お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

遺骨を供養するために、お墓に納骨するという方が多いのではないでしょうか?しかし最近では納骨堂を購入して供養される方も増えてきています。お墓と納骨堂、どっちで供養するのが良いのでしょう?そこでお墓と納骨堂を徹底比較していきます。

目次

  1. お墓と納骨堂の違いについて
  2. お墓と納骨堂の違いを比較!
  3. お墓と納骨堂のお参り方法の違い
  4. お墓と納骨堂の現在について
  5. お墓と納骨堂の違いまとめ

お墓と納骨堂の違いについて

お墓

家族が亡くなった時に故人の遺骨を納めて供養する場所はどこを思い浮かべますか?
「お墓」と答える人が多いでしょうが、最近では納骨堂を検討する人も増えてきています。

しかし、お墓と納骨堂の違いって何なのでしょう?
お墓と納骨堂、どちらに納めるのが正しい供養の仕方なのでしょう?

そこで今回終活ねっとでは、以下の事柄について解説します。

  • お墓と納骨堂の違いとは?
  • お墓と納骨堂のお参り方法の違いとは?
  • 現在におけるお墓と納骨堂

お墓と納骨堂の違いをよく理解したうえで、自分の家はどちらを選ぶべきか考えてみましょう。
それぞれのメリットとデメリットもご紹介しますので、選ぶ際の参考にしてくださいね。

お墓と納骨堂の違いを比較!

お墓

お墓とは、昔は自分の所有地に建てることが多かったのですが、現在では霊園や墓地といった定められたところに建てます。
一般的には墓石や墓碑を置いて目印にすることが多いです。

故人やご先祖様の終の棲家とされていて、代々に渡ってお墓を供養していく形をとられる方が多いです。
エジプトのピラミッドや日本の古墳もお墓の一種ではありますが、現代の日本では火葬された遺骨を納める場所としての認識が強いです。

納骨堂というものは、屋内にある遺骨を納める施設のことを指します。
納骨堂の歴史は意外と古く、奈良時代の資料にも登場しています。
元々はお墓を建てる間、一時的に遺骨を預かる場所とされていましたが、現在では永代に渡って供養できる納骨堂が主流となってきています

納骨堂も遺骨を納める場所なのでお墓と言えないこともないのですが、以下のように様々な形態があります。

  • ロッカー式納骨堂
  • 仏壇式納骨堂
  • 機械式納骨堂

そのため、一般的には「お墓参り」というと普通のお墓をイメージする方が多いようです。

お墓と納骨堂との違いってどこにあるのでしょうか?
それでは、それぞれのメリットにスポットを当てて比較してみましょう。

納骨堂を選ぶメリット

納骨堂は様々なタイプがあり、比較的アクセスの良いところにあることが多くお参りのしやすさ、管理が楽であるという理由で選ぶ人が増えてきています。
子供たちに迷惑をかけたくない、あるいはお墓の管理をしてくれる後継者がいないからという方もおられます。

他にも納骨堂は以下のようなメリットもあります。

費用が格段に安い

納骨堂には様々なタイプや大きさがありますが、ロッカータイプの納骨堂なら費用は30万~50万円程度で使用することができるところもあります。

お墓は墓石代や石材店に払う費用が必要なのに対して、納骨堂はすでに用意されているお壇を使うということになりますので、納骨堂はお墓に比べて費用が格段に安く付きます。

維持費が必要ない場合が多い

納骨堂は使用できる期間が決まっているところが多く、20年あるいは三十三回忌、五十回忌までは供養と管理をしてくれます。
しかし、期限が過ぎれば遺骨は合祀墓に移されるという契約になっている場合があります。

このような契約の場合は一般的には維持費・管理費は納骨堂の購入資金に含まれていることが多いです。

つまり、維持費は前払いで払っているということになります。
遺族に維持費の負担をなくすことができるのも納骨堂を選ぶ時のメリットです。

天候に左右されずにお参りが可能

納骨堂は屋内にある施設のことですので、天候に左右されずにお参りすることができます。

屋外にあるお墓の場合、命日やお盆などに雨が降ってしまうとお参りしにくくなってしまいます。

また、雪が深い地方では冬場にお墓参りは難しいというところもありますよね。

しかし納骨堂では、雨や雪の日でもお参りできますし、エアコンを完備しているところも多いですので真夏の暑い時期でもお参りがしやすくなっています。
バリアフリーになっているところもありますので、高齢者でもお参りしやすいです。

このように納骨堂は誰でも気軽に好きな時にお参りできるようになっています。

永代供養をしてもらうことも可能

後継者がいなくとも永代に渡って供養できる、つまり永代供養をしてもらえる納骨堂もあります。

永代供養の納骨堂の場合、お参りに行くのが困難な場合でも供養をしてもらうことができます。
なのでお墓があったとしてもお参りに行けない方は永代供養をしてくれる納骨堂を利用されるのも一つの方法です。

お墓を選ぶメリット

お墓は、やはり古来から世界中で故人やご先祖様を供養する場所として親しまれています。

また、お墓は祈りをささげる対象物、目印としての役割も果たしています。
土葬であってもペットのお墓であっても、土を盛り目印の石でも置けば、そこはもうお墓ということになります。

現在の日本では、埋葬の許可を受けている場所でなければお墓を作ることはできず(ペットは除く)、寺院内や民営・公営の土地を借りて、墓石や墓標などを自分で建てなければいけません。

お墓は代々に渡って受け継がれていくものというのが前程になっていますので、後継者がいない方には難しいものがあります。

ここではお墓のメリットについて解説していきます。

故人を近くに感じられる

お墓は故人の終の棲家、つまり家のようなものと考える人もおられます。
お墓に行けば故人に会える、故人を身近に感じることができますよね。

また納骨堂はお参りする時間が限られている場合もありますが、お墓の場合は比較的お参りしやすくなっています。

故人の好きだったものをお供えするのもお墓では割と自由ですが、納骨堂ではお花さえお供えできない場合もありますので、納骨堂にきちんと確認しましょう。

納骨堂に預けることに反対する親族もいる

現在でも、「人は亡くなればお墓に入るもの」と頑なに思っている方も少なからずおられます。
自分は先祖代々のお墓を守ってきたので、お墓ではなく納骨堂に預けることに反対する親族などもおられることでしょう。

お墓は故人の終の棲家、安住の地と考える人もいますし血縁の方には思い入れのある場所かもしれません。

納骨堂を選びたい場合なぜお墓ではだめなのか、納骨堂とはどういうところかなどを説明して親族に納得してもらえるようにしましょう。

お墓と納骨堂、どっちを選べばいいのか

お墓と納骨堂、どっちを選べばいいのかをケース別でご紹介します。
迷っている方はぜひとも参考にしてください。

後継者がいない場合

お墓を守ってくれる後継者がいない場合は、お墓を建ててもやがてはお参りする人もいなくなって無縁墓になってしまう恐れがあります。

霊園へ管理費なども払わなければいけないので、親族まで影響が出てしまう場合もあります。
後継者がいない方はやはり納骨堂の方が安心です。

費用も安く済みますし永代に渡って供養してくれるところもあります。
納骨堂によっては管理費などを継続して払い続けなければ使用停止になってしまう場合もあります。

生前に契約することも可能ですので自分が気に入った納骨堂を選べるのもメリットです。

後継者がいる場合

元々から先祖代々に渡るお墓があり後継者がいる場合は、改めてお墓や納骨堂を購入するよりは費用が安く付きます。

後継者が住んでいるところとお墓が離れている場合は、墓じまいをして後継者の近くに新たにお墓を建てるか納骨堂が良いということになります。

納骨堂は比較的都会に多く見られ、駅の近くにあることもありますのでアクセスがとても便利です。

あるいは新たにお墓を建てるという方は、まず場所を探さ根ければいけません。
アクセスの良いところは地価も高く、費用も高くつく傾向があります。
人気の霊園は空きがなかなかありません。

その点、納骨堂は比較的購入しやすく、費用もお墓よりは安くなります。

先祖とは別のお墓に入りたい

夫の実家のお墓に一緒に入るのは嫌だと思われている方は、先祖のお墓とは別に夫婦で入れるお墓を建ててもいいでしょう。
ただし、後継者は二つのお墓の面倒を見なければいけなくなります。

そんな時は夫婦で入れる納骨堂を利用してみるのも一つの方法です。
納骨堂は掃除や雑草対策の手間を省けますし、アクセスの良いところにあることが多いので後継者がお参りしやすくなっています。

なかなかお参りに行けない方の場合

諸事情でなかなかお参りに行けない場合は、24時間いつでもお参りできるお墓が良いかもしれません。

霊園では門を閉めている場合もありますが墓所にあるお墓は好きな時にお参りできます。
ただし、暗くなると足元が見えずらく大変危険です。

掃除も明るいうちにやった方が汚れを見つけやすくなります。
納骨堂は屋内にあるため明かりが灯っていますので、日が暮れてからでもお参りしやすくなっています。

しかし、納骨堂はお参りできる時間が決まっていることが多く、夜遅くや朝早くにはお参りできない場合もあります。

費用をかけたくない

遺骨を納める場所にあまり費用をかけたくないと思われているなら、断然納骨堂の方がおすすめです。

お墓なら一般的には費用が100~200万円かかることが多いです。

納骨堂ならタイプや大きさにもよりますが平均すると費用は50~100万円程度と言われています。
合祀墓なら一体につき5万円ほどからというところもあります。

ただし、合祀墓は知らない人と一緒に埋葬されますので抵抗を感じる人もおられるようです。

霊園や寺院にあるお墓なら管理費やお布施が必要になる場合もありますが、寺院や霊園が管理しているお墓なら年に一回程度、管理費を支払わなければいけませんが、納骨堂は追加料金が発生することはあまりありません。

お墓と納骨堂のお参り方法の違い

お墓

納骨堂は屋内にあるため普通のお墓とお参りの仕方違います。

一般的にお墓参りというと、お花やお供え物、掃除道具などを持って行くことが多いのですが、納骨堂の場合はまず掃除道具はいりません。

屋内にあるので雑草対策やお墓を磨くといった必要はありません。
室内の掃除は管理者が行ってくれてますので、しいて言うなら自分の家のお壇の埃を取ることぐらいです。

お線香はお墓参りの定番ですが、納骨堂によっては火気厳禁のところもあります。
お墓では、必ず焚くお線香も納骨堂によっては所定の位置でしか使用できない、あるいはローソクに火をつけることさえ禁じられているところもあります。

お花もお墓参りでは必ず持って行くものですが、納骨堂では生花が禁止のところがあります。

造花なら大丈夫というところもありますし、お花は所定の位置にお供えしてくださいというところもあります。
すぐに持ち帰るのであれば生花でもOKというところもありますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

お供え物も納骨堂の場合は、置く場所さえないところもあります。
納骨堂によってはアルコール類の持ち込みが禁止のところもあります。

お墓の場合はお供え物は比較的自由ですが、お墓も納骨堂も基本的には持って行ったものは持ち帰るようにしましょう。

お墓と納骨堂の現在について

お墓

かつては葬儀が終了した後、納骨するのはお墓が定番でした。

しかし、現在ではお墓を守る後継者がいない、承継者がいても遠くに住んでいる、費用や手間で子供や孫に迷惑をかけたくないと考えている人が増えてきています。
その反面、自分がご先祖様から受け継いだお墓を後世までしっかりと守り続けてほしいと願っている人もいます。

現在、元々お墓を持っているという方は、お墓の近くに住んでいないためにお墓参りが困難になり、その時に初めて墓じまいのことを考えるという方もおられます。

お墓を持っていない方は今から新たにお墓を建てるのは費用が高くつくという理由で納骨堂を選ばれる方もおられます。
あるいは独身である、または後継者がいないという方は、最初から合祀墓を選ばれる方もいます。

各家庭の事情や住んでいる地域にもよりますので、自分や家族に合った方法を選ばれるのが一番良いのではないでしょうか?

お墓と納骨堂の違いまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
お墓と納骨堂の違いについて比較をしてみました。

この記事では以下のようなことをご紹介しました。

  • 納骨堂とは屋内にある遺骨を納めることができる施設。お墓とは霊園や墓所などにある石や墓標などで目印を付けている供養する場所。
  • お墓と納骨堂はそれぞれメリットとデメリットがある。
  • お墓と納骨堂ではお参りの仕方も違う。
  • 現在ではお墓にこだわらない人も増えてきている。

お墓も納骨堂も故人やご先祖様を供養するところに変わりはありません。
どちらを選ぶかは、本人の意見や家族親族の考えなどを踏まえて最適な方を選びましょう。

お墓も納骨堂もそれぞれにメリットもあればデメリットもあります。
どちらを選んでも正解というわけではありません。

お墓も納骨堂も生前に購入することは可能です。
自分が入る場所というだけではなく、自分がいなくなった後のことも考えて選ぶ方が、自分自身が納得できますし、遺族も喜んでくれることでしょう。

今回終活ねっとでは、お墓と納骨堂の違いについて解説しましたが、他にも「終活」に関する記事を多く掲載しています。
もし良ければそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・納骨堂」に関連する記事

「お墓・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • 夫婦で入れる納骨堂って?そのメリットについて紹介!のサムネイル画像

    夫婦で入れる納骨堂って?そのメリットについて紹介!

    実家のお墓に入りたくない、子供や承継する家族がいないなどの理由から、ご夫婦2人で入る納骨堂が大変人気です。夫婦で入れる納骨堂のメリットとは?費用はいくらくらい?お世話は必要なの?どんな種類があるの?今回は、夫婦で入れる納骨堂についてご紹介します。

  • 納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

    納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

    いつまでも近くに置いておきたい遺骨。 でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。 ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか? ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。

  • 永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!のサムネイル画像

    永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!

    皆さんは永代供養墓や納骨堂が流行っていることをご存知でしょうか。 永代供養墓と納骨堂が流行ってどういうこと?と思った方も多いのではないでしょうか。 この記事では永代供養墓と納骨堂がなぜ流行っているのか、供養形態にどのような違いがあるのかを解説いたします。

  • 納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!のサムネイル画像

    納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!

    お墓参りに行く時は、必ずお花を持って行きますよね。しかし、室内にある納骨堂は、お花を持って行ってもいいものなのでしょうか?お供え物はどうなるのでしょう?そこで、知っているようで知らない、納骨堂でのマナーについて解説します。

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

  • 納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較のサムネイル画像

    納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

    最近では、お墓を持つことが負担になってしまい、納骨堂を利用する方が増えてきています。納骨堂と一口に言っても、いろんなタイプがあり、選び方が難しいですよね。そこで、自分に合った納骨堂の選び方を解説しますので、ぜひ、参考にしてください。

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

    納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

    様々な供養の形が広がりを見せる昨今、納骨堂や永代供養という言葉が注目を集めています。納骨堂と永代供養とは一体どういうものなのでしょうか。この記事では、納骨堂と永代供養の違いや納骨堂で行うことのできる永代供養についてご紹介していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

夫婦で入れる納骨堂って?そのメリットについて紹介!のサムネイル画像

夫婦で入れる納骨堂って?そのメリットについて紹介!

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!のサムネイル画像

永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!

納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!のサムネイル画像

納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較のサムネイル画像

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと