お墓を捨てる時の流れや注意点について解説!墓じまい・改葬とは?

お墓は、民法で祭祀財産と規定されて、子々孫々継承いくことを前提になっています。 昨今の社会情勢で、少子化や人口の流動化が進み、お墓を見守ることが難しく捨てることが多くなってきています。 そこで、お墓を捨てるような状況に備え、その方法や注意点をまとめてみました。

目次

  1. お墓を捨てることについて
  2. お墓を捨てる時の手順
  3. お墓を捨てる際の注意点
  4. お墓を捨てるのにかかる費用の相場
  5. お墓を捨てることと墓じまいは違う
  6. お墓参りのお花はどうやって捨てればいい?
  7. お墓を捨てることについてまとめ

お墓を捨てることについて

お墓

お墓の継承者にとって、お墓を捨てることは身を削る思いだと察します。
さまざまな事情がある上でのことで、今後のことを一緒に考えていきたいと思います。

お墓を守る人がいない、お墓が遠方にある、体に障害があるなどの理由のために、お墓になかなかお参りができないのでお墓の継承者が途絶えてしまうことが増えています。

お墓が長いこと手入れされずに放置されて無縁仏になってしまうのは、継承者はもとより親族にとっても非常に悲しいことです。

こういった場合に、お墓を捨てるという方法を取る場合があります。

ここでいうお墓を捨てることは、別の言い方で言えば墓じまいに近いです。

墓じまいとは、その名が示すように、現在あるお墓を撤去してお墓をしまうということです。
また、最も寂しいことになるのですが、お墓そのものを捨てる、無くしてしまうこともあります。

遺骨が納まっているお墓を捨てるということには、さまざまな手続きがや作業が必要になってきます。

遺骨はご遺体の一部と見なされていますので、勝手に動かしたり、さらには遺骨とともにお墓ごと無くすことはできません。

役所への手続き、お墓の解体・撤去作業などを、しかるべき手続きを踏まなくてなりません。

今回終活ねっとでは、お墓を捨てる時の注意点や流れについて解説して行きます。

お墓を捨てる時の手順

お墓

お墓を捨てるといっても、お墓をそのまま放置しておけばいいということでありません。
ここではお墓を捨てる時の手順について解説します。

お墓を捨てるときには避けて通れない手続きがあります。
その手続き方法には、寺院や霊園がある地域によってさまざまな形式があります。
手続きの書類でも共通なものでなく、場所によって書式が全然違う場合もあります。

そのため、自治体や寺院、霊園の管理者からいろいろ教えてもらうのもいいかもしれません。

具体的な手続きや作業には、次のようなことがあります。
その場合、費用が必要になる場合があるので注意が必要です。

①管理者(寺院や親族)に確認する

先ずは、お墓を捨てることについて家族や親族とよく相談されることが必要です。
相談して、その結果、お墓を捨てるということに了承を得られたならば、その手続きを粛々とこなしていきます。

お墓が管理されているのが、寺院墓地ならばお寺へ、霊園ならば管理事務所へお墓を捨てる手続きを行います。

その場合、遺骨を現在あるお墓を管理してくれている寺院や霊園内の永代供養墓地へ移すときは、手続き方法を住職や管理者が教えてくれますので、それに従い手続きを進めていきましょう。

まず、お墓のある自治体の役所へ行き、改葬許可申請書を入手します。
現在では、改葬許可申請書は自治体のホームページからダウンロードできます。

改葬許可申請書に必要事項を記入したら、お墓を管理してくれている寺院や霊園の管理者に提出します、
提出した管理者から署名と捺印をしてもらった改葬許可申請書を受け取ります。
ここまでの手続きで、埋蔵(埋葬・収蔵)の証明を受けたことになります。

しかし、唐突にこれまでの手続きを進めるのでなく、事前に墓地管理者にこれまでのお礼を兼ねて事情を伝えておきましょう。

次に、寺院や霊園の墓地管理者の署名・捺印がされた改葬許可申請書を、自治体へ提出します。

自治体に受理されると、改葬許可書が発行されます。

現在のお墓がある寺院や霊園の墓地管理者に、この改葬許可書を見せます。
ここでやっと、遺骨を取り出すことができます。

②石材店に解体・処分を依頼

通常、お墓というものは寺院が所有している土地を借用している形になっています。
そのため、お墓を捨てるときには、全てを撤去して元通りの更地にして返還しなければならないことになっています。

また、霊園の場合も寺院と同じように更地にして返還することになっている場合が多いですが、事前に契約書や管理事務所に確認しておきましょう。

お墓を捨てるために行う撤去作業は、専門の石材店にお願いすることになります。
事前に決まっている石材店がいないときには、寺院や霊園から紹介された業者に頼むこともできますので相談してみましょう。

お墓を捨てることに決まったら、事前に石材店から見積をとることをおススメします。

③閉眼法要を行う

閉眼法要とは、お墓から遺骨を取り出すときの儀式です。
仏教に限らず、他の宗教や宗派でも同じような儀式を行う場合があります。

お墓は、故人にとっては我が家となります。
家は住んでいる人が家に執着するのと同じで、お墓も中に納められた故人の魂が宿っていると言われています。
そこで、僧侶を招いて供養の読経を頂いて魂を抜いて(閉眼)、墓地や墓石などを単なる造作物に戻すために行う儀式です。

ただし、浄土真宗(本願寺派・大谷派など)では、教義の違いにより閉眼法要という言葉を用いず、「遷仏法要(遷座法要)」といいます。

墓石を動かしますので、石材店などの専門家に依頼することになります。
閉眼法要を執り行うときには、寺院または霊園、それに石材店と日程などを調整して決めることになります。

一般に閉眼法要のときの僧侶へのお布施は、1万円から5万円の間のようです。

④解体工事を行う

お墓の解体工事としては主に墓石の撤去になりますが、そのための費用は墓地の広さや土盛り、墓石の大きさや石材量、解体・撤去作業の方法や人工数によって決まります。

解体・撤去作業は、墓地が所在しているところの条件によって作業方法が違ってきます。
例えば、墓地が入り組んでいる場所ならば、手作業によって行わなければならないとか、クレーン車やトラックなどを使ってできるどうかとか、等々で作業にかかる日数と必要な人工数が違ってきます。

このように費用は一概に言えるものでありませんが、一般に1㎡あたり10万円程度が相場のようです。

⑤墓地が更地に戻る

お墓の撤去作業が終了したら、お墓があった土地をならして元通りの更地にします
寺院や霊園の管理人が立会う前に、更地の状態、廃材や花束などのゴミの有無などを確認しておきましょう。

⑥管理人立会いの下、墓地を返還する

お墓を捨てる手続きの最後に、寺院や霊園の墓地管理者の立会いがあり、それに合格しないと返還が完了しません。

立会いに合格したら、これまでお世話になったお礼を最後に伝えましょう。

お墓を捨てる際の注意点

お墓

お墓を捨てる際に、いくつか注意点があります。

お墓は、寺院や霊園で管理されています。
特に、寺院では檀家制度というものがあります。
檀家制度は江戸時代からあるもので、お墓を置いた寺院で供養してもらう代わりに、檀家はお布施や寄付を行い寺院の経営を支えるものです。

寺院にあるお墓をしまうとなるとそこで費用が発生する場合があります。

また、お墓を捨てるとなると、故人の供養を今後どのようにするのかを考えていくことも必要になります。

ここで、離檀料についてと、今後の供養の方法について紹介します。

離檀料が必要な場合も

霊園にお墓がある場合には関係ないですが、寺院にお墓がある場合には檀家制度があります。

檀家とは、特定の寺院に所属してお寺を支援する家のことですが、特定の寺院というのは通常、お墓のある寺院のことです。

お墓を捨てるということは檀家をやめるということになり、離檀料を要求される場合もあります

目に見えるモノの値段は予想が付きますが、離檀料は予想できないのが本音でしょう。
住職に聞いてみても、お気持ちでという回答を得るくらいで皆目見当がつきかねません。
離檀料といえどもお布施に変わりはありません。

お布施の相場は、寺院がある場所柄、寺院の格などによって差異がありますが、一般的な目安は法要1回程度でよいのでないでしょうか?
金額でいうと、10万円から20万円といったところでしょうか?

しかしながら、相場はあくまでも参考程度です。
住職が了承してもらえない場合は、お墓の管理者のサインと捺印がされている改葬許可書を受け取ることはできないことになってしまいます。
本来は埋蔵証明と離檀とは別々なことと思いますが、住職の立場になって考えれば檀家が無くなるということは喜ばしいことではありません。
多少の嫌味や苦情を言われるかもしれませんが、最終的はトラブルになる前に収まっていることが多いと聞きます。

遺骨を墓じまい後どうするかを考える

管理できなくなったお墓を放置しておくと、無縁墓になってしまいます。
無縁墓になる前に、お墓を解体・撤去して遺骨を別な方法で供養することを墓じまいと言います。

最近、墓じまいを検討する人が増えてきています。
墓じまいを検討するときに、最初に決めなければならないのは遺骨をどのようにするかです。
先祖代々から続いているお墓には、多くの遺骨が埋葬されています。
その全ての遺骨を改葬するのか、その一部だけを改葬するのか、一層全ての遺骨を処分してしまうのか、等々、これからの生活様式や、家族や親族の考え方によってさまざまです。

ここでは、墓じまいした後の遺骨の供養方法について紹介します。

永代供養での方法

永代供養とは、寺院や霊園が家族や親族に代わって、永代にわたり遺骨や位牌を管理・供養してくれる方法です。

永代供養の方法にもさまざまありますが、お墓や納骨堂に納めた遺骨は個別に供養される期間に期限があり、それ以降は合祀墓に埋葬されます。
寺院や霊園が合祀墓や納骨堂などで管理してくれるで、将来無縁仏になる心配は少なくなります。

手元供養での方法

手元供養とはその名の通り、遺骨を自宅などの身近な場所に置き、いつでも故人を偲び供養していく方法です。

故人が身近な人とか、最愛な人の場合が多く、遺骨をそのまま置いていたり、また遺骨そのものとか、また粉骨にしたものをアクセサリーの中に入れて身に付ける人もおります。

散骨での方法

散骨とは、火葬した遺骨をお墓に納骨しないで粉末状に加工し、海や山、空などへ葬送する方法で、「海洋散骨」とか「海洋葬」などと言われています。

樹木葬での方法

樹木葬とは、火葬した遺骨を骨壺に納めるのでなく、地中に埋葬する方法です。
その方法は、遺骨を粉骨にして、埋葬場所にそのまま粉骨を撒いたり、土に還りやすいということで紙筒や紙袋、布袋、粘土容器などに入れて埋葬します。
その場合、プレート石を墓標として埋葬場所の上に置いていることもあります。

お墓を捨てるのにかかる費用の相場

お金

お墓を捨てるにはさまざまな手続きや作業が必要で、それらには費用もかかります。

遺骨は遺体の一部とされていますので、勝手に取り出して移動させたり無届でお墓ごと遺骨を処分することはできません。

お墓を捨てる際には様々な手続きを踏まなくてはなりません。
さらには、手続きともに発生する撤去作業などには費用がかかり、決して安くないことにも留意しましょう。

遺骨を取り出す費用

遺骨は、お墓のカロートと呼ばれている納骨室に納められています。

お墓を捨てる場合には、お墓を解体・撤去しなければなりません。
解体・撤去作業は、石材店に依頼します。
その作業の一環として遺骨の取り出しも含まれていますので、石材店にカロートから遺骨を取り出してもらうことが多いです。

その費用は解体・撤去工事の中に含まれているので、一式で契約されている場合にはよくわからないかもしれません。
一般には、1体に付き3万円以内になります。

ただし、ご自身で取り出しを行う際は費用はかかりません。

お墓の解体・処分費用

お墓を捨てる場合には、お墓を解体処分して、お墓の建っていた土地を元の状態戻す、つまり更地にして寺院や霊園に返還しなければなりません。

そのための作業には、当然費用がかかります。
お墓の解体・処分を行うのは、大抵石材店が請け負います。
その費用は、一概に見積もることは難しいです。
お墓の建っていた環境とか、お墓の広さや土盛りの量、墓石の大きさや石材量などのよって、作業方法のやり方や人工数が変化するためです。

お墓の解体・処分を行うためにかかる費用を、おおまかに作業項目とともに紹介します。

書類依頼費(税抜き)

書類名称数量(通)費用(円)作成依頼先備考
埋設証明書1300~1,500お墓のある寺院や霊園証明書は遺骨一体につき1通必要。 寺院や霊園によって手数料が異なります。
改葬許可書10~1,000お墓のある自治体証明書は遺骨一体につき1通必要。 自治体によって料金が違います。

工事費(税抜き)

作業項目単位費用(円)備考
墓石処分・区画整理1㎡あたり100,000~150,000お墓を更地に戻すための費用。
遺骨の取出し1体当たり0~30,000石材店がカロートから遺骨を取り出すための費用。 自分で取り出す場合は費用は発生しません。
墓石の運搬一式200,000~800,000既存の暮石を改葬先に運搬する費用。 暮石の大きさと移動距離によって変化します。

予め、石材店から見積もりを入手して、金額を決めておくことをおススメします。

諸経費(税抜き)

項目費用(円)備考
閉眼供養10,000~50,000住職へのお布施代。
離檀料寺院による離檀に伴う費用で、寺院によって不要なところもあれば寺院で決まっている金額が決まっている場合がありますので、住職や檀家などと相談してみてください。

これらは、あくまでも一般的な概算です。

お墓を捨てることと墓じまいは違う

お墓

お墓があってもなかなかお参りできないで、長期間お墓を放ったらかしていると、お墓やその周辺は荒れ果てて無縁墓となってしまいます。
この原因は、檀家として寺院と付き合うための経済的な負担でなく、むしろ社会環境が影響しているようです。

この近年で話題になっている少子化が進みお墓を受け継ぐ人がおらず、お墓を守っていく継承者が途絶えてしまうからです。

お墓は最後の祭祀継承者がきちんと墓じまいしないと、将来的には無縁墓として最終的に撤去処分されてしまいます。

寺院や霊園によっては、他人の遺骨と一緒の墓に合祀されて故人の遺骨の選別ができなくなり、もう2度と遺骨の管理ができなくなります。
このことを、お墓を捨てると呼ばれています。

無縁墓は現在でも日本に数多く存在し、現在約40%のお墓が無縁墓となり、10年後には継承者の不足からお墓の約60%が無縁墓になるという結果もあるそうです。

ということで、どちらも名の示す通りの意味ですが、お墓を捨てるということと、墓じまいの意味は違います。

お墓を捨てるということは、お墓の面倒をみないことから故人の遺骨は無縁仏になり、無縁墓に納められてしまうことです。
一方、墓じまいとは、お墓をきちんと撤去処分して、お墓を元の状態の更地にして寺院や霊園に返還することです。
墓じまいした場合は、お墓がなくなるという状態になるので、それ以降どのような形で故人を供養するか決める必要が生じます。

お墓参りのお花はどうやって捨てればいい?

お墓

お墓参りに行ったときに持参したお花の後片付けは、意外と悩むところです。
折角持ってきたんだし、きれいなので、そのままにして帰る人も多いでしょう。
寺院や霊園のほうでお花を管理してくれるならまだしも、そうでなければお花を放置するわけにはいきません。

お花の処分の方法や、枯れた花の扱いなど、結構悩むところです。

お墓参りの後お花を持ち帰るべき?

お墓参りに行くとき、お花を持ち帰りしてもいいかどうかは、お墓がある寺院や霊園の方針や環境にもよります。

お花の寿命を考えて、お墓が遠方にある場合には持ち帰った方がいいです。
お花は育たないので、しおれて腐っていくばかりです。
お花が古くなると、虫が湧いたり、花粉のシミなどで暮石を汚してしまうので、葬られているご先祖様にとっても嫌な気分に陥り、住み心地が良くない墓になってしまいます。

兎に角、お墓を来た時よりもきれいにという心がけで掃除などをすることと考えたら、お花などを持ち帰って、墓石を汚さないような気遣いはご先祖様にも喜んでもらえるのでないでしょうか?

でも、同じ心がけから、お墓が近くにあってお参りに何ら支障がなければ、そのまま置いて帰って、後日交換や撤去することもいいのでないでしょうか?

大切なのは、一時でも、生花のみずみずしい匂いと美しさをご先祖様に味わっていただくことです。

お花を捨ててもいいの?

お墓参りのために買って持参したお花は、処分してかまいません

お墓参りのために買ったばかりのお花を処分するのは残念ですが、お墓に放置して腐らせてしまうよりはずっといいです。
お墓参りの花の処分方法は、燃えるゴミとして出せます。

かつては、お墓参りの仏花を燃えるゴミに捨てるのはNGで、焚火で燃やすか土に埋めた方がいいという意見がありました。
でも、焚火が自由にできた時代ならともかく、焚火もできないご時世です。
土に埋めるのも、十分な土地がある田舎ならまだしも、住宅街などではとても難しいですよね!

枯れたお花はどうすればいい?

枯れていたお花は、持ち帰って構わないと思います。

他人が供えたお花でも枯れていれば、供えられた故人も嬉しくないと思います。
お墓がきれいに見栄えよくして挙げたほうが、葬られている故人も嬉しいのでないでしょうか。

お墓を捨てることについてまとめ

お墓

今回、お墓を捨てる時の流れ注意点について、解説してきました。
また、お墓を捨てることと墓じまいのことを説明し、その違いもはっきりしてきたことと思います。

最後に、お墓を捨てることについて解説してきたことをまとめました。

  • お墓を文字通り捨ててしまうと、お墓の継承者などの関係者が来れないためお墓が放置されて荒れてしまい、無縁仏に入れられることになってしまいます。
  • お墓を捨てるには、手順があり、作業によっては費用がかかります。
  • お墓を捨てる際の注意点として、今後の供養の方法を考えることが必要になります。
  • 寺院にお墓があるとき、離檀料が必要になる場合があります。
  • 墓じまいする際には今後どのようにして供養するか決めることが必要になります。
  • 「お墓を捨てる」と「墓じまい」とは、両方とも名前が示すように違う意味です。
  • 「お墓を捨てる」とは、お墓の世話をしないで、葬られている遺骨を合祀墓に移されてしまい、無縁仏となってしまうことです。
  • 「墓じまい」とは、お墓をしまうということで、手続きを踏んでお墓を解体・撤去して、墓地を更地に戻して寺院や霊園に返却することです。
  • お墓まりのお花の扱い方として、お墓参りのお花は持ち帰り、お花は燃えるゴミとして捨てて、枯れた花は処分してください。

以上ですが、これから核家族化が進み、少子高齢化になっていくことが予想されます。
お墓参りして、お墓を見守っていくのが難しいご時世になって行くのかもしれません。

さまざまな事情でなかなかお墓参りができないという場合には、お墓を捨ててしまうのでなく、墓じまいの手続きをしてご先祖様を末永く供養いたしましょう。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・捨てる」に関連する記事

「お墓・捨てる」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・捨てる」についてさらに知りたい方へ

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介しますのサムネイル画像

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介します

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

放置されたお墓のその後について。跡継ぎが居ないお墓をどうする?のサムネイル画像

放置されたお墓のその後について。跡継ぎが居ないお墓をどうする?

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!のサムネイル画像

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!のサムネイル画像

よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明しますのサムネイル画像

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明します

複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!のサムネイル画像

複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・捨てる」についてさらに知りたい方へ

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介しますのサムネイル画像

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介します

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

放置されたお墓のその後について。跡継ぎが居ないお墓をどうする?のサムネイル画像

放置されたお墓のその後について。跡継ぎが居ないお墓をどうする?

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと