手元供養と散骨はなぜ一緒に行うことが多いのか?

最近、身近でも「散骨」という言葉を見聞きすることが多くなりました。 そして、散骨を扱う葬儀会社さんに散骨のことを相談したら、手元供養もご一緒にと勧められた、という話も聞きます。 なぜ、散骨は手元供養と一緒に行われることが多いのでしょうか。

目次

  1. 手元供養と散骨について
  2. 手元供養と散骨とは?
  3. なぜ手元供養を散骨と一緒にするのか?
  4. 手元供養はそれほど費用がかからない
  5. 手元供養品は常に身近に感じられる!
  6. 手元供養・散骨の種類
  7. 手元供養・散骨のまとめ

手元供養と散骨について

お墓

供養の方法は、お骨を骨壺に入れてお墓に納めるという伝統的なやり方だけではなくなってきているのが現実です。

お亡くなりになった仏様をご遺骨を、海などに撒く散骨が最近増えてきています。
でも、実際に散骨をするとなると、どうやったらいいのか、わからない方が多いのではないでしょうか?

この記事では

  • 散骨って自分でもできるの?
  • 海洋散骨はよく聞くようになったけれど、山や川でも散骨できるの?
  • 散骨するなら手元供養も、と聞くけれど、なぜ手元供養も一緒なの?
  • 手元供養はどんな風にやるの?

などを解説いたします。

人の死はいつも突然で、いつやってくるかわかりません。

散骨や手元供養に興味をもたれて、この記事にたどり着かれたのも何かのご縁。

終活ねっとでは、散骨や手元供養に興味はあるけれど、実際にはどうしたいいのかわからない、という方のために、散骨や手元供養のあれこれを一通り、ご紹介いたしますので、是非、最後までご一読ください。

手元供養と散骨とは?

お墓

最近では「散骨」という言葉を見聞きするようになりました。
終活への関心が高まる中、テレビなどでも取り上げられていますね。
供養の方法として、じわじわと散骨の人気が高まっています。
ですが、そもそも散骨は何のことなのでしょう。

そして、散骨と一緒に取り上げられる手元供養という言葉も、一般に理解されているとは言えません。

すぐにはイメージが浮かばない方が大半だと思います。

まずは「手元供養」と「散骨」という言葉の意味から、ひとつずつ見ていきましょう。

手元供養とは

日本では仏様をご供養する時、墓地や納骨堂に遺骨を納めるのが一般的ですね。
お骨はご遺族のお手元に置くのではなく、墓地や納骨堂に預かっていただきます。

それに対して、「手元供養」というのは、お亡くなりになった故人の遺骨の一部をご遺族がご自分のお手元に置いて供養することをいいます。

  • 墓地のご遺骨から分骨する方法
  • お墓は作らずに手元にだけお骨を置く方法
  • 散骨したときに一部を残す方法

とさまざまな手元供養があります。

手元に遺骨を残す、とは言っても、例えば、ご自宅の庭に埋葬すると違法という扱いになってしまいます。
仏様のご遺骨の扱いについては、日本では、昭和23年に制定された『墓地、埋葬等に関する法律』があります。

その中で、ご遺骨を保管してよい場所として墓地や納骨堂などとされていて、そうした決められた場所以外にご遺骨を安置することは禁じられているのです。
それを知らずに自分の敷地だからいいだろう、などとに考えて、庭に埋めてしまうと、問題になってしまいます。

手元供養は、あくまでご自宅の中で行うこと、と肝に銘じましょう。

散骨とは

散骨とは読んで字のごとく、お骨を撒くことです。
でも、どこに撒くのでしょうか?

ボードで沖にでて海に撒く海洋散骨もあれば、山に撒く陸の散骨もあります。
そうすることで、仏様は自然に帰っていけるのですね。

地球に生まれて、地球に帰っていく自然葬の考えが根底にあるようです。

でも、以前は、散骨は許されていませんでした。
先ほど触れた法律の取り決めで、遺骨を置く場所が制限されていたからです。

海が好きだった石原裕次郎さんが希望していた海洋散骨を実現できなかったお話は有名で、お聞きになったことがあるかもしれません。

まだ、上で述べた法律が改正されたわけではありません。
ですが、散骨に対する関心が大きくなっていくにつれて、関係官庁が散骨に関して見解を述べるようになりました。
例えば、法務省は散骨が「葬送を目的とし節度を持って行う限り、死体遺棄には当たらない」としています。

厚生労働省も「『墓地、埋葬等に関する法律』は散骨を規制するものではない」という趣旨の見解を採ったと言われています。

散骨にはもう一つ大事なことがあります。
ご遺骨は骨壺に入っているそのままの形で、散骨することはできない、ということです。
そのままの形では、遺骨の「遺棄」になり、刑法第190条の適用を受けてしまいます。

法務省の見解にある「節度を持って行う」という条件を満たすためにも、お骨はあらかじめ砕いておきます。
遺骨を砕いて粉末状にすることを粉骨といいます。
遺骨とわからないほどの細かい粉状にするのです。

専門の業者さんに頼むときれいなパウダーに粉骨してくださいます。
そして、このようにパウダー状にまで細かく粉骨されていることから、手元供養もやりやすくなりました。

普通の人が普通に散骨できる時代になって、散骨を一つの選択肢にできるようになりました。

なぜ手元供養を散骨と一緒にするのか?

お墓

ここまで読まれた皆さんは、もう、なぜ手元供養と散骨を一緒にするのか
という疑問の答えがわかったかもしれませんね。

ご存知の通り、伝統的なご供養では、家族で拾ったお骨は骨壺に入れて、お墓や納骨堂に納められ、ご遺骨が残りますね。

そして、自然に帰ることををコンセプトとする散骨では、お骨を砕いて海や山などに撒き、仏様は自然に帰っていくわけで、手元には何も残りません。

そうした散骨の意味は、頭ではすっきり理解していても、お墓や納骨堂でのご供養に何世代もの間、馴染んできた私たち日本人にとって、全部散骨して手元に何も残らないとなると、どうしても一抹の寂しさを感じてしまう、というのが本当のところです。

全部撒いてしまったら、故人をどうやって偲べばいいのか、、
そんな気持ちから、手元供養と散骨が結びつけられるようになっていきました。

いざ散骨をした後に、遺骨を少量でも残しておけばよかったと後悔される方もいらっしゃいます。

そこで、散骨をする際に、全ての遺骨を撒くのではなく、一部の遺骨を手元供養で保管したい、と考えられる方が多いのです。

散骨と同時に手元供養される方は多いです。

手元供養はそれほど費用がかからない

お金

手元供養には金銭的なメリットもあります。
お墓を建てたり、納骨堂に収めるにはそれなりの費用が掛かります。

墓地を確保して、墓石を買って、となると百万円台にも及ぶでしょう。

でも、手元供養の場合は、実は、それほど費用が掛からないのです。
お墓を立てることと比べると、数万円で収まるので、2桁ほども違いが出ます。

手元供養は、自宅の中に遺骨の一部を置くので、例えば、ミニ・サイズの骨壺に遺骨を保管したり、ペンダントトップの中に少量のお骨を入れたり、といった形式のため、費用をかなり抑えることができるのです。

手元供養品は常に身近に感じられる!

お墓

手元供養のよい点は、費用面だけではありません。

元々が、故人を偲ぶものを身近に置きたいという発想がある手元供養ですから、手元供養品があると、故人を常に感じることができて、心が常に慰められ、満たされる感覚を得られるのです。

アクセサリーなど身に着けられるものもあることから、いつもお亡くなりになった仏様と常に一緒にいる感覚が持て、故人に守られ、愛されていることを身近に感じることができるのです。

仏様が常に身近にいてくださるという感覚ほど、ありがたいことはありません。

手元供養・散骨の種類

お墓

ここまでご説明させていただいた、手元供養と散骨ですが、是非やってみたいと思われた方は、具体的な方法がお知りになりたいと思います。

それで、ここからは、具体的に手元供養をするためにはどんな種類の方法があるのか、その一部をご紹介して参ります。

また、散骨もここまでで少しご説明した海と陸の散骨だけでなく、最近ではアッと驚く種類が出てきたので、より詳しくご紹介したいと思います。

手元供養

まずは手元供養の種類を解説します。

ミニ骨壺

通常の白い骨壺はお墓に入れるためのものなので、仏壇の中にはとても納まりませんが、ミニ骨壺なら大丈夫です。
ご位牌と並べて納めることができます。

また、仏壇の中という閉じられた場所ではなく、ご自分の生活空間に骨壺を置きたいというご希望にも
ミニ骨壺はぴったりです。

リビングルームにお写真と並べて置いたり、寝室のナイトスタンドの横にちょこんと置けるようなデザイン性・インテリア性に富んだミニ骨壺がたくさん売られています。
骨壺と知らされなければ、そうとはわからないものばかりです。

アクセサリー

もう一つの代表的な手元供養品は、アクセサリーです。

誰しも若かりし頃、大好きな人の写真を入れたロケット・ペンダントを身に着けたことがあるのではないでしょうか。

それは、大切な人をいつも身近に感じていたいからだったはず。

同じように、例えば、遺骨ペンダントなら、遺骨の一部を入れて身に着けることができます。
散骨の際に、パウダー状に粉骨していますから、ロケットに遺骨を入れるのに困ることはありませんね。

アクセサリーもミニ骨壺同様、非常にデザイン性が高いものが発売されていますので、遺骨ペンダントだと言われなければ、普通のロケット・ペンダントにしか見えません。
それでいて、身に着けているご本人はお亡くなりになった仏様を胸元で感じることができるのです。
どこに行こうと、何をしていようと、いつ何時でも、常に一緒です。

散骨

それでは、海洋散骨、宇宙葬、山への散骨の3つの散骨を見ていきましょう。

海洋散骨

海洋散骨は、もっともポピュラーな散骨かもしれません。
東京などの大都市だけでなく、少しずつ各地で海洋散骨を引き受けてくださる業者さんが増えているようです。

ご遺族自身がボートに乗って、自分自身で散骨ができるタイプと業者さんにお任せして散骨していただくタイプに大別されます。

費用は業者さんによって様々ですが、一般的には後者の方が安く抑えることができます。
いずれも長所と短所がありますから、よく比較検討して選ぶと後で後悔が少ないですね。

宇宙葬

見出しを見て驚かれた方もいっらしゃると思います。

宇宙葬(うちゅうそう)とは、故人の遺灰が入った小型カプセルを人工衛星などに載せて、宇宙空間に打ち上げるという散骨の一形態です。

宇宙での散骨は、確かに、唐突感があります。
でも、考えてみると、私たち地球に住む人類は宇宙の一部。
その意味で、私たちも宇宙の一部ですから、宇宙に帰ることは理にかなっていると、いえなくもないのではないのでしょうか。

2013年11月には既に、日本経済新聞が米国の宇宙葬を手掛ける企業であるエリジウムスペース社の日本進出を記事にしていました。

同社は既に日本で営業中のようで、同社ホームページによると、費用は日本円で30万円程度(流れ星供養)となっていますので、全く手が届かない額でもありません。

山へ散骨

生前に海とご縁があった故人がいれば、山とご縁があった故人もいるでしょう。

山登りが好きだった故人はやはり山に眠りたいとおっしゃられる場合もあります。
そうした故人のために、山での散骨も可能です。

ただ、海洋散骨と違って、山の散骨は一点、注意が必要です。
それは、散骨は他人の土地に無断で撒かない事が求められているという点です。

人様が所有する山林では、当然のことながら散骨はNGです。
また、散骨場所となるすぐ近くに住む住民の方々にも配慮が必要ですね。

散骨できない場所もあるのでご注意!

だんだんと散骨の人気が高まるにつれて、トラブルも起きるようになり、その結果、散骨できない場所も生まれました。

上で述べたように、墓地埋葬法という古い法律が改正されないまま、法務省と厚生労働省が出した、散骨を禁止しない受け取ることができる見解のみで、散骨が広がっていったためもあります。
散骨場となった地方自治体が条例で、散骨上の設置を禁止したり、制約したりしています。

また、禁止・制約を検討中のところもあります。
こうした動きを個人で、リアルタイムで正確に知るのは難しいですから、やはり専門の業者さんに任せるのが得策でしょう。

手元供養・散骨のまとめ

お墓
  • 散骨と手元供養の意味と種類
  • 散骨をして、遺骨が全てなくなってしまうのを寂しいと感じられる方が手元供養も同時に行うケースが多い。

といったことを解説いたしました。

いかがでしたか?
手元供養と散骨のあらましがご理解いただけたでしょうか。
また、ご興味を抱かれた手元供養品や散骨場所との出会いがありましたでしょうか?

故人の送り方、ご供養の仕方は人それぞれです。
この記事が、読者の皆さんにとって、心から満足でき、故人を身近に感じられる送り方を見つけられる一助になれたなら望外の喜びです。

終活ねっとでは、散骨だけでなく様々な供養の携帯を皆様に提案しております。
是非この記事以外の供養やお墓の記事を合わせてお読みください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「手元供養・散骨」に関連する記事

「手元供養・散骨」についてさらに知りたい方へ

  • 散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!のサムネイル画像

    散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!

    自分の死後に「散骨」を希望する人が増えています。遺族に遺骨の管理・供養を負担させない散骨は、これからの永代供養の一つの形となっています。でも、散骨後に遺骨の管理がない散骨は、永代供養と考えて良いのでしょうか?それでは、少しややこしい言葉を含めて説明しましょう。

  • 散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

    散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

    現代社会で価値観が多様化する中で自由な葬儀のやり方も増えてきていますが、その方法の1つが散骨です。海や山など好きなところに遺骨をまくイメージがありますが、許可がなくて大丈夫なのかと疑問に思う方も多いでしょう。今回は散骨の許可にまつわる疑問に迫っていきます。

  • 散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

    散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

    故人の生前の遺志を汲み散骨を望む遺族が増えています。 でも散骨はまだまだなじみが薄く、散骨の仕方や場所、費用の見当もつかず、散骨して大丈夫なのかと戸惑っている方も多いと思います。 そんな散骨の種類や方法と費用の相場などについて、分かりやすく説明します。

  • お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

    お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

    昔は埋葬と言うと、お墓に納めるだけでしたが、最近では永代供養墓、納骨堂、樹木葬をはじめとする自然葬など数多くの埋葬方法があります。中でも注目を集めているのが散骨などの自然葬です。お墓を持たない散骨は、どのようなシステムなのか気になります。

  • 海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

    海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

    日本では火葬した遺骨をお墓に納めるのが一般的ですが、散骨という方法もあります。今回は散骨の中でも海洋散骨について、その準備方法や費用、法律、海外散骨などすべてを詳しく解説!海洋散骨に興味がある方も、そうでない方も、ぜひ一度目を通してみてください。

  • 終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

    終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

    終活を考える時、ご遺骨を散骨してご供養する方法をお探しになられる方が増えています。近頃様々なメディアで紹介されている散骨というご供養。より充実した終活となりますよう、散骨の種類やその費用についてご紹介したいと思います。

  • 散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

    散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

    散骨は、いろいろな種類がある供養方法のうちのひとつです。新しくお墓を建てなくていいことと、お墓を維持していかなくていいことが理由で、現代では散骨を選ばれる方が増えています。そこで、散骨について気になる疑問や方法についてご紹介させていただきます。

  • 散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!のサムネイル画像

    散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!

    お墓を持たずに遺骨を自然へ返す、散骨という御供養を最近よく耳にするようになりました。しかし、この鎖骨という方法は法律的にはどのように解釈されるのでしょうか?散骨についての法律問題について一緒に考えてみましょう。

  • 墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点のサムネイル画像

    墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点

    墓じまいした後に、散骨を選択できることをご存知ですか? 散骨はお墓を建てる必要がないため、費用が安いというメリットがあります。 一方、散骨する際には注意しなければいけない点もあります。 ここでは、墓じまいの際にメリットが大きい「散骨」について詳しく説明します。

  • 山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?のサムネイル画像

    山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

    散骨という葬儀方法を御存じでしょうか。これは山や海で行う自然葬の一つで、遺骨をお墓に納めず、自然に還すという葬儀方法です。なじみがない方が少なくないと思いますが、山に散骨する方法をとられる方が増えています。ここでは山への散骨について紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「手元供養・散骨」についてさらに知りたい方へ

散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!のサムネイル画像

散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!のサムネイル画像

散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点のサムネイル画像

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点

山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?のサムネイル画像

山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「手元供養・散骨」についてさらに知りたい方へ

散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!のサムネイル画像

散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと