を今のお墓から他のお墓に移して供養することです。

他のお墓に移す場合、多くは新たに墓地を決めて墓石を建てることになると思います。

その場合の費用ですが、新たに

  • 墓地の永代使用料
  • 墓地の管理費用
  • 墓石の購入・設置費用

がかかります。

相場としては100万円~300万円ほどになります。

一般的に市区町村が管理・運営している公営霊園は民営霊園や寺院墓地に比べて、永代使用料や管理費用が安くすむ場合が多いです。
ただし、墓地の場所によっては永代使用料がかなり高額の公営霊園もありますので、注意が必要です。

公営霊園は、その市区町村に居住しているなどの利用条件があり、改葬後の遺骨を受け入れていないところもありますので、あらかじめ確認しておくとよいと思います。

寺院墓地に納骨する場合は、その寺院の檀家にならなければならないことがほとんどです。
その時には、檀家になるための入檀料や護持会費、お布施などの費用もかかります。

また、墓石を建てる以外にも、最近では納骨堂に納める人や、樹木葬を行う人も増えてきています。

納骨堂や樹木葬は、

  • 霊園・寺院墓地のどこでも、ほとんどのところで宗旨・宗派を問われない
  • 墓石を建てるよりも費用が安い

といったメリットがあげられます。

ただし、納骨堂や樹木葬の場合、最初からもしくは一定期間後に合祀されたり、使用期限が設けられているところもあります。
永代にわたって個別納骨を希望される場合は、事前に確認されるとよいと思います。

費用ですが、

  • 公営霊園の納骨堂・・・年間1万5千円前後
  • 民営霊園・寺院墓地の納骨堂・・・30万円~100万円ほど
  • 樹木葬・・・10万円~80万円ほど

が多いです。

永代供養

永代供養とは、お墓参りをする人がいなかったり、いてもできなかったりする場合に、寺院が代わりに供養や管理を行ってくれることをいいます。

改葬して、新たに墓石を建てるよりも費用が安くすみます。

永代供養を行う場合、

  • 個人の遺骨をそれぞれ個別に納骨でき、永代にわたって合祀されない
  • 納骨時は個別だが、一定期間(33回忌や50回忌など)を過ぎると合祀される
  • 最初から合祀される

の3パターンに供養の仕方が分かれます

永代供養に関しては、最初から、もしくは一定期間個別に納骨された後に合祀される場合が多いです。

しかし、一度合祀されてしまうと、遺骨を取り出すことができなくなってしまいます。
分骨など、将来的に遺骨を取り出す可能性が少しでもあるならば、永代にわたって合祀されないタイプを選択するとよいでしょう。

費用ですが、最初から合祀する場合ですと10万円~30万円ほどですみます。
個別に納骨する場合は、平均すると30万円~50万円ほどになります。

ただし、納骨時のお墓の仕様や占有スペースなどによって、高ければ数百万円かかる場合もありますので、自分たちの予算に合わせて検討されるとよいと思います。

また、永代供養墓は「一霊位(一遺骨)〇〇円」となっているところも多く、家族の分も一緒に納骨する時には、さらにお金がかかる場合があります。
その点についても、よく確認されるとよいと思います。

全国の永代供養できる霊園をお探しの方はこちらをご利用ください。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは永代供養を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

散骨する

散骨とは、粉末化した遺骨を海などにまく埋葬方法です。

費用がだいたい5万円~30万円ほどと、改葬するよりもかなり安くすみ、お墓を管理することもないので、選ぶ人が増えてきています。

最近では船に乗って海に散骨する方法だけではなく、

  • セスナやヘリコプターなどに乗って空中から海に散骨する方法
  • バルーンに遺骨を入れて飛ばし、成層圏に入るとバルーンが破裂して空中に散骨される方法

など、やり方もさまざまです。

最も一般的な、船に乗って海に散骨する場合、

  • 個別(一家族)で船に乗り、散骨する
  • 合同(複数家族)で船に乗り、散骨する
  • 業者に委託して代わりに散骨してもらう

の3つの方法があります。

自分たちだけで落ち着いて埋葬したい場合は個別散骨がいいでしょうし、費用を安くすませたい場合は代理散骨がよいかと思います。

費用は、

  • 個別散骨・・・20万円~30万円
  • 合同散骨・・・10万円前後
  • 代理散骨・・・5万円前後

が相場になります。

手元供養

手元供養とは、遺骨を納骨せず、自分で保管して供養するという方法です。

近年、

  • 亡くなった人がそばにいないのは悲しい
  • お墓が遠方にあったり、足が不自由になったり、などの理由でなかなかお参りに行けない
  • 墓守をしてくれる子孫がいない

などの理由で、遺骨を自分の手元に置いて自宅で供養する人も増えてきました。

遺骨を分骨して、一部を手元供養し、残りの遺骨はお墓などに納骨する方も多いです。

手元供養をする場合、遺骨の保管方法として、

  • 遺骨をミニ骨壺やオブジェに納める
  • 遺骨をペンダントなどのアクセサリーに納める
  • 遺骨を加工してペンダントなどのアクセサリーを作る

といった方法があります。

費用ですが、大体1万円~10万円ほどが相場になります。
ただし、遺骨加工アクセサリーだともう少し値段が高く、数十万円ほどかかる場合もあります。

墓の撤去をしてもらう石材店を探す

墓じまいをする時、今まで使用していたお墓の場所は霊園・寺院に返さなければいけません。
その際、更地にして返すのが一般的です。

つまり、墓石を撤去してもらわなければなりません。

墓石を撤去するには、石材店に墓石を解体・処分したい旨を連絡します。

石材店によって費用も異なるので、できれば複数の業者から見積もりをとるとよいと思います。

ただし、使用している霊園・寺院によっては、石材店を指定しているところもあります。
その場合は、指定石材店を利用した方がよいでしょう。

見積もりをとって石材店を決めたら、契約をします。

埋葬証明書を発行する

埋葬証明書(埋蔵証明書)とは、このお墓に誰の遺骨が納骨されているかをお墓の管理者が証明したという書類のことです。

現在納骨しているお墓の管理者に依頼をし、埋葬証明書を交付してもらいましょう。

市区町村が運営している公営霊園の場合は、各市区町村が問い合わせ先になっている場合もあります。

受入証明書を発行する

受入証明書とは、新たな納骨先の霊園・寺院の管理者が遺骨の受け入れを許可したことを証明したという書類のことです。

移転先のお墓の管理者に依頼をし、受入証明書を交付してもらいましょう。

散骨や手元供養を予定している場合は受入証明書が用意できないこともあります。
その時には、改葬許可申請をする市区町村に事前に問い合わせをしておくとよいと思います。

改葬許可申請を出す

埋葬証明書・受入証明書が用意できたら、現在のお墓がある市区町村に改葬許可を申請します。

改葬許可申請書に必要事項を記入し、埋葬証明書・受入証明書とともにお墓がある市区町村へ届け出ます
ただし、改葬しようとしている人(改葬許可申請者)と現在のお墓を使用している人が違う場合、使用者の「改葬承諾書」も必要となります。
改葬承諾書が必要な場合は、使用者に早めに連絡を入れ、書類の用意をしてもらいましょう。

また、改葬許可申請書は各市区町村で様式が異なります
申請書は申請予定の市区町村からもらいましょう。
市区町村によっては、ホームページから様式をダウンロードできる場合もあります。

申請したら、申請先の市区町村が「改葬許可証」を発行してくれます。

市区町村によっては、発行手数料がかかる場合もあります。
手数料はだいたい数百円程度になります。

改葬許可証は発行されるまでに時間がかかる場合もあります。
改葬許可証がなければ遺骨を取り出せないので、時間の余裕をみて申請をしましょう。

閉眼供養を行う

閉眼供養とは、遺骨を取り出す際に行われる儀式のことです。

魂抜き、御霊抜き、お精抜き(おしょうぬき)などとも呼ばれます。

お墓には亡くなられた人の魂が宿るとされています。
遺骨をお墓から取り出す時には、魂を抜いて単なる物体としてのお墓に戻すのです。

遺骨は、閉眼供養を行ってから取り出すようにしましょう。

遺骨を取り出す時には、まず現在のお墓の管理者に改葬許可証を提示します。

いざ遺骨を取り出してみると、遺骨がすでに土に還っている場合もあります。
その時には、遺骨の代わりに周りの土を少し持ち帰るというのが一般的です。

閉眼供養の費用ですが、3万円~10万円ほどが相場になります。

お墓を撤去する

遺骨を取り出したら、お墓の撤去工事をします。

お墓の一番上の縦長の石(竿石)は、カニクレーンとよばれる小型移動式のクレーンを使って撤去するのが一般的です。

お墓の外柵やカロート(納骨室)もクレーンを使って撤去していきます。

外柵の場合は、ある程度砕いてから撤去される場合が多いです。

お墓をすべて撤去したら、その場所を整地して更地にします
足りない土を補充したり、ゴミなどを取り除いていきます。

遺骨を新しい供養先に移す

墓じまいが終わったら、新しい供養先に遺骨を移します

その際、移転先のお墓の管理者に改葬許可証を提出しましょう。

新しい供養先をお探しの方はこちら。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

墓じまいに必要な料金

お金

墓じまいには実際いくらぐらいかかるものなのでしょうか。

墓じまいの時には、

  • 改葬許可申請時の手数料
  • 墓石の撤去・処分費用
  • 閉眼供養の費用
  • 離壇料

などのお金がかかります。

以下墓じまいでかかる費用について詳しく見ていきます。

石材店に支払う料金相場

石材店に支払う墓石の撤去・処分費用ですが、1㎡あたり10万円ほどが相場です。

しかし、これはあくまでも目安です。

お墓の建っている場所や立地条件(狭い通路・階段・急な坂道など)によっては、さらに金額が高くなる場合があります。
お墓によっては、クレーンを入れられないところもあるので、手作業で行わなければならない時は、その分値段も高くなります。

また、石材店によっても金額がかなり変動します。
撤去・処分費用込みで見積もる石材店もあれば、撤去費用と処分費用を別に見積もる石材店もあります。
さらに、遺骨取り出し料を別に支払わなければならない場合もあります。

ですので、できれば複数の業者から見積もりをとって、作業してもらう石材店を決めるとよいと思います。

お寺に払う離壇料について

寺院墓地のお墓を墓じまいをして別の墓地に移ることは、そのお寺の檀家をやめることにつながります。

その際、今までお世話になったお寺に離壇料を支払うことが一般的です。

もともと、「離壇料」という言葉はありませんでしたが、最近ではこの表現を使われることが多くなりました。

檀家をやめる際には、それまでお世話になったお礼を込めてお寺にお布施するのがマナーとされているのです。

相場はいくらくらいか

離壇料の相場は、だいたい法要一回分の金額だといわれています。

その金額はおおよそ3万円~20万円ほどです。

離壇料を巡るトラブル

お寺に「墓じまいをしたいので檀家をやめたい」旨を伝えたところ、まれに高額な離壇料を要求されたという話が聞かれます。

その場合、数百万円、場合によっては1千万円以上もの離壇料を要求されるということです。

もし、このようなケースに遭遇した場合は、弁護士など専門家に相談をしてみるとよいと思います。

ただ、お寺としても檀家を離れるということは、その分収入がなくなることになるわけですから、望ましいことではありません。 

それに、今までずっと亡くなった人たちのことを供養し続けてくれていたのです。
それなのに、何の相談もなく急に「檀家をやめたい」と言われたら、お寺としても態度を硬化させてしまうこともあると思います。

そのようなことが、離壇料トラブルにつながることもありうるのです。

こういったトラブルに巻き込まれないためにも、お寺には墓じまいをしたい旨を事前によく相談しておくことが大切だと思います。

近年では、

  • 就職や進学で親元をはなれ、そのままよその土地で暮らしている
  • 子どもがいない
  • 高齢や病気などで身体が不自由

といったことが原因でお墓にお参りすることができず、やむなく墓じまいをするケースも増えてきています。

今までお世話になってきたことのお礼や、墓じまいを考えるに至った事情をお寺側に理解してもらえるよう、丁寧に話をすることが円満な墓じまいにつながります。

墓じまいの代行業者・事業主について

人々

墓じまいを行う手順を説明してきましたが、「やることが多くて大変だな」と思われた方もいると思います。

自分で墓じまいを行うことが難しい場合は、代わりに諸手続きを業者・事業主に行ってもらうという方法があります。

メリットとしては、

  • 行政の面倒な手続きを自分で行う必要がない
  • 寺院・霊園や石材店など、いろいろなところと交渉する手間が省ける

といったことがあげられます。

利用する際の注意点

代行サービスは確かに便利ですが、注意しなければならないこともあります。

それは、サービスの内容をよく吟味するということです。

代行サービスには、墓じまいに関わることすべて(行政手続き、お墓の撤去工事、霊園・寺院との交渉、遺骨の取り出し・搬送)をパックにして、全国一律の定額料金で行ってくれるところもあれは、行政手続きはオプションで別途料金が発生するなど、サービスの内容に差があります

逆にすべてパックになっているプランだと、行政手続きを自分で行った場合でも減額されないということもあります。

また、定額料金をうたっているところでも、お墓の立地条件や大きさによっては追加料金が発生する場合もあります。

代行サービスを利用する場合は、

  • サービスの内容は何か
  • 追加料金やオプションが発生するのはどういう時か
  • 寺院・霊園との交渉や相談はどの程度引き受けてもらえるのか

などについてよく調べ、複数の業者から見積もりをとってから利用するとよいと思います。

料金相場

代行サービスの相場は、すべて込みのパックだと大体30万円前後になります。

ただしこれは基本料金ですので、オプションを付ける場合や、お墓の立地・大きさなどによって追加料金が発生する場合があります。

墓じまいの方法まとめ

人々

いかがでしたか?

ここでは墓じまいをする時の方法手順について説明してきました。

その結果、

  • 墓じまいを行う際には親族の了承を得たうえで、墓じまい後の供養方法を決め、行政手続きを行ってお墓を撤去する
  • 墓じまい後の供養方法には、改葬や永代供養、散骨などがある
  • 墓じまいには、墓石の撤去・処分費用や閉眼供養の費用、離壇料などがかかり、お墓の大きさや立地条件などによってかなり金額が変わる
  • 行政手続きや霊園・寺院との交渉など、墓じまいに関することすべてを代行業者に任せることもできる。その場合は基本料金で大体30万円前後かかる

などのことがわかりました。

終活をはじめる時、お墓の行く末は心配の種だと思います。

今のままのお墓でいいのか、お墓をどこか別の場所に変えた方がいいのか、永代供養をしてもらえるところにお願いするのかなど、自分たちが元気なうちにご家族やご親族と話し合うのもよいと思います。

お墓を守っていくことは簡単なことではありません。
しかし、お墓があってもお参りできなければ、ご先祖様に申し訳ないことになるのではないでしょうか。

現在では、さまざまな供養の仕方があります。
将来を見据えて、一度お墓をどうするのか考えてみてはいかがでしょうか。

終活ねっとでは「墓じまいの費用」に関する記事以外にも、「墓じまい」などに関する記事をたくさん紹介しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは永代供養を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「墓じまい・方法」に関連する記事

「墓じまい・方法」についてさらに知りたい方へ

  • 墓じまいをする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

    墓じまいをする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

    少子化により後を継ぐ人がいなくなり、墓じまいをしなければいけないことが増えています。 しかしその墓じまいの過程でトラブルが起こることもあります。 今回はそんな墓じまいの際のトラブルを防ぐために、事前にトラブルの事例とその対処法を確認しておきましょう。

  • 墓じまいの手順・必要書類・費用などをわかりやすく解説します!

    墓じまいの手順・必要書類・費用などをわかりやすく解説します!

    後継者がいない・お墓が遠いなどの理由で、ここ数年墓じまいを考える方がとても増えています。墓じまいはどのような手順で進めたらよいのでしょうか。ここでは墓じまいの手順を徹底解説します。墓じまいを考えている方は是非、お読みください。

  • 墓じまいと永代供養の違い、手順、費用について解説します

    墓じまいと永代供養の違い、手順、費用について解説します

    自分がいなくなったあとの一家の墓についてどうするか。墓じまいや永代供養も、選択肢として考えられますね。ここでは、墓じまいと永代供養の違いや、それぞれの手順、必要な費用などについて説明します。どうぞ参考にしてください。

  • 墓じまいに必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

    墓じまいに必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

    ご先祖様のお墓を継ぐ人がいなくなってしまった場合は墓じまいをしなければなりません。 墓じまいをしないと、そのお墓は無縁仏になってしまうのです。 では、墓じまいにはどれ程の料金が必要で、内訳はどうなっているのでしょうか? 今回は墓じまいの料金をテーマに説明します。

  • 墓じまいの流れをわかりやすく解説します!

    墓じまいの流れをわかりやすく解説します!

    遠方で滅多に墓参りにいけない。地元にお墓の面倒を見てくれる人がいないという理由で、「墓じまい」という手段をとる人が増えています。しかし、その流れに関しては一般的には知られていません。墓じまいの一連の流れ、手続きや料金について詳しく説明いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

    人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

    都立霊園で人気の墓地霊園を8つランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、都立霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。都立霊園への申込の方法・流れ・手続きはもちろん、霊園の特徴やお墓の区分一覧まで全て解説しています。ぜひご覧ください。

    5

シェアする

関連する記事

「墓じまい・方法」についてさらに知りたい方へ

墓じまいをする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

墓じまいをする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

墓じまいの手順・必要書類・費用などをわかりやすく解説します!のサムネイル画像

墓じまいの手順・必要書類・費用などをわかりやすく解説します!

墓じまいと永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまいと永代供養の違い、手順、費用について解説します

墓じまいに必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまいに必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

墓じまいの流れをわかりやすく解説します!のサムネイル画像

墓じまいの流れをわかりやすく解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介のサムネイル画像

人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと