お墓の魂抜き・閉眼供養について。意味・相場・手順を紹介!

魂抜き、という言葉をご存知でしょうか?お墓を改葬したり墓じまいをする時に必ず聞かれるこの言葉、普段はあまり耳にすることがありません。今回は、知っておくと役に立つ、お墓の魂抜きとその内容について、一緒に学んでいきましょう。

目次

  1. お墓の魂抜きについて
  2. お墓の魂抜きとは
  3. お墓の魂抜きにかかる費用・相場
  4. お墓の魂抜き・墓じまいまでの手順
  5. お墓の魂抜きまとめ

お墓の魂抜きについて

お墓

お墓の魂抜きという言葉を聞いても、それがどのようなものなのかをすぐに説明するのは難しいですよね。
少子高齢化が進む現代において、守っているお墓についてどうしたらいいのか頭を悩ませる人達が急増しています。

自分達が亡くなった後、お墓を守る人達がいないから墓じまいをしたい。
お墓は守りたいが住んでいる場所から遠いので、お墓を移動したい。
このような理由から今あるお墓を手放す時に、行われる法要のことを魂抜きといいます。

では、この魂抜きという法要は具体的にどのようにして行われるのでしょうか?
今回終活ねっとでは、

  • お墓の魂抜きとその意味について
  • 魂抜きの内容とその相場
  • 墓じまいや改葬をする時の手順

という点を軸にして、お話していきたいと思います。

魂抜きした後にお墓を新しく建てる場合は以下をご利用ください。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

お墓の魂抜きとは

困った人々

魂抜きはお墓に関する法要であるということは分かっていても、どのような意味でどのような時に行うのかを知る機会はなかなかありませんよね。

まずは魂抜きという法要の意味と、それを行わなければならないタイミングについて学んでみましょう。

魂抜き・閉眼供養の意味

魂抜きは、「たまぬき」「こんぬき」「たましいぬき」と呼び方が地域によって少しずつ異なります。
閉眼供養、お性根抜き(おしょうこんぬき)という呼び方をなさる方もいらっしゃいますが、名前が異なるだけでその内容と意味は同じです。

真宗系以外の仏教では、お墓やお仏壇には故人の魂が宿ると考えられています。
いわばお墓は、そこに眠る人達の体のようなものです。
魂が宿ったままのお墓に大きな変化を与えるのは、大変失礼にあたります。
ですので、お墓を空にするために魂を抜くという意味で、魂抜きを行うのです。

魂抜きはどういうときにやるのか

気持ちよく眠っていたのに、いきなり揺さぶられて抱え上げられたら、びっくりして叫んだり眠くて不機嫌になりますよね?
魂が宿ったままのお墓からご遺骨を取り出したり墓石を動かす行為は、これと同じなのです。

何か大きくお墓に変化を与えなければいけない時、墓という体に宿った魂にお願いをしてそのお墓から出て頂き、お墓をただの石にしなければいけません。
お墓という認識から石へと変える為、魂にお願いをして出て頂けるよう行われる法要が魂抜きです。

お墓を完全に撤去する墓じまいや改葬、お墓を綺麗にするためのリフォームなど、元の墓石を大きく動かしたり完全に壊してしまう時に魂抜きは行われます。

墓じまい・改葬

墓じまい改葬は、共に現在お守りするお墓を壊して完全に無くすという点では一緒なのですが、その後の御供養の形が変わってきます。
簡単に言うと、

  • 墓じまいはお守りするお墓をいったんなくすことが目的
  • 改葬はお守りするお墓を別の場所に引っ越しすることが目的

という違いがあります。

お墓に宿る魂を抜いてご遺骨を取り出しお墓を壊す、というところまでは一緒なので混同しやすいのですが、目的の違いがその後の手続きと御供養の違いへ繋がりますのでご注意ください。

墓のリフォーム

何代も受け継がれているお墓は、どうしても自然に墓石が侵食されたり、時には地盤沈下による歪みが出てきてしまいます。
これらを綺麗にするために行われるのがお墓のリフォームで、具体的には次のような例が挙げられます。

  • 墓石を解体してからの磨き直し
  • お墓の建て替え
  • 地盤沈下によるお墓の傾きの改善

お墓参りの度に念入りにお掃除なさる方は多いと思いますが、それでも落としきれない苔やくすみは石材店などの専門業者にお願いすることになります。
またお墓自体の歪みやズレは、個人的に直すのは大変危険です。

このようにお墓そのものに大きく手を加えて綺麗にする時にも、魂抜きをする必要があります。

お墓の魂抜きにかかる費用・相場

お墓

仏事に関する事でなかなか人に尋ねにくいのは、費用の件ではないでしょうか。
魂抜きのように人生のうちで滅多に携わることのない内容だと、経験している人が少ない分余計に相談できないものですよね。

ここでは、

  • 魂抜きの法要でお渡ししているお布施の平均的な金額とその決め方
  • 石材店で請け負って貰える仕事内容と費用の相場

という二つの点についてみてみましょう。

お布施

お布施とは御供養をして下さる僧侶に対し、感謝の気持ちを表すもののことです。
その昔「お勤めをして下さった僧侶の着ている衣服が古かったので、お礼として布を施していた」ことが由来と言われています。

勿論、現代ではお金を包んでお布施をお渡ししています。
お布施は、仏事に関するお仕事をして頂くために支払う報酬ではありません。
お礼のお気持ちを形にした寄付という位置づけになります。
お布施の相談をした時に「お気持ちで」という言葉が出て来るのはその為です。

しかし、いくらお気持ちでと言われても、相手に失礼のない金額をお渡ししたいと思う気持ちはどなたにもありますよね。
お布施料として考えられる一般的な金額を調べてみたのですが、2万円〜5万円が一番多いようです。

但し、古くからお付き合いをしていたお寺にお願いしたので、10万円前後のお布施をお渡ししたという方もいらっしゃいます。

一口に魂抜きといっても、それを行う目的や地域の慣習によって金額が異なる為、どうしても幅が出てしまうようです。
もし誰にも相談出来ず、相談しても金額がはっきりしないという場合には、以下の点に注目してみて下さい。

  • 魂抜きをするお墓が寺院の敷地内ではなく離れた場所にある
  • 魂抜き法要としてお食事会を開く予定がある
  • お寺とのお付き合いが長い
  • 昔からの慣習がある

魂抜きをお願いする時、どのような形でお願いするかというのも金額を決める目安になります。
もしご法要お願いするお墓がお寺から遠く、お坊様にお墓まで出向いて頂くのであればお車料を、その後に食事会を予定されているのであれば、お食事の代わりにお膳料といったものも別にご用意して、お布施料と一緒にお渡ししましょう。

先祖代々からお世話になっているお寺のお坊様にお願いする時には、それまでお世話になったという感謝のお気持ちを上乗せしてお布施料を考えるのも大事です。

地域によってはお寺との付き合い方や、檀家さん同士の取り決めなどがある場合もあります。
まずは法要をお願いするお寺のお坊様とよく話し合って意思の疎通を行い、その話の中でさりげなく他の檀家さんがお渡ししている平均的なお布施料を伺ってみましょう。

もしこの一連の流れをご自身で行うことが難しい、お金のことだからどうしても躊躇する、ということであれば、墓じまいや改葬に関する相談を受け付けてくれる業者もございますので、専門家のアドバイスを受けましょう。

石材店へ支払う費用

墓じまいや改葬をする場合、お墓は更地にしてお返ししなければなりません。
このお仕事をお願いするのが石材店です。
石材店にお願いする仕事の内容は、基本的に墓石等の解体と撤去、その後の整地になります。
お値段の決め方の多くは、1平方メートルにつき幾ら、という土地面積を元にしたものです。
平均的な金額を挙げると、一平方メートルにつき5万円〜10万円で、重機などが入りにくく作業に手間が掛かる場合は、これに金額がプラスされていきます。

撤去するお墓の面積ではなく、お墓一基につき幾ら、という値段の決め方をする業者もあります。
その場合の費用の平均はおよそ20万円前後で、こちらの場合も作業の内容により別途費用がかかることがあります。

石材店に頼める仕事の内容は、墓石の解体や撤去だけではありません。
墓じまいや改葬にまつわる全ての工程を相談出来る石材店も多数存在しています。
基本的なお墓の解体撤去作業は勿論のこと、お墓の魂抜き法要を取り仕切ってくれたり、一連の作業に関わる行政手続きを代行してくれるなど、お墓について悩んでいる人には大変頼りになります。
その場合は工事費に加えて代行料等がプラスされ、平均して30万円前後〜が相場となっているようです。

無料のお見積もりやご相談を受け付けている石材店も多数ありますので、まずは気軽に各石材店にご連絡をしてみるのも良いかも知れません。

お墓の魂抜き・墓じまいまでの手順

お墓

墓じまいや改葬について、具体的に一連の手順がイメージできると見通しが立ちやすくなります。
ここでは実際に行われる行政手続きまで含めた、墓じまい改葬に関わる様々な手順をみていきたいと思います。

受入証明書の発行

受入証明書とは、お墓から取り出したご遺骨を納める為に必要な書類です。
引っ越した先の学校に転校するための手続き書類、というイメージが一番近いと思います。

まずは移転先の受け入れをしてくれる墓地を決めましょう。
墓地が決まったら、その墓地の管理者から受入証明書を発行して貰わなければなりません。
管理者が指定する申請書に必要事項を記入して提出し、受入証明書を発行して貰いましょう。

埋葬証明書の発行

埋葬証明書は、もともとお墓のある墓地から発行して貰います。
こちらの方は決まった形式はないのですが、

  • 墓地の使用者の署名と捺印
  • 墓地の管理者の署名と捺印
  • ご遺骨のお名前
  • 証明書の発行年月日

以上の4点が必ず必要となりますので、埋葬証明書を受け取った際には必ず確認して下さい。

改葬許可証の発行

改葬許可証は、もともとの墓地のある市町村役場にて発行して貰います。
発行を申請するには、「改葬許可申請書」「受入証明書」「埋葬証明書」の三つが揃ってなければいけません。
改葬許可申請書は、お墓に納骨していたご遺骨それぞれにつき一枚必要となります。
もしお墓に3体のご遺骨がある場合は、改葬許可申請書も三枚用意しなければならないのです。

もし改葬を申請する者と実際に墓地を使用していた者(お墓の権利者)が異なる時には、墓地使用者から改葬を承諾しているという内容が記載された「改葬承諾書」を書いて貰う必要があります。
例えば、高齢の父親が墓地使用者でその息子が改葬許可申請書を出す場合、息子はまず父親に「改葬承諾書」を書いて貰い、それを持って役所に提出するのです。

少し難しくなりましたが、ここで一度整理をしますと、

  • まずお墓を移転する先の墓地を決める。
  • 移転先が決まったらその墓地の管理者に受入証明書を発行して貰う。
  • 次に現在使用している墓地から埋葬証明書を発行して貰う。
  • 現在のお墓の使用者(権利者)が誰になっているかを確認。
  • 使用者と申請者が同じであれば、受入証明書、埋葬証明書と一緒に改葬許可証申請書を現在のお墓のある市町村役場へ提出。この時、お墓のご遺骨が何体かを確認して、改葬許可申請書を必要な枚数分用意する。
  • 使用者と申請者が違う場合は、現在の使用者に改葬承諾書を書いて貰い、それも一緒に提出する。

というのが大まかな流れになります。

なお、各市町村により書類に記載しなければならない内容が異なることがありますので、必ず記載事項を発行する役所へ問い合わせるようにして下さい。

石材店への相談

一連の行政手続きをご自分で済ませた場合は、お墓の解体や整地、移転先でのお墓の建立などがご相談内容のメインとなります。
石材店にどの作業をお願いしたいのか、お値段はどのくらいなのか、予約する日取りなどを相談してみましょう。
相談する前にある程度の要望をまとめておくと、スムーズに説明することが出来ます。

石材店によっては、行政手続きから最後まで一手に引き受けて貰えるところもあります。
手続きは自分達で出来るものではあるのですが、特に先祖代々のお墓だと個人ではどうにもならない場合も出てきます。
墓じまいや改葬をお考えの時には、まずお墓の名義や状態を調べてからご自身でどこまで出来るかを判断してみてましょう。

各石材店によってサービスは異なりますし、そのお値段もそれぞれ違いますので、まずは無料相談や無料のお見積もりなどから情報を集め、どの業者がご自分達の希望に一番合うかを調べてみて下さい。

寺院への相談

大切なお墓を守り続けて下さった寺院へ相談する事は、欠かしてはならない礼儀です。
墓じまいや改葬の時には必ず事前にご相談に伺い、その意思と理由を丁寧にお伝えましょう。

寺院の敷地内に墓地がある場合、ご協力がなければお墓の解体作業は出来ませんので、後の作業をスムーズに行う為にもご協力とご理解を得るようにしましょう。

お供え物

お供え物をする意味は様々です。
静かに眠っていた魂を起こしてしまうことへの謝罪、長くお墓を守って頂いた土地への御礼等、魂抜きという法要を通して、万象全てのものへ感謝を込めてお供えをします。

一般的にお供えされるものとしては、

  • お花
  • お線香
  • ろうそく
  • お菓子
  • 果物
  • お酒
  • ご霊膳供(小さなお椀に盛られた食べ物をお膳に用意したもの)

というものが多いのですが、これだけのものを並べるだけのスペースがない場合には、この中から出来る限り揃えてお供えするようです。
もし事前の話し合いで、法要するお坊様よりこれは絶対にというご指示があった場合は、それに沿ってお供え物を用意をしましょう。

宗派によっては、お供え物を並べる時に守らなければならない順番や、どのように並べるかという様式もありますので、しっかり確認してからお供えをして下さい。

法要が終わったら、指示がない限りはお供え物は持ち帰ります。
これはお墓のお供え物を動物に荒らされない為のマナーです。
今までお世話になった墓地のご迷惑にならないよう心掛けましょう。

お供え物に関してわからないことがあったら、寺院に相談してみましょう。

服装

魂抜きの法要は弔事になりますので、服装喪服を着用するようにして下さい。
法要の後すぐ解体作業に入る場合は、そのまま喪服で墓じまいの作業を行うことになります。

日を改めて墓じまいや改葬に取り掛かる時には、お集まり頂くご親戚が多ければ喪服、ご家族だけで作業を見届ける場合は平服でも良いというのが一般的です。

しかし、解体するお墓の場所によっては喪服だと動き難いこともありますので、皆さんで相談した上で服装をあらかじめ決めておくと良いでしょう。

服装に関してわからないことがあれば、住職の方に聞いてみましょう

お墓の解体費用の支払い

お墓の解体と整地の作業が終わりましたら、解体をしてくれた業者への支払いとなります。
基本的には作業の後のお支払いになりますが、いつどのようにして支払うのかは業者により異なりますので、石材店に相談する際に確認なさって下さい。

お布施・離檀料の支払い

魂抜きの法要の後、感謝の気持ちを込めてお布施をお渡しします。
離檀料は長年にわたりお墓を守って下さったお寺の檀家から離れるにあたり、これまでの御礼の意味合いでお渡しするものです。

しかし、今この離檀料を巡ってトラブルが起こっています。
寺院の側から見ると、檀家が減るということはそれだけ「収入が減る」ということに繋がります。
それを良しとしないご住職が何百万という離檀料の支払いを請求し、実際に裁判にまで発展したケースもあるのです。

法的には離檀料のお支払いは断っても問題はないとする意見もあるのですが、お世話になったからこそ離檀料をお渡しして御礼にするというのも立派な考えです。
寺院との相談で決めてお渡ししたという離檀料の相場は、10万円〜20万円前後が多いようです。
離断料があらかじめ決められている寺院もあります。

まずはお付き合いのある寺院に相談してみましょう。
もし納得がいかない場合は、行政書士などの専門家にご相談してみて下さい。

遺骨を取り出す

魂抜きの法要が終わりましたら、お墓からご遺骨を取り出します
この際、お墓の状況によってはご遺骨を取り出すのが危険な場合もあります。

無理にご自分達で取り出そうとして骨壷を割ってしまったり、思わぬ怪我をすることもありますので、無理はせず石材店の方にお願いしましょう

改葬先に改葬許可証を提出

改葬先とは、次にご遺骨を納める場所になります。
ご遺骨の次の行き先が決まっていなければ手続きは出来ません。

墓じまいや改葬に関して動く時には、まず一番最初にご遺骨を納める新しいお墓の場所を探すことから始めましょう。
あらかじめ決めておいた改葬先に改葬許可証を提出して、取り出したご遺骨を移動しましょう。

魂入れ・開眼供養

新しく建立されたお墓は、そのままではただの石です。
魂入れ開眼供養と呼ばれる法要を行うことでその石には魂が宿り、そこで初めてお墓となります。
お墓として建立されたものを長く放置しておくのは良くないとされていますので、出来上がったお墓は出来るだけ早くに魂入れの法要を行なって下さい。

魂入れは仏事ではあるのですが、新しく魂が入ったというお祝い事に分類されます。
そのため、お供え物にも普段の仏事と少し違う点が出てきます。

お花、お線香、果物やお菓子はそのままなのですが、

  • 昆布・ワカメ・ひじき
  • サツマイモ・ニンジンなどの根菜類
  • 餅・米・小豆

といったものも用意されます。

準備されるおまんじゅうはお祝いの法要ということで紅白で準備することが多くなってきているようですが、これは地域や宗派によって異なる場合があるので、魂入れ・開眼供養の際にはその地域の法要についてよく尋ねてみてから行うようにしましょう。

魂入れの法要を行なって下さるお坊様へのお布施は、魂抜きの時と変わりません。
状況によって、お車料やお膳料もご用意して一緒にお渡ししましょう。

お墓の魂抜きまとめ

お墓

お墓の魂抜きとその手順や相場について、いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、

  • 魂抜き・閉眼供養の意味
  • 魂抜きと墓じまいに掛かる費用の相場
  • 墓じまい・改葬の手順

という点をお話しさせて頂きました。

一生に一度も経験しないかも知れないことが、身近な問題として取り上げられるようになってきたように感じます。
それと同時に、ご法要の意味やその手順を学び行うことで、私達はまた新たにご縁について知ることが出来るのかも知れません。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。
お読み下さった皆様のお役に立てますことを心より願っております。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・魂抜き」に関連する記事

「お墓・魂抜き」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・魂抜き」についてさらに知りたい方へ

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説のサムネイル画像

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説

お墓の魂抜きの費用はいくら?魂抜きの相場についてまとめました!のサムネイル画像

お墓の魂抜きの費用はいくら?魂抜きの相場についてまとめました!

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明しますのサムネイル画像

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明します

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介しますのサムネイル画像

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介します

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!のサムネイル画像

お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと