キリスト教の納骨堂とはどんなもの?仏教とは違うのか

世界三大宗教の1つに数えられるキリスト教ですが、そのキリスト教の納骨堂がどのようなものかというのは多くの日本人にはわからないものです。今回は、私たち日本人にとってはなにかと縁遠い宗教としてのキリスト教の納骨堂にスポットを当てていきます。

目次

  1. キリスト教の納骨堂について
  2. キリスト教の納骨堂はどこにある?
  3. 寺院の納骨堂には納骨できるの?
  4. 納骨堂以外のキリスト教のお墓
  5. キリスト教の納骨堂まとめ

キリスト教の納骨堂について

お墓

キリスト教は、紀元前後にイエス・キリストによって開かれた世界三大宗教です。
そして、文化としては私たちの生活の中でも西暦や太陽暦、日曜日、クリスマスなどキリスト教によって生み出されたものに意外とお世話になっています。

とはいえ、日本国内のクリスチャン(キリスト教の信者)は約100万人と日本の総人口に比べれば微々たる数字であるためか、私たち日本人から見ると宗教としてのキリスト教はどこか縁遠いように感じます。

ましてや、キリスト教の納骨堂を聞くと、多くの日本人はなおさらどのようなものかイメージがつきにくいかと思います。

そこで今回は、キリスト教における納骨堂について取り上げていきます。
具体的には、

  • キリスト教の納骨堂がどこにあるか?
  • クリスチャンの遺骨は寺院の納骨堂で納骨できるのか?
  • 納骨堂以外のキリスト教のお墓はどのようなものか?

について見ていきたいと思います。

キリスト教の納骨堂を探したい方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
霊園を宗教宗派・費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
宗教不問の納骨堂も多数掲載しております。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

キリスト教の納骨堂はどこにある?

困った人々

キリスト教の納骨堂と聞いた時に、私たちの多くはそれがどこにあるかということすら想像できないかと思います。

まずは、キリスト教の納骨堂が一般的にどこにあるものかについて見ていきましょう。

教会

キリスト教において欠かせない建物が、信徒が日曜日などに神様に礼拝を捧げるための教会です。

実はキリスト教の納骨堂は教会が墓地ともども独自に管理する施設(カトリックの場合)、あるいは教区ごとに管理する施設(日本基督教団<プロテスタント>の場合)として存在することが多いです。

教会にある納骨堂は、地上にそのまま納骨のためのスペースがあるものもあれば、地下にスペースが設けられている場合もあります。

実際に納骨が行われるのは、故人が亡くなってからおよそ1ヶ月後の日曜日のことで、もちろんその間に火葬などを済ませて、いつでも納骨堂に遺骨を納めることができる状態にしておきます。
なお、カトリックでは納骨式のことを「追悼ミサ」、プロテスタントでは「昇天記念日」と呼びます。

基本的には納骨堂を持つ教会に信徒として所属していた人が納骨されます。
そして、そこでキリスト教の教えでいう復活の日まで教会が責任を持って故人の遺骨を管理しつつ、故人の天国での祝福を日々祈ることになります。

また、キリスト教の納骨堂は、故人の遺骨がお墓に納骨される場合に、まだそのお墓が完成していない間、一時的に保管しておくための建物として機能する場合もあります。

公営霊園・民営霊園

近くのキリスト教の教会に納骨堂がない場合や、クリスチャンではないけれど亡くなった後にキリスト教式の葬儀を希望するという人の場合は公営もしくは民間の霊園にあるキリスト教徒も入れる納骨堂に納骨される場合もあります。

こちらはキリスト教の教会が管理しているのではなく、地方公共団体や民間の葬儀業者などが経営しており、正確にはキリスト教とはあまり関係ありません。

ただし、納骨の儀礼そのものはキリスト教のやり方に基づいて行うことができるため、クリスチャンではない場合や、またクリスチャンであってもキリスト教式の納骨堂が見つからない場合でも比較的簡単にキリスト教式の納骨堂を利用できる方法になっています。

遺跡としての納骨堂

これは日本ではなくヨーロッパの場合ですが、ローマやパリなどの地下に納骨堂が遺跡という形で残っている場合があります。

ローマにある地下の納骨堂(カタコンベ)は、古くはローマ帝国の時代からローマの市街地のいたるところで形成されてきました。
中には「骸骨寺」と呼ばれる教会もあり、そこには4000人分の遺骨が納められています。

また、パリの地下にも実に600万人分の遺骨を納めている納骨堂があります。
もともと中世(10世紀)にパリの人口が増えるのに伴い、墓地に当てる土地が足りなくなったために市街地の地下に形成されるようになったのが始まりです。

カタコンブ・ド・パリと呼ばれるこの地下納骨堂は、キリスト教の地下納骨堂でも世界最大級といわれています。

観光名所として有名ですので、ヨーロッパ旅行の折には一度立ち寄ってみるとよいでしょう。

寺院の納骨堂には納骨できるの?

お墓

キリスト教式の納骨堂が近くに全くないという場合、キリスト教式の納骨堂の代わりに最寄りの寺院の納骨堂などを利用することを考える人もいるかと思います。

ここでは、クリスチャンの故人の遺骨を納骨する際に、寺院の納骨堂が使えるかどうかについて見ていきます。

宗派が決まっている場合

寺院の納骨堂であらかじめ宗派が決まっている場合、クリスチャンが寺院の納骨堂をキリスト教のそれに代えて利用することは難しいといえます。
特に、すでに葬儀をキリスト教の教会で済ませた場合、ほとんど断られるといっても過言ではありません。

ただ、そのクリスチャンの故人の親族が仏教の宗派のお墓や納骨堂に遺骨が納められていて、その故人も親族とともに眠りたいという場合は事情をその寺院の住職に話せば、場合によっては親族のお墓への納骨も可能になることもあります。

いずれにしても、「宗教自体が違うから」とさっさとあきらめるのではなく、まずはあらかじめ納骨堂を管理している寺院の住職に一度相談してみることがおすすめです。

宗教不問の場合

宗教を不問としている寺院の納骨堂の場合は、クリスチャンであってもその納骨堂への納骨は可能です。

もちろんこの場合も、あらかじめその寺院の住職に相談しておくことが大切ですが、宗教不問をうたっている以上、ほとんどの場合断られることはないでしょう。
もちろん、故人が生前お世話になった教会の牧師もしくは神父にも相談しておく必要があります。

ただし、このように宗教不問の寺院の納骨堂でも、その後の供養などはすべて仏教式で行われますので、そこは事前に理解しておく必要があるといえます。

ちなみに、「宗教不問」と似たような文言に「宗旨・宗派不問」を売り文句にしているところもありますが、その中には在来仏教でなければ受け入れないというところも少なくありませんので、これも寺院の方に事前の確認が必要といえます。

また納骨堂ではなくお墓に埋葬される場合は、キリスト教式に墓石に十字架が刻印されるなど配慮されることもありますが、その一方で家族とは別のお墓に葬られる場合もあります。

納骨堂以外のキリスト教のお墓

お墓

キリスト教においてもお墓というものはもちろん存在します。
そして、納骨堂がない場合、キリスト教式のお墓を建てるなどしてそこに遺骨を納めることになります。
キリスト教におけるお墓とはいったいどのようなものか、見ていきましょう。

墓石を建てるお墓

キリスト教のお墓には墓石を立てるものも見られます。

墓石のデザインは仏教のそれによく見られる「〇〇家之墓」や「〇〇家先祖代々之墓」などとは違い、故人が生前好んでいた聖書の一句や、故人の生没年や洗礼名などが刻まれることが多いです。
また、キリスト教のシンボルである十字架のデザインも必須とされています。

ちなみに、キリスト教の墓石を立てるタイプのお墓は、仏教式によく見られる家族単位で納骨されるものとは異なり、あくまでもその故人の遺骨のみが納骨される場所とされています。

なお、仏教式のお墓でキリスト教のものとよく似ているのが浄土真宗のお墓です。
浄土真宗のお墓でも「南無阿弥陀仏」や「倶会一処」といった教義にちなんだ文言が墓石に刻まれます。

なお、キリスト教のお墓で墓石のあるものは新築するとなると120万円から700万円ほどとばらつきはありますが比較的高い金額が必要になります。

共同墓地

キリスト教のお墓には共同墓地で埋葬するという形式もあります。
実際のところ、日本のクリスチャンでも多くの故人が共同墓地に埋葬されるというケースになります。

共同墓地もキリスト教の教会もしくは教区が独自に所有・管理しているという場合も多く、キリスト教式の納骨堂がなかなか見つからないという場合はうってつけの埋葬先となります。
お墓自体も大理石でできている、イメージ通りの平板式の形状となっているのが一般的です。

ただし、故人以外の家族が仏教徒で、一緒に納骨する場合は仏教式のお墓のような「〇〇家之墓」といった文言は刻印できないので、注意が必要です。

民間の葬儀業者でも、キリスト教の共同墓地への埋葬を、その墓地を所有する教会への依頼という形で紹介できるというケースが多いうえ、費用も10万円から50万円と、キリスト教の個人墓への埋葬に比べれば随分と安上がりになります。

キリスト教の納骨堂まとめ

お墓

キリスト教の納骨堂についていろいろと見てきましたが、いかがでしたか?

なかなか私たち日本人にはなじみのないキリスト教の納骨堂ですが、今回見てきたことをまとめますと、以下のようになります。

  • キリスト教の納骨堂は多くの場合、教会の付属施設として存在するか、公営もしくは民間の霊園の施設の1つとして存在している。また、ヨーロッパに行くと地下納骨堂の遺跡を見ることもできる。
  • クリスチャンの故人の遺骨を仏教の寺院に納骨できるかどうかは、各寺院の方針によって異なるが、寺院の場合は断られるケースも少なくはない。しかし、宗教不問をうたっている寺院の場合は比較的断られることはない。ただし、事前に依頼先の寺院の住職や、故人のお世話になった教会の神父もしくは牧師に相談が必要。
  • 納骨堂以外のキリスト教のお墓には墓石がある個人墓と、共同墓地に埋葬する形式のものがある。個人墓の墓石には故人が好きだった聖書の一句や故人の生没年などが十字架とともに刻まれる。共同墓地の方が比較的安く埋葬できる。

キリスト教という宗教は、日本では信徒の数が全人口の1%程度しかいないため、私たちにとってはかなりなじみのない存在であるだけに、日常生活の中でキリスト教の納骨堂についての知識もなかなか知る機会がないかと思います。

キリスト教のことをもっと理解したいという方や、キリスト教の方法で葬儀や納骨をされたいという方はぜひともこの記事を機会あるときに読み返してみてください。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「キリスト教・納骨堂」に関連する記事

  • カトリックの納骨堂に関してその特徴や費用などの疑問を解決します!のサムネイル画像

    カトリックの納骨堂に関してその特徴や費用などの疑問を解決します!

    世界三大宗教であり、実は私たちの生活の中でさまざまな影響を与えているキリスト教。その中でもカトリックの納骨堂にはどのような特徴があり、費用はいかほどのものなのでしょうか?今回は、なかなか触れる機会のないカトリックの納骨堂の特徴や費用について見ていきましょう。

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

  • 海外の納骨堂まとめ!海外の埋葬方法、有名な納骨堂全てご紹介!のサムネイル画像

    海外の納骨堂まとめ!海外の埋葬方法、有名な納骨堂全てご紹介!

    海外には有名な納骨堂がたくさんあります。中には観光名所となっている場所もあり、注目を集めています。今回は海外の納骨堂に注目してみましょう。また、海外の埋葬方法や有名な納骨堂の場所についても解説していきます。

  • 浄土宗の納骨堂についておすすめの納骨堂やチェックポイントを解説!のサムネイル画像

    浄土宗の納骨堂についておすすめの納骨堂やチェックポイントを解説!

    歴史が古く、お寺の数も沢山ある浄土宗ですが、浄土宗の納骨堂はどんな所にあるのでしょうか?今回はそんな浄土宗の納骨堂を利用したいとお考えの門徒の方々に、浄土宗の納骨堂の場所や選ぶ際の注意点、特徴などをご紹介しています。ぜひ最後までお読みください。

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • 納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

    納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

    いつまでも近くに置いておきたい遺骨。 でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。 ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか? ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

  • 終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!のサムネイル画像

    終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!

    終活では、お墓のことも多くの方が関心を持つテーマです。お墓にも色々な形態があり、納骨堂はそのうちのひとつ。終活でお墓のことを調べている方、実際にお墓を探している方など、納骨堂を選ぶ時には、いくつかの大切なポイントがありますのでぜひ知っておいてください!

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「キリスト教・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

カトリックの納骨堂に関してその特徴や費用などの疑問を解決します!のサムネイル画像

カトリックの納骨堂に関してその特徴や費用などの疑問を解決します!

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

海外の納骨堂まとめ!海外の埋葬方法、有名な納骨堂全てご紹介!のサムネイル画像

海外の納骨堂まとめ!海外の埋葬方法、有名な納骨堂全てご紹介!

浄土宗の納骨堂についておすすめの納骨堂やチェックポイントを解説!のサムネイル画像

浄土宗の納骨堂についておすすめの納骨堂やチェックポイントを解説!

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!のサムネイル画像

終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「キリスト教・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

カトリックの納骨堂に関してその特徴や費用などの疑問を解決します!のサムネイル画像

カトリックの納骨堂に関してその特徴や費用などの疑問を解決します!

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

海外の納骨堂まとめ!海外の埋葬方法、有名な納骨堂全てご紹介!のサムネイル画像

海外の納骨堂まとめ!海外の埋葬方法、有名な納骨堂全てご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと