納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

いつまでも近くに置いておきたい遺骨。 でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。 ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか? ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。

目次

  1. 納骨堂ってどんな仕組みのところ?
  2. 納骨堂ってどんな仕組み?
  3. 納骨堂と永代供養の仕組みの違いは?
  4. 納骨堂を利用するメリット・デメリット
  5. 納骨堂の仕組みまとめ

納骨堂ってどんな仕組みのところ?

お墓

納骨堂という言葉を目にしたり、耳にしたことはあるけれど、すでにお墓があったり、自分にはまだ関係ないと思いとあまり真剣に考えていなかった人も多いのではないでしょうか。

  • そもそも、納骨堂って、どんな仕組みになっているの?
     
  • 納骨する場所は、お墓ではなくて、納骨堂でもいいの?永代供養って何?
  • 納骨堂を利用することで、どんなメリット・デメリットがあるの?
    納骨する場所は、お墓ではなくて、納骨堂でもいいの?永代供養って何?

今回の終活ねっとの記事では、納骨堂っていったいどのような場所なんだろう?と思われている方々のために、納骨堂がどのような仕組みになっているのか、納骨堂を利用する際のメリットやデメリットなどについて解説してまいります。

納骨堂ってどんな仕組み?

お墓

納骨堂ってなに?
お墓に納骨しなくても大丈夫なの?
納骨堂って、いったいどんな仕組みになっているの?

などなど、ときどき疑問に思いながらも、実際に自分の大切な家族の遺骨を納骨するときにならないと真剣に考えたりはしませんよね?

ですが、いつかは自分自身や子孫に関係してくることですから、残された人達があとで困ることがないように、できるだけ早くご家族の方々とご一緒に納骨堂の仕組みについてよく調べておきましょう。

それでは、これから納骨堂の仕組みについて解説します。

誰が運営してるの?

納骨堂とは、遺骨を入れた骨壺を安置できる建物のことですが、お墓のように屋外に遺骨を納骨するのではなく、建物の屋内に納骨するため天候に左右されることなくお参りができます。

納骨堂は、管理運営をする人により下記のような3種類の納骨堂に分けることができます。

寺院納骨堂

 お寺が管理・運営しており、寺院や霊園内にあります。

公営納骨堂

都道府県や市町村などの自治体が管理・運営し、その多くは仏教形式ですが、神道形式もあります。

民営納骨堂

宗教法人、財団法人、社団法人などの法人が管理・運営をし、民間業者が販売します。宗旨や宗派の制限はありません。

納骨堂の仕組みにはどんなものがある?

さてそれでは、遺骨は納骨堂のどのようなところに、どのように納骨され、どのようにお参りするのかというような、納骨堂の仕組みについて見てみましょう。

ロッカー式

駅や大きなショッピングセンターにコインロッカーがありますよね?

このコインロッカーのように、同じ大きさに区分けされ、遺骨が入った骨壺を納めることができるタイプが、ロッカー式と呼ばれています。

ロッカー式のタイプでは、お墓のように区分されたスペースに、個別に遺骨を安置することができますが、遺影やお花などを置けるスペースはありません。

スペース的に広くはありませんが、遺骨は個別に安置され、その場所も固定のため、屋外にあるお墓のように、いつでも同じ場所でお参りすることができます。

機械式

新しく建てられた納骨堂では、タッチパネルで操作する機械式のものがあります。

立体駐車場のようなシステムを思い浮かべていただくと、わかりやすいかと思います。

お参りする人が、機械を操作すると、納骨堂内の別の場所に安置されている遺骨が、広々として、ゆったりとした、個別にお参りできるスペースへ、自動的に運ばれてくる仕組みになっています。

お墓やロッカー式の納骨堂のように、個別のスペースに遺骨が安置されているわけではありませんが、建物自体が交通の便の良いところにあることが多いので、行きたいときに気軽にお参りしたい人々にとっては、「遺骨が、お参りスペースにやってくる」という機械的な仕組みであっても、利用する価値を見出せているのではないでしょうか。

仏壇式

個別に仏壇がある仏壇式は、上の段に仏壇があり、下の段には遺骨を安置するスペースがあり、霊廟型とも呼ばれています。

この仏壇式では、上下一列が個別の納骨堂となっているため、屋外にあるお墓や、家庭の中にある仏壇のような感覚でお参りすることができます。

ロッカー式よりもスペースに余裕があるため、お花や遺影などを飾ることもできますし、家族で同じ納骨堂を継承することもできます。

納骨堂と永代供養の仕組みの違いは?

お墓

ところで、お墓にするか納骨堂にするかと調べていらっしゃる方々であれば、きっとどこかで永代供養(えいたいくよう)という言葉も目にされたことがあるのではないでしょうか?

納骨堂と永代供養、その仕組みにはどのような違いがあるのか、ここではそれぞれの定義について見てまいりましょう。

納骨堂の定義

納骨堂には、個人や家族単位などで、個別で遺骨を納めることができます。

また、年間管理費を支払うことにより、納骨堂の管理者である住職が永代にわたり管理・供養をしてくれます。

しかし、「永代」といっても「永久」という意味ではなく、実は遺骨を安置できる期間には期限がある場合が多いのです。

一般的には33回忌まで安置できる納骨堂が多いようですが、それより短い17回忌までだったり、またはそれより長く50回忌まで安置できたり、施設によって期限が違ってきますので気になる納骨堂があれば、仕組みや期限について事前によく確認しておきましょう。

期限が過ぎた遺骨は、家族ではない他人の遺骨と一緒に合祀墓に埋葬され、供養されます。

一度合祀墓に埋葬されると、他人の遺骨と混ざってしまうため、後日個人の遺骨を取り出し、新たに購入したお墓に納骨したいと思っても取り出すことができなくなりますので、期限を過ぎた場合はどうしたいのかを事前によく検討されることをおすすめします。

永代供養の定義

永代供養とは、高齢になってお墓参りに行くことができない、または遠くに住んでいて毎年お墓参りをするのが難しい、というご遺族や子孫の方々の代わりに、寺院や霊園が遺骨を管理し、供養してくれる方法のことです。

納骨堂は屋内にありますが、永代供養墓の多くは屋外にあります。

ただし、屋内に永代供養墓がある施設もありますので、屋外・屋内のどちらを希望されるのか、ご家族の皆様でよくご検討されて下さい。

また納骨堂には年間管理料がかかる場合が多いですが、永代供養墓は年間管理料がかかりません。

納骨堂には個別で遺骨を納めることができますが、永代供養墓には「単独墓」「集合墓」「合祀墓」「墓石安置型」などがあります。
その中でも合祀墓では遺骨は血縁関係のない他人の遺骨と一緒に埋葬されるため、後日個別に遺骨を取り出すことができません

納骨堂に安置されていた遺骨は、契約期間が決まっている場合決められた期限までは個別で遺骨を安置できますが、その期限を過ぎると永大供養墓の一つである「合祀墓」に埋葬されます。

「永代供養」と呼ばれてはいますが、ずっと個別で供養してくれるわけではなく、ある一定の決められた期限を過ぎると、共同の納骨室や合祀の納骨室に移されます。

「永代」は永久という意味ではないので、期限のことや遺骨の埋葬の仕方など、後悔することがないようにしっかり調べてから決めるようにしましょう。

納骨堂 永大供養墓
屋内・屋外 屋内 屋外(施設によっては屋内もあり)
年間管理用 必要 不要(必要なところもあり)
納骨 個別 他人と一緒に埋葬(種類によっては個別)

納骨堂を利用するメリット・デメリット

お墓

お墓ではなく、納骨堂を利用した場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

納骨堂の仕組みをもう一度よく見ながら考えてみましょう。

メリット

納骨堂を利用する際、特に気になる費用や利用できる期間などについてのメリットについて解説していきます。

費用

納骨堂を利用するメリットで、一番最初にくるのはなんといっても費用でしょう。

お墓に比べるとかなり安く、お墓にかかる費用の約半分か1/3の金額になります。

納骨堂のタイプや立地条件により、費用はさまざまなので「この金額です!」とは言えませんが、ロッカー式では約15~20万円、東京の都心部となると約25~30万円ほどと言われています。

仏壇式ではロッカー式よりもスペースも広くなりますし、約30万円位が目安となるでしょう。

ただし、この金額は納骨堂の場所によって違ってきます

たとえば、東京なのか地方なのかによっても相場が違いますし、納骨堂の施設の新しさや大きさや施設の充実度などにより金額も変わってきますので、約30万円以上になったり、もっと安かったり、費用には大きな幅があると考えておいた方がよいでしょう。

スペース

お墓を一戸建てだとすると、納骨堂はマンションのような感じと言えるでしょう。

納骨堂のタイプによってスペースはさまざまですが、ロッカー式や仏壇式の納骨堂は、お墓と比べると格段に省スペースとなっておりますし、最新式の機械式タイプとなると、遺骨は別の場所にまとめて一ヶ所に安置されているため、お墓よりもさらに少ないスペースでの安置が可能となります。

寺院や霊園の納骨堂ではなく、都心にある機械式納骨堂を備えたビル型の納骨堂となると、まるで高層マンションのようなイメージですよね。

立地

お墓だとどうしても広い土地が必要となり、車がないと行けないような場所にありますよね。

一方、納骨堂はスペース的にも少ない面積での納骨が可能なため、誰もが気軽にお参りできるような交通の便が良いところに納骨堂を建設することができます。

お墓のように横に広がる土地がなくても、納骨堂なら建物を縦に伸ばしていけばいいだけです。

立地がよい場所に納骨堂があることで、年に何度でも簡単にお参りに行くことができることは、残された遺族にとって大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット

さて、次は納骨堂の気になるデメリット。
どんなものがあるのか見てまいりましょう。

線香や生け花ができない

納骨堂は屋内にあるため、建物の防災上の理由からお線香を禁止されたり、衛生面の理由から生花が禁止されるところが多いです。
ただ、納骨堂の中に設けられた共同祭壇などでお線香が可能なところもありますので事前によく調べておきましょう。

遺骨を納める期限が決められていることも

納骨堂には、遺骨を納めることができる期間に期限がある場合がほとんどです

納骨堂によって違いはありますが、一般的には33回忌までとか、長いところでは50回忌までなどと期限が決められており、その期限を終了すると合祀墓(家族ではない他人の遺骨と一緒に混ぜて埋葬される)などの永代供養墓へ納骨されます。

納骨堂を購入する際には、期限が決まっているのかどうかなどの気になる納骨堂の資料で仕組みを調べ、担当者に確認するなど念入りにしておきましょう。

納骨堂の仕組みまとめ

お墓

さて、今回の終活ねっとの納骨堂の仕組みについての解説は、いかがでしたでしょうか?

  • 納骨堂の仕組み
  • 納骨堂と永代供養の違い
  • 納骨堂のメリットとデメリット

大切な家族が亡くなり、自分が喪主になったり、兄弟間で話し合う必要性が出てこない限り、納骨について真剣に考える機会はありませんよね。

しかし、晩婚や非婚が多くなり、少子化がさらに進む現代においては、先祖代々からのお墓や自分自身の葬儀やお墓に対する考えも少しずつ変わっていくのではないでしょうか。

遠いところにあるお墓にお参りに行くことの難しさ、気になるお墓の管理など、残された子どもや孫達にとって負担とならないよう、もっと気軽に先祖の霊をお参りできる一つの場所として、お墓ではなく納骨堂という選択肢もあります。

大切なのは形ではなく、亡くなった人達に感謝し、お参りする気持ちだと思いますが、お墓や納骨堂は、あとに残されたご遺族が手を合わせ故人を偲ぶためのものでもあります。

今回の記事が皆様のご家庭のご事情をよく考えられた上で、最適のお参りの場所を見つけるきっかけとなれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「納骨堂・仕組み」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「納骨堂・仕組み」についてさらに知りたい方へ

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較のサムネイル画像

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

納骨堂に納骨できる期間に期限はあるの?期限つきのお墓を詳しく解説のサムネイル画像

納骨堂に納骨できる期間に期限はあるの?期限つきのお墓を詳しく解説

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!のサムネイル画像

ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「納骨堂・仕組み」についてさらに知りたい方へ

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較のサムネイル画像

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

納骨堂に納骨できる期間に期限はあるの?期限つきのお墓を詳しく解説のサムネイル画像

納骨堂に納骨できる期間に期限はあるの?期限つきのお墓を詳しく解説

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!のサムネイル画像

ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと