墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!

遠方で滅多に墓参りにいけない。地元にお墓の面倒を見てくれる人がいないという理由で、「墓じまい」という手段をとる人が増えています。しかし、その流れに関しては一般的には知られていません。墓じまいの一連の流れ、手続きや料金について詳しく説明いたします。

目次

  1. 墓じまいの流れについて
  2. 墓じまいの流れ
  3. 墓じまいの料金相場
  4. 墓じまいの代行について
  5. 墓じまいの流れまとめ

墓じまいの流れについて

お墓

お墓がある場所が遠すぎて、年に一度の墓参りも難しくなってきていませんか?
また親族全員がお墓のある場所に残っておらず、誰もお墓の面倒を見れる状態になっていないということはないでしょうか?
万が一誰もが墓参りに行くことができなくなり、手入れもされない状態が続くのは避けたいところです。

そんな場合墓じまいという、遺骨を違う墓地に移転する方法があります。
ここでは以下の内容について解説して参ります。

  • どのような流れで「墓じまい」の手続きをおこなっていけば良いの?
  • 料金はどのくらいかかるの?
  • 代わりに代行してくれるような業者はいるのか?

実際に改葬・墓じまいをしたい方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓じまいの流れ

お墓

「墓じまい」とは、現在ご遺骨が入っているお墓に対して解体・撤去を行い、別の墓地や永代供養地に移転・改葬することを意味します。

ただし、廃墓・改葬に関しては、届出が必要になり、またお墓にある「遺骨」は遺体の一部と判断され、許可なく移動したり、また無届けでお墓ごと潰してしまうということは禁じられています。

移転に関しても土地・暮石の確保、遺骨を移す際の「受入証明」の手続きや、宗派によっては儀礼が生じる事例もあるなど、様々なルールや慣習が存在しています。
ノウハウや作業の流れに対する理解が無いと分かりづらいですよね。

今回は、墓じまいの流れを分かりやすく解説します。

墓じまいしてもいいのか確かめる

お墓の継承・管理をしているのは自分だからと、親族・縁者に知らせずに処分を行うとトラブルに発展する可能性も考えられます。

お墓を継いだのは個人ですが、家族・親族の象徴としての意味合いを持つ場合もあり、思い入れもあるでしょう。
最悪の場合を想定して、まずは関係すると思われる親族・縁者には相談をして、墓じまいしてもいいの確かめるのが良策でしょう。

どのように供養するのか決める

「墓じまい」すると決め、親族の同意も得られたとしても、ご遺骨の行き先や、その後どのように供養するのかを先に決める必要があります。
ご自身のライフスタイルに合致する供養の方法を決めることができるよう説明していきます。

新しいお墓に移す

今までのお墓から新しいお墓に移すことを改葬と言います。
まずは新しいお墓を確保する必要がありますが、イメージとしてはお墓の引っ越しです。
場所が変わるだけで、今までと変わりない形での供養ができます。

永代供養

新しく暮石を立ててお墓を引っ越しする「改装」とは違い、永代供養は基本的には一代に限った供養の形です。
子孫に受け継ぐという一般的な形とは違い、死後の供養を寺院や霊園に任せることになります。
特徴としては

  • 個人単位(もしくは夫婦単位)が基本。子孫に引き継ぐことは基本的にありません。
  • 年間での維持管理費がほぼかかりません。
  • 一定期間ののちに合祀される(最初から合祀される場合もあります)。
  • 屋外のモニュメントなどに埋葬されるケースが多い。

などがあります。

身寄りのいない独身者の方や、子供がおらず最終的に供養してくれる親族がいないと予測されるご夫婦の方などには永代供養はおすすめといえます。
また基本的には供養の管理は寺院や霊園に委託され、一定期間の後には他の遺骨と合祀されるので無縁仏になる可能性は完全に排除できます。

手元供養

手元供養とは、埋葬という手段を取らずに故人の遺骨を自宅で保管したり、装飾品などに加工したりなどして、いつでも故人を偲んで供養をすることが出来る方法です。
様々な方法が考えられますが、大きく分けると2種類の方法があります。

  • ご遺骨をそのまま納めるタイプ・・・オブジェや骨壷、ペンダントの中に遺骨を納めます。
  • ご遺骨を加工するタイプ・・・・・・ダイヤモンドやセラミックスなどへの加工します。

尚、自宅での保管は墓所に該当しないために改葬には当たらないと判断されるため、基本的には改葬許可申請は必要ありませんが、自治体によっては対応に違いがあるので確認は必要です。

散骨

散骨とは、火葬した後のご遺骨を納骨せずに粉骨して、自然に還すために海や空、山などに撒いてしまうというものです。
ご遺骨は自然と一体となります。

海外では一般的ですが、近年では日本でも海への散骨がおこなわるようになってきています。
核家族や少子高齢化が進み、お墓の継承が難しくなっている昨今、従来の概念とは異なり、お墓の管理が必要とされない「散骨」という手法は注目されています。

ただし法的なルールは整備されておらず、知らずに罰則を適用される可能性もあるので、専門業者のサポートを仰いだ方が良いでしょう。
また手元供養と同様、自治体によって対応が分かれるので確認が必要です。

樹木葬

樹木葬は、火葬後のご遺骨を骨つぼから出して地中に埋葬。墓標(暮石)の代わりに樹木を植える埋葬方法です。
意図は「散骨」と同様にご遺骨を自然に還すという意味合いですが、分類上は「墓地」という扱いになります。
遺骨に関しては粉骨せずにそのままの形で埋葬する方法が一般的です。
分類上が墓地なので「改葬」と同様に改葬許可証の申請が必要となります。

まだ新しい納骨先が決まっていない方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

菩提寺や石材店と話し合う

今までお世話になった菩提寺には、「墓じまい」を行う旨を伝えます。
この場合、これまでのお礼としてお布施(離檀料という)を払うなどの配慮が大切です。
高額の離檀料を請求されることは稀ですが、この離断料に法的なガイドラインがないため、トラブルになるケースがあります。

おおよそ数万円から10万円程度が相場と言われていますが、もしも法外な請求がきた場合は、自治体に相談するなどの対応が必要です。

墓地は寺院にとっては大事な収入源であり、また檀家を失うことも意味します。
最初から離檀料トラブルが予測される場合は、行政書士に手続きを任せることもおすすめします。

お墓は自治体や菩提寺からお金を払って土地を借用している形になるので、「墓じまい」での撤去時は元どおり更地にして返す必要が出てきます。
この場合の暮石の撤去や工事全般は石材店にお願いすることになります。

工事の費用は敷地面積や日程、必要な人員によって変わってきますが、1㎡あたり10万円程度が相場と言われています。
事前に担当をお願いする石材店に見積もりを取ることをおすすめいたします。

寺院によって提携する石材店が決まっている場合があり、稀ですが法外な料金を請求されたり、追加料金を請求される場合があります。
トラブルを防ぐには事前にしっかり話し合いをし、見積もりを提出してもらった上で作業を進めてもらいましょう。

受け入れ証明書を取得する

「墓じまい」を決め、改葬を行う場合、まず受け入れ先の新しい墓地を決める必要があります。
改葬先が決まったのちに、改葬先の墓地管理者から「受け入れ証明書」を発行してもらいます。

受け入れ証明書申請は、改葬先の管理者が指定する申請書に以下のような事項を記入して申請します。

  • 申請者の氏名、捺印
  • 遺骨の氏名、住所、本籍
  • 改葬元の名称、住所
  • 申請書発行年月日

実際に発行される受け入れ証明書には、おおよそ以下のような内容が記入してあります。

  • 申請者の氏名、住所
  • 遺骨の氏名、住所、本籍
  • 改葬元の名称、住所
  • 受け入れ先墓地管理者の名称、氏名、住所、捺印
  • 受け入れ証明書の発行年月日

記入漏れが無いか確認しましょう。

埋葬証明証を取得する

埋葬証明書とは、その場所で現在遺骨が埋葬されていることを証明する書類のことです。
「墓じまい」をするに当たっては、改葬元の墓地管理者に「埋葬証明書」を発行してもらいます。
証明書には特に決まった書式はありませんが、以下の内容が記載されている必要があります。

  • 墓地使用者の署名、捺印
  • 墓地管理者の署名、捺印
  • 遺骨の氏名
  • 埋葬証明書発行年月日

改葬許可申請をする

改葬元からの「埋葬証明書」と改葬先からの「受け入れ証明書」が揃ったら、いよいよ改葬の許可申請です。
まずは改葬元のお墓がある市区町村から改葬許可申請書を入手してください。
自分の住んでいる市区町村の自治体ではないのでお間違いなく。
書式は自治体によって違いがありますが、記入事項はおおむね以下の通りです。

  • 遺骨の氏名、住所、本籍、性別、死亡年月日
  • 現在埋葬されている墓所の所在地、名称
  • 申請者の氏名、住所
  • 墓地管理者の署名、捺印

改葬の申請者と墓地の所有者とが異なる場合は、承諾書や委任状など、別の書類作成が必要になる場合があります。
あらかじめ改葬先の自治体にご確認ください。

閉眼供養を行う

お墓やお位牌には魂が宿ると言われていますが、その魂を一時的に抜き、お墓を単なる「物」とすることを閉眼供養(魂抜き)と呼び、一連の墓じまいの流れの中でもおろそかにしてはいけない作業です。

閉眼供養の際にはお布施はお渡しする通例があり、大体1〜5万円程度が相場となっています。
暮石を動かして遺骨を取り出す作業は通常は石材店が行います。
閉眼供養を行う際には寺院や霊園、石材店のスケジュール確保が必要ですので、事前によく話合って日時を決定してください。

墓を解体する

お墓を解体することはもちろん、周りの供養塔やカロート、外柵など、使用している墓所の全てを除去、処分して更地の状態とし、地方自治体や寺院にお返しします。
作業は石材店で行ってくれますが、後で寺院や霊園、隣接するお墓の所有者からクレームが入らないよう、きちんと整地できているかどうか作業の完了後の状態は確認しましょう。

また後に費用のことで揉めることがないよう、担当する石材店に事前に費用見積もりを取り、話し合いで費用を決めることでトラブルを避けましょう。

墓じまいの料金相場

お金

墓じまいの流れの中で費用がかかるものに関して、大体の料金相場について説明致します。

まずは、行政に提出する諸手続き費用。
申請に関しては無料で出来ますが、証明書発行には費用がかかり、自治体によってバラツキがありますが、大体100円〜1000円程度。

次に開眼供養や各種儀式のお布施。相場は1〜5万円。様々な法要と同じ程度の費用です。


離檀料は相場としては10万円まで。
その他お寺との付き合いの程度や格式によって変動しますが、高くても20万円くらいです。

お墓の解体作業は条件によって変わってきますが、1㎡あたり10万円が相場。

最後に、移転先に対する費用ですが、墓地を購入するか、永代供養を選んで合祀を取るかで金額が変わってきますが、5万円〜200万円までと相場にも大きな差があります。

終活ねっとでは、お墓・法事に関する記事を多数掲載しています。
墓じまいの費用についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

墓じまいの代行について

お墓

メリット・デメリット

墓じまいをするには煩雑な行政の手続きや寺院や石材業者との打ち合わせなど、流れの中で、やらなければならないことも多く、時間も取られます。

このように面倒な墓じまいの流れを代行する業者も多数存在しています。
ここでは、代行業者を使う場合のメリット・デメリット、費用の相場などに関して簡単に説明していきます。

メリット

墓じまいの流れでは、業者や寺院との交渉ごとや行政への対応が生じるため、必然的に時間を割かなければなりません。
時間的な制約が省け、交渉も担当してくれる代行業者はありがたい存在です。
以下に流れの中で代行業者を使った場合のメリットを紹介致します。

  • 自分で石材店などの業者を探す手間が省ける。
  • 行政の手続きや、寺院・霊園、石材店とのスケジュールの交渉などをまとめて代行してもらえる。
  • 離檀料などの交渉を代行してもらえるので、法外な請求をされるリスクが軽減される。

デメリット

一連の流れの中で代行業者を使う場合ですが、慈善事業ではなく、あくまでもビジネスですので、当然人件費や経費が発生するのがデメリットです。

  • 自分で全て行うよりも、料金は割高。
  • 数多くの業者があり、選定が難しい。

費用相場

代行業者を使う場合の費用相場は、行政への手続き費用や離檀料、石材店に支払う費用などの実費の他に、5〜10数万円の代行費用がおおむねの目安になっています。

各社それぞれ、代行費用の中に含まれる作業に違いがあったりと、費用も内容も幅があるので、利用する際には確認が必要です。

墓じまいは終活ねっとで

ここまで墓じまいを代行してもらうメリット・デメリットなどについて説明してきました。

実際に墓じまいを代行してもらいたい方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。
面倒な行政手続きからご遺骨の納骨先の手配まで、すべてサポートします。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓じまいの流れまとめ

お墓

いかかがでしたか。

今回のまとめとして、

  • 墓じまいに関して関係する親族と話し合いの機会を持ち、墓じまいしても良いかどうか、意思確認を取ること。
  • 墓じまいを決めたら、その後どのように供養するのか方法を決めること。
  • 改葬元の菩提寺に墓じまいをする意思を伝えること。
  • 菩提寺や石材店と話し合う機会を持ち、かかる費用を決めること。
  • 行政への書類の手続きを行うこと。
  • 閉眼供養やお墓解体は事前に寺院や石材業者と話し合いをし、スケジュールや費用を決めること。
  • 墓じまいの代行をしている業者がある。

など、墓じまいの流れに関して説明致しました。

ご先祖様のお墓を自分たちの都合により移転させてしまうことに後ろめたい気持ちを抱く方もいらっしゃるでしょうが、無縁仏として放置されるより、身近な場所に移転することによって供養の機会が増えることは素晴らしいことです。

墓じまいの流れは手続きの煩雑さや、費用がかかることもあり、納得できる作業を進めるには、寺院などとの信頼関係や良質な業者の選定が重要になってきます。

今回の記事を通じて、どのように流れに沿って墓じまいを行えばスムーズにことが運び、お得になるかを知っていただければ幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは皆様が最適な供養方法を見つけるお手伝いをいたします。
その他の記事も合わせておよみください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓じまい・流れ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓じまい・流れ」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明しますのサムネイル画像

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明します

墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介しますのサムネイル画像

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介します

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓じまい・流れ」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと