墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!

墓じまいを考えた時、その内容や費用と同時に気にかかるのが手間の部分ですよね。自分でどこまで出来るか分からない。やりたいけれど時間がない。そんな心配や不安を取り除いてくれるのが墓じまいの代行です。今回は、墓じまいの代行の内容と費用について解説いたします。

目次

  1. 墓じまい代行について
  2. 墓じまいの流れ
  3. 墓じまいの代行業者が行ってくれること
  4. 墓じまい代行業者に頼む際かかる費用
  5. 墓じまい代行まとめ

墓じまい代行について

お墓

様々なご事情により、お墓を手放すという選択をされる方々がいらっしゃいます。
その際、必ず行わなければならないのが、墓じまいという作業です。

墓じまいという言葉は、最近になってよく聞くようになりました。
しかし、なんとなく難しそうだと思って、少し身構えてしまいますよね。

そこで、今回の終活ねっとでは、

  • 墓じまいがどのように行われるか
  • 墓じまいを「代行」して貰った場合の一連の流れ
  • 代行して頂いた時の費用の目安

という点を中心に、墓じまいとその代行の内容を説明していきます。

墓じまい後に納骨する霊園が決まっていない方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

全国の霊園を、費用やアクセスで比較することができます。
資料請求や電話対応も可能です。(無料)

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

また、実際に改葬を代行してもらいたいという方は、こちらの終活ねっとのお墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓じまいの流れ

お墓

ここでは、人間同士の話し合いも大事な行程と捉え、墓じまいの流れをご説明します

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

物理的にお墓を無くすという行為だけなら、行政手続きをしっかりすれば行うことが出来ます。
しかし、墓じまいの本当の難しさは、人間関係の繋がりを確認したり、終了したりする部分にあるのです。

親族の同意を得る

お墓の管理で親戚一同と揉めた、というお話しを身近に聞いたことはございませんか?

一族のお墓がある場所は、その親族にとっては大事な帰る場所です。
また、家族の象徴としても捉えられています。
核家族化が進んだ現代においても、ご遺骨は先祖代々のお墓に入れたいという方も多いです。

お墓を守るのが困難だからといって、親戚に何の相談もなく墓じまいをするのは避けましょう。
ご親族に心の拠り所を勝手に壊したと認識されてしまい、身内のトラブルの元になるのです。

墓じまいをするにあたり一番最初に必要とされるのは、ご親族の方々の同意を得ることです。

承継者の意志は最もなのですが、死してなお繋がりを持つ場所がお墓であるという点を理解した上で、ご親戚の方に丁寧に事情をご説明して差し上げましょう。

お世話になっていた寺院に相談する

墓じまいをする時には、必ず魂抜き・閉眼供養という法要を行わなければなりません。

お墓にはそこに眠っている人達の魂が宿ると考えられています。
お墓に何かしら大きな作業の手を加える時は、そこに宿る魂にご移動や眠って頂くというお願いをして、お墓をただの石に戻さなければなりません。

その為に行われるのが、魂抜き・閉眼供養の法要です。
この法要は、お墓の菩提寺であるお坊様にお願いして行われます。

お寺の敷地内にある墓地では勿論ですが、共同墓地などお寺から離れている場所であっても大抵はお付き合いのあるお坊様にお願いするのが一般的です。

しかし、魂抜き・閉眼供養の法要は、そのお寺との長い付き合いを終わりにする時でもあります。
長くお付き合いのあるお寺であればあるほど、心の重くなるお話はしたくないものです。
これまで先祖代々に渡って御供養をして頂いた御礼は欠かさないようにしましょう。

お墓がお寺の敷地内や隣接した場所にあるのであれば、墓じまいの工事でご迷惑をお掛けすることへのお詫びと、ご理解とご協力をお願いする必要があります。

そして、墓じまいをせざるを得ない理由を丁寧に伝え、これまでの御供養への感謝の念を十分に申し上げましょう。

その上で、魂抜き・閉眼供養の法要と墓じまいに関する工事へのご協力をお世話になった寺院に相談して下さい。

遺骨を移動させる場所を選択する

墓じまいをするにあたり、ご遺骨を移動させる場所を先に決めなければなりません。

実際に墓じまいをなさった方々の例をみますと、以下のものが一般的なようです
勿論他にも選択肢はあります。

  • 永代供養を行う
  • もっと管理のしやすい墓地へ移す
  • 自然葬にて供養する
終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

ご遺骨の移動先が決まらなければ、墓じまいの手続きが進みにくくなります。
移動先はどのようになさるのかを事前にしっかり決めておくと良いでしょう。

まだご遺骨の移動先が決まっていないという方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
無料で資料請求や電話対応も可能です。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

行政で手続きを行う

次のご移動先が決まりましたら、行政手続きを行います。

手続きをするにあたり、元々お墓がある場所とご移動する先のお墓がある場所を行ったり来たりすることになります。

どの場所での手続きなのかを、しっかりと把握するところから始めましょう。
必要な書類は以下の通りになります。

  • 受入証明書(ご遺骨を移動する先の管理者から発行)
  • 埋葬証明書(今現在ご遺骨を納めている墓地の管理者から発行)
  • 改葬許可証(今現在お墓のある市町村役場から発行)
  • 改葬承諾書(これは必要な場合のみ)

改葬許可証は、受入証明書と埋葬証明書が揃っていなければ発行出来ません。
まず最初に、上記した二つの書類を手に入れるようにしましょう。

改葬許可証の申請には、改葬許可申請書を書いて提出しなければなりません。
改葬許可証の申請にあたり、墓地の使用者が申請者と異なる場合もあります。
その際は、墓地の使用者が承諾したことを示す改葬承諾書が必要となります。

現在の墓地の使用者が誰になっているのかも、必ず確かめるようにしましょう。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

手続きを行う時、注意して頂きことが一つあります。
改葬許可申請書は、お墓に入っているご遺骨分の枚数が必要という点です。
事前に埋葬証明書などからしっかりと把握してから、申請書を準備するようにしましょう。

石材店に頼み遺骨を取り出す

改葬許可証が発行されましたら、いよいよ本格的な墓じまいが始まります。

まずは、お墓の魂抜き・閉眼供養の法要を行います。
その後、ようやくお墓からご遺骨を取り出す作業となります。
この時、石材店に遺骨の取り出しを依頼することになります。

先祖代々のお墓であればあるほど、墓石の劣化は進んでおり、地盤の緩みなどから足元が不安定になっております。

また、ご遺骨を納めている入り口も狭くなっています。
ご遺骨を取り出す時に、誤って骨壷を落としたり怪我をしたりなどの事故の可能性も出て来ます。

ご自身の手でご遺骨を取り出したいというお気持ちもあるかと思います。
しかし、まずは安全に作業をすることを第一に考えて石材店にお願いしましょう。

墓地を更地にもどす

ご遺骨を取り出した後は、墓石やその周囲にある石材を完全に取り除いて墓地を更地に戻します。

「お墓を買う」という言い方をすることがほどんどですが、土地を買うということではありません。
お墓を建てる為の墓地は、永久的に使用する権利を買うということです。

墓地となる土地の持ち主は、その墓地を経営している各団体になります。
ですので、墓じまい・改葬の際には、そのお墓が建てられた時と同じように更地にしてお返ししなければならないのです。

墓石を取り除き、お墓が建っていた場所を更地に戻して終了となります。

墓じまいの代行業者が行ってくれること

人々

墓じまいの行程を確認してみて、やらなければならないことの多さに改めて驚きを感じますよね。
とても自分達だけでは出来そうにないと不安に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

様々な事情によりご遺族だけでは墓じまいを行う事が難しく困っているという場合、墓じまいの代行業者にお願いするという方法があります。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

代行業者は、ご遺族の意思を汲み取って動いてくれる、まさに墓じまいのプロです。
次に、具体的にどのような事を代行して頂けるのかをみていきましょう。

墓じまいの代行業者の種類

墓じまいに関して大きな流れは分かっていても、細かく調べていくとどうしても分からなかったり自分では無理だと思えるところが出て来ます。

そのような時に頼むのが代行業者なのです。
しかし実は、代行業者も請け負って貰える部分が少しずつ異なります。
そのため、墓じまいの代行業者の種類は慎重に選びましょう。

墓じまいの代行業者だと思っていたのに行政手続きはして貰えなかったり、代行業者に墓じまいをお願いしたら内容が思っていたのと違ったりなど、実際にトラブルになるケースも見られます。

墓じまいの代行業者として現在主になっているのは、

  • 墓じまいの行政手続きのみ代行する弁護士・行政書士
  • ご遺骨の取り出し・墓石の解体撤去工事までを代行する石材店
  • 墓じまいに関わる一切の行程を全て代行する代行業者(専属の行政書士がいる)
  • 墓じまいに関して可能なところは全て代行する代行業者(とくに行政手続きに関しては書類の発行から提出まで全てやって貰えるかを確認)

となります。

代行とうたっているならどこでも良いというわけではありません。
墓じまいの行程でどの部分をお願いしたいのかをはっきりしていないと、いざ墓じまいが始まってから慌てることになりかねません。

まずは墓じまいの行程の中で、どの部分を代行して欲しいのかを明確にしましょう。
その上で代行業者に連絡し、代行して貰いたいことを請け負って貰えるか確認して下さい。

寺院との交渉代行

寺院での相談の際には、墓じまいの理由などもきちんと申し上げる必要があります。
しかし、墓じまいに伴いその寺院の檀家を辞める、いわゆる離檀を巡ってトラブルがある場合があるのです。

寺院としても存続するためには、お布施やお墓の管理費などが必要となってくるので仕方ない部分もあるのですが、中には呆れる程高い離檀料を請求してくることもあります。

ご遺族からみると「寺院にご遺骨を人質として取られている状態」になるため、出来れば穏便にご相談を済ませたいところです。

こうした寺院へのご相談と墓じまいに関する工事のご理解・ご協力の交渉を、墓じまいの行政手続き代行をしてくださる弁護士・行政書士にお願いすることが出来ます。

何かトラブルがあったり悩んだりした時にも相談にのって貰えますので、ご自分では難しいと思われるようでしたら代行業者に相談してみましょう。

全ての手続き代行

墓じまいの手続きは全て法律に則って行われます。
墓じまいに関わる行政手続きは、全て弁護士や行政書士に代行してもらうことになります。

墓じまい代行とうたっている石材店であっても、この行政手続きの点に関してはご家族の代行を勤めることはできません。
その場合は代行業者から弁護士や行政書士をご紹介頂く形になります。

簡単に分けて考えますと、

  • 行政手続きをして各書類を発行してもらう作業は弁護士・行政書士
  • 既に発行されたものを提出するだけの場合はそれ以外の代行業者でもよい

ということになります。

解体・撤去費用を安く提供

石材店によって、墓じまいに関わる工事費用は様々です。

区画の大きさや何基のお墓を解体するかなどで費用も決まってきます。
個人で比較検討をすることも可能ではありますが、何をどう考えればいいのか悩んでしまうことも少なくありません。

代行業者では依頼頂いたお客様からの質問に丁寧にお応えし、悩んでいた部分を解決するためのアドバイスをして貰えます。
また、提携している業者をご紹介して頂くことで、解体・撤去の費用を安くすることも出来ます。

代行業者を上手に利用していきましょう。

墓石撤去解体工事

墓じまいの時には、その区画にある墓石の撤去・解体工事を行い、墓地を整地しなければなりません。

墓地の区画は「経営している団体から永久的に借りている状態」ですから、そこを立退く場合には元通りの綺麗な土地にしてお返しする事になるからです。

墓じまいではこの工事を石材店に代行して頂くことになります。
お墓を建てる時に既に一度お世話になっていますので、懇意になさっている石材店がおありでしたらそこに代行をお願いするのも良いでしょう。

もし、お墓の建てられた時代が古く石材店に心当たりがない場合は、トータルアドバイスも行なっている代行業者等にお尋ねしてみて下さい。

遺骨の移動・一時預かり

墓じまいによりご遺骨は一旦お墓から取り出されます。

既に、次に受け入れてくれるお墓が完成してご移動出来る場合は良いのですが、そうでない場合は何処かにご遺骨を受け入れて貰わなければなりません。

このような場合にもご遺骨の移動・一時預かりを代行業者が行なってくれます。

代行業者そのものに遺骨の移動・一時預かりがなくても、石材店が作業の一環として行なってくれることもありますので、その場合には代行業者からご紹介を頂いたり相談をしてみましょう。

ここまで読んで実際に代行サービスを利用したいと思った方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

これまで見てきたように、墓じまいはお墓をなくすという物理的行為だけではなく、行政手続きやお寺との話し合いなども必要になります。
もし自分たちだけで墓じまいをすることが難しい場合は、無理せず代行業者に依頼しましょう。

墓じまいをしたいという方はこちら

墓じまい・改葬をしたいという方は、終活ねっとの墓じまいをご利用ください。
面倒な行政手続きから、新しいご遺骨の移転先の手配まで承っています。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓じまい代行業者に頼む際かかる費用

お墓

墓じまいの代行をいざ頼もうと思った時に、一番気になるのがそのお値段ではないでしょうか。

手当たり次第に業者を比較検討しても、果たしてそのお値段が適正価格なのかどうかもよく分からなくなってしまう…実はそういう方は結構いらっしゃるのです。

代行業者のお値段は、頼む内容によって上下します。
なので、比較検討をする時には提示されたお値段だけではなく、そのお値段に見合うだけの仕事内容かを確認することが重要になってきます。

ここでは代行業者にお支払いする平均的なお値段と共に、その代行内容も一緒にご説明したいと思います。

お墓の撤去費用

墓じまいの解体撤去工事は、大きく分けて三つの工程があります。

  • 墓石やその周辺部分の石材店と基礎を解体撤去
  • 撤去したの区画を整地
  • 撤去した墓石や解体の際に出たコンクリートの処分

代行業者にお願いした場合のお墓の撤去費用は、その区画がどの位の広さかで決めていることが多いです。

一区画1平方メートル辺り5万円〜10万円が一番多く表示されている価格帯で、これを基準にして区画の広さでお値段が上がっていきます。

しかし、墓地に重機が入りにくく作業が困難な場合は、更に手数料が掛かることがあります。
ですので、実際に墓じまいを行なった方々が支払った平均金額は、20万前後が多いようです。

業者を選ぶ時に気をつけなければならないのは、最初に提示された金額の中に墓石の処分作業が含まれているかどうかです。

もし工事の内容が解体撤去と整地だけだった場合は、自分達で墓石を処分しなければなりません。
それとは逆に、墓石も新しく埋葬する墓地へ持って行く場合には処分する必要は無く、お支払いするお値段にも変化が出て来ます。

解体撤去工事をお願いする時には頼みたい内容をよく説明して、納得のいくまで話し合いをするようにしましょう。

お坊さんに渡すお布施

墓じまいをする際には、魂抜き・閉眼供養の法要を行わなければなりません。

法要の際には、お坊さんへの感謝の気持ちとしてお布施を包む必要があります。
また、檀家を離れる際には離檀料を支払わなければなりません。

閉眼供養のお布施

墓じまいをする前に必ず行われるのが魂抜き・閉眼供養の法要です。

これに関しては寺院のお坊様に法要をお願いすることになります。
この際お坊さまにお渡しするのがお布施です。

魂抜き・閉眼供養でお渡しするお布施の平均金額は、2万円〜5万円となっています。
しかし、法要をお願いしたのがお付き合いの長いお坊様の場合、10万前後をお包みしたという方もいらっしゃいます。

閉眼供養のお布施は、普段から法要の際にお包みしている金額を包むのが基本です。
また、地域の慣習やそれまでのお付き合いの兼ね合いからお包みする形でも良いでしょう。

この他にお墓までの移動距離が遠かったり法要後に会食が催されるという場合でしたら、お布施の他にお車料やお膳料を一緒にお渡ししましょう。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

お布施というのは、法要を行なってくれたお坊様に対する寄付です。
費用相場にこだわらず、お坊さんへの感謝の気持ちとして金額を包むようにしましょう。

離檀料

離檀料はその寺院の檀家を辞める時にこれまでの御礼の意味でお渡しするものです。
実際にお渡しした例の平均金額では、10万円〜20万円前後が一番多いようです。

寺院や周囲の地域の決まりによってある程度の金額が決まっている場合は、その慣習に従った金額をお包みするようにしましょう。

もし決まりがない場合には、まず寺院に離檀する事情を丁寧に話してご理解を頂きます。
その上で、離檀料をお聞きしてお渡しするのが良いでしょう。

しかし、離檀料を巡って法外な金額を要求されたとして、裁判に発展したケースもあります。
トラブルが発生したのは、お付き合いが薄く意思の疎通が上手くいかなかったためです。

もしご不安があるようでしたら、離檀料のご相談の段階で弁護士や行政書士に代行もしくは同行をお願いし、スムーズに話しが進むようにしましょう。

弁護士や行政書士にお支払いする費用は、実はマチマチとなっています。
トラブルがなくスムーズにお話がまとまれば、10万円前後〜20万円前後が目安となります。

離檀料についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

墓じまい・改葬の離檀料とは?気になる費用相場について解説します!

お墓の維持管理が難しくなり、墓じまいをお考えの方が増えてきました。墓じまいするに当たって、お世話になったお寺への離檀料が必要になると聞いたことはありませんか?トラブルなく離檀をするにはどうしたらいいのでしょうか?離檀料の費用や相場について解説します。

新しい移転先へ払う費用

墓じまいの後、どのようにご遺骨を供養するかは人それぞれです。
選択した供養形態によって、移転先で支払う費用は変わってきます。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

ここでは、供養先として一番認識されている3つの形態を紹介します。
①永代供養、②新しい墓地での埋葬、③自然葬に焦点を当ててご説明致します。

永代供養に掛かる費用

永代供養は、ご遺骨を永代的に供養するお墓に埋葬するというのが一般的な認識ですよね。

しかし実は、永代供養墓は各寺院や施設によって様々な形で存在しており、規模や施設の充実度によってかかる費用も変わってきます。

例をあげますと、

  • 墓石を立てて納骨し永代供養する単独墓
  • 納骨は単独だが墓石ではなく小さな石碑などが集合して立てられている集合墓
  • 他家のご遺骨と混ざった状態で収められ大きな石碑を建てる合祀墓

となります。

単独墓や集合墓の場合は、ご遺骨が単独で納骨されています。
もし永代供養後に自然葬などで供養する場合でも、ご遺骨の引き取りが出来るという利点があります。

それぞれの平均金額は単独墓で約40万円〜50万円、集合墓は約20万円前後、合祀墓は約10万円前後となっております。

永代供養を代行業者に頼む場合は、まずどのような永代供養にするのかをお決めになった上でご相談しましょう。
上記の平均金額に、代行業者の代行料金がプラスされた分が合計費用となります。

永代供養についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧下さい。

こちらも読まれています

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

永代供養のお墓では、お墓の管理や供養を墓地管理者が行います。お墓の承継で悩む必要はなく、永代供養のお墓にする方も増えています。しかし永代供養のお墓といっても供養の仕方などがよく分からず、不安な方も多いでしょう。永代供養できるお墓について分かりやすく解説します。

新しい墓地に移動する場合の費用

新しい墓地へとご遺骨を移動する場合に必要となってくるのが、移動前にお墓を建立して開眼供養をする事と供養の後に納骨をすることです。

しかし、改葬元にあった墓石をそのまま移動したり、タイミングが悪く新しい墓石が建立出来ないなど、事情が重なりスムーズにいかない場合もあります。

このような改葬の代行をお考えの際は、墓石を再び改葬先で組み上げて整えたり墓石を新しく建立した後、その間にご遺骨を一時預かりして開眼供養後に納骨までして貰える業者を探してみましょう。

この一連の工程をどこまで行うかは各業者によって様々なのですが、改葬元の解体撤去から改葬先への移動までを行う場合で平均して、新しい墓地への移動にかかる費用は30万円前後〜50万円前後とあるようです。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

上記の金額は、あくまで改葬をしてくれた代行業者へ支払う費用の目安です。
新しく墓地にかかる永代使用料や墓石の購入費用は含まれていないので注意しましょう。

新しい墓地を探したい方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

自然葬による御供養の場合

今新しいご供養の方法として、自然葬を行う方々が増えております。
樹木葬や散骨というご供養が一番お聞きになられたことがあるのではないでしょうか。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

自然葬による御供養は、新しい形態であるためにまだ法整備が整っていません。
ご供養をする際には、自然葬をコーディネートする業者にお申し込み頂くのが一般的になっております。

散骨

散骨は、内容によって金額は様々となっています。
海に散骨する海洋散骨での御供養の場合を例に挙げます。

船を一隻チャーターしてプライベートで散骨する場合は、約20万円前後〜30万円前後かかります。
他家と合同で行う場合は10万円前後、業者にご遺骨をお渡しして代行して貰う場合には2万円前後〜8万円前後となっております。

散骨についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

昔は埋葬と言うと、お墓に納めるだけでしたが、最近では永代供養墓、納骨堂、樹木葬をはじめとする自然葬など数多くの埋葬方法があります。中でも注目を集めているのが散骨などの自然葬です。お墓を持たない散骨は、どのようなシステムなのか気になります。

樹木葬

樹木葬の場合は、埋葬が許可された土地にご遺骨を埋葬しますが、個別で行うか合同で埋葬するかで費用の差が出てきます。

その平均金額は20万円前後〜70万円前後ですので、永代使用料が合同か個別かで差があるという感じで考えて頂ければ分かりやすいかと思います。

ご遺骨を渡して代行をお願いする場合には、上記の金額にご遺骨の受渡しに必要な交通費プラス手数料となります。

樹木層についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓と樹木葬の違いって?樹木葬の流れや費用について解説します!

樹木葬というと自然の中に埋葬してもらえるということで注目を集めていますが、一般的なお墓とは何が違うのでしょうか?今回は、樹木葬について知りたいという人のために、お墓との違いと樹木葬にかかる費用とメリット、注意点について紹介します。

開眼供養のためのお布施

新しくご用意したお墓にご遺骨を納めるためには、その前に開眼供養を行わなければなりません。
この開眼供養も寺院のお坊様に行なって頂きます。

開眼供養の際も、閉眼供養の時と同様にお布施をお渡しします。

普段からの法要と同じ金額をお包みしてお渡しすれば大丈夫です。
この場合も必要に応じてお車料やお膳料を一緒にお渡ししましょう。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

離檀して御坊様にお心当たりがないという方もいらっしゃいますよね。
その場合は、墓地の経営団体や墓じまいのコーディネート等の業者から御坊様をご紹介して頂けることもありますので、安心して業者に相談してください。

墓じまいにかかる費用相場についてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

墓じまい代行まとめ

お墓

墓じまいの代行とその内容や費用について、いかがでしたでしょうか。
この記事では

  • 墓じまいの内容と流れについて
  • 墓じまいの代行業者の代行内容
  • 代行業者に頼んだ場合の費用

について詳しくお話しさせて頂きました。

自分達で出来るところは自分達でと思うのは当然の感情なのですが、どうしても出来なかったり分からなかったりする時には代行業者にお願いするのも良い選択ではないでしょうか。
この記事が皆様の選択の助けになりますよう心より祈っております。


終活ねっとでは、「墓じまい代行」以外にも、「葬儀・お墓・相続・仏壇」など終活に関する記事を多数掲載していますので、他の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後までお付き合い頂きましたありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「墓じまい・代行」に関連する記事

「墓じまい・代行」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「墓じまい・代行」についてさらに知りたい方へ

墓じまいにかかる費用はいくら?改葬の相場・手順を紹介します!のサムネイル画像

墓じまいにかかる費用はいくら?改葬の相場・手順を紹介します!

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きについて解説しますのサムネイル画像

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きについて解説します

墓じまいの費用の相場を解説します!改葬や墓石の処分も!のサムネイル画像

墓じまいの費用の相場を解説します!改葬や墓石の処分も!

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!のサムネイル画像

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと