大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷について

手元供養という新しい形の供養を選ぶ方が増えてきています。 骨壷とは思えないような美しいデザインの骨壷は、インテリアの一部としても違和感がありません。 近年のライフスタイルの変化により、今後ますますニーズが高まるであろう手元供養についてご紹介します。

目次

  1. 手元供養のための骨壷について
  2. 手元供養にお勧めの骨壷の大きさ・費用は?
  3. 様々な種類の手元供養用骨壷も人気
  4. 手元供養をしなかった遺骨はどうするの?
  5. 骨壷以外の手元供養方法
  6. 手元供養のための骨壷まとめ

手元供養のための骨壷について

お墓

手元供養という言葉を初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。
手元供養とは、一体どのようなものなのでしょうか。

これは、その言葉の通り大切な方の遺骨をご自分の手元に置いたまま供養することです。

現代では核家族化などとも呼ばれ、家族での過ごし方や暮らし方もずいぶん変化してきました。
そういった事情もあり、供養の方法も様々に変わってきているのですね。

古来より、日本人はお墓参りに行ったり仏壇に手を合わせたりという方法でご先祖の供養をしてきました。
お墓や仏壇の前でお祈りをすると、故人と向き合ってお話をしているかのような気分にもなりますよね。

しかしその一方でお墓が遠かったり、経済的な理由からお墓を建てることができなかったりと、様々な理由でお墓での供養が難しい方もいらっしゃいます。
また、故人が大切だったからこそ、常に近くでその存在を感じたいという方も増えてきているようです。

形式にとらわれず、自由な方法で供養をするという新しい形が手元供養なのですね。
いつでも供養を行えるということで、最近では人気が高まっています。

骨壷を家に置いておくことに抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、最近では骨壷には見えないような洗練されたデザインのものもあるのです。
大切な方を亡くした時の寂しさというのは言葉にできないものですが、いつでも身近にその存在を感じられれば喜びも大きいですよね。

そこで、この記事では、手元供養の方法や、どんな骨壷があるのか、といったことをご紹介していきます。

  • 手元供養にはどんな骨壷が必要?
  • 手元供養の骨壷にはどんな種類がある?
  • 手元供養で残った遺骨はどうすれば良い?

手元供養にご興味があるという方はもちろん、初めて知ってご興味を持ったという方もご参考にしていただければと思います。

手元供養にお勧めの骨壷の大きさ・費用は?

お墓

大切な故人の遺骨を身近に置くことのできる手元供養
実際に手元供養を選んだとしてどんな骨壷を選ぶべきなのか、迷うところですよね。
どんな大きさが良いのか、また費用はどの程度かかるのかという部分が気になるという方も多いかもしれません。

そこでまずは手元供養の際におすすめの骨壷の大きさと、かかる費用についてご紹介してまいります。

まず、骨壷の費用について一緒に見ていきましょう。
手元供養に使用される骨壷は、一般的な骨壷よりも小さめの作りとなっています。

小さいもので、片手に収まる程度。
大きいとされるものでも、両手のひらに入る程度の大きさとお考えになってください。

費用はだいたい数千円から数万円です。
高いものですと20万円ほどになりますが、最近では実に様々な価格帯の骨壷が販売されていますから自由に選ぶことができます。

次にサイズ別で骨壷のタイプをご紹介していきます。
骨壷のサイズは、「寸」というタイプで分けられています。

もっともよく知られている一般的な骨壷は地域差もありますが、関東では7寸、関西では5寸ほどの大きさのものが多いです。

これは、火葬後の遺骨を納めるような骨壷をイメージしていただくと良いかもしれません。
また、複数の遺骨をまとめる際には8〜10寸、ペット用に4〜7寸の骨壷もあります。
手元供養に使われる骨壷は、2〜3寸程度の大きさというのが主流です。

通常の骨壷よりもかなり小さめだということがわかりますね。
手元供養を選んだ際に、まず念頭に置いていただきたいのが「どの程度の遺骨を手元に残すのか」ということです。

それによって購入するべき骨壷のサイズも変わってきますから、まずはこの点をしっかり考えておきましょう。

片手サイズの大きさ

片手サイズの大きさの骨壷は、高さは約4〜8cm、口径は1〜3cmのものが多いですね。
容量は最小のもので2cc、最大でも80ccです。
材質にもよりますが、重さも大きいもので300グラムほどです。

片手サイズということもあり、持ち運びがしやすいのが特徴です。
そのため、仏壇以外の小さなスペースに飾りやすいですし、蓋がしっかりとしているものであれば、ご旅行などのお出かけに持参することも可能です。

安いもので1000円程度から販売されています。
だいたい3千円〜3万円程度が一般的です。

両手サイズの大きさ

次に、両手サイズの骨壷についてご説明いたします。
両手サイズのものですと、高さは約9〜10cm、口径は5〜6cmです。
容量も増え、最大で280ccほどのものもあります。

片手サイズの骨壷に比べると、ずいぶんとしっかりした印象です。
その分、遺骨が納められているのだと常に意識できるでしょう。
片手サイズの骨壷よりも、もっと故人の存在をしっかりと感じたいという方にはおすすめです。

価格は4千円程度から5万円程度が一般的ですが、デザイン材質によって価格の幅は広いです。

喉仏の遺骨が入るくらいの大きさ

仏様が座禅を組んでいるかのように見えることから喉仏という名前がついたこの部位。
仏様のイメージが強いこのお骨には、専用の骨壷もあります。

注意しなければならないのは、お骨にも人それぞれサイズや形状の違いがあるという点です。
喉仏のお骨は、そのほとんどが直径6センチほどなので、喉仏専用の骨壷も直径が6cmくらいのものが主流です。
価格は6千円〜5万円程度です。

しかし、喉仏専用の骨壷を希望するのであれば、個人差もあるため、事前にきちんとサイズを測ってから選んだほうが安心でしょう。

様々な種類の手元供養用骨壷も人気

葬儀

様々な事情により、手元供養を選ぶ人の増えている現代。
その背景にともなって、手元供養用の骨壷もバリエーションが豊かになりつつあります。

とても種類が豊富で、インテリアに馴染むものや骨壷には見えないおしゃれなものも人気が高まっているようです。

故人が好きだった色や柄、素材に合わせて選択するということも可能ですよ。
せっかくお手元に置いて一緒に時間を過ごせるのですから、気に入ったものを選びたいですね。
次の項目では、素材別の骨壷をご紹介していきます。

ガラス製

光が透けて見えるガラス製の骨壷は、なんといってもその美しい見た目が最大の特徴でしょう。
職人が一つ一つ手作りをしているメーカーもあり、美術品のような高いデザイン性も魅力です。
近年の手元供養の広がりを受けて、ガラス職人や工芸家が一つずつ丁寧に制作している骨壷もあります。

手作りのガラス工芸品といえば、この世に二つと同じもののない一点ものですから、より愛着もわきますね。
インテリアの一つとしてもお部屋に馴染むでしょう。

リビングはもちろん、寝室に飾っても、故人の思い出と共に心を癒してくれそうですね。
ただし、ガラスなので落としたり割ったりということがないよう、扱いには十分に気をつけてください。

木製

骨壷といえば、素材は陶器というイメージをお持ちの方も多いかと思います。
しかし、最近では木製の骨壷というものも販売されているのです。
木製の骨壷の魅力はその素朴なあたたかさでしょう。

素材にもこだわりがあります。
ウォールナットやヒノキ、コクタン、ミズナラなどその種類は実に幅広く、生前に好んでいた木がある方には喜ばれるでしょう。

木独特の爽やかな香りに包まれて、優しい気持ちになれそうですね。

石製

重厚な雰囲気で、高級感あふれる素材がお好きだという方におすすめなのが、大理石の骨壷です。
石の風合いというのも、切り出し方によって全く違ったものとなります。

そのため、石でできた骨壷もガラス製のもの同様、一点ものの骨壷となり得るでしょう。
石製のものは、耐久性が高いことが特長です。

大理石の他には、墓石にも使用される花崗岩や見た目の美しさが際立つオニキスなどもあります。
故人の好みも反映できますね。

陶器製

次に、陶器製の骨壺についてご紹介いたします。
一般的に、骨壷といえば多くの方が頭に思い浮かべるのが陶器の骨壺なのではないでしょうか。

陶器の骨壺には、瀬戸焼、信楽焼、豊泉窯焼などの種類があります。
生産地も様々で、石川県や佐賀県、滋賀県が有名ですね。
釉薬を掛けた、美しい色合いも素敵ですよね。

お手入れの際は、柔らかい布や毛ばたきなどを使用して優しくホコリを払いましょう。

手元供養をしなかった遺骨はどうするの?

お墓

現代の新しい供養の形として広まりつつある手元供養。
そうはいっても、遺骨を身近で保管することが、法律的には問題ないのかどうか、ということが気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

結論から申し上げると、手元供養として遺骨を自宅で保管することには、法律的な制限はありません

1948年に制定された「墓地、埋葬等に関する法律」で、その第4条に「埋葬または焼骨の埋蔵は、墓地以外の場所に行ってはならない」という旨の記載があります。
これだけを読むと、遺灰や遺骨は必ず墓地に埋葬されなければならない、という風にも読み取れますよね。

そのため、手元供養が法律に違反するのではないかと考える人も多いようです。
しかし、実際に上記の法律が示しているのは、「霊園や納骨堂などの定められた場所以外での埋葬を禁じる」というもの。

つまり、他人の所有する土地や自宅の庭などに遺灰や遺骨を埋葬するのは禁止とされているのですが、「焼骨を自宅で保管する」という行為は合法とされているのです。
自分の家の中で個人的に供養をするということには、何の問題もありません。

埋葬というのは、土の中に埋めることをさします。
そのため、たとえ自宅の庭であっても、遺灰や遺骨の埋葬はできませんが、土中に埋めずに骨壷などに入れて自宅で保管することは法律には違反しません。
安心して、お手元で供養してくださいね。

とはいえ、手元供養に使用されるお骨の量には制限があります。
手元供養用の入れ物に入れた場合、90%の遺骨が残ってしまうと言われています。
手元供養のほとんどが、遺骨の一部を保管しやすいように加工したり、骨壷に納めたりするのですが、このようにどうしても入りきらない部分が出てきてしまいます。

そういった、手元供養として手元に置くことのできない遺骨はどうなるのでしょうか。
保管ができないからといって処分するというのも気が引けますし、だからと言って、自宅の庭などに埋めてしまえば、先に述べた法律に引っかかってしまうことも考えられます。

そこで、手元に置ききれなかった遺骨をどうすれば良いのか、次にご紹介していきます。

永代供養

永代供養というのは、家族や親戚など、お墓を守る身内の人間に代わって、お寺がその管理・供養を引き受けてくれる供養のことをいいます。
費用は、最安で3万円からですが、相場は5万円から30万円とお考え下さい。

もし、残った遺骨を別の親戚のお墓などに入れてもらうことが可能であれば、それも良いかもしれません。
しかし、そもそもお墓が遠方の場合や、諸事情によって身内のお墓に入れることが困難なこともありますよね。

また、遺骨の保管のためだけにお墓を建てるというのも、費用の面からいえば難しいかもしれません。

そんな時はお寺に相談してみましょう。
お墓を建てるよりも費用を抑えることができますし、お寺に定期的に供養をしてもらえるため安心です。

もちろん、お彼岸などの時期にはお墓参りに行くこともできます。
ご自宅の近くにあるお寺に相談するのが一番確実な方法なので、永代供養をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

散骨

手元供養を選択した方の多くが選ぶのが、散骨といわれています。
まず、散骨を選んだ場合に考えなければならないのが業者に依頼するか、個人で全てを行うかという点です。

遺骨を粉にする粉骨という作業は、部位によっては金槌が必要になるなど、ある程度の労力が必要とされます。
また、海に撒くといっても、沖合にまで出る必要があります。
沖合にまで出るにはボートも必要ですよね。
初めてのことであれば、勝手がわからず戸惑うことも多いでしょう。

業者に依頼する場合、粉骨から散骨までの一連の流れを全て引き受けてくれるところもあります。
しかし、その場合遺族は立ち合いができません。
費用は5万円程度で安くなっています。
ただ安いということは魅力の一つですが、少々寂しさを感じる方もいるようです。

丁寧な散骨をし、故人とのお別れもきちんと行いたいという方には、サポート散骨がおすすめです。
これは、散骨が許されている山や海などのポイントに業者が案内してくれるサービスです。
散骨そのものは、遺族が行うことができるため良い思い出にもなるでしょう。
海に散骨したいという方には、ボートも用意してもらえます。

例えば、船をチャーターし、身内だけで散骨をする場合、費用は30万円〜50万円です。
一方、他の家族と合同で行う場合は、10万円程度です。
自社で船を所有している業者の場合、もう少し価格が下がることもあるようですが、葬祭業者が行う散骨のサービスにはオプションが多く、そのために費用もかさみがちです。
必要なもの、不必要なものをきちんと見極める必要がありますね。

その他には、空中散骨という方法もあります。
これは、飛行機に乗り、空の上から散骨するものです。
飛行機のチャーターが必要となるため、こちらも少々高額で、だいたい30万円〜と言うのが相場です。
ただし、日本国内では対応している業者が少ないというデメリットもあります。

また、意外な方法として、宇宙葬もあります。
これは、バルーンを使って成層圏までお骨を打ち上げるというダイナミックな散骨です。
重量制限があるため、1人分からとなっています。
費用はだいたい20万円です。
思ったよりも費用が高くないのが特徴です。

散骨にあたっては、特別な許可等は必要がありません。
そのため、役所などで手続きや申請をするということも必要がないのです。
故人が好きだった場所や思い出に沿った散骨ができると良いですね。

樹木葬

自然に還るという観点から、少しずつ、選ぶ人も増えてきているのが樹木葬です。
樹木葬には主に二つのタイプがあり、公園型と里山型に分けられます。

公園型は、施設内に個別の区画を設けたタイプと、シンボルとなり得るような1本の木の下に合同で埋葬されるタイプの2つがあります。
里山型は、大自然の中で眠るというイメージで、植樹することから里山を育てる社会貢献にもつながります。

注意点としては、きちんと届出のなされた場所でしかできないということ、また、墓地への管理料が発生する場合があるということです。
費用に関しては、10万円から80万円と幅広いのが特徴です。
お墓を建てるのに比べて、かなり費用を抑えられる点は魅力ですね。
また、永代供養の形となるため、後継者がいなくとも心配する必要はありません。

そしてもう1つ、注意点があります。
里山型の供養の場合、埋葬場所がわかりづらくなってしまうというデメリットがあるのです。
また、大自然の中に作られている霊園の場合は、お墓参りに行くのが大変ということも考えられます。
費用はもちろんのこと、お墓参りに行くのが困難になってしまわないか、事前に確認することが必要となってきます。

骨壷以外の手元供養方法

お墓

アクセサリー加工

大切な故人の存在を常に身近に感じられる手元供養。
最近ではアクセサリーの形にしてくれるサービスもあります。
例えば、ペンダントや指輪、ブレスレット、ブローチなどです。

遺骨や遺灰を納めることができるように作られているので、一緒にいるという感覚がより強くなります。
肌身離さず着用することができるアクセサリータイプは、素材にもよりますが、ペンダントタイプで2万円〜20万円、指輪タイプ、ブレスレットタイプで数千円〜4万円程度、ブローチタイプで3万円程度というのが相場のようです。

ジュエリー加工

遺骨を加工してジュエリーにするサービスです。
原石のままでも受け取りは可能ですが、ダイヤモンドに加工した遺骨を元に、ペンダントトップや指輪を作ることも可能です。

一見すると、遺骨から作られているとは思えない美しさで、徐々に人気も高まってきています。
費用は40万円〜250万円といわれています。

日本国内では遺骨の加工ができないため、海外の工房に依頼することになります。
そのため、受け取りまでに3ヶ月〜半年と長い時間がかかってしまいます。

オブジェ加工

遺骨の一部を加工することでオブジェとして生まれ変わらせるのがオブジェ加工です。
見た目が美しいため、お仏壇に置くことはもちろん、インテリアの一部として棚の上などに飾っても違和感がありません。

容器の中に遺骨を納めるタイプのオブジェもありますし、遺骨そのものを陶器に混ぜてセラミック加工の器を作るという方法もあります。

オブジェの中に遺骨を納めるタイプのものであれば、1万円〜10万円程度、遺骨を加工する場合は、業者に問い合わせが必要となってきます。

メモリアルプレート

メモリアルプレートは、エターナルプレートとも呼ばれます。
これは、焼骨成分を多く含むセラミックプレートのことです。

お骨が加工され、新しい形になって生まれ変わるようなイメージですね。
セラミックという性質上、耐火性、耐食性に優れています。

プレートに故人の名前や出生、死亡年月日までを刻印することもできます。

横70㎜×縦30㎜×奥行き10㎜のスモールタイプで約20万円
横85㎜×縦40㎜×奥行き12㎜のレギュラータイプで約25万円

この辺りが相場のようですね。

手元供養のための骨壷まとめ

お墓

いかがでしたか。
手元供養と一言にいっても、その方法には様々な種類があるということをご説明してまいりました。

  • 手元供養の骨壷には様々な種類があり、自由に選ぶことができる
  • 手元供養で残った遺骨は、永代供養や散骨、樹木葬などで埋葬することができる
  • 骨壷以外にも遺骨を加工するサービスが数多く出ている

新しい形の供養として人気が出始めている手元供養には多くの選択肢があり、故人の好みに合わせて選ぶことが可能だということがわかりました。
もちろん、生前にご自分の供養方法を選んでおくこともできます。

少子化が進み、お墓の後継者も少なくなってきている現代ではこれまでのお墓のあり方も変わってきているようです。
故人の存在を常に身近に感じることができ、後継者の必要性もない手元供養。
ひとつの形として、ご参考にしてみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「手元供養・骨壷」に関連する記事

  • 遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

    遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

    大切な人を、亡くなった後もずっと身近に感じられたなら…そう思ったことはありませんか? 遺骨を手元供養すればそれが可能になります。 終活ねっとでは遺骨の手元供養について具体的な種類や方法を紹介します。 ぜひあなたに合った形を見つけてくださいね。

  • 手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

    手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

    跡継ぎやお墓参りが難しくなり、墓離れが進む現代。手元供養という新しい方法があるのをご存知ですか?今回は手元供養の方法や手順について詳しく解説していきます。お墓の継承に悩んでいる方、新しい供養の方法を検討してみてはいかがでしょうか?

  • 手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介のサムネイル画像

    手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介

    新しい供養のひとつ、手元供養をご存知でしょうか?故人を身近に感じられる手元供養は、現代のライフスタイルに合った方法として人気が高まっており、種類も豊富になってきています。今回は手元供養用の種類や費用について具体的にご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

  • 遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

    遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

    遺骨供養に手元供養という選択肢があるのをご存知ですか?今回は手元供養についてメリット・デメリットから、手元供養を行う際の書類、金額別の遺骨供養方法まで、手元供養に関する情報をまとめてみました。あなたにぴったりの手元供養の方法が見つかるかもしれません。

  • 遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

    遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

    遺骨の「手元供養」はお墓のいらない新しい感覚の供養方法です。お墓離れという言葉もある現在、遺骨の「手元供養」が注目を集めています。今回は遺骨の「手元供養」についてご案内します。アクセサリーやプレートなど、手元供養にぜひおすすめのアイテムも紹介していきます。

  • お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!のサムネイル画像

    お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!

    都市化と生活スタイルの変化によるお墓離れが進んでいます。宗教観の変化、お墓のある田舎が遠い、経済的にお墓を建てることが難しいなどの理由があります。そこで従来の供養に代わる方法として手元供養が注目されています。今回はお墓に代わる手元供養についてご紹介いたします。

  • 我が家で手元供養、インテリアとしても使える骨壷を紹介しますのサムネイル画像

    我が家で手元供養、インテリアとしても使える骨壷を紹介します

    美しくかわいらしい骨壷があるのをご存知ですか?故人を偲ぶ方法として手元供養をする方が増えてきています。さりげなく身近に置いて一緒に過ごせる手元供養におすすめの骨壷を紹介します。

  • 墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

    墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

    最近では墓じまいをして手元供養を考える人もいるようです。 手元供養なら身近に遺骨を置くことができるのでいつも一緒にいることができますし、お墓の承継者や経済的な負担の問題から手元供養を選ぶ人もいます。 ここでは、墓じまいをした後の手元供養の方法について紹介します。

  • 手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説しますのサムネイル画像

    手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説します

    最愛の人のご遺骨は、毎日身近に感じられるように、手元供養したいと思いますよね。でも、そのためには費用がどれぐらいかかるのか、相場や内訳をしっかり把握しておきませんか?今回は、手元供養の費用についての内訳や相場を開設したいと思います。ぜひ、最後までご覧ください。

  • 新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説のサムネイル画像

    新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説

    昨今の墓地事情や宗教観の変化により遺骨を身近な処で供養する手元供養を選ばれる方々が年々増えています。 新しい供養の在り方として注目を浴びていますが、注意点も存在します。 ここでは手元供養の概念と方法、そして注意点を解説いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「手元供養・骨壷」についてさらに知りたい方へ

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介のサムネイル画像

手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!

我が家で手元供養、インテリアとしても使える骨壷を紹介しますのサムネイル画像

我が家で手元供養、インテリアとしても使える骨壷を紹介します

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説しますのサムネイル画像

手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説します

新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説のサムネイル画像

新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「手元供養・骨壷」についてさらに知りたい方へ

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介のサムネイル画像

手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと