納骨堂のお参りの際、お供え物ってどうすればいい?

お墓参りに行く時は、お供え物を持って行く人も多いでしょう。故人の好きだったものはぜひともお供えしたいですよね。しかし屋内にある納骨堂の場合はお供え物ってどうなっているのでしょう?そこで納骨堂のお参りの際のお供え物について解説しますね。

目次

  1. 納骨堂のお供え物について
  2. 納骨堂へのお供え物の一覧
  3. お供え物のその後について
  4. 納骨堂のお参りの注意点とマナー
  5. 納骨堂のお供えまとめ

納骨堂のお供え物について

仏壇

お墓参りというとお供え物は欠かせませんよね。
花や果物やお菓子、飲み物、お線香も持って行く人が多いですよね。
しかし、屋内にある納骨堂へのお参りの際は、少しルールが違います。
そこで今回終活ねっとでは以下の事柄について解説します。

  • 納骨堂へのお供え物一覧
  • お供えをした後はどうすればいい?
  • 納骨堂へのお参りの際の注意点とマナー

納骨堂は遺骨を納めることができ、永代に渡って使用できたり家族で一つの納骨堂に入れるところもあり、普通のお墓と同じように考えてもいいでしょう。
しかし、屋内にある施設ということで外にあるお墓とは少しルールやマナーが違ってきます。

納骨堂へのお参りをスムーズに行えるように、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

納骨堂へのお供え物の一覧

仏壇

お墓参りというのは、亡くなった人への供養やご先祖様に対して今の自分がいることに感謝するために手を合わせることで、それはお墓でも納骨堂でも同じです。

お供え物は、供養や感謝の意味を込めて贈るものですから、「お供え物はこれでなければならない」などの決まりは特にありません。
故人の好きだったものをお供えするのが最も好ましいです。

この章では、一般的な納骨堂へのお供え物をご紹介します。
地域によっても多少違いはありますが、お供え物にこれでなければいけないというものはありません。
ただ、屋内にある納骨堂の場合は、お酒やお線香など持ち込み自体が禁止されているところもありますのでよく確認してからにしましょう。

食べ物

お供え物といえば食べ物を持って行くのが定番ですね。
故人が好きだったお菓子や季節の果物などが多いです。
日持ちのする干菓子や和菓子、クッキーや飴などを持って行く人が多いです。

季節の果物をかごに入れてお供えすると見栄えがします。
中には果物をケースごとお供えする方もおられますが、あまり重たいものは運ぶのに大変になるのでよく考えましょう。

お彼岸にはぼた餅やおはぎを手作りして持って行かれる方もいます。
小豆には魔よけの効果があると言われていますので、お供え物としてはふさわしいです。

飲み物

飲み物も故人の好きだったものが最も好ましいです。
ビールや日本酒、焼酎やジュースなど、缶に入ったものや瓶に入ったものがおすすめです。
しかし、納骨堂によっては、アルコール類は持ち込み禁止のところもありますので注意しましょう。

納骨堂の場合は特に飲み物を開けてコップに注いでお供えするということはやめておきましょう。
こぼしてしまうと大変ですし後処理にも困りますので、栓をしたままお供えするようにしましょう。

納骨堂によっては、生の花はお供えできないところがあります。
造花ならOKであるとか、すぐに持ち帰るなら大丈夫というところもあります。
別に生花をお供えできる場所を用意されているところもあります。
各納骨堂のルールに従うようにしましょう。

お花の種類は特に決まりはありませんが、バラやアザミなどのとげのあるものや香りのきついものは避けた方が良いでしょう。
花びらや葉っぱがパラパラと散ってしまうような花も注意が必要です。

消耗品

お墓参りにお線香はつきものです。
ローソクやお線香は消耗品ですので、残りが少ないようなら持って行くようにしましょう。

しかし、納骨堂によっては火気厳禁のところもあり、お線香に火をつけることができない場合もありますのでよく確認しましょう。
お線香を焚くことができる専用の場所がある所もありますので、どのようなルールになっているか把握しておきましょう。

納骨堂は屋内にありますので、あまり大量にお線香を焚くのは控えましょう。

その他

ビールやコーヒーなど、故人が好きだったものなら何でもお供え物としてふさわしいです。
季節の野菜や駄菓子、お赤飯をお供えする方もいます。
お弁当をお供え物にする方もおられます。
食べ物ばかりではなく、子や孫が書いた手紙や絵などを故人に見せてあげるものいいですね。

タバコが好きだったとしてもタバコに火をつけてお供えするのはやめましょう。
どうしてもタバコをお供えしたければ入れ物に入ったまま置くようにします。

お供え物のその後について

お墓

お墓参りに行く時には、お供え物を持って行くのが普通でしょうと考えている方もおられますよね。
納骨堂と言えどお墓参りに変わりはありません。
手軽にお参りできる納骨堂は、普段のお参りは手ぶらでも構いませんが、お盆やお彼岸、命日の日にはやはりお供え物を持って行きたいですよね。

この章では納骨堂に持って行ったお供え物のその後の扱い方について解説します。

お供え物は必ず持ち帰る

お供え物の扱い方は納骨堂によってルールが違いますが、基本的には持って行ったものはすべて持ち帰るようにしましょう。

納骨堂は屋内にある施設です。
食べ物を長く置いておくと傷んでしまったりして虫が湧いたり悪臭がする場合があります。
果物などは長く置き過ぎると水分が出てきて、周りにも迷惑をかけてしまいます。

缶ビールや缶ジュース、干菓子や飴などは置きっぱなしでも大丈夫なような気がしますが、炭酸は爆発することもありますし、お菓子類はネズミや虫が寄ってくる原因にもなります。

納骨堂の管理者は掃除や見回りはしてくれますが、一つ一つのお壇に供えられているお供え物を勝手に片付けることはしません。
毎日必ずお参りに行くというのであれば、2~3日は大丈夫かもしれませんが、やはりお供え物はお参りが済んだらすべて必ず持ち帰るようにしましょう

その後仏壇にお供えしても問題はない

持ち帰ったお供え物は仏壇にお供えしても何も問題ありません
お供え物というのは、故人やご先祖様の供養や感謝の気持ちを伝えるためのものですので、納骨堂にお供えしたものを仏壇にお供えしても気持ちがこもっていれば大丈夫です。

お供え後に食べても大丈夫

お参りが済んだ後、お供えしたものはお下がりとしてみんなでいただきましょう。

むしろ故人やご先祖様と一緒にいただくことが供養になると言われています。
休憩所があればそこを利用してもいいですし、持ち帰って家でみんなでいただいてもいいでしょう。
その場で食べることができればそれもいいのですが、食い散らかしたり周りに迷惑をかけるようなことは慎みましょう。

故人と一緒に美味しくいただくのが一番の供養とされていますので、置きっぱなしにはせずお参りが済んだらすぐに下げるのが正しいお参りの仕方です。

納骨堂のお参りの注意点とマナー

困った人々

納骨堂は一つの部屋にたくさんのお壇が並んでいます。
一つのお壇にはそれぞれの遺族がいますので、周辺にも気を配るようにしましょう。

この章では納骨堂へお参りする時の注意点とマナーをご紹介します。

時期を選ぶ

納骨堂はいつお参りしても良いのですが、やはり時期によっては混雑している時もあります。
やはりお盆やお彼岸はみんなお参りしたいので混雑してしまいます。
お盆は普段お参りできない勤めに出ている人や子供もやって来るので人が多くなってしまいます。
土・日・祝日は法事をすることが多いのでやはり混雑します。
比較的午前中よりは昼過ぎから夕方にかけては空いているようです。

ゆっくりお参りしたいという方は、管理事務所に空いていそうな時期や時間帯を問い合わせてみるのも良いでしょう。

お供え物は納骨堂のルールに従う

納骨堂は屋内にあり、外にあるお墓とは少しルールが違います。
ロッカー式の納骨堂ではお供え物を置くことさえできないところもあります。
生の花はNGですが造花ならOKというところもあります。
あるいは生の花はお供えする場所が専用で用意されているところもあります。

また納骨堂によっては火気厳禁のところもあります。
線香もローソクも火を付けてはいけないところもあります。

食べ物やお酒の持ち込み禁止のところもあります。
コップに水を入れることもダメなところもあります。

これは、水や花に虫が湧いたり食べ物にネズミがやって来るのを防止するためです。

すぐに持ち帰ればOKのところもありますし、お線香をあげる場所を用意しているところもあります。
それぞれ納骨堂によってルールが違いますので、自分の納骨堂はどのような注意事項があるか把握しし、自分の納骨堂のルールに従いましょう

他の人と宗派が異なることを理解する

寺院が管理している納骨堂は、大体がそのお寺の檀家という人が多いのですが、中には宗派の違う人でも大丈夫というところもあります。
民営の納骨堂では、宗教を問わず利用できるところもあります。
つまり、仏教に限らずキリスト教やイスラム教を信仰している人もいるかもしれません。

自分の信仰している宗教では当たり前のことも、ほかの宗教の人には理解してもらえません。
納骨堂は同じ形のお壇がたくさん並んでいますので、自分の家のお壇だけを派手に飾り付けたり大声でお経を唱えたり、宗教独特の儀式などを行うのはやめましょう。

納骨堂へのお参りの際は、宗教・宗派が異なる人がいるということを理解しておきましょう

納骨堂のお供えまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか?
納骨堂へのお参りの際のお供え物について解説させていただきました。
終活ねっとでは以下のようなことをご紹介させていただきました。

  • 納骨堂のお供え物は基本的に何でも良い。故人の好きだったものが一番。
  • お参りが済んだらお供え物はすべて必ず持ち帰るようにする。
  • お供え物はお参りが済んだらお下がりとしてみんなでいただく方が供養になる。
  • 納骨堂によってお供え物の扱い方が違うので、管理事務所に確認するようにしましょう。

納骨堂も普通のお墓同様、故人やご先祖様の供養や感謝の気持ちを込めてお参りするところです。
お供え物は必ず持って行かなければいけないものではありませんが、やはりお供えしたいですよね。
納骨堂によってはお供え物の扱いに規則がある場合がありますので、確認してから気持ちよくお参りするようにしましょう。

納骨堂は掃除の必要もなくお参りしやすいところですので、お供え物にこだわらず手ぶらでもこまめにお参りする方が故人やご先祖様の供養になりますよ。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「納骨堂・お供え物」に関連する記事

「納骨堂・お供え物」についてさらに知りたい方へ

  • 納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!のサムネイル画像

    納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!

    お墓参りに行く時は、必ずお花を持って行きますよね。しかし、室内にある納骨堂は、お花を持って行ってもいいものなのでしょうか?お供え物はどうなるのでしょう?そこで、知っているようで知らない、納骨堂でのマナーについて解説します。

  • 納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?のサムネイル画像

    納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?

    最近では納骨堂というところはお墓と同じという風に考えられている方も増えてきています。屋内にありお墓参りもしやすいのですが、納骨堂には普通のお墓とは違うルールがあるんです。そこで、納骨堂へお墓参りをする時のマナーや注意点について解説します。

  • 納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?のサムネイル画像

    納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?

    納骨堂へのお供えに悩んでいる方は多いです。 お供え物とはお墓や仏壇に花や故人の好きだった食べ物を供える事が一般的ですが、 納骨堂でも同じ様にお供え物をしていいのか?そもそも食べ物は置いていいのか?等 よく分からない納骨堂でのお供え物のマナーについて解説します。

  • 納骨堂へお参りしたことない人必見!最低限守るべきマナーを紹介のサムネイル画像

    納骨堂へお参りしたことない人必見!最低限守るべきマナーを紹介

    納骨堂へお参りするためのマナーはどんなものがあるのでしょうか。納骨堂に遺骨を安置することも一般的になってきましたが、お参りをしたことがある人はまだまだ少ないのではないでしょうか。納骨堂へお参りするマナーをご紹介します。

  • お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

    お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

    遺骨を供養するために、お墓に納骨するという方が多いのではないでしょうか?しかし最近では納骨堂を購入して供養される方も増えてきています。お墓と納骨堂、どっちで供養するのが良いのでしょう?そこでお墓と納骨堂を徹底比較していきます。

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 納骨堂で起こりうる問題とは?種類別にそれぞれの問題点を解説!のサムネイル画像

    納骨堂で起こりうる問題とは?種類別にそれぞれの問題点を解説!

    お墓を建てるのではなく、最近増えてきている納骨堂を利用したいと考えている方もいるでしょう。しかし、この納骨堂にはいくつかの問題点もあります。ここでは、納骨堂の問題を種類別に紹介しますのでぜひ確認してみてください。

  • 納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較のサムネイル画像

    納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

    最近では、お墓を持つことが負担になってしまい、納骨堂を利用する方が増えてきています。納骨堂と一口に言っても、いろんなタイプがあり、選び方が難しいですよね。そこで、自分に合った納骨堂の選び方を解説しますので、ぜひ、参考にしてください。

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「納骨堂・お供え物」についてさらに知りたい方へ

納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!のサムネイル画像

納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!

納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?のサムネイル画像

納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?

納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?のサムネイル画像

納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?

納骨堂へお参りしたことない人必見!最低限守るべきマナーを紹介のサムネイル画像

納骨堂へお参りしたことない人必見!最低限守るべきマナーを紹介

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂で起こりうる問題とは?種類別にそれぞれの問題点を解説!のサムネイル画像

納骨堂で起こりうる問題とは?種類別にそれぞれの問題点を解説!

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較のサムネイル画像

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと