お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明します

お墓の整理をしたいと思った時、すぐに行動しようにも、具体的な方法や費用が分からないと少し戸惑ってしまいますよね。何から調べてどのように動けば一番良いのでしょうか。お墓の整理に関わる知識を身につけて、事前準備をしてみましょう。

目次

  1. お墓の整理について
  2. お墓を整理するには
  3. お墓の墓じまい・改葬の手続き
  4. お墓の整理にかかる費用
  5. お墓の改葬先をどこにするか
  6. お墓の整理まとめ

お墓の整理について

お墓

終活の一つとして、お墓の整理をお考えになる方が増えてきています。

お守りしているお墓の承継者がいない、次の承継者が遠方に住んでいるためお墓のお引越しをしなければならないなど、さまざまなご事情を抱えた上でのご決断は、心配で胸を痛めることも多いのではないでしょうか。

今回の終活ねっとでは、

  • お墓を整理する手順について
  • 墓じまいをする時の費用について
  • 墓じまいの後の御供養について

という点を重点的にご説明して、お墓の整理に関する皆さまの疑問や不安を少しでも減らせるお手伝いをさせていただけたらと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

お墓を整理するには

お墓

お墓の整理は、ある程度の手順が分かると理解がしやすくなります。

お墓の整理の流れについてご説明しますと、

  • ご遺骨を最終的にどのように御供養するかを決める
  • 墓じまいの手続きをする
  • 墓石を撤去・整地して墓地・霊園に区画をお返しする
  • 取り出したご遺骨を新たに御供養する

という流れになります。

上記した項目のうち、特に重要となってくるのが墓じまいです。

お墓は故人が眠る魂をお守りする大切な場所です。
そのお墓が沢山集まる墓地・霊園は、仏様がお守りくださっている聖地であり沢山の自然霊が故人を受け入れてくれる有難い場所と考えられています。

これまで故人の魂やそのご遺骨をお守り下さっていた墓地・霊園に対し、感謝と御礼の気持ちを込めて最後に行うのが墓じまいとなります。

墓じまいでは、現在あるお墓に納骨しているご遺骨を全て取り出し、お墓の墓石を全て撤去してきちんと整地した後、墓地・霊園にお返しすることになります。

お墓をお守りしてきた人が最後に行う大切な行程となりますので、お墓の整理の際には必ず墓じまいを行うようにしましょう。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容について解説しています。
墓じまいをした後に別の場所へお墓の建立を検討されている方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

お墓の墓じまい・改葬の手続き

お墓

お墓の整理で墓じまいを行う場合、いくつかのお墓の墓じまいと改葬に関する行政手続きをしなければなりません。

そしてその書類を取るにあたり、ある程度の順番で動かないと別の書類が取れないこともあります。

ここでは、書類を取るにあたり一番効率的な順番でそれぞれの書類についてこ説明していきたいと思います。

受入証明書の発行

受入証明書とは、お墓から取り出したご遺骨を新たに受け入れることを証明する書類です。

例えば、お墓が遠いのでもっと近くにお墓をお引越しする改葬を行うとします。
まずは次のご移動先となる墓地・霊園や納骨堂を探します。
そして、その新しく契約した墓地・霊園や納骨堂を管理している管理者から発行して貰うのが受入証明書です。

各管理者の方から指定された書類に必要事項を記載し、署名捺印をして提出することで受入証明書が発行されます。

発行に際しどのような準備が必要かなどはそれぞれの管理者で異なりますので、事前にお墓の受入先に確認してみましょう。

埋葬証明書の発行

埋蔵証明書は、今現在ご遺骨を納めている墓地・霊園や納骨堂の管理者から発行して貰います。

埋葬証明書の発行に関して形式が決まっているわけではありませんが

  • 墓地・霊園や納骨堂を使用している人の署名捺印
  • 墓地・霊園や納骨堂を管理している人の署名捺印
  • 納められているご遺骨のお名前
  • 証明書の発行年月日

という項目は必要事項となります。

もし複数のご遺骨を納めている場合、ご遺骨の人数分のお名前を記載しなければなりませんので、事前にお確かめておきましょう。

埋蔵証明書を受け取った際には、上記の項目が記載されているかどうかをご確認下さい。

改葬許可証の発行

受入証明書と埋蔵証明書の二つが揃ったら、それを持って今現在お墓のある市町村役場へ出向きます。

ここでまず用意しなければならないのは、改葬許可申請書です。

改葬許可申請書は、納骨したご遺骨の人数分必要となります。
もしお墓に2人分のご遺骨が納められていた場合には申請書は2枚、5人分納骨されている場合には5枚の申請書を用意して提出しなければなりません。

ですので、事前準備としてお墓に何人分のご遺骨があるのか、ご遺骨のお名前と可能であれば埋葬された年月日も調べてから出向かれると良いかと思います。

もう一つご注意いただきたいのが、現在のお墓の権利者がどなたになっているのかという点です。

ご高齢となったご両親に代わりその子供や別の代理人が手続きを行う場合、改葬承諾書が必要となります。
改葬承諾書にはお墓の権利者が改葬を許可しているという内容を記載し、それを持って各市町村役場に行くようにしましょう。

事前に役場の窓口に連絡すると必要な書類についてアドバイスをいただけることもありますので、墓じまいに関する行政書類で分からない点が出てきた時にはまずお電話してみるのも良いでしょう。

受入証明書、埋蔵証明書、改葬許可申請書の三つを提出することで発行されるのが改葬許可証となります。

ご遺骨の移動

改葬許可証が発行されたら、いよいよ墓じまいの工事へと進みます。

墓じまいの工事に入る前、必ず行わなければならないのが閉眼供養です。

お墓には故人の魂が宿ると言われています。
この魂をお墓に宿らせたままでご遺骨を取り出したりお墓を壊す作業をすることは、仏様に対して大変失礼に当たる行為です。
ですので、お坊様に閉眼供養をお願いして一旦魂に眠っていただいた上で工事を行うのです。

閉眼供養が終わりましたらご遺骨をお墓から取り出します。
可能であればご遺族の手で取り出していただいても良いのですが、お墓によってはご遺骨を納めている部屋(カロート)が狭かったり、足元が不安定で危険なこともあります。

その場合には無理をせず、石材店にお願いをしてご遺骨を取り出して貰いましょう

そして新しい場所へとご遺骨を移動し、供養します。

お墓の整理にかかる費用

お墓

お墓の整理について具体的な内容が分かった後、次に気になるのはその費用ではないでしょうか。

滅多なことでは経験しませんので、どなたかに尋ねるのも難しいですよね。

ここでは、お墓の整理にかかる費用としてどのような作業にどのくらいの費用が必要となるのか、その内容を見ていきましょう。

墓じまいの費用

墓じまい

  • お墓の閉眼供養をお坊様にやっていただく
  • ご遺骨を取り出す
  • 暮石の解体・撤去・処分と区画の整地
  • 改葬先の準備

以上の流れが大まかな行程となります。
そしてそれぞれの状況によって、お墓にかかる費用にも差が出てくるのです。

ここでは、各行程の詳しいご説明と一緒に費用についてお話させていただこうと思います。

墓石をしまうのにかかる費用

暮石の解体・撤去と区画の整地は、石材店にお願いすることになります。

墓石をしまうのにかかる費用の決まり方は各石材店によってそれぞれなのですが、平均的に見ると

  • 1平方メートルにつき幾ら、という基準金額
  • 機材が入らず人の手で作業を行う時の人件費
  • 特殊な機材を使って撤去しなければならない時の作業料
  • 暮石を完全に処分するのか、次の改葬先でも使用するのかという選択
  • その他、撤去するお墓の状況によりかかる作業の費用

という項目を照らし合わせていき、お値段を決めるのが一般的なようです。

暮石の解体・撤去・処分と区画の整地がワンセットで1平方メートルあたり約5万円〜10万円というのが一番多く提示されている金額ですが、これを基準にして上記した項目と照らし合わせていくとお値段が上下します。

具体的な例をいくつか挙げて見ましょう。

  • お墓の区画が大きいのでその分の費用が加算される
  • 工事をするお墓がある墓地の通路が狭く、機械を使えないため人数を増やす必要があり人件費が増える
  • お墓が特殊な作りをしており解体・撤去に時間がかかってしまうので、その分の工事費がプラスされる
  • 暮石を改葬先でも使用するので処分費はかからないが、その代わり暮石のクリーニングや再構築の費用が必要となる

これらの例をご覧いただいてもお分かりかと思いますが、墓じまいの工事はそのお墓の広さや立地、状況などによって変動するため、一概に幾らという費用の相場が出しにくいものでもあります。

パンフレットや広告などで目にするお値段はあくまで参考程度にとどめ、まずは整理を考えているお墓の状況を確認してから各事業主へご相談して見ましょう。

閉眼供養のお布施

閉眼供養は、墓じまいの工事をする前に行わなければならない大切な法要です。

この法要はお世話になっているお坊様にお願いするのですが、その時にお包みするのがお布施となります。

閉眼供養のお布施はお坊様への寄付という位置付けになりますので、金額をはっきりと出すことは難しいものです。

特に墓じまいを目的とした閉眼供養の場合には、それが最後のお付き合いにもなりますので、余計にお包みする額を慎重にお決めになる方も多くいらっしゃいます。

閉眼供養は法要ですので、普段の法要と同じと考えてお包みするのが一般的なようです。
そこに、檀家同士の取り決めやその地域の慣習などを考えてお包みします。

あえてその金額の平均を出すとすると、おおよそ3万円程度お包みしている方が多いようですが、これまでお世話になった御礼も含めて多少多めにお包みする方もいらっしゃいます。

感謝の気持ちを表したものがお布施となりますので、寺院とお付き合いのある方やご親戚とよくお話し合いをしてみるのも良いかもしれません。

改葬先にかかる費用

墓じまいをした後、ご遺骨をどのように御供養するのかによって、その費用は違ってきます。

改葬先としての選択肢と改葬先にかかる費用をいくつか挙げて見ますと、

  • 墓地・霊園を契約してお墓を建てて納骨する(約150万円程度)
  • 納骨堂にご遺骨を納めて御供養する(約50万円〜100万円程度)
  • 自然葬での御供養をする(御供養方法によってかなりの差がある)
  • ご遺骨を手元に置いて御供養する(場合によっては100万円を超える)
  • 永代供養をする(約10万円〜50万円程度)

というようになります。

墓地・霊園や納骨堂での御供養をなさる場合には、初めてお墓を建てる時とほぼ同じだけの費用が掛かると思っていただけたら良いでしょう。

永代供養の場合、単独墓、集合墓、合祀墓というように種類が分かれており、どの埋葬方法を選ぶかによって費用に大きな差が出てきます。

近年新しい御供養として注目されているのが、自然葬と手元供養です。
この二つの御供養は、実はそれぞれの御供養方法が多岐に渡っているため、それにより費用も大きく違ってくるためご説明が大変難しくなります。

例えば自然葬の一つである散骨の場合、故人の遺志であったりご遺族のご希望に沿って、それぞれの考えるような形にカスタマイズすることが可能となります。
そして、ご遺族が一番良いと思う御供養方法は千差万別となるので、とても一口で費用を言い表すことはできません。

どのような改葬先を選ぶかによって、その費用には大きな差があるという点を念頭に置いた上で、御供養方法をお考えになってみて下さい。

お墓の改葬先をどこにするか

お墓

お墓の整理とは、墓じまいと同時に新たなご供養を考えるということでもあります。

お墓を完全になくすのか、お守りし続けるために新たな場所を探すのか。
選んだ方法によっては周囲との話し合いが必要となり、なかなか難しい判断となることも少なくありません。

そうなる理由の一つに、改葬先について具体的な情報が足りていないという点があります。

実際にどのように御供養されているのか、それがわかっていると考えがまとまりやすく周囲の方へのご説明もしやすくなるのではないでしょうか。

ここでは、お墓の改葬先はどうするのか、具体的な改葬先の例を挙げてお話しさせていただこうと思います。

普通のお墓に埋葬する

お墓を受け継いでいくにあたり、現在の場所ではお世話がしにくいため、よりご自宅に近い場所にお墓を移すという選択をなさる方がいらっしゃいます。

この場合、お墓がそのままご遺骨と一緒に移動することになるだけで、普通のお墓に埋葬しているすので比較的想像しやすく手順もわかりやすいかと思います。

では、その方法を具体的に見ていきましょう。

墓地・霊園を探す

ご遺骨を埋葬するためには、墓地・霊園を探す必要性があります。

新たな場所で新たに区画を契約し、そこにお墓を建ててお守りし続けるという方法です。

墓地・霊園は各地域によって様々な場所にあるため、まずはご自分のライフスタイルに合わせた場所から探してみるのはいかがでしょうか。

例えば、お車での移動がしやすく見晴らしの良い場所、電車などの公共機関で通いやすい場所、土地勘があり頻繁に訪れることが可能な場所といった感じで、お世話がしやすく負担が少ない墓地・霊園を選ばれるのも一つの方法です。

新しいお墓をどういうものにするか選ぶ

墓じまいというと、なんとなく重く感じて少しため息が出てしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、これまでのお墓という概念には縛られない、新しい家族の象徴と捉えて楽しみながら新しいお墓をどういうものにするかを考える方もいらっしゃいます。

時代とともに移り変わってきた人々の好みに合わせ、現在では様々な形の墓石が選べるようになりました。

簡単なご説明をいたしますと、まず暮石のデザインとしては

  • 昔から親しまれてきた重厚感のあるスタンダードな和型墓
  • 高さがなくシンプルで外国の雰囲気が漂う洋型墓
  • お好きな形にデザインできるデザイン型墓

というものがあり、ご家族の好みに合わせて幅広くお墓を建てることが可能となっています。

変わったのは暮石のデザインだけではありません。

使用される石も昔ながらの由緒正しい日本産はもちろんのこと、珍しい色や石質で様々な加工にも優れている外国産の石も取り扱われるようになり、楽しみながらお墓を建てることが可能となっています。

お墓を建てるという経験は、一生に一度あるかないかの貴重なものです。
守るものとしての責任も大変素晴らしいものですが、それだけではない楽しさも一緒に感じながら暮石を選んでみてはいかがでしょうか。

納骨堂に納骨する

都心部にお住いで遠くの墓地・霊園は不便だという方には、納骨堂という選択があります。

納骨堂というと、なんとなく寺院の中に設置されていて重厚感があるというイメージが強いのですが、現在ではその種類も多様化してきました。

その内容を見ますと

  • 縦長のスペースでその上部がお仏壇、下部に納骨できるようになっている仏壇式の納骨堂
  • 駅などにあるロッカーのように、同じ大きさのスペースが壁一面に並んでおり、小さいながらも個別に納骨できるロッカー式の納骨堂
  • 大きなお仏壇がお参りスペースとして用意されており、専用の機械やタッチパネルなどに登録番号を入力すると、納骨されていたご遺骨がお参りスペースへと移動してくる機械式納骨堂
  • 大きなお参りスペースの周りにご位牌をおき、ご遺骨は別の部屋で個別に納骨されているご位牌式の納骨堂

といったものがあります。

どの納骨堂にも共通しているのが、都心部でも十分なスペースを取ることが可能であり、アクセスが良く高齢者や家が遠い方でもお気軽に立ち寄ってお参りすることができるという点です。

墓地・霊園はどこも遠くて選択できないという方や、仕事が忙しくなかなか時間が取れないので気軽にお参りできるようにしたいという方にとって、このような都心部の納骨堂は大変ありがたい選択なのではないでしょうか。

散骨をする

ご遺骨をパウダー状になるまで粉骨し、それを自然の中に撒いてご供養する方法を散骨と言います。

一番認識されているのは、海に散骨する海洋散骨ではないでしょうか。

近年では散骨での御供養も色々な方法で行われるようになってきました。

  • チャーターした船で沖合まで出向き散骨する海洋散骨
  • 山に登り散骨する山岳散骨
  • ロケットやバルーンといったものにご遺灰を詰めて宇宙へ飛ばし散骨する宇宙散骨

特に宇宙散骨に関しては、多くの著名人が生前予約をしていることでも話題になり、各メディアでも紹介されています。

現在の散骨の多くは各業者にコーディネートして貰い散骨供養をするのが一般的となっておりますが、もちろん個人で行うことも可能です。

しかし、個人で行うためにはいくつかの散骨に関する注意点があります。

  • ご遺骨は必ずパウダー状のご遺灰にすること
  • 例え私有地であっても周囲への配慮を忘れずモラルの範囲内で行うこと
  • 自治体によっては散骨を禁止している場合があるので、必ず確認をすること

散骨供養自体は違法ではありません。

しかし、ご遺骨をそのまま散骨してしまうと死体遺棄罪となります。
法律的にはモラルの範囲内であれば可能なのですが、自治体によっては散骨自体を禁止していることがあるため、それが例え私有地であったとしても違反した場合は罰せられる可能性もあります。

新しい御供養方法であるがゆえにまだ理解が得られていない部分もありますが、自然に帰依するという考えは仏教に通じており尊いものでもあります。

散骨をお考えの際には上記のことをよくご確認の上で行うようにしましょう。

樹木葬をする

樹木葬は、埋葬許可のある墓地の樹木の根元にご遺骨を埋め、自然へと帰依する御供養方法です。

樹木葬も自然葬の一つなのですが、散骨と違うのは必ず埋葬許可のある土地でなければいけないという点です。
暮石の代わりに樹木が立っている、というようにお考えいただくとわかりやすのではないでしょうか。

樹木葬は、個別に樹木を植えて埋葬する方法と、一つの樹木の根元に他家のご遺骨と一緒に埋葬する方法の二種類があります。

どちらの方法を選ぶかによって費用に差が出てきますので、樹木葬を選ばれる時には各業者・事業主にご相談してみましょう。

自宅で供養する

墓じまいで取り出したご遺骨をそのままご自宅で供養する、いわゆる手元供養を選択なさる方も増えてきています。

現在特に注目されているのが、アクセサリーやプレートに加工してご供養をするという方法です。

ご遺骨に熱処理などの加工を施すことで宝石にし、それをアクセサリーにして身につけることで御供養したり、硬い石状のプレートに加工してお名前を彫ってお部屋に飾り、お花やお線香をあげてご供養するなど、現代における最先端といっても過言ではない御供養となっております。

ようやく確立されたばかりではありますが、いずれこのご供養が当たり前となる日も近いかも知れません。

お墓の整理まとめ

お墓

お墓の整理とその方法や費用について、いかがでしたでしょうか。

今回は、

  • お墓の整理の際には必ず墓じまいを行うこと
  • 墓じまいの手順とその費用についての詳細
  • 墓じまいをした後の改葬のご紹介

という内容を重点的にお話しさせていただきました。

お墓の整理と聞くとつい後ろ向きに考えてしまいがちですが、お墓の整理に関する内容や詳細が分かると安心して就活に取り組めるようになりますよね。

今回の記事が皆様のお役に立てますよう、心より願っております。

終活ねっとでは、今回の記事以外にもお墓の整理や墓じまいについて、皆様のお役に立つ情報を多数ご提供させていただいております。
是非一度ご覧になってみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・整理」に関連する記事

「お墓・整理」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・整理」についてさらに知りたい方へ

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!のサムネイル画像

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説

墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!のサムネイル画像

複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・整理」についてさらに知りたい方へ

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!のサムネイル画像

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の流れをわかりやすく解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと