『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

目次

  1. お墓はいらないと考えてる方へ
  2. お墓を作らない供養法
  3. 仏壇もいらない?
  4. 家族墓の墓じまいの方法
  5. お墓がない場合のデメリット
  6. お墓の必要性
  7. お墓がいらない方のための記事まとめ

お墓はいらないと考えてる方へ

困った人々

お墓について考えることは、終活のなかでも大きな位置を占めるテーマです。

古くから、亡くなった方の精神の魂は天に還り、肉体の魂は大地に還ると言われてきました。
肉体の魂とはお骨を指すので、遺骨を納めるお墓にはとても大切な役割があるのです。

また、お墓には、亡くなった方を供養し、感謝の気持ちを込めてご先祖様と対話する役割もあります。

現代では核家族化と少子化が進むにつれ、お墓はいらないと考える人が増えてきています。
お墓の維持管理についてや後継者に関する問題から自由になろうという考え方です。

しかし、お墓についての選択と決定は、自分の子どもや親族とも関係するため、じっくりと考えて検討する必要があります。

そこで、終活ねっとの今回の記事では以下のことを解説します。

  • お墓を作らない供養法
  • お墓がいらない場合、仏壇は?
  • 墓じまいの方法
  • お墓がない場合のデメリット
  • お墓の必要性

これらの視点からお墓について考えることで、将来のことまで含んだ後悔のない選択が可能になります。

ぜひ終活ねっとのこの記事を最後まで読んで、お墓はいるのか?いらないのか?という、お墓の必要性についての考察に役立ててください。

お墓を建てない供養方法で霊園を探そう!

お墓を建てない供養方法(永代供養)で霊園をお探しの方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

もちろんお墓を建てる霊園も探すことができます。

無料で資料請求や電話対応も可能ですので、お気軽にご利用ください。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは永代供養を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

墓じまいをしたい方はこちら!

お墓をいらないと考えている方で、墓じまい・お墓の改葬をしたい方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

お墓を作らない供養法

お墓

お墓を持たなくても、亡くなった方の供養をすることができます。
お墓そのものを持たないことで、お墓の管理や清掃に関する手間、またはお墓を維持するための費用といった負担がなくなります。

では、お墓がない場合の供養は具体的にはどのようにしたらよいのでしょうか?
ここでは、お墓を作らずに供養する5つの方法について説明していきます。

  • 永代供養墓
  • 本山納骨
  • 樹木葬
  • 散骨
  • 手元供養

お墓をもたない供養には、この5つの供養方法があげられます。
ひとつひとつ解説していきたいと思います。

永代供養墓

少子高齢化と非婚化が進んだことで、注目を集めているのが永代供養墓(えいたいくようぼ)です。

永代供養墓では、お寺の側が責任を持ってお墓の管理と供養をしてくれます。
永代供養墓では、自分の手でお墓を維持管理する必要がないため、お墓参りをしてくれる人がいない場合やお墓が遠方にある場合でも安心できます。

遺骨を埋葬する方法としては、合祀墓の形や納骨堂の形などがあります。

個別供養は三十三回忌や五十回忌の時期までと期間を設定して、その後は合同供養に切り替える寺院や霊園が多いようですが、永代に渡ってお寺に供養してもらえる安心感がメリットです。
もしこの先子孫が絶えてしまった場合でも、無縁墓になってしまうことはありません。

このように永代供養墓では後継者の心配がありません
従来通りのお墓がほしい、でも管理を子供に任せるのは気が重いという方に向いています。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

永代供養墓は、少子化などの影響によって近年増加している供養形態です。
実際に永代供養ができる霊園・墓地をお探しの方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは永代供養を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

本山納骨

仏教の各宗派では、古くから信徒の方向けに本山に埋葬する仕組みがあります。
それが、本山納骨と言われる供養方法です。

本山納骨とは、宗派の本山または本尊で合祀してもらう納骨の方法です。
全てのお骨を納める場合と、分骨して一部のお骨を納める場合があります。

特定の宗派を持つ、信心深い方に向いています。
本山納骨についての詳細は、各宗派の本山に問い合わせできます。

樹木葬

樹木葬とは、法律に基づいて許可を得た土地に遺骨を埋葬し、墓石の代わりに墓標として樹木を植える供養の方法です。

樹木葬は、日本では1999年から行なわれるようになりました。
樹木葬では、粉状に砕いた遺骨をそのまま土にまいたり、紙袋や布袋に入れて土に埋めます。
遺骨を入れた紙袋や布袋は、長い年月のうちに自然に土に還ります。

肉体の魂が大地に還るという意味で、樹木葬は近年注目を集めています。

樹木葬の墓地では、ほとんどの場合で宗旨や宗派が問われることはありません。
また、清掃や日頃の供養などは管理団体が行なってくれます。

従来の墓地や霊園に比べて樹木葬での墓地は施設が簡単なため、費用が安く済むことも魅力です。

植えられる木は桜やモミジ、ハナミズキなどさまざまで、自然志向でお墓はいらないという方に向いています。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

樹木葬は、自然志向の方から人気を得ている供養方法です。
樹木葬ができる霊園をお探しの方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

樹木葬をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは樹木葬を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

散骨

最も有名な散骨は、海に遺骨をまく海洋散骨です。
海洋散骨は、海洋葬と呼ぶ場合もあり、近年では多く行われるようになっています。

海のほかに、山や空に遺骨をまく散骨の方法もあります。

散骨する際には、遺骨を2mm以下の粒状に砕く、粉骨を行なう必要があります。
散骨の業者に依頼すると、粉骨も行なってくれるので安心です。

散骨による供養は、墓石だけでなく墓標そのものをいらない、自然に還る意義に重きを置きたいという方に向いています。

なお、遺骨を無断で山や海へまくことは法律で禁じられています。
散骨が認められている場所のみで行なうことができます。

散骨についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

昔は埋葬と言うと、お墓に納めるだけでしたが、最近では永代供養墓、納骨堂、樹木葬をはじめとする自然葬など数多くの埋葬方法があります。中でも注目を集めているのが散骨などの自然葬です。お墓を持たない散骨は、どのようなシステムなのか気になります。

手元供養

多くの場合、遺骨は墓地や寺院などで埋葬し供養しますが、埋葬の必要性が法律などで規定されているわけではありません。
手元供養は、自宅供養とも呼ばれ、近年人気の供養法となっています。
手元供養とは遺骨を自宅で管理し供養する方法です。

通常の場合、遺骨は骨壺に納められたうえで白木の箱に入れられます。
この箱は白い風呂敷で包むのがしきたりです。

手元供養では、白い風呂敷で包んだ箱をそのまま自宅に安置しておく方法と、改めて保管用の骨壺に遺骨を移して安置する方法があります。
ただし、自宅の庭などに遺骨を埋めることは法律で禁止されているので、絶対にしてはいけません。

手元供養で用いる保管用の骨壺は、凝った意匠がされていることが多く、そのまま部屋に置いても違和感がありません。
また、遺骨をオブジェの形にして自宅で供養することも可能です。
以前は手元供養という用語自体がありませんでしたが、ここ10年ほどで一般的になりました。

さらに、自宅に遺骨を置いて供養するだけでなく、ロケット型のペンダントなどアクセサリーの中に遺骨を入れて身に着ける方法もあります。

手元供養では、お墓を建てる費用がかからないだけでなく、供養のためにお墓参りに出向く必要がありません。
また、自宅に遺骨を置いておくことで、故人の存在を常に身近に感じることができます。

特定の誰かに遺骨を大事にしてほしいという方に向いています。

手元供養についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!

都市化と生活スタイルの変化によるお墓離れが進んでいます。宗教観の変化、お墓のある田舎が遠い、経済的にお墓を建てることが難しいなどの理由があります。そこで従来の供養に代わる方法として手元供養が注目されています。今回はお墓に代わる手元供養についてご紹介いたします。

仏壇もいらない?

仏壇

お墓には、亡くなった方の肉体の魂が還る場所としての意義があります。
一方で、亡くなった方の精神の魂は天に還るため、その拠りどころとしての存在が仏壇です。

したがって、お墓と仏壇はセットとしてとらえることが理にかなっています。
お墓をいらない人は、仏壇もいらないと考えている場合が多いようです。

無宗教の場合、もちろん従来のような仏壇は必要ありません。
その場合には、仏壇に代わるコーナーを供養棚として自宅の一室の中に設けることが多いようです。

専用の供養棚を設置することで、日々の供養を安心して行なうことができます。
亡くなった方の写真やお花、好きだった物などをお供えするのもよいでしょう。

供養棚を設けることは無宗教だからといった理由に限りません。
お墓や仏壇を買う余裕がないという場合には、手製で供養棚をつくることもできます。

最も大切なのは、亡くなった方を心から供養する気持ちです。
従来の型の仏壇にこだわらず、現代の住まい方や家族の事情に適した仏壇や供養棚を選ぶのがおすすめと言えます。

もし、先祖代々受け継いできた仏壇を処分する場合には、魂抜きを行わなくてはなりません。

家族墓の墓じまいの方法

お墓

従来のお墓は「家」を一つの単位として、基本的には親から子へ代々引き継がれていくものでした。
これを家族墓と呼んでいます。
例えば「○○家の墓」と墓石に刻んだお墓は、典型的な家族墓です。

一方で一人ずつを単位として、自分だけが入るお墓を個人墓と呼びます。

家族墓の持ち主が亡くなった場合、従来では、ほとんどのケースでその家を継いだ長男がお墓も承継してきました。
しかし、少子化や核家族化が進んだことで承継する子どもがいないというケースが増えてきています。
具体的には、一人娘が他家に嫁いでしまったり、子どもが都会や海外に出て戻らないといったケースです。
そういった場合は墓じまいをしなければなりません。

墓じまいとは、まずお墓(墓石)を解体・撤去して墓地を更地に戻し、管理者に墓地の区画を返還することです。
この際、別のお墓に埋葬するあるいは手元供養するなどの方法で、お骨も処分することとなります。

なお、お墓を受け継ぐ人がいない場合に限らず、遠方にある家族墓を自宅の近くに移したい場合にも、墓じまいの手続きが必要です。

墓じまいをしないとお墓は将来的に無縁墓となります。
自分や親族の生活を考えお墓を供養し続けることができないなどの理由で、墓じまいをする方々は近年急速に増えています。

終活ねっとでは、墓じまいのトラブルや費用に関する記事もご用意しています。
ぜひご覧になってください。

こちらも読まれています

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

実際に墓じまい・お墓の改葬をしたい方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

お墓がない場合のデメリット

人々

お墓がいらない場合でも、永代供養、散骨、樹木葬、手元供養といった方法で亡くなった方を供養できることがわかりました。

ではお墓はいらないという考えのもと、実際に墓じまいを行なった場合にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?
お墓がない場合のデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

まずは、墓じまいをした後に永代供養のお墓に遺骨を移した場合のデメリットです。
永代供養墓では、最終的にほかの方々と合同の形での納骨となります。
合同の納骨となると、遺骨を取り出すことはほぼ不可能です。

では、お墓を作らずに散骨する場合はどうでしょうか?
散骨をするデメリットは、もしやはりお墓を建てたいと考えた場合に、肝心の遺骨が手元になくなるといった点です。
また、散骨できる場所が限られるという点もデメリットとして挙げられます。
市町村によっては、条例で散骨を禁止している場合もあるそうです。

常に故人を身近に感じられる手元供養ですが、デメリットはあるのでしょうか?
手元供養のデメリットとしては、遺骨を破損・紛失するおそれが挙げられます。
遺骨を手元に置いておくメリットが、そのままデメリットに変わる恐れがあると言えます。

お墓はいらないという選択をした場合、命日やお盆、お彼岸といった時期に、供養しお参りする場所がないというデメリットもあります。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

お墓をなくすと、様々なメリット・デメリットがあります。
永代供養を検討したい方・新たにお墓を建てたい方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

お墓の必要性

お墓

お墓は必ずしも持たなければならないという決まりはありません。
現在では、宗教や宗派への信仰心がない、無宗教の方も増えているようです。

しかし、いかに時代が移ったにせよ、亡くなった方の肉体の魂を納める場所として、お墓には重要な意味があると言えます。

お墓は、亡くなった方とご先祖様を供養する大切な場所です。
お骨を納める場所だけでなく、残された家族にとっての心のよりどころにもなります。

日本では江戸時代ごろに葬儀や仏事が生活の中に根付いたと言われています。
しかし、それ以前にも、古来より日本人は祖先を大切にしてきました。
その思いが家族墓の形に表れています。
ご先祖様の名前を刻み、お墓が子や孫の代まで末永く守ってくれるという考え方です。

また、お墓参りをすることで、何よりも故人とのつながりを感じ取ることができます。
現代はすべてにおいて合理性が優先される時代と言えますが、お墓の持つ役割は色褪せることはありません。

お墓は自分個人だけでなく、残された家族や親族にとっても大切な役割を担っています。
家族や親族とは生前のうちにお墓について十分に話し合いをして、自分だけでなく周囲の方々も納得する選択をしたいものです。

ところで皆さんは寿陵(じゅりょう)という言葉をご存知でしょうか?
寿陵とは生きている間にお墓を建てることを意味し、とても縁起がよいこととされています。
生前にお墓を建てることで、長生きができ果報を招くという言い伝えがあります。

自分のお墓を準備することで、万一の場合の子どもたちへの負担を軽くすることができます。
また、自分の好みのお墓のデザインを選ぶこともできます。
生前にお墓を建てることは、節税の面からもメリットがあります。

生前にお墓を建てることがどれくらい節税になるのか、終活ねっとでは生前墓のメリットを詳しくご紹介した記事もご用意しています。

こちらも読まれています

お墓に税金はかかる?生前の購入は節税になるのか調べてみました

購入あるいは相続、一生のうちにお墓を受け継ぐ機会は一度あるかないかです。お墓を購入した際に税金はかかるのか、かからないのか。お墓の生前購入は節税になるのか。なかなか知る機会のない、お墓と税金の気になる関係について調べてみました。

お墓がいらない方のための記事まとめ

人々

お墓はいらないという方が知っておきたい、いくつかの知識についてご説明してきました。

終活ねっとでは、今回の記事を通して

  • 永代供養墓、本山納骨、樹木葬、散骨、手元供養といったお墓を作らない供養法もある
  • 仏壇に代わる供養棚を置けば、必ずしも仏壇でなくてもかまわない
  • 家族墓の墓じまいをせずに管理をやめると無縁墓になる
  • お墓がない場合には、遺骨を他の形で供養できなくなったり、故人を供養したくても、供養方法がわからなくなってしまうなどのデメリットがある
  • お墓は必ずしも持たなくてはならないというわけではないが、故人やご先祖様のためだけでなく、管理する遺族の心の拠り所としても大切な役割を担っている

といったことをご理解いただけたかと思います。

永代供養墓や樹木葬などは、お墓の跡継ぎについての不安を解消してくれる、新しい時代にふさわしい供養の形です。

また、遠方にある家族墓をきちんと墓じまいすることは、無縁墓となってしまうよりも、はるかにご先祖様へ敬意を表した供養となります。

このようにお墓について幅広い視点で正しい知識を持つことは、お墓はいるのか?いらないのか?を決める、自分らしいベストの選択につながります。

かつてはお墓や葬儀といった死にまつわる話題は避けられていましたが、現在ではそのようなことはありません。
いざとなった時に慌てないよう、生前から周りの方々と話し合っておくと後々とても助かります。

今回の記事を参考に、お墓について考察し、ぜひご家族や親族と話し合う機会を持ってみてはいかがでしょうか?

それ以外にも、終活ねっとではみなさまの参考となる記事をご用意しておりますので、ご覧になってくださいませ。
終活ねっとの記事を最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

こちらも読まれています

無宗教ならお墓はいらない?お墓参りや戒名のことまで解説!

今や日本国民の半数が無宗教の時代。でも「無宗教」って具体的にはどういう人を指しているのでしょうか?その方たちが亡くなった場合、お墓はどうすればいいのでしょう。葬儀は?供養は?戒名は要るの?など、詳しくご説明します。

こちらも読まれています

お墓は本当に必要か?お墓を持たないメリット・デメリットを紹介

お墓って本当に必要かなと思うことはありませんか?少子超高齢社会に突入した日本ではお墓に対する新しい価値観やニーズが広がっています。このページでは様々なご事情でお墓は必要かとお考えの方の疑問・不安・悩みにお答えします。どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

樹木葬について詳しく知りたいあなたへ...

樹木葬をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは樹木葬を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お墓・いらない」に関連する記事

「お墓・いらない」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・いらない」についてさらに知りたい方へ

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!のサムネイル画像

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!

お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介のサムネイル画像

お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説

現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。のサムネイル画像

現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・いらない」についてさらに知りたい方へ

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと