納骨堂に入れると無縁仏になるのか?納骨堂の正しい知識を伝授!

皆さんは納骨堂と無縁仏を関連させて考えたことはありますか? 「納骨堂に入れると無縁仏になる」という声を聞いたことはありますか? 納骨堂を安心して利用できるように、納骨堂に対する正しい知識をお伝えいたします。 どうぞ最後までご覧ください。

目次

  1. 納骨堂と無縁仏について
  2. 無縁仏とは
  3. 納骨堂に入れると無縁仏になる?
  4. 無縁仏を納骨堂に納骨することができるのか
  5. 無縁仏が増えている現状
  6. 無縁仏と納骨堂についてまとめ

納骨堂と無縁仏について

お墓

日本は昔からお墓に遺骨を埋葬することが伝統でした。
しかし、少子化、核家族化によって、お墓の事情も変化してきています。
「お墓を継承する人がいない」「お墓は遠く離れていてお参りにいけない」「お墓を作る予算がない」などといった問題が起きてきています。

このような時代の変化に伴い、近年、納骨堂が注目されています。
しかし、納骨堂の使用を巡って様々な解釈や憶測が生まれてきていることも事実です。

「納骨堂に入れると無縁仏になる」と思っている人が少なくありません。
本当にそのような解釈は正しいのでしょうか?
順を追って、その疑問にお答えしたいと思います。

  • 無縁仏とは何か
  • 納骨堂に入れると無縁仏になるのか
  • 縁仏を納骨堂に納骨することができるのか
  • 無縁仏が増えている現状

今回は、納骨堂と無縁仏の関係について調べてみました。

無縁仏とは

お墓

「無縁仏」という言葉の元は仏教用語です。
亡くなった人の霊は供養しないと成仏はできません。
そのために、遺族、親戚、縁者の弔いが必要となってきます。
弔う人がいない霊のことを無縁仏と言います。

そのような意味から転じて、

  • 管理する人がいないお墓
  • 継承者がいないお墓
  • 所有者がわからないお墓

という状態が「無縁仏」と言われるようになりました。
また、無縁墓(むえんばか)とも呼ばれています。

さらに、現代の無縁仏の問題として、

  • 身寄りがなく亡くなった場合
  • 身寄りがあっても遺骨の引き取りを拒否された場合

以上のような理由でも無縁仏になってしまいます。

納骨堂に入れると無縁仏になる?

お墓

「納骨堂に入れると無縁仏になる」と思っている人も少なからずいるようです。
そう言われると、納骨堂を利用している人は心配になってしまうことでしょう。
しかし、本当に納骨堂を利用することが無縁仏に繋がることになるのでしょうか?

結論から先に言うと、納骨堂を利用したことで無縁仏にはなりません。

では、今からその説明をしていきます。

納骨堂とは?

そもそも納骨堂とはどういう建物なのでしょうか?

納骨堂は遺骨を納めるお堂です。
納骨堂の歴史は古く、霊廟(れいびょう)がその起源と言われています。
霊廟とは死者を祀る施設ですが、特定の人物のみが祀られるような特別な場所です。

昭和初期の納骨堂は境内の端に建てられ、遺骨を一時的に安置する場所として使用されるようになりました。
やがて、近代に近づくにつれて、納骨堂は遺骨を恒久的に納め祀る役割も担うようになってきました。
そして、現代の納骨堂はお墓と同等の役割を担うようになりました。
つまり、納骨堂に遺骨を収蔵することは不敬なことではなく、お墓に埋葬するのと同じ意味合いで、故人の霊を弔うことになります。

納骨堂の2種類

納骨堂に遺骨を納める期限は大きく分けて2種類あります。
「一時保管用」と「恒久的な使用」です。

一時保管用

納骨堂は遺骨の一時保管用として使用することができます。

一時的に預かってもらう理由として、

  • 自宅に置けない事情がある
  • お墓が設置されるまでの一時保管として
  • 引越しが多くてお墓を作れない
  • 今は、お墓を建てる費用が工面できない

などの理由が挙げられます。
一時的な預かりの場合でも供養や管理はしっかりと行ってくれるので安心してお任せできます。

恒久的な使用

納骨堂は遺骨の一時的な保管だけではなく、恒久的な使用も可能です。
永代供養として契約をする人もいれば、一般のお墓のように利用する人もいます。
最近は契約更新料を支払い続けると永代で管理してくれる施設も増えてきたようです。

故人の霊が完全に成仏する33回忌を過ぎると合祀される形式もあります。
また50回忌まで行ってくれる施設もあります。
施設によって細かな規定は違ってくるとは思いますが、現状として納骨堂をお墓として使用する人は増えています。

保管期限を過ぎるとどうなる?

一般的に納骨堂には遺体の保管期限が定められています。
多くの納骨堂が33回忌を保管期限として定めているようです。
その期限が過ぎると、永代供養墓の合祀墓に納骨されて供養されます。
もし、他の遺骨と一緒に納骨するのが嫌な場合は、有料の更新手続きを行えば保管してくれます。

合祀墓について

合祀墓(ごうしぼ)とは遺骨を合同で祀るお墓のことです。
合同の意味は家族以外の遺骨ということです。
永代供養墓や共同墓とも呼ばれます。

例えば、永代供養の契約期間が過ぎたあとに、他の遺骨と一緒に合祀墓に移され供養される場合があります。
また、最初から合祀墓に入ることを希望される場合もあります。
永代供養をお願いしている場合は、たとえ継承者がいなくても無縁仏になることはありません。
合祀墓を管理するお寺が供養を行なってくれます。

無縁仏と永代供養の違い

無縁仏と永代供養の違いは何でしょうか?

永代供養とは家族に代わってお寺や利用施設の管理者が故人の霊を供養することを言います。

永代供養を利用するケースはいくつかあると思います。
自分が死んだ後、家族にお墓の管理などの負担をかけたくない場合やお墓が遠方にあってお参りすることが難しい場合。
または遺族が高齢化して、お墓に足を運べない場合などが理由になると思います。

しかし現在、永代供養の利用で最も多いのは、お墓の継承者がいないという理由で永代供養をお願いする場合です。

将来、誰も自分の供養を行ってくれる人がいない場合に永代供養を前もってお願いすることができます。
そうすることで、永代にわたりお墓の管理と供養を誰かが行ってくれることになります。

無縁仏と永代供養を同じものとして考える人がいるようですが、全く違うものです。
無縁仏はお墓を管理する人がいない状態ですので、永代供養と同じではありません。
お墓を建てたとしても継承する人がお墓を放置した場合は、やがて無縁仏になってしまいます。

無縁仏になるとお寺と檀家の協議の上でお墓は撤去されます。
その費用は檀家の負担となります。
無縁仏にするというのは、お寺や檀家に迷惑をかけることになってしまいます。
そして、無縁仏になった遺骨は無縁墓地に移されてしまいます。

無縁仏も継承者がいない永代供養も継承者が管理していないことに変わりはありません。
しかし、お墓や遺骨が放置されてしまう無縁仏と、しっかりと供養・管理を代行してくれる永代供養とでは天と地との差があります。

無縁仏を納骨堂に納骨することができるのか

お墓

家族の遺骨が放置され無縁仏になりつつある時、「やっぱり引き取ってちゃんとしたお墓(納骨堂)に入れたい」と考え直す方もいるようです。

しかし、一旦無縁仏として無縁墓地に埋葬された遺骨を取り出すことはほぼ不可能であるといって良いでしょう。
すでに多くの無縁仏の遺骨がある場所に一緒に納骨されるわけですから、ある特定の故人の遺骨を見分けることは不可能です。

現在はお墓の放置や様々な事情などで家族の遺骨の引き取りを拒否される方が増えています。
その場合は必然的に無縁仏になってしまいます。
どのような事情があるにせよ、血を分けた肉親には変わりありません。
大切な故人を供養する気持ちを忘れないようにしたいものです。
数年後に後悔することのないように慎重に考えましょう。

無縁仏と認定され、遺骨が合葬されそうな場合は、以上のことを注意してください。

無縁仏が増えている現状

お墓

日本では、年間3万人以上の人が「孤独死」で亡くなっています。
「無縁死」とも言われています。
そのような故人は無縁仏として葬られます。
「孤独死」「無縁死」などの言葉が表しているように、現代は家族の絆が弱くなっています。
社会と個人とのつながりも薄くなってきています。
隣に誰が住んでいるのかわからないということも、ごく当たり前になってきました。

そのような社会問題とお墓の問題を切り離して考えることはできません。

無縁仏が増えていることも、実はそのような人間関係の希薄が問題の根底にあると思われます。
「故人を偲ぶ」という日本人が大切してきた心を失いつつあるのは悲しいことです。
お墓を大切にするというのは日本人の美徳の一つでもあると思います。
立派なお墓を作り大切な故人を埋葬しても、お墓を放置したり、お参りしなかったり、管理料を滞納するケースが増えています。

東京にあるお墓の1割から2割は放置されているようです。
つまり、無縁化している状態です。

縁者が遠方に住んでいたり、家族が高齢化しているのが原因という場合もあるでしょう。
一番危惧する点は、お墓に対して無頓着であるということです。
お墓の存在を忘れているということは、ご先祖に対して最も不敬なことではないでしょうか。

日本人が大切にしてきた家族のあり方、ご先祖に対する感謝の思いなど改めて考えていく必要があるのだと思います。
そして、先祖を慕い供養する気持ちを忘れないようにしたいと思います。
故人、あるいはご自身が無縁化にしないためにも、将来のことを今から考えていくことが大切ではないでしょうか。

無縁仏と納骨堂についてまとめ

お墓

納骨堂と無縁仏について解説してきましたが、いかがでしたか?

以上の記事をまとめます。

  • 無縁仏(無縁墓)はお墓を放置している状態です
  • 納骨堂は単なる遺骨の保管場所ではなく、霊を弔うお墓です
  • 永代供養は一定の期間が過ぎると合祀墓に移されますが、供養・管理は続けられます
  • 一度、無縁仏になった遺骨は、納骨堂やお墓に入れることはできません
  • 無縁仏の問題は、家族関係の希薄が根底にあります

納骨堂に遺骨を入れることによって無縁仏になるという声は真実ではないことが、お分りいただけたと思います。
納骨堂は立派なお墓ですので、無縁仏になるなどという声に惑わされたり、不安を抱くことなくご利用ください。
また、今後は無縁仏にさせない取り組みも必要になってくると思います。
あらためて、先祖に対する思慕の念とお墓を大切にする日本人の心を大切にしていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは納骨堂を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「無縁仏・納骨堂」に関連する記事

「無縁仏・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

  • 無縁仏と永代供養って違うの?埋葬にかかる費用も説明!のサムネイル画像

    無縁仏と永代供養って違うの?埋葬にかかる費用も説明!

    近年、無縁仏が増えていると言われていますが、そもそも無縁仏とは何なのでしょうか?埋葬にかかる費用はどれくらいなのでしか?また無縁仏と混同されがちな永代供養とはどういうことなのでしょうか。この記事を読んでこうした疑問を解決しましょう!

  • 無縁仏と永代供養の違いとは。無縁仏を防ぐにはどうしたらいい?のサムネイル画像

    無縁仏と永代供養の違いとは。無縁仏を防ぐにはどうしたらいい?

    自分のお墓の継承者がおらず、無縁仏にならないか心配な方は多いのではないでしょうか。 そんな方のために、現在永代供養という埋葬方式が増えつつあります。 この記事では、無縁仏と永代供養の違いや、無縁仏を防ぐ方法についてお伝えします。

  • 無縁仏にお参りしてもいいのか?無縁仏を防ぐためにはのサムネイル画像

    無縁仏にお参りしてもいいのか?無縁仏を防ぐためには

    無縁仏にお参りをしてはいけない、と言われることがあります。無縁仏をお参りすると、何か問題はあるのでしょうか?この記事では無縁仏への供養の仕方やお参りの注意点、今あるお墓を無縁仏にしないための方法をご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 無縁仏になったらどうなるのか?無縁仏にならないためにできることのサムネイル画像

    無縁仏になったらどうなるのか?無縁仏にならないためにできること

    日本の仏教ではお墓を継ぐ人がいなくなるお墓はどうなるのでしょうか? 一般には無縁仏になってしまうとされています。 では、そもそも無縁仏などんなものなのでしょうか? 実際に無縁仏になったらどうなるのか、そうな際にお墓や遺骨はどうなってしまうのか解説します。

  • 無縁仏のお墓の費用ってどうするの?無縁仏の不安を解決します!のサムネイル画像

    無縁仏のお墓の費用ってどうするの?無縁仏の不安を解決します!

    将来、お墓を管理する身内がいなくなったらどうしますか?無縁仏という言葉を御存じですか?無縁仏になったら、どのような費用がいくらかかるか気になりますよね。終活に向けて、無縁仏になったときのお墓の費用を知ることは将来の安心につながります。ぜひ最後までご覧ください。

  • 納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

    納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!

    お墓を選ぶ基準は何でしょうか? 近年では、一般的なお墓とは違い「納骨堂」や「永代供養墓」など、ご遺族の方に負担が少ない選択肢を選ぶ人が増えています。 それでは、どのお墓を選べば良いのでしょう? ここでは、納骨堂と永代供養墓の違いや、それぞれの特徴を解説します。

  • 納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

    納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

    様々な供養の形が広がりを見せる昨今、納骨堂や永代供養という言葉が注目を集めています。納骨堂と永代供養とは一体どういうものなのでしょうか。この記事では、納骨堂と永代供養の違いや納骨堂で行うことのできる永代供養についてご紹介していきます。

  • 永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!のサムネイル画像

    永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!

    皆さんは永代供養墓や納骨堂が流行っていることをご存知でしょうか。 永代供養墓と納骨堂が流行ってどういうこと?と思った方も多いのではないでしょうか。 この記事では永代供養墓と納骨堂がなぜ流行っているのか、供養形態にどのような違いがあるのかを解説いたします。

  • お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

    お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

    遺骨を供養するために、お墓に納骨するという方が多いのではないでしょうか?しかし最近では納骨堂を購入して供養される方も増えてきています。お墓と納骨堂、どっちで供養するのが良いのでしょう?そこでお墓と納骨堂を徹底比較していきます。

  • 納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

    納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

    いつまでも近くに置いておきたい遺骨。 でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。 ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか? ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「無縁仏・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

無縁仏と永代供養って違うの?埋葬にかかる費用も説明!のサムネイル画像

無縁仏と永代供養って違うの?埋葬にかかる費用も説明!

無縁仏と永代供養の違いとは。無縁仏を防ぐにはどうしたらいい?のサムネイル画像

無縁仏と永代供養の違いとは。無縁仏を防ぐにはどうしたらいい?

無縁仏にお参りしてもいいのか?無縁仏を防ぐためにはのサムネイル画像

無縁仏にお参りしてもいいのか?無縁仏を防ぐためには

無縁仏になったらどうなるのか?無縁仏にならないためにできることのサムネイル画像

無縁仏になったらどうなるのか?無縁仏にならないためにできること

無縁仏のお墓の費用ってどうするの?無縁仏の不安を解決します!のサムネイル画像

無縁仏のお墓の費用ってどうするの?無縁仏の不安を解決します!

納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!のサムネイル画像

永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「無縁仏・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

無縁仏と永代供養って違うの?埋葬にかかる費用も説明!のサムネイル画像

無縁仏と永代供養って違うの?埋葬にかかる費用も説明!

無縁仏と永代供養の違いとは。無縁仏を防ぐにはどうしたらいい?のサムネイル画像

無縁仏と永代供養の違いとは。無縁仏を防ぐにはどうしたらいい?

無縁仏にお参りしてもいいのか?無縁仏を防ぐためにはのサムネイル画像

無縁仏にお参りしてもいいのか?無縁仏を防ぐためには

無縁仏になったらどうなるのか?無縁仏にならないためにできることのサムネイル画像

無縁仏になったらどうなるのか?無縁仏にならないためにできること

無縁仏のお墓の費用ってどうするの?無縁仏の不安を解決します!のサムネイル画像

無縁仏のお墓の費用ってどうするの?無縁仏の不安を解決します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと