納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?

最近では納骨堂というところはお墓と同じという風に考えられている方も増えてきています。屋内にありお墓参りもしやすいのですが、納骨堂には普通のお墓とは違うルールがあるんです。そこで、納骨堂へお墓参りをする時のマナーや注意点について解説します。

目次

  1. 納骨堂へのお墓参りについて
  2. 普通のお墓参りと違いがあるのか
  3. 納骨堂へのお墓参りの仕方・方法
  4. 納骨堂へのお墓参りで気を付けるべき注意点
  5. 納骨堂へのお参りまとめ

納骨堂へのお墓参りについて

お墓

納骨堂というのは、屋内にある遺骨を安置する施設のことです。
公営や民営、寺院管理のところがあり、ロッカー式や仏壇式など形式も様々あります。
しかしどこが管理していても、形式の違いはあれど遺骨を納骨して保管してもらうことに変わりはありません。
つまり、納骨堂は屋内にあるお墓と言ってもいいでしょう。

最近は普通のお墓から納骨堂に変更する方も増えてきています。
普通のお墓より費用が安く付き、屋内にあることからお墓参りもしやすい、アクセスの良いところにあるなどの理由があげられます。

納骨堂にはメリットもありますがデメリットがあるのは事実です。
デメリットの一つとして、昔ながらのお墓参りを想像しているとかなり勝手が違うという点です。
普通のお墓参りに慣れている人には戸惑うこともあるんです。

納骨堂へのお墓参りというものは、普通のお墓参りとはどのような事柄が違うのでしょうか?
そこでこの記事では以下のことを解説します。

  • 普通のお墓参りと納骨堂でのお参りは違いがあるのか
  • 納骨堂へのお墓参りの方法
  • 納骨堂へのお墓参りの注意点

納骨堂は屋内にあるお墓と言ってもいいかと思います。
しかし、屋内にあるので普通のお墓参りとはちょっと勝手が違います。
納骨堂はアクセスが良い所にあることが多く、お参りはしやすいのですがルールをよく把握していないと、お墓参りもスムーズにできません。

ぜひこの記事を最後まで読んで、納骨堂へのお墓参りの仕方を理解しておきましょう。

普通のお墓参りと違いがあるのか

お墓

普通のお墓参りと納骨堂へのお墓参りに違いはあるのでしょうか?
ここでは普通のお墓と納骨堂でのお墓参りの違いについて解説します。

基本的には一緒

お参りの本質はご先祖様を供養することです。
従って普通のお墓でも納骨堂でも、供養する気持ちは同じなので基本的にはお墓参りの仕方は一緒ということになります。
お彼岸やお盆、命日などのほか、ご先祖様や故人に会いたい時、お墓参りをしたいと思った時、結婚や入試に合格して報告したい時などいつでもお参りするようにしましょう。

納骨堂は普通のお墓より駅前などアクセスの良いところにあることが多く、屋内なので雨や雪の日でもお参りしやすいです。
エアコンが効いていたりバリアフリーになっているところもありますので、高齢者でも一人で気軽にお参りできるのが良い点でもあります。

納骨堂は屋内にあるので、靴を脱いで上がることになります。
備え付けのスリッパがあるところもありますが、気になる人はマイスリッパを持参しましょう。

また、同じ形のお壇がずらりと並んでいますので、自分の家のお壇はどこにあるかなども覚えておかなければいけません。
機械式の納骨堂では、カードや暗証番号が必要な場合もありますのでお参りする際には忘れずの持って行くようにしましょう。

諸注意事項がある

気軽にいつでもお参りできるのが納骨堂のメリットではありますが、お参りする際には普通のお墓とは少し違う注意点があります。

普通のお墓は外にあるので雑草対策や掃除が必須ですが、納骨堂は屋内にあるため掃除は必要ありません。
その代わり、線香やローソクの扱い方や生花やお供え物には注意が必要です。

次の章で納骨堂へのお墓参りの仕方や方法をご紹介しますね。

納骨堂へのお墓参りの仕方・方法

お墓

納骨堂には、いろいろな形式があり、管理しているところも様々です。

屋内にあるというのは共通しているのですが、それぞれに決まりごとが違います。
納骨堂を管理しているところに問い合わせて、そこのルールに従うようにしましょう。

法事などを行いたい時も納骨堂によってやり方が違います。
法要室が用意されているところもありますし、飲食ができる休憩室を借りることもできるところもあります。

法事を行いたい時は事前に管理事務所に相談するようにしましょう。

事前に予約する必要はあるか?

納骨堂へのお墓参りをする時は、事前の予約を必要としているところはほとんどありません。
いつでも好きな時にお参りすることができます。
服装も特に気を付ける必要はなく、近くまで来たから急にお参りしようと思った時でも訪れることは可能です。

納骨堂は駅前など比較的都会にあることが多いので、お出かけの際に簡単にお参りすることができます。
ただ、「ついで参り」はあまり望ましくありませんので、ショッピングのついでのお墓参りするのではなく、お墓参りのついでにショッピングするという風に考えればよいでしょう。

周りにも気を使おう

寺院が管理している納骨堂の場合は、ご本尊へもお参りし住職にもご挨拶するのが望ましいです。
民営の納骨堂でもご本尊がある場合は、自分の家のお壇だけではなくご本尊にお参りするようにしましょう。

また、宗教に関係なく利用できる納骨堂では周辺にも気を使いましょう。
宗教独特の儀式を行ったりお壇の飾りを極端に変えることはやめましょう。
お線香を大量に焚いたり大声でお経などを唱えるのも控えましょう。

納骨堂は利用しているすべての人と共有する施設ですから、周りの状況を良きわきまえるようにしましょうね。

何を持っていく必要があるか

納骨堂へのお墓参りは手ぶらでも構いません。
ただやはり、お墓参りというからには定番と言われるものも持って行きたいですよね。
ここでは納骨堂へのお参りの際の、お線香・お花・お供え物の扱い方について解説しますね。

お線香

お線香は供養には欠かせないものですが、納骨堂の場合はちょっと事情が変わってきます。
仏壇式や墓石式の納骨堂なら線香立てを置くスペースもあるのでお線香を使うことも可能ですが、ロッカー式などの場合は、線香を立てるところがありません。
安定した場所がないのに無理にお線香を立てれば、倒れてしまったりと大変危ないです。

また地下にある納骨堂では火気厳禁のところもあります。
お線香もローソクも火をつけることは禁止となっているところもあります。
そのようなところは別にお線香をあげるところを用意されている場合もあります。
自分の納骨堂はどのような決まりになっているのか、確認するようにしましょう。

お花

お花は納骨堂によって、生花はNGだけど造花はOKというところと、お花を供えるところを別に設けているところがあります。
生花を供えても大丈夫というところも、お参りが終わったら持って帰るか所定の位置に移動させるように決まっているところもあります。

造花なら大丈夫ですが生花はしおれてきますし、花瓶の水に虫が湧くことも考えられます。
毎日のようにお参りすることができればよいのですが、管理者はそれぞれのお花の面倒までは見てくれません。
枯れたお花はご先祖様にも失礼に当たるので、生花を持って行く場合は注意が必要です。

お供え物

お供え物として食べ物や飲み物を持って行く場合も、各納骨堂の決まりに従うようにしましょう。

お酒やビールなどのアルコール類は持ち込み禁止のところもあります。
ビールは何かのはずみに炭酸が噴き出ることも考えられますし、故人が好きだったからとプレミアの付いたお酒や焼酎をお供えしておくと盗難の恐れもあります。

また、お菓子や果物はネズミがかじったり、虫が湧いたりする可能性もあります。
基本的にはすぐに傷む物はお参りが済んだら持って帰るようにします。
日持ちのするものや缶ビールや缶ジュースなどでも、少なくとも数日のうちに引き上げるようにします。

納骨堂や普通のお墓や家の仏壇は物置き場ではありませんので、お供え物はお下がりとしてその場でみんなでいただくか、持ち帰ってお家でいただくようにするのが正しいお参りの仕方です。

ユニークな形のローソクをお供え物にしよう

お供え物としてユニークな形のローソクをオススメします。

傷んでしまったり賞味期限のあるものは、お供えしてもすぐに持ち帰るようにしなければいけません。

最近ではまるで本物そっくりのお寿司やビールの形をしたローソクもあります。
ローソクなら傷む心配もありませんので、納骨堂のお供えの品にしてもいいかもしれません。
お壇にお供え物が何もなくて寂しいなと思われた方は、ユニークな形のローソクを置いておくのはいかがでしょうか?

ミニジョッキ ローソク
ミニジョッキ ローソク

商品価格734円

まるで本物。
他にもお寿司やラーメンの形のローソクもあります。
火をつけて徐々に溶けていくとまるで故人か食べているような感覚になるかもしれません。

この商品を購入

納骨堂へのお墓参りで気を付けるべき注意点

お墓

納骨堂は普通のお墓と違い屋内にありますので気を付けるところがあります。
ここでは納骨堂へのお墓参りの際に、気を付けなければいけない注意点を解説します。

始めて納骨堂を購入した方や普通のお墓から納骨堂に変えられた方は、それぞれの納骨堂の規則をよく理解しておきましょう。
普通のお墓参りに慣れている高齢者の方でも、気軽に納骨堂にお墓参りできるように説明してあげましょう。

時間帯・時期に関する注意点

納骨堂へのお墓参りの際には、時間帯や時期などの注意点はあるのでしょうか?
ほとんどの納骨堂はいつでも好きな時にお参りをすることはできます。
しかし混雑している時もあります。
ゆっくりお参りしたいと思っているのなら、どの時期や時間帯が空いているかも把握しておきたいものです。

夜間に行っても大丈夫?

大体の納骨堂は夜間は閉めてしまいます。
一方で、中には24時間お参りができる納骨堂もあります。
自分の納骨堂は何時から何時まで開いているか確認するようにしましょう。
朝も早い時間から開いているところもありますので、出勤前にお墓参りをしてもいいでしょう。

納骨堂の良いところは日が暮れてもお参りが可能というところです。
普通のお墓参りの場合は、暗くなると足元が見えなくてお参りするのも危険です。
しかし、納骨堂の場合は、屋内にありますので明かりが灯っていて安心してお参りできます。
日が落ちるのが早い冬場でもお参りすることができますよ。

お盆・お彼岸

お盆やお彼岸の時期は当然ながらお墓参りに来られる人が増えます。
家族そろって訪れる家もありますので、納骨堂も混雑することが考えられます。
なるべく混雑する時間帯を避けたいのであれば、夕方以降にすれば比較的空いています。

お彼岸なら彼岸の入りはお参りする人が多いので、後半にお参りしても良いでしょう。
お彼岸はいつお参りしなければいけないという明確な決まりはないですし、お彼岸は1週間ありますので、都合の良い日を選びましょう。

土・日・祝日には法事を行うところが多いので、納骨堂も混雑することがあります。
お休みの日には普段なかなかお墓参りができない会社勤めの人や子供などが多くやって来る可能性があります。

静かに気のすむまで故人とお話ししたいと思われている方は、管理事務所にどの時間帯が空いているかを問い合わせてもいいでしょう。

持ち物に関する注意点

お墓参りの持ち物といえば、線香やお花、お供え物などが考えられますが、上の章で述べた通り、納骨堂によって持っていいものといけないものがあります。
持っていっていいかどうかの確認は管理事務所などに問い合わせるようにしましょう。

また持って行くことができても、お参りが済んだらなるべくすべて持ち帰るようにするのが望ましいです。

納骨堂は普通のお墓と違って掃除は管理者が行ってくれています。
雑草対策も必要ありませんし大げさな掃除道具は必要ありませんが、自分の家のお壇はやはり自分で掃除するようにしましょう。

やはり掃除をしないとうっすらと埃をかぶってしまうかもしれませんし、きれいなタオルや埃取りなどは持って行くようにしましょう。
造花でも飾りっぱなしだと汚れてきますので、洗ったり新しいものに変えるようにしましょう。

納骨堂へのお参りまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
納骨堂へのお墓参りの仕方について解説しましたが、参考になりましたでしょうか?

この記事では以下のようなことをご紹介させていただきました。

  • 普通のお墓参りと納骨堂へのお参りは基本的には一緒である。
  • ただ納骨堂ではそれぞれの規則や決まりがあり、お参りをする際には注意が必要である。
  • 納骨堂は時間帯や時期によって混雑することもあるので、事前に問い合わせておけばお墓参りもスムーズにできる。

納骨堂でも普通のお墓同様、ご先祖様を供養する気持ちに変わりはありません。
お墓参りの仕方は少々違うところもありますが、手ぶらでも気軽にお参りできるのが納骨堂の良いところです。

持ち物や時間帯を確認して、お参りしたいと思った時にこまめにお参りしてあげてください。
ご先祖様や故人もマメにお参りに来てくれれば喜んでくれることでしょう。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「納骨堂・お墓参り」に関連する記事

「納骨堂・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

  • 納骨堂のお参りの際、お供え物ってどうすればいい?のサムネイル画像

    納骨堂のお参りの際、お供え物ってどうすればいい?

    お墓参りに行く時は、お供え物を持って行く人も多いでしょう。故人の好きだったものはぜひともお供えしたいですよね。しかし屋内にある納骨堂の場合はお供え物ってどうなっているのでしょう?そこで納骨堂のお参りの際のお供え物について解説しますね。

  • 納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!のサムネイル画像

    納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!

    お墓参りに行く時は、必ずお花を持って行きますよね。しかし、室内にある納骨堂は、お花を持って行ってもいいものなのでしょうか?お供え物はどうなるのでしょう?そこで、知っているようで知らない、納骨堂でのマナーについて解説します。

  • 納骨堂へお参りしたことない人必見!最低限守るべきマナーを紹介のサムネイル画像

    納骨堂へお参りしたことない人必見!最低限守るべきマナーを紹介

    納骨堂へお参りするためのマナーはどんなものがあるのでしょうか。納骨堂に遺骨を安置することも一般的になってきましたが、お参りをしたことがある人はまだまだ少ないのではないでしょうか。納骨堂へお参りするマナーをご紹介します。

  • お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

    お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

    遺骨を供養するために、お墓に納骨するという方が多いのではないでしょうか?しかし最近では納骨堂を購入して供養される方も増えてきています。お墓と納骨堂、どっちで供養するのが良いのでしょう?そこでお墓と納骨堂を徹底比較していきます。

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 納骨堂で起こりうる問題とは?種類別にそれぞれの問題点を解説!のサムネイル画像

    納骨堂で起こりうる問題とは?種類別にそれぞれの問題点を解説!

    お墓を建てるのではなく、最近増えてきている納骨堂を利用したいと考えている方もいるでしょう。しかし、この納骨堂にはいくつかの問題点もあります。ここでは、納骨堂の問題を種類別に紹介しますのでぜひ確認してみてください。

  • 納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?のサムネイル画像

    納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?

    納骨堂へのお供えに悩んでいる方は多いです。 お供え物とはお墓や仏壇に花や故人の好きだった食べ物を供える事が一般的ですが、 納骨堂でも同じ様にお供え物をしていいのか?そもそも食べ物は置いていいのか?等 よく分からない納骨堂でのお供え物のマナーについて解説します。

  • 納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較のサムネイル画像

    納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

    最近では、お墓を持つことが負担になってしまい、納骨堂を利用する方が増えてきています。納骨堂と一口に言っても、いろんなタイプがあり、選び方が難しいですよね。そこで、自分に合った納骨堂の選び方を解説しますので、ぜひ、参考にしてください。

  • 納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

    納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

    いつまでも近くに置いておきたい遺骨。 でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。 ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか? ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「納骨堂・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

納骨堂のお参りの際、お供え物ってどうすればいい?のサムネイル画像

納骨堂のお参りの際、お供え物ってどうすればいい?

納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!のサムネイル画像

納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!

納骨堂へお参りしたことない人必見!最低限守るべきマナーを紹介のサムネイル画像

納骨堂へお参りしたことない人必見!最低限守るべきマナーを紹介

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂で起こりうる問題とは?種類別にそれぞれの問題点を解説!のサムネイル画像

納骨堂で起こりうる問題とは?種類別にそれぞれの問題点を解説!

納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?のサムネイル画像

納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較のサムネイル画像

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと