遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

大切な人を、亡くなった後もずっと身近に感じられたなら…そう思ったことはありませんか? 遺骨を手元供養すればそれが可能になります。 終活ねっとでは遺骨の手元供養について具体的な種類や方法を紹介します。 ぜひあなたに合った形を見つけてくださいね。

目次

  1. 遺骨の手元供養について
  2. 遺骨の手元供養の種類
  3. 手元供養した遺骨の安置方法
  4. 遺骨の手元供養で残った遺骨はどうする?
  5. 遺骨の手元供養にかかる費用
  6. 遺骨を手元供養するメリット
  7. 遺骨を手元供養する場合の注意点
  8. 遺骨の手元供養まとめ

遺骨の手元供養について

葬儀

人は亡くなったらお墓に入るのが一般的ですよね。

でも、故人を大切に思えば思うほど離れがたく寂しいものです。
遺骨になってしまった後でもいつも身近に感じていたいですよね。

また、なかなかお墓に行けない、お墓を管理する人がいない、などといった理由からそもそもお墓を作らない人も増えてきました。

そこで選択肢にあがるのが、遺骨の手元供養です。
遺骨は必ずしもお墓に入れなくてはならない決まりはありません。

誰にでもできる手元供養ですが、実際のところどんなものなのでしょうか。

  • 手元供養の種類は?
  • どんな方法があるの?
  • 費用はどれくらいかかる?
  • メリットや注意点はある?

これらの疑問について、ひとつずつ詳しく見てみましょう。

遺骨の手元供養の種類

困った人々

遺骨の手元供養には、大きく分けて2種類あります。
遺骨を全て自宅に安置するか、一部だけを保管するのか、どちらにするかでかなり違いが出てきます。
手元供養すると決めたら、まず遺骨をどれだけ手元に残すか考えましょう。

遺骨をすべて自宅で保管

遺骨をすべて自宅で保管することを全骨安置といいます。
火葬した後お骨上げされた遺骨は、木箱に入れ骨覆(こつおおい)に包まれて遺族の手元に渡ります。

それをそのままお仏壇などに安置し供養する形です。
手元供養と言えば、この全骨安置が主流のようです。

小さな骨壺を新たに買う必要がないので、手間がかからず経済的です。

遺骨の一部自宅で保管

全骨安置に対して、遺骨の一部を自宅で保管することを分骨安置といいます。
手元供養がしたいけど自宅にスペースがあまりない、兄弟で分けたい、立ち直るまでのお守りとして手元供養したい、といった方が分骨安置を選ばれることが多いようです。

手元に安置する遺骨は多くても全体の半分までのようですが、どれだけ遺骨を残すかはその人の自由なので、自分の思う方法で保管できるのが魅力です。
後ほど紹介しますが、手元供養のためのグッズもあり、分骨安置での供養は徐々に広まってきています。

ちなみに、「分骨しては成仏できない」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、全く根拠のない迷信のようです。
仏教にそのような教えはありませんので安心してくださいね。

手元供養した遺骨の安置方法

仏壇

全骨安置なら引き渡されたそのままの形で保管することができますが、分骨ではどのように保管して供養するのでしょうか。
分骨供養の方法は年々多様化しており、より身近に個人を偲ぶことができるようたくさんのグッズが売られるようになりました。
選び方や費用とともに紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

自宅安置型(骨壷・ミニ仏壇)

手元供養と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、自宅に安置し供養する姿ではないでしょうか。
毎日落ち着いて手を合わせられる場所はなんといっても自宅しかありません。
自宅での遺骨の手元供養は、主に骨壷ミニ仏壇での保管が肝となります。

骨壷

遺骨の手元供養の形として、骨壷での保管は定番ですね。
お仏壇があればそこに納めるのがいいでしょうが、骨壺だけをお祀りしている方もいらっしゃるようです。

しかし骨壺と一言で言っても、形、大きさ、材質、デザイン、機能性など様々です。
もちろんそれぞれお値段も幅広く、1,000円前後のお手頃なものから数十万円するものまであります。

大体、4,000円から7万円のものがよく売れているようですが、これでもまだまだ価格に開きがありますね。

それぞれどんなものがあるのか見てみましょう。

骨壷の大きさ

骨壷の大きさは「寸」ではかります。
地域によっても違いますが、一般的に東日本では遺骨全てを7寸の骨壷に収め、西日本ではお骨上げを遺骨の一部で行うため6寸の骨壺が多く使用されているようです。

遺骨の量によりますが、手元供養のための骨壷であれば、2寸から4寸程度が適しています。

大きければ、存在感があり故人のことをより感じられるでしょうし、小さいものなら、どこにでも置けるので部屋を選ばず気軽に供養してあげられますね。

骨壷の材質・機能性

骨壷は陶器、金属、木、プラスチック、ガラス、大理石などあらゆる素材から作られます。

もちろん好みもありますが、保管場所によってはカビが生えやすい、錆がつきやすい、といった問題もありますので慎重に見極めたいですね。

また、遺骨の状態が悪くならないように、しっかり密閉できるものが良いでしょう。
さらに、手元供養はいつでも供養できるためのものですので、お手入れしやすいことも考慮しましょう。

骨壷の形・デザイン

骨壷の形といえばまず円筒形を想像しますが、それだけではありません。
球体、しずく型、化粧パレット型、香水瓶型、地蔵型など…様々な形デザインがあります。
故人のイメージや、好きだった色などから選んでみてはいかがでしょうか。

選択肢がありすぎて迷ってしまいますが、それこそが骨壷での手元供養の最大の魅力です。
故人を思いながら選ぶ時間は、かけがえのないものになりそうですね。

ミニ仏壇

骨壷だけでは寂しいという方には、ミニ仏壇がおすすめです。
ミニ仏壇もいろんなタイプがあり、一万円以下のものもあればオーダーメイドで数十万円するものもあります。

ミニ仏壇の相場としては2、3万円のようです。
一般的に仏壇は10~20万円ほどしますので10分の1程度で済みますね。

ミニ仏壇は、小さな骨壷や位牌、仏具などが置けるようになっているもので、台座タイプ、屋根や扉のついたタイプなど形は様々です。

台座タイプであればインテリアとしてオブジェのようにお部屋に飾れますし、扉付きなら供養の時以外は閉めておけるので、保管しやすくお手入れもラクになりそうですね。

簡単なものであれば、遺骨を入れた骨壺と故人の写真だけを飾るタイプもあります。
オシャレなミニ仏具もたくさんありますが、一式そろえる必要はありません。

自分の置きたいものだけを飾っておけるので場所を取らず、一人暮らしの方やお引越しの多い方でも安心です。

ペンダント型

手元供養の方法として近年人気が増しているのが、ペンダント型です。
ペンダントトップのモチーフの裏側や下部にフタがついていて、開けるとごく少量の遺骨を入れられるようなスペースがあります。
遺骨を入れた後は、ネジなどでしっかりとフタを閉めればできあがりです。

遺骨を入れる必要があるので、大きくて重いペンダントになるのでは、と心配される方もいらっしゃるかと思います。

でも、普通のネックレスと変わらない、小さなデザインもたくさんあるんです。
カプセル型などシンプルなものであれば数千円からありますし、2万円もかければデザイン性の高いオシャレなネックレスが見つかりますよ。

先ほど紹介したミニ仏壇と併用して、持ち歩かない時にはミニ仏壇に安置するなどすれば、しっかりお祀りし供養することもできます。

ペンダントにすれば、肌を合わせながらいつもそばにいられますし、一緒にお出かけすることも可能です。
約束の場所や思い出の地にもまた、一緒に行くことができるというのが嬉しいですね。

ペンダント以外にも、キーホルダーなど、アクセサリーにする手元供養は人気です。

加工型

遺骨そのものを加工し、別のものに形を変えて残すといった方法もあります。
遺骨を骨壷やペンダントに収納するのではなく、素材として加工してしまうので、美しく、お手入れもしやすくなります。
見ただけでは遺骨が入っているとは思えないので、そのまま飾り棚に飾っても全く違和感がありません。

加工型は、加工するための費用がかかるので、他の手元供養の方法と比べて少しお値段が張る印象です。

ですが遺骨が傷むことがないため取り扱いやすいのがいいですね。
簡単なお手入れさえしておけば半永久的にきれいなままの状態を保てるので、故人との思い出も色褪せることがなさそうです。

オブジェ

オブジェに加工するなら、和室にも洋室にも対応できます。

粉末状にした遺骨をガラスに収めた球体のものなら、水晶のように手を触れ落ち着いた気持で個人の面影を探ることができそうです。
ガラスなら錆びることもなく、磨けばいつまでもピカピカできれいなままですね。

あるいは遺骨と石の原料を高温で溶かし結晶にした人工の宝石なら、オブジェとしてはもちろん、アクセサリーや念珠にしてそばに置くのもいいかもしれません。

人工宝石なので好きな色にできますし、ダイヤモンドに加工することもできます。
ただし、人工とはいえダイヤモンドとなるとやはり相応の費用がかかることは念頭に置いておいてくださいね。
大きさやカット数によっては、数十万円から百万円台になることもあります。

メモリアルプレート

メモリアルプレートとは、遺骨をプレート状に加工したものに、故人のパーソナリティをレーザー彫刻したものです。

刻印できるのはお墓の裏に彫刻されているように、お名前と出生~死亡年月日が基本ですが、希望すれば追加で写真やメッセージも入れてもらえます。
故人が大切にしていた言葉や口癖などを入れるのも良さそうですね。

メモリアルプレートは写真を追加しても20万円前後で作ることができます。
お墓参りに行きたくても事情があって行きにくい、という方にとって、メモリアルプレートは手元供養にぴったりです。

遺骨の手元供養で残った遺骨はどうする?

お墓

ここまで手元供養の種類や方法について見てきましたが、忘れてはいけないのが、手元供養に残した以外の遺骨をどうするか、ということです。

主に分骨安置の場合は深刻な問題です。
お墓があれば入れてしまっていいのか、そもそもお墓がない人も安置する場所はあるのか、手元供養の残りの遺骨の行方について考えていきます。

お墓へ納骨

元々お墓があり、納骨前に分骨安置での手元供養を決めていた場合は、納骨の際に残りの遺骨をお墓へ納骨します。

納骨後に手元供養がしたいと思った場合は、納骨されている寺院や霊園に分骨証明書というものを発行してもらいます。

寺院や霊園の管理者に伝えると数百円で発行してもらえます。
さらに、閉眼供養(魂抜き・お性根抜き)をしてから遺骨を出し、分骨し、その後また遺骨を戻し開眼供養(魂入れ・お性根入れ)をしてもらう必要があります。

納骨してしまった後に手元供養に切り替えたいとなると少し手間がかかりますが、引っ越しで遠方になる場合や、病気などでお墓参りができなくなった方でも自宅で供養できるようになるのはありがたいですね。

合祀永代供養

合祀永代供養とは共同のお墓に複数人数の遺骨を合同で納めることを言います。
宗教や宗派に関係なく誰でも入れるお墓で、無縁仏になることがありません

ですので、お墓のない方でも手元供養の残りの遺骨を合祀永代供養墓に入れることができます。
合祀墓でもお墓という形をとるので、お墓参りすることもできますね。

10~30万円でその後の管理料などなく利用できるところもあるので、お墓があっても後々管理する人がいなくなるという方や、お墓はほしいけど経済的に難しいといった方にも考えやすいのではないでしょうか。

散骨

パウダー状にした遺骨を海や山などに撒く散骨もあります。

自然に還るという意味もあり人気ですが、いくつか注意点があります。
まず、散骨するには遺骨を2㎜以下に粉砕しなければなりません。

砕骨しないまま撒いてしまうと遺棄罪に問われますので、確実に砕いてください。
自力で粉骨するのはとても大変なので、専門業者に依頼するのがいいでしょう。
2万円前後で請け負ってくれます。

そして、散骨する場所にも決まりがあります。
特に観光地や養殖場の近くなどは厳しく管理されていることがあるので、ガイドラインなどにしっかり目を通してくださいね。

散骨の専門業者もあり、海に散骨する場合は沖まで船を出してくれ、撒かせてくれるようです。
自分で撒く場合は20~30万円、業者に代行してもらう場合は5万円程が相場になります。

自宅の庭などに撒く場合でも、後に売却することになるとトラブルになりやすいので、できれば避けたいです。
また、散骨自体を条例で禁止している地域もあるようなので、いずれにしても散骨を行おうとしている方は事前に調査することが大切です。

樹木葬

樹木葬は遺骨を埋めた上に墓石ではなく樹木を植えるというものです。
こちらも自然に還ることができ、さらには樹木はいつでもそこにあるので会いに行けるというのが人気の理由です。

樹木葬の相場は20~70万円ほどで、手元供養の他の方法に比べると少しお金がかかるかなといった印象ですが、お墓を建てる場合に比べるとずいぶん格安ではあります。

1霊に対して1本の木を植える場合はいいのですが、合祀墓のように1本の木の下に多くの方の遺骨を埋葬するスタイルもあります。
その場合費用は抑えられますが、後から遺骨を取り出すことができないので注意してくださいね。

遺骨の手元供養にかかる費用

お金

遺骨の手元供養はあまり費用がかからないのも魅力のひとつですよね。
仏壇・仏具、骨壺などひとつひとつが数千円~数万円のものがほとんどですし、何をどれだけ揃えるかも自分で決められるので、予算も組みやすいです。

ですが、1人ではできないこともありますし、その場合はプロにお願いしなければなりません。
となると費用は比較的高くなります。
中でも単価の大きいものを2つ紹介しますので、どのくらいかかるのか参考になさってください。

遺骨を取り出す費用

先ほども少し触れましたが、納骨後に遺骨を取り出すとなると、そこには費用がかかります。
まずは分骨証明書です。

数百円程度ですが、これがないと分骨した遺骨を後にどこかへ納めることになった時に困ります。

手元に遺骨がある間は使いませんが、自分が寿命を迎えた時に大切にしてきた遺骨と一緒に埋葬してもらう、などまた別の場所に移動させることがあれば分骨証明書が必要です。

骨壷と一緒に置いておくなど、分かりやすいところに保管しておいてくださいね。
ただし散骨の場合だけは分骨証明書は不要です。

次に、閉眼供養・開眼供養です。
お墓には故人の魂が宿ると考えられているため、墓石を動かすなど工事をする時にはその魂を一旦抜いてもらう必要があります。これが閉眼供養です。

そして工事が終わればまた魂を呼び戻し、単なる墓石からお墓としての役割を果たしてもらえるよう開眼供養をしてもらわなければなりません。
その費用はお布施として納めます。
地域や宗派、お寺さんとの関係性などから金額は様々ですが、閉眼供養・開眼供養ともに2~5万円がふさわしいようです。

閉眼供養が終われば石材店の方に墓石を動かしてもらいます。
ここでも、大体3万円前後の費用がかかります。

遺骨を取り出すだけでトータル10万円程度といったところでしょうか。

加工費用

遺骨を加工して残す場合は加工費がかかります。
パウダーにしてもらうのに全骨で3万円程、遺骨の一部で2万円程かかるようです。
散骨する場合にも利用できるので覚えておきたいですね。

大きさや刻印の有無などにもよりますが、オブジェや宝石、プレートにするのにはデザイン料など含めて15万円前後のものが多いようです。

加工オブジェは他の仏具などに比べて一見高価なように思えますが、買ってしまえばその後は一切お金がかかりません。
お墓のように管理料もなければ、お坊さんを呼んでお経をあげてもらう必要もないのです。

遺骨を手元供養するメリット

仏壇

お墓参りしたり仏壇を祀ったりすることができなくても引け目を感じることはありません。
できないからと言って疎遠になることを思えば、規模は小さくても手元でしっかり供養したいという気持ちはとても立派です。

自分に合ったやり方で故人を供養することは合理的ですし、今の時代にもぴったりです。
現に、遺骨の手元供養にはメリットがたくさんあるんですよ。

故人を身近に感じることができる

遺骨に魂は宿りませんが、遺骨が傍にあればなんとなく故人の空気感や気配が漂う気がしませんか?
ただ写真を飾るより、位牌を置くより、もっと強く故人と繋がっていられる、そんな感覚が味わえることでしょう。

亡くなった方にいつまでも未練を残すようであまり褒められたことではないかもしれませんが、悲しみの癒し方や立ち直るまでの時間は人それぞれです。

グリーフケアと呼ばれる、大切な人を失くされた方の心の手当が最近注目を浴びていますが、遺骨の手元供養はまさにグリーフケアとも言えるでしょう。

喪失感と前を向きたい気持ちとの間で揺れ動く葛藤の中で、手元供養で遺骨を大切にお祀りすることは、きっと心を落ち着かせてくれるはずです。

好きな時に供養ができる

故人との思い出に浸るのは、仕事や用事が全て終わってホッとした時間が多いのではないでしょうか。

そんな時すぐお墓参りに行けるとは限りません。
ふと思い立った時に供養できるのは手元供養ならではのものです。

また、お墓参りに行くほどではないけど日常のちょっとしたことを報告したい、「おはよう」「おやすみ」などの挨拶が毎日したい、といった時でも、手元供養なら気兼ねなく手を合わせられます。

最低限の礼儀さえあれば、服装もお作法も気にせず好きにお祈りできるのは魅力的ですね。

お墓の維持や管理の心配がない

お墓に納骨すると、毎年管理費が発生します。
さらに、お墓を維持するためには草むしりや掃除などを兼ねて定期なら的に通う必要があります。

手ぶらで行くわけにはいかないので、線香やお花、お供えなど用意していかなければなりません。
その点、手元供養ではお墓にかかる費用が一切不要です。

また、子どもの代、孫の代になってもお墓を守り続けることができるか、というのも大きな問題です。

特に子どもがひとりっ子なら、いくつものお墓を1人で管理していくことにもなり得ます。
お墓を統合するにもやはり安くない費用が発生しますし、負担は増すばかりです。
手元供養ならそんな心配もありませんね。

お墓などと比べ費用が安い

経済的にお墓を建てる余裕のない方でも、愛する人を供養したい気持ちは同じですよね。
お墓を新しく建てるには百万円から場合によっては二百万円以上かかりますが、手元供養ならその半分もかかりません。

お墓を建てるにしても、近くで建てられるところが見つかればいいですが、遠方になってしまう場合も考えられます。

なかなかお墓詣りに行けないとなると、お墓の掃除などを寺院や霊園の方に頼むことになり、また出費がかさみます。

せっかく建てたのにお参りには行けない、費用はかかる、となると一体何のためのお墓なのでしょう。
それならいっそ、手元供養で少し豪華に手厚くお祀りするという選択もアリではないでしょうか。

アクセサリー等に加工して身に着けられる

例えば、生前一緒に行こうと約束したきりそのままになっていた場所があったとします。
遺骨をそのまま持ち歩くことはなかなかできませんが、アクセサリーにすれば身に着けられるのでその約束を果たすことができますね。

先ほど紹介したペンダント以外にも、ブレスレットやリングに加工してくれるお店もあります。
アクセサリーなら、故人とともにオシャレを楽しむ感覚にもなれそうですし、普段から着け慣れているアクセサリーに代えればいつも見守ってもらえる気がしますね。

身に着けられるということは、肌で故人の存在を感じられるということです。
どこへ行くにも一緒だという安心感もまた、残された方の心の安定につながるでしょう。

遺骨を手元供養する場合の注意点

困った人々

遺骨の手元供養にはたくさんのメリットがありますが、いい点ばかりではありません。
手元供養にした場合に考えられるデメリットを以下にまとめましたのでご覧ください。

多少のデメリットはあるものの、周囲の方々としっかり話し合い、遺骨の管理を徹底することで解決できそうです。
手元供養のメリットは、デメリットを補って余りあるものです。
ぜひ前向きに検討されてはいかがでしょうか。

遺族の同意を得る

手元供養は核家族化、少子高齢化とともに時代の移り変わりに沿って広まってきました。
しかし、一般的というにはまだほど遠いようです。

そのため、遺族の中にも納骨しないことで「成仏できない」「未練に縛られる」などと良い顔をしない方もいらっしゃるかもしれません。

迷信とはいえ、長らく言い伝えられてきたものですので、根拠がないと分かっていても気持ちがついてこないこともあります。

無理に押し通してしまうといつまでも不満を言われたり、最悪の場合これまでの関係が破綻してしまうこともあり得ますので、時間がかかっても丁寧に説明し納得してもらうことが大切です。

また、遺骨を手元供養していた方が亡くなった場合、自宅に残された遺骨はどうしたらいいのか、処理に困りますよね。
どこかに納骨するにも散骨するにも、やはり残された方には少なからず負担がかかってしまいます。

手元供養の際には親族を中心に周囲とよく話し合って、自分の意思を伝えておいてくださいね。

遺骨は湿気に弱い

保管状態によっては遺骨にカビが生えることも考えられます。
大切にするあまり押入れの奥にしまい込んでしまっては、湿気により遺骨が傷んでしまう可能性があります。

そこで、カビを予防するために、骨壺や霧箱に乾燥材を入れておくことをおすすめします。
さらに、遺骨に触れる時は手袋をするようにしてください。
素手で触ると皮脂やタンパクが付着し、カビのえさになってしまうおそれがあります。

カビが生えるのは悲しいですが、手元供養に限らず土中に納骨したとしてもカビが生えることはよくあります。

カビが生えてしまったら、天気の良い日に室内で天日干しをしてください。
日光浴のようで気持ち良さそうですね。

残念ながら、遺骨にできてしまったカビは完全に消えてなくなることはほぼありませんが、まずはカビが生えないように、なるべく風通しが良く直射日光の当たらない場所に保管するようにしましょう。

アクセサリー加工は紛失のリスク

遺骨をアクセサリー加工すると、どこにでも持ち運びできる反面、紛失しやすいというリスクがあります。

置き忘れた、ならまだしも、落としてしまった、流されてしまったなど、取り返しがつかなくなる可能性も考えておかなければなりません。

お墓などに残りの遺骨があればまた作り直すこともできるかもしれませんが、例え1%でも遺体の一部を失くしてしまったという事実に、ずっと苦しむことになるかもしれません。

特に指輪やブレスレットなら抜け落ちてしまわないようジャストサイズのものを作りましょう。
さらに外出の際にはこまめにチェックするなどしながら十分気を付けてください。

遺骨の手元供養まとめ

人々

いかがでしたか?
終活ねっとのこの記事では以下のことが分かったと思います。

  • 遺骨はすべて自宅で保管する場合と、遺骨の一部を自宅で保管する場合がある
  • 手元供養では、遺骨を骨壺や仏壇、ペンダント、オブジェなどとして供養する
  • 手元供養品に収まりきらなかった遺骨は、お墓に納骨したり、永代供養や散骨をしたりする
  • 遺骨を手元供養すれば、故人を身近に感じられ、好きな時に供養できる
  • 遺骨を手元供養する場合、親族の同意が絶対に必要である

終活ねっとでは他にも手元供養に関連した記事を数多く紹介しているのでそちらもご覧ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「遺骨・手元供養」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「遺骨・手元供養」についてさらに知りたい方へ

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。のサムネイル画像

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!

新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説のサムネイル画像

新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をして手元供養をする人が増えている?どういうこと?

大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷についてのサムネイル画像

大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷について

手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説しますのサムネイル画像

手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「遺骨・手元供養」についてさらに知りたい方へ

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。のサムネイル画像

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと