お墓の名義はどうなっているの?誰でも名義人になれる?手続きは?

お墓の名義について考えたことはありますか?先祖代々受け継がれてきたお墓や自分の代で建てるお墓。お墓にもいろいろありますが、その名義はいったいどうなっているのでしょうか?そしてその名義はどのような手続きを経て引き継がれていくのでしょうか?

目次

  1. お墓の名義について
  2. そもそもお墓の名義とは
  3. 相続の時お墓の名義はどうしたらいいのか
  4. お墓の名義を変更したい場合
  5. お墓の名義・まとめ

お墓の名義について

お墓

家や土地と同じようにお墓にも名義があります。
お墓は代々長男が引き継ぐもの。漠然とそのようなイメージが強いかもしれません。

しかし、お墓は必ずしも長男が引き継ぐものではないのです。

将来、あなたがお墓を引き継ぐ承継人になるかもしれません。
または、あなた名義のお墓をいずれ誰かに引き継ぐ場合もあるでしょう。

最近では、ライフスタイルの変化からお墓の後継者になりたくないと考える人も少なくありません。
自分がどのお墓に入るのか。そしてそのお墓は誰が守ってくれるのか。

お墓の名義について知っておくことで、先祖代々のお墓を絶やすことなく
安心して将来へ引き継ぐための一つの手段になるかもしれません。

では、いったいどのようにお墓の後継者は決められ、引き継がれていくのでしょうか?

今回終活ねっとでは

  • お墓の名義とは
  • 誰でも名義人になれる?
  • 相続時のお墓の名義について
  • お墓の名義変更に必要なもの
  • 名義変更にかかる費用

などについて詳しく解説していきます。どうぞ最後までお読みください。

全国の霊園を比較したい方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

そもそもお墓の名義とは

お墓

お墓の名義とは、簡単に言うとそのお墓の所有者のことです。

家や土地に名義があるように、お墓にもお墓が一体誰のものなのかを示す名義が存在します。

お墓は先祖を祀るための祭祀財産であり、代々引き継いでいくもの(承継)という習慣・仕組みから、お墓を管理していた人(祭祀主宰者)が亡くなった場合にはお墓の名義変更が必要となります。

法的な手続きや責任はありませんが、お墓の管理上名義変更を必ず行わなければなりません。

お墓の名義人になるということは、お墓の承継者となることでもあります。
お墓に関わる一切の責任を負うのが名義人です。

家や土地の名義人と違う点は、お墓は一般相続の対象にはなりません。

お墓は土地を購入するのではなく、永久的な使用権を購入するという考え方から、お墓の名義人となっても固定資産税などの税金を支払う必要はなく、相続税の対象にもなりません。

誰でもお墓の名義人になれるの?

では、誰がお墓の名義人となれるのでしょうか

お墓の名義人に関して、法的に細かく規定されたルールはありません

確かに以前は家督相続制度による長男の承継が主であったため、今でもその流れを受け継いでいる傾向はあります。
ですが実際には、男・女・親戚・他人など関係なくお墓の名義人になることが可能です。

たとえば、結婚して姓の変わった娘が自身の実家のお墓の名義人になったり、後継者がいない場合は友人や知人にお墓の名義人になってもらうことも可能なのです。

民法第897条では、以下のように規定されています。

  • 系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
  • 前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

墓地によっては、親族でないと墓を承継できず親族以外の名義変更を認めない場合も多く、お墓を承継する名義人には子供や配偶者などの家族が選ばれる場合が一般的ではあります。

しかし多様化する近代において先祖代々の土地に住み続け、生活するといった習慣も薄れてきました。

実際にお墓の承継者が、遠方や海外に住みお墓の管理を続けることが難しい場合も少なくありません。
本来お墓を受け継ぐべき人が、お墓の継承を望まないといった事例が増えたのは近代の核家族化を始め、このような背景があります。

お墓の承継者がいない場合、お墓は荒廃し無縁墓となります。
墓地の判断により、一定の手続きを経て更地に戻されることもあります。

先祖代々の墓を自分の代で終わらせたくないと願う人も多いでしょう。
遺言状などで前祭祀主宰者からの指示があり家族や親族の同意があれば、たとえ血の繋がりがなくてもお墓の名義人になることが可能です。

お墓を引き継ぎたいと思う気持ちを持つ人がいれば、誰でもお墓を承継することはできるのです。

名義人の優先順位

人々

お墓の名義人になるにはどのような優先順位があるのでしょうか。

  • 前名義人の遺書による指示・または生前の口頭による指示
  • 家族・親族間での話し合いでの決定
  • その地域や代々の風習・習慣に従う
  • 家庭裁判所での調停による裁判で決定

最も優先されるのは故人の遺志です。
故人が墓を誰に承継してほしいか伝えていれば、たとえ口頭であっても最優先となります。

故人の遺書などで承継者の指示がなくて家族で話し合いを行っても承継者が決まらない場合など、どうしても次の名義人を決められない場合は、家庭裁判所が間に入り承継者を決めてもらう方法もあります。

これはあくまで最終手段になります。
家庭裁判所では、前名義人との関係や適性・意志などを総合的に考慮して決定されます。

お墓の承継者に指定された人は、それを拒否したり辞退することはできないとされています。
承継者の決定に同意した親族もまた、後からその同意を放棄することができません。

できれば後々のトラブルを防ぐためにも、家族・親族間の話し合いの中でお互いの同意をもって承継者を決めることができるといいですね。

お墓の名義人の役割

何かの名義人になるということは、それだけでとても大きな責任を背負うような感覚がありますが、実際にお墓の名義人となった場合はどのような役割や権利が発生するのでしょうか。

それについてまとめてみました。

  • お墓や祭具の管理維持にかかわる費用を支払う
  • 各法要を営み、お彼岸・お盆・命日などの墓参りを行う
  • お墓の掃除や仏花を供えるなどお墓の管理をする
  • お寺の檀家となったり、墓地の管理者との関係を保つ
  • 改装やお墓についての全ての決定権を持つ
  • 次の祭祀主宰者を決める
  • 祭祀財産を処分する権利も有する

お墓の管理・維持・法要などは、あくまで役割であって義務ではないとされています。

遠方に住んでいる場合など、上記の役割を全て名義人がこなすのは負担が大きい場合もあります。

お墓の名義人は一人ですが、その費用や管理は家族で分担するなど、事前に話し合って、それぞれの役割を決めておくことも重要と言えるでしょう。

またお墓を将来的に維持していくことが厳しいと判断した場合には
そのお墓の行方を決めることができるのも名義人の権利と言えます。

生前に書き換えることはできるのか

生前に名義を書き換えることは「生前承継」と言われています。

基本的に、現在の名義人が生きている間に墓地の譲渡を行うという考え方は法律で認められていません

そのため「生前承継」と「墓地の譲渡」の区別があいまいになってしまう可能性を防ぐために生前の名義の書き換えを禁止している墓地が多いのが実状です。

墓の名義人の変更は、現在の名義人が亡くなってから行われるのが一般的です。

ただし、名義人が外国に帰化・離婚や離縁・配偶者の死亡・養子縁組による氏の変更・高齢・疾患などどうしても祭祀を行うことができないいくつかの理由によっては例外とされ、あくまで墓地の管理上の対応として、条件付きで認められている事例もあります。

生前承継を行う場合は、承継される側と承継する側が完全に同意していることが大前提です。

相続の時お墓の名義はどうしたらいいのか

お墓

お墓は、祭具(仏壇・位牌・仏具)や系譜(家系図)などと一緒に総称として祭祀財産と呼ばれます。

祭祀財産は、いわゆる一般的な相続財産とは別物として民法で規定されています。

お墓の承継は遺産相続・遺産分割とは異なる問題として扱われるため、遺産を相続する人が一緒にお墓を承継するという決まりはなく、逆に遺産の相続放棄をした人がお墓だけは承継するといったことも可能です。

基本的には、相続財産と一緒に先祖代々のお墓も引き継いで名義変更を行うことが一般的です。

では、実際に相続の際のお墓の名義はどのようにしたらよいのでしょうか。

納骨の前に承継人を選ぶ

納骨の手続き等を行う前に、まずはその責任者である承継人を決める必要があります。

通常は、お墓の承継人である祭祀主宰者が葬儀の喪主となる場合が多く、長男や配偶者が承継人として選ばれることが一般的です。

しかし前述のとおり、承継人には誰でもなることができます。

先祖代々守ってきたお墓を将来へ承継するためには、滞りなく祭祀を執り行うことができ、先祖を大切にする人物が、家族同意のもとでお墓の承継人に選ばれることが理想的ですね。

承継・名義変更の申請

承継人が決まったら実際にお墓の名義変更を行う手続きを開始することができます。

自治体経営の墓地でも役所に死亡届を出したからといって、自動的に墓の名義が引き継がれることはありません。
墓地によっては名義人変更の届けに一定の期限を定めている場合もあります。

承継人が決まったら墓地に名義変更の旨を伝え、管理者の指示に従い速やかに名義変更の申請をしましょう。

トラブルを防ぐためにも、きちんと家族や親族の同意を得た上で名義変更理由や前祭祀主宰者との関係を明確にしておきましょう。

お墓の名義を変更したい場合

お墓

お墓の名義変更の手続きは墓地・霊園の管理者に対して行います。
自治体が運営している墓地の場合は、役所へ届けを出すことになります。

それではお墓を承継するにあたって、手続きに必要なもの負担する費用がどれくらいかかるのかを見ていきましょう。

お墓の名義変更に必要なもの

お墓の名義変更は承継者や承継理由の違い、また墓地の違いによって必要な書類が異なります。
墓地使用者の名義変更を依頼する書類のほかに、合わせて提出する書類がいくつかあります。

遺言書に承継者の指定があれば、その内容が正確に分かる原本やコピーが必要になります。
血の繋がらない承継者の場合、家族の同意書や協議成立の確認書なども必要になります。

ここでは、共通して必要なものをまとめてみました。

名義変更届

名義変更届とは墓地使用者の名義を変更する届です。
墓地指定の様式が多く、前名義人と次名義人の住所や氏名、名義変更理由などを示す書類です。

墓地の管理者から入手することができます。

権利証

権利証とはお墓を買う際にその使用権を取得した証明となるもので、「永代使用証書」や「墓地使用証書」とも呼ばれます。

お墓を購入した際にちゃんと保管しておくべきものです。
紛失した場合は、墓地の管理者へ相談すれば再交付してもらえます。

故人の除籍・戸籍謄本

お墓の承継は名義人の死亡後に行うことが一般的のため、その死亡と除籍を証明し、承継者との関係を示すものである除籍謄本が必要になります。
戸籍のある本籍地の役所で取得できます。

印鑑証明書

お墓の承継を行うことは、お墓に対しての全責任を持つことでもあります。
印鑑証明書はその意思の正当性・信頼性を証明するための書類です。

居住区で印鑑登録を行っていれば役所で取得することができます。
印鑑証明と一緒に、墓地によっては実印を求められる場合もあります。

承継人の戸籍謄本

戸籍謄本は現在の名義人と承継者の関係を示し、承継者の身分を証明するものです。
戸籍のある本籍地で取得できます。

お墓の名義変更に費用はかかるのか

名義変更にかかる費用は、墓地によって違いがあります。

基本的な名義変更であれば数千円程度で済むことがほとんどです。
公営の墓地であれば費用のかからない場合もあります。
書類の紛失などで再発行が必要な場合でも、1万円程度と費用がかさむことはあまりないようです。

お墓の管理費が未納であった場合などは、名義変更の際に支払いを求められることがあります。
また寺院墓地の場合は名義変更にかかる費用を寄付金と呼び、お布施などと一緒に別途費用がかかる場合もあります。

名義変更費用の他に必要な費用がないか、墓地の管理者へ事前に確認しておきましょう。

お墓の名義・まとめ

お墓

お墓の名義について詳しく解説してきましたがいかがでしたか?

今回終活ねっとでは

  • お墓の名義人には誰でもなることができる
  • 名義人には故人の遺志が最優先される
  • 名義人がそのお墓の一切の責任を負う
  • お墓の名義人になっても税金はかからない
  • 名義変更は承継者が決まったら迅速に行う
  • 名義変更に必要な書類
  • 名義変更には大きな費用はかからない

などがわかりました。

墓の名義人は故人の遺志が最優先されるので、残された家族がトラブルにならないためにも、お墓の承継者を常々考えて意志表示しておくことが大切ですね。

名義変更と聞くと何となく重々しい法的な手続きが必要な気がしますが、お墓の名義変更には法的な責任はなく、墓地管理上の手続きだけでお墓の承継を行うことができると分かれば少し肩の荷がおりますね。

書類上だけの承継者ではなく、故人を想い先祖を大事にする名義人でありたいものです。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・名義」に関連する記事

「お墓・名義」についてさらに知りたい方へ

  • お墓の名義変更っていくらかかるの?費用相場や手続きについて解説のサムネイル画像

    お墓の名義変更っていくらかかるの?費用相場や手続きについて解説

    お墓も代替わりがあります。お墓を承継するときに、本当は誰が承継すると良いのでしょうか。そのときの名義変更はいくらかかるのでしょうか。名義変更するときに慌てないように費用相場や手続きについて知っておきましょう。今回はお墓の名義変更費用や手続きについて説明します。

  • 墓地・霊園の名義変更の流れや費用について解説しますのサムネイル画像

    墓地・霊園の名義変更の流れや費用について解説します

    高齢化が進む現在では、今までのようなお墓の維持管理は難しくなったという話を耳にします。墓地・霊園では契約した本人からお墓の承継者に名義変更をすることが可能です。今回は墓地・霊園の名義変更について、手続きの流れと費用を詳しく見ていきます。

  • お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

    お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

    お墓の相続はどうしたらよいのでしょうか。 お墓の相続については、手続きや内容が複雑でどこからどのように手をつけたらよいのかと、悩まれる方も多いと思います。 お墓の相続について、お墓の相続権は誰にあるのか、手続き・費用から相続放棄までの全てを分かりやすく解説します。

  • 都立霊園の名義変更はどうやればいい?手順や注意点もご紹介!のサムネイル画像

    都立霊園の名義変更はどうやればいい?手順や注意点もご紹介!

    都立霊園を使用している名義人が亡くなったり、祭祀の主宰を続けられなくなったとき、お墓の名義変更を行うことができます。複雑で提出書類が多い都立霊園の名義変更を、承継者のパターンでわけて各々の手順や注意点を解説します。

  • 墓地・霊園を相続する際の方法や疑問点について解説します!のサムネイル画像

    墓地・霊園を相続する際の方法や疑問点について解説します!

    財産相続の話はよく耳にしますが、墓地・霊園の相続に関しては、あまり聞きませんよね? 財産相続とお墓の相続は、全く別のものなのです。 では、お墓を相続する場合、どうすれば良いのでしょうか? 今回は、墓地・霊園の相続について疑問点を解説します。 ぜひ最後までご覧ください。

  • お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

    お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

    多くの方にとって、お墓とはご先祖様の眠る場であり、ご先祖様を祀る場であると考えられています。しかし、その一方でお墓そのものが財産でもあります。はたして財産としてのお墓はどのような性格を持っており、それをうまく引き継いでいくにはどうすればよいのでしょうか?

  • お墓の相続をする前に知っておきたい大切なことのサムネイル画像

    お墓の相続をする前に知っておきたい大切なこと

    都市部への人口集中などで古いお墓の管理が難しくなっている近年、お墓を相続する際の注意点や相続の方法、さらにお墓を相続しないという選択について解説します。

  • お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!のサムネイル画像

    お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

    お墓の継承とはどういうことでしょうか。 誰が引き継ぐべきものか、手続きや費用・税金がどうなるか、などよく分からず、自分がお墓を引き継いでよいものかと、悩まれる方も多いと思います。 そこでこの終活ねっとでは、お墓の継承者や手続き・費用・税金などについて、解説します。

  • 兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

    兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説します

    お墓のことは意外と分からないものです。 お墓は普通子供が引き継ぎますが、子供がいないときなどはどうすべきなのでしょうか。 故人の兄弟が引き継ぐことが考えられますが、規則や費用面などの問題はないのか心配ですね。 兄弟間でお墓の承継を考える場合の問題について解説します。

  • お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?のサムネイル画像

    お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?

    お墓を継承することになったけれど費用はどれくらいかかるのか、よく分からないと心配ですね。当面必要な費用や先々必要になる費用はどんなものがあるか、意外と分からない方も多いと思います。お墓を継承する際に必要な費用の内容やどのくらいかかるのか手続きも含め解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・名義」についてさらに知りたい方へ

お墓の名義変更っていくらかかるの?費用相場や手続きについて解説のサムネイル画像

お墓の名義変更っていくらかかるの?費用相場や手続きについて解説

墓地・霊園の名義変更の流れや費用について解説しますのサムネイル画像

墓地・霊園の名義変更の流れや費用について解説します

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

都立霊園の名義変更はどうやればいい?手順や注意点もご紹介!のサムネイル画像

都立霊園の名義変更はどうやればいい?手順や注意点もご紹介!

墓地・霊園を相続する際の方法や疑問点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園を相続する際の方法や疑問点について解説します!

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なことのサムネイル画像

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なこと

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!のサムネイル画像

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説します

お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?のサムネイル画像

お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと