【壁墓地】とは?新しい墓地の形を紹介します

価値観も多様化している現代社会では、葬儀やお墓の在り方についても多様な考えがみられます。そのような中、最近新しいお墓の形として出現してきているのが壁にお墓を作る壁墓地と呼ばれるものです。一体壁墓地にはどのような特徴があり、出現の背景には何があるのでしょうか?

目次

  1. 新たな墓地形態、壁墓地を知っていますか?
  2. 壁墓地って一体なに?
  3. 壁墓地の特徴
  4. 壁墓地用の墓石について
  5. 壁墓地についてのまとめ

新たな墓地形態、壁墓地を知っていますか?

wall grave

現代の日本社会においては価値観の多様化が著しくなってきています。
人生や仕事、結婚、ライフスタイルなどに関するこれまでの価値観に変化が生じ、1つの決まりきった価値観だけが正しいとは限らないとみなされているのが現代社会の現状です。

さて、その価値観の変容や多様化は当然ながら葬儀やお墓といった最期にまつわるものにも大きな影響を与えてきています

いわゆる終活が流行している現代ですが、その中で「いかにして自分らしく最期を迎えるか」や「自分の死後、遺族が困らないようにするにはどうすればよいか」といったことに対して考えられる方法も人によりさまざまです。

葬儀についてもこれまでの仏教式で行われるものだけでなく、樹木葬や散骨といった特定の宗教や宗派の様式によらない自由なものも出現してきています。

また、お墓の形についても、これまでの伝統的なあらかじめ用意しておいた土地のスペースにお墓を建てるというスタイルに限らず、永代供養墓などといった合祀墓や、自由にデザインされたお墓も出現してきています。

そんな中、墓地についても非常に特殊なものが見られるようになってきました。
それが壁墓地と呼ばれるものですが、字面だけ見たところでは、いかにも壁を何らかの方法で使った形の墓地というイメージはかろうじてわいてきます。

今回は、この壁墓地というものは一体どのような特徴を持ち、また壁墓地が出現してきた背景や壁墓地を持つことのメリットには何があるのかなどについて見ていきます。

具体的には、

  • 壁墓地とはいったいどのようなものか?
  • 壁墓地とはいったいどのような特徴を持っているか?
  • 壁墓地用の墓石とはどのようなものか?

という3つのポイントを中心に壁墓地というものについて迫っていきます。

壁墓地って一体なに?

wall grave

壁墓地とは、文字通り壁に沿って設置されるお墓の集合体のことです。
具体的には長く続く壁の中に複数人のお墓が板状に陳列されている形、もしくは個別のお墓で壁状の石の中に故人名や家名の彫り込まれたプレートがあるという形をしています。

1つ1つのお墓の構造としては、上の部分に板状の壁と一緒になった墓碑があり、下の部分の納骨棺に故人の遺骨を納骨する形状となっています。
なお、納骨スペース(カロート)はそのまま地下に設けられています。

また、納骨棺の手前には花やお供え物を備えるためのスペースが用意されています。

言い換えれば、墓碑は壁と一体になっており、納骨棺とお供えのためのスペースが手前側に向かって張り出しているものといえます。

なお、壁墓地はヨーロッパなどの海外ではたいへん一般的なお墓の形です。
特に、イタリア・シチリア島のパンターリカ遺跡にある紀元前13世紀(紀元前1200年代)に設けられた壁墓地は世界文化遺産に指定されています。
そのため、壁墓地は大まかなくくりではしばしば洋型墓地という扱いになります。

ちなみに日本における壁墓地のお墓の申込者には無宗教・無宗派の人たちが多く含まれます。
これは、壁墓地の設けられているところが、基本的に都市部の民営霊園や一部の公営霊園であるため、それらの霊園では申込者の宗教や宗派は特に問われないという理由によります。

壁墓地の特徴

wall grave

壁墓地についてのだいたいの概要を見てきたところで、今度は壁墓地の持つ特徴についてより具体的にに見ていきたいと思います。

土地が少ない場所で建てられる

壁墓地の特徴の第1として、土地の少ない場所に建てることができるという点が挙げられます。

従来の日本の墓地にある1つ1つのお墓の特徴として、ある程度の広さのスペース(墓域)の中に四角い形の墓石で組み上げたお墓の本体があり、その周りにお墓を囲うための石製の柵が設けられています。

また、お墓によってはお墓とは別に地蔵像(水子地蔵なども含む)などが設けられている場合もあり、これらも含めるとお墓を1つ建てるのにかなり広めのスペースを確保する必要があります。

しかし、壁墓地であれば壁の中に墓碑を設けることができることに加え、その他には納骨のための納骨棺やお供えのためのスペースだけあればよいので、従来のお墓に比べると非常に狭いスペースでお墓を設けることができます。

壁墓地の持つ土地の少ない場所でも建てることのできるというメリットは、東京の都心部のように慢性的な土地不足になりがちな地域や、墓地や霊園の中でもスペース不足に陥っているところなどを中心に、その解決のための手段として急増してきている要因といえるのです。

費用が安い

壁墓地の大きな特徴は費用の面にも表れており、設営にかかるコストが従来のお墓に比べて比較的安くて済むという利点が挙げられます。

先ほども見たように壁墓地は設営のためのスペースをそれほど使わなくてもよいため、使う土地が狭くて済む分、お墓の土地の購入の際に発生する永代使用料(土地使用料)を安く抑えることができます

そして、墓石の量についても従来のお墓に比べてそんなに使わなくて済むため、墓石の石材費はもちろんのこと、加工費や彫刻費、工事費も大幅に安く抑えることができます

そして、見かけが非常にシンプルで、かつ墓石もそれほど使わないため、管理のためにかかってくるコストも合わせて安く抑えることができます。
特に大規模な自然災害の多い近年の状況でお墓のメンテナンスに必要を感じつつも、コスト面で不安をおぼえている人にとっては、とても魅力的な点の1つといえます。

管理しやすい

コストの面でも触れましたが、壁墓地は墓石をそんなに使わないうえ、必要なスペースもそれほど広くなくて済むため管理のしやすさも特徴の1つに数えられます。

どのような形状のお墓でもずっと放置したままにしておけば、墓石は汚れ、墓石の周りの土や玉砂利のスペースは雑草に覆われてしまいます。
特に従来の日本式のお墓の場合は、使っている墓石の量も多いことに加え、周りに外柵や地蔵像などの付属物も設営してあれば、なおさらそれらの管理や掃除などに手間がかかってしまいます。

その点においても壁墓地は管理をするのが非常に簡単です。

墓石以外の周りのスペースはそんなに広くない、もしくはほとんど他人のお墓と隣り合うほどの広さしかないという状態のため、余計な雑草が生い茂ってきても従来の日本式のお墓に比べればはるかに短時間かつ、労力を使うことなく雑草を抜くことができます。

また、使われている墓石の量もそれほど多くないため、拭き掃除も比較的短期間で終わり、そのぶんお墓に眠っている故人に対する供養に十分に時間を割くことができます。

気持ちのいい空間

最初に見たように、壁墓地に備え付けの壁は高さが約1mと比較的低いため、そのぶん周りの景色さえもよく見渡すことができて、気持ちのいい空間を提供してくれるという特徴があります。

そのため、お墓に眠る故人にとっても非常に気持ちのいい環境を提供できることに加え、お墓参りにやってきた遺族にとっても供養をするとともに、周りの広々とした景色を楽しむこともできます
いわば、お墓に眠る故人にとっても、また遺族の方にとっても非常に過ごしやすい空間がそこにあるといえるのです。

壁墓地用の墓石について

お墓

壁墓地の墓石(墓碑)は文字通り壁と一体になっているというのが特徴です。
そのため、従来の日本式のお墓の墓石とはまた異なった見かけや特徴を持っています。

使用されている墓石の量も従来の墓石に比べて非常に少なく、中には壁状の石の中に墓碑が少しだけ出っ張る形ではめ込まれているだけのシンプルな構造です。
それに追加されるのは、手前に置かれるお供えのための石と納骨のための棺だけです。

ただし、壁墓地の墓石の中でもプレート状の墓碑についてはあらかじめサイズが決まっているという点では注意が必要といえます。

この墓碑には故人の名前や家名だけが彫りこまれることになります。
なお、この石の色は赤色もしくは黒色というパターンが多い傾向にあります。

壁墓地についてのまとめ

wall grave

近年の日本において都心部の霊園を中心に増えてきている壁墓地について、その特徴やメリットを中心にいろいろと見てきましたが、いかがでしたか?

今回の記事の内容をまとめると、以下のようなポイントに集約することができます。

  • 壁墓地とは、長く続く壁の中に複数人のお墓が板状に陳列されている形、もしくは個別のお墓で壁状の石の中に故人名や家名の彫り込まれたプレートがあるという形をしているお墓のことである。近年、都市部のような慢性的な土地不足や、霊園の中でスペース不足に悩んでいるところを中心に増えてきている。
  • 壁墓地の特徴として、土地が少なくても建てられるという点やコストが安く済む点、管理がしやすい点、そして周りの景色の見晴らしのよさによって気持ちよく感じられるという点が挙げられる。従来のお墓に比べ必要な墓石の量や必要なスペースが狭くて済むことがこれらの特徴やメリットの理由となっている。
  • 壁墓地に使われる墓石はこれまでのお墓に比べると極めて特殊なものである。故人名や家名を彫り込んだプレートと、それをはめ込むための壁の部分の石、そしてお供えのための石と納骨棺があるだけというシンプルな構造である。

以上のように、壁墓地は現代社会で多様化しているお墓の形の中でもきわめて新しいものではありますが、同時にスペースがそんなに必要なく、かつ使うための墓石の量も最低限で済むためコストもあまりかからないなどといったメリットもたくさんあるものです。

終活のことを考えるうえで、お墓のことで心配したり悩んだりしている場合は、壁墓地という形にしてみるのもいい選択肢の1つになりえるのではないでしょうか。

いずれにしても、ここで取り上げた壁墓地に見られるように、かつてに比べるとお墓の形も、また亡くなった後の葬儀のやり方も非常に多様化し選択肢が増えました。
この記事を読んだみなさんが、終活の中でご自身にとって最も納得のいくものを選び取っていけるよう願っています。

終活ねっとでは、「壁墓地」以外にも様々な新しい形の葬儀やお墓についても紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「壁・墓地」に関連する記事

「壁・墓地」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「壁・墓地」についてさらに知りたい方へ

墓地・霊園の種類についてそれぞれの特徴と違いを解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園の種類についてそれぞれの特徴と違いを解説します!

より良いお墓の探し方のポイントを分かりやすく紹介します!のサムネイル画像

より良いお墓の探し方のポイントを分かりやすく紹介します!

お墓を作る際にかかる費用や手順・注意点について詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓を作る際にかかる費用や手順・注意点について詳しく解説します!

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

お墓選びのポイントって何?より良い墓地や墓石の選び方を紹介!のサムネイル画像

お墓選びのポイントって何?より良い墓地や墓石の選び方を紹介!

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!のサムネイル画像

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

お墓の買い方についてその流れやポイント、注意点などをご紹介のサムネイル画像

お墓の買い方についてその流れやポイント、注意点などをご紹介

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!のサムネイル画像

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!

お墓の種類は何がある?霊園・供養形態・墓の形等を種類別に解説!のサムネイル画像

お墓の種類は何がある?霊園・供養形態・墓の形等を種類別に解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと