墓じまい・改葬時の墓石について解説!撤去費用や撤去後の行き先など

墓じまいのときには、墓石をお墓から撤去しなければなりません。「墓石は重いから撤去するのが大変そう。撤去にすごくお金がかかりそう。」と心配になりますよね。そんな方は必見です。 ここでは、墓じまい時の墓石の撤去費用と撤去後の行き先について詳しく説明します。

目次

  1. 墓じまい時の墓石について
  2. 墓石撤去にかかる費用
  3. 墓じまい後の墓石の行方
  4. 墓石のリサイクル
  5. 墓じまい後に墓石ごと改葬したい場合
  6. 墓じまい時の墓石についてまとめ

墓じまい時の墓石について

お墓

墓じまいをしたいと考えている皆様の中には、以下のような疑問をお持ちの方は多いのでしょうか?

  • 墓石を撤去する際にどれくらいの費用がかかるの?
  • 先祖代々のお墓だから、撤去された後の墓石がどのように処分されるのか気になる。

そんな墓じまいと墓石の疑問に終活ねっとはズバリお答えします。

墓じまい時の墓石の撤去費用と、墓じまい後の墓石の行方について、詳しく説明します。
是非最後までお読みください。

実際に墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓石撤去にかかる費用

お墓

墓じまいするときには普通、お墓から墓石を撤去して、区画を更地にしてからお寺に返還しなければなりません。

当たり前のことですが、墓石は重いので、自分ひとりでは撤去できません。
このため、墓石の撤去・区画整備は、石材店に依頼するのが一般的です。

それでは、墓石の撤去・区画整備には通常、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

石材店に支払う費用

墓じまいする際に石材店に支払う費用は主に、次の2つです。

  • 墓石の撤去・区画整備費用
  • 遺骨の取り出し費用

墓石の撤去・区画整備費用

墓石の撤去・区画整備の際に気を付けなければならないポイントは、次の3点です。

  • 事前に見積もりを石材店にお願いすること
  • 可能であれば、見積もりを複数の石材店からとること
  • 石材店が決まったら、お寺に連絡すること

墓石の撤去・区画整備には、思いのほか費用がかかるのをご存知ですか?
墓石の撤去・区画整備費用は、墓石の大きさや区画の広さによりますが、おおよそ5~100万円の範囲です。

見積もりをとらずに墓石の撤去・区画整備を石材店に依頼して、後で石材店から送られてきた請求書の金額を見て仰天した、というケースが後を絶ちません。

また、墓石の撤去・区画整備費用は、業者によってバラツキがあることが多いです。
可能であれば、複数の石材店に相見積もりを行うのがよいでしょう。

石材店が決まったら、事前にお寺に連絡しましょう。
お寺によっては、お寺に出入りできる石材店が限られている場合があります。

遺骨の取り出し費用

遺骨の取り出し費用はおおよそ、遺骨1体につき1~5万円が相場です。

特に、先祖代々のお墓の場合、多数の遺骨がお墓に納められている場合も多いです。
このような場合、遺骨の取り出しにそれなりの費用がかかる場合もあります。

菩提寺に支払う離檀料

ところで、「離檀料」という言葉を知っていますか?
「離檀料なんて言葉は聞いたことがない。」という方も多いかもしれません。
「離檀料」という言葉は、最近使われるようになってきた言葉だからです。

離檀料とは、檀家をやめる際に菩提寺に納めるお布施のことをいいます。
最近では、墓じまいの際に離檀料を請求するお寺も増えてきました。

離檀料とは、法律で支払うことが決まっているものではありません。
いわゆる「お布施」です。
離檀料は、通常の法要1~3回分が相場であり、通常5~30万円の範囲です。

今までは、檀家が毎年、管理料やお布施をお寺に納めることで、お寺を経済的に支えていました。
少子化による後継者不足により、今後は、お寺を支援する檀家がますます減っていくことが予想されます。

このような事情から、今後の経済的な損失を考えて、墓じまいの際に離檀料を納めるよう檀家にお願いするお寺が増えているのでしょう。

先祖代々、何百年にわたってお世話になってきた菩提寺にあるお墓を墓じまいするケースも少なくありません。
長年、先祖代々を供養して頂いた感謝の気持ちとして、離檀料をお寺に納めることで、墓じまいをスムーズに進めることができる場合も多いです。

閉眼供養に必要な費用

墓じまいが正式に決まったら、一般に、閉眼供養(へいがんくよう)という法要を行います。

閉眼供養は、お墓から先祖の魂を抜くための法要です。
地域によっては魂抜き(たましいぬき)・お性根抜き(おしょうねぬき)とも呼ばれています。

閉眼供養では通常、通常の法要と同様に、お墓にお花やお供え物を供えたうえで、お寺の住職にお経をあげて頂きます。

閉眼供養が決まったら、閉眼供養の日程を家族・親戚に連絡しましょう。
墓じまいする場合、閉眼供養は、このお寺での最後の法要になります。
今まで長い間お世話になったお寺への感謝の意味を込めて、閉眼供養にはできるだけ出席するよう家族や親戚にお願いしましょう。

閉眼供養のお布施は、通常の法要1~3回分が一般的であり、おおむね5~30万円です。

墓じまい後の墓石の行方

困った人々

ところで、墓じまいの後、撤去された墓石はどこに行くのでしょうか?

墓石は、購入する際には100万円以上することも多い、高価な物です。
高価な墓石がお墓から撤去された後、どのように処分されるのか、興味がある方もいらっしゃいますよね。

ここでは、墓石はどのように処分されているかを説明します。

現在、墓石はどのように処分されているのか

現在では、使用済みの墓石は大別して、集められてそのまま供養される場合と、リサイクルされる場合の2通りの方法で処分されているようです。

集められてそのまま供養される場合

使用済みの墓石が集められてそのまま供養されている場合もあります。
魂抜き後の墓石をお寺が敷地の一角に集めて、お寺がまとめて供養していることが多いです。

特に、地方のお寺ではこのように、お寺が魂抜き後の墓石をまとめて供養して頂いている場合が多いようです。

リサイクルされる場合

また、使用済みの墓石が、魂抜き後には通常の石材と同様に、産業廃棄物としてリサイクルされる場合もあります。

近年のリサイクル意識の高まりもあり、最近では、使用済みの墓石がリサイクルされる場合が徐々に増えているようです。

誰が処分を担当するのか

墓石をリサイクルする場合、産業廃棄物収集運搬業の許可業者が処分を行います。
この場合、墓石は「産業廃棄物」として取り扱われます。

通常は、石材店やお寺が、産業廃棄物収集運搬業の許可業者に依頼して、墓じまい後の墓石を「鉱さい」として業者がリサイクル処分します。

近年、使用済みの墓石が全国各地で不法投棄される問題が多発しています。
このため、使用済みの墓石を含め、廃棄物処理に関する国の規制が年々厳しくなっています。

最近では、使用済み墓石の回収からリサイクルまでを一貫して行っている産業廃棄物収集運搬業の許可業者や、使用済み墓石を建築資材(砂利)に加工する業者もあります。

また、墓じまいからリサイクルまで一貫して行う産業廃棄物収集運搬業の許可業者もあります。

先祖代々のお墓として使われた墓石を最後まで丁寧に扱ってほしい方は、墓じまいからリサイクルまで同じ専門業者にお願いするのも一つの方法でしょう。

墓石のリサイクル

お墓

先ほど少し触れました墓石のリサイクルですが、あまり耳慣れない話ですよね。

循環型社会の構築への機運の高まりもあって、最近は、色々な資源についてリサイクルが進んでいます。
お墓も例外ではありません。

これからの時代は、墓石のリサイクルが進んでいくかもしれません。

ところで、現在、墓石のリサイクルはどのように行われているのでしょうか?

そもそも墓石はどこから来るの?

そもそも、墓石はどこで採掘されているのでしょうか?

日本では、墓石として御影石(みかげいし)を使用することがほとんどです。
御影石は硬くて耐久性があることが特徴です。

最近は、墓石は、国産(日本原産)だけでなく、中国、インド、韓国などを原産とする輸入物も使用されています。

国産・外国産のどちらの墓石も、原産地によって色や模様に特徴があります。
石に含まれる微量成分の種類や量によって、異なる色や模様の石になります。

現在、国産の墓石はそれほど供給量は多くありません。
代わりに、中国やインドを原産とする墓石の供給量が多いようです。

新しくお墓を建てるときは、高いお金を払って墓石を購入するのに、墓じまいをするときは、高い処分費用を払って墓石を処分しなければならないのが、現在の日本のお墓事情です。

高価で耐久性に優れた墓石をいとも簡単に廃棄してしまうのはもったいないような気もしますね。

墓石を再利用してもいいのか

墓石には魂が宿るといわれており、使用済みの墓石の再利用なんて罰当たりで考えられないという考え方が主流でした。

このため、従来は、使用済みの墓石は集められてそのまま供養されるか、または、そのまま放置されていることが多かったのです。

一方で、全国各地で使用済みの墓石を不法投棄する問題が多発しています。
このため、使用済みの墓石をリサイクルできないかという要望が徐々に増えているようです。

そもそも、墓石は魂を入れるための入れ物であり、閉眼供養によって故人の魂が抜かれた後は、単なる石材と考えることもあるようです。

また、最近は、資源を有効に利用する意識が進んでいます。
墓石も例外ではありません。

ですので、今後は、きちんと供養を行ったあとであれば、使用済みの墓石をリサイクルしても特段の問題はないという考え方が普及していくかもしれません。

墓石は何にリサイクルされているのか

現在では、墓石は機械で粉砕されて、建築資材に加工されていることが多いようです。

墓石の原料である御影石は硬度が高くて均質な石なので、その特性を活かして、駐車場や寺院などの砂利や、下層路盤材、砕石などの建築資材としてリサイクルされています。

墓じまいした後の墓石をオーダーメイドで砂利や庭石に加工するサービスを行っている業者もあります。
先祖代々が大切にしてきた墓石を砂利や庭石として手元に置くことができるのは嬉しいですね。

墓じまい後に墓石ごと改葬したい場合

お墓

墓じまいをする場合、先祖代々のお墓の墓石をそのまま、改葬先のお墓でも使用したいという方も少なくありません。

先祖代々のお墓で使われてきた、思い入れのある墓石をそのまま使いたいと思うのは、ある意味、当然のことですよね。

では、どのようにすれば、現在のお墓の墓石を改葬先で使用することができるのでしょうか?

墓石の持ち込みが可能か確認する

現在のお墓の墓石をそのまま改葬先のお墓でも使用したい場合は、まず、改葬を希望するお寺(霊園)で墓石の持ち込みが可能かどうか、改葬を希望するお寺(霊園)に確認しましょう。

墓石の持ち込みが認められていないお寺(霊園)は意外と多いのです。

なぜなら、お寺(霊園)が、石材店との協力で成り立っている場合が多いのです。
ですので、お墓を建てる際に墓石を新たに購入しなければならないという決まりがあるお寺(霊園)では、墓石の持ち込みができない場合が多いのです。

なお、新たに墓石を購入しなければならない場合、墓石の購入費用はおおむね50~500万円と幅がありますが、現在、最も多い墓石の価格帯は、100~200万円の範囲です。

つまり、新たに墓石を購入するとなると、かなり高額の費用がかかります。
現在のお墓の墓石をそのまま改葬先で使えるのであれば、費用の節約になりますね。

先祖代々がお墓として長い間使っていた大切な墓石に思い入れがある人も多いと思います。
大切な墓石を改装後もそのまま使用したいと思う方は、改葬後も今までの墓石を使用できるお寺(霊園)を探してみましょう。

改葬の手順と必要な書類

新しいお墓へ墓石ごと改葬する場合の手順は、以下の通りです。

  • 墓石の持ち込みが可能であることを、改葬先のお寺(霊園)に確認する
  • 改葬先のお墓では墓石の加工が必要かどうか、石材店に確認する
  • 墓石の移動について石材店に見積もりをお願いする
  • (墓石の加工が必要であれば、墓石の加工についても石材店に見積もりをお願いする)
  • お墓がある市区町村役場に改葬証明証を発行してもらう
  • (墓石の加工が必要であれば、石材店に墓石の加工をお願いする)
  • 石材店が墓石を改葬先に移動する

改葬に必要な費用の内訳と相場

なお、改葬の際には以下の費用を石材店に支払う必要があります。

  • 墓石の移動費用…おおむね20~50万円(移動距離による)
  • (墓石の加工費用…おおむね10~50万円)
  • 遺骨の移動費用…遺骨の数と移動距離による
  • 納骨費用…遺骨1体につき1~5万円

終活ねっとでは、墓じまいの相談を承っております。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ終活ねっとの墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓じまい時の墓石についてまとめ

お墓

いかがでしたか?
墓じまい時には、墓石の撤去費用がある程度かかることを念頭に入れておきましょう。

墓じまい時の墓石の撤去費用と墓石の行方について、以下にまとめます。

  • 墓石撤去・区画整備を行う前に、事前に見積もりを石材店に依頼する
  • 墓石撤去・区画整備にかかる費用は、おおよそ5~100万円である
  • 墓石撤去・区画整備をする石材店が決まったら、お寺に連絡する
  • 離檀料は、おおよそ5~30万円が相場である
  • 墓石撤去後の墓石は、そのまま供養される場合とリサイクルされる場合がある
  • 墓石がそのまま供養される場合、寺院の一角に集められて供養されている
  • 墓石がリサイクルされる場合、墓石は建築資材に加工されている
  • 墓じまい後に墓石ごと改葬したい場合は、墓石ごとの改葬が可能かどうか、改葬を希望するお寺(霊園)に必ず確認する

この記事が、貴方に相応しい墓じまいの手助けになると幸いです。
最後までお読みくださいましてありがとうございました。

終活ねっとでは皆様がお墓のことで悩まないように応援いたします。
そのほかにも様々なお墓に関する記事を用意しておりますので、是非あわせてお読みください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓じまい・墓石」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓じまい・墓石」についてさらに知りたい方へ

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説のサムネイル画像

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説

墓石の処分の仕方を学んで、墓じまいや改葬の時に困らないようにのサムネイル画像

墓石の処分の仕方を学んで、墓じまいや改葬の時に困らないように

墓石のリサイクル?墓地から撤去された墓石はどこにいくのか!のサムネイル画像

墓石のリサイクル?墓地から撤去された墓石はどこにいくのか!

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説しますのサムネイル画像

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説します

墓地・霊園での墓石の撤去費用について内訳・相場を解説しますのサムネイル画像

墓地・霊園での墓石の撤去費用について内訳・相場を解説します

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめましたのサムネイル画像

墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめました

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!のサムネイル画像

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

墓石の値段の平均はどれくらい?値段が決まる要因とともに解説!のサムネイル画像

墓石の値段の平均はどれくらい?値段が決まる要因とともに解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓じまい・墓石」についてさらに知りたい方へ

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説のサムネイル画像

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説

墓石の処分の仕方を学んで、墓じまいや改葬の時に困らないようにのサムネイル画像

墓石の処分の仕方を学んで、墓じまいや改葬の時に困らないように

墓石のリサイクル?墓地から撤去された墓石はどこにいくのか!のサムネイル画像

墓石のリサイクル?墓地から撤去された墓石はどこにいくのか!

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説しますのサムネイル画像

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説します

墓地・霊園での墓石の撤去費用について内訳・相場を解説しますのサムネイル画像

墓地・霊園での墓石の撤去費用について内訳・相場を解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと