墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

自分がいなくなったあとの一家の墓についてどうするか。墓じまいや永代供養も、選択肢として考えられますね。ここでは、墓じまいと永代供養の違いや、それぞれの手順、必要な費用などについて説明します。どうぞ参考にしてください。

目次

  1. 墓じまいと永代供養について
  2. 墓じまいと永代供養の違い
  3. 墓じまいをして永代供養をするための手順
  4. 墓じまいをして永代供養をするための費用
  5. 墓じまいと永代供養まとめ

墓じまいと永代供養について

困った人々

終活において頭を悩ませる問題のひとつが、お墓のことではないでしょうか?

「自分がいなくなったら墓参りをする人がいなくなる」、「子供たちが遠方にいるので、田舎まで墓参りに行かせるのは大変」などの事情から、墓じまいや永代供養について考える方も多いのではないかと思います。

でも、いざとなると以下のように、いろいろとわからないことが出てきて迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

  • 墓じまいと永代供養には、それぞれどんな意味があるの?
  • 墓じまいと永代供養、具体的にはどんな手続きが必要になるの?
  • 墓じまいと永代供養、それぞれどのくらい費用がかかるの?

今回終活ねっとでは、そういった疑問についてわかりやすく解説していきます。
最後までお読みいただき、終活をすすめるうえでお役立てください。

墓じまいと永代供養の違い

困った人々

墓じまいと永代供養の違いとはいったい何なのでしょうか?
以下では墓じまいと永代供養とは何なのかについてご紹介していきます。

墓じまいとは

まず、墓じまいについての説明です。

少子高齢化にともない、一族のお墓が管理できなくなる事例が年々増えているといわれています。

親族が高齢になったために墓参りができない、縁故者が遠方にいて墓参りできる人がいない、などの事情により、お墓が放置されることが生じると、場合によってはそのお墓は、縁故者が誰もいない無縁墓になってしまいます。

そこでお墓が無縁墓にならないよう、お墓を縁故者の近所の霊園・墓地に移したり(改葬)、ご遺骨を自宅で保管し供養したり(手元供養)することがあります。

そういった場合、ご遺骨を取り出した後に残る、使わなくなったお墓を撤去・処分するのが「墓じまい」です。

しかし墓じまいといっても、単にご遺骨を取り出して、墓石を撤去すればいいというものではありません。
「お墓には亡くなった人の霊魂が宿る」という考え方があるためです。

また、ご遺骨を自分で勝手に移動したり埋葬することは法律で禁じられています

ではどうすればよいのでしょうか。
詳しい手続きについては、のちほど説明します。

永代供養とは

次に、永代供養について説明します。

前項で説明したように、少子高齢化時代に入って以来、故人の縁故者がひんぱんにお墓参りをして管理するといったことが難しいケースが増えてきました。
「永代供養」は、そのような場合に取られることの多い選択肢のひとつです。

お墓参りに行ける人がいない場合に、お寺が親族に代わって永代にわたり供養してくれるのが「永代供養」です。

基本的に、初めに「一式料金」と呼ばれる代金を一括で支払えば、その後はお寺がずっと、供養とお墓の管理をしてくれます。
また、永代供養には故人の宗旨宗派は問われません

永代供養のお墓には個人のお墓もありますが、他の方とともに同じお墓に入ったり(合祀墓、合同墓などと呼ばれます)、同じ納骨堂にご遺骨が安置されたりするスタイルが一般的です。

永代供養の手順についても、のちほど詳しく説明します。

墓じまいをして永代供養をするための手順

お墓

ここでは、お墓を墓じまいして、ご遺骨を他の霊園・墓地に移して永代供養してもらうことを想定し、墓じまいをして永代供養をするのに必要な手順を説明します。

墓じまいの手順

墓じまいをするには、以下のような書類や手順が必要となります。

受入証明書の発行

まずは、受入証明書の発行です。

受入証明書は、ご遺骨を移す先の墓地の管理者(管理事務所、住職など)から発行してもらいます。
証明書は、墓地の管理者によっては「墓地使用承諾証」など、名称が異なる場合もありますが、下記のような事項が証明されていれば問題ありません。

  • 改葬(ご遺骨の移動・納骨)を申請する方の住所および氏名
  • ご遺骨の氏名
  • 改葬する先の霊園・墓地の所在地および名称
  • 墓地管理者の住所および氏名(捺印必要)
  • 発行年月日

なお、受入証明書の代わりに永代使用許可証の写しで足る場合もあります。

受入証明書あるいは永代使用許可証の写しは、のちほど説明する改葬許可証の発行手続で必要となるものです。
したがって詳細については、改葬許可証の申請先である、墓じまいを行う墓地を管轄する市区町村役場でご確認ください。

埋葬証明書の発行

次に、埋葬証明書の発行が必要になります。

埋葬証明書とは、特定の故人について、霊園・墓地にその故人のご遺骨が間違いなく埋葬されている、ということを証明した書面です。
したがって埋葬証明書は、墓じまいを行う霊園・墓地の管理者に発行してもらうことになります。

埋葬証明書にも定まった書式はなく、下記のような事項が記載されていれば問題ありません。

  • 墓地の使用者の署名および捺印
  • 墓地の管理者の署名および捺印
  • ご遺骨の氏名
  • 発行年月日

なお、市区町村役場によっては、次項で説明する改葬許可申請書の用紙に、埋葬証明欄が設けられている場合があります。
その場合は、墓地の管理者に埋葬証明書を改めて発行してもらう必要がないことも考えられますので、詳細については市区町村役場でご確認ください。

また、時には墓地の使用者と改葬の申請者が異なる、といったこともあります。
例えば現在、墓地の使用者となっている方が高齢でお墓参りが困難となったため、遠方に暮らしている親族の方が、今後お墓を守っていくため改葬を申請する、といった場合が考えられます。

そういった場合、現在の墓地の使用者に断りなくご遺骨を移動することはできませんので、墓地の使用者に改葬承諾書を書いてもらう必要があります。

改葬許可証の発行

次に、改葬許可証を取得します。
先に取得した受入証明書と埋葬証明書が、改葬許可証を発行してもらうのに必要になります。

ご遺骨を他の墓地に移すには、墓じまいを行う墓地のある市区町村役場から改葬許可証の発行を受けなければなりません。

改葬許可証を発行してもらうには、まず市区町村役場で改葬許可申請書の用紙をもらって、墓じまいを行う墓地の管理者により、所定の箇所に署名および捺印をしてもらいます。

そして、署名・捺印のある記入済みの改葬許可申請書と、受入証明書および埋葬証明書の3点を、墓じまいを行う墓地のある市区町村役場に提出します(前項で説明した改葬承諾書がある場合は、それもここで一緒に提出します)。
そして、改葬許可証の発行を受けます。

なお、改葬許可証は1体のご遺骨につき1通必要です。
市区町村役場によっては改葬許可証の発行には手数料がかかる場合もありますので、事前に確認してください。

閉眼供養

閉眼供養も、墓じまいの重要な手順のひとつです。

先にも触れましたが、お墓には亡くなった人の魂が宿っているとされているため、お墓からご遺骨を取り出す際には、お坊さんに読経をしてもらうなど供養をして魂を抜き、お墓を単なる墓石にもどす必要があります。

これを「閉眼供養」といいます。
宗旨宗派、地域によって「(御)魂抜き」「お精抜き」「遷仏法要」などと呼ばれる場合もあります。

ご遺骨の取り出し

そして、お墓からご遺骨を取り出します

石材店に依頼して墓石を動かしてもらう必要がありますが、霊園・墓地が指定する専門業者の方がいる場合もありますので、霊園・墓地の管理者と相談して依頼先を決めるのがよいでしょう。

ご遺骨を取り出したあと、墓地を使用する予定がなければ、墓石を撤去して更地にもどします。

ここで撤去した墓石を別の霊園・墓地で引き続き使う場合は、石材店のほかに運送業者にも依頼して、墓石を移動することになります。

永代供養をするための手順

次に、永代供養の手順や注意点などについて説明します。

永代供養をしている霊園・墓地を探す

まず、ご遺骨を引き受けて永代供養をしてくれる霊園・墓地を探さなければなりません。

ひとことで「永代供養」といっても、そのスタイルも霊園や墓地によって設備もさまざまです。

個人のお墓に埋葬されるだけでなく、永代供養墓(「合祀墓」などと呼ばれることもあります)のもとで他の方のご遺骨と一緒に埋葬されるものや、樹木葬による埋葬、納骨堂で他の方のご遺骨と一緒に安置されるスタイルなどがあります。
中には、生前可愛がっていたペットとともに埋葬してもらえる霊園・墓地もあります。

納骨堂についても、ご遺骨の安置の形態がロッカー式になっていたり仏壇式であったりと、様式はさまざまです。
タッチパネルで操作してご遺骨を呼び出す「マンション式」などというものもあり、新しいタイプの納骨堂が次々と登場しています。

また、後ほど説明しますが、ご遺骨が納骨堂などに安置される期間も一定ではなく、永代にわたって安置されるとは限りません。

選択するスタイルや設備、安置の期間などにより費用も異なりますので、十分に比較検討し故人のお人柄やご自分のニーズに最も合った霊園・墓地を選びましょう

新しい霊園・墓地に改葬許可証を持参する

永代供養をする霊園・墓地が決まったら、そこに改葬許可証を持参します。

新しい霊園・墓地でご遺骨を受け入れてもらうには、墓じまいの手順で説明した改葬許可証を提出する必要があります。
改葬許可証を出して初めて、ご遺骨を移動し納骨することが可能になるのです。

ご遺骨を納骨する

最後に、新しい霊園・墓地にご遺骨を納骨します。
納骨の方法にも何通りか種類があります。
主な方法は以下です。

  • 骨壺から出したご遺骨を、他の方のご遺骨と一緒にまとめて埋葬する方法(合祀または合葬と呼ばれます)。費用はもっとも安いものの、ご遺骨を土に還すことになるので、あとからご遺骨を取り出すことができないというデメリットもあります。
  • 決まった期間(三回忌、七回忌などお寺により異なります)、ご遺骨を納骨堂などに安置したのちに合祀する方法。納骨堂のタイプによっては管理費が必要になる場合もあります。
  • ご遺骨を分骨して、一部を安置し(期間が決まっている場合と永代の場合があります)、残りを合祀する方法。

墓じまいをして永代供養をするための費用

お金

墓じまいをして永代供養をお願いするには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?
これが、墓じまいと永代供養において、もっとも気になる点かもしれません。

ここでは、墓じまいをして永代供養をするための費用について以下のとおり説明します。

墓じまいにかかる費用

墓じまいにかかる費用にはおもに、石材店に支払う費用、移動にかかる費用、そしてお寺に手渡すお布施代があります。

石材店に払う費用

まず、石材店に支払う費用について説明します。

古いお墓の解体・撤去は石材店に依頼することになります。
その料金は、墓地の規模や作業方法などによりさまざまですが、通常の場合に墓地の面積1㎡あたり10万円が相場といわれています。

しかし大きな墓石であれば、解体・撤去にはより多くの人員が必要となりますし、場合によってはクレーンを使った大掛かりな作業になります。
当然ながら費用もその分、高額になります。

事前に専門家の方に見積もりを依頼するのがおすすめです。

移動にかかる費用

次に、移動にかかる費用についての説明です。

古い墓地で使用していた墓石を、新しい霊園・墓地でも引き続き使用する場合、墓石の移動も専門家に依頼しなければなりません。
運送業者に依頼すると、一般的な費用の相場は移動距離100kmあたり15万円から20万円といわれています。

石材店には、懇意にしている運送業者も多いので、石材店を通じて運送業者に依頼するという方法もあります。

移動先の霊園・墓地でも石材店のお世話になるのですから、運送業者の手配も一緒にお願いすれば手間も省けますし、場合によっては移動費用が割安になるという利点もあります。

お布施代

墓じまいにかかる費用として、お布施代も必要となります。

墓じまいのお布施代は、まず閉眼供養の際の読経料として1万円から5万円程度かかるといわれています。

加えて、お寺や地域の慣習によっては、お寺の檀家を離れるための離檀料を払う必要が生じる場合があります。

離檀料の相場は、通常は法要1回分のお布施の程度、金額にして10万円から20万円くらいとされています。しかし、中には法外な離檀料を要求され、トラブルになるケースも増えているといわれています。

お寺が高額な離檀料を請求する背景には、お寺側が長年の間、先祖代々のお墓をご遺族に代わって管理し、ご遺骨をお守りしているのに対し、墓じまいを依頼される方があまりにも事務的で礼を欠いた申し出をすることが多い、という実情があるようです。
トラブルを未然に防ぐためにも、まずはお寺へのこれまでのお礼と相談をきちんとするのがよいでしょう。

万が一離檀料についてトラブルになってしまった場合は、弁護士などに相談するというのも一案ですが、地元の石材店を頼ってみるという方法もあります。
石材店は普段からお寺と付き合いがあり、墓じまいの経験も豊富なことから、ためになるアドバイスがもらえるかもしれません。

永代供養にかかる費用

では、永代供養にはどの程度の費用がかかるのでしょうか。
ここでは、永代供養にかかる費用について以下でご説明します。

永代供養料

永代供養料は一般的に、永代供養料も含めた「一式料金」として支払います。
一式料金に含まれるものには、永代供養料のほか、お布施と墓誌などの刻字料があります。

墓誌とは、通常はお墓の隣に設けた石碑に、故人の俗名、戒名、死亡年月日などを記したものをいいます。
永代供養墓の場合、1枚の石板に納骨されている方の氏名が列記されることが一般的なようですが、中には個別の石板に記され、並べて掲示されるなど、霊園・墓地により様式はさまざまです。

そういった墓誌に、故人の記録を刻むための料金が刻字料です。

お寺によっては、お布施や刻字料を別にしていたり、複数人(たとえば夫婦)で申し込むと割安になったりするところもあるので、事前に確認しておく必要があります。

以上のように、永代供養の一式料金は、セットの内容やシステムがお寺により異なるため、10万円から100万円と、相場に開きがあります。

また、初めからご遺骨を合祀する(埋葬して土に還す)場合はおよそ10万円(1体)、ご遺骨をある程度の期間安置してから合祀する場合は平均して30万円から50万円と、供養の方法によっても金額が変わります

管理料はかからない

永代供養の場合、通常、管理料はかかりません
前項で説明した一式料金を支払えば、その後の管理費、お布施、寄付金などの費用は一切不要とされています。

ただ、「絶対払わなくてもよい」とまではいえず、霊園・墓地によっては年会費や事務管理費、納骨堂の管理費といった費用を請求されるところもあるようです。

無用なトラブルを避けるためにも、事前に確認しておくことをおすすめします。

墓石を建てる場合

永代供養を行う霊園・墓地では、個々のお墓に埋葬されるのではなく、合祀される場合が一般的です。
しかし、個人のお墓を建てて永代供養をしてくれる霊園・墓地も数多くあります。

移動先の霊園・墓地で新しくお墓を建てる場合も、以下のような費用がかかります。

墓石代

まず、墓石代です。
新しいお墓を作る場合にはそのお墓のための費用も必要です。

通常は、墓石代(彫刻費用や工事費も含む)と墓地の永代使用料がセットになった料金となりますが、セット料金の相場は150万円から300万円といわれています。
永代使用料が都道府県や市町村により開きがあるため、このようなばらつきが出るとのことです。

ちなみに2014年の統計によれば、墓石代と永代使用料の合計金額の全国平均は196.37万円で、東日本が203.50万円、西日本が174.35万円と、東日本の方が高額となる傾向が見られています。

なかでも、首都である東京や、西日本でも京都といった歴史のある都道府県は、比較的高い傾向にあります。

お布施代

新しくお墓を建てる場合にはお布施代もかかります。

ご遺骨を移転した先の墓地でも、納骨に際して法要が必要となります。

同時に、開眼供養の読経もしてもらうことになります。
墓じまいの際に、墓石から魂を抜く閉眼供養をしたように、新たにお墓を建ててご遺骨を納めた場合も、墓石に魂を入れなければなりません。
これが開眼供養です。

以上のお布施代の総額は、5万円から10万円が相場といわれています。

永代供養の費用相場や内訳について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

墓じまいと永代供養まとめ

人々

以上終活ねっとでは、墓じまいと永代供養について説明してきました。
これまでの説明をまとめると、以下のとおりとなります。

  • 墓じまいとは、ご遺骨を他の場所に移動させたあとのお墓を撤去・処分すること。
  • 墓じまいは、受入証明書と埋葬証明書を市区町村役場に提出して改葬許可証をもらったうえで、閉眼供養をしてご遺骨を取り出す、という手順で行う。
  • 墓じまいにかかる費用には、石材店への支払い、移動費用、そしてお布施代がある。
  • 永代供養とは、お寺が親族に代わって永代にわたり供養・管理をしてくれること。
  • 永代供養は、ご遺骨の移動先の霊園・墓地を決めて改葬許可証を提出し、ご遺骨を納骨する、という手順で行う。
  • 永代供養は一式料金を支払えば、基本的に管理料などは必要ない。
  • 改葬先の霊園・墓地で新たにお墓を建てる場合は、墓石代のほか納骨と開眼供養のお布施も必要となる。

いかがでしたでしょうか。

墓じまいと永代供養の持つ意義をよくご理解いただき、費用などについて十分に検討したうえで、心安らかに過ごせる方法が見つかることをお祈りします。

この記事が、終活を進めるうえですこしでも参考になれば幸いです。
また終活ねっとでは終活に関する記事をたくさん提供しているので、他の記事もぜひご参考にしてみてください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは永代供養を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「墓じまい・永代供養」に関連する記事

「墓じまい・永代供養」についてさらに知りたい方へ

  • 墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

    墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

    終活をはじめる時、お墓の行く末も不安の種だと思います。最近では墓じまいをする家も増えてきました。ここでは、墓じまいの方法や手順、墓じまい後の遺骨の供養方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

  • 永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!のサムネイル画像

    永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!

    お墓の承継問題や経済的事情で墓じまいをして永代供養に改葬しようと考えたとき何をすればいいか知っていますか?墓石の撤去費用や方法って複雑ですよね。今回は永代供養に改葬するときの墓石撤去費用など抑えておきたいポイントを解説します。ぜひ最後までお読みください!

  • 永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説のサムネイル画像

    永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説

    お墓の継承者がいないため、永代供養を選択して墓じまいをする人が増えてきました。しかし墓じまいするためには、墓石を処分したり遺骨を取り出す必要があります。そこでこの記事では、遺骨を永代供養する際の墓石の処分法と必要な手続きについて説明していきます。

  • 墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

    墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

    ご先祖様のお墓を継ぐ人がいなくなってしまった場合は墓じまいをしなければなりません。 墓じまいをしないと、そのお墓は無縁仏になってしまうのです。 では、墓じまいにはどれ程の料金が必要で、内訳はどうなっているのでしょうか? 今回は墓じまいの料金をテーマに説明します。

  • 墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

    墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

    少子化により後を継ぐ人がいなくなり、墓じまいをしなければいけないことが増えています。 しかしその墓じまいの過程でトラブルが起こることもあります。 今回はそんな墓じまいの際のトラブルを防ぐために、事前にトラブルの事例とその対処法を確認しておきましょう。

  • 改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説のサムネイル画像

    改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説

    後継ぎがいないなどの理由から、改葬して永代供養ができる霊園にお墓を移そうと希望される方が増えています。永代供養はメリットのある埋葬方法ですが、改葬の仕方などが分からず、お困りの方も多いと思います。永代供養への改葬はどのように行うのか、手続きも含め解説します。

  • お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

    お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

    先祖代々受け継いで来たお墓でも、引き継ぐ人が無ければお墓を整理して墓じまいをしなければなりません。 お墓を整理する際には様々な費用が生じますが、いったいどのような費用が必要になるのでしょうか。 今回は墓じまいにかかる費用にいてお話しします。

  • 墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

    墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

    後継者がいない・お墓が遠いなどの理由で、ここ数年墓じまいを考える方がとても増えています。墓じまいはどのような手順で進めたらよいのでしょうか。ここでは墓じまいの手順を徹底解説します。墓じまいを考えている方は是非、お読みください。

  • 墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!のサムネイル画像

    墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!

    遠方で滅多に墓参りにいけない。地元にお墓の面倒を見てくれる人がいないという理由で、「墓じまい」という手段をとる人が増えています。しかし、その流れに関しては一般的には知られていません。墓じまいの一連の流れ、手続きや料金について詳しく説明いたします。

  • 永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

    永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

    跡継ぎのことなどお墓の今後をいろいろと考え、永代供養に変更しようと考える方や実際にそうする方が増えています。しかし、実際に永代供養に変更するためにはどのようなことをする必要があるのでしょうか?今回は、永代供養に変更する際に必要な手順や費用を見ていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓じまい・永代供養」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!のサムネイル画像

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説のサムネイル画像

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説のサムネイル画像

改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓じまい・永代供養」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!のサムネイル画像

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説のサムネイル画像

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと