新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説

昨今の墓地事情や宗教観の変化により遺骨を身近な処で供養する手元供養を選ばれる方々が年々増えています。 新しい供養の在り方として注目を浴びていますが、注意点も存在します。 ここでは手元供養の概念と方法、そして注意点を解説いたします。

目次

  1. 手元供養ってどんな供養なの?
  2. 手元供養の法令上の注意点について
  3. 手元供養を選択する際の注意点
  4. 手元供養を自宅で管理する際の注意点
  5. アクセサリー加工を選択する際の注意点
  6. 手元供養をしなかった遺骨をどうするか
  7. 手元供養の注意点まとめ

手元供養ってどんな供養なの?

葬儀

最近、手元供養という言葉を耳にしませんか?

お墓に遺骨を納め、お盆や命日にお墓参りに行くのが従来の供養です。

一方で、手元供養とは火葬した後、従来お墓や寺院に納めていた遺骨の全て、或いは一部を自分の手元に留め、故人を身近に感じる供養の仕方です。

昨今、様々な事情により、手元供養を選ばれる方々が増えています。
手元供養は様々なメリットがありますが、当然デメリットも存在します。

今回終活ねっとでは、以下に挙げる手元供養を選ぶ際に生じる注意点について順を追って説明していきます。

  • 手元供養の法令上の注意点
  • 手元供養を選択する際の注意点
  • 遺骨を自宅で管理する際の注意点
  • アクセサリー加工する際の注意点
  • 手元供養しなかった遺骨はどうしたらいいのか

手元供養を選択する際には気を付けなくてはならない点がたくさんあるので、ぜひこの記事を最後まで読んで知識を増やしていってください。

手元供養の法令上の注意点について

葬儀

手元供養を選択される場合には、まずいくつかの法令上の注意点が存在します。

第一に、遺骨を手元で管理する場合は必ず火葬場で火葬証明書、または分骨証明書を発行してもらい、それを保管しておかなければなりません。

いざ急にお墓や寺院に納骨することになった時にこの火葬証明書や分骨証明書が無いと、墓地や寺院で納骨を受け付けてくれません。
墓埋法によりこれらの証明書を受理してからでないと、納骨を受ける側は法で罰せられてしまうからです。


第二に、たとえ仲の良い親友であったとしても、身内以外の遺骨を手元に管理することはできません。

墓埋法により他人のお骨を収蔵できるのは各都道府県の許可を受けた寺院や墓地だけに限られているからです。


第三に、保管場所に注意しなければなりません。

遺骨を骨壷に収め、仏壇や供養が出来るような棚の中に保管してあれば問題はありません。
しかし、自宅以外の場所に遺骨を保管した場合や、自宅でもそれに相応しくない場所に放置してあった場合は死体遺棄とみなされ法で罰せられてしまいます。

手元供養を選択する際の注意点

葬儀

手元供養を選択することなったら、法令以外にもいろいろ考えなければならない注意点がいくつも存在します。
ここでは手元供養を選択する際に生じる注意点を説明してゆきます。

分骨をすることに抵抗がある人もいる

分骨とは、本来すべてを骨壺に納めるはずの遺骨や遺灰の一部を、別の骨壺に分けて身近なところで供養することです。
体の一部を切り離してしまうことですから、心理的に抵抗がある方もいらっしゃることは事実です。

死後の復活を信じているキリスト教やイスラム教では、遺体の体の全てが備わっていることを大変重視します。
さもなければ、復活の日が訪れた時に、失った体の一部はもとに戻らないからです。

しかし、本来の仏教では死後別の世界に生まれ変わるので、この世に残っている魂の抜けてしまった遺体は余り意味を持ちません。

仏教の開祖であるお釈迦様は入滅したあと、その遺体は荼毘に付され、その遺灰は「仏舎利」として世界各地に散らばり信仰の対象となっています。

分骨することで故人を身近に感じ敬うこと自体は仏教では決して悪いことではないのです。
身内に分骨を反対するような方がいた場合には、事前にきちんと話し合いをする必要があります。

遺族の同意を得る

故人の遺骨は、たとえそれが自他ともに認める最愛の伴侶のものであったとしても、往々にして一人だけのものではありません。

大抵の場合、親兄弟、あるいは子供たちがいますし、遺骨は親族の方たちにとっても故人を敬い供養する対象となるのです。

特に遺産相続などで揉めている時には、遺骨を確保することが家を継いでいるという証拠となるため醜い争いの種となるのです。

また古くからの言い伝えで、四十九日までに納骨しないと縁起が悪いと信じている方もいらっしゃいます。

そして、親族とはいえ遺骨は遺骨なので、生理的に気持ちよく思わない方もいらっしゃいます。
手元供養をする際には、関係の深い遺族の方々それぞれに同意を得る必要があるでしょう。

管理をする人が健康でなくなると大変

お骨を管理する人が健康な時は問題は起こらないのですが、管理する人が病気にかかり入院してしまったり、痴呆にかかってしまった場合、その遺骨を今度は誰が管理するかということが問題になります。

このように管理する人が健康でなくなると色々と大変になってしまう可能性があるので、遺骨を管理していた人が亡くなってしまった場合は遺骨を誰が引き継ぐのか、それともどのように処理するのかなど事前に考えておかなければならないでしょう。

法律的には合法かどうか

遺骨をお墓や寺院といった所定の場所に納めないのは違法なのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実際、墓埋法では「焼骨(火葬場で焼かれた後のお骨のこと)の埋葬は、墓地以外に行ってはならない」とあります。

しかし、遺骨は「いつ納骨しなければならない」という期限も設けられていません。

つまり、遺骨をいつしかるべき場所に納めるかは、遺骨を管理する人の自由ということなのです

手元供養の注意点で述べている通りに、火葬証明書や分骨証明書を亡くさない場所にしっかり保管し、仏壇などできちんと供養できる形にしておけば法律上問題となることは一切ありません。

手元供養を自宅で管理する際の注意点

仏壇

手元供養で実際に自宅で遺骨を管理する場合、管理方法や最終的な処理の方法などいくつか注意点が存在します。

遺骨は湿気に弱い

遺骨を入れる通常の骨壺や分骨用の骨壺は磁器や金属製がほとんどです。
磁器や金属は、湿気が多い時や外気が冷たい時には生地の表面に結露を起こしやすく、骨壺の中に水が溜まってしまいます。
そのまま放置しておくと、カビや腐敗の原因となり、大切な人の遺骨を台無しにしててしまう場合もあるのです。

このように、遺骨は湿気に弱いです。
手元供養で骨壺を仏壇などで保管する場合は定期的に蓋を空け、中の湿気を取り除く必要があります。

大切な個人の形見なのですから普段からしっかりした管理が必要です。

自宅まで来てもらわないとお参りが不可能

身内同士で仲が悪いと、遺骨を相続した家には出入りしたくないという人も出てくるでしょう。
お墓があれば供養の際に仲の悪い同士で顔を合わせることはありません。

しかし、遺骨が家にあると仲の悪い者同顔を合わせることが不快となり、故人のための墓参りができないといった新たな争いの種になりかねません。

また、供養のためのお参りには普段面識のない方もいらっしゃいます。
お墓参りは身内ばかりではなく、生前故人が関係した人々にとってもその人を偲ぶ大切なことなのです。
このように手元供養では、自宅まで来てもらわないとお参りが不可能なので、故人の関係者が故人をお参りに来ても問題がないように、常日頃気を使わなければならなくなります。

災害で遺骨を紛失してしまうことも

お骨は仏壇の中で管理しておけば大丈夫というわけではありません。

自宅にあるということは火事や、台風による洪水や地震など倒壊で家が消失してしまった時、最悪の場合、遺骨そのものも紛失してしまう場合があることも想定しなければなりません。
お墓に奉納しておけば、お墓は石でできているので燃えることはありません。

地震で倒壊したとしても倒壊するのは墓石なので、その下の納骨室の中は大抵無事で遺骨そのものが消失することはありません。

最終的な遺骨の行き場を考える必要あり

手元供養で遺骨を管理する方が、いつまでも健康で長生きできるわけではありません。

なにかの事情で遺骨を管理できなくなった場合、その遺骨を次に誰が引き継ぐのかを考えなければなりません。

また、家を継ぐ者が絶えてしまう場合などは、管理している遺骨とご自身の遺骨をどうするかも考慮しなければなりません。
墓埋法の規定があるので、遺骨は最後はしかるべき場所で処理しなければならないのです。
このように、手元供養だと最終的な遺骨の行き場を考える必要があります。

アクセサリー加工を選択する際の注意点

困った人々

手元供養のさらなる方法の一つとして、遺骨をダイヤモンドなどの身に付けるアクセサリーに加工することで心の拠り所とされる方々が増えています。

遺骨をダイヤモンドにできるの?と驚かれる方もいらっしゃるでしょうが、最近の科学技術の進歩により確かに遺骨からダイヤモンドを生成することができるのです。

故人を肌身離さず身近に感じられることは、この世に残された方にとっては心の癒しとなり良いことなのですが、ジュエリーであるが故の注意点がいくつか存在しています。

ここでは遺骨をジュエリーに加工することを選択した際に生じる注意点を説明して行きます。

遺骨によってはダイヤモンドに加工できない

遺灰を基にダイヤモンドに生成する技術を持つのは海外の企業です。

ダイヤモンドはご存知の通り100%純粋な炭素によって出来ています。
この炭素を超高熱で高圧力をかけることで人工ダイヤを作ることができます。

しかし、遺骨の主成分はカルシウムですから遺骨自体がダイヤモンドになるのではないのです。
遺骨の中に含まれるごく一部の炭素を特殊な技術で抽出し、その炭素を原料にダイヤモンドを生成するのです。

ダイヤモンド1つを作るのにだいたい300gほどのお骨が必要とされていますが、この量は成人男子の遺骨のだいたい1/4程度の量に相当します。

ただし、総量で300gに満たないお骨や、お骨の中に残っている炭素の量が少ない場合は十分な大きさのダイヤモンドは作れません。

以上の説明のように、遺骨によってはダイヤモンドに加工できないものもあります。

ジュエリー加工は遺骨がほとんど残らない

遺骨や遺灰に残されている炭素の量はごく僅かしかありません。
特に、日本は火葬技術が優れているため、お骨に残っている炭素も大変少ないのです。

ジュエリー加工では、遺骨のわずかな炭素を抽出するために、遺骨や遺灰は特殊な薬品に何度も漬けられ、そのほとんどが消失してしまします。

最終的に炭素しか残らない状態にするので、ジュエリー加工は預けた遺骨の残りがほとんど残りません。

アクセサリーを紛失・破損するリスク

遺骨をダイヤモンドに加工する以外にも、遺骨を宝石のような樹脂の中に固めて加工するタイプや、小さな骨壷の代わりとなるロケットタイプのペンダント型のアクセサリーに加工するタイプも存在します。

しかし、アクセサリーならではの注意点もあります。

まずダイヤモンドなどの宝石に加工した場合、その石は台座となる金属にツメ留めや蝋付といった形で固定されます。

何かの拍子でその留めが外れて落としてしまった場合、宝石は非常に軽いものなので気づかずに無くしてしまう場合もあります。

またアクセサリーなので、落としたり、どこかにぶつけてしまうと破損する恐れもあります

遺骨をアクセサリーに加工した場合は必ず、紛失・破損するリスクに対する細心の注意が必要となります。

相続するときに子孫が困る

例えば、貴方が大変な大金持ちで、遺骨をダイヤモンドに加工してさらに豪華で高額なアクセサリーに仕立てたとしましょう。
一般庶民が、親の形見で数十万のアクセサリーを譲り受けたとしても税務署はほとんど見逃してくれまます。
なぜなら大した金額が取れないからです。

しかし、富裕層に関してはそうはいきません。
例え遺骨から作ったアクセサリーだとしても、宝石や貴金属は相続税の課税対象となるのです。

また、だれがそのアクセサリーを相続するかといった、親族間の相続問題もあります。

また、たとえそれが美しいアクセサリーであったとしても、縁遠い人が相続した場合は遺骨から作ったものだと分かれば心情的に気持ちが良いものではありません。

このように、遺骨で作ったアクセサリーを相続するときに子孫が困るかもしれない、ということを頭に入れておきましょう。

手元供養をしなかった遺骨をどうするか

お墓

遺骨全部を手元供養しない場合、残った遺骨はどうしたらいいのでしょうか?

さらに手元供養を選択した場合、手元供養をする方が元気でであればお骨を管理できるので大きな問題はないのですが、いざ健康を害したり亡くなったりしてお骨が管理できない状態のことは考えておかなければなりません。

全部の遺骨を手元供養しなかった場合、あるいは手元供養ができなくなった時に、遺骨の供養はどうすればいいのでしょうか。
代表的な永代供養、散骨、樹木葬の3点をご紹介します。

永代供養

永代供養とは、永代供養墓や納骨堂を設置した寺院や財団、あるいは自治体がお墓参りができなくなった人に代わり、その墓地を管轄する寺院が遺骨を管理し永代に亡くなった人を供養する葬送です。

少子化と核家族化の影響により、墓を継ぐ人が絶えてしまった方々はこの葬送を選ぶ方が多いようです。

永代供養を行う施設は最終的に合祀という形が取られ、過去の宗旨や宗派を問われることはありません。
もちろんあなたが故人を偲ぶためにこの施設をお参りしたり、施設が主催する供養に参加することは自由です。
後を継ぐ者がいない場合には、位牌も施設がお焚き上げしてくれる場合がほとんどです。

手順

永代供養をするための手順を簡単に解説します。

施設に遺骨や分骨を収める際には、その遺骨が誰もものであるか証明するために火葬証明書分骨証明書を添えて納めます。

手続きが終わると施設が用意した場所に遺骨が納められ、墓誌や過去帳に故人の名前が刻まれます。
基本的にはこれで終わりです。

あとはその施設を管轄する寺院が、その施設が定める供養を定期的に行ってくれます。

費用

永代供養では、墓石や墓石の設置工事費費がかからないので、普通にお墓を建てる場合よりも費用が安い場合がほとんどです。

永代供養料の内訳は、永代に渡って供養してもらう供養料お布施、墓誌への刻字料の3点です。

たいていの場合すべて永代供養料として一括で設定されいます。

ただし、永代供養料はその施設によってかなり差が有り、値段が安い施設では10万円くらいから、値段が高い施設では100万円近くになることもあります。

ですので、永代供養を選択される場合にはその施設の費用を念頭に置きながら決めなければなりません。

散骨

お墓を持たない葬送の形として注目を浴びているのが散骨です。

骨を細かく砕き大地に戻す散骨は世界各国で行われる葬送の一つで、現在散骨を規定する日本の法律はありません。
死体遺棄という問題がありますが、「節度をもって行う際には違法ではない」とされています。
かといって自由に散骨できるかと言ったらそうではありません。

まず他人の私有地には勝手に散骨できません。
当然土地の所有者の許可が必要です。
公用地でも、漁場や公共施設といった住民地域の人々と心情的なトラブルになるような場所でも散骨できません。

そのため、必然的に自分の管理地で、且つ周りの住人に迷惑がかからない場所、あるいは空や公海、または散骨業者が用意した場所で行う場合がほとんどです。

手順

散骨をする手順を簡単に説明します。

散骨にあたっては、まず業者に依頼し遺体遺棄罪に抵触しないように細かく粉末状になるまで遺骨を砕きます。

あとは散骨する場所を決める必要があります。

費用

ここでは、様々な散骨の費用について説明します。

土地を持たない方の多くが他人の迷惑がかからない海洋散骨を選択されます。

当然沖合まで船を出さなければならないので散骨のために船をチャーターしなければなりません。
家族だけで行いたい場合には小型船をチャーターすることになるので大体30万~50万円程度の費用がかかります。

合同葬であれば業者が参加者のために船をチャーターするので、豪華客船などを利用した場合は10万円程度の費用がかかります。

もっと費用を安く抑えたい場合は散骨代行を利用することで3万~5万円程度で行ってくれます。


中には空での散骨を選ばれる方もいます。

空の場合、やはり飛行機のチャーター代がかかりますので大体20~30万円程度の費用がかかります。


さらにダイナミックな宇宙散骨といったロマンのある葬送もあり、こちらも30万円程度でできます。
興味がある方は検討してみても良いでしょう。

樹木葬

樹木葬とは、墓石の代わりのに遺骨を埋めた場所に新たに苗木を植え、その樹木を墓標とするお墓のことです。

「人は死ねば土に帰る」という自然回帰の思想から樹木葬を選ばれる方も増えています。

お墓そのものを継承するわけではないので、後継やお墓の管理を気にする必要はありません。
だからといって散骨の時と同じように、自分の管理する私有地でできるという訳にはいきません。

樹木葬を行う場合は、墓埋法に定めるところの墓地として認められた場所に限られます。

手順

まずは簡単に樹木葬をする際の手順を紹介します。

樹木葬は墓地に限られますので、散骨のような遺体遺棄を気にする必要はありません。
樹木葬を行う墓地の管理者に火葬証明書と遺骨を納めます。

あとは墓地の管理者が用意するプランによりますが、合祀か個別かを選択します。

費用

樹木葬は合祀か個別かによって費用が異なります。

合祀の場合は費用は安く済み、永代供養料は5万円くらいで済む場合もあります。

個別の場合は個別にお墓を建てる時と同じように、別途区画の権利料を払わなければならず、値段が高いところでは100万円を超えることもあります。

これに埋葬料と墓誌への刻銘料がそれぞれ数万円かかります。

また一般のお墓とは違い、管理料がかからない場合がほとんどです。

手元供養の注意点まとめ

葬儀

以上のように、手元供養はお墓を建てない新しい供養の形として徐々に認知され、それに伴い多くの注意点も存在することが理解いただけたかと思います。

  • 手元供養はお墓を建てないので葬送の際の費用を安く出来るとともに、遺骨を身近なところに置くことで残された方の精神的な安心感と癒しを得ることができます。
  • 手元供養で遺骨を自宅に保管することは法律上問題ありませんが、日本の習慣ではまだまだ認知されておらず、たとえ親族であっても遺骨を手元に置くことを快く思わない方もいるので、それらの人々の合意を得ることが必要です。
  • 手元供養のさらなる発展系として遺骨をジュエリーに加工して身に付ける方法もありますが、紛失や相続といった問題が生じる場合があります。
  • 墓埋法の定めるところでは基本的に遺骨は最終的に所定の場所に収めなければならず、遺骨が管理できなくなった場合に同処理するかも検討する必要があります。遺骨の継承者がいない場合には永代供養墓や散骨、樹木葬などの選択肢があります。

核家族化や少子化、経済的な問題、また個々の人々の生死感の変化により手元供養を選ぶ方々が今後ますます増えてゆく可能性があります。

特にお墓の継承に関して手元供養が問題可決のひとつの選択になる可能性があります
あなたのライフスタイルに合わせ検討してみるのも良いでしょう。

終活ねっとでは、「手元供養に関する注意点」以外にも、「葬儀・お墓・相続・仏壇」など終活に関する記事を多数掲載していますので、他の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

長い説明でしたが、最後までご拝読いただきありがとうございます。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「手元供養・注意点」に関連する記事

  • 遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

    遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

    大切な人を、亡くなった後もずっと身近に感じられたなら…そう思ったことはありませんか? 遺骨を手元供養すればそれが可能になります。 終活ねっとでは遺骨の手元供養について具体的な種類や方法を紹介します。 ぜひあなたに合った形を見つけてくださいね。

  • 手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

    手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

    跡継ぎやお墓参りが難しくなり、墓離れが進む現代。手元供養という新しい方法があるのをご存知ですか?今回は手元供養の方法や手順について詳しく解説していきます。お墓の継承に悩んでいる方、新しい供養の方法を検討してみてはいかがでしょうか?

  • 遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

    遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

    遺骨の「手元供養」はお墓のいらない新しい感覚の供養方法です。お墓離れという言葉もある現在、遺骨の「手元供養」が注目を集めています。今回は遺骨の「手元供養」についてご案内します。アクセサリーやプレートなど、手元供養にぜひおすすめのアイテムも紹介していきます。

  • 遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

    遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

    遺骨供養に手元供養という選択肢があるのをご存知ですか?今回は手元供養についてメリット・デメリットから、手元供養を行う際の書類、金額別の遺骨供養方法まで、手元供養に関する情報をまとめてみました。あなたにぴったりの手元供養の方法が見つかるかもしれません。

  • お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像

    お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

    遺骨や遺灰をお墓とは別に自宅などで供養する手元供養が増えています。常に遺骨を身近に置き、故人を偲ぶことができる手元供養について解説します。

  • 墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

    墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

    最近では墓じまいをして手元供養を考える人もいるようです。 手元供養なら身近に遺骨を置くことができるのでいつも一緒にいることができますし、お墓の承継者や経済的な負担の問題から手元供養を選ぶ人もいます。 ここでは、墓じまいをした後の手元供養の方法について紹介します。

  • お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!のサムネイル画像

    お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!

    都市化と生活スタイルの変化によるお墓離れが進んでいます。宗教観の変化、お墓のある田舎が遠い、経済的にお墓を建てることが難しいなどの理由があります。そこで従来の供養に代わる方法として手元供養が注目されています。今回はお墓に代わる手元供養についてご紹介いたします。

  • お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!のサムネイル画像

    お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!

    お墓や遺骨に関する疑問は、家族間の大きな問題でもあります。今回は納骨や遺骨の移動など、お墓の遺骨に関する問題について幅広く解説していきます。ぜひこれを読んでお墓と遺骨の問題について、詳しい知識を身に着けてくださいね。

  • 遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。のサムネイル画像

    遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。

    忘れられない故人がいる。姿は見えなくても、そばにいて欲しい存在との永遠の別れ。そんな時、遺骨を手元供養するという方法はいかがでしょうか?自宅で遺骨を手元供養をする方法をご紹介いたします。

  • 手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?のサムネイル画像

    手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?

    亡くなった方が生前身に着けていたものを形見として身に着けるのが今までの一般的な形見でしたが、近年亡くなられた方の遺骨を加工して手元供養をしたり、形見にすることが出来るようになりました。この記事ではその手元供養に必要な遺骨加工について掘り下げていこうと思います。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「手元供養・注意点」についてさらに知りたい方へ

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!のサムネイル画像

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。のサムネイル画像

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。

手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?のサムネイル画像

手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「手元供養・注意点」についてさらに知りたい方へ

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと