共同墓地の費用は安い!?その理由や相場を解説します!

共同墓地と聞いてどのようなものを想像しますか? ほかの方と同じお墓に入るくらいのイメージで詳しくご存じない方が多いですよね。 どんな人が入るの?費用は? わからないことが沢山ありますね。 今回は共同墓地とその費用について調べてみました。 ぜひ、最後までお読みください。

目次

  1. 共同墓地の費用について
  2. そもそも共同墓地とは?
  3. 共同墓地の費用はどのくらい?
  4. 共同墓地のメリット・デメリット
  5. 共同墓地の費用まとめ

共同墓地の費用について

お金

皆さんは共同墓地をご存知ですか?

聞いたことはあるけれど、どのようなものかよくわからないという方が多いのではないでしょうか?

今回、終活ねっとでは

  • そもそも共同墓地とは?
  • 共同墓地の費用は?
  • 共同墓地のメリット・デメリットは?

これらの内容について調べてみました。
新しい埋葬の方法として参考にしてみてください。

そもそも共同墓地とは?

困った人々

共同墓地とは個人のお墓ではなく、供養塔や石碑などの下に広い地下納骨スペース(これをカロートといいます)があり、そこに共同で遺骨を納骨し供養する新しいタイプのお墓のことを言います。

最近では費用が安い、永代供養してもらえるなどの理由により注目されるようになってきました。

ただし、多くの共同墓地の場合、遺骨は永久に供養してくれるわけではなく、33回忌、50回忌などの一定の期間が経過するとほかの遺骨と一緒に合祀(ほかの方の遺骨と一緒に祀ること)されます。

共同墓地には別名がある

共同墓地にはお寺などが恒久的に供養してくれる永代供養墓とも呼ばれます。
こちらの呼び名の方が一般的でしょうか?

または合同で祀っているので「合葬墓」「合祀墓」「総墓」「集合墓」と言う呼び方があります。

かつての意味とは違う

皆さんは、よく地方などで町はずれや畑などに規模の小さいお墓があるのをご覧になったことがありませんか?

それが今までの共同墓地です。この共同墓地は地域のコミュニティーが管理し、その構成員が使用するお墓のことを指していました。
「自然発生的に生まれた墓地」「個人あるいは地域の方の共有名義の墓地で一般に販売されることはない墓地」という意味合いが強かったようです。

現代の共同墓地は地域のコミュニティーではなく寺院やNPO法人、介護施設などが有しており、そのほとんどがお墓参りする人がいなくても、僧侶や管理者が恒久的に供養をしてくれます。

共同墓地の費用はどのくらい?

お墓

共同墓地についてイメージできたのではないでしょうか?

近年では共同墓地に対する認知度も高くなってきました。

お墓の購入を検討するときに共同墓地も考えてみようかなという方もいらっしゃるでしょう。
その時、費用がやはり気になりますね。

次は費用について考えてみましょう。

従来のお墓よりも安い

共同墓地に埋葬する場合、従来のお墓よりも費用が安いと言われています。

従来のお墓にかかる費用は地域にもよりますが、120万円から200万円以上と言われいます。
その内訳は永代使用料(墓地を永代にわたって使用する権利)と墓石料です。

それ以外にもお墓を管理してもらうための維持、管理費が必要になるところがあります。

また、お墓を引越しする場合は墓石の処分料と離檀料が必要な寺院が多く、さらに移転先の新しい墓石料、永代使用料もかかります。

共同墓地の使用料は一般的にはサービス内容、プランによって異なりますが、3万円から100万円ほどと言われています。

料金に差があるのは地域差や埋葬方法、運営されている組織による違いになどが大きいようです。
かかる費用には永代供養料、墓地使用料、納骨料や墓誌への刻印料があります。

継続的な費用はかからないところが多いようですが、日々の献花やお線香、お供物やお掃除などの管理を行うために年間管理料がかかるところもありますので、共同墓地をお考えの方は確認することをおすすめします。

共同墓地の使用料はご遺骨一体に対する金額が基本となっています。

また、合祀する共同墓地は骨壺から遺骨を出して共同で埋葬してしまうので移動はできませんが、骨壺を納めるタイプの共同墓地からの移動は、基本的には納骨スペースから骨壺を取り出すだけなので費用はあまりかかりません。

ただし、従来のお墓も共同墓地も永代供養料や永代使用料は基本的には戻ってこないので、注意は必要です。

なぜ安くなるの?

費用を抑えられる一番の理由はその埋葬方法にあります。

共同墓地では従来の墓地と違い骨壺から遺骨を取り出して納骨するため、占有スペースが少なくてすみます。
また、骨壺ごと納骨するタイプなど方法はいくつかありますが、いずれにしても占有スペースが少ない共同のお墓なので使用料が安くなります。

そのほかに個別のスペースや墓石が必要ないのも大きな要因の一つと言えるでしょう。

通常、お墓を一から購入される場合には数多くの手間暇がかかります。
墓所選びのために何度も足を運ぶのはもちろんのこと、スペースの下見や墓石の選択、文字の書体選び、そして納骨や建碑式など、数多くの時間を費やすこととなり、交通費などの諸経費もかかります。

共同墓地の場合にはこのような手間が一切かかりません。
さらに維持管理費などの長期的なランニングコストが少ないこともトータルで考えると安くなる理由の一つでしょう。

従来の無駄なスペースをなくし、共同でお墓に入ることによって安くなっていると考えれば、わかりやすいのではないでしょうか?

共同墓地のメリット・デメリット

人々

お墓の費用も抑えられ、継承者の問題もなくなり、いいことづくめの共同墓地ですが、本当にいいことばかりでしょうか?

共同墓地と従来のお墓を比較し、メリット・デメリットを考えてみましょう。

共同墓地のメリット

  • 継承者、墓守がいなくても安心して遺骨を納めることができる。
  • 安い費用で済む。
  • 無宗派でも申し込めるところが多い。
  • 散骨などとは違い、お参りができる。
  • 親族などがいなくてもお盆などの節目節目には合同供養してもらえる。

上記にあるように、従来のお墓と比べてかかる費用が安いのが最大のメリットです。

また、お墓を維持するためにご子息や親族の方に負担をかけなくても済みます。
お寺や霊園によって管理、供養されていき将来のお墓の心配がなくなるのと同時に、沢山の方と一緒にご供養されているので寂しさもありません。

自治体が運営する公営霊園にも共同墓地があり合葬式墓地と言われています。
綺麗に管理されていますが、供養はしてもらえません。
供養は必要ないという方の場合は公営霊園でもよいでしょう。
このように寺院以外の法人が運営している共同墓地も多く、宗派を問わず、どなたでも申し込むことができます。

また、最近は納骨堂タイプの共同墓地も増えてきました。
納骨堂タイプであれば、広い土地は必要ないので利便性の良いところに遺骨を納めることもできます。

運営している団体によってはお一人で入る場合、ご夫婦で入る場合、お友達と入る場合など様々なプランを提供しているので皆さんのライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

共同墓地であれば、既存の施設を見学することができるのでイメージしやすいでしょう。

共同墓地のデメリット

  • ほかの人と合同で埋葬される。
  • あとから遺骨を取り出すことができない場合がある。
  • 合祀後は改葬、お墓の引っ越しができない。
  • 一定の期間が過ぎると合祀される。
  • 納骨されている方と従来のように語り合うイメージが難しくなる。
  • 親族の場合はお墓の掃除などをしたくてもできない。

このように共同墓地ではどうしてもほかの人と一緒に埋葬されるので、従来の家族墓のような供養のあり方を望んでいる方にはおすすめできません。

自治体などが管理している共同墓地はそこに居住している人しか入れないなどの制約がある場合がありますので、事前に確認しておくといいでしょう。

また、たとえ骨壺で納骨していても33回忌、50回忌など一定の期間が過ぎるとほかの人の遺骨とまとめて合祀されます。
まとめて合祀された場合は、遺骨を取り出せません。

共同墓地は供養墓と言われる石碑や供養塔はありますが、個別に手を合わせるお墓はありませんので、従来のようにお墓を掃除したり、納骨されている方とゆっくり語り合いたいなどのお墓参りを希望する方には向いていないのかもしれません。

共同墓地はこんな人におすすめ

以上のことを踏まえて、共同墓地は

  • お墓にかける費用をなるべく安く抑えたい
  • お墓を守ってくれる人がいない
  • 子供や親族にお墓を守る負担をかけたくない
  • 個人のお墓は必要ないけど、お参りする場所は欲しい

などを考えている方におすすめです。

共同墓地の費用まとめ

お金

最後に共同墓地と費用について知っておきたいことをまとめてみました。

共同墓地とは寺院やNPO法人などが管理する共同スペースに納骨、供養する新しいタイプのお墓です。

  • スペースを有効利用して共同で使用するため従来のお墓より安い費用となり、個別にお墓を持たないことで永代使用料、墓石料なども必要ない。
  • 共同墓地の使用料やランニングコストは一般的にサービス内容、プランによって異なる。
  • 永代供養と言っても一定の期間が過ぎると、たとえ骨壺で納めていても、ほかの遺骨と一緒に合祀される。
  • お墓を維持するためにご子息や親族の方に負担をかけなくてすむ。
  • 宗派を問わず申し込め、霊園によっては様々なプランを用意してあるので自身のライフスタイルに合わせて選ぶことができる。
  • 比較的、街中にある共同墓地も多く利便性が高いため、お参りする方の負担が少なくなる。

共同墓地について調べてみましたが、ご理解いただけましたでしょうか?

共同墓地を利用することにより、従来のような個人のお墓より安くなることがわかりましたね。

ご家族や親せきの方に負担をかけなくて済むのも人気の理由です。

昔のように大家族で暮らし、家の近くにお墓があった時代とは違い、お墓参りに1日費やすようになりました。そのため共同墓地を選び、常に供養をお願いされる方が増えたのも当たり前の流れかもしれません。

納骨や供養の方法もいくつかありましたが、これを機にご自身に合う方法をご家族で相談してみてはいかがでしょうか?

終活ねっとは皆さんが正しいお墓の知識を学び、情報を共有する場です。
ぜひ、ほかの記事も合わせてお読みください。

最後までお読みくださってありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「共同墓地・費用」に関連する記事

「共同墓地・費用」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「共同墓地・費用」についてさらに知りたい方へ

共同墓地とは何?新しいお墓の形についても知らべてみました。のサムネイル画像

共同墓地とは何?新しいお墓の形についても知らべてみました。

共同墓地の費用の相場はどれくらいなの?永代供養って?のサムネイル画像

共同墓地の費用の相場はどれくらいなの?永代供養って?

教会の共同墓地とは?一般的なお墓との費用の比較等と共に紹介しますのサムネイル画像

教会の共同墓地とは?一般的なお墓との費用の比較等と共に紹介します

納骨堂と共同墓の違いやそれぞれの利用方法などを解説します!のサムネイル画像

納骨堂と共同墓の違いやそれぞれの利用方法などを解説します!

永代供養・共同墓地について解説いたします!のサムネイル画像

永代供養・共同墓地について解説いたします!

樹木葬にも共同墓地はあるの?メリットやデメリットを紹介します!のサムネイル画像

樹木葬にも共同墓地はあるの?メリットやデメリットを紹介します!

ペットの共同墓地のメリット・注意点・費用について詳しく解説!のサムネイル画像

ペットの共同墓地のメリット・注意点・費用について詳しく解説!

墓地・霊園の種類についてそれぞれの特徴と違いを解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園の種類についてそれぞれの特徴と違いを解説します!

墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!のサムネイル画像

墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!

納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと