お墓を建てる方必見!お墓を建てる方法や建碑祝いについて解説します

お墓を建てるというのは、墓地を決め、そこに墓碑となる墓石を建立することです。 お墓を建てるには墓地の場所や時期、費用、墓石など様々なことを決めてゆかなければなりません。ここではお墓を建てる際にしなければならないことを解説します。

目次

  1. お墓の建立について
  2. お墓を建てるときにすること
  3. お墓を建てるのにかかる期間は?
  4. お墓の費用はどのくらい?
  5. お墓を建てたときのお祝い
  6. 墓石の種類を知っておこう!
  7. お墓の建立 まとめ

お墓の建立について

お墓

お墓は終の棲家と言われるように、人生最後にして一生に一度の買い物ですから、その建立に当たっては慎重にならざるを得ません。
でもお墓に対する基本的な知識があれば、いざあなたがお墓の建立を決めた時に心に余裕を持って臨むことができ、迷った時にも正しい判断を下すことができます。
ここではお墓を建てる際に必要な基本的な知識を下記の順を追って紹介してゆきます。

  • お墓はどんな場所に建てるの?
  • お墓は何時建てたら良いの?
  • お墓を建てる時は費用が掛かるの?相場は?
  • お墓を建てたらしなければならないことはあるの?
  • 墓石にはどんな種類があるの?

とりあえずこれだけ知っておけば、いざお墓を建てると決めた時にあれこれと迷うことはありません。
「失敗した」と後悔しないお墓選びのために、まずは基本的な知識を身に付けたいものですね。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

お墓を建てるときにすること

お墓

さて、いざ墓を建てるにあったって、何をしたらいいのか、いつ建てたらいいのか、墓石はどんなものがいいのかなど分らないことの方が多いと思います。
またお墓を建てたら、その後どんなことをしなければならならないかなど、普段の生活ではなかなか知りえない情報が多いのです。
まずお墓を建てる墓地を決めなければなりません。
お墓は貴方だけのものではありません。
残された人たちが供養のために、そして代々受け継いでもらうために訪問しやす場所を選ぶ必要があるでしょう。
次に費用を考えなければなりません。
お墓は上を見れば切りがありませんから、あなたの予算の許せる範囲で墓地や墓石、そして設置工事の費用を賄わなければならないでしょう。
またお墓を建てたらしなければならないことも数多くあります。
ここではお墓を建てる際に必要な事柄を順を追って見て行きます。

生前にお墓を建てる

生前にお墓を建てるなんて何か縁起が悪いと思われる方もいるかもしれません。
しかし生前にお墓を建てることは昔から縁起が良いこととされ、仏教ではこれを「寿陵墓」と言い、長寿や子孫繁栄、家族安泰などの幸福がもたらされるといわれています。
また自分の予算に合わせて好みの場所や墓石などなどをじっくりと時間を掛け、満足がいくまで検討できるので慌ててお墓を建てる時よりも立派なお墓を建てることができるのです。

どんな場所に建てるのか

よくテレビで見かけるように、海の見える景色の素晴らしい処にお墓を建てられたらいいなと思っていそんな場に土地を購入して自分のお墓を建てたいと思っている方もいるかもしれません。
しかし、日本の法律ではお墓を建てる場所は「墓埋法」によって決められており、墓地として定められた場所以外にお墓を建てることを禁じています。
大まかに「公営墓地」「民営墓地」「寺院墓地」の三つ分けられます。

費用が安い公営墓地

地方自治体が運営・管理をしている墓地です。
公営なので費用が安く済む反面、やはり人気があり関東などお大都市圏の公営墓地は抽選になってしまい、申し込んでもなかなか抽選に当たらない場合が殆どです。
また自治体の運営なのでその地域に居住していなければならないなど申し込みには様々な制約があり、手続きも煩雑です。
公営なので国が信教の自由を保障している通り、どの宗教・宗派でもお墓を建てることができます。
殆どの場合、お骨がない場合は申し込みができないので生前にお墓を建てることはできません。

施設が充実している民営霊園

公営霊園とは異なり寺院が運営主体となり、財団法人や社団法人が実際の営業や運営を行っている霊園が民営霊園です。
もいろん営利目的ですから公営霊園より費用は高めです。
しかし市場の競争原理が働いているため、近年ではまるで公園のような明るく清潔な霊園が増えており、維持管理も運営会社が行うため行き届いています。
基本的には誰でも購入できるため購入者の居住地域などの制限もなく、遠方より購入される方も多いので駐車場などの施設も充実しています。
もちろん墓地購入の際の制限も無いので、生前に墓地を確保することが可能です。

お寺との縁を結ぶ寺院墓地

寺院の境内にある墓地です。
墓地の維持管理は基本的にはその寺院が行います。
寺院墓地にお寺を建てる場合にはその寺院の檀家になることが条件となるので、檀家でない場合は別途入壇料が必要となります。
檀家となるとその寺院を盛り立てるため行事や維持管理などにも参加しなければなりませんが、逆にお寺との結びつきが強くなるため、個人を供養するということに関しては最上の墓地ということが出来るでしょう。
生前にお墓を建てられるかどうかは、その寺院によって事情は異なるので住職に相談してください。

開眼法要とは?

開眼法要とは俗に「御霊入れ」と呼ばれる法要です。
宗派によっては「建碑式」と呼ぶところもあります。
ただ墓地に墓石を設置しただけではお墓を建てたことにはなりません。
建てたお墓に邪気が入らないように僧侶に開眼法要をしてもらう必要があります。
お墓の前で読経してもらい、焼香参拝して初めてお墓に遺骨を納骨できるのです。
浄土真宗などは開眼法要を行わない場合がありますので、お墓を建てることになった際には檀家となっている寺院の僧侶に相談してください。
もちろん僧侶には謝礼としてお布施をしますが、墓石の購入金額の一割が相場とされています。

生前にお墓を建てることは税制面でも有利

生前にお墓を建てた場合、非課税財産となるため相続税が掛かりません。
また不動産所得税や固定資産税も掛かりません。
残された人たちに金銭的な負担を掛けないというだけでも、あなたの心の負担が軽減されるのです。

亡くなった後にお墓を建てる

不慮の事故や病気で亡くなられた場合、墓地を決めずにいた方々が殆どだと思います。
日本には墓埋法という法律があり、死亡届を出した時に遺体を最終的にどこに埋葬(火葬)したかを記入しなければなりません。
だからと言って慌ててお墓を購入する必要はりません。
墓埋法は火葬や埋葬した際にどうするかを定めた法律であり、火葬や埋葬が義務ではないからです。
死亡届を出した後、埋葬(火葬)許可証をもらい、火葬場でお骨になった後は火葬場で火葬証明書が発行されます。
火葬証明書はお骨の身元証明書のようなものです。
お骨の身元さえ分かっていれば、お骨をどのよう場所に保管していようと法律で罰せられることはありません。
なので慌てて不本意な墓地を購入するよりも、じっくりと腰を据えて故人やあなたに相応しい墓地を選ぶことが大切です。

どのくらいの時期にお墓を建てるべき?

お墓を建てる時期はあなたが信仰している宗派や檀家となっているお寺に決まりがない限り、特に決まっている訳ではありません。
前にお墓を建てるのであれば、あなたの都合のよい時期に合わせ建てても何ら問題はないのです。
生前にお墓を建ててあるようでしたら火葬が終わった当日に納骨することができます。
納骨は49日や100日、一周忌など故人の法要に合わせて行う方が殆どですが、必ずこの時期までに納骨しなけばならないという法律はありません。
なのでお墓を決めずに亡くなられたとしても、すぐにお墓を決める必要もないのです。
ただし、遅くとも七回忌くらいまでには故人のためにお墓を建ててあげた方がよいでしょう。

お墓を建てるのにかかる期間は?

墓碑の形や入れる名前などが決まったら、実際にその要望に応じて墓石を加工しなければなりません。
墓石の加工にだいたい1カ月から2カ月、墓石を設置するための工事にだいたい2週間程度の期間が必要です。
なのでトータルでだいたい1カ月半から2カ月半と見ておいた方が良いでしょう。

お墓の費用はどのくらい?

お金

お墓の値段は「永代供養料」「墓石」「工事費」「管理料」の4つによって決まります。
それぞれ場所や面積、使う墓石の種類によって違ってきますが、平均的な費用は以下の通りになります。

永代供養料

永代供養料とは墓地の土地を提供してくれるお寺や霊園に支払う使用料です。
永代といっても永遠に墓地を使用できるわけではありません。
それぞれ墓地を提供してくれる管理者によって異なりますが、大抵の場合お墓の後継者が続く限り使用できます。
後継者がいなくなった際には30~50年で使用期限が切れ、お墓の中にあるお骨は合祀という形で別の永代供養塔などに収められます。
以後のそのお墓の使用権は別の方に移ります。
場所によって費用はかなり異なり安いところでは10万円くらいから、だいたい100万円くらいまでが相場といっていいでしょう。

墓石・工事費

墓石の工事費は、安いものであれば50万円くらいから、高いものだと300万円以上するものまで様々です。
墓石店での見積もりは工事費まで込が殆どですので、全体の6割近くの人が100~200万円くらいの間で墓石と工事費が済むものを選んでいます。

見積もりは石材店が行います。

管理料

管理料とは墓地を購入後、その維持と管理をしてもらうために定期的に支払う代金です。
この代金をもとに管理者は墓地全体の掃除水道などの施設の維持を行います。
基本的にはお墓の大きさによって決められますが、公営の霊園でで年間4000~10000円、民営の霊園で5000~15000が相場です。
管理料の支払いが滞ってしまうと、お墓の使用権が消失してしまいますので注意が必要です。

入壇料

入壇料とは寺院が管理する霊園にお墓を建てた場合に、永大供養料とは別に生じる料金です。
日本のお寺は檀家制度をとっている場合が殆どで、お寺にお墓を建てるということはそのお寺の檀家になるということです。
お寺によって入檀料は異なりますが、だいたい10万~30万円が相場です。
お寺はこの入壇料でお寺の維持管理や供養のための行事を行います。

お墓を建てたときのお祝い

お墓

新しくお墓を建てた、また古くなったお墓を立て直した場合は建碑式というお祝いをします。
ここでは建碑祝いを説明します。

建碑祝いとは?

お墓を建てることは忌まわしいことではありません。
むしろ大変おめでたいこととされ、建碑式という祝い事をします。
建碑祝いとも言われます。

生前にお墓を建てた場合、これはおめでたいことですから服装もお祝いにふさわしい略礼服や軽快なスーツなどで問題なく、お祝い金を包む水引も紅白のものを使います。

ただし建碑式が全てお祝いごとになるとは限りません。
身内が亡くなり、急きょお墓を建てなければならなかった場合には、法要と合わせて建碑式が行われる場合が多く、その時には法要に合わせた服装にしなければならず、水引も弔事の時と同じ白黒のものを使います。

お祝い金の相場

生前にお墓を建てた際はおめでたいことなので紅白の水引に「建碑御祝」あるいは「建立祝」と記し、新札を包みます。
納骨法要の際に行われる建碑式の場合は不祝儀である白黒の水引に「御仏前」と記します。
ただし必ずしも弔事ではないので、包むお札は比較的新しいお札でも問題ありません。
建碑祝いに包むお金の相場は家族であれば3~10万円、親戚であれば2~3万円、ご友人であれば1万円が一般的な金額です。
基本的にはお気持ちですから、それが伝わる金額で問題ありません。

墓石の種類を知っておこう!

お墓

慕石にはさまざまな種類があり、その石によって風格や印象が違ってきます。
基本的には雨風などの風化に強い石が使われまますが、現在様々な需要に応えるため墓石に使われる石の種類は国内外合わせて300種類もあるといわれています。
ここでは一般的な慕石に使われる代表的な墓石の種類を見て行きましょう。

花崗岩

花崗岩とは火成岩の一種で、皆さんがご存知の御影石もこの石です。
御影石の名は兵庫県の産地の名前が由来ですが、花崗岩そのものは日本各地で産出されます。
特に茨城県の真壁と愛知県の岡崎で採れる花崗岩は石質が良く人気があります。
白色のなかに黒雲母による斑模様があるのが特徴です。
石英と長石からなり、石質が緻密で硬く、磨くと光沢が出るため古くから慕石や石橋などに使われてきました。
また風化に強いため代々引き継いでゆく慕石に最適な石ということができるでしょう。

閃緑岩

閃緑岩とは花崗岩と同じ火成岩の一種で、花崗岩よりも深い地層で採れる石で、俗に黒御影と呼ばれています。
国内産のものでは岡山県の矢掛青石がこの閃緑岩に当たります。
花崗岩より石質は粗く、黒い斑も大きく、全体的にやや灰色が掛かっています。
とはいえ花崗岩に比べ墓石として耐久性が劣るというわけではありません。
花崗岩の御影石よりもう少し渋く落ち着いた色合いがいい場合は閃緑岩の墓石を選ぶのも一つの選択肢として考えてください。

斑レイ岩

火成岩の一種で玄武岩の深成岩に当たるのが斑レイ岩です。
閃緑岩と同じく国内では黒御影石と呼ばれまが、閃緑岩より斑レイ岩の方がより黒いです。
花崗岩とは異なり石英は殆ど含まず、有機鉱物である角閃石や輝石を多く含むため全体が黒っぽく見える石材です。
黒光りする中に更にきらきらと輝くさまは風格があり、日本で古くから高級墓石として親しまれていますが、日本国内でははあまり産出されません。
日本では福島県の浮金石が斑レイ岩で、その貴重性から国内で取引される黒色系の墓石では最高級クラスの価格となっています。

安山岩

安山岩とは火成岩の一種で、やや淡い緑を帯びた灰色の石です。
日本の銘石である神奈川県の本小松石が安山石です。
石質は硬く粘りがあり、皇室をはじめ徳川家や北条家など古くから名家の慕石として使用されていました。
気候や温度により石の表情が変わるとされ、月日が経つごとに石としての風合いが増してゆきます。
侘び寂があり、慕石に用いれば年月を重ねるごとに重厚感と風格を醸し出してくれます。

御影石

花崗岩の多くが○○御影石という名で売られていますが、本家本物の御影石は兵庫県神戸市の六甲山の麓、御影地区で採れる花崗岩のことを言います。
やや赤みを帯び華やかで、業界では他の産地の御影石と区別するため「本御影石」と呼びます。
産出量もごく僅かであるためその価格も国内最高級の石材と言うに相応しく高額です。
ただし、他の花崗岩に比べ吸水性が高いため風化が進みやすく、科学分析が進んだ現在では慕石にはあまり向かないことが分かってきました。
名にこだわらなければ選ばない方が無難かもしれません。

庵治石

茨城県の真壁、愛知県の岡崎と並び日本三大花崗岩の一つに数えられる香川県の庵治石
しかし真壁、岡崎の花崗岩とは異なり、世界的にも「花崗岩のダイヤ」と呼ばれるほど固い石質が特徴です。
鉱物上の正式名は「黒雲母細粒花崗閃緑岩」で、その硬さは鉄より硬い水晶に匹敵すると言われています。
そのため非常に風化に強く、庵治石に彫った文字は200年経ってもその美しさを保つといわれています。
また花崗岩特有の黒い「斑」模様も緻密で美しく、俗に「ぼたん柄」とも呼ばれています。
しかし、庵治石の原料となる岩山を切り崩しても、慕石として使える石は全体の数%であるため非常に高額な慕石の一つでもあります。

以下のサイトでは、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、国産墓石に関する情報を提供しています。
今回紹介した墓石以外の国産墓石についても詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

お墓の建立 まとめ

お墓

どうでしたか?
お墓を建てる際に必要なことが少しはご理解いただけたかと思います。
少し長くなってしまったので最後にいくつかポイントをまとめて見たいと思います。

  • お墓を建てる墓地には墓埋法により埋葬する場所が決められれています。お墓は残された人が供養のため訪れる場所であり、代々受け継いでゆくものですから訪問しやすい場所を選びたいものです。
  • お墓は生前に建てても問題ありません。むしろ縁起が良いことであり、自分が満足できるお墓を余裕をもって建てることができます。また税制面でも生前にお墓を建てた方がメリットがあります。
  • 死後にお墓を建てることになったとしても急ぐ必要はありません。納骨は法要に合わせて行っても問題はなく、むしろ故人に相応しいお墓を建てることの方が重要です。
  • お墓を建てる予算は永代供養料、墓石および設置工事費、管理料を考える必要があります。各項目とも値段が場所や条件によって大きく異なるので、自分の予算に合わせて検討する必要がります。
  • お墓を建てた後は建碑式や開眼法要などの典儀を行わなければなりません。
  • 墓石には種類がありますが、基本的にはどれも風化に強い石材が用いられています。それぞれの石材は色彩や風格が異なるため、自分好みの石材を選んでください。

ここでは従来型のお墓の建て方を説明してまいりましたが、現在は昔に比べお墓の在り方もずいぶん多様化しています。
少子化で墓を継ぐ人がいなくなった方の中には樹木葬や合祀、永代供養墓などお墓自体を建てない埋葬を選ぶ方も徐々に増え始めています。
しかしお墓を建てることは故人を偲び、後代にあなたの足跡を残す大切な記念碑となるものです。
お墓に対する考え化は人それぞれ。
今回の記事があなたのお墓に対する知識の一助になれば幸いです。

終活ねっとはお墓の記事だけでなく、葬儀や相続など、終活に関するあらゆ情報を発信しております。
是非そちらもご覧くださいませ。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・建てる」に関連する記事

  • お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

    お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

    お墓を建てる手順はご存知ですか?いつから準備を始めるのか・どのように建てるのか・費用はいくらかかるのか、気になることが多いかと思います。今回の記事ではお墓を建てるときの流れやポイントを解説していきます。相場についてもご紹介しますので、ぜひお読みください。

  • 新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像

    新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

    お墓を建てることは、日本の習慣として以前より続いてきました。 お墓を建てる時、お墓を建てる場所や、霊園の種類、かかる時間や費用など 気になるポイントを集めてわかりやすく説明いたします。参考にしてください。

  • お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

    お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

    お墓を買うことを考えている方必見!初めてお墓を建てるにあたって費用や手順など分からないことも多いを思います。この記事を読めばお墓を買うにあたって様々な疑問や注意点が解決します。今後お墓を購入することを考えている方は是非最後までお読みください。

  • お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

    お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

    お墓の購入は、家と同様に一生の買い物であるといわれています。終活の一環としてお墓を建てられる方も多くいらっしゃいますが、お墓を建てるには適した時期と避けるべき時期があるのをご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、お墓を建てる時期について詳しく解説していきます。

  • お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

    お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

    一生に一度の大きな買い物といってもよいお墓。お墓を建てるにはかなりの費用がかかります。しかし、そもそもお墓を建てないという選択肢はありなのでしょうか?今回はお墓を建てない供養について、様々な方法をご紹介していきます。

  • お墓の建て方について一から詳しくお教えします!のサムネイル画像

    お墓の建て方について一から詳しくお教えします!

    お墓を建てることになったという方や建てることを考えておられる方も多いでしょう。とはいえ、特に初めてという方はお墓の建て方にどのようなものがあり、どこに注意すればよいのかわからないと思います。ここではお墓を建て方を一から詳しく見ていきます。

  • お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。のサムネイル画像

    お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。

    自分の死後のことを考えることってありませんか?その時一番に考えるのは自分の遺骨を納めるお墓のこと…。お墓がない方はお墓を建てる必要があります。今回はお墓を建てるにはどうしたらいいのか、お墓について紹介していきます。

  • 失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!のサムネイル画像

    失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!

    お墓を購入するのに絶対失敗はしたくない!これからお墓を購入する方は必見です。失敗しないお墓選びのポイントや墓石を選ぶ際のポイントなどをご説明いたします。是非最後までご覧いただきお墓を購入する際の参考にしてください。

  • お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説しますのサムネイル画像

    お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説します

    皆さんがお墓を建てる時に一番気になることは、費用が一体いくらかかるのかではないでしょうか?しかし、費用についてはなかなか聞きにくい問題でもありますよね。今回は、そんな問題を解決するために、お墓を建てるときに必要な費用について徹底的に解説します。

  • お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

    近年お墓の値段はかなり高額になっています。大切な方の供養の場ですから、心のこもったお墓にしたいと思うのは当然です。ですが、費用はできるだけ安く抑えたいですよね。お墓もいろいろありますが、安く建てるにはどうしたらよいのでしょうか。費用の抑え方を紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・建てる」についてさらに知りたい方へ

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!のサムネイル画像

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!

お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。のサムネイル画像

お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!のサムネイル画像

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説しますのサムネイル画像

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説します

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・建てる」についてさらに知りたい方へ

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと