墓じまい・改葬にお布施は必要?気になる費用や手順についてご紹介!

高齢でお墓参りができなくなったり、後継者がいなかったり、遺族に負担をかけたくなかったり…と様々な理由から墓じまいをお考えの方も多いのではないでしょうか。 墓じまいにはお布施が必要なのでしょうか? お布施の費用や相場、手順など気になる疑問にお答えします。

目次

  1. 墓じまいのお布施について
  2. お布施の意味とは?
  3. 墓じまい時にお布施は必要なの?
  4. 墓じまいにかかるお布施以外の費用
  5. 墓じまいのお布施まとめ

墓じまいのお布施について

お金

「墓じまい」って最近よく耳にする言葉ですよね。
お墓を建てるは簡単だけど、墓じまいは大変だという声も聞きます。

墓じまいにかかる手順や費用、費用のうちでも特に気になるお布施についても詳しく解説していきますので、この記事できちんと確認して不明点を解消していただけたら幸いです。

以下のことについて解説してまいります。

  • 墓じまいにかかる費用の種類は?
  • お布施は墓じまいにも必要なのか?
  • 墓じまいのお布施は何のために必要なのか?
  • お布施の費用や相場は?
  • お布施の渡し方やマナーについて

まだ一般的にあまり馴染みのない墓じまいですが、お寺や霊園などのお墓を管理してくださっている方や親族間などとのトラブルがないように済ませたいですね。

墓じまいした後の納骨先をお探しの方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

また、実際に改葬・墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

お布施の意味とは?

困った人々

お布施という言葉は知っていても、その実態を理解している人は少ないのではないでしょうか?

どういったときに渡すものなの?

お布施とは仏教における実践項目「六波羅蜜(ろくはらみつ)」という修行法の一つです。
お寺のお坊さんや僧侶に読経をあげてもらったり、戒名を頂いた時、葬儀や告別式でお勤め頂いた時、法事や法要などの時にお渡しします。

お布施はお坊さんや僧侶への謝礼として渡すものと考えてしまいがちですが、そうではなく、本尊に捧げるものというのが本来の目的です。
なので、一般的に金額が明示されておらず、お布施する人の価値観によって決めるものとされています。

はっきり明示されていないと、お渡しするタイミングや金額ついて迷ってしまいますよね。
お布施にまつわる疑問が多いのも、こうした理由からではないでしょうか?

離檀料とは違うの?

お寺を離れることを申し出たことで、住職に法外なを金額を請求されたというニュースでも注目を浴びた「離檀料」という言葉ですが、皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

檀家をやめたり、お墓を引っ越したりする際に、これまでお世話になった寺院へのお礼として、お気持ちを包む「お布施」のことを、墓じまいが増えた近頃では、わかりやす言葉で離檀料と呼ぶようになったようです。

ですから、「離檀料」は「お布施」と同じことと言えるでしょう。

墓じまい時にお布施は必要なの?

お金

では、墓じまいの際にお布施は必要なのでしょうか?
解説して参ります。

閉眼供養をするのに必要

墓じまいをするためには、お墓に宿っているご先祖様の魂を抜いて、墓石をただの「モノ」に戻す閉眼供養が必要です。

閉眼供養は、地域や宗派によって「魂抜き(たましいぬき・たまぬき・こんぬき)」「お性根抜き(おしょうねぬき)」など様々な呼び方があり、意味合いも多少異なります。
正式な言い方では、「撥遣(はっけん)」というそうです。
一般的に閉眼供養は身内だけで執り行います。

法的に絶対にやらなければいけないものではありませんが、僧侶に読経を読んでもらい、お墓から魂を抜いてもらうことで、安心して墓石を処分したり、移動したりすることができます。

閉眼供養は法要の一種ですので、葬儀や四十九日などの仏式行事同様、お経をあげてもらう必要があるため、当然お布施も必要になります。

これまでお世話になった寺院などへのお礼の気持ちを込めた離檀料として、また閉眼供養をするためにお布施が必要となります。

お布施の相場・費用

葬儀や四十九日などといった通常の法要とは違って、墓じまいは人生にそう何度も経験する機会があるもではありません。

なので、墓じまいのお布施の相場やかかる費用については、身近な人に聞いてもよくわからないというケースが多いと思います。

不明点はお坊さんや僧侶へ直接質問しても失礼には当たりませんが、「お気持ちで」と言われたり、まれに、ニュースであったように数十万〜数百万といった法外な金額を請求されてしまうケースもあります。

後からトラブルにならないためにも、あらかじめ不明点ははっきりさせた上で、曖昧なまま供養をお願いして進めてしまわないようにすることが大切です。
万が一法外な金額を請求された際には、速やかにお墓のことに精通した行政書士などの専門家に相談するべきでしょう。

墓じまいのニーズが高まるにつれ、近頃では、お布施の金額を一律で公開してお坊さんを手配してくれる企業もあります。
昔からの付き合いがなくても、一度だけの供養を頼むことも可能なので、頼れる親族がいなかったり、すでに相談する両親が亡くなっている場合でも心強いですね。

気になるお布施の相場ですが、地域にもよって異なるので、一概にいくらということはなかなか難しいのですが、大体1万円〜5万円程包めば常識の範囲内のようです。

また、遠方からお坊さんや僧侶にいらしてもらう際には、お布施の他に「お車料」が、法要後に宴席がある場合には「お膳料」が必要になります。

お布施の渡し方

お経をあげていただいたお坊さんや僧侶への感謝の気持ちを込めてお渡しすれば、それほど形式張る必要もありませんが、最低限のマナーは守ってお渡ししたいですね。

ではお布施の渡し方について解説して参ります。

お布施を渡すタイミング

一般的には読経が終わって、お坊さんや僧侶がお戻りになる直前にお礼の言葉とともにお渡しします。
お茶請けとともにお茶をお出ししても問題ありません。

「本日はありがとうございました。些少ですがお納めくださいませ」といったように、簡潔な言葉で構いませんので、丁寧に心を込めて感謝の気持ちをお伝えしましょう。

お布施の包み方

お布施は奉書紙でお包みしてお渡しするのが最も丁寧といわれていますが、袋に入れてお渡ししても問題ありません。

祝儀袋や香典袋のように100円均一のお店でもお布施袋を購入することができます。
無地の白い封筒でも構いませんが、郵便番号が印刷されているものは避けましょう。

お布施の表書き

表書きをご自身で書く場合には、袋の上部に漢字で御布施と書きます。
お布施の他にお車料やお膳料をお渡しする場合には、それぞれ袋を用意して、同様に、袋の上部に「御車料」「御膳料」と書きましょう。
袋の下部には、ご自身のフルネームや「〜〜家(〜〜は苗字)」と書きます。
裏面には、住所、氏名、金額を書いておくと親切でしょう。
金額は数字ではなく頭に金を付けてから、旧字体の漢数字を使うことがマナーとされています。
例)金参萬圓也

お布施袋に文字を書く際には、できるだけ毛筆を使います。
また、閉眼供養はお悔やみごとではないので、薄墨ではなく通常の黒墨を使いましょう。

お札の入れ方

お札の入れ方も香典とは異なるので、注意が必要です。
新札を用意して、封筒の表面側に、お札の肖像がくるようにして、肖像が最後に封筒に入るように入れます。

お布施はお盆にのせる

また、お布施を袋のまま、お渡しするのは不作法だとされています。
「切手盆(きってぼん)」という[/emp1]お盆にのせて[/emp1]お渡しするようにしましょう。
お盆が用意できない場合には最低限、袱紗にお包みして袱紗の上でお渡しするようにします。
袱紗の色は、派手な色は避け、紺やグレーなどの落ち着いた色を選ぶように気をつけましょう。

実際にお渡しする際には、お坊さんや僧侶が封筒に書かれた文字を読める向きでお渡しします。
お盆を床に引きずってスライドさせたり、袱紗を床につけて渡すことのないようにしましょう。
お坊さんや僧侶の手の届く範囲にお盆をおくか、お盆のままお渡しします。
お布施の他にお車料やお膳料がある場合には、上から、お布施、お車料、お膳料の順に重ねましょう。

新しいご遺骨の納骨先を探したい方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

墓じまいにかかるお布施以外の費用

お金

墓じまいでお布施以外にかかる費用はあるのでしょうか?

石材店に支払う費用

親族との話し合いやきちんと閉眼供養が終わった後には、いよいよ石材店に依頼してお墓を撤去してもらいます。

石材店にかかる費用の相場は、特殊な場合でない限り、1㎡あたり10万円程のようです。
撤去する石材の量が多かったり、墓地の場所が入り組んでいてクレーン車が必要だったり、工数が通常の作業よりもかかる場合には、料金が上乗せされることもあるので、事前に見積もりを取るようにしましょう。
また、業者によって料金にばらつきもあるので、複数の業者に見積もりを取って納得のいく形で進められると安心ですね。

そういった手間が負担になる方には、遺骨の取り出し、墓石の解体処分、墓地の整地、役所への行政手続といった、墓じまいにかかる一連の流れを全てセットプランで請け負ってくれる企業もありますので、問い合わせてみてもよいでしょう。

改葬・引っ越しにかかる費用

墓石を撤去し、取り出した遺骨をその後どのように供養していくか親族間でしっかりと話し合いを済ませておくことも重要です。
改葬や引っ越しにかかる費用も確認しておきましょう。
代表的なパターンは以下の3つが挙げられます。

新しくお墓を建てる場合

移送先の墓地を確保する費用、新しいお墓の工事費用、遺骨の埋葬料や管理料などが必要です。
そして、閉眼供養とは反対に、今度は墓石に魂を宿らせる開眼供養をします。
開眼供養にもお布施が必要です。

改葬してお墓を建てるには新規でお墓を建てるよりもプラス50万円〜100万円程度かかります。
新しくお墓を建てる費用は、一般的に都市部では200万円〜300万円が相場のようです。
この他に改葬に必要な書類を発行してもらうのにも手数料がかかりますので、確認しておく必要があります。
手続きも費用もかかりますので、ある程度まとまった予算を覚悟しておかなければなりません。

納骨堂に納骨する場合

テレビや電車の中吊り広告でもよく目にする納骨堂ですが、こちらは建物の中で骨壷を安置するお墓です。
屋外で埋葬するお墓とは異なり、天候が悪くても身軽にお参りすることができ、草取りの必要もありません。
納骨費や管理費が比較的抑えて設定されていることが多く、利便性の良い場所に建てられていることも多いので、人気を集めています。
供養の方法や規模、納骨堂の種類、地域などによっても大きく異なりますが、一般的な目安としては一人用で50万円程、家族用で100万円程が相場のようです。

仏壇式、ロッカー式、自動搬送式など様々な種類があるので、予算やスタイルに合わせて選ぶことができます。

また、都道府県や市区町村が運営している公営の納骨堂もあります。
こちらは価格が安く人気が高いので、抽選になることがほとんどですが、民営の納骨堂の半額程度で利用できることもあるので、自治体の申込条件を満たしている場合は応募してみてもいいかもしれません。

永代供養をする場合

永代供養とは寺院や霊園が遺骨を預かり、供養や管理してくれることです。
お墓を用意する必要がありませんのでその分費用を抑えることができます。
お墓の使用料を払って権利を取得し、その土地を使用できる「永代使用」とは意味が異なりますので注意しましょう。
納骨の方法や供養内容によって永代供養にかかる費用は数万円〜数百万円とかなり開きがあります。
供養している施設に問い合わせてみないとわかりませんが、東京都内では50万円前後はかかるようです。

墓じまいにかかる費用相場についてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

ここまで墓じまいにかかる費用について詳しくみてきました。
実際に墓じまいしたいという方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓じまいのお布施まとめ

お墓

いかがでしたか?
墓じまいには、場合によっては新たにお墓を作るよりも費用や労力がかかります。
ですが、維持管理が難しくなったお墓をそのまま放置していることも、心苦しいですよね。

ご先祖様のためにも、ご自身のためにも、そしてご子孫のためにも、しっかりと親族間で墓じまいについて話し合いをする機会を設けてみてはいかがでしょうか。

墓じまいのお布施について記事内容をまとめました。

  • 墓じまいには、これまでお世話になった寺院や霊園へのお礼として、また閉眼供養のためにもお布施が必要である
  • 閉眼供養のためのお布施と離檀料はほぼ同義
  • お布施の相場は地域によって異なるが、1万円〜5万円ほどである
  • お寺や霊園と後からトラブルにならないためにも、墓じまいのお布施にかかる費用を曖昧にしたまま進めてはいけない
  • 墓じまいした後の遺骨の供養の仕方についてもあらかじめ計画を立ててから取り掛かるようにする

墓じまいは、身近に事例がなく、わからないことが多くて心配になってしまうかもしれません。

ですが、頼れる親族や身内が亡くなっていても、インターネットがある今では、誰に聞いていいのかわからない、墓じまいのお布施の費用や手順についても何でも手軽に調べられるようになりました。

ワンストップで墓じまいを請け負ってくれる企業や専門家のホームページも充実しています。
この記事も参考に、ポイントを抑えてスムーズに墓じまいができるといいですね。

お墓に関するトラブルを解決することは終活の中でも特に大事なことです。
終活ねっとは皆様終活を応援いたします。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓じまい・お布施」に関連する記事

「墓じまい・お布施」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓じまい・お布施」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬の際にお渡しするお布施について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬の際にお渡しするお布施について解説します

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説しますのサムネイル画像

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説します

墓じまいにかかる費用はいくら?改葬の相場・手順を紹介します!のサムネイル画像

墓じまいにかかる費用はいくら?改葬の相場・手順を紹介します!

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

閉眼供養ってなに?お布施が必要?全部教えます!のサムネイル画像

閉眼供養ってなに?お布施が必要?全部教えます!

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!のサムネイル画像

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓じまい・お布施」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬の際にお渡しするお布施について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬の際にお渡しするお布施について解説します

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説しますのサムネイル画像

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説します

墓じまいにかかる費用はいくら?改葬の相場・手順を紹介します!のサムネイル画像

墓じまいにかかる費用はいくら?改葬の相場・手順を紹介します!

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと