お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説します

お墓を建てる時、場所や費用について疑問を抱く人も多いと思います。「お寺にお墓に建てたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。ここではお寺にあるお墓について、特徴や費用、参拝方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

目次

  1. お寺にあるお墓について
  2. お墓を建てる場所の候補・特徴
  3. お寺にお墓を建てるのにかかる費用・相場
  4. お寺へのお墓参りはどうするの?
  5. 神社のお墓はお寺にあるお墓とは違うのか
  6. お寺にあるお墓まとめ

お寺にあるお墓について

お墓

終活をする時に欠かせないことのひとつとして、やはりお墓があげられます。

「先祖代々のお墓に入るから」という方もいるでしょうが、「新たにお墓を考えないと、入る場所がない」という方も少なくないと思います。

新たにお墓を建てる場合、「お墓をどこに建てよう?」「お金はいくらぐらいかかるの?」など、さまざまな疑問も出てきます。

お墓の場所について考えた時、お寺にお墓を建てたいと思う方も多いのではないでしょうか。

今回終活ねっとでは、お寺にあるお墓について

  • お墓の特徴
  • お墓建立にかかるお金
  • お墓参りの仕方

などについて説明していきます。

終活として「お寺のお墓」について考える際にはぜひこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ぜひ、最後までお読みください。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容について解説しています。
お墓の建立を検討されている方・お墓の費用について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

お墓を建てる場所の候補・特徴

お墓

お墓を建てる場所の候補ですが、皆さんはどのような場所が思いつくでしょうか。

お墓を建てる場所はお墓を経営・運営する主体で分けることができます。
大きく分けて

  • 寺院墓地
  • 公営霊園
  • 民営霊園

の3つに分類されます。

それぞれの墓地・霊園の特徴について説明していきます。

寺院墓地

寺院墓地とは、寺院が管理・運営しているお墓のことをいいます。

寺院の境内にある場合が多いですが、最近では寺院とは離れた場所に設けられているところもあります。

基本的には檀家制度がある

寺院墓地の一番の特徴として、檀家制度があげられます。
寺院墓地に入る場合は、その寺院の檀家にならなければならないことがほとんどです。

「檀家」という言葉は、サンスクリット語の「ダーナ」からきており、「ダーナ」は「布施」を意味します。
つまり、「檀家」とは「寺院を経済的に援助する代わりに、供養や管理を寺院に行ってもらう家庭」のことを意味します。

この檀家制度は、江戸幕府がキリスト教徒を排除するために行った寺請制度からきています。
人々は必ずどこかの寺院の檀家となることで、「キリスト教徒ではない」という証明をしたのです。

檀家になると、その寺院の宗旨・宗派に属し、すべての供養をその寺院にしてもらうことになります。
檀家は供養を行ってもらう代わりに、その寺院を支える役割を担うのです。
ですから、寺院の行事に参加したり、お布施などをして経済的な支援をします。

檀家になると、

  • 入壇料
  • 護持会費(寺院の維持・管理費)
  • 行事や法要の時などのお布施
  • 建物の改修・修繕の時の寄付

といったお金がかかります。

また、お墓を別の場所に移してその寺院の檀家を辞める場合は、離壇料が発生することもあります。

管理がしっかりしていることが多い

寺院墓地はお寺の住職の方が管理しています。
寺院には住職が常駐しているため、管理が行き届いていることが多いのも特徴です。

  • 清掃が行き届いている
  • 決まった日・時間にお経をあげてもらえる
  • 法事や葬儀の時などにも事前に相談にのってもらえる

などといったメリットがあげられます。

立地条件がいいことが多い

お寺は地域に根付いている場合が多く、そのため住宅地にあるところもたくさんあります。

ですから、

  • 自宅から近くてお参りがしやすい
  • 駅やバス停から近くて交通の便がよい

など、立地条件がいいことが多いです。

公営霊園

公営霊園とは、都道府県や市区町村の各自治体が管理・運営しているお墓のことをいいます。

メリットとしては、

  • 他の墓地・霊園に比べて費用が安い場合が多い
  • 宗旨・宗派を問われない
  • 石材店を自由に選ぶことができる

といったメリットがあげられますが、一方で

  • 居住期間や遺骨の有無など、利用条件がある場合が多い
  • 法事の時はすべて自分たちで手配しなければならない
  • 募集期間が決まっていて、抽選で当選しなければお墓を建てられない霊園が多い

といったデメリットもあります。

民営霊園

民営霊園とは、公益法人や寺院から委託された民間企業が管理・運営しているお墓のことをいいます。

メリットとしては

  • 宗旨・宗派を問われない
  • 利用条件がほとんどない
  • 駐車場や法要施設、売店、シャトルバスなど、設備やサービスが充実しているところが多い
  • 法事の時、僧侶や会食の手配など、必要なことをすべて行ってくれるところもある
  • 墓石の大きさや形状にあまり制限がなく、デザイン性の高いものなど、自由に建てられるところが多い

などがあげられます。

一方でデメリットとしては

  • 公営霊園に比べて費用が高い場合が多い
  • 民間企業が運営しているため、寺院墓地や公営霊園に比べて経営に不安を感じる
  • 石材店を指定される場合が多い

などがあげられます。

お寺にお墓を建てるのにかかる費用・相場

お金

お寺にお墓を建てる場合、どの程度の費用がかかるかが気になるところです。

ここからは費用の相場について説明していきます。

普通のお墓を建てる場合

最も一般的な、墓地に墓石を建てる場合、

  • お墓の永代使用料
  • 墓石の購入費用
  • 入壇料
  • 寺院や墓地の維持・管理料(護持会費)
  • お布施代

上記のような費用がかかります。

以下で詳しく説明していきます。

永代使用料

永代使用料とは、永代にわたってその墓地を使う権利を得るための費用のことをいいます。

よく「墓地を購入する」という言葉を耳にすると思いますが、正確には墓地を「買う」のではなく、「借りる」ということです。
ですから、そのお墓を使わなくなった時は、その土地(区画)を返さなければなりません。

永代使用料の相場ですが、平均すると60万円~80万円ほどです。

しかし、永代使用料は墓地や霊園の立地条件によって金額にかなり開きがあります。

都心にあったり、駅のそばにあるなど、地価の高いところに墓地がある場合は、必然的に永代使用料も高くなります。
例えば、東京23区内にある立地条件のいいお墓は、広さによっては1千万円以上かかる場合もあります。

ここで述べた相場はあくまでも全国平均ですので、お墓を建てたい場合は、あらかじめその地域の相場をよく確認しておきましょう。

墓石代

墓石代とは、棹石(お墓の一番上の縦長の石)やカロート(納骨室)、お墓を囲う外柵など、石材部分一式の費用を指します。

墓石代は石材店に支払いますが、寺院墓地を利用する場合は、墓石を購入する石材店を指定されているところが多いです。
ですので、石材店を選ぶことができるのか事前に確認しておくことが必要です。

墓石代の相場ですが、100万円~200万円ほどが多いです。

墓石代は、

  • 使用する石の種類や産地、量
  • 墓石のデザイン
  • 彫刻の内容
  • お墓を建てる墓所の広さや場所

上記の項目によって金額が変わってきます。

墓石に使用する石ですが、「国産が高く、外国産が安い」というわけでもありません。
インド産のクンナムやスウェーデン産のファイングレインといった黒御影石は、国産の石材よりも高かったりします。

現在では、中国産の白御影石が値段が安くて流通量も多いため、人気があります。
高級なものでいえば、香川県高松市のみで採掘できる庵治石は希少価値が高く、御影石のダイヤモンドとも呼ばれます。

石の量が多ければそれに比例して値段も高くなります。
和型の墓石より洋型の墓石の方が、石の量を少なくして設計されていることが多く、値段が安くすむ場合が多いです。
さらに、墓誌や卒塔婆立てなど、付属品が多くなる場合も、必然的に石の量が増えるので、値段が高くなります。

基礎工事や外柵の設置など、墓所の広さによっても値段が変わります
また、墓所が坂の上だったり、途中の道が狭かったりするところだと、石材の搬入にも手間がかかるため、値段は高くなります。

このように、墓石代は建て方によってかなり変わります。
自分たちの予算や希望を石材店とよく相談しましょう。

石材店によっては、できるデザインや彫刻が限られている場合もあるので、石材店の指定が特にない場合は、複数の石材店から選ぶとよいと思います。

入檀料

入壇料とは、檀家になるために支払うお金のことです。

相場は10万円~30万円ほどとされています。

維持費・管理料

檀家になると、護持会費といって寺院を管理・維持していくためのお金を支払うことになります。

墓地の管理料は護持会費の中に含まれる場合もあれば、護持会費とは別に墓地の管理料をとる寺院もありますので、事前に確認しておきましょう。

護持会費の相場は年間5千円~2万円ほどとされています。
このお金は、檀家になっている間毎年支払っていかなければなりません。

お布施代

法要や行事の時など、お礼の気持ちを込めて包むのがお布施です。

お布施の相場ですが、お墓を建てて納骨する場合は3万円~10万円ほどです。

それ以外にも、今後

  • 通夜・葬儀・告別式の場合・・・20万円~50万円
  • 回忌法要(四十九日、一周忌など)の場合・・・3万円~5万円
  • 初盆の場合・・・3万円~5万円
  • お彼岸法要(個別)の場合・・・3万円~5万円
  • 合同の法要など、寺院行事の場合・・・5千円~1万円

などのお布施が発生します。

ただし、通夜・葬儀・告別式のお布施はつける戒名によって金額が変わります
一般的なランクの戒名だと20万円~30万円に収まったりもしますが、ランクが高ければ100万円以上になることもあります。

永代供養の場合

永代供養とは、お墓の持ち主に代わって寺院が永代にわたってお墓の供養や管理を行ってくれることをいいます。

永代供養のメリットとしては

  • 墓石を建てるよりも費用が安い
  • 家族・子孫がいなくなっても供養してもらえる

といったことがあげられます。

永代供養の形式は大きく分けると

  • 個別に納骨して永代にわたって合祀されない
  • 個別に納骨して一定期間(33回忌や50回忌が多い)の後、合祀される
  • 最初から合祀される

の3パターンになります。

一度合祀されると、ご遺骨を取り出すことはできなくなります。
したがって、将来ご遺骨を取り出す可能性が少しでもあるならば、永代にわたって合祀されないところを検討するとよいと思います。

また、永代供養墓に入る時には、墓石を建てる場合と異なり、永代使用料の代わりに永代供養料がかかります。

管理費はほとんどの場合、永代供養料を支払う時に一括で含まれているので、毎年支払う必要がありません。
ただし、生前申込みを行う場合は、年間管理費・年会費などの名目で毎年支払いが発生することもあります。

永代供養料

永代供養料とは、寺院や霊園などがご家族の方に代わって、ご遺骨を永代にわたって供養するのにかかるお金のことをいいます。

永代供養料の相場ですが

  • 個別に納骨する場合・・・30万円~50万円
  • 合祀する場合・・・10万円~30万円

ほどが一般的です。

しかし、納骨場所の仕様やスペースによっては数百万円かかる場合もあります。

また、永代供養墓の場合、「1人分で〇〇円」となっている場合が多いです。
そのため、家族で入るときにはさらにお金が発生することもあり、かえって墓石を建てるより高くついた、ということにもなってしまいます。

永代供養を検討する場合は、入る予定の御霊(ご遺骨)の数も考えておくと良いと思います。

入檀料がかからない場合も

永代供養墓の場合、寺院墓地であっても宗旨・宗派を問わず受け入れてもらえるところが多いです。
ですので、檀家になる必要がなく、その場合は入壇料や護持会費はかかりません

しかし、法要や供養の時は、永代供養墓のある寺院の宗旨・宗派にしたがって行うことになります。
そのことを理解した上で申し込みを行いましょう。

お布施代

永代供養の場合、お布施が発生するのは納骨と回忌法要の時です。

したがって

  • 納骨の場合・・・3万円~10万円ほど
  • 回忌法要の場合・・・3万円~5万円ほど

以上のお布施代が必要になります。

納骨堂の場合

納骨堂とは、室内に個人やご家族でご遺骨を納めておく建物のことです。

納骨堂にはロッカー式や自動搬送式などのタイプがあり、

  • 屋内にあり、天候に関係なくお参りができる
  • 墓石を建てるよりも費用が安い
  • 交通の便が良いところにある場合が多い

などのメリットがあります。

使用料

納骨する人数や納骨壇の大きさ・形状などによって、納骨堂の使用料の金額にかなり差があります。

1人分の納骨だと、30万円~100万円ほどが費用の相場ですが、なかには200万円ほどかかるところもあります。

最初から合祀する場合だと費用もかなり安くすみ、10万円以下ですむ場合もあります。

入檀料がかからない場合も

納骨堂も永代供養墓と同様、寺院墓地でも宗旨・宗派を問われないところがほとんどです。
したがって、檀家になる必要もなく、入壇料や護持会費もかかりません。

お布施代

納骨堂に遺骨を納める場合も、基本的にお布施は納骨と回忌法要の時になります。
ですから、永代供養墓に入った時と同じようなお布施代がかかります。

維持費・管理料がかかる場合も

納骨堂に合祀する場合は維持費・管理料がかからない場合が多いですが、個別に遺骨を納める場合は、維持費・管理料がかかる場合もあります。

支払い方法も、最初に一括して支払うところもあれば、毎年一定額を納めるところもあります。

一括して支払う場合、後年にわたってお金が発生することがないため、その後の支払いの心配はいりません。
しかし、最初にすべての支払いを済ませてしまわなければならないため、初期費用が高くなります。
しかも、途中で遺骨を取り出す時でも、一度支払った維持費・管理料は戻ってこないところもあります。

毎年一定額を納める場合、初期費用が安くすみますが、その後も支払い続けなければならないという不便さもあります。

ただし、納骨堂の場合、お墓を用意するまでの間だけ使用する方もいると思います。
そういう方には維持費・管理料は毎年納めるところの納骨堂が良いでしょう。

お寺へのお墓参りはどうするの?

お墓

寺院墓地にお墓を建て、いざお墓参りをするとき、どういった作法でお参りすればよいのでしょうか。
ここからはお寺へのお墓参りの仕方について説明していきます。

お墓参りの時期

お寺へのお墓参りの時期は特に決められてはいません

一般的に、故人の命日、お正月、お盆、春秋のお彼岸、回忌法要の時などにお参りすることが多いです。

さらに、進学、就職、結婚、出産など、人生の節目の時期にもお参りし、故人に報告をしたいものです。

ですので、お寺へのお墓参りは定期的に行った上で、好きな時にお参りすることをオススメします。

お墓参りの持ち物

お墓参りの時に必要な持ち物としては

  • バケツ
  • ひしゃく
  • 掃除道具(雑巾、たわし、ほうきなど)
  • ゴミ袋
  • 生花
  • ろうそく
  • 線香
  • マッチやライター
  • お供え物(果物やお菓子、飲み物など)
  • 半紙(お供え物の下に置くためのもの)
  • 花バサミ
  • 数珠

などがあります。

墓地ではだいたいバケツやひしゃくは貸してもらうことができます。
また、売店があるところもあり、生花やろうそく、線香などをそこで用意できる場合もあります。

墓地で借りたり買ったりできるものをあらかじめ確認しておくとよいと思います。

お墓参りの服装

お墓参りをする時の服装は、納骨や回忌法要、新盆の時は喪服を着ることが一般的です。

通常のお参りの時は普段着でよいですが、あまり派手な服装にならず、きちんとした格好をするのが好ましいでしょう。

お墓参りの手順

実際にお墓参りをする時は

  • 寺院に到着したら、本堂の御本尊をお参りし、ご住職に挨拶をする
  • バケツやひしゃくなどを借りたり、売店で必要なものを買う
  • 合掌し、掃除を行う(墓石をみがく、掃き掃除、ゴミ拾い、草むしりなど)
  • 花を飾り、お供え物を供える
  • ローソク、線香を供える(線香の火は手であおいで消す)
  • お参りをする(しゃがんで左右の手のひらを合わせ、軽く目を閉じる)
  • 片付けをする

上記のような手順になります。

複数で参拝する場合は、故人と近しい人から順にお参りをしましょう。

また、果物やお菓子などのお供え物は、鳥や動物に食い荒らされる可能性があるので必ず持ち帰りましょう。

神社のお墓はお寺にあるお墓とは違うのか

お墓

神道は基本的に死を「穢れ(けがれ)」と捉えるため、神社の境内にお墓がなく霊園にお墓を建てる場合が多いです。

神社のお墓とお寺にあるお墓の異なる点としては

  • 棹石の形状は、上が三角形の「トキン型」が一般的
  • 線香をお供えしないので香炉がない。代わりにお供え物を置く台(八足台)がある
  • 墓石の表面の文字が「〇〇家乃墓」ではなく、「〇〇家乃奥都(津)城」と書かれている(読み方は「おくつき」)
  • 戒名がなく、代わりに「彦」、「大人(うし)」、「刀自(とじ)」などの諡(おくりな)がある
  • 生花の代わりに榊をお供えする

といったことがあげられます。

お寺にあるお墓まとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。

今回終活ねっとでは、お寺にあるお墓について説明してきました。

この記事の内容を簡単にまとめますと

  • 寺院が管理・運営しているお墓を寺院墓地という
  • 寺院墓地に入るためには、基本的に檀家にならなければならない
  • 寺院墓地は、管理がしっかりしているところや交通の便がよいところが多い、丁寧に供養してもらえる、などのメリットがある
  • 寺院墓地にお墓を建てる場合、180万円~250万円程度の費用がかかる。また、檀家になった場合、毎年護持会費やお布施などが必要になる
  • 永代供養墓や納骨堂に遺骨を納める場合は、墓石を建てるより費用が安く、100万円以下に抑えることができる
  • 寺院墓地に参拝するときには、まず本堂の御本尊にお参りをし、それから自分たちのお墓にお参りをする

などといったことが分かりました。

終活をするとき、お墓のことは悩みの種になりますよね。
特に、新たにお墓を建てるとなると、かなりの手間と労力がかかります。

それでも、死後も安心できるように納得のいくお墓を建てたいものです。

都市・郊外に関係なく、どこの地域でも多くの寺院が存在します。
ですから、寺院墓地にお墓を建てることを決めたら

  • 自宅から近い、駅から近い、などお参りがしやすい場所か
  • 坂道が少ない、段差がない、など体が不自由になってもお参りできる場所か
  • その宗旨・宗派が自分たちの考えに合っているか
  • 寺院の雰囲気、住職の人柄など、寺院そのものに魅力を感じるか
  • 供養をどの程度丁寧にしてもらえるのか
  • お墓にかかる費用が自分たちの予算内におさまるのか

などのことについて、家族でよく相談しながら、自分たちの希望に合った墓地を見つけるとよいでしょう。

今回終活ねっとでは、「お寺にあるお墓」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「寺・お墓」に関連する記事

「寺・お墓」についてさらに知りたい方へ

  • 檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するにはのサムネイル画像

    檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するには

    新たにお墓を建てる時、お寺に建てたいとお考えの人も多いと思います。お寺に建てる時には檀家になることがほとんどです。ここでは、檀家になってお墓を建てる時の費用やその後にかかる費用、檀家になるメリット・デメリットなどについて説明します。ぜひ最後までお読みください。

  • お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

    お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

    新たにお墓を建てる時、費用は最も気になることのひとつです。ここでは、お墓を建てる時の費用の内訳や相場、お墓を建てない埋葬方法の費用の相場、費用を安く抑える方法などについて説明していきます。ぜひ、最後までお読みください。

  • 知ってると得する!寺院で出来る永代供養という選択のサムネイル画像

    知ってると得する!寺院で出来る永代供養という選択

    人は亡くなった後、どう供養されますか?寺院にある先祖代々の墓で、という意見が多いかもしれません。遺骨を寺院にあるお墓以外で供養出来る「永代供養」をご存知ですか?ここでは、知っていると得する、寺院で出来る永代供養という方法をご紹介します。

  • お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

    お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

    お墓を建てようと思う際、お金について心配する方は少なくありません。一般的に、お墓の建立にはかなりのお金がかかるといわれています。将来お墓を建てる際、どれだけのお金を準備する必要があるのか、またどのような費用がかかるのかについて解説します。

  • 永代供養・共同墓地について解説いたします!のサムネイル画像

    永代供養・共同墓地について解説いたします!

    核家族化と少子高齢化が進んだ近年では一般的なお墓を持たず、永代供養の共同墓地を選択する人が増えています。 共同墓地に入った場合に供養はどうするのか気になりませんか? 永代供養と共用墓地の疑問について解説いたしますのでぜひ最後までお読みください。

  • 寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!のサムネイル画像

    寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!

    終活をすすめるに当たりどのくらいの費用がかかるのかは大きな問題です。墓地の値段は霊園なのか寺院墓地なのか、どんな墓石にするかなどによって異なってきます。今回は寺院墓地の値段の相場について、内訳などについても詳しく解説していきます。

  • お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

    お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

    お墓を購入することは家と同じで「一生の買い物」といわれています。しかし、以前お墓を購入したことがある方や、周りにお墓の購入について詳しく知っている人がいるという場合は少ないと思います。今回はみなさんが安心してお墓を購入できるよう、お墓の購入に関して解説します。

  • 永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

    永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

    先祖代々檀家の家系の場合、永代供養墓に移りたいとなると大変です。一体どんなことが大変なのか知っていますか。今回は、檀家の場合永代供養墓に移るためになにをしたらいいのかなにが大変なのかを紹介していきます。

  • 墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

    墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

    家族形態やライフスタイルの変化などにより、一家に一つあった家墓の形ではなく、永代供養を選ぶ人が増えてきています。でも、墓地・霊園によって違いがあることをご存知ですか?個人の意向に合った永代供養をするために、最適な墓地・霊園を選ぶためのお手伝いをします!

  • 永代供養に管理費はかかるのか。永代供養・納骨堂の費用を解説しますのサムネイル画像

    永代供養に管理費はかかるのか。永代供養・納骨堂の費用を解説します

    供養の仕方に、永代供養という選択肢があります。この永代供養に管理費がかかるかどうかご存知でしょうか。故人を墓地に埋葬し管理してもらうには、寺院等に管理費を支払う必要があります。この記事では納骨堂で永代供養をする場合にかかる費用について解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「寺・お墓」についてさらに知りたい方へ

檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するにはのサムネイル画像

檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するには

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

知ってると得する!寺院で出来る永代供養という選択のサムネイル画像

知ってると得する!寺院で出来る永代供養という選択

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

永代供養・共同墓地について解説いたします!のサムネイル画像

永代供養・共同墓地について解説いたします!

寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!のサムネイル画像

寺院墓地の値段の相場はどのくらい?費用の内訳なども詳しく解説!

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養に管理費はかかるのか。永代供養・納骨堂の費用を解説しますのサムネイル画像

永代供養に管理費はかかるのか。永代供養・納骨堂の費用を解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと