先祖代々のお墓を永代供養するにはどうしたらいい?

先祖代々のお墓があるのだけれど、跡継ぎがいない・お墓の管理をする人がいないという方が増えています。「最近、永代供養という言葉をよく聞くけれど、どういうことをするのでしょうか?」 そんな方は必見です!先祖代々のお墓を永代供養する方法について、詳しく説明します。

目次

  1. 先祖代々の墓を永代供養にするには
  2. そもそも永代供養とは
  3. お墓の永代供養と墓じまいは何が違う?
  4. 先祖代々の墓を永代供養墓にする手順
  5. 先祖代々の遺骨を散骨することは可能?
  6. 先祖代々のお墓の永代供養まとめ

先祖代々の墓を永代供養にするには

お墓

「先祖代々のお墓があるのだけど、うちは娘しかいないから、将来、お墓を管理する人がいない。」
「実家のそばに先祖代々のお墓があるけれど、遠いからほとんどお参りができない。」
という話を最近、よく聞きます。

皆様は、「永代供養」という言葉を聞いたことがありますか?
最近は、後継者がいない・遺された家族にかかる負担を少なくしたいという方々が、永代供養を選択されることが非常に多くなってきました。

先祖代々のお墓を永代供養するにはどうしたらよいのでしょうか?

ここでは、先祖代々のお墓を永代供養に移す方法について、次の点を詳しく説明します。

  • 永代供養と墓じまいの違い
  • 先祖代々のお墓を永代供養にする際の手順
  • 先祖代々のお墓を散骨する際の注意点
  • 永代供養とはなにか
  • 永代供養で先祖の遺骨と同じお墓に入れるには

実際に永代供養できる霊園をお探しの方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは永代供養を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

そもそも永代供養とは

お墓

永代供養とは

永代供養とは、親族に代わって、お寺(霊園)が永きに渡って供養・管理を行うことをいいます。

永代供養墓とは

永代供養墓とは、一代のみのお墓のことをいいます。

お墓は一般に、親族が代々お墓を継ぐことを前提としています。
このため、後継者がいない人は檀家になれないお寺もあります。

一方、永代供養墓では通常、跡継ぎは不要です。
つまり、永代供養墓を申し込む際に跡継ぎがいることは必要ではありません。

なぜ永代供養が増えているのか?

最近は、少子化の影響により、後継者がいない家庭が増えてきました。
また、遺された家族にかかる負担を少なくしたいという方々も増えてきました。
このような理由により、最近、永代供養を選択されることがとても増えています。

お墓の永代供養と墓じまいは何が違う?

お墓

墓じまいとは、お墓から遺骨を取り出し、墓石を処分し、お墓を閉じることを指します。
墓じまいの後はお墓の引っ越し(改葬)を行うことが多いです。

先祖代々のお墓を永代供養墓に移すということは、跡継ぎがいないお墓の先祖代々の遺骨を移すことを意味しますので、墓じまいとほぼ同じ意味になります。

なお、永代供養する際に、先祖代々のお墓の遺骨をどのように納めるかについては、様々な方法があります。

墓じまいにかかる費用相場について知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

墓じまいの費用相場はいくらなの?手続き方法や納骨先の探し方も解説

近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

先祖代々の墓を永代供養墓にする手順

お墓

次に、先祖代々のお墓を永代供養墓にする際の手順について説明します。
以下の手順にしたがって進めましょう。

特に、親族およびお寺に永代供養する旨を伝えるときは、早い段階で丁寧な話し合いをするのがポイントです。

親族に話す

まず、一番はじめに、先祖代々のお墓を永久供養墓にする予定であることを親族に話して、親族の了解を得ることです。

長年、先祖代々のお墓を大切に想ってきた親族がいる場合も多いことでしょう。
また、お墓の管理者が遠方に住んでいたとしても、お墓の近くに住む親族がお墓にお参りしたり掃除などの実質的な管理を行ったりしている場合も少なくありません。

先祖代々のお墓を永久供養墓にすることを聞いて抵抗を感じる親族も多いと思います。
先祖を敬う親族の想いを尊重して、親族とは丁寧に話し合いを行いましょう。

具体的には、以下の点について、親族にきちんと説明することが大切です。

  • 永久供養墓にする理由
  • 移設する永久供養墓の内容
  • 移設費用

お寺なら離檀について話す

次に、お寺との話し合いと離檀について説明します。

お寺との話し合い

先祖代々のお墓がお寺にある場合、まず、早い段階で、離檀についてお寺にお伝えすることが大切です。

離檀とは、檀家を離れるという意味です。
つまり、先祖代々のお墓を永久供養墓に移すということは、先祖代々のお墓があるお寺と離檀することを意味します。

お寺側にとって、離檀とは、これまでお寺を経済的に支えてくれた檀家をなくすことを意味します。
ですので、唐突に離檀を檀家から告げられることは、お寺側からすれば好ましいものではありません。

たとえば、移設先の永代供養墓や移設の日程が決まったあとに、事後報告のように、離檀をお寺に伝えることは避けるべきです。

お寺側からすれば、今まで先祖代々のお墓を供養してきたのに…と感情的なしこりが生じ、お寺との交渉がうまく進まない可能性があります。

話し合う時間をじゅうぶんにとったうえで、永代供養する理由(たとえば、後継者がいない、お墓の管理費用が将来賄えないなど)について、お寺に丁寧に説明することが大切です。

今は少子化により、跡継ぎがいないお墓が増えているという事情は、お寺もじゅうぶんにご存知のはずですので、お寺には丁寧に説明をしましょう。

離檀料について

最近は、離檀する際に、離檀料(りだんりょう)をお寺にお渡しすることも多いようです。
離檀料とは、離檀する際に、お寺に納めるお布施のことです。
離檀料という言葉は、最近使われるようになってきました。

これまでも、檀家が離檀する際には、今までお世話になった気持ちとして、檀家がお布施をお寺に納めることがありました。
今は、この場合に納めるお布施を離檀料と呼んでいます。

離檀料をお寺にお渡しすることで、今までの先祖代々を供養して頂いた感謝の気持ちを示すことができます。

離檀料は一般に、法要1~3回分のお布施の額であるといわれており、おおよそ5~30万円です。

なお、最近では、離檀する際に高額な離檀料を請求するお寺もあるようです。
あまりにも高額な離檀料を請求された場合は、弁護士などの第三者に相談して、お寺との交渉を行ってもらうという方法もあります。

お墓の納骨・永代供養する場所を決める

次に、移設先のお墓(納骨・永代供養する場所)を決めます。
永代供養は、納骨の方法によって費用が大きく変わってきます。

納骨の方法

移設先のお墓に納骨するためには、先祖代々のお墓がある市区町村役場で改葬証明証を発行してもらう必要があります。

改葬証明証がないと、先祖代々のお墓から遺骨を取り出して永代供養墓に納骨することができません。
改葬証明証の入手方法については、後で詳しく説明します。

なお、先祖代々のお墓には、遺骨が複数入っている場合がほとんどです。
改葬証明証は、遺骨1体につき1通必要です。

納骨も、遺骨1体ごとに費用がかかるため、遺骨が多くなるほど、納骨費用が高くなる点に注意しましょう。
つまり、先祖代々のお墓に遺骨が多数ある場合、納骨に多額の費用がかかることがあります。

また、先祖代々のお墓が戦前からある場合、土葬されている場合もあります。
このような場合、当初の予想よりも遺骨の数が多くなることがあります。

永代供養する場所

永代供養は、納骨のしかたによって大きく変わってきます。
永代供養は大別して、個別墓と合葬墓があります。

個別墓では、個人、夫婦、家族の単位で納骨されます。
先祖代々のお墓を永代供養する場合、個別墓では、家族の単位で納骨することになります。

合葬墓では、身内以外の人と一緒に納骨されます。
費用は一般に、合葬墓のほうが個別墓よりも安いです。

また、はじめは遺骨を骨壺に入れて個別に安置して供養し、一定期間が経過した後に、他の遺骨とあわせて合葬することができる永代供養墓もあります。
その理由は、最初から合葬することに抵抗がある方が多いためです。

最近では、夜でもお参りすることができる・セキュリティが高い・交通の便が良いという点で、都市部に室内安置型の永代供養墓がたくさん建立されて、人気を博しています。

役所で「改葬許可証」を発行してもらう

先祖代々のお墓がある市区町村役場で改葬許可証を発行してもらうためには、以下の3点を、先祖代々のお墓がある市区町村役場に提出することが必要です。

  • 受入証明書(または墓地使用許可証)
  • 改葬許可申請書
  • 埋蔵証明書(または収蔵証明書)

改葬証明証を発行してもらうために、以下の流れで受入証明書、改葬許可申請書、埋蔵証明書を入手しましょう。

「改葬許可申請書」の用紙に必要事項を記入のうえ、先祖代々のお墓がある市区町村役場に、受入証明書および埋蔵証明書とともに、改葬許可申請書を提出します。

これにより、先祖代々のお墓がある市区町村役場から改葬許可証が発行されます。

改葬許可証が発行されれば、先祖代々のお墓からの遺骨の取り出し作業、ならびに、遺骨を永代供養墓に移動する作業を行うことができます。

永代供養墓から「受入証明書」をもらう

受入証明書(または墓地使用許可証)は、移転先の永久供養墓があるお寺(霊園)が発行します。

移転先の永久供養墓が決まったら、移転先の永久供養墓があるお寺(霊園)に受入証明書(または墓地使用許可証)の発行をお願いしましょう。

今までのお墓に「埋蔵証明書」を依頼する

埋蔵証明書は、先祖代々のお墓があるお寺(霊園)が発行します。
永久供養墓への移設が決まったら、埋蔵証明書(先祖代々のお墓が納骨堂にある場合は「収蔵証明書」)の発行をお寺にお願いしましょう。

なお、埋蔵証明書は、遺骨1体につき1通必要である点に注意しましょう。

近頃、「離檀料を払わないと埋蔵証明書を発行しない。」とお墓の管理者に離檀料の支払いをせまるお寺があるようです。
「埋蔵証明書がないと役場は改葬許可証を発行できない」という事情を逆手にとってのことでしょう。

しかし、離檀料はあくまでお布施であり、埋蔵証明書の発行とは全く別の話です。
埋蔵証明書の発行をお寺がしぶる場合は、お寺がある市区町村役場や弁護士などの第三者を交えて話し合いを行うのがよいでしょう。

市区町村役場で「改葬許可申請書」をもらう

先祖代々のお墓がある市区町村役場で改葬許可申請書の用紙をもらいます。
なお、最近は、「改葬許可申請書」の用紙は、市町村役場のウェブサイトからダウンロードできるため、市区町村役場に直接行く必要がないことが多いです。

改葬許可申請書は遺骨1体につき1通必要です。

今までのお墓で魂抜き・解体作業を行う

通常、お墓を撤去する際、魂抜きをしてから解体作業を行います。

魂抜き

先祖代々のお墓から遺骨を取り出す前に、魂抜き(たましいぬき)という法要を行うのが一般的です。

魂抜きは、閉眼供養(へいがんくよう)・お性根抜き(おしょうねぬき)ともいわれ、お墓から魂を抜くための法要です。

魂抜きは、先祖代々のお墓があるお寺にお願いします。
この際、長年の供養に対する感謝の気持ちを示すために、お世話になった親族にも列席するよう声をかけることが大切です。

魂抜きの法要の費用は、通常の法要1回分が主流であり、おおよそ5~30万円程度です。

解体作業

先祖代々のお墓があった区画は、お墓を解体し、更地にしたのちにお寺に返すのが通常です。
お墓の解体費用や区画の整備費用は、お墓の数や大きさ、区画の広さに応じて異なりますが、通常、以下の範囲です。

なお、撤去に重機が必要なほど大きなお墓の場合、これ以上の費用がかかることもあります。

  • お墓の解体費用…5~50万円
  • 区画の整備費用…5~15万円/1平方メートル

永代供養墓に納骨する

以上の行程を済ませましたら、いよいよ永代供養墓へ納骨です。

永代供養墓へ納骨する際、一般に、永代供養料・永代管理料・納骨費用が必要です。

永代供養は、通常のお墓と同様に墓石を購入してお墓を建てるタイプと、お墓を建てないタイプがあります。
通常、お墓を建てないタイプの方が、お墓を建てるタイプよりも費用がおさえられます。

お墓を建てないタイプの永久供養として、最近では、散骨、樹木葬(墓石の代わりに木を植える)、手元供養(お墓に納骨する代わりに遺骨を手元に置く)が人気です。

永代供養墓の場合、永代供養料および永代管理料を納骨時に支払えば、以後の年間管理料がかからない場合が多いです。
しかし、お寺(霊園)によっては、毎年の管理料が必要な場合もあります。

毎年の管理料が必要かどうかは、事前にお寺(霊園)に確認しましょう。

先祖代々の遺骨を散骨することは可能?

お墓

散骨とは、遺骨を海や山などの自然環境にまく供養方法のことをいいます。
最近では、海に遺骨をまく海洋葬が主流です。

散骨では、お墓を建てる必要がないことから、墓石の購入費用や永代使用料、管理料がかからないため、近年注目されています。

最近では、個人の遺骨だけでなく、先祖代々の遺骨の散骨を希望する方も増えてきました。
個人の散骨と同様、先祖代々の遺骨の散骨も可能です。

先祖代々の遺骨をまとめて散骨する場合、散骨が一度で済むため、手間と費用をおさえることができるというメリットがあります。

一方で、先祖代々の遺骨を散骨すると、お墓参りをする場所がなくなるため、家族や親族にとって心の拠りどころがなくなるというデメリットがあります。

先祖代々のお墓の永代供養まとめ

お墓

以上、先祖代々のお墓を永代供養する方法について説明しました。
まとめますと、

  • 先祖代々のお墓を永代供養する場合、墓じまいとほぼ同じ意味である
  • 先祖代々のお墓を永代供養墓に移す前に、親族にきちんと相談する
  • 先祖代々のお寺には早い段階で相談する
  • 永代供養墓は、納骨の方法によって費用が大きく異なる
  • 後継者がいないなどの理由で、永代供養墓の需要は年々増えている
  • 永代供養墓として、散骨、樹木葬、手元供養などの墓石がいらないタイプのお墓が近年、人気である
  • 先祖代々のお骨を散骨することは可能だが、散骨するとお墓参りする場所がなくなるというデメリットがある

となります。

終活ねっとは皆様が満足できる供養の形を見つけることを応援いたします。
最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは永代供養を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「永代供養・先祖代々」に関連する記事

「永代供養・先祖代々」についてさらに知りたい方へ

  • 永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

    永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

    跡継ぎのことなどお墓の今後をいろいろと考え、永代供養に変更しようと考える方や実際にそうする方が増えています。しかし、実際に永代供養に変更するためにはどのようなことをする必要があるのでしょうか?今回は、永代供養に変更する際に必要な手順や費用を見ていきます。

  • 墓じまいと永代供養の違い、手順、費用について解説します

    墓じまいと永代供養の違い、手順、費用について解説します

    自分がいなくなったあとの一家の墓についてどうするか。墓じまいや永代供養も、選択肢として考えられますね。ここでは、墓じまいと永代供養の違いや、それぞれの手順、必要な費用などについて説明します。どうぞ参考にしてください。

  • 墓じまいをする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

    墓じまいをする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

    少子化により後を継ぐ人がいなくなり、墓じまいをしなければいけないことが増えています。 しかしその墓じまいの過程でトラブルが起こることもあります。 今回はそんな墓じまいの際のトラブルを防ぐために、事前にトラブルの事例とその対処法を確認しておきましょう。

  • 永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!

    永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!

    故人を供養する方法の一つである永代供養をご存知ですか? 高齢化や核家族化の加速に伴い、より注目を集めつつあります。 しかし、「墓じまい」と聞くと馴染みのない言葉で手順も大変そうですよね? ここで複雑な手順や手続き方法、永代供養のポイントを押さえておくと安心です。

  • 改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説

    改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説

    後継ぎがいないなどの理由から、改葬して永代供養ができる霊園にお墓を移そうと希望される方が増えています。永代供養はメリットのある埋葬方法ですが、改葬の仕方などが分からず、お困りの方も多いと思います。永代供養への改葬はどのように行うのか、手続きも含め解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?手続き方法や納骨先の探し方も解説

    墓じまいの費用相場はいくらなの?手続き方法や納骨先の探し方も解説

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「永代供養・先祖代々」についてさらに知りたい方へ

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

墓じまいと永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまいと永代供養の違い、手順、費用について解説します

墓じまいをする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

墓じまいをする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!のサムネイル画像

永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!

改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説のサムネイル画像

改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?手続き方法や納骨先の探し方も解説のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?手続き方法や納骨先の探し方も解説

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと