遺品整理を行う時期はいつが適切なの?注意点を解説!

大切な人が亡くなった後。葬儀の忙しさを過ぎた頃にようやく目に入る、故人が愛用していた遺品の数々。いつかはやらなければいけないけれど、遺品整理を始める時期って難しいですよね。いつ、どのようにすればいいのでしょう?遺品整理とその時期について考えてみましょう。

目次

  1. 遺品整理の適切な時期について
  2. 持ち家で遺品整理を行うのに適切な時期
  3. 賃貸で遺品整理を行うのに適切な時期
  4. 遺品整理を始める際の注意点
  5. 遺品整理代行サービスもある
  6. 遺品整理を始める時期 まとめ

遺品整理の適切な時期について

遺品整理

遺品整理とは故人の残したものを整理して処分することであり、また、遺品は故人の所有していた財産でもあるため、それを片付けるということは遺産相続をするという意味合いも含まれます。

遺品整理をするにあたり、時期に関しての決まりごとはありません。
しかし、亡くなった方の生活状況によっては、タイミングを見計らったり、そもそも遺品整理に手をつけないという選択をせざるを得なくなってきます。

どのような場合に、どのように進めるべきなのでしょうか?意外と知られていない、遺品整理のデリケートな部分を知る事から始めてみませんか?

  • 持ち家での遺品整理の時期について
  • 賃貸物件での遺品整理の時期について
  • 遺品整理を始める前に気をつけなければならないこと

ここでは、この3つの点を柱にして、知っておきたい遺品整理を行う時期について確認していこうと思います。

持ち家で遺品整理を行うのに適切な時期

遺品整理

一軒家やマンションなど、個人所有のご自宅にて遺品整理をする場合、どのような流れで遺品整理を始めるのが良いのでしょうか?
それぞれの時期と合わせてみてみましょう。

法要の機会に

葬儀の後、初七日、四十九日、初盆と、法要にて人が集まる機会が多く続きます。
親戚が集まる機会毎に、少しずつ遺品整理の相談をしながら進めていくのも一つの方法です。

何故なら、残された遺族が掃除を兼ねて遺品をチェックしていく際に、思いもかけなかったものが出てきたりすることもあるからです。
自分ではどうしていいか分からないものを報告し、親族の方々に助けて貰える良い機会と考えましょう。

様々な手続きの終了後

人が亡くなると、それに伴い様々な手続きを急いで済ませなければならなくなります。
葬儀の手続きはもちろんですが、故人の結んでいた契約の数々…ガス、水道、電気、銀行、クレジット、固定電話、携帯電話…もし故人が年金の受給者だった場合、その停止もしなければなりません。

手続きの締め切り時期はそれぞれですが、出来るだけ優先した方がよいので、とても落ち着いて遺品整理を行うことは出来ないのです。

持ち家の場合は、基本的に故人の遺品を早急に移動させる必要性が低いので、葬儀以後の様々な手続きを1つ1つ確実に終わらせてから、ゆっくり遺品整理に取り組むのも良いでしょう。

故人への気持ちが落ち着いてから

大切な人が亡くなると、残された人達の心には大きな悲しみが生まれます。
そして、その感情が癒されるまでに掛かる時間は、とても測れるものではありません。
亡くなってから何年経っても故人の部屋はそのままで、という方も少なくないのです。

亡くなるまで働いていらっしゃった方の遺品の中には、もしかしたら仕事関係で勤め先にお返ししなければならないものもあるでしょう。
そういった、早急に対処が必要なものを除いては、急ぐ必要はありません。

ご自身の心の整理をしっかりとなさることが、間違って処分をしてしまうという哀しい結果を防ぐことにも繋がりますので、まだ心が落ち着かないという方は、気持ちが落ち着いてから遺品整理を行いましょう。

賃貸で遺品整理を行うのに適切な時期

遺品整理

賃貸住宅における遺品整理は、その時期をどのようにして定めているのでしょうか?
考え方の違いやご遺族の状況によってその基準は色々ありますが、その中でいくつかを例に挙げて、賃貸での適切な時期を探ってみましょう。

月末・翌月末が一般的

故人がご家族で賃貸物件にお住まいだった場合、そのままご家族の方が借り続けるのであれば、遺品整理を急ぐ必要性はありませんが、もし、故人がお一人でお住まいだった場合は、少々急がねばなりません。

おおよそ、賃貸物件の賃貸料金は一月ごとに支払われます。
例えば、借主が月の半ばより以前で亡くなられた場合、既にその月の賃貸料金は支払い済ですので、月末までに遺品整理を終え部屋を引き渡すのであれば、そこで終了となります。

しかし、借主が月末近くに亡くなられた場合、葬儀を含めて様々な手続きを行わねばならないご遺族には、大変負担となってしまいます。
このような時には、ご遺族が翌月分まで支払い、ある程度余裕をもって遺品整理、及び部屋の引き渡しを行うのが一般的です。

四十九日後の月末

日本では仏道でご葬儀を行うご家庭が多く、この為、四十九日までは遺品整理をなさらないようにしている方も多いです。
四十九日とは、故人の魂が次の世界へ旅立つ大切な日で、この日を境にして、霊魂から仏様となります。
四十九日の前後で、御霊前、御仏前と使い分けるのはこのためでもあります。

ですので、故人がこの世に残してきた全てのものへの執着を手放し、仏様になられた時期が適切と考えて、四十九日を過ぎてからの月末を目安に部屋の賃貸料金を支払い、遺品整理を行います。

葬儀終了直後にあわせて

ご家族がそれぞれ独立し、離れて生活なさっている方々も多くいらっしゃいます。
この為、ご葬儀や手続きなどを遠方に住むご遺族が請け負うことになります。

しかし、何日も時間を掛けて滞在、あるいは何度も足を運んで遺品整理を行うのは、心に哀しみを負ったご遺族には、精神的にも肉体的にも大変困難な作業です。

ご葬儀が終わった直後に遺品整理をしてお部屋を引き渡し、故人の魂を思い出と共にお連れするという考えもまた、現代では一般的な遺品整理の時期と言えるでしょう。

相続税の申告・納税前

人が一人亡くなった時に、税金の事まで考える余裕がないのは極当たり前の感情です。
しかし、どうしても遺品整理と税金の話を切り離して考えることが出来ないのも、残念ながら事実なのです。

故人が遺品として残した物の中には、遺産相続に関わるものが存在します。
預金通帳、株券、不動産関係の権利書といったものから、借用書、ローンの契約書といった、いわゆる『負の遺産』と言われるものまで、それらは「書類という遺品」として存在しています。

稀にですが、故人が生前お金を銀行に預けず、タンス預金として現金を残していたので驚いた、という話も耳にします。
厳密な言い方をすると、これらは「遺品」ではなく「遺産」になるのですが、遺品整理をしているとどうしても一度は確認して探さなければならないものなのです。

ですので、相続税の申告納税の時期を目安にして、故人の部屋を借り続け、遺産も含めた遺品整理を進める方も多くいらっしゃいます。
それもまた、慌てずしっかりとやるべきことを進めるために大変有効な判断でしょう。

遺品整理を始める際の注意点

お金

遺品整理のやり方には決まりがありませんが、遺品整理を行う前に、いくつか知っておいた方が良い注意点があります。
いざという時に落ち着いて行動する手助けにもなりますので、参考になさってみて下さい。

手続き書類などの確認を行っておく

故人が亡くなった後、沢山の手続きが待っています。
手続きの種類によっては、やらなければならない時期がそれぞれ異なるため、出来るだけ早いものから行わなければなりません。
それを行うにあたり、必要な契約書や誓約書、連絡先が書かれている書類やメモなどを揃える必要性が出てきます。
特に、最近ではネットの普及に伴い、ネット上でやり取りされてソフトなどを契約している場合も多く、それを解約するために必要な暗証番号も探さなければなりません。

一番良いのは、生前からそれらの書類を整理し、ネットで継続購入の契約をしているソフト等の詳細を纏めておくことですが、それも叶わない場合もありますので、まずは一度、簡単な手続きリストを作ってみましょう。

《手続きリストの一例》

  • 水道光熱費の停止、または名義変更。
  • 固定電話の停止、または名義変更。
  • 高速ネット回線等の契約の停止、または名義変更。
  • 賃貸物件の場合、契約者の変更、もしくは契約解除。
  • 自動車保険の解約、または名義変更。
  • 生命保険の申請に必要な書類。
  • 故人にまつわる各種行政手続き。

遺族・相続人で遺品の整理を行う

まず、基本的な考え方として、相続する者が遺品整理を行うということを念頭に置いておきましょう。

これは大変悲しい例なのですが、お一人暮らしで亡くなった方に沢山の借金があり、例えその方に遺産があったとしても、借金の方が上回ると判断された場合は、相続権を放棄するという判断をせざるを得ない場合もあるのです。

特に賃貸物件ですと、故人が滞納していた場合は、次に支払いを求める先として相続人を指定されることが多く、その亡くなり方によっては、お部屋の原状回復費用として大変な金額を請求されることもあります。

ご遺族にとっては苦渋の選択をしなければならないかも知れませんが、遺品整理と遺産相続は連動している部分もある、という点を十分に理解なさった上で、相続をするかしないかを決められてから遺品整理を行なって下さい。

相続税が発生するものを把握しておく

故人の残したものは、全て「遺品」であるとともに「遺産」でもあります。
財産として価値があるものを積極財産、価値がないものを消極財産というように大きく二つに分けて考えるのですが、このうち相続税が発生するのは積極財産の方になります。
積極財産と考えられる遺産は、以下のようになっています。

不動産

遺産と聞いて、一番最初に思いつくものが不動産でなないでしょうか。これは、文字通り動かせな資産のことを指します。具体的な例で言うと、土地、山林、持ち家や分譲マンション、事務所や倉庫などがこれにあたります。

動産

普段余り意識されてませんが、触って動かせるものが動産になります。
貴金属や美術品のようにはっきりとお金を意識できるものは勿論、車、本、家電製品、着物、洋服、このような、売ってお金になるもの全てが動産と分類されます。

金融資産

金融資産とは、現金、預貯金といった、普段からよく認識されているものの他、株券、貸付金など、お金に代わるものも含まれます。
遺品の中に、誰かと交わした貸借契約の書類があった場合、故人の代わりにお金を回収する権利を相続することになります。

その他の資産

著作権特許権といった、使用する度に利益が入ってくるものも資産です。
例えば、故人が何かのキャラクターを製作し、その著作権で収入があった場合、その権利を相続することで相続人は収入を得ることが出来るのです。

財産目録を作って分類してみる

遺品整理を始める前に、まず上記の分類を目安にして財産目録を作ってみましょう。
より正確な目録を作ることで、ある程度の相続税が把握できることもあります。

特に動産に関しては、遺品整理を行う時に、何を売り何を捨てるかの判断材料としても役に立ちますので、よりスムーズに作業を進められます。

複数人の相続人がいる時には、目録を示して話し合いをすることで不必要な争いを避けられることもありますので、後のトラブルを回避する為にもしっかり把握をして下さい。

迷った場合は時間をおいて考える

目録を作るにあたり、自分では判断がつかないものが出て来る場合もあります。
とくに美術品などはその代表ですが、自分に価値がないと思っても、他の人の目には宝物に見えるものも存在するのです。

では、どのようにして判断したら良いのでしょうか?
幾つかの方法を探ってみましょう。

他の相続人と一緒に目録を作ってみる

財産目録を作る際、最初から一緒に遺品をあらためてみる方法です。
出来れば相続人全員の立会いがあれば一番良いのですが、時間的にそれも無理な場合は、参加しない人からは同意を得ておき、自分以外の複数人で目録を作成してみましょう。
遺品あらための段階で、ある程度の流れができる場合もあります。

知識のある人に相談する

故人の残したコレクションなど、同じような趣味の人に意見を貰うのも良いでしょう。
それが絶対というわけではなくても、目録に入れるか入れないかの目安にはなります。
その際に、その遺品の処分の仕方、売り方などを尋ねてみるのもいいかもしれません。

時間をおいて考えられるようにしておく

ゆっくりと時間を掛けて目録を作成出来れば良いのですが、どうしても時間の関係上それが無理な場合も出てきます。

しかし、だからといって簡単に処分するという選択をしてしまい、後になってからやはり必要だったと後悔しても、取り返しはつきません。

ですので、どうしても判断がつかない、もう少し時間が欲しいと思うものを、判断する時間を作るという意味で目録に入れてとっておき、後で判断するという方法を取られる方もいらっしゃいます。

目録の中に後で考えるものの項目を作って記しておき、一旦箱にしまうなどして保管しておいて、故人に関わる様々な法事の際や、自分に時間が出来た時などにあらためるのです。

その遺品を見る事が、故人を偲ぶ良い機会ともなりますので、時間がないからと無理に処分することはせず、時間をおいて後からゆっくりと判断してみましょう。

遺品整理代行サービスもある

遺品

遺品整理を行うご遺族の中には、自分達の手で進めたくてもどうしても叶わないご事情を抱える方々もいらっしゃいます。

特に早急にどうにかしなければならない場合など、焦る気持ちで余計に心労を重ねることにもなりかねません。

そういった社会のニーズに応えて、近頃では遺品整理の代行サービスを行う会社が増えてきました。

では、実際にどのようにして行われているのでしょうか?
遺品整理のスペシャリストともいうべき代行サービスについてみてみましょう。

こんな人には代行サービスがおすすめ

遺品整理は、単純に品物を整理するだけではなく、清掃、処分など様々な仕事が含まれます。
それら一連の仕事はとても簡単に済む内容ではないため、ご遺族が頭を悩ませる問題の一つにもなっています。

もし、下記の項目にどれか一つでも当てはまった場合、代行サービスをご検討されるのも良いでしょう。

  • 遺品整理をしたくても遠くて行けない。
  • 高齢、病気などで体が動かない。
  • 心理的に遺品整理と向き合うことが出来ない。
  • 引き渡し期限に間に合わない。
  • 部屋の状態が酷く遺族では手がつけられない。

遺品整理士に代行してもらうメリット

遺品整理士という資格をご存知でしょうか?
これは、一般社団法人遺品整理士認定協会の認定する資格で、遺族の意向を汲んで遺品整理を行うだけでなく、産業廃棄物やリサイクルの知識を持って正しく遺品の処理を行うスペシャリストの事を言います。

遺品整理代行サービスの業者は年々増加していますが、実は現段階においてはきちんとした法整備がない状態なので、遺品を粗末に扱ったり、処分の仕方に問題があったりなどのトラブルも起こっています。

遺品整理士は、こうした許しがたい現状を阻止し、ご遺族に安心してお仕事を任せて頂けるようにする為に生まれた資格です。

遺品整理に関する知識は勿論のこと、遺品の取り扱いや、正しい処分の仕方などを熟知しておりますので、ご遺族が諸事情で動けない時も、遺品整理士がご遺族の代わりとなり、しっかり連携を取って動いて貰えます。

安心して遺品整理をまかせることができる。

それが、遺品整理士にお願いする上で一番大きいメリットです。

遺品整理代行が行ってくれるサービス

現在、遺品整理代行業は、専門業者があるのは勿論のこと、引越し便利屋配送業清掃業など、それぞれ違う業者がこぞって参戦しはじめており、その内容もそれぞれ少しづつ異なっていて比べることが難しいのが現状です。

ここでは、各業者が実際に行なっているサービスをご紹介していきたいと思います。
内容をご覧になって、これはと思うサービスがございましたら、ご検討の際に参考になさって下さい。

  • 遺品の整理、処分。
  • 故人の部屋の清掃作業。
  • 部屋の消臭、特殊清掃作業。
  • 車、バイクなど手続きが必要な遺品の処分。
  • 名義変更や各種手続きの代行。
  • お仏壇などの供養、お焚き上げの代行。

ここに挙げましたサービスは、全ての業者が必ず行なっているというものではございません。
もしどちらかの業者にお願いする場合には、ご遺族が何をお願いしたいのかを明確にした上で、各業者の方にお尋ね下さい。

遺品整理代行を選ぶときの注意点

それぞれに特徴のある業者の中から、ご遺族のご意向に沿う形で遺品整理を行ってくれる一社を選ぶのは非常に悩まれることでしょう。

遺品整理とともに、ご遺族のお気持ちの整理をお手伝いするのですから、哀しい結果にならないよう、以下の点に注意をして慎重にお選び下さい。

無料見積もりをしてくれる業者を選ぶ

お見積もりに来て頂く理由は、実は二つあります。

一つは、しっかりとお値段を提示し、その根拠も明朗であるかどうかを知る事、もう一つは、お見積もりにきて頂く方がきちんとした身なりと話し方、態度をしていらっしゃるかどうかを見る事です。

お電話だけでお話しして、当日お願いしたらなんとなく雰囲気が悪く、その結果、遺品も何もかも乱暴に扱われた、という残念なことも事実として起こっています。

無料のお見積もりなのに、きちんとした身なりと気持ちの良い対応で、お金も明朗である業者は、社員教育もきちんとしているという目安になります。

買取も行ってくれる業者

遺品整理の際、価値のあるものの買取をその場でして頂ける業者だと、ご遺族自らがまた時間を作って売却する手間を省くことが出来る、というメリットがあります。

買取も同時に行なって貰えるかどうかを、お見積もりの時に尋ねてみてはいかがでしょうか?

知人が働く業者は避ける

知人だからこそ紹介で安くして貰える、そう思われる方もいらっしゃるかと思いますが、知人だからこそ、必要のないオプションを付けられても断れなかったり、必要以上に気を使って逆に疲れてしまうこともあります。

また、知り合いだったがために、以前からお金になりそうなものがあることを知っていて、作業の際にこっそり持ち帰られた、などの腹立たしいトラブルも残念ながらあるのです。
お仕事のパートナーとして、ご遺族が気兼ねなく頼める業者を選ぶことがとても大切です。

遺品整理を始める時期 まとめ

遺品整理
  • 持ち家の場合の遺品整理の適切な時期
  • 賃貸の場合の遺品整理の適切な時期
  • 遺品整理の注意点
  • 遺品整理代行サービスとは?

などについて解説いたしました。

遺品整理の適切な時期と、その注意点について、いかがでしたでしょうか?
最近では、終活の一環として、生前から少しづつ整理をなさる方も増えてきています。
突然のご不幸は誰にも予測はできませんが、悲しみの中でも落ち着いて行動することが出来るよう、遺品整理についての知識を学んでおくこともまた、大切な終活なのではないかと思います。

終活ねっとでは、このように遺品整理だけでなく、様々な終活の情報を発信してまいります。
他の記事もお役に立てるはずなので是非合わせてお読みください。

「遺品整理・時期」に関連する記事

「遺品整理・時期」についてさらに知りたい方へ

「遺品整理・時期」に関連する専門家

「遺品整理・時期」について知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 不要になった家具の引き取り。処分方法を考えよう。のサムネイル画像

    不要になった家具の引き取り。処分方法を考えよう。

    核家族化が進行し、家を引き継いでくれる親戚がいないケースが増えています。考えなくてはいけないのが、家具の処分ですね。粗大ゴミとして引き取りをしてもらう他、家具の引き取りをおこなってくれる業者も増えています。さまざまな方法を知っておきましょう。

    1
  • きちんと捨てないと大変なことに!家電の廃棄方法知っていますか?のサムネイル画像

    きちんと捨てないと大変なことに!家電の廃棄方法知っていますか?

    一般家庭や会社の家電を廃棄したいと思った時、廃棄方法が決まっているものがあるのをご存知ですか?家電から出る廃棄物を減らしたり、使えるものをリサイクルしたりするために法律が制定されているのです。家電を廃棄する時の正しい方法を詳しくご紹介していきます。

    2
  • 遺言執行者とは何をする人?いないとどうなる?のサムネイル画像

    遺言執行者とは何をする人?いないとどうなる?

    遺言執行者とは、遺言の内容を正確に実現させるために必要な手続きなどを行う人の事です。何やら難しそうですが、遺言執行者はどうやって選ぶのか、どんな権限があるのか、報酬はあるのかなどについて解説いたします。

    3
  • 本籍の調べ方を知っていますか?警察署や住民票から調べられる?のサムネイル画像

    本籍の調べ方を知っていますか?警察署や住民票から調べられる?

    婚姻届の提出やパスポートの取得の際には戸籍証明書が必要ですが、戸籍証明書は本籍地の市区町村でしか発行してもらえません。戸籍証明書をどこに請求したらいいのか、自分の本籍地が分からなくなってしまった場合の調べ方をご存知ですか?本籍地の調べ方をご紹介します。

    4
  • その間柄はなんと呼ぶ? 続柄を一覧にして、呼び方を知っておこうのサムネイル画像

    その間柄はなんと呼ぶ? 続柄を一覧にして、呼び方を知っておこう

    親戚との続柄を考えてみたとき、「あの人と私の続柄は、何というんだろう?」と思うことはありませんか? 自分の家系図を一覧にして書き出してみると、呼び名のわからない親族関係が多いことに、きっと驚くはずです。この機会に、親族関係を、一覧にしてみましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「遺品整理・時期」についてさらに知りたい方へ

遺品整理の費用の相場を徹底解説!優良な業者を見分けましょう!のサムネイル画像

遺品整理の費用の相場を徹底解説!優良な業者を見分けましょう!

遺品整理士について詳しく知りたい!必要な資格・仕事内容・給与などのサムネイル画像

遺品整理士について詳しく知りたい!必要な資格・仕事内容・給与など

遺品供養は、まずどうする?首都圏での遺品供養。のサムネイル画像

遺品供養は、まずどうする?首都圏での遺品供養。

終活でのデジタル遺品ってなに?整理の仕方も解説します!のサムネイル画像

終活でのデジタル遺品ってなに?整理の仕方も解説します!

終活における生前整理について、方法や注意点について徹底解説!のサムネイル画像

終活における生前整理について、方法や注意点について徹底解説!

終活で身の回りの整理は何をするべき?詳しく解説します!のサムネイル画像

終活で身の回りの整理は何をするべき?詳しく解説します!

終活で行う掃除って?掃除を行う理由やその方法を紹介します!のサムネイル画像

終活で行う掃除って?掃除を行う理由やその方法を紹介します!

終活の荷物整理ってどうやるの?やり方や整理するものについて解説!のサムネイル画像

終活の荷物整理ってどうやるの?やり方や整理するものについて解説!

終活の一環である身辺整理とは一体何をするものなのか解説します!のサムネイル画像

終活の一環である身辺整理とは一体何をするものなのか解説します!

終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介のサムネイル画像

終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

不要になった家具の引き取り。処分方法を考えよう。のサムネイル画像

不要になった家具の引き取り。処分方法を考えよう。

1
きちんと捨てないと大変なことに!家電の廃棄方法知っていますか?のサムネイル画像

きちんと捨てないと大変なことに!家電の廃棄方法知っていますか?

2
遺言執行者とは何をする人?いないとどうなる?のサムネイル画像

遺言執行者とは何をする人?いないとどうなる?

3
本籍の調べ方を知っていますか?警察署や住民票から調べられる?のサムネイル画像

本籍の調べ方を知っていますか?警察署や住民票から調べられる?

4
その間柄はなんと呼ぶ? 続柄を一覧にして、呼び方を知っておこうのサムネイル画像

その間柄はなんと呼ぶ? 続柄を一覧にして、呼び方を知っておこう

5

関連する記事

「遺品整理・時期」についてさらに知りたい方へ

遺品整理の費用の相場を徹底解説!優良な業者を見分けましょう!のサムネイル画像

遺品整理の費用の相場を徹底解説!優良な業者を見分けましょう!

遺品整理士について詳しく知りたい!必要な資格・仕事内容・給与などのサムネイル画像

遺品整理士について詳しく知りたい!必要な資格・仕事内容・給与など

遺品供養は、まずどうする?首都圏での遺品供養。のサムネイル画像

遺品供養は、まずどうする?首都圏での遺品供養。

終活でのデジタル遺品ってなに?整理の仕方も解説します!のサムネイル画像

終活でのデジタル遺品ってなに?整理の仕方も解説します!

終活における生前整理について、方法や注意点について徹底解説!のサムネイル画像

終活における生前整理について、方法や注意点について徹底解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと