キリスト教のお墓について完全解説!お墓参り方法もご紹介します

仏教徒がほとんどの日本にも、キリスト教徒は数多く存在します。しかし、キリスト教徒のお墓に対する考え方やお墓参りのしきたりなどを知っている人は、あまり多くないでしょう。ここでは、いざキリスト教のお墓参りをしなければならなくなった場合に役立つ情報を紹介しています。

目次

  1. キリスト教のお墓について知ろう
  2. キリスト教と仏教のお墓の違い
  3. キリスト教の宗派別お墓参りの時期
  4. キリスト教のお墓参りの流れ
  5. 夫婦で宗教が違う場合
  6. 日本でキリスト教のお墓をつくる場所
  7. キリスト教のお墓〜まとめ〜

キリスト教のお墓について知ろう

お墓

宗教の自由が浸透している日本だからこそ、興味がなければ、自分が信仰している宗教以外の教理についてあまり馴染みがない人も多いかと思います。
ただ、日本は火葬の国ですから、基本的には亡くなれば火葬にしてお墓に埋葬することになりますよね。
ですから、どんな宗教がどんなお墓を用いるのか、ということを知っておくだけでも無益ではありません。
それは、欧米に多い宗教であるキリスト教のお墓についても、同様だといえます。

また、日本では春と秋、さらにお盆の時期などに「お墓参り」という習慣があります。
昨今では、キリスト教の信者も増えてきました。
では、日本古来の仏教とキリスト教のお墓参りには、どんな差があるのでしょうか?
そもそも、キリスト教ではお墓参りをするのでしょうか?

そして宗教の自由があるということは、夫婦が別々の宗教を信仰してもよいことになりますが、その場合には夫婦のお墓はどのようになるのでしょうか。

さらに、一般的に仏教においてのお墓はお寺が管理する土地や敷地などに建てられてきましたが、特に明治時代のころになると、都市部への人口集中がみられるようになりました。
そのため、有名どころでは青山霊園など集団墓地が増え始め、やがて地方においても市町村が分譲する墓地などが増えていきます。
今ではそこかしこにお墓がみられるようになりました。
では、キリスト教のお墓もこのような土地に建てることができるのでしょうか?

この記事では、こういった疑問を解決する助けになる次のような情報が載せられています。

  • キリスト教と仏教のお墓の違い
  • キリスト教の宗派別お墓参りの時期
  • キリスト教のお墓参りの流れ
  • 夫婦で宗教が違う場合
  • 日本でキリスト教のお墓をつくれる場所

では、最後までご覧ください。

キリスト教のお墓を建てるにあたって、全国の霊園を比較したい方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
霊園を宗教宗派・費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
宗教不問の霊園も多数掲載しております。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

キリスト教と仏教のお墓の違い

お墓

宗教が違えば、生活スタイルそのものに違いが生じるのと同様に、宗教観が違えば死生観も違ってきます。
また宗教にはそれぞれ、死後についての考え方にも違いがあります。
この違いは、当然ながらお墓の違いとなっても現れますので、キリスト教と仏教のお墓についての考え方やお墓のデザイン、また値段などの違いについてもみてみましょう。

お墓についての考え方

まず、仏教ではお墓を「肉体の魂が眠っている場所」だと考えています。

人が亡くなった後は、肉体は地に還り、魂は天へ還るという考え方です。
ですから、心臓が止まった時に肉体としては終わりを迎えていますが、魂はまだ地上に残っているので「四十九日」という考え方がなされます。

また、魂自体は天に還るとされていますが、地上において精神の魂の名残を宿す場所、それが自宅にある「位牌」になります。
つまり「お墓」には肉体の魂があり「位牌」には精神の魂がある、という考え方です。

これと比べてキリスト教の場合、お墓に魂や何かが宿っているという考え方をしません。

キリスト教には、大きく分けてプロテスタントとカトリックという宗派がありますが、どちらも、お墓というのは故人を偲ぶ場所だという考え方をします。
つまり、その人が確かに生きていたという証を墓石で残す、ということになりましょうか。

また、キリスト教でも亡くなった人の追悼式は行われますし、個人を偲ぶために1年後や3年後など定期的に式が開かれる場合もありますが、それらの式は教会などの場所で行われるものです。
仏教のように、春と秋のお彼岸にお墓参りをする、という習慣もありません。

さらに、後にもふれますがキリスト教には先祖代々のお墓という概念はなく、1人に対して1つのお墓という考え方が原則です。
だからこそ、お墓というもの自体に思い入れが強い訳ではない、ともいえるのです。

お墓のデザインと値段

仏教におけるお墓、つまり墓石が一部の民の間で取り入れられるようになったのは、室町・鎌倉時代のころだといわれています。
このころは「五輪塔」と呼ばれる石の形が主流だったようです。

昭和の時代においては、蓮の花をモチーフにした台座の上に縦長の墓石(和型)が主流でしたが、平成に入り、様々な形の墓石が受け入れられてきました。
今は、大人の身長ほどの縦長の墓石ではなく、丈が低目で横に長く、厚さが薄い長方形の墓石(洋型)が多くなってきているようですが、中にはガラスの板のお墓もみられます。

価格についてはピンキリです。ある調査では、東日本は平均で146万円、西日本は124万円、日本の平均は135万円という数字が出ているようですが、墓石の大きさやデザインによって本当に様々になっています。
予算重視であれば50万円台から可能な業者もあれば、300万円を超える墓石を扱う業者もあります。

一方、キリスト教が用いる墓石についてはどうでしょうか?
多くの場合、芝生の上に直接墓石を据える場合が多く、地面からの高さもそんなに高くないため、石の大きさとしては仏教で用いる墓石よりも少ない気がします。
「オルガン型」や「プレート型」と呼ばれることもあります。
ただ、デザインとして十字架を入れたり、また人名ではなく聖書に載せられている聖句を墓石に彫ることが多いため、相場として50万円~150万円ぐらいのものが多いようです。

ただ、日本人がお墓のデザインや墓石の材質などにこだわるのと同様に、キリスト教においてもお墓の材質を大理石にしたり、他にはないようなこだわったデザインにすれば、当然ながら値段は上がっていきます。

また、洋画などでよく見るキリスト教のお墓は、1畳の大きさにも満たないお墓が一般的ですが、中には、例え平たくても面積を広くとっているお墓もありますから、面積によっても違いがありますので、やはりピンキリだといえるでしょう。

キリスト教の宗派別お墓参りの時期

お墓

お墓に対するキリスト教の考え方は、前項でみたとおりです。
では、魂が宿る場所とは思っていないキリスト教において、お墓参りというしきたりはあるのでしょうか?

前述したとおり、キリスト教には大きく分けてプロテスタントとカトリックという宗派がありますので、それぞれのケースをみてみましょう。
ただ、大別すればこの2宗派ですが、実はカトリックの中にも様々な細かい宗派が存在しています。ですので、ここに挙げているのは一例だと考えていただければ幸いです。

プロテスタントのお墓参り

基本的に、プロテスタントでもカトリックでも、「集会」とか「ミサ」と呼ばれる教会へ集まり合う機会があります。
プロテスタントの場合、[emp2]死後1ヶ月の時[/emp2]に昇天記念日として自宅や教会へ集まることが多いようです。
それ以降は特別決まったしきたりはありませんが、毎年記念として集まりあったり、1年後、3年後、7年後に教会で追悼集会

カトリックのお墓参り

カトリックの場合は死後3日目、7日目、30日目で教会にて追悼集会が開かれます。プロテスタントよりこまめ、という印象かもしれません。
さらに毎年11月2日は死者の日とされていますので、ここでも故人を偲ぶ特別なミサが開かれます。

これらをみて解るように、キリスト教においてお墓というものは仏教のように重視されるものではなく、お墓参りとはいっても、まず教会で何かしらの集まりが開かれ、その後、清掃や献花に訪れる程度です。
もちろん、定期的にお墓を掃除しているクリスチャンもいるかもしれませんが、キリスト教の教えというよりも個人的な配慮によるものだといえます。

お墓やお墓参りについてもこれだけ違いがあるのですから、もしも知人や友人、親族の中にキリスト教だった方がいて、その方のお墓参りをしなければならなくなった時には、どのようにすれば家族や親族に失礼がないのでしょうか。
次は、キリスト教の実際のお墓参りの方法をみていきましょう。

キリスト教のお墓参りの流れ

お墓

お墓について、仏教とキリスト教との違いを説明した時にもふれましたが、キリスト教ではお墓自体に何かの信仰をおいている訳ではありません。
また、お墓参りをして故人に思いを馳せることは同じかもしれませんが、仏教のように、そこで手を合わせて故人に祈りを捧げるということはありません。なぜなら、クリスチャンが捧げる祈りというのは、神に対してのものだからです。

その様な考え方ですから、お墓参りについては次のような流れとなります。

  • 掃除をする
  • 白い花をそえる。
  • 神に祈る。

もちろん、知人や友人だったクリスチャンのお墓参りに参加するだけの場合には、参加者が掃除をすることはほとんどありません。
自分が、亡くなった方の家族であり、追悼式などの後に他の方がお墓参りをしてくれることになっている場合には、事前に掃除をしておくことをお勧めします。

お墓参りの際の服装については黒を基本としますが、礼服でなくても構いません。
ただ地味なものを選ぶようにします。

祈る方法は、両手を胸の前で合わせても良いですしひざまずいて行っても構いません。
その人なりのスタイルで良いのですが、一般的にクリスチャンは胸の前で十字をきるものだと思われがちです。
しかしプロテスタントの場合には十字をきることはありませんので、お墓参りの時に祈る場合には十字は控えた方が賢明です。

また、前述したとおり仏教のように故人を偲んで祈るのではなく、に祈ります。
祈る内容については、故人の代わりに神に祈ったり、自分が今生きていることや神からいただいている恩恵についての感謝などになります。
もちろん、言葉に出して祈る必要はありません。

さらに、仏教においてはお線香を立てますが、キリスト教ではその習慣はありません。
ただ、ろうそくを立てる場合はありますが、参列者が個人的にろうそくを準備する必要はないでしょう。
またろうそくの場合、仏教のお墓のように墓前におくのではなく、ろうそくを立てる専用の場所が設けられていますので、そこで行います。

今では、仏教においても火を点けるタイプのお線香を控える動きもあります。
これは以前、お墓参りをした人がおいていったお線香をカラスか何かがくわえて運んだのか、火の気が全くない場所で山林火災が発生したことがあったためです。

ただ、中には「やはりお墓参りといったらお線香だろう」と思われている家族もいらっしゃることも事実です。
ですから、お墓参りを受け入れる家族としてどのようなことを望まれているのかを、事前に確認できると良いといえます。
直接聞くのは失礼では…と日本人は考えがちですが、理由をきちんと説明し、家族に対して失礼がないようにしたいために聞いている、ということを理解してもらえば問題ないでしょう。

キリスト教のお墓参りのお花選び

前述したとおり、キリスト教のお墓参りの時には白い花が欠かせません。

故人が好きだった花でも良いのですが、それを知らない場合も多いかと思います。
ですから一般的に、カーネーションやユリ、小さい菊などを選びます。
つまり「これでなくてはならない」という決まったものはありませんが、避けたい花があります。それは仏教式の仏花です。
この点に注意を払いましょう。

夫婦で宗教が違う場合

お墓

信仰は個人の自由ですから、夫婦であっても違う宗教を信仰している場合があります。
日常生活においてはあまり影響がないかもしれませんが、亡くなった時の葬儀や告別式の場所、方法、注意点などについては、守らなければならない違いがたくさんある場合もあります。

この点については、自分が目を閉じた時にどのようにすれば良いのか、あらかじめ書面に残したりしながら説明し、そうなった場合に連絡する先も残しておきましょう。
出来るなら、その連絡先の人と配偶者が会う機会をつくることが賢明です。

夫婦で違うお墓に入る

一般的に、お墓は先祖代々のものですから当然ながら夫婦は一緒のお墓に入る、とされてきました。しかし、最近この考え方が変わってきています。
特に夫婦で違う宗教を信仰している場合には、それぞれの宗教が推奨する方法でお墓に入ることがありますから、夫婦であっても別々のお墓に入ることもあるでしょう。

また、最近では宗教の違いがなかったとしても夫婦で違うお墓を選択することも増えているようです。理由としては、
はあるが、夫婦としての関係は終わっているので一緒に入る意味が分からない。

  • 亡くなった後まで一緒にいたくない。
  • 最後は、生まれたままの自分に戻りたいから実家のお墓に入れて欲しい。
  • 子どもの父親ではあるが、夫婦としての関係は終わっているので一緒に入る意味が分からない。

など、様々です。

調べてみると、ちょっと切ない理由が多いというのが現実のようです。
ただ、いつまでも昔の風習にとらわれることなく、その時々に合った選択肢を調べ、選んでいくことも重要かと思われます。

いずれにしても、どのお墓に入るのかという選択権を所有しているのは本人です。
ですから、亡くなった故人の遺志を尊重する場合が増えているのです。

お寺のお墓に入ることはできる?

「夫婦でも違うお墓に入りたい」と思っている人達とは逆に、クリスチャンであっても、仏教徒である家族のお墓に入りたいと思っている人がいます。
これは可能なのでしょうか。

前述したとおり、誰がどのお墓に入るかというのは本人が選択することです。
ですから「可能」だといえます。

ただ仏教にも色々な宗派がありますし、御坊さんによっても考え方が違う場合があり、断られてしまうこともあるようです。
ですから、お墓を管理しているお寺などにあらかじめ事情を説明しておき、了承を得ておくことをお勧めします。
そうすれば、亡くなって火葬にし、納骨する際に「ちょっと待った!」となる可能性を消去することができるでしょう。

まだご遺骨の納骨先が決まっていない方は、終活ねっとお墓探しをぜひご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

日本でキリスト教のお墓をつくる場所

お墓

お墓の違いのところでも触れましたが、キリスト教のお墓は基本的に芝生に建てます。
仏教のように区画整理され、砂利などで下を整地していません。
特に集団墓地などにおいては、最低の基準としてそれらの整地が義務づけられているところもあります。

さらに、基本的に仏教の方が多いため、キリスト教など他宗教専用の墓地というのはほとんど存在しません。
そのため、今の日本においてキリスト教のお墓を建てられる場所は少ないといえます。
では、どのような場所に建てることができるのでしょうか。

教会の墓地・納骨堂

最も問題がないのは、通っていた教会が所有している墓地や納骨堂になります。
ここなら断られることはありません。
また冒頭のお墓への考え方の違いのところでもふれましたが、キリスト教の場合、家族まとめてのお墓というよりも1人ひとりに対してのお墓となりますので、それなりに敷地も必要です。
ですから、まずは通っている教会や神父、または牧師に相談してみましょう。

公営墓地・民間霊園

もう一つの方法は、公営墓地や民間霊園を利用することです。
これらの墓地は、様々な宗教の人が契約する場合がおおいので、あまり宗教色に縛られていない場合が多いからです。
契約した人に任せられている墓地であれば、キリスト教のお墓も問題ないでしょう。

ただし、民間霊園の場合は個別に連絡をとることも可能ですが、公営墓地の場合、募集がなければ応募することも出来ません。
例えば東京都の場合には、ホームページを検索すると都内の公営墓地の公募についての情報が掲載されていますので、確認することが出来ます。
市営や町営などの場合には市区町村のホームページを確認するようにしましょう。

キリスト教のお墓を建てられる東京の霊園

では、東京の霊園でキリスト教のお墓を建てられる場所は、どこがあるのでしょうか?
一例を挙げてみましょう。
基本的に、公営霊園や民間霊園は宗教不問がほとんどです。

  • 都立青山霊園
  • 都立谷中霊園
  • 都立多摩霊園
  • 都立小平霊園
  • 都立八王子霊園
  • 都立八柱霊園
  • 都立染井霊園
  • 府中メモリアルパーク
  • 八王子市営 南多摩都市霊園
  • 八王子市営 緑町霊園
  • 八王子市営 甲の原霊園

キリスト教のお墓〜まとめ〜

お墓

キリスト教のお墓についていかがでしたか?
段々キリスト教の人口が増えてきたとはいっても、やはりまだ日本では少数派だといえます。
そのため、クリスチャンが亡くなったあとのお墓について生前から調べておくことは、とても有益です。

また、自分は仏教であっても配偶者や家族、親族にクリスチャンがいる場合には、仏教とは全く違ったしきたりの中で亡くなった後のことが進んでいきますから、自分が儀式の主になる場合であってもなくても、これらの知識を頭に入れておくことは役に立つといえるでしょう。

さらに、今は「終活」、つまり自分が亡くなるまでの間に何をしたいのか、亡くなった時に、またその後にはどうして欲しいのかを生前から考え、実行してもらえるように遺志として残しておく活動が注目されています。
昔ながらの風習に従って死後の処理を選択するにしても、そうではない道を選ぶのも自分次第だという考えです。

仏教の場合にはお葬式を出すにはそれなりの費用が必要ですが、キリスト教の場合にはここでみてきたとおりに亡くなった後の費用はそんなにかかりません。
つまり亡くなった後ではなく生きている間にお金を用いる、という考え方をするものです。
これらのことを知っておくと、お墓参りの時にクリスチャンである親族などに声を掛ける内容も違ってくるでしょう。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「キリスト教・お墓」に関連する記事

「キリスト教・お墓」についてさらに知りたい方へ

  • キリスト教のお墓事情についてまとめました。のサムネイル画像

    キリスト教のお墓事情についてまとめました。

    キリスト教のお墓を見た事はありますか?映画等で見た事はあっても、実際に見た人は意外と少ないのではないでしょうか。この記事では墓石や墓参り等、キリスト教のお墓事情について解説いたします。

  • キリスト教のお墓、墓石の意味とは?キリスト教のお墓を建てるにはのサムネイル画像

    キリスト教のお墓、墓石の意味とは?キリスト教のお墓を建てるには

    宗教の中で、信仰している人数の割合が1番多いのがキリスト教です。 日本人が信じている仏教は、半分以下です。 キリスト教のお墓は、横長の墓石や十字架をイメージする人が多いと思います。 キリスト教徒のお墓・墓石の意味、日本で建てるにはどうしたらいいのでしょうか?

  • 日本のお墓の基礎知識や歴史、キリスト教徒のお墓事情などをご紹介のサムネイル画像

    日本のお墓の基礎知識や歴史、キリスト教徒のお墓事情などをご紹介

    日本のお墓は、いつ頃から現在のお墓の形になったのでしょうか。また、日本と海外のお墓の違い、特にキリスト教徒のお墓について気になりませんか。お墓を建てる際の手順や注意したいこと、お墓の色々な基礎知識などを取り上げてみたいと思います。ぜひ最後までお読み下さい。

  • キリスト教の納骨堂とはどんなもの?仏教とは違うのかのサムネイル画像

    キリスト教の納骨堂とはどんなもの?仏教とは違うのか

    世界三大宗教の1つに数えられるキリスト教ですが、そのキリスト教の納骨堂がどのようなものかというのは多くの日本人にはわからないものです。今回は、私たち日本人にとってはなにかと縁遠い宗教としてのキリスト教の納骨堂にスポットを当てていきます。

  • 海外のお墓ってどんな感じ?様々な国のお墓を紹介しますのサムネイル画像

    海外のお墓ってどんな感じ?様々な国のお墓を紹介します

    その国の文化や習慣によって大きく異なるお墓。海外のお墓事情はどのようになっているのでしょうか主に宗教の違いから、海外のお墓について調べてみました。

  • お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

    お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

    現代の日本では人が亡くなると、火葬を行い遺骨をお墓に納めることが一般的な風習となっています。ここではお墓の歴史や作る意味、宗教ごとで異なるお墓の意味合いなどの知っておきたい情報をまとめてご紹介していきます。

  • キリスト教にも永代供養はある?意外と知らない供養のことを解説!のサムネイル画像

    キリスト教にも永代供養はある?意外と知らない供養のことを解説!

    皆さま、キリスト教と永代供養の関係についてご存知ですか?この文章を読めば、「永代供養とは何か」「キリスト教にも永代供養があるのか」「永代供養ではないが、普通のお墓を建てる以外の方法でキリスト教の故人を弔う方法」について知ることが出来ます。

  • お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

    お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

    なぜお墓を作るのかといった意味について考えたことはありますか?時代ごとにお墓に込められた意味は異なります。今回はお墓を作る意味はもちろん、各宗派のお参りについて、墓石の種類ごとに込められた意味なども解説するのでぜひご覧ください。

  • 夫婦で入るお墓の最新事情!別々のお墓に入りたい人が増加?のサムネイル画像

    夫婦で入るお墓の最新事情!別々のお墓に入りたい人が増加?

    生きている間は仲良し夫婦でも、死後は別々のお墓に入りたいという人が増えているようです。それはなぜなのでしょうか?夫婦で別々のお墓に入ることは可能なのでしょうか?夫婦で入るお墓の最新事情についてご紹介していきます。

  • 日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!のサムネイル画像

    日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!

    私たちがいつかは必ず眠る終の棲家であるお墓は、日本でもかなり古い時代から設けられてきたとともに、お墓にまつわる独自の文化が形成されてきました。今回は、日本独自のお墓文化にまつわる儀礼や歴史を見ていくことで、日本のお墓文化のあり方やその変遷について見ていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「キリスト教・お墓」についてさらに知りたい方へ

キリスト教のお墓事情についてまとめました。のサムネイル画像

キリスト教のお墓事情についてまとめました。

キリスト教のお墓、墓石の意味とは?キリスト教のお墓を建てるにはのサムネイル画像

キリスト教のお墓、墓石の意味とは?キリスト教のお墓を建てるには

日本のお墓の基礎知識や歴史、キリスト教徒のお墓事情などをご紹介のサムネイル画像

日本のお墓の基礎知識や歴史、キリスト教徒のお墓事情などをご紹介

キリスト教の納骨堂とはどんなもの?仏教とは違うのかのサムネイル画像

キリスト教の納骨堂とはどんなもの?仏教とは違うのか

海外のお墓ってどんな感じ?様々な国のお墓を紹介しますのサムネイル画像

海外のお墓ってどんな感じ?様々な国のお墓を紹介します

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

キリスト教にも永代供養はある?意外と知らない供養のことを解説!のサムネイル画像

キリスト教にも永代供養はある?意外と知らない供養のことを解説!

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

夫婦で入るお墓の最新事情!別々のお墓に入りたい人が増加?のサムネイル画像

夫婦で入るお墓の最新事情!別々のお墓に入りたい人が増加?

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!のサムネイル画像

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「キリスト教・お墓」についてさらに知りたい方へ

キリスト教のお墓事情についてまとめました。のサムネイル画像

キリスト教のお墓事情についてまとめました。

キリスト教のお墓、墓石の意味とは?キリスト教のお墓を建てるにはのサムネイル画像

キリスト教のお墓、墓石の意味とは?キリスト教のお墓を建てるには

日本のお墓の基礎知識や歴史、キリスト教徒のお墓事情などをご紹介のサムネイル画像

日本のお墓の基礎知識や歴史、キリスト教徒のお墓事情などをご紹介

キリスト教の納骨堂とはどんなもの?仏教とは違うのかのサムネイル画像

キリスト教の納骨堂とはどんなもの?仏教とは違うのか

海外のお墓ってどんな感じ?様々な国のお墓を紹介しますのサムネイル画像

海外のお墓ってどんな感じ?様々な国のお墓を紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと