葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

目次

  1. 葬儀で渡すお布施について解説
  2. お布施の渡し方
  3. お布施の費用相場
  4. お布施の包み方について
  5. お布施の表書きの書き方は?
  6. 戒名料にもお布施は必要?
  7. お布施以外の費用について
  8. 他宗教でお布施はある?
  9. 葬儀のお布施についてまとめ
  10. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

葬儀で渡すお布施について解説

葬儀

葬儀や法事の時など、仏事の時にはお布施を用意しますよね。
しかし、お布施の意味を答えられる人は意外と少ないのではないでしょうか?

まずはお布施の本来の意味を解説します。

お布施は、葬儀や法事の時に読経など供養のための法要の際に、お坊さんにお渡しするお金のことです。
しかし、お布施はお坊さん個人にあげるお金ではなく、渡す側が読経していただいたお礼に渡すものです。
請求したりされたりするものではなく、感謝の気持ちを金銭に置き換えているだけです。
昔はお金ではなく、お米や芋を渡すこともあったそうで、お金以外の物をお経を読んでいただいたことへのお礼として渡せばこれもお布施ということになります。

現在では、物品を渡すことは少なくなりましたが、一部の地域ではお米やお餅をお金と一緒に渡すところもあります。

また、お布施はお坊さんにあげるものではなくお寺やご本尊に捧げるものです。
お坊さんはお布施を使って寺院のメンテナンスをしたり、ご本尊をお守りしているお坊さんとその家族の生活費にあてたりします。

あくまでお布施というものは、渡す側の感謝の気持ち、寄付といった意味合いですので、葬儀や法事のための料金というわけではありません。
従って、お布施には決まった金額というものは存在せず、金額は渡す側の気持ち次第ということになります。

大まかなお布施の意味が解ったところで、実際に葬儀の時にお布施のマナーや注意点などはないのでしょうか?

そこでこの記事では以下のようなことを解説します。

  • お布施の渡し方
  • 葬儀の時のお布施の費用相場
  • お布施の包み方・書き方
  • 仏教以外の宗教のお布施はどうなっているの?

お布施はお寺の方から請求してくるものではありませんし、明確な金額が設定されているわけでもありません。
各家庭によってお布施の金額が違い、あまり公に話題に上るようなことがないのでマナーや注意点なども聞きにくいですよね。

お布施について一般的な相場やマナーなどを知っておいても損はありません。
終活の一環としてお布施についても基本的なことを学んでおきましょう。

ぜひこの記事を最後まで読んでお役に立ててくれればうれしく思います。

お布施の渡し方

葬儀

お布施を用意したは良いけれど、「いつ・誰に・どこで」渡せばよいのかわからずうろうろしてしまう場合もありますよね。
この章ではお布施の渡し方について解説しますので、お布施を渡す際に参考にして見てはいかがでしょうか。

誰に渡すの?

葬儀の際のお布施は、読経するために来ていただいたお坊さんに渡します。
そして複数のお坊さんに来ていただいた場合は、一番地位の高い方に差し出すようにしましょう。

お寺で行う法事などの時は、受付で事務をやっている方に渡す場合もあります。

お布施を渡すタイミングは?

お布施を渡すタイミングは人それぞれで、特に指定されていません。
ですが一般的には、葬儀の前後にお坊さんにご挨拶に行った時に渡すという方が多いようです。
葬儀当日は接客などで席を離れることができない場合、次の日にお寺まで出向いてお布施を渡す方もおられます。

基本的にはお布施は喪主が渡すものなのですが、席を外せない時は親戚の人や葬儀屋さんに渡してもらうように頼む場合もあります。

手渡しはNG?

お布施は手渡しはNGです。
袱紗に包んで持って行き、切手盆か小さなお盆の上に袱紗から取り出したお布施の袋をお坊さんに対して正面に向けて置き、そのまま手の届く範囲まで差し出します。
畳の上やテーブルの上を滑らすように押し出すのはみっともないですから気を付けてください。

切手盆がない場合は葬儀屋の方で小さなお盆を用意している場合がありますので貸してもらいましょう。
切手盆も小さなお盆もなかった場合は、袱紗を折りたたんでお盆代わりにしてその上にお布施を乗せて差し出しても大丈夫です。

とにかく手渡しするようなことは避けましょう。

新札を使ってはいけない?

お布施には新札・旧札どちらを使っても大丈夫です。
元々不幸ごとに新札を使ってはいけないと言われているのは、「あまりに急なことなのできれいなお札を用意する暇もなかった」という意味です。
あるいは「新しい」「門出」「出発」のイメージの新札は不祝儀にはふさわしくないとも言われています。

しかし、お布施というものは不幸ごとではありません。
故人が安らかに眠りにつけるように祈る儀式に対するお礼金です。
そういう意味でも新札でも大丈夫ということになります。

旧札でも良いですが、あまりにしわくちゃになっているお札はお布施に限らず、人に渡すお金としては失礼にあたりますので気を付けましょう。

お札の向きはどうしたらいい?

お札には表と裏があり、肖像画が書いてある方が表です。
不祝儀袋には裏返して入れるのがマナーとされていますが、上の段でも述べた通り、お布施は不祝儀ではありません。
従って、お札の向きは表向けに入れるようにしましょう。
もちろん、お札の向きはすべて同じ方向に揃えておきましょう。

お布施の費用相場

困った人々

「お布施はいくらぐらい?」と尋ねても「お気持ちで」という答えが返ってきます。
お布施は、渡す側の気持ち次第であり、「この金額じゃなきゃだめ」というような決まった金額というものはありません。

しかし、「お気持ちで」と言われてもどれくらいの金額渡せばいいのか困っちゃいますよね。
地域によっても違いますが、一般的なお布施の相場というものをご紹介しますので参考にしてください。

葬儀屋が設定している場合も

お気持ち次第のお布施なのですが、あまりに漠然としていると用意する方も困ってしまいます。
葬儀屋によっては、はっきりお布施の金額を設定しているところもあります。
葬儀屋がある地域周辺のお寺のお布施の相場ということになり、お坊さんからははっきり言いにくいお布施をわかりやすく表示してくれているというわけです。

あるいは、設定しているわけではありませんが、葬儀屋さんにお布施の相場を聞けば「あのお寺なら大体いくらぐらい」という風に教えてくれる場合もあります。

宗派によって費用は変わる?

お布施の相場は同じ地域内では大体同じ金額になることが多いのですが、宗派によって変わる場合があります。
また、お布施の費用はお寺との付き合い度によっても変わる場合があります。

この章では宗派別のお布施の相場をご紹介します。
あくまで一般的に相場ですので、同じ宗派でも全然違う金額になることもあります。

浄土宗

浄土宗の場合は、通夜から葬儀までの費用を全部含めるとお布施は30万円~50万円が一般的な相場です。
地域やお寺とのつながりによって相場は前後します。
葬式そのものを大きくしたりお坊さんを複数来ていただくと100万円を超える時もあります。

浄土真宗

浄土真宗は通夜から葬式、法名を含めてもお布施は20万円ぐらいで納まることが多いようです。

浄土真宗は法名に格の違いが無いため、一般的には費用の相場は低めになります。
同じ浄土真宗でも東京方面は少し高め、そのほかの地域では平均的な金額になることが多いようです。

日蓮宗

日蓮宗のお布施の相場は30万円前後のところが多いです。
葬儀の時のお坊さんは一人から七人ぐらいまで呼ぶことが可能で、お坊さんそれぞれにお布施が必要です。
そのため、たくさんのお坊さんに来てもらえばお布施の金額も高くなっていきます。

曹洞宗

日本の禅僧の一つである曹洞宗のお布施の相場は、地域によって違いはありますがおおよそ30万円~60万円です。
戒名の格式、文字数によっては100万円からという場合もあるそうです。

真言宗

真言宗でも戒名の格式でお布施の金額は大きく変わります。
一般的には30万円以上が相場のようです。
希望の文字を入れたい場合や格式の高い戒名にした場合、文字の大きさによって80万円~100万円というときもあります。

領収書はもらえるの?

お布施を渡した時に領収書はもらえるのでしょうか?
なんとなく言い出しにくいしお坊さんに怒られそうなイメージがありますが、お布施に対する領収書は頼めばちゃんともらうことができます。

お寺というところは、宗教法人で無税ですので領収書を切る必要がないのです。
しかし、遺族が遺産相続の手続きの際に葬儀にかかった費用は控除の対象になりますので領収書はあった方が良いです。
お寺に言えばちゃんと領収書を発行してくれますので遠慮せずに頼んでみましょう。

お布施の包み方について

葬儀

お布施の包み方にルールはあるのでしょうか?
お布施は葬儀後も法事などでお布施をすることがありますので、基本的に包み方とマナーなどを学んでおきましょう。

そこでこの章ではお布施の包み方について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

どの袋に包むの?

お布施の包み方は主に奉書紙と封筒の2つあります。
奉書紙の方がより正式な包み方ではありますが、封筒に入れても間違っているわけではありません。
一般的には簡単に入れることができる封筒を使う方が多いようです。

奉書紙

まず半紙にお金を包み、奉書紙を上紙にして包む包み方が最も格式が高いです。
奉書紙の表側にはお布施の文字と喪主の名前を書きます。

時代劇などでよく見かける奉書紙は正式ではありますが、現在ではあまり使われることはありません。
あまり見かけないからこそ使いこなすことができればカッコいいですよ。

封筒

一般的にはお布施は封筒に入れる方が多いです。
二重になっていない白い封筒か市販されているお布施と印刷された封筒を使うのが無難です。

お札の向きは表向きで封筒の裏には住所と名前を書いておけば寺院の方やお坊さんもわかりやすいです。
金額は書きこむ必要はありません。

水引は必要?

水引というのは祝儀・不祝儀袋のをさらに丁重に格上げしてくれるものです。
絶対に必要というわけではありませんが、金額が多ければ水引を付けた方が良いというのが一般的です。
お布施の場合は水引は必要ありませんが、一部の地域、大阪方面では「黄・黒」「白・黒」「銀・黒」のコンビの水引きを使う場合もあります。

葬儀屋さんがお布施など葬儀の際に必要な不祝儀袋を用意してくれる場合もありますので、その場合は地域の風習に従いましょう。

お札の入れ方は?

お布施は不祝儀ではありませんのでお札は表向きに入れます。

裏向きに入れるのは香典など会葬者が喪主に渡す場合のマナーですので、お布施は喪主がお坊さんに渡すお礼ですので裏向きに入れる必要はありません。

時々、お札の枚数を奇数と偶数で気にする方がおられますが、それはご祝儀の時に割り切れる偶数はNGといわれているだけで不祝儀やお布施にお札の枚数は気にする必要はありません。
枚数は気にする必要はありませんが、手元にないからとすべて1000円札にするようなことはみっともないので止めましょう。
1万円札が用意できない場合は、葬儀屋さんに相談して両替してもらうように頼みましょう。

お布施の表書きの書き方は?

困った人々

お布施の表書きの書き方は御布施と書き下側に「〇〇家」あるいは喪主のフルネームを書きます。
葬儀屋さんに紹介してもらって初めてお会いするお寺さんの場合には、表書きは「お布施」と喪主のフルネームを書き、袋の裏側には住所と名前を書くようにしましょう。
お布施袋に入れた金額は書かなくても構いません。

市販されている「お布施」と印刷されている袋を使えば無難です。
葬儀屋さんで用意していることもありますので、急なことで手元に袋を用意できなくても大丈夫です。

墨は薄墨?濃い墨?

お布施の文字を書く墨は薄墨を使うのでしょうか?
よく葬儀に訪れた時に記帳する時は薄墨を使うのが良いと言われていますが、それは「急なことで墨を濃くする暇もなかった」「悲しみの涙で墨も薄くなってしまった」ということが由来となっています。

しかし現在では、墨は使わず筆ペンやサインペンを使うことが多くなり薄墨を使うという風習は廃れつつあると言えるかもしれません。

お布施は不幸ごとではありませんので薄墨を使う必要はなく、普通に濃い墨で表書きなどを書くようにしましょう。
サインペンでも構いませんが色は黒以外のものは使わないようにしましょう。

戒名料にもお布施は必要?

仏壇

お布施のほとんどは戒名料と言ってもいいかもしれません。
もちろん、お経を読んでいただくことも大事ですが、お釈迦様に代わって戒名をいただくことも大事です。

戒名にはランクがある場合があり、徳の高い戒名を付けていただければ金額も高くなっていきます。

戒名料の基準は各宗教によって異なります。
葬儀の時のお布施に戒名料が含まれている場合もありますし、別に戒名料として渡す場合があります。

生前に戒名を付けていただける場合もあります。
戒名をいただいた時点で戒名料としてお布施を渡していますので、葬儀の時は戒名料というものが必要ない場合もあります。

自分のお寺や地域では戒名料はどのようになっているか事前に調べておいても良いでしょう。

お布施以外の費用について

お金

お布施以外にもかかる費用はあるのでしょうか?

一般的にはお車代御膳料などを用意します。
地域によってはそれぞれ別々の袋に入れて用意する場合もありますし、お布施に上乗せして一つの袋に入れる場合もあります。

この章では葬儀の際にお布施以外にかかる費用の内容とその相場について解説します。

お車代

お車代は主に法事や納骨式の時に、僧侶に自宅やお墓まで来ていただいた時に必要なものです。
葬儀場で葬式やお通夜をしていただく時には、よほど遠方から来ていただく時以外はお車代は用意しないことが多いです。
相場は5000円~1万円です。
施主側が僧侶の送迎をした場合はお車代は払わなくて大丈夫です。

交通の便が良い都会の方ではあまりお車代として別にお渡しすることは少ないようです。
お布施の中に含まれていると考えることが多いようです。

御膳代

御膳代は法事や納骨式の後に行われる会食の時に、僧侶が辞退された時に用意するものです。
相場は5000円~1万円です。
葬儀場で行われる葬式の時は、地域によりますが御膳代が必要ない場合もあります。
辞退された場合ですので僧侶が会食に同席した場合は御膳代は用意しなくても大丈夫です。

通夜の時は僧侶も食事をご一緒することもありますが、葬儀後はあまりお食事に参加される方は少ないようです。
やはりお車代同様、別に御膳料の袋を用意するのではなくお布施に上乗せして入れるようにした方が良いでしょう。

他宗教でお布施はある?

お墓

ここまでは仏教の場合のお布施について解説しましたが、他宗教の場合はお布施はどうなっているのでしょう?

お布施というものは供養していただいた事へのお礼ですから他宗教でも必要なものです。
しかし、「お布施」という言葉は仏教用語ですので、他宗教の場合は表書きが違います。
費用の相場はその地域のお布施とほぼ同額を用意すれば無難です。

仏教以外でも故人の供養を祈るということは同じですし、儀式のために取り仕切っていただく方もおられますのでお礼は用意するようにしましょう。

キリスト教

キリスト教の場合は、献金御花料あるいは御礼と表書きするようにします。
一般的には教会を式場として借りる場合が多いので、そのお礼として教会に献金するということになります。

牧師さんや神父さんに足を運んでいただいた場合はお車代も用意します。
「献金」のほかに、牧師さん・神父さんには「御礼」あるいは「謝礼」として渡しましょう。
献金に上乗せして渡す場合もあります。
オルガン奏者の方にも別に「謝礼」を用意することもあります。

キリスト教では、葬儀の際にかかるお金を真っ白の封筒に入れるか奉書紙に包むようにします。
表書きに「献金」あるいは「御礼」と書き下側に施主側のフルネームを入れます。

渡すタイミングは式当日、あるいは次の日の挨拶に行った時でも構いません。
キリスト教の場合は当日、式が始まる前にご挨拶に行った時に差し出すことが多いようです。

神道

神道の場合は、表書きは御祭祀料御榊料あるいは御礼と書くのが一般的です。
真っ白の封筒か奉書紙を使うと良いでしょう。
「お車代」や「御膳料」を用意する場合もあります。

御祭祀料は神社の格式や地域によって変わりますので、神官に尋ねてみるのも良いでしょう。
聞きにくいようなら葬儀屋に聞くと、大体の相場を教えてくれます。

真っ白の封筒に入れるか奉書紙に包むようにします。
渡すタイミングは式の当日ならいつでも良いですが、一般的には式が終了してご挨拶に行った時に渡すことが多いようです。

葬儀のお布施についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
この記事では葬儀のお布施について解説させていただきました。
まとめると以下のようなことをご紹介しています。

  • お布施はお参りしてくださる僧侶に渡す。お札は新札・旧札どちらを使っても良い。
  • お布施を渡すタイミングは葬儀が始まる前でも終わった後でも次の日でも構わない。
  • お布施の相場は宗派によって違うが大体20万円~100万円。希望すれば領収書をもらうことができる。
  • 戒名料にもお布施は必要。宗派によって金額が違ってくる。
  • 仏教以外の宗教はお布施とは言わないが同じようなものがある。

いまさらながら人に聞きづらいお布施ですが、この記事では一般的なマナーなどを解説しています。住んでいる地域やお寺との関係、宗教や宗派、風習などによっても相場が変わってきます。
よくわからない時はご近所さんや親族、葬儀屋などに尋ねてみるのも良いでしょう。

終活ねっとではこのようなお布施や葬儀、お墓などのマナーを解説していますので他の記事もぜひともご覧になって参考にしてくださると嬉しく思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

「葬儀・お布施」に関連する記事

「葬儀・お布施」についてさらに知りたい方へ

供養の時に失礼がないように、お布施のマナーを知っておこうのサムネイル画像

供養の時に失礼がないように、お布施のマナーを知っておこう

供養の際、寺院や僧侶の方へお布施をお支払いすることがあります。さて、この供養でかかるお布施の金額

檀家のお寺にお布施はいくら払えば良いの?葬儀や法要のマナーのサムネイル画像

檀家のお寺にお布施はいくら払えば良いの?葬儀や法要のマナー

皆さんはお布施や檀家のことについて、どれくらい知っていますでしょうか?この記事では、檀家の意味や

納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?のサムネイル画像

納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?

納骨の際、供養をしていただいた御礼として僧侶へお布施を渡します。ではこのお布施、どうやって渡せば

納骨堂でのお布施のマナーは?金額や渡すタイミングを解説しますのサムネイル画像

納骨堂でのお布施のマナーは?金額や渡すタイミングを解説します

納骨堂で儀式を執り行っていただく際には、お布施を渡すのが昔からの習わしです。 いざその時になって

お墓参りにお布施は必要?お布施の相場やマナーについて解説!のサムネイル画像

お墓参りにお布施は必要?お布施の相場やマナーについて解説!

年に何度か出かけるお墓参りの際にいろいろ考えることはありますが、その中でもお布施のことを考えると

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いから

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いの

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装

シェアする

関連する記事

「葬儀・お布施」についてさらに知りたい方へ

供養の時に失礼がないように、お布施のマナーを知っておこうのサムネイル画像

供養の時に失礼がないように、お布施のマナーを知っておこう

檀家のお寺にお布施はいくら払えば良いの?葬儀や法要のマナーのサムネイル画像

檀家のお寺にお布施はいくら払えば良いの?葬儀や法要のマナー

納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?のサムネイル画像

納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?

納骨堂でのお布施のマナーは?金額や渡すタイミングを解説しますのサムネイル画像

納骨堂でのお布施のマナーは?金額や渡すタイミングを解説します

お墓参りにお布施は必要?お布施の相場やマナーについて解説!のサムネイル画像

お墓参りにお布施は必要?お布施の相場やマナーについて解説!

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと