桜の家紋の由来(意味)や種類、桜の家紋を使った武将をご紹介します

平安時代に始まったとされる家紋。家の象徴として生まれ、鎌倉時代以降の武士の時代には敵味方を区別する重要な役割を果たして来ました。日本を代表する桜が家紋として使われ始めたのは平安時代です。その桜紋の由来や桜紋を使った武将をご紹介します。

目次

  1. 桜の家紋の由来
  2. 桜の家紋の種類
  3. 武将と家紋
  4. 桜の家紋を使用する代表的な家
  5. 桜のつく苗字と家紋
  6. 桜紋のまとめ

桜の家紋の由来

日本を代表する花である桜が、家紋として使われ始めたのは、家紋の発生と同じく、平安時代のようです。京都の北部に平安時代に創建された平野神社があり、その家紋が桜紋です。桜は情緒的な日本人の嗜好に合った花であったためか、平安時代から装飾文様として広く使われていました。そのため、平野神社の家紋が、もともと家紋として用いられていたものか、単に装飾として用いられていたものかは分かりません。
平野神社には、約60種400本ほどの桜の木が植えられ、珍種も多く、京都の観光の名所のひとつにもなっています。生命力を高める象徴として愛でられ、平安時代から植樹されたからです。また、臣籍降下された氏族が、蘇りと子孫繁栄を祈願して桜の木を奉納していました。神社の象徴となっていた桜を家紋とするのは自然なことでしょう。

桜

桜の家紋の種類

花といえば桜といわれるように日本を代表する花です。春になると、大勢の人が花見に出かけます。夜も夜桜と、その風情を楽しむ人に溢れています。2020年の東京オリンピックのマークにも桜の花が使われています。鮮やかに咲き、潔く散るさまが、日本人の情緒、死生観にあっているのでしょう。
家紋の種類は、家紋研究家千鹿野茂氏の『日本家紋総監』によれば、約20000種。他の資料では、約26000種とするものもあります。家紋と言えば、時代劇で目にすることが多いために、古いものだと思いがちですが、家紋には何ら規制はなく、私たちにも作れるものなのです。ですから、明治以降に生まれた家紋も多く、数を特定することはできません。
その数多い家紋の中、桜紋の数は200種類以上あります。日本を代表する花ですから、神紋として神社に多く用いられています。京都の平野神社、壬生寺、奈良の唐招提寺、大和の吉野神宮、鎌倉の鎌倉宮など、数え上げればきりがないほどです。また、明治以降に建てられた日本各地の護国神社の多くも桜紋を使用しています。しかし、武士の時代には、散り際の潔さを敬遠する向きも多く、武家で桜紋を使用する家は少なかったようです。

武将と家紋

家紋は、公家の間で流行し、華やかな文様の数々を生み出しました。菅原家の梅紋のような彩色豊かな装飾としての家紋です。相争うことの少なかった公家の家紋は、やがて下火になっていきます。
武家の家紋は、公家よりも遅れて使われ始めます。源平の対立が激しくなった平安末期ごろからのようです。戦場における武将の働きの証明として、自分の名を遺す顕示欲の現れとしてです。また、敵味方を区別する方法でもありました。
武家政権の始まりである鎌倉時代ごろから徐々に浸透し、室町時代を経て、群雄割拠する戦国時代に急速に発展しました。同族間でも敵味方となることも多くなり、区別する必要性が高まったためです。複数の彩色の家紋が使われるようになったのもこの頃のようです。
家紋は、敵味方を区別するため、帰属を表すためと同時に、報奨の意味もあったようです。戦功のあった武将に家紋を下賜するということも行われていました。そのため、仙谷氏のように織田信長や豊臣秀吉から下賜された家紋、本来の家紋、替紋など複数の家紋を持つ武将は少なくはありません。

桜の家紋を使用する代表的な家

細川氏の桜の家紋

桜紋を使用する代表的な家としては、細川氏が知られています。清和源氏足利氏の流れで、室町幕府では管領を務めた細川氏です。足利尊氏に属し、室町幕府の樹立にも貢献し、足利一門の「二つ引両」と「五七桐」の紋を使うことを許されていました。応仁の乱以降、泥沼の同族争いもあり、本流は没落しましたが、戦国の荒波を乗り越え生き残った庶流の細川氏は、江戸時代に肥後五四万石の大名となり、細川氏本来の定紋九曜紋の替え紋として桜紋を使うようになりました。

桜井松平氏の桜の家紋

江戸時代の大名桜井松平氏も清和源氏の流れを汲み、定紋も九曜紋を使用しており、その替紋として軍裏桜を使用していました。

仙谷氏の桜の家紋

江戸時代の大名仙谷氏の定紋は、織田信長から下賜された永楽通宝でしたが、他に替紋が4種類あり、その一つが九曜桜です。同じく替紋の仙石桐が豊臣秀吉からの拝領紋であり、丸に無文字が自身の旗紋から転用したものであるのに対し、九曜桜の由来は不明です。

そのほかに桜の家紋を使っていた武家

そのほかの武家で桜紋を使用していたのは、苗字にちなんで用いた吉野氏、花木氏などがあります。旗本では20家余りが使用していたようです。桜の散り際の潔さを美しいと感じながらも、短命を忌避したのでしょうか、家紋として用いる武家は多くはなかったようです。

桜の家紋を持つ現代の有名人

このテーマから少し外れますが、家紋が身近なものであることを知っていただくために、現代の有名人をご紹介します。
女優吉永小百合氏は雪輪に山桜紋。お笑いタレントの狩野英孝氏は実家が約1500年続く櫻田山神社であることから神紋は桜。参議院議員でもある株式会社西武百貨店社長水野誠一氏は丸に三つ葉桜紋。その他にも多くの方が家紋を持っており、とても身近なものなのです。

桜のつく苗字と家紋

桜の付く苗字としては、桜井、桜田、桜庭、桜木、桜沢など100種類以上あるそうです。ランキング上位の桜井姓で約11万人、桜田姓で1万人以上です。非常に多いようにも思われます。
しかし、そのすべてが桜にちなんだ苗字ではありません。多くの「さくら」の苗字は、「さく」に接続後の「ら」が付いたと考えられるそうです。「さく」は作という字で、小谷や狭いくぼ地のことです。そこをならして、耕し、耕作地としたことから、地名としては作や迫、佐久などが当てられていました。後日、これが変化し、「さくら」となり、桜の字が当てられるようになったようです。ですから、苗字や地名に使われている桜は、桜の花や桜の家紋とは関係のないものも多いようです。

桜紋のまとめ

いかがだったでしょうか。
家という観念が薄れつつある現代でも、多くの家が家紋を持っています。その成り立ちやルーツをたどってみるのも、自分探しの楽しさがあります。

「桜・家紋」に関連する記事

「桜・家紋」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「桜・家紋」についてさらに知りたい方へ

家紋の種類や意味を解説。あなたの家紋にはどの花が使われている?のサムネイル画像

家紋の種類や意味を解説。あなたの家紋にはどの花が使われている?

検索して名字の家紋を調べよう!あなたの名字の家紋は?のサムネイル画像

検索して名字の家紋を調べよう!あなたの名字の家紋は?

お墓の家紋を入れる必要性は?わからなくても大丈夫なの?のサムネイル画像

お墓の家紋を入れる必要性は?わからなくても大丈夫なの?

墓石に家紋って入れる必要があるの?注意点も説明しますのサムネイル画像

墓石に家紋って入れる必要があるの?注意点も説明します

家紋と苗字から探ると、ご先祖様のルーツがわかる?のサムネイル画像

家紋と苗字から探ると、ご先祖様のルーツがわかる?

花や取りな家紋の種類と意味一覧。のサムネイル画像

花や取りな家紋の種類と意味一覧。

戦国武将の家紋って?どんなのがあるの?意味はあるの?のサムネイル画像

戦国武将の家紋って?どんなのがあるの?意味はあるの?

家紋入り袱紗(ふくさ)って何?袱紗の家紋についてご紹介します!のサムネイル画像

家紋入り袱紗(ふくさ)って何?袱紗の家紋についてご紹介します!

比叡山の桜を見に行きたい!時期と見どころは?のサムネイル画像

比叡山の桜を見に行きたい!時期と見どころは?

樹木葬の一種である桜葬について!人気の理由や費用などを解説!のサムネイル画像

樹木葬の一種である桜葬について!人気の理由や費用などを解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

関連する記事

「桜・家紋」についてさらに知りたい方へ

家紋の種類や意味を解説。あなたの家紋にはどの花が使われている?のサムネイル画像

家紋の種類や意味を解説。あなたの家紋にはどの花が使われている?

検索して名字の家紋を調べよう!あなたの名字の家紋は?のサムネイル画像

検索して名字の家紋を調べよう!あなたの名字の家紋は?

お墓の家紋を入れる必要性は?わからなくても大丈夫なの?のサムネイル画像

お墓の家紋を入れる必要性は?わからなくても大丈夫なの?

墓石に家紋って入れる必要があるの?注意点も説明しますのサムネイル画像

墓石に家紋って入れる必要があるの?注意点も説明します

家紋と苗字から探ると、ご先祖様のルーツがわかる?のサムネイル画像

家紋と苗字から探ると、ご先祖様のルーツがわかる?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと