手元供養をする際にどうして粉骨をするの?粉骨のやり方や費用も紹介

最近広がりを見せつつある手元供養。その際には、粉骨することが必要となります。なぜ、手元供養には粉骨が必要なのでしょうか。ここでは、その理由や方法・費用などについてご説明していきます。手元供養を考えている方は、ぜひご参考になさってください。

目次

  1. 手元供養をする際の粉骨について
  2. そもそも手元供養とは
  3. 手元供養のために粉骨をなぜするのか
  4. 手元供養・粉骨はどうやってやるのか
  5. 手元供養・粉骨にかかる費用相場
  6. 散骨も粉骨をする必要がある
  7. 手元供養・粉骨まとめ

手元供養をする際の粉骨について

お墓

近年では、少子化の影響もあって、お墓の後継者が少なくなっていると言われていますね。
そのため、遠方にお墓参りしたり管理の心配をしたりといった必要のない、手元供養を希望する人も増えてきています。

しかしいざ手元供養を選んでも、その方法がわからないという方も多いのではないでしょうか。
実は手元供養を行うにあたって重要なのが、粉骨の作業なのです。
粉骨とは、文字通りお骨を粉末状にすることを言います。

自分でも粉骨の作業をすることは可能ですが、親や家族など大事な方の骨を砕くという作業は精神的に酷な部分もあります。
粉骨をすることに抵抗を感じるという方も少なくないはずです。

そこで終活ねっとでは今回、粉骨をするにあたって考えなければならない事柄について、わかりやすく説明していきます。

  • なぜ粉骨をするの?
  • 粉骨はどうやってやるの?
  • どのくらいの費用がかかるの?

これらの疑問にお答えしていきます。

どうぞ、最後までお付き合いください。

そもそも手元供養とは

葬儀

手元供養は、墓離れが進む現代における新しい供養のひとつと言われています。
主に、二つの方法があります。

  • 遺骨や遺灰を自宅で管理、供養する
  • お寺やお墓に納骨した後に、少しだけ手元に置いておく

いずれも、故人の遺骨や遺灰の一部を手元に置いて、自身で供養をするというところが共通していますね。
いつも故人を身近に感じていたい方や、様々な事情でお墓を建てることのできない方々が選択しています。

手元供養のために粉骨をなぜするのか

仏壇

なぜ、手元供養には粉骨が必要なのでしょうか

ひとつの理由として挙げられるのは、手元供養に用いる容れ物は容量が少ないということです。
ミニ骨壷と呼ばれる小さな骨壷を使用する手元供養の場合、実はその容量は5~150g程度とかなり少ないのです。
骨壷が小さく、そのままのお骨の形では納めることができないため、手元供養には粉骨をする必要があるのですね。

当然、骨壷に入れられるお骨の分量が少ないわけですから、納め切ることのできない残りの部分というのも出てきます
手元供養として残したお骨はその後、散骨や樹木葬、永代供養をするというのが一般的な流れです。

散骨と聞いて、海にお骨を撒くところを想像する方も多いかもしれませんね。
海や山に遺骨を撒く自然葬では、お骨が粉状になっていることが必須とされています。
お骨の形が残ったままだと、遺棄と扱われ、事件になってしまう可能性があるためです。
それを防ぐためにも、粉骨という作業は必要なのだといえますね。

また手元供養の広がりを受けて、お骨をアクセサリーに加工したり、メモリアルプレートの形にしたりというサービスも出てきています。
お骨を別の形に生まれ変わらせるというサービスですが、これらにも粉状のお骨が必要となってきます。

手元供養の際には、基本的に粉骨をしなければならないということですね。

粉骨により必要な骨壺の大きさが小さくなる

粉骨をすると、どの程度お骨の量が減るのかをご存知でしょうか。
だいたい、1/4〜1/5程度になるといわれています。

焼骨して骨上げした状態で骨壷に納められていると、かなり存在感があるなとお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、粉骨でお骨を粉状にすると、その量は大幅に減ります。
使用する骨壷の大きさも半分程度にまで小さくなりますので、購入するべき骨壷も変わってきますよね。

手元供養に使用される骨壷は、多くが2寸〜3寸です。
一方、一般的な骨壷は関東では7寸、関西では5寸が主流です。
一般的な骨壷に比べて、いかに手元供養用の骨壷が小さなものであるかがお分かりいただけるかと思います。

コンパクトになれば分骨もしやすいですし、持ち運びも容易になります。
お墓に入れる場合、場所を取らないという利点もあるようです。
もちろん、手元供養用のミニ骨壷も、片手サイズのものを選べば一緒に旅行に行くことも可能になります。

骨壷が小さくなれば、場所を取るということがありませんから、そういった点でも嬉しいですね。

粉骨をしてもデメリットはない

粉骨をすると、何かデメリットがあるのではないかと気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、実際にはこんなメリットがあります。

  • 持ち運びが容易になる
  • 分骨がしやすい
  • 手元供養にも適した形になる

お骨の状態だと、重いと感じられることもあるのではないでしょうか。
骨壷自体も重さがあるので、不安な方もいらっしゃるでしょう。
しかし、パウダー状になったお骨は非常に軽く、持ち運びの際の心配はいらなくなります。
他の親族などに分骨するときも、分けやすくなります。

というわけで粉骨をしても、上記のようなメリットこそあれ、特にデメリットとなるようなことはないといえるでしょう。

中には、粉骨というお骨を砕くという行為が法律に触れるのではないかと思う方も多いかもしれません。
確かに、ただ骨を砕いたり勝手に撒いたりするのでは、死体遺棄や不法投棄になりかねません。
しかし、たとえば散骨を目的とした行為であれば、法律には触れることがないのです。
現代の日本の法律では、散骨のために行われる粉骨には違法性がなく、処罰もされないということになっています。

また、焼却後のお骨を許可のない土地に埋めることは違法ですが、許可を得た私有地や海上などに散骨するのであれば、これも法律には違反しません。
ただし、他人の私有地など、埋葬の許可が下りていない地域にはお骨を埋めることはできません。
海上散骨も、沖合まで出る必要がありますから、散骨の場所選びには十分に注意しましょう。

粉骨をすること自体には何のデメリットもありませんから、手元供養を選択するという方は安心してくださいね。

手元供養・粉骨はどうやってやるのか

お墓

では、手元供養の際に粉骨はどうやってやるのでしょうか
先述した通り、ご自身でその作業をやることも可能です。
しかし、場合によっては金槌でないと粉骨できないケースもあります。
精神的にも体力的にも多大な労力を必要としますから、できれば専門家に頼んだ方が安心ですね。

手元供養・粉骨のサービスを提供する専門家は、近年増えつつあります。

まずは電話やメールで問い合わせをし、申し込みをします。
業者によっては粉骨や手元供養の相談にも乗ってもらえますから、疑問に思うことは何でも尋ねてみましょう。

そして、受け渡しの日程などを調節した後に遺骨を引き渡します。
セキュリティ対策をしっかり取った専用のケースを用意しているところもありますから、配送が不安という方はそういった会社を探してみるのも良いかもしれませんね。

一連のやりとりが終わるまでの日数ですが、長くて1週間〜10日程度です。
近場で手渡しもしくは直接現場に行くことができるのであれば、30分程度で済む場合もあります。
もちろん業者や時期によっても変わってきますので、事前にきちんと確認をしましょう。

また直接赴いて、そのままお店で粉骨をしてくれるというところは立ち合いもできます。
最後までしっかりと見届けて、心ゆくまでお別れができそうですよね。

手元供養・粉骨にかかる費用相場

困った人々

手元供養のための粉骨にかかる費用ですが、だいたい1万円〜3万円というのが相場です。
ここに、オプションとして様々なサービスを付随している業者もあります。

例えば、手元供養用のミニ骨壷を付けるケースや、散骨までをセットにするケースなど、実に様々です。
粉骨以外にもお願いしたいことがある場合は、事前に確認するとスムーズに対応してもらえるでしょう。

しかし、あまりにも多くのオプションを勧めてくる業者には注意が必要です。
複数の会社に問い合わせをした上で、納得のいくサービスを見つけましょう。

散骨も粉骨をする必要がある

海

海や山に遺骨を撒く自然葬も、人気が高まりつつありますね。
散骨と呼ばれるこの方法ですが、注意点があります。
それは、遺骨を2㎜以下にまで細かくしなければならないということです。
法律でも定められている決まりなのできちんと守りましょう。

なぜ粉骨をしないといけないのか

過去、実際にこんな事件がありました。
亡くなった妻の遺骨をスーパーのトイレに流したということで、夫が逮捕されたのです。
処分に困ったというのがその理由だったようです。

この時、遺骨は粉骨もされずそのままの状況だったのですね。
夫である男性は、死体遺棄の容疑で書類送検されてしまいました。

日本の法律では、原型をとどめているお骨を墓地以外に埋めることはできません
そのため、粉骨をしないといけないのですね。

手元供養と同時にすることも

散骨は、手元供養と同時に行われることがあります
故人の希望ということもありますし、手元供養用の骨壷では納まりきらないことがほとんどだからです。

手元供養をする場合、必ず残ってしまう遺骨があると考えて、事前にどのような供養方法にするのかを決めておくと安心ですね。
ご自分の意思をご家族に前もって伝えておくのも良いかもしれません。

手元供養・粉骨まとめ

お墓

いかがでしたか。
この記事では、なぜ手元供養に粉骨が必要なのかということをご説明してまいりました。

  • 粉骨をすると、お骨の量が減ってコンパクトになる
  • 手元供養、粉骨を業者に依頼した時の流れ
  • どのくらいの費用がかかるのか
  • 散骨にも粉骨が必要

これらの疑問に対する答えを見つけていただけたのではないでしょうか。
新しい供養の方法として選ぶ人も増えている手元供養ですが、粉骨という作業が必要になってくるということが分かりました。

遺骨をどのように供養するのか、悩む方も多いはずです。
しかし、現在ではたくさんの選択肢がありますから、故人にとっても、残された家族にとっても、最善の方法を選びたいものですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「手元供養・粉骨」に関連する記事

「手元供養・粉骨」についてさらに知りたい方へ

  • 永代供養として散骨をするときには注意!粉骨がとても大事!のサムネイル画像

    永代供養として散骨をするときには注意!粉骨がとても大事!

    永代供養として散骨を選択される方も増えています。けれども、散骨という言葉の通りに遺骨を撒くことは、法律に違反することになりかねません。散骨する場合には、粉骨することが必要なのです。そこで、今回は永代供養と粉骨について解説していきます。

  • 手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?のサムネイル画像

    手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?

    亡くなった方が生前身に着けていたものを形見として身に着けるのが今までの一般的な形見でしたが、近年亡くなられた方の遺骨を加工して手元供養をしたり、形見にすることが出来るようになりました。この記事ではその手元供養に必要な遺骨加工について掘り下げていこうと思います。

  • 遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理についてのサムネイル画像

    遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理について

    遺骨の供養方法で悩む方はたくさんいらっしゃいます。最近では、永代供養が注目される一方で、愛する故人を身近に感じることができる手元供養の人気が高まっています。今回は、永代供養と手元供養について解説します。役立つ情報ですので最後までご覧ください。

  • 遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

    遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

    遺骨供養に手元供養という選択肢があるのをご存知ですか?今回は手元供養についてメリット・デメリットから、手元供養を行う際の書類、金額別の遺骨供養方法まで、手元供養に関する情報をまとめてみました。あなたにぴったりの手元供養の方法が見つかるかもしれません。

  • お墓離れが進む中増えている、骨壺を自宅に安置する「手元供養」のサムネイル画像

    お墓離れが進む中増えている、骨壺を自宅に安置する「手元供養」

    人は亡くなれば、荼毘(だび)に付され骨壺に入り、お墓や納骨堂に納骨されるのが一般的な流れですが、最近増えているのが、骨壺を自宅に置いて供養する「手元供養」。そこで、”お墓”という形にとらわれない、新たな供養スタイルの「手元供養」についてお伝えしていきます。

  • 手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説しますのサムネイル画像

    手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説します

    最愛の人のご遺骨は、毎日身近に感じられるように、手元供養したいと思いますよね。でも、そのためには費用がどれぐらいかかるのか、相場や内訳をしっかり把握しておきませんか?今回は、手元供養の費用についての内訳や相場を開設したいと思います。ぜひ、最後までご覧ください。

  • 墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

    墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

    最近では墓じまいをして手元供養を考える人もいるようです。 手元供養なら身近に遺骨を置くことができるのでいつも一緒にいることができますし、お墓の承継者や経済的な負担の問題から手元供養を選ぶ人もいます。 ここでは、墓じまいをした後の手元供養の方法について紹介します。

  • 大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷についてのサムネイル画像

    大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷について

    手元供養という新しい形の供養を選ぶ方が増えてきています。 骨壷とは思えないような美しいデザインの骨壷は、インテリアの一部としても違和感がありません。 近年のライフスタイルの変化により、今後ますますニーズが高まるであろう手元供養についてご紹介します。

  • ずっと故人と共に〜自宅でお骨を保管することについてのサムネイル画像

    ずっと故人と共に〜自宅でお骨を保管することについて

    亡くなった方を身近に感じていたい。お墓ではなく、お骨を自宅で保管することは出来るの?どうやってお骨を自宅で保管するの?という疑問にお答えします。

  • 手元供養と散骨はなぜ一緒に行うことが多いのか?のサムネイル画像

    手元供養と散骨はなぜ一緒に行うことが多いのか?

    最近、身近でも「散骨」という言葉を見聞きすることが多くなりました。 そして、散骨を扱う葬儀会社さんに散骨のことを相談したら、手元供養もご一緒にと勧められた、という話も聞きます。 なぜ、散骨は手元供養と一緒に行われることが多いのでしょうか。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「手元供養・粉骨」についてさらに知りたい方へ

永代供養として散骨をするときには注意!粉骨がとても大事!のサムネイル画像

永代供養として散骨をするときには注意!粉骨がとても大事!

手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?のサムネイル画像

手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?

遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理についてのサムネイル画像

遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理について

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

お墓離れが進む中増えている、骨壺を自宅に安置する「手元供養」のサムネイル画像

お墓離れが進む中増えている、骨壺を自宅に安置する「手元供養」

手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説しますのサムネイル画像

手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説します

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷についてのサムネイル画像

大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷について

ずっと故人と共に〜自宅でお骨を保管することについてのサムネイル画像

ずっと故人と共に〜自宅でお骨を保管することについて

手元供養と散骨はなぜ一緒に行うことが多いのか?のサムネイル画像

手元供養と散骨はなぜ一緒に行うことが多いのか?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「手元供養・粉骨」についてさらに知りたい方へ

永代供養として散骨をするときには注意!粉骨がとても大事!のサムネイル画像

永代供養として散骨をするときには注意!粉骨がとても大事!

手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?のサムネイル画像

手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?

遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理についてのサムネイル画像

遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理について

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

お墓離れが進む中増えている、骨壺を自宅に安置する「手元供養」のサムネイル画像

お墓離れが進む中増えている、骨壺を自宅に安置する「手元供養」

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと